天皇を批判した靖国神社の小堀宮司が退任、天皇皇后を批判すると辞めることになるのか。

皇室

小室圭、雅子さまネタに比べると凄く地味~なのですが
なんとなく書きたくて書いたので投稿します。

週刊ポストに載せられた小堀宮司の発言。

6月20日、靖国神社の社務所会議室「第1回教学研究委員会定例会議」、
第十二代靖国神社宮司に就任した小堀邦夫氏の発言。

「陛下が一生懸命、慰霊の旅をすればするほど靖国神社は
遠ざかっていくんだよ、そう思わん?どこを慰霊の旅で訪れようが、
そこに御霊はないだろう?遺骨はあっても。違う?
そういうことを真剣に議論し、結論をもち発表することが重要やと言ってるの。
はっきり言えば、今上陛下は靖国神社を潰そうとしているだよ。わかるか?」

「あと半年もすればわかるよ。もし御在位中に一度も親拝なさらなかったら、
今の皇太子さんが新帝に就かれて参拝されるか?
新しく皇后になる彼女は神社神道大嫌いだよ。来るか?」

「小堀宮司からすれば、英霊の御霊は靖国にこそあり、戦地にはない。
にもかかわらず、今上陛下は靖国よりも慰霊の旅を選んでいるとなると、
靖国の存在意義を否定することになってしまうという思いがあったのではないか」
(靖国神社関係者)

しかしこの発言は靖国神社内でも問題視された。
「勅祭社(天皇が例祭などに勅使を派遣し、奉幣を行う神社)としての
靖国神社の性格を考えると、天皇陛下を批判するような発言は宮司として、
問題ではないかという声が上がっています」(靖国神社関係者)

靖国神社は来年までに天皇の参拝を実現させようとしていた。
「平成の御代のうちに天皇陛下にご参拝をいただくことは、私たち
靖国神社からすると悲願なのです。小堀宮司は”平成の御代に一度もご参拝が
なかったら神社はどうするんだ”と口にしていました。
そうして宮内庁に対して、宮司自らがうかがって御親拝の御請願を行うための
交渉を内々にしているのですが、まだ実現の目処はたっていない」
(靖国神社職員)


小堀発言は富田メモから連なる天皇と靖国の複雑な関係が伏線にあった。
富田メモ=富田朝彦元宮内庁長官が昭和天皇の非公開を記したメモ。
靖国にA級戦犯が合祀されたことに関し
「だから、私はあれ以来参拝していない。それが私の心だ」
櫻井よしこさんのオフィシャルサイト
『昭和天皇』A級戦犯メモ 富田メモの危うい『政治利用』
こちらを読んでいただけると、富田メモの信憑性がわかると思います。
また他にも豊田メモについて考察しているブログが沢山あるので
是非検索して読んでみてください。
https://yoshiko-sakurai.jp/2006/08/03/508

「あのビデオメッセージで譲位を決めたとき、反対する人おったよね(中略)
正論なんよ。だけど正論を潰せるだけの準備を陛下はずっとなさってる。
それに誰も気がつかなかった。公務というのはそれなんです。
誰も文句を言えない。 そしてこの次は、皇太子さまはそれに輪をかけてきますよ。
どういうふうになるのか僕も予測できない。少なくとも温かくなることはない。
靖国さんに対して」
生前退位に反対だったという本音をにじませ、皇太子に代替わりしても、
靖国との距離は広がるばかりだと危惧しているように聞こえる。

小堀宮司の発言を島田裕巳氏が読み解いたことは簡単に。

現在の天皇が参拝されないのは好き嫌いの問題ではなく
政教分離の問題が大きいはず、なにより宮内庁が止めるはず。
昭和天皇の参拝が途絶えた経緯、A級戦犯の合祀より、当時の
中曽根康弘首相が国際社会の反発を予想せずに公式参拝したことの
影響が大きい。 安倍首相が強行した参拝も同様、首相参拝のハレーション(悪影響)
が、益々靖国神社と天皇の距離を遠くしている状況がある。
靖国神社の問題は難しい。
A級戦犯(B、C級戦犯でも)戦争に勝った国が負けた国を裁いたのだ。

昨日、テレビニュースで全国放送されましたが、小堀宮司は
「天皇陛下に靖国神社に来てほしかった」のようなことを言っていました。
https://youtu.be/rOiCpIijvyw

小堀宮司は真っ当なことを言っているのだが、批判されるのが大嫌いな
天皇皇后両陛下、特に批判には過剰反応の皇后の圧倒的な存在。
私が作ったこの動画をブログにアップするのは3回目(ユーチューバーじゃないですよ)
特攻隊員だけでなく、若者たちが靖国で会おうと、日本という国の為に
尊い命を捧げた英霊たちに感謝と祈りを捧げる場所が靖国神社ではないのですか。
ま、今上陛下は靖国には行かないでしょう。
新天皇皇后も同じように行かないだろう。
皇室も昭和で終わりだったのかもしれません。

靖国神社は10日、小堀邦夫宮司(68)が退任する意向を示したと発表した。
同宮司をめぐっては、天皇陛下を批判する発言をしたと週刊誌で報じられており、
責任を取ったとみられる。
週刊ポストは10月12・19日号で、小堀宮司が6月、神社内の会議で
「陛下が一生懸命、慰霊の旅をすればするほど靖国神社は遠ざかっていくんだよ」
「はっきり言えば、今上陛下は靖国神社をつぶそうとしてるんだよ」
などと発言したと報道した。
靖国神社の広報担当者は、こうした発言があったことを認めた上で、
「極めて不穏当な言葉遣いの録音内容が漏れた」と説明。
宮司が宮内庁に行き、陳謝するとともに退任の意向を伝えたと述べた。
後任宮司については26日の総代会で正式決定するという。
天皇と靖国神社をめぐっては、1978年にA級戦犯が合祀(ごうし)されて以降、
昭和天皇の参拝が途絶え、天皇陛下も即位後一度も参拝されていない。
小堀氏は、3月1日から同神社の宮司を務めている。時事通信(2018/10/10-19:08)




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。
*別館はリンクコーナーにあります。


コメント

  1. クロワッサン より:

    mayuさんのブログを毎日楽しみにしています。

    雅子さまの創価の件は、ネットや他のブログで載っていたので知りたく思いました。丁寧な説明を有難うございました。

    曽野綾子さんはカトリックですが、毎年、終戦記念日には
    日本のために戦った英霊のために靖国神社にお参りに行っています。
    歴史あるカトリックは融通無下ですね。

    新興宗教ほど、靖国神社というか神社全般を避けるんですね。

    韓国・中国に気兼ねして皇室の方々や政治家が参拝しないのは、情けないです。

  2. 影子 より:

    確かに他国でデモ騒ぎがあると日本の企業や人が被害にあいますね。以前もその様な事がありました。普通の国民とは違うので難しいのだと思います。

    • mayu より:

      影子さん

      靖国は何かと難しい問題を抱えていますね。
      首相が参拝すると、中韓がヒステリー起こすのでなかなか大変です。
      これで天皇が参拝したらどーなることやら・・・
      どうせ参拝はしないでしょう。

  3. やしま より:

    mayuさん、お答えありがとうございます。

    キリスト系でもカルトの「エホバの証人」信者は鳥居をくぐれないので、要するに仏教系でもキリスト系でも「カルト系宗教信者」は、くぐれないのかもしれませんね。
    創価の友人は、それ以外のことはごくまともなんですが、(創価とカミングアウトは3年前。その前20年以上友人関係と仕事関係で一緒の女性)他宗教のへの観光的な参拝でも、「邪神の門はくぐれない!」と、すごい勢いで否定します。あと池田先生崇拝とね。その部分だけは目の色が変わるので、かなり怖いです。(なるべく触れないようにしています)
    そういう面で言えば、雅子さんは私自身は創価の学会員、とまでは行かないと思います。
    オワダ家は、双子の妹の片割れが、「マドレーヌ」という洗礼名までもらっているクリスチャン。みんな田園調布双葉に通っていたんですもんね。あそこキリスト教の学校です。

    なので、巷では噂の「彼女は創価」ということについては、私は否定的でした。
    だけど、今回の宮司さんの「神社神道大嫌い」とまで言い切るのは、どんな話が裏にあるのだろうと思います。
    祭祀王の一家ですからねぇ。それって真反対。
    「怠惰」とも違う。「神社大嫌い」というのは明らかな拒否反応なので。(「神道嫌い」なら、単なる怠惰かもしれませんが。)
    真相が知りたいです。

    ※昨日浅草寺に行きました。イスラム教徒であろうと思われる、外国人の方々もいっぱい参拝してました。
    日本の神様は、おおらかです。世界じゅうみんなこんなふうにおおらかなら、宗教戦争にならないのになぁ~

    • mayu より:

      やしまさん

      私には家族、親戚、友人、知人、創価の人がいないのでよく分からないのです。
      もしかしたら言わないだけかもしれませんが。
      そういえば、学習院も創価が多いとかネットで見たことがありますが、
      そんなに創価学会の信者が増えているのでしょうか。
      芸能人は沢山いるみたいですね。

      雅子さまの神社が大嫌いが単なるズボラ、面倒で嫌いでないとすれば、
      建築物が嫌い、雰囲気が嫌い、あるいはオカルトな意味合いが有ったりして、
      鳥肌が立つ、ぞわぞわする、体調が悪くなる、いろいろありますけど((((゚Д゚))))

      私も10年くらい前に浅草寺に行き参拝してきました(笑)
      神社仏閣に行っても何という事もない、鈍感なのかな。
      カトリックなんて信者が仏教、お寺に嫁に行く人もいるし(母の知り合い)
      意外と自由なのです。信仰も個人の自由で相手に押し付けない、
      柔軟性を持ったらいいのにね。

  4. クロワッサン より:

    mayuさんいつも記事とたくさんの写真有難うございます。

    雅子さまは創価だと云われていますが、どんな根拠で言われているのでしょう❓ 経緯を知らないので知りたいです。

    わたしはmayuさんと同じく雅子さまは宗教的に何も信じてないように感じます。
    宗教自体に興味がないみたい感じです。潔斎や宮中祭祀には、強烈な違和感があり、面倒で行いたくないのだと思います。

    東宮一家だけ伊勢神宮での潔斎はないそうです。
    伊勢神宮では高齢の天皇・皇后も潔斎し他の皇族方も
    潔斎しているのに……

    雅子さまは皇室に嫁ぐとは、男系の世継ぎを産み、宮中祭祀を滞りなく行うと事だという自覚とお覚悟がなかったんですね。

    園遊会も次代から廃止になるような気がします。

    • mayu より:

      クロワッサンさん

      私は自分のブログで雅子(サマ)が創価学会だと断定して書いたことが無いのです。
      それは、本当に創価なのかわからないからなのですが・・・
      療養中、国連大学に頻繁に通っていた。
      池田大作がわざわざ雅子(サマ)の為に専用のエレベーターを作った、
      など雑誌では読みました。他は実家の両親が創価、外務省も創価が多い、
      学会員が動員されてお出迎え、いろんな漏れ伝わる話から、創価ではないかと
      言われる由縁ではないでしょうか。

      雅子(サマ)は宮中祭祀が面倒でやりたくない、生理日を聞かれるのも
      嫌がっていたそうですしね(^^;) どの宗教、神道でも
      信仰心、祈ることなど無さそうに思えます。

      2年くらいビッシリ皇室のことを勉強したら、入内拒否したかも。
      絶対に自分に合わないと思うでしょう。

  5. やしま より:

    ちょっと見方を変えて。
    私は小堀宮司の

    「新しく皇后になる彼女は神社神道大嫌いだよ。来るか?」

    の発言に、一番興味を持ちました。

    「雅子さんは神道大嫌い」

    これだけキッパリ言い切るには、何か論拠があると思うのです。
    だって、雅子さん自身「私は鳥居をくぐりたくありません」と公式に言ったことはないですから……。
    とりあえず伊勢神宮には行ってますしね。

    これはアレですかね。
    「雅子さんは創価の洗礼を受けている」ということを、宮司さんは言いたかったんでしょうか。

    にうせ退任しちゃうんなら、後でどこかのマスメディアに「私の真意」というぶっちゃけ話を載せてもらいたいです。

    この会議は非公開だったんだろうと思うのですが、小堀氏のことを快く思っていない人たちがいて。
    ひそかに録音して、サックリ、週刊誌に流しちゃったんでしょうね。
    靖国神社側としては、最悪の結果となりました。

    • mayu より:

      やしまさん

      「雅子さんは神社神道大嫌いだよ」こうもきっぱり言うとはねぇ。
      小堀宮司は何か知っての発言だと思いました。

      例えば、2年前に7年ぶりに雅子さまが宮中祭祀に臨まれましたが、
      宮中祭祀に臨む時の手順、髪を結いあげる、衣装を着るのが
      面倒くさい、女官の手による潔斎が大嫌い。霊的に嫌い、怖いとか。
      雅子(サマ)は、キリスト教も創価も神道も興味が無さそうな人に
      見える時があります、信心深くない性格のような感じ。

      本当に創価の人達って鳥居をくぐれない、くぐらないのですか。
      初詣に行ったりしないのでしょうかね。
      エホバの証人は徹底しているので、他宗教の儀式には出ないと聞きました。

      今はなんでも録音しちゃう時代ですね。

      • やしま より:

        はい。創価の人はくぐれません。
        もう一つ、日蓮正宗の人たちも、くぐれません。
        (上記の人たちは、身近にいるもので。ただ他の宗教でもあるかもしれませんが、それは寡聞にして知りません。ごめんなさい)

        ところでmayuさんにお聞きしたいのですが、

        「キリスト教徒の方は、鳥居をくぐって、神社に参拝することは、全然かまわないのですか?
        初詣等、なさるのですか?」

        というのが、ちょっとお聞きしたいことなんですが。よろしければ、教えてくださいませ~

        • mayu より:

          やしまさん

          キリスト教でも地方にあるカトリック教会なので他はわかりませんが、
          私は初詣は寒い、面倒なので行きませんが、今年、断捨離で捨てる
          人形を供養するのに地元の一番大きな神社に行って供養してもらいました。
          鳥居もくぐらないと神社に入れないので普通にくぐりましたし、宮司に
          お祓いもしてもらいました(笑)カトリックは総じて緩いんです。
          大平首相、麻生大臣もカトリックですが靖国参拝しているので
          あまり気にしないようです。去年だったかな?ベルギー王室から国王夫妻が来日、
          沢山の鳥居をくぐっていました。ベルギー国王夫妻はカトリックです。

  6. よこはま より:

    私は15歳の時に初めて靖国神社参拝をいたしました。
    まだ都心の右も左もよくわからない年頃でしたが、新宿から総武線に乗って飯田橋まで行き、坂道を登って歩いたあの時の記憶は不思議と今も鮮明です。
    当時は友達に「やすくに?何それ?なにしに行ったの?」と言われましたね。
    高校1年生でしたから初詣で行く鎌倉八幡宮や明治神宮は知っていても、靖国神社を知ってる友達なんて殆ど周りにいませんでした。
    まあ、その後、靖国を知らなかった友達ともライブの聖地・武道館へコンサートを見に同じルートを辿って通うようになるのですが…。
    「ここが靖国!ここが靖国!」とか得意気に説明しちゃってね…。

    他の神社とは意味合いが違いますからね。それも政治的意味合いの強いところですから尚更です。
    月日は忘れちゃいましたが初めて行ったのは秋だったと思います。
    とても丁寧に参拝したのを覚えています。

    私の身近な親族が祀られているわけでもなく(遠い親戚にいるようですが)、個人的な思想的観点と、まだ高校1年生だった私を靖国に導いてくれたあの時の機会に対する自負心から以後毎年です。
    かれこれウン十年…。
    行けない時は遥拝をします。
    今年も2度靖国に行きました。年末までにもう1回は行こうと最後に行った桜満開の春に考えていたところです。

    まあ、そんな私ですが、今回の小堀さんの発言をニュースで知った時には頭に血が上りました。
    「おまえごときがっ!」って、私ごときが怒ったのですよ。
    管理人さんは全うな事を言ってると賛同されているようですが、私は違っていました。
    「こいつが辞めない限り、靖国にはしばらく行かない!」と思いましたね。
    まあ、私のような人間がいうまでもなく、保守思想の人がああいう輩を放っておきませんからすぐ片がつく(方がつく)、時間の問題だと思ってはおりましたが。

    まあ人間、立場によって絶対言っちゃいけないことがあるわけです。
    ちょっと耳を疑いましたね。
    おまえは商売人かと。

    靖国よりずっとポップな印象の明治神宮にも行きますよ。
    こちらの方が神社としてずっと荘厳なんですけども、靖国のような血の臭いがしないせいか森と相まって清浄な空気感です。

    尊王攘夷、幕府を倒して大日本帝国を作り上げた長州のスター吉田松陰が祀られている世田谷の松陰神社なんかも戦前復古愛国主義者には人気ですね。
    こちらはこじんまりとしていますが熱烈なリピーターが多いです。

    私が靖国と思い浮かべてもっとも気に食わないことは、横にある朝鮮総連本部ビルがあることです。
    上から見下ろしやがって!という気分です。

    • mayu より:

      よこはまさん

      私は関東には何度も行ったのに、いつも遊び系のところにしか行かず、
      行けなくなってから靖国に行きたいと思うようになった大バカ者です。
      日帰りで行けない、パニック持ちなので1人で行けない、旦那が仕事を
      辞めたら2人で行きたいとの希望を持っています。

      よこはまさんは、なぜ小堀さんの発言を聞いて頭に血が登るほど
      怒ったのですか、小堀さんの発言のどこが怒る原因なのですか?
      今上陛下に靖国参拝して欲しいと願うことのどこが悪いのですか。
      言葉遣いの悪さですか。 天皇崇拝保守だからですか。

      • よこはま より:

        靖国神社は明治維新から太平洋戦争までの軍人が祀れらているのは承知と思います。
        軍人といっても明治新政府軍と大日本帝国軍の軍人に限ります。
        しかしながら同胞であるのに敵味方に分別されているので旧幕府勢力の徳川方および奥羽越列藩同盟や、
        西南戦争における西郷隆盛率いる士族(映画ラストサムライの渡辺謙側)の死者は賊とされ祀られておりません。
        また、戦後に創設された自衛隊から朝鮮戦争などに海外派兵されて殉職した隊員、国内任務にて殉職された隊員などは祀られていません。

        しかも追悼施設とみなされながらも神道という一つの宗教に限定された偏狭な施設です。
        天皇を神に担ぎ上げて神道という埋もれた宗教を掘り起こした明治時代当初はいいとしても、敗戦を経て自ら新憲法を敷いた近代に天皇の名の下に通用する概念でしょうか?

        追悼施設としてアメリカのアーリントン墓地は無宗教が建前ゆえ、逆にそれぞれが好き好きに様々な宗教的装飾をしています。善光寺さんみたいなものです。

        このような概念の施設の長が戦没者慰霊という綺麗な言葉を担保に憲法の政教分離や様々な思惑が絡む政治性を無視して、
        ましてや天皇が行脚する戦没慰霊行為を批判するなど、どこの何様なのだと思うのが普通の感覚だと私は思いますよ。
        靖国というある意味慰霊のシンボリックな施設の長が他の慰霊行為や施設を批判し自分に利益をととれる意味でですよ。
        皇室の私的機関の伊勢とは違うんです。
        これは靖国に祀られている御霊の遺族こそ憤慨しているのではないでしょうか。

        月日が経ち今や靖国は血の臭いがする悲哀な神社から都心の緑地オアシスで爽やかな観光地と化している一宗教法人です。
        宮司(経営者)としては常に安定した経営に持ち込みたいという気持ちだとは思いますよ。それが言葉に出ちゃったのが今回の件です。

        靖国の経営観点からすると敗戦までの戦没遺族とごく一部の保守派しか氏子がいませんので、超高齢化してて先がないんです。
        観光客増は神社の経営を支えるでしょうが、神社を本当に支える氏子が減少しているのが大きなネックです。(まあ現代ですからどこの寺社仏閣でもそうでしょうけど。)
        小堀さんの発言は一宗教法人が皇室や政府にたかってるのと同じ意味があるのです。
        ある意味、天皇利用ととらえるむきもあります。
        氏子や信者はそんな垢にまみれた宮司を信用しませんよ。
        そして立場的に言ってはいけないことを口走れば不適格者の烙印を押されます。当然です。
        これまでも靖国は何の努力もしていないどころか、自分が正しいかのように開き直ってきた。
        天皇の責任じゃありません。
        もし今、天皇が靖国に親拝するようであれば、現政府がアメリカとの同盟関係を切って中国やロシアにつくぐらいの違和感を覚えます、個人的に。

        一般人が靖国に参拝するということは思想的な部分もそれそれだと思いますし、観光目的だったり様々でしょう。
        行きたければ行けばいいし、他の人に戦争の英雄が祀られているからと誘う場所でもないと思っています。
        私は私の思想信条で行けばいいと思います。

        あくまで個人的意見ですが多くの人は無理に靖国は行かない方が心が安らかなままだと思いますよ。
        血の臭い、戦争の臭いを本当に感じることがありますから。
        紀元節および大日本帝国憲法が発布された2月11日、建国記念日の6月25日、天皇誕生日の12月23日、天皇一般参賀の1月2日、そして終戦の日の8月15日。
        これらの日に靖国に行って他から来ている皆さんを見て管理人さんがどう感じるか…にもよりますが。

        余裕があるなら寄進されるのもいいかもしれません。
        靖国は戦争を嫌う人も多い現代ですので規模に比べて参拝客が少なく、さっきも申しあげましたが氏子の減少で経済的に苦しい神社ですので。
        もし寄進するならお金がいいと思います。

        長くなってすみません、お酒も入ってるし支離滅裂…

        • mayu より:

          よこはまさん

          深夜に長々とご教授ありがとうございました。
          来年のことはわかりませんが、よこはまさんのコメントを読んで
          今年は、すっかり靖国神社に行く気が失せました。
          以前、週刊誌の記事を書いた時も、あれこれコメントで書かれて
          週刊誌記事を書く気が失せた時と同じような気分でした。
          ありがとうございました。

  7. メルビン より:

    mayuさん、こんばんは

    記事に書かれたmayuさんの言葉、全く同感です。
    何故、日本の天皇に、国の為に死んでいった日本人がないがしろにされないとならないのか!
    ただただ悲しい。無念です。
    皇室は昭和で終わり、そのとおりだと思います。
    悔しいです。たった一度負けただけでこんな国になってしまって、情けないです。
    うちには小さい子供がいますが、将来が不安で仕方ないです。
    こんな気持ち、ママ友には話せません。
    とても共感してもらえないだろうし。
    mayuさんもお孫さんがいらっしゃいましたよね。
    我が子に対するとは違うかもしれませんが、どんな未来が待っていると思いますか。

    • mayu より:

      メルビンさん

      赤紙一枚で戦地に出向いて戦死した方々は今の日本を、皇室を
      どう思っているのでしょうか。
      戦後70年以上経ち日本は充分に償ってきたはずです。
      私は毎年、6月頃になるとCSで放送する戦争特集を見るのですが、
      戦争で犠牲になるのは普通に暮らしている庶民なんですよね。
      私はもういつ死んでもおかしくない年になったので、日本の未来まで
      考えることも少なくなりましたが、他国に侵略されない国防に強い日本で
      いてほしい、平和であってほしい。何より国民が安心して暮らせる
      日本であって欲しいです。 これから日本は人口も少なくなるので、
      皇族も少なくて良いと思ってます。

  8. ももた より:

    この件はツイッターとかでも宮司さん批判が多いですね。何様だ、と。
    靖国参拝については今上陛下だけのせいだとは思いませんが、こういう事には強いお気持ちは通されないんだな、と嫌味な考えが浮かんできてしまいます。
    眞子様の件でも思いますが、皇族に苦言を呈したりする存在が全くいない様子なのがとても不安です。寛仁親王や三笠宮様が亡くなられてから悪い意味で重石がなくなったのかな、とも思えます。
    お互い言い分があるのでしょうが、宮内庁と皇族の間にも信頼関係があるようにも見えませんね。
    庶民が何を心配したって無意味かもしれませんが、無関心にもなれずモヤモヤが増していくばかりです。

    • mayu より:

      ももたさん

      私はTwitterなどSNSをしない人なので、宮司批判が多いのは
      知りませんでした。
      どんな世代が批判をしているのだろうか。リベラルでしょうか。
      天皇陛下に靖国参拝して欲しい、その気持ちがわからないとは・・・
      私など元気に動けるうちに一度は靖国参拝したいと思っているのですが。
      海外慰霊の旅は強いお気持ちが発動するのに、靖国神社参拝は出ません。
      本当に昔の皇室のように身を挺して皇族に進言する人達がいない状況。
      そして、天皇皇后も言うことを聞かない、排除してしまう。
      これでは正しい道を歩けない状態ですよね。
      批判されるのが大嫌いなようです。

      • ももた より:

        あくまで私個人の偏ったネットの観測範囲なのですが、保守とか中道の人も宮司を批判してます。
        リベラルは分かりませんが、ヤフコメは宮司批判一色でした。
        まぁこのニュースが出た時に、これは叩かれるんだろうなとは思いましたが、
        真摯に勤めをなさっている陛下を批判するなんて!とか政教分離がどうたらとか色々ですが、結局何様のつもりだっていうのが多いです。
        天皇でも首相でも靖国参拝すれば国内外のメディアが大袈裟に騒ぎ立てるのが目に浮かびますし、心配する人が多いのも分かりますが、
        政教分離の観点から~と言われると、ビデオメッセージで生前退位を実現させた今となっては何だかなーと思ってしまいます。
        天皇にも首相にも普通に靖国参拝して欲しいです。

        • mayu より:

          ももたさん

          やっぱり生前退位に90%の人が賛成するのも分かるようです。
          天皇陛下を批判、恐れ多いことをーー!なのでしょうねぇ。

          総理が靖国参拝すれば、特に中韓が大騒ぎする。
          天皇陛下ならもっと大騒ぎになるかもしれない。
          何年たっても、どんなに償っても敗戦国のレッテルが取れない。
          何だか虚しくなります。

  9. より:

    mayu様 こんにちわ、お邪魔致します。
    良く書いて下さいました!
    心ある日本人は思いを同じくしていると信じたいです。

    非力ですが官邸メールと靖国に直接電話にて訴えました。

    • mayu より:

      柊さん、こんばんは。

      なんだか、どんどん皇室批判が出来ない風潮になっているみたいで、
      誰も進言してくれる人がいない、進言する人を排除して暴君が支配する
      皇室になっているようです。
      官邸メールと靖国に電話とは素晴らしい行動力です。

タイトルとURLをコピーしました