小室圭さん問題週刊誌もネタ切れで進歩なし*雅子さま出た~!皇族方と音大卒業生演奏会*秋篠宮家海外公務

皇室

週刊誌、ワイドショーで小室圭さん、佳代さんの借金問題を
取り上げていますが、いまいち進展がありません。
私の進展とは「婚約内定を白紙にすること」これ以外は
例え小室家が元婚約者に借金を返済しても、小室圭が試験に合格しても
進展のうちには入らなくなりました。
「白紙にした」「小室圭が辞退した」これが進展です。

最近の週刊誌はネタ不足です。唯一、先々週の「女性セブン」が
小室圭の祖母も自殺していたこと、遺産相続の交渉の代理人に
元暴力団を頼んだこと、これらの記事はかなり衝撃でした。
この件で益々、小室家と皇室は合わない。
小室家とは関わっては駄目だ、との思いが強くなりました。

先週の「週刊新潮」では、圭与さんの生存確認の記事でなんのことはない、
自宅マンションに引き篭もり、買い物、用事は81才の父親が
やっていて逃げ腰で嵐が過ぎ去るのを待っている。
美智子さまはもともと小室家をふさわしくない、誰よりも早くこの問題を
解決したいと考えているが進展がない状況に怒っているとか。
え~~~美智子さま、最初は喜んでいたのに、いつも今更なんだよねぇ。

ワイドショーでは圭与さんの元婚約者に代理人の記者がついた、と放送。
一番早かったのが「バイキング」でした。
その後、他局ワイドショーで元婚約者に代理人がついたことを放送していましたが、
見ていると、こちらもこれっ!といった進展がありません。
金銭的理由から弁護士を頼めない元婚約者と、400万円スパッと返済してしまえば
問題も長びかなかったのに贈与と言い張り返済しない小室家。
要するに元婚約者も小室家もお金が無いってことでしょ。

「金持ち喧嘩せず」の言葉が頭をよぎりました(苦笑)

女性自身によれば、1年間のLLMコースは奨学金により学費免除だが、
LLMコースは5月に終了、その後2年間のJDコースに進む計画のようだが、
その学費は工面できていないようだ。

小室圭の代理人、上芝直史弁護士
「JDコースの授業料については奨学金の申し込みはしているそうです。
それ以外ま(学費獲得の)選択肢については、順を追ってきめていく」
やはり2年目からの学費に明確なアテはないようだ。

これもワイドショーを見ると、成績が1、2番くらい、トップクラスじゃないと
奨学金が受けられない、と散々言っていました。
小室圭が受けられるとしたら、秀才通り越して天才じゃないだろうか。
ワイドショーに出ている国際弁護士は日本の弁護士資格を持ち、それでも
毎日猛勉強して資格取得したという。
暗に、小室圭が合格したら裏で何かあるな!?と思わせるような感じでした。

ただでさえ、留学費用に困っているなか、小室家が元婚約者の主張を
受け入れ400万円の返済もすることになれば、留学中止という最悪の
シナリオもありえると思います。(皇室ジャーナリスト)

小室圭の周りには、400万円を立て替えてくれる人もいないんだね。
眞子さまとの結婚が暗雲漂い、白紙になったら皇室特権も使えない
何の役にも立たない、お金はないけど見栄っ張りな青年でしかないのだ。
眞子さまはどうか知らないけど、小室圭はかなり信用を無くしたはずだ。
信用を失った人に世間は冷たいからねぇ。

ま、今まで遺産、保険金、他人の金で身の丈に合わない生活を続けてきた
ツケが回ってきた、ってことなんだろう。


週刊文春の3月28日号。

眞子さまを傷つけた紀子さまの言葉。
これは、秋篠宮殿下の記者会見で、紀子さまが、
眞子さまの体調が優れないことが多くなった、長女は大丈夫だろうか、
と発言したことだそうです。
秋篠宮殿下は率直に「最近は話す機会がない」と仰った。
ここで紀子さまも「私も話をしていないのでわかりません」と明かすと
皇后から「母親として何をやっているのか」とお叱りを受けるかもしれない。
それを恐れて「娘の身体が心配だ」と話をすり替え、保身に走ったと
眞子さまはそう思っている。んだそうです。

他に代わり映えしないいつものようにNYでの小室圭の様子と、
女性自身にも書かれているように、奨学金は今年の夏まで。
以降は別種の奨学金が受けられたとしても、額は半減する可能性が高い。
圭与さんからの仕送りもみこめないことも金銭的にピンチを迎えている。

元婚約者に圭君を養子にしてくれと圭与さんが言った話は、去年の時点で
既に他の週刊誌で書いていたことで、やはりネタ不足なんだなぁ・・・

2018年4月5日に養子の件のことなど書いていました。
https://koredeii.com/archives/6419

簡単に書くつもりがまた長くなったので今日はこれでお終いにします。

皇后さま、音大卒業生演奏会に 皇太子ご夫妻らも出席

体調が整ったのか、スキー旅行前に出ておかないと・・と思ったか、
ご負担な着物じゃないからか、雅子さまも出席されました。
秋篠宮ご夫妻、眞子さま、佳子さま、彬子さま、瑤子さまのお姿も見えます。
毎年、他の皇族方も演奏会に出席しています。

皇后さまは20日午後、皇居・東御苑の桃華楽堂で開かれた音楽大学卒業生の
演奏会を鑑賞された。同楽堂は香淳皇后の還暦を記念して建てられ、毎年音大
卒業生の代表による演奏会が開かれるのが恒例となっている。
演奏会には皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻らも出席。
東京芸術大など5大学の卒業生による箏(そう)やピアノ、バイオリン演奏
などが披露されると、盛んに拍手を送っていた。時事通信

今春卒業の音大生による演奏会が20日、皇居・東御苑の音楽ホール「桃華楽堂」で開かれ、
皇后さまや皇太子、秋篠宮両ご夫妻と長女眞子さま、次女佳子さまらが鑑賞された。
約1時間の演奏会には、東京芸大、国立音大、武蔵野音大、上野学園大、桐朋学園大の
卒業生12人が出演。ピアノやオーボエ、バイオリンなどの熱の入った演奏に、会場からは
大きな拍手が送られた。
皇后さまは曲の合間、両隣に座った皇太子さまや秋篠宮さまと言葉を交わすなど、楽しそうな
様子だった。眞子さまと佳子さまもプログラムを手に笑顔で会話する姿が見られた。
【共同通信】

秋篠宮ご夫妻が6月下旬から訪欧 眞子さま7月中旬南米訪問

皇嗣、皇太子と同等の待遇での海外公式訪問、秋篠宮家は今後も海外公務が
多くなりそうです。なんといっても安定感がありますし、見た目も良いので
今後の海外公務は秋篠宮家でお願いします。
皇室外交と言われて入内した海外に行きたい雅子さまは悔しいでしょうが、
まずは国内の公務をきっちりできる体調にならないと無理でしょう。
無理せずお身体をお大事にしてくださいませ。海外公務は秋篠宮家にお任せ!

宮内庁は20日、秋篠宮ご夫妻が6月下旬から7月上旬にかけ、
欧州のポーランドとフィンランドを公式訪問される方向で検討していると発表した。
いずれも今年が国交、外交関係樹立から100周年の節目に当たり、両国政府から招待があった。
秋篠宮さまが5月1日、皇太子さま即位とともに皇位継承順位1位の「皇嗣」となった後、
初の海外公式訪問となる。ご夫妻が両国を訪れるのは初めてで、大統領表敬などが調整されている。

一方、ご夫妻の長女眞子さまも7月中旬、10日間前後の日程で南米のペルーとボリビアを
公式訪問する方向で検討が進められている。
両国とも今年が日本人の移住開始から120周年の節目で、今後大統領表敬や日系人との
面会などが調整されるという。




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い、多忙、疲れている時はコメ返しを省略することもあります。
*別館はリンクコーナーにあります。


コメント

  1. mayu より:

    こんばんは。 今日は春彼岸で買い物、墓参り2か所、等々で
    疲れました。 沢山のコメント、これからじっくり読ませて頂きますが
    コメ返しは省略させてください。

  2. しーちゃん より:

    はじめまして。
    教育関係の職場で事務の仕事をしています。

    率直に言って、日本の大学でも、推薦入試やAO入試など、学力をあまり問われない試験を経てきた学生は、大学でのパフォーマンスが低い傾向にありますし、一般入試の入学者より留年率、退学率が明らかに高いです。

    要は、学力が足りないからって学力試験以外の合格しやすい手段で入学しても、入学後には学期末試験等で学力が問われるので、結局苦労するってことです。

    小室も同じじゃないでしょうかね。

    なんとかズル入学して体裁を整えても、そもそも正当な手段で関門を突破できるほどの力がないのなら、そこで終わりってことですよ。

    だいたい彼は、借金釈明文書?を読んでも、膿の王子の自己アピール文を読んでも、これまでのさまざまな対応を見ていても、クレバーさが全く感じられませんしね。

    小室が国際弁護士になって、ぐろうばる(笑)に活躍するのだと本当に信じているとしたら、眞子さんはかなりのおバカさんですよ。おとなしく、家柄が良く、きちんとお勤めなさっている、そこそこ資産のあるおうちに嫁ぐのが幸せだと思いますけどね。

  3. 吾亦紅 より:

    少し前までは日本に皇室があることを誇りに思っていましたが、小室が登場して以来皇室の有様を見ているとがっかりの種ばかり出て来てしまって、もう皇室はどうでもいいやと見限ってしまおうかとも思ったのですが、いやいや、やはり天皇という存在があってこその日本、と思い直して、この先の皇室に誇りを見出したくて、mayu様、皆様のコメントを読ませていただいています。

    多くの国民が祈るような気持ちで、眞子様の結婚問題を見守っているのに、眞子様はなかなかしぶとい。
    眞子様のことは幼い頃から聡明で御自分の立場をよく分っていらっしゃるように見えていましたが、違ったのかしらね。

  4. 餃子大好き より:

    mayuさん、記事更新ありがとうございます。

    秋篠宮さまも紀子さまも、お心に憂愁を抱えておいでなのに、
    それを表に出さず粛々とご公務をお果たしになっている。
    その姿勢はまことにご立派です。

    ご両親同様に、淡々とご公務をつとめ続けている眞子さま。
    こちらは手放しで褒めるわけにはいきません。
    ご公務を免罪符にはできませんよ!と、言ってやりたい。
    もちろん、英語を武器にKKが未来の皇室外交を担うなど、
    絶対にあってはならないこと。
    ご退位を前に、美智子皇后がガツンと言ってやれないものでしょうか。

  5. 洗浄液ありす より:

    mayuさん、こんにちは
    昨年11月の1年誕生日会見で

    紀子さんは珍しく余圭な一言

    急に『長女がいとおしくて公務もあんなに一生懸命やっているのに、』
    秋家全部が悪く言われている現状は耐えられないんだろうなと見ていて思いました

    確かに親子関係が悪化してて眞子さんからして

    わざとらしい
    何ゆうてんねん。突然記者会見で、と、なります。

    虐待親は放置子を児童相談所職員がきた時に慌てて子供の服を着替えさせ料理を用意し優しい言葉をかけるそうですが

    そういう裏切り感が透けて見えて辛かったです。

    まあマスコミに隠蔽したい部分ともっと追及してほしい小室佳代情報と両方あるから、戦略とみれば納得もいきますが眞子さんは母親に利用されたと不信感を抱くでしょう。

  6. 初子 より:

    こんにちは

    雅子さま出てくると、どの方より血色が良くて、だから変なんですよね。悪びれる雰囲気もないし。

    眞子さまが傷ついた話、誰かが眞子さま経由で聞かないと書けないと思うんですが、お母さまに対してはキツイ方ですね。
    女の子の方が母親や同性に対してキツイ気もするんですが、相当前から母の紀子さまに対しては冷めた目をお持ちだったんだろうと思う。
    叩いてるんじゃなく、私の妄想なんですが、紀子さまは聡明な方だから、だから瞬間的に、余計とも言える言葉が出てくる方なんじゃないのかな?御主人の秋篠宮さまが言葉足らずみたいなところもお有りのようなので、長年の習慣なのかもしれない。
    小室の優しいピアノの音の時も、あーそれ余計かも?と思ったのですが、今回の眞子がいとしいは親子の情で聞いていてホロリときたんですが、眞子さまにしたら、余計なことを!と思われたのかも。
    これは妄想です。

  7. ドラゴン より:

    小室圭の影響で女性宮家の設立は可能性がなくなったね。国民も恐ろしさがわかったのではないでしょうか。安倍さんが旧皇族の皇籍復帰について言及しましたね。これも小室圭の影響かな?

  8. やしま より:

    週刊誌って、大昔皇后が皇太子時代は、結構鋭いことを書いていたんですけどね。失声症でお倒れになってからは、皇后に関してはage一色。何が何でも上げる。皇太子妃も厳しいこと書かれていても、基本的にはage。そしてまるで敵役が必要かのように、紀子妃については、基本sge。すごく違和感のある記事が多かったです。
    ただ事態がこうなってみて、ご家庭内が崩壊状態の今、あの週刊誌にディスられていたことは、ほんの少しだが真実もあったかもしれないと思うようになってしまいました。
    誠に残念ではありますが、紀子妃が完璧主義なのと、勝気なのと、箔付け好きなことは、もはや否定できません。悠仁さまを本気で東大にと思っておられるかどうかは、私は否定的ですが。
    完璧主義の余り、秋篠宮家の職員に対しては、確かに「厳しい女主人」であったかもとは思います。その方向においては、評判は芳しくなく、「秋篠宮家へ赴任したくない!」という声は昔からあったんだろうなとは思います。それはシステム上の問題と、職員の質の問題だったと思うんですけどね。お気の毒な面も多々あり、そしてそれが目下のマコケイ問題の表出で、全く報われず、悪い方向にばかり向かっていることが心痛みます。

    ところで話を変えますが、このお写真、見せていただきありがとうございます。
    それでですね。前から2列目の向かって右の、髭の殿下ご姉妹のそのまた右隣のお二人
    お一人は多分、近衛やす子さんだと思うのですが。
    そしてそのまた右隣。茶色いお着物の方。美しい方ですね。
    ご長男のお嫁さんかしら?だとすると東久邇家からお嫁に来られた方かなと思うのですが、おわかりになる方がいたら教えてくださいませ。なかなかステキな美人さんです。

    • 初子 より:

      茶色い着物の方、お綺麗ですよね。以前どこかでアップされていた記憶があり、美智子さまの弟さんの奥様ではないでしょうか?大原美術館がお里の方。美智子さまの義理の妹の泰子さんでは?
      間違えていたらどなたか訂正して下さい。

      • クロワッサン より:

        以前、婦人画報?に載っていた正田修氏夫人の正田泰子さんと似ていると思いました。ご当人かもしれません。

        御二人の結婚の時の写真を見た事がありますが、正田修氏の若い時ですから、外国の映画俳優のようなイケメンでした。正田家は美男美女の家系なんですね。

        なんで皇太子さまは血を受け継いで似なかったんだろうな。

        • 吾亦紅 より:

          正田泰子さんの御写真を見つけました。おきれいな方ですね。

          https://twitter.com/masayoshiztwitt/status/573414324338761728
          • mayu より:

            画像を拡大して載せてみましたが、後ろの着物の方は
            吾亦紅さんが載せてくれた方、皇后陛下の義妹さん正田泰子さんのようですね。
            美智子さまの弟の奥様、上品な方ですね。

            • やしま より:

              調べていただいた皆様、そしてmayuさん
              ありがとうございます!

              美貌あり、気品ありの素敵な方でいらっしゃいますね。
              美智子皇后には、こういうご立派な親戚がおられたのに、なんで一人娘の清子さんを、20代に嫁がせることができなかったんだろうと、改めて不思議に思いました。

  9. ゆきんこ より:

    >皇后から「母親として何をやっているのか」とお叱りを受けるかもしれない<

    これは、記事の筆者の思考回路だと思います。

    それよりも、
    「私は長女の眞子が愛しくて~」に違和感を感じました。
    それって、公の場でわざわざ口にすることかな?

    週刊新潮の「高下駄」って、小室佳代さんのお母さんの実家は下駄屋だったそうですが。

  10. クロワッサン より:

    タカり圭という借金も返せない身の程知らずが、ニューヨーク州弁護士になろうっていうのが、笑わせる。

    ニューヨーク州弁護士の山口真由さんの学歴・経歴と比べると「月とスッポン」もちろん、タカり圭がスッポン。眞子さまに食らい付いて離さないからピッタリだね。

    顔からしてタカり圭は、秀才面じゃないし。頭と中身はスッカスカ。一番いいのは毎回毎回不合格で、無職のまま借金だけがかさみ、身動き出来なくなり破談になること。

    またまた雅子さまが音楽会出席でアリバイ作り。公務をろくにしないで春スキーに行くのは、ムカつくけど、愛子さまの現在の状態や顔が、久々にウォッチング出来るから、まぁいいか。

  11. ラミリー より:

    mayuさん、おはようございます
    春分の日ですね。なかなか春めいた気持ちにはなれませんが。週刊誌はなぜ
    紀子さまの事ばかり叩くのでしょうか?記事の通りだとすると、眞子さまって随分面倒くさい性格なんだなぁと
    しか思えないのですが。確かに、公に
    あのような発言をされたのは何か不自然に感じました。美智子さまから叱られるからどーのこーのって、一体登場人物は何歳の人々なのでしょう。皇室全体が幼児化してるのでしょうか?
    紀子さまはしっかりした優しい方だと思っていましたが…公務に邁進されるあまり、お子さま方とは距離ができて
    しまったのでしょうか?雅子さんは
    たださぼってるだけですが、美智子さんは、小室の胡散臭さも見抜けなかったくせに後だしじゃんけんで勝とうとされるので始末に終えません。まさに
    老害ですね。

  12. 狗児 より:

    いいなあ、今度は音大生のピアノやバイオリンですか。家の近くにある音大生の演奏会に行ってきたことありますが、さすがプロの卵だけあって素晴らしい演奏でした。これも贅沢ですねえ。そして着物でなければ出てらっしゃる雅子さま(笑)洋服だって、きちんとしたもの着るには気合が要ると思いますけどねえ。

    さて、紀子さまが会見で眞子さまの体調を気遣われたことに眞子さまが傷付くって意味不明です。私には率直な母親としての気持ちだと思いました。捻くれて受け止める眞子さま、ほんまに小室氏に洗脳されてるのかもしれません。

    但し、秋篠宮家絶対主義ではない私は、紀子さまもお気の毒ですが、ちょっと気負い過ぎて眞子さまを過度に厳しく躾けられた反動もあると思いますよ。悠仁さまがお生まれになってから放り出されて、糸が切れた凧みたいにフラフラ飛んでいってしまわれた結果が小室氏のような気がしますね。

  13. 水玉 より:

    法学部も出ていないのによくこんな無謀なことをやってますね。奨学金打ち切られても眞子さまと結婚すれば多額の借金も全てちゃらになると思って大胆な行動に出られるのでしょう。それだけ眞子さまの心を完全に掴んでいて破談にならない自信があるからこんなこと出来るんでしょうか。いい加減にしてほしいです。

  14. 白雪山羊 より:

    mayuさん、早速更新ありがとうございます。

    雅子さま、スキーの前に出席した方が良いと思ったのかな?
    申し訳ないけど、そう感じました(苦笑)。

    今度は5月以降の学費の件ですか。
    一体、いつまでkkの話題が続くんでしょうね(*_*;

    眞子さま…お母様の紀子さまに対して
    「保身の為にあんな事(体調が心配)言って」と、本当に思っているのなら
    親に対して結構失礼ですね。
    で、週刊誌にある様に
    記者会見で紀子さまが
    「話してないので知りません」と発言してれば満足なのか?

    どちらにせよ、話し合いが出来てなくてこじれていると言う事なんでしょうね。

    黙っているのは眞子さまで、混乱させているのはkkではないですか?
    結局、話し合いをしないとどうにもならないのに…と、すみません。何だか怒りが湧いて来ました(-“”-;)

  15. nochio より:

    mayuさん
    海外公務は秋篠宮家にお任せ→賛成!
    小室家と関わってはダメだ→激しく同感!
    ってかその前に皇室は病んでいる→激しく同感!
    早く解決すべし→激しく同感!
    久子さん、モノクロ写真だと、お顔がよくわからない!

タイトルとURLをコピーしました