小室圭さん学生ビザなし留学への返答をする*佳代さんを発見! 週刊誌記事を読んでの感想など

眞子さまの結婚問題

10月11日本日発売の週刊文春のタイトルは興味をそそるものでした。

小室圭さん アメリカ「不法滞在」疑惑
▼「銀行残高不足でビザなし、帰国が必要」情報。
▼「事実無根」編集部に届いた小室さんの回答。
▼「非常にショックだった」皇族もご心配。
▼大きなバッグで…消えた小室さん母を発見!

週刊文春の今週号はdマガジンに載っていません。
いずれアップすると思いますが、文春オンラインにも載っていません。
要するに週刊誌を買って読んでください、ということでしょう。
それで買って読んでみました。
とっても気持ち悪い小室クンの顔と例のサングラスをした姐さん風の
圭与さんの写真が目を引きました。
発売中でもあり個人のブログなので今回はあまり詳細に紹介しません。
内容も転載無しでお願いします。
(2日くらい右クリックできないプラグイン作動します)

10月1日、眞子さまが国体観戦のため福井県に滞在していた同じ日、
夜7地半過ぎに一台のタクシーがとあるマンションに停車した。
※NYにいると思っていたら日本に居てました。
夜なのにサングラスをしているとはかなり警戒しているようです。
日中は小室クンの祖父が洗濯物を干している姿など目撃されているので、
圭与さんは主に夜に動いているのだろうか。ともかく日本にいたようです、
文春記者もここで写真を撮ると良かったのになぁ。



小室クンが学生ビザを取得せず留学しているとの情報、疑惑が広まり、
「女性セブン」がこの疑惑を報道した。
「独占! 小室圭さん超VIP留学中断帰国!眞子さま震える」
仮にこの報道が事実だとすれば、今の小室クンは不法滞在状態になる。

週刊文春による疑惑の徹底検証

この箇所は結構な長文でビザについて詳しく説明していましたが、
海外渡航、留学、滞在経験のある方も多いと思うので、大幅に省略します。
私は日本から出たことが無いので、ふむふむ・・・・と読みましたが・・・

小室クンを特別扱いしてきたフォーダム大は1-20発行に尽力するだろう。
「財務能力証明書」がネックになった可能性はあるのか?
さしあたり約600万円が必要(2年分の計算)
※ これはICU在籍中の留学する際も、圭与さんの元婚約者に見せ金として、
200万円振り込んで欲しいと頼み、その後は返済していません。
今回の留学では奥野法律事務所の所長が手助けしたかもしれませんね。

新しいPCに文字無し画像がないのです(^^;)

小室クンは一橋大学大学院ら修士論文で「直接投資」をテーマに論文を書いた。
その第二章はなぜか日本当局の「ビザ」発行基準を巡る問題点に多くのページ
が割かれていた。特に日本と韓国の制度を比較している箇所では、
日本は「年収」を重視するが、韓国は「言語能力」に重きを置いている。
日本はコミュニケーション能力の高い外国人を受け入れず、世界基準から
大きくズレている、という主張が展開されていた(一橋大学関係者)

※なんで日本と韓国を比較するのか。ここらへんが、小室クンは
K国人じゃないか?と疑われるところなんだよねぇ。
そして英語に相当の自信があり「言語能力」と出てくるわけだ。

学生ビザ無しで留学、11月に一旦帰国、これが疑惑、噂なのか?
本当に3年間は帰国しないのか?

庶民も小室Kについては興味があり、小室ネタを書くと
週刊誌も売れる、ということでいろーーんな噂が飛び交い、
私も週刊誌報道に右往左往する時があります。
こんな宙ぶらりんの状態は胸のツカエが取れないので続けて欲しくないです。




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。


コメント

  1. YUKI より:

    入学した際のル-ムメイトのインタビューなんかも最初からセットアップしたものと後でばらされていましたよね。この最新の笑顔の写真もかなり意識して撮られているようですから、マスコミとのタイアップではないでしょうか。もしかして文春はNYに取材班が駐在しているのでは。

    • mayu より:

      YUKIさん

      NYでの映像は大学側がセッティングしたとの報道の記憶があります。
      インタビューもロケみたいな感じだったのかもね。
      週刊文春の写真はまだNYに行く前か渡米する時の写真じゃないかな。
      ネクタイにスーツ、NYではもっとラフな服装でしたから。
      文春だけでなく各誌NYに2人くらい駐在しているかもネ。

  2. クロワッサン より:

    mayuさん連日の記事有難うございます。

    借金王KKのアップの顔がインパクトあって怖すぎます。
    普通笑顔の写真は和むものですが、KKの笑顔を見ると
    「いい気になるな❗」と怒鳴り付けたくなりムカつきます。

    身分相応に高校を卒業するか夜間大学に行って、市役所に勤めるとかすればいいのです。それは立派な生き方です。
    背伸びして派手にウソの箔を付け、借金を踏み倒すから嫌われるの。
    もしKKの留学費用が私たちの血税だったら、皇室が嫌になります。
    何回も言うけど、眞子さまの男の趣味は最低最悪です。
    婚約内定の宙ぶらりんは、耐えられない~❗

    • mayu より:

      クロワッサンさん

      実家に行かないので何気に暇です(^^;)
      小室クンの顔では眉毛と目付きが怖いです。
      笑顔風だけど笑っていない、何を考えているのかわからない、
      底知れない怖さが見える人ですね。

      圭与さんが普通の感覚で生活する人なら、小室クンも違った
      人生を送っていたと思うんです。親の責任も大いにありますよね。
      私なんか、眞子さまが小室Kと結婚したら、皇室自然消滅で
      良いとすら思ってますが。

  3. 狗児 より:

    たいらさんの仰るように、正に「真実を写して」いますね。そのまま映画のポスターとして使えそうです。ヤクザ映画の。組長の愛人と若い使いっ走りみたいに見えます。どうしてこんな下品な方々と眞子さまが関わりをお持ちになったのだか…改めて悲しいですね。

    • mayu より:

      狗児さん

      昔、任侠映画の大きい看板がありましたが、まさにそれ!
      清純な若い女性が1人出演して、それが眞子さま。
      惚れられた若いチンピラは組争いの闘争で亡くなるのよ。
      そういうパターンの任侠映画が流行っていたなぁ。
      とても爽やか青春映画に見えません(笑)

  4. 静御前 より:

    この写真は怖いですね。
    小室クン人相がどんどん悪くなっていくような感じですね。
    背が低くて顔がデカいだけの男。
    眞子様、こんな男のどこがいいのですか?
    容姿がイマイチで誠実さにもかける、おまけに佳与婆+超高齢のお祖父ちゃんまでついてくるなんて・・・・。
    そして低年収。国際弁護士の資格を取っても収入はそんなに上がらないでしょうね。
    物凄い事故物件ですよね。
    結婚しても不幸になるのは目に見えていますよ。
    早く正気になってください。

    • mayu より:

      静御前さん

      小室クンの「海の王子」の写真から比べると人相が悪くなってますねぇ。
      週刊誌にいろいろ書かれ、結婚延期で物事が上手くいかず卑屈になって
      それが顔に現れているのかな~?
      容姿もさることながら、誠実さが無い、親子でタカリ体質なところなど
      皇族とご縁を結べる相手じゃないですよねぇ。
      眞子さま、庶民の26、27才女性と比べるとやっぱりお姫様。
      お金の苦労もなく、就活することもない、職場を作ってもらって
      車で送迎付き週に3日の仕事。温室育ちだから理解できないのかも。

  5. 白雪山羊 より:

    mayuさん、こんばんは。
    体調など、少しずつ元気を取り戻して来ているでしょうか。
    ブログ更新ありがとうございます。

    文春の何とも言い難い
    笑顔のkk。その肩越しに
    サングラス姿の佳代さん。kkが帰国するまで自宅マンションに戻らないつもりなのでしょうか。

    一時帰国したらしたで
    宮邸にタクシー、いやワゴン車で来た?どの門から入った…になるのですかね。
    申し訳ないけれど、もうグッタリしています。

    「“締め切り直前”に
    (法律事務所の担当者から)電話が来た」は、文春の本音ですかね(^^;)??

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      雅子さまほどではありませんが、体調の波がありますが
      何とか元気にしています。
      週刊文春も良い画像を使ってますね(笑)
      圭与さんの生活も遺族年金と父親の年金で贅沢しなければ
      2人生活はしていけると思いますが、動くのは夜なのでしょうか。
      ほとぼりが冷めるのを待っているのかも。
      小室クン本人からのメールだそうです。
      学生ビザを取り3年帰って来ないのならそれはそれで良いのですが。

  6. YUKI より:

    文春の記事の紹介をありがとうございました。私もメイプルさんと同じ意見で、ズルズルひっぱるだけだと思います。少しずつがせネタも含め週刊誌に出し、皆の反応を見ながら後出しじゃんけんで軌道調整もしていくといったところではないでしょうか。昔、米国の学生ビザの申請はしたことがありますがそれほど難しい事はありませんでした。預金残高は奥野さんが準備できたでしょうし関係ないのでは。もちろん今の政権ではビザの取得は例えば語学学校なんかは難しいんでしょうけど、特別奨学金を受けての大学院ですからね。もしかして、ご本人ではなく日本からの日本人のお付きの人のビザが取れないとかなんて妄想も沸いてきます。
    それから、今回お母さんがマンションに戻られたのも国内からとは限らないと思います。荷物は送ることができますからね。でも横浜で見たとか噂もあるし国内でしょうけどね。

    • mayu より:

      YUKIさん

      週刊誌での小室ネタ、嘘か本当かさっぱりわかりませんが、
      全く報道されず、いつの間にか2年経ち「結婚します」になるよりは
      とにかく書いてこの結婚延期を風化させないことが大事かと思いました。
      来年は天皇の退位、皇太子の即位があり皇室も多忙ですからね、
      多忙に紛れて小室クンを忘れてしまう前に何とかケリをつけて欲しいものです。

      圭与さんはNYにいると思ったのに意外でした。
      パートも休んでいるそうで、圭ちゃんと離れて寂しい日々でしょうね。ははは

  7. 金平糖 より:

    こんばんは

    更新ありがとうございます!!

    それにしてもKKの文春の写真、いちいちムカツキます。
    私の周囲の知人は眞子さまとの話はもう終わっているのではという人が多いのですが、私は疑問に思ってます。
    秋篠宮殿下なり、宮内庁なりの公式な発言が欲しいです。

    • mayu より:

      金平糖さん

      11月帰国とか、3年間は帰国しないとか、いろいろ書かれていますが
      肝心の結婚はするのか、白紙にするのか、はっきりしないので
      イライラするんですよね。 眞子さまが断ればそれで済むのに、
      いつまでもダラダラとこの調子で2年間は長いっ!
      早く結論だして欲しいよ~~

  8. たいら より:

    mayuさん こんにちは
    ここに来て週刊誌はK氏のネタがあっちにもこっちにも。それにしても、今回の写真は本当に眞子さまどうしてこんな人を好きになっちゃんだろうと思わせるもので、さしずめ”見せかけ上流作戦、上手く行ったね”の巻。このような写真が掲載され、眞子さまが目を覚ますきっかけになれば、週刊誌の役目もあったのかと思って、この一瞬の表情を撮ったカメラマンに”あっぱれ”!!
    同時に、元婚約者が贈った、サイズの合わない5万円の靴を履いて撮った記念写真が思い浮かんできました。悲しすぎます。早くきちんと終わりにして、両者の体面が保たれる状況を作って頂きたいです。
    K氏も無償で留学できたのですから、良かったということで...。甘いかな?

    • mayu より:

      たいらさん

      小室クンも段々人相が悪くなっていますよねぇ。
      週刊誌、ネットで叩かれて攻撃的になっているのかな?
      この親子の本質を眞子さまも早く気づいて欲しいわ~
      サイズの合わない靴の撮影場所は分不相応な帝国ホテルでした。
      帝国ホテルで眞子さまとの結婚式を夢見ていたのかなぁ。
      小室圭的には眞子さまが降嫁してもらう一時金くらい欲しいと思ってるかも。

タイトルとURLをコピーしました