紀子さま第24回結核予防関係婦人団体中央講習会出席*小室圭氏の弁護士がメディアに謝罪要求

秋篠宮皇嗣ご一家

紀子さま「結核予防」開講式にご臨席

紀子さま、単独での公務が多くなっています。動画を見ると痩せられたな~と思います。もう少し太られても良いと思うのですが、心身ともに大変で太る暇がないのでしょう。3人のお子さまを産み、こうしてご夫妻で、時に単独で公務をされて結婚した当初はこのような状態、立場になるとは思いもしなかったことでしょうね。秋篠宮妃殿下になるのは分かっていたけど、まさか皇嗣妃殿下、「ひつぎのみこのみめ」と呼ばれるとは紀子さま自身想像しなかったと思います。波乱万丈の人生ですね。

紀子さま 結核予防の活動に「心強く思う」とお言葉(20/02/12)

秋篠宮妃紀子さまは12日、東京都千代田区内のホテルで行われた
「第24回結核予防関係婦人団体中央講習会」の開講式に出席された。
講習会は紀子さまが総裁を務められる財団法人結核予防会などが主催。
結核予防に関する知識の向上を目的としており、会場には全国の婦人
団体の幹部会員らが集まった。式典で紀子さまは「みなさまの貴重な
経験や情報を交換し、今後の活動へつながる機会となりますことを
期待しております」とあいさつをされた。
記事出典 産経新聞 https://www.sankei.com/life/news/200212/lif2002120029-n1.html

画像出典https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020021201001478.html

小室圭氏の代理弁護士がメディアに謝罪要求

週刊誌の皇室記事は推測、想像とたまーーに真実が入り混じっていて
週刊文春2月20日号のタイトル
小室さんが「借金」報道の訂正を欲求したメディアに結婚の邪魔をしている」

文春オンラインの記事全文は以下のURL

小室圭さん要求でフジ、TBSの番組が「借金」報道を訂正 | 文春オンライン
秋篠宮家の長女・眞子さま(28)との結婚問題について膠着状態が続いている小室圭さん(28)が、複数のテレビ番組の自身に関する放送内容に抗議し、謝罪や訂正をさせていたことが「週刊文春」の取材で分かった。…

内容は只今絶賛発売中なので詳細には書けませんが、そのうち文春オンラインにアップされると思いますので、簡単に書くと私はリアルタイムでテレビを観なかったのですが、去年の12月26日にバイキング、Mr・サンデー、あさチャンが「小室さんがいわゆる金銭トラブルについて解決済みであると主張したかのような印象を与えました。しかし、小室さんが解決済みだと主張した事実はありません。視聴者のみなさまに誤った印象を与えてしまったこと、お詫びして訂正をさせていただきます」と50秒も深々の頭を下げてのお詫びと訂正をした。(バイキング)

年末で忙しかったのかな?バイキングはよく見る方だけどこの謝罪は見た記憶がないです、しかし50秒とは結構長いですよ~~!昨年11月の秋篠宮殿下の誕生日会見で、2月で2年になる、なんらかの発表をする必要があると思っています、と眞子さまの結婚問題で話されたことで確かにワイドショーなど各番組が改めて振り返るような放送はしていました。この時に、去年1月に小室圭氏側から発表された説明文にも言及しながら解説もして一連の結婚延期問題のおさらいのようで、これといった進展もなくいささかウンザリで真面目に見たかどうだったかあまり記憶にございません。

これらの報道に対して小室圭氏の代理人を務める弁護士からクレームが入った。

解決済みの事柄であると理解してまいりました、の部分ばかり強調していたが
それは当時の認識を示しただけで、その後、今も感謝しており今後は元婚約者から
懲り回を得られるように努めたい、とあるのにそこを報じないのは完全な誤報。
名誉棄損、コメンティーター個人に対しても責任を追及するなどと強くお詫びと
訂正を求めた。週刊文春2月20日号週刊文春より引用

小室親子にとっては重大なことだったかもしれないけど、こちらはどーーーでもいい事にクレーム、謝罪要求をしたとしか思えないんです。もはや圭与さんの借金問題が小室圭氏との結婚反対じゃない、次元が違ってきています。

バイキングなども、各コメンティーターが喉まで出かかっている言葉を出すに出せない、それこそ小室家を一極集中して非難、批判できないので我慢をしている状況で、コメンティーターの中に1人、2人小室擁護を入れてバランスを取っているんだろうな~と思いながら見ているんです。

去年の1月に文書提出して1年以上経っても、これといった進展、解決もなくダラダラダラと引き延ばし、国会で例えるなら「牛歩戦術」しているんじゃないか。圭与さんにしても「贈与」だと言い張り正当性があるなら、薄暗い明け方に出たり入ったりしないで堂々と日の当たる日中に出て来たら良いんじゃないですか。それが出来ずにコソコソしているような状態で、眞子さまと結婚となった場合、小室親子はどんな顔をしてメディアの前に現れるのでしょうか。今のままでは小室圭氏は日本には住めません。

小室圭氏が男を上げるには「眞子さまとは結婚しません」と涙ぐみながらもキリリと記者会見でもやったら、ま~日本に住んでどこかで働けるんじゃないかな。


コメント

  1. すばる より:

    mayuさん
    失礼しました。

    旧宮家男子で秋篠宮殿下の従兄弟さんにあたる東久邇家の方が、秋篠宮殿下が名誉総裁の団体二つで役員ですね。
    そして、眞子様のところでも。

  2. ミラージュ より:

    >きちんと検証
    マスコミ各社がしてくれていますよね。
    お金を無心しているメールもあります。
    時系列も正しいでしょう。
    元婚約者の思い込みだけだったら、専門家がとっくに見破っているでしょう。
    借金か贈与かは、借用書がないことから貸与とするには難しいと専門家は言っています。
    圭自身に財産があるなしに係わらず元婚約者からお金を引き出したのは紛れもない事実ですし、例の文書で援助に対して一応感謝もしています。
    圭の教育ではなく、結婚の為の費用だとしたら隠れていないで堂々と釈明すれば済むこと。しない、出来ないのはメールの証拠があるからでしょ。
    こんなに客観的な事実があるにも係わらず圭の言葉だけを信じて、強行突破をしようとしている(?)のには国民が納得しお祝いは出来ないですね。
    今週の文春によるとマスコミ各社に訂正をさせたバックには眞子様がいるようなニュアンスでした。
    事実だとしたら、もう言葉がないです。。。

  3. 洗浄液ありす より:

    佳代さんは先にICU秋入学の一年めの納付金は竹田さんにお願いするつもりだった。
    でも間に合わないからとらまず、スカラシップを申し込むことに決めて援助が得られないことに対する愚痴メールも流出しました。

    結局一年めの秋学期分は、竹田さんからの援助ではなく、スカラシップで一時的に賄った。
    しかし、生活費などを前後で月に10万単位で今月苦しいのでと頻繁に援助してもらったり、大震災の時には九州に現金もカードも持たずに先にKKと佳代さんは逃げて後で、みずほ銀行しか口座はありませんと送金してもらっているから、
    このあたりは小室家にとってKK学費が一番大きな出費であり、佳代さんは実際に支援されていた。
    KKが大学にいけたのが竹田さんのおかげだ、と主張するのは仕方ない。

  4. すばる より:

    ・小室家にはお金が無い
    ・送金した400万円は圭さんの教育費や留学に使われた
    というのは、元婚約者の思い込みであったら?
    ・圭さんには相続した財産があり、不自由してなかった
    ・400万円の殆どが、実は元婚約者と母の婚約中の旅行や結婚準備に充てられていた
    という事だったら?
    きちんと検証せず、元婚約者の主張を大々的に報道したメディアの責任は重大ですよ。

    ICUの入学金を出したという話ですが、最初の送金は入学金納付期間よりはるかに後。
    9月入学なのに11月に入学金プラス10万の金額を送金。次は翌年の4月に1学期分の学費と同額の約45万を送金。秋入学ですので入学金の他に3学期までの学費諸経費合わせて150万大学に納付済の時期なのに全然足りませんよね。
    最後の送金は、1月の200万円。
    就学ビザ取得に必要な残高証明(留学中の生活費)の為の入金という事でしたが。
    アメリカの大学に1年留学だと、必要な残高は300万円。証明書を取るのは早くて留学のヶ月前なので半年も早く100万も足りない。なのに、その後送金はありませんでした。
    婚約中に小室さんは留学したので、婚約中に300万円の残高証明書を貰っている筈です。

    ・ICU入学と就学ビザ取得を「春」
    ・入学前に納付するのは入学金だけ
    と、元婚約者が誤解していたなら、金額と送金時期は説明がつくのです。またアメリカ留学で一般的にかかる生活費200万を必要な残高と勘違いした可能性も。
    小室さん親子に財力が無く元婚約者のお金をあてにしていたなら、納付期限前までに全額送金を頼むでしょう。春入学と間違え、違う金額を違う時期に送金しているのは、元婚約者が頼まれたと思い込み不確かな情報を元に送金していた事を示しています。

    やしまさん
    きちんとした検証は大事だと思いませんか。

    • mayu より:

      すばるさんは圭与さんですか~?

      ご自分でブログを作ってそこからすばるさんの好きなように発信してくださいな。
      今更圭与さんの借金の検証をやって、それでどーするのですか。
      そういうことの検証は皇室記者、ジャーナリスト、メディアならやれるけど
      圭与さんとコンタクの取れない我々が出来るワケないじゃないですか。
      もうやめてください! 

  5. やしま より:

    再度コメント、失礼します。mayuさんの別館、私も読ませていただきました。全く同感の極みです。そして私自身、今は男系男子である悠仁様につつがなく帝位が回るよう、それを望みにしてはおりますが、あともう一つ、我慢できないことが起こったら、皇室全体に対する想いが滅失してしまう、そんな崖っぷちにいると我ながら思うことがあります。
    例えば、秋篠宮ご両親が、マコケイの結婚をお許しになった時には、私はこの気持ちをどうしたらいいか、もうわかりません。
    いろいろ週刊誌を読んでいくと、個人的感想ですが、秋篠宮ご両親は、将来たった一人の皇族になってしまう悠仁様不憫の思いが強く、「女性宮家創設」について、あるいは天皇家よりも強い思いがあったかもしれません。その思いについては、旧皇族に帝位を回したくないし、あくまでも自分の直系で皇室を回したい上皇后と投合するところもあったのでしょう。
    二人の交際発覚後の週刊誌報道で「圭氏は眞子の立場をよくわかってくれている」という殿下の発言が掲載されました。この「眞子様のお立場」というのは、「将来の天皇の実姉であること」ということでしょう。その立場をよく理解している適格者と親は捉えた。アレを、ですよ?
    それだけ、どうしても眞子様と皇室を離したくなくて、それこそ強力な藩屏にしたかったし、先々のことを考え、悠仁様にお子様が生まれなかった場合、小室眞子家の男子を養子に、やがてはその子を天皇に、ということまで考えの中に入っていたのではないかと。
    あの時点での結婚では女性宮家は範疇外だったのですが、彼らの子供の代での宮家創設はあり得るなと。その時点の話です。
    最近のネット記事で、K氏との交際発覚以前、女性宮家賛成70%、発覚後賛成48%と書いてありました。

    それから、今回の文書もですが、弁護士の言い回しで、あちら側に立つ人間を「小室さんたち」とか「相談者たち」のように複数呼称にしているようで、その「たち」の中には眞子様も含まれているのだろう。「贈与と認識」の去年文書も眞子様は御存じだったのだから、という論調でした。

    先日旦那と話をしていて、「そう言えばあの婚約会見、全部西暦だったよね」と。平成皇族でありながら、平成の元号を全く使わない会見でした。
    眞子様に関しては言いたいことだらけで止まらなくなってしまいます。ごめんなさい。

    ※おまけ
    ミラージュさんのおっしゃる報酬は、私もあると思います。
    本家以外の高松宮家、三笠宮家は、国会で追及されたことがあるぐらい、多額報酬受け取って返金した過去があります。

    報酬がなければ、何で絢子様が名誉総裁を譲られて降嫁するのか。典子さんが降嫁後一般人なのに、花関係の名誉総裁につかれるのか。絶対お金が絡んできていると思っています。しかも結構多額な。

  6. 狗児 より:

    mayuさん
    記事の更新ありがとうございます。
    小室氏がテレビに謝罪要求の話は、Yahoo!ニュースで見て、ほとほと呆れました。寝る間も惜しんで猛勉強のはずなのに、日本のテレビの放送内容をしっかり把握しているんですね。Yahoo!コメに「お金を出してくれた元婚約者に感謝の気持ちがあるなら、少しずつでも返します、というのが筋だろう」という意見が幾つも見受けられましたが、その通りだと思いました。「テレビで変なことを言って、結婚の邪魔をしようとするのか」という主張のようで、まだ諦めてない、辞退するつもりなど更々ない、ということが分かりました。勿論最初からそうだろうとは思っていましたが、改めて再認識させられて、げんなりしますよね。
    mayuさんも、皆さまもご指摘の通り、紀子さまが少しお痩せになったと私も思います。こんなに理屈の通じない人と関わらざるを得ないのですから、酷いご心痛ですよね。幾ら心身共に健康だ、丈夫だといっても、お倒れにならないか心配ですが、ある意味、お母様がお倒れになってしまった方が、眞子さまの目が覚めるんじゃないのか、なんて思ってしまいました。

  7. ミラージュ より:

    mayuさん、再度失礼します。
    別館でのお気持ち、積み木崩しか砂の城のように崩れていく様子を目の辺りにしてやるせない思い…
    私も同じ気持ちです。
    やしまさんが指摘されている、公務をしていけば国民は分かってくれる…
    これ、全然分かっていないですよ。
    本当かどうか知りませんが報酬稼ぎなんて話もありますし、今やるべきことは眞子様を監禁してでもとことん話し合うことです。
    ご両親がダメなら専門家の力を借りてでも閉ざされた心の扉をグイッと開けさせないと。
    そもそも最初にネガティブな記事が出た時に、身辺調査をあまりしなかったのは秋篠宮様のご意向と書かれてしまいました。 だからその後、菅さんだか、安倍さんだかから自分が蒔いた種 と突き放されてしまいました。あの時点で真剣に対処すべきでしたよね。 秋篠宮家の廻りには諫言してくれる人がまるっきりいない。逆に、自由・平等・博愛 と、フランス革命のスローガンみたいなのを吹き込む輩が蠢いているように見えます。
    こんな事態を招いた眞子様は旧典範だっら処分対象だと主張する人もいます。
    眞子様はもう冷めていて今はタイミングを見計らっているだけだと思いたいけれど、やるせなさ、そして虚しい想いが混じりあっています。

  8. イリス より:

    mayuさん、記事アップありがとうございます!

    紀子さまのまさに孤軍奮闘のご様子、いくらお丈夫でいらしても本当に心配です(/ _ ; )ひきかえ雅子さまは、かなりお元気に見えます。お薬の効果でしょうか…。
    令和流=雅子さまの胸三寸という感じですね。オオノ先生のお墨付きで、無敵ワードの「ご体調の波」「ご体調が許せば」シリーズもしっかりお手にされました。

    紀子さまがご公務をご立派になされば国民の批判を鎮まるかも、…は残念ながらご無理ですよね。
    よりご公務に励まれる→ご家族の時間はますますなくなる→本当に向き合われるべき問題は浮いたまま→国民の批判はさらに増す…負のスパイラルです。多感な時期の悠仁さまも、とても心配です(><)

    留学生活謳歌中氏の弁護士費用は、どなたが工面しているのでしょうか。佳代さんの生活費も、どうなっているのでしょうね。贈与というなら贈与税の問題や、遺族年金の不正受給疑惑も…。黒に近いグレーどころか、底なしの闇深き真っ黒な気が(ーー;)
    あのアメリカの母、とかいう女性あたりが、弁護士費用のサポートなどに暗躍しているのでしょうか…。

  9. やしま より:

    こちらデイリー新潮からなんですが、「小室さんの問題は膠着状態で、2月の発表が拍子抜けする内容であれば、ご一家へのマイナスイメージ払拭などできません。それもあってとりわけ紀子妃殿下は『ならは公務で・・』と、強くお考えであると拝察いたします。」
    という報道が。
    この「公務を真摯に遂行していけば、いつか国民もわかってくれる」という記事は以前にも出ていまして。妃殿下~それは方向が違います!と私はそのときにも思ったのですが、真実そう思われているのなら、今回も「そうじゃないんですぅ!」とお訴えしたい気持ちです。

    今回の弁護士を通じてマスコミに謝罪させるという動き。わかるのは、小室家は結婚を全く諦めていないということ。
    前回の記事での皆様のコメントで、精神的なお悩みや負担、病歴など皆様多かれ少なかれ人生において経験がおありになるということがわかりました。私にもあります。
    平凡な市井の一般人でもままあるのですから、紀子妃殿下の歩まれてきた道を考えると、気が遠くなります。本当によくまあこれだけの難関を耐えておられると。
    心身ともに堅牢というのはすばらしいことなのですが、それが上皇后や皇后たちにとっては比べられて私たちが損しているというひがみ根性を引き起こした過去もあるかもしれません。
    私てきに今でもモッタイナイモッタイナイと思うのは、これだけ心身健やかな方に、お子様を産むチャンスを3回しか与えなかったことです。これは上皇后の罪ですね。私は紀子様は、悠仁様の下も考えておられたのではないかと。でもさすがに前置胎盤であのご年齢では、もうあきらめざるを得ませんでした。残念です。今の方たちは45歳ぐらいまでは出産なさいますから、あのアクシデントがなければと、しみじみ思うことがあります。
    それぐらい、紀子妃殿下には出産の機会が少ししか与えられていなかった。自由にお生みになることができたのは、眞子様だけではなかったでしょうかね。佳子様のときは既にちょっと遠慮しながら、という感じがしました。

    本当に世の中、おかしなことがまかり通り、我々は鬱々とした気分になるばかりですね。

    • ラミリー より:

      やしまさん、まるっと同意です。紀子さまは基本的に性善説なお方でしょうから、まさか眞子さまが連れてきた男性があのような最低男だとはつゆほども疑いにならなかったでしょう。結婚に前向きに。(mayuさんとも意見が違いますが、私は女性宮家ありきだったのでは?と推測してます。もちろん女帝さまの御墨つきで)ところがあの男の体たらく。そして紀子さまのご自分でなんとかしようとなさる生真面目さが今は裏目に出てますね。眞子さまの頑迷さはどうにもなりませんね。が、今回の件で、あの男は墓穴をほったようにも思います。ほぼ忘れていた人たちも、「なんか変だな」と気づいたかもしれません。

      本当に、悠仁さまだけでなく、あと2人ぐらい親王殿下がいらしたら、この問題も起きなかったですよね。

      • アール より:

        私も同様に感じました。今更、な話ですが、

        女性宮家 設立の為の布石として眞子様は、小室家を御両親、上皇夫妻に認めて頂いた。
        応援もされていたでしょう。
        大手銀行も秋篠宮様の口利きで入行していたわけですし、その後の法律事務所も世話していただいて。国際弁護士資格の後は国連に就職か?という噂もありました。

        様々な怪情報があっても結婚に踏み切ろうとした。しかし、いくら皇室の力をもってしても、小室家では女性宮家は無理とわかってきた。

        梅宮アンナみたい、と思っていたけれど、二人を
        後押ししてきた両親の手のひら返し、眞子様がかわいそうな気もしてきました。そう思うと、佳子様が味方しようと思った気持ちも理解できます。

        梅宮さんは、反対しつつも娘を見捨てられず助けましたが、あの頃のアンナさんは詐欺師にすっかり洗脳されて、全くお手上げ状態でした。本当にひどい目にあわされて。

        簡単に御することができると踏んでいたら、逆に手玉にとられてしまった。
        今更ですが、恐るべし小室氏ですね。

  10. nono より:

    mayuさんこんにちは!記事の更新有り難うございますm(_ _)m
    なんだか、マスコミも難儀なことですね。
    弁護士も論点がずれているのに…皆様仰られて居ますが、そもそも借金問題が結婚反対の理由ではなく、そんな如何わしい裏があるような男(家族含)との結婚を、認めない!反対だ!と言うことなんですけどね(^^;
    公平な報道は大切ですが、意見論述を統制は出来ないですし(憲法通り)、マスコミも大変そーです。
    紀子さまの頑張りや公務でのお出ましが紀子さまの癒しになれば良いですが、皆様宮邸に帰りたくないな…ってなっていたら悲しいことです。
    幾重にもK氏の陰の忌々しいこと。
    眞子さまの無知ゆえの純真さが憎くもあります。

  11. ミラージュ より:

    mayuさん、こんにちは。

    こういうクレームを出して国民の理解が得られると思ってるんでしょうかね。
    後半の元婚約者に感謝しているの文言、で何か具体的な行動をしたの?
    何もしていないですよね。ちゃんとしたのなら前半部分だけ取り上げて~とクレームつけても許せますけど、何にもしていないくせに良く言うわ~です。
    マスコミは、これからは贈与税、年金不正受給をターゲットに報道すれば良いわ。
    眞子様は、録音テープの存在を知って小室側の言い分が正しい、圭君は間違っていないんだわ~と単純に思われたようですが、それで解決ではない、そういうことなら別の疑惑が持ち上がることはご存知ないのでしょう。
    両親と話さないでどう解決するつもりなんでしょうね。 きちんとあらゆる事象を検証して納得して頂くように説明出来る人はいないのかしら?

    紀子様は、お一人公務も沢山こなされていらっしゃいますね。ストレスは半端ないと察せられますが、笑顔を絶やさず弱音を吐かず体調の波が~なんて言い訳して逃げることもなく、本当に頭が下がります。
    皇后は紀子様の爪の垢を煎じて飲めばお病気も良くなるのでは?

  12. 白雪山羊 より:

    mayuさん、記事更新ありがとうございます。

    昨晩、K氏の件を知りましたが…私の理解力がないのか
    さっぱり意味が解りませんでした(汗)。
    失礼ながら、今更抗議しても何にもならないのでは?と思いました。

    これ…K氏母に頼まれたとか?まさか一年経っての「何らかの発表」ってこれなの?など、暫く混乱もしました(*_*;
    結局、今までと変わらずに贈与との事なんですかね。何だか…この件ですっかり「認識」と言う言葉が信じられなくなりました。
    それからmayuさんと同じく、TVで謝罪の場面を見た記憶がありません。
    (たまたま見逃したのかも知れませんが…)

    紀子さま、mayuさん仰る様に痩せられましたね。
    心身共に休む時間もないのでは?本当に本当に心配です。

  13. ラミリー より:

    mayuさん、ありがとうございます。
    kkが、トンデモナイ男であることと、マスコミの劣化。問題浮き彫りですね。新型肺炎対応といい、この国の曖昧さはやばいです。mayuさんが書かれている通り、kk問題は借金だけではないのに、そこだけにこだわる。マスコミ(特にTV)ってまるでアスペルガーですね。

    mayuさん、ツイッターは疲れますか?私も少し疲れてきて、新型肺炎のみ反応する事にしました。アンテナ立てすぎは禁物ですね。暖かそう
    なので、買い物行ってきます。

    洗浄液ありすさん、お返事ありがとうございました。この場をお借りして御礼申し上げます。何だか大げさでごめんなさい。

    • 洗浄液ありす より:

      mayuさん
      早速の更新をありがとうございます。
      私も12月にそんな謝罪があったとは知りませんでした。
      割とほおがふっくらして足腰が細い紀子様、お若い時期を知るので痩せてこられたのなら、お子様を巡る環境のせい、痛々しいです。
      mayuさんもお身体を労ってくださいね。

      ラミリーさん

      こちらこそありがとうございました。書き忘れました、強迫「神経症」を少し広範囲に定義したようなのが「スペクトラム」です。

      KK側弁護士の反論について
      TVがっつり観てるじゃないの、どうせ母親が訂正しろと圧力かけたんだろうけど、と脱力しました。

      もう勉強しなくても来年度の奨学金は確保して卒業もできるのでしょう。上芝弁護士はこの仕事を請け負った結果こんなイラつく反応しかないニュースで名前を出されるから他の仕事をほとんど失うのでは?

      麻原彰晃の時に連日歯が抜けたままインタビューに答えた横山弁護士を思い出しました。
      本当に結婚させるしか解決はないのですかね。

      行くも地獄戻るも地獄と言いますが、まだ眞子さまファンは私の周りに少しいますよ。彼女いない歴=年齢な奴らですけども。

タイトルとURLをコピーしました