小室圭さん文書発表後のマスコミ、各週刊誌報道* 頓珍漢なコメンテーターに不快感

眞子さまの結婚問題

今日1月24日は用事が多かったのであまりテレビは見られませんでしたが、
午後2時に帰宅すると、ミヤネ屋とグッディで小室圭のことを放送していた。
今回はメディアも22日~24日と3日間も放送する、異例の長さ。
番組も数分程度では終わらない、意外と時間を掛けて放送していますね。
ただ、頓珍漢なことを言うコメンテーターがいることは残念です。
皇室のことを知らないでコメントしているのか?一般家庭と皇室は違うのだ。
グッディは途中から見たのですが、田村弁護士と尾木ママの発言には
かなり不快感を覚えました。
が、総じてメディアも小室親子批判を言うようになったことは喜ばしい。

小室親子がどんな努力をするのか知りませんが、国民からの祝福は
無理、無理、無理~~! 皇族の結婚相手が金銭トラブルで弁護士を立てる、
それだけでもう無理なんです。 そもそも借りたお金の金額が400万ちょっと。
ここのところ、小室Kと環境や素質が似ていると引き合いに出される
羽〇研二など億単位のお金ですぜ。
400万円、低層庶民には大金ですが、内親王と結婚する相手が400万円を
返済できない、あるいは借りなければ大学にやれない、生活できない、
これでは釣り合いが取れません。 帝国ホテルでの結婚式の費用だって
半額出せるのですか? 納采の儀では鮮鯛、清酒、くらいは用意できても、
ドレスに使う生地は目録だけで終わり、実際は秋篠宮家が用意したりして。
何よりも勤勉、真面目、努力する日本国民が多いので、小室親子の人間性が
日本国民に受け付けないんです。
もはや、眞子さまのお気持ち次第じゃないかな~と思いました。


今週発売の週刊誌、女性セブン・週刊新潮・週刊文春

女性セブンのタイトル「逆襲文書」に眞子さま号泣。

*葉山御用邸で静養中の天皇皇后両陛下の様子。
*借金トラブル、結婚延期、米国留学など一連のこと。
*元婚約者の反論
*誠実さを欠く文書、火に油を注ぐようなもの。
*眞子さま更に厳しい状況に追い込まれ、号泣しても足りない
落胆ぶりのようです。
と、号泣などしたのかしないのか、ワケわからない推測記事です。
詳しく書く気にならないので、ポストセブンに全文転載されているので読んでください。
NEWSポストセブン 全文は以下
https://www.news-postseven.com/archives/20190124_854698.html

週刊新潮は「小室圭さん」ご母堂の「天皇陛下」謁見要求。

こちらも以前も週刊誌に書かれましたが、佳代さんが秋篠宮殿下の
会見以降、宮内庁に直接連絡、「両陛下にお会いしてお話を
させて頂けませんか」と要請している。

「両陛下との面会が許されるのであれば、圭を連れてご説明に伺います」
と繰り返している。 両陛下のお世話にあたる侍従職にも伝えられ、念のため
両陛下の耳にも入れているとのこと。
こうした蛮行がまかり通るはずもない、秋篠宮ご夫妻を差し置き、祖父母に
直談判して承諾を取り付けるなど、一般社会においても常識を疑うケース。

美智子さま「眞子があの方に嫁ぐというのはあり得ない、新しい時代に
重要となる皇嗣家に連なる親戚として、あの方が入ってくるのは到底
考えられません」と漏らされている。

いかに佳代さんが直訴したところで、両陛下は既に小室さんに
“不適格”の烙印を押されており、徒労でしかない。

大体このような内容ですが、こちらの記事もいずれ
デイリー新潮で全文見られるでしょう。

週刊文春、こちらは今回は(も)買って読めになっています。
小室の乱「眞子さま洗脳」のタイトルで、どんな洗脳かと気になりました。

このまま結婚まで突き進めば、小室圭さんは将来の天皇・悠仁さまの義兄となる。
今回のあまりに稚拙(ちせつ 幼稚で未熟なこと)な文書発表、元婚約者の
長年の訴えをないがしろにする言動、眞子さまのお名前を利用するかのような
度重なる対応は「国民とともにある」皇室と相容れるものとは思えない。
こちらの記事もいずれ文春オンラインにて全文読めると思います。
昼寝はしたものの、ちょっと疲れてしまい大雑把で申し訳ないです。


コメント

  1. ありよし より:

    mayuさん みなさん いつも楽しく拝読しています♪
     
    虎の門の竹田さん見て、スッキリした~!

    地上波テレビのコメンテーターで小室k推しをしている方を見るのは、気分悪いですね。

    尾木ママは、有田ヨシフ議員とツーショット撮るほどバリバリの日教組なので「む!小室kのバックには朝鮮系の団体がついているのか!?」などと勘ぐったりもしますが。

    ただテレビ局にお勤めの方に聞いたら、偏向した内容を放送すると厳しいクレームが来ることが多く、「賛否両論」が基本、放送時間も、なるべく「平等」にしないといけないんだそうです。

    小室kを批判したら、同じような時間、持ち上げないとダメ、みたいな。

    、、、個人的には、地上波は打倒安倍政権!とか、やたらの中国・韓国擁護とか、なんとなく偏向している印象がありますけれど。

    さあ一体、「辞退」はいつでしょうね。

    梅宮アンナさんは羽賀と5年付き合ったうち、最後の2年は「意地」だったと回想してました。
    みんなの言うとおりだったじゃん。別れて良かった、の典型。

    あのまま結婚してたら梅宮家は身ぐるみはがされて破産、下手したらアンナさんも詐欺の共犯で獄中だったかも。

    眞子様、、、

  2. やしま より:

    虎ノ門ニュース、視聴できるとのことでよかったです。私が見ようとしたときにはたまたま視聴殺到で見られなかったのかもしれません。早とちりすみませんでした。

    現在のマスコミはちょっと危うい感じになっています。
    元婚約者へのバッシングが始まっているように思います。あの方も、そろそろ露出をほどほどにして、弁護士同士で話し合うのなら、そちらの方向に持っていき、中間報告と最終報告をしてくれたらと思います。
    でもね、この方が表れなかったら、もうとっくに眞子さまはK氏と結婚してました。それを食い止めてくれたことには感謝しています。
    眞子さまがこの方のこと、感謝できるようになる日は遠い遠い先かもしれませんが、きっといつか、わかってくださる日があると信じています。

    竹田恒泰氏自身も問題を抱えていることは、重々承知しています。
    本人どころか今、父親もトラブル中。
    それでも私は、この人の虎ノ門ニュースは、我々皇室ファンの気持ちを代弁してくれてありがたかったです。ここまで眞子ケイのことをきっぱり言える人は他にはいないです。この虎ノ門ニュースを視聴して、気分がスッキリした、拍手したいと賞賛の声が多い。他ではそういう意見を聞くことができない日本のマスコミのおかしさでしょう。

    ところでデヴィ夫人のブログを見てしまいました・・・
    元婚約者の男性のこと、非常に非難しています。
    でも、読んでいると論理矛盾があるのです。
    デヴィ夫人は眞子さまとK氏の結婚は反対なんですよ。
    でも夫人に言わせると「卑怯な」元婚約者の出現がなかったら、今ごろ二人は結婚していたんですが。
    そういう時系列に関してはどうお考えなんでしょうねぇ

    あと今回のK氏文書について、「こうすればよかったのに」という模範解答がrさんのブログに掲載されていて。
    この添削文書には「なるほどね!」と納得。
    弁護士というのは、法廷闘争用文書を書くのはお手の物ですが、マスコミ用広報用文書を書くのは得意ではない典型例のようなものだそうです。

    いずれにしても事の本質は「こんなトラブルを抱えている人と内親王が婚姻してはならない。」ということじゃないでしょうか。いや、内親王どころじゃない。一般庶民だってお断りです。
    擁護するコメンテイターの人たちは「自分の娘だったらその結婚相手にどうか」って聞かれたとき「もろ手を挙げて結婚に賛成しますよ」なんて言う人、いるんでしょうかね?

    • mayu より:

      やしまさん

      虎ノ門ニュース見れました。言いたい放題で良かったです。
      できれば全国放送でも言って欲しいわ。
      元婚約者へのバッシングですか、少し間を置いて報告して欲しいです。
      この人がいなかったら・・・と思うと背筋が凍ります。
      元婚約者様、様です。

      デヴィ夫人のブログ、まだ見ていませんが、元婚約者と小室Kの
      2人を非難しているということですか。五分五分ってところなのかな。
      昨日は弁護士のコメンティーターにムカつきました。
      法律だけじゃないんだ、人情なんだ、とヨネスケが言っていました。

  3. メープル より:

    まゆさん、こんばんは。

    大変な事態になりましたね。今日本の母と電話していたのですが、その時もテレビでは小室kの話題をしていたそうです。大炎上ですね。でも私としては、大炎上してこのまま灰となって破談になってほしいです。長引き過ぎています。

    この週末は秋篠宮家ではもちろん真剣な話し合いはされるとは思うのですが、天皇陛下も皇后陛下も何かしら話し合いはされるでしょうね。

    この問題は小室側が借金を返したとしても解決しない、人間性や品性の問題なのに、その部分を更に印象悪くさせるような文章を書き、それを勝手にマスコミに送り付けて、本当に何様のつもりなんでしょう。眞子様は承知されていたとありますが、こんな文章で眞子様は納得されたのでしょうか。

    贈与で押し切るつもりなんでしょうが、そうなると税金のこともかかわってくるみたいなので、テレビなどでこんなに大騒ぎになっているなら、その辺りも突っ込んで欲しいです。

    • mayu より:

      メープルさん

      日本では22日から今日26日になってもまだテレビで報道しています。
      文書の内容が悪かったです、即!元婚約者から反論されました。
      1年間何をしていたのか、去年で解決すると思ったのですが。
      今は400万円返済したとしても、国民から祝福はされないでしょう。
      お金の問題より品性、誠意が見えませんでした。

  4. 白雪山羊 より:

    mayuさん、お忙しい中ブログ更新ありがとうございます。

    もう、何でこうまでわざわざ反感を買う様な事をするんだろう。
    この文章を出したら、どんな風になると予想していたのか?

    この一年、何度も思いましたが
    改めて解ったのは
    kkにとって、皇室がどうなろうとどうでもいいんでしょうね。
    (万が一、これをきっかけに本当に皇室がどうにかなってしまったら
    どう責任を取るつもりなのだろう)
    それとも、混乱させるのが目的なのか。

    我が家では、この件についてTVで流れると両親はシーン…となっちゃって言葉も出ません、というか変な雰囲気になります。

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      おそらく、自分たち親子は悪くない、正当化した文章で
      感謝の文面もうすら寒い状態でしたが、本人たちは
      空気読めない、鈍感なので大丈夫と思ったんじゃないかしら。
      眞子さまの立場も小室Kは考えて無さそうですね。

  5. ナーバナ より:

    こんばんは。
    ジャガーさんみたいな目にコムロ母にお金を上手いこと言って取られた人が、まだ他にいるのではないでしょうか。
    やっぱりコムロ母子の精神は異常で、ゾッとします。普通じゃないですよ。ぶっ壊れてます。
    ここまで大騒ぎになり、秋篠宮が初めにちゃんと調べなかったのが甘いし、悔やまれます。コムロはさすが詐欺師のなせる技で、こんな良い青年はいない!と思わせ、女性宮家の考えがよぎる宮はコロッと騙されたのでしょう。
    奈良京都には皇室の方しかトップに立てない門跡寺院がたくさんあります。 眞子さん、尼寺にこもってスカイプのない生活したらどうですか。

    • mayu より:

      ナーバナさん

      小室親子は精神科医からみると「認知の歪み」があるそうです。
      だから、我々が普通と思うことがわからないとか。
      秋篠宮殿下の「本人の意思にまかせる」これは良くなかったです。
      もっと危機感を持つべきでした。今頃・・・です。

  6. べるもんと より:

    連投すみません。
    虎ノ門ニュースですが、問題なく見れますよ。
    まだ未視聴の方はぜひご覧いただきたい。
    KK氏の問題点を見事に言葉で表現なさっていますので。

  7. ラミリー より:

    まゆさん、こんにちは。私も高齢親の事で疲れていてワイドショーどころではなかったのですが、今、フジを見てびっくりしました。80代女性が
    親なんか関係ない、好きどうし結婚すればいい。信じられません。40代50代が否定的で安心しましたが。木村太郎さんも、変ですね。女性宮家や結婚後の名誉職の危うさがわからないのでしょうか。皇室離脱して駆け落ちすればいい、には拍手喝采したいと思います

    • mayu より:

      ラミリー さん、初めまして。

      高齢者の親、お互い疲れますね。
      80代女性2人のインタビューは私も見ました。
      私の母はボケる前は小室Kでは大反対でしたが
      皇室好きと興味ないのでは違うのかしら?
      いい加減な事を言うお婆さんにがっかりでした。

  8. べるもんと より:

    mayuさん、こんにちは。
    女性セブンの「眞子さま号泣」記事、気になっていたんですよ。取り上げてくださってありがとうございます。
    この記事でショックだったのが、「眞子様は、圭氏がこの文章を公表すれば結婚に向けて動き出せると信じていた」と書かれていたことです。雑誌の記事ですから真実とは限りませんが、「号泣」の件は憶測でしかない書き方でしたが、「文章を公表すれば~」は断言しているんですよね。
    眞子様、やはりどっぷりと、ふたりきりの世界に浸っていると思わざる負えないですね。でも、この度の愛しの圭くんのお花畑文章公表により、現実の世界に戻らざる負えなくなりました。はたして眞子様の目は覚めるのか。
    でももう皇室としては、たとえ眞子様がまだ彼との結婚を望んだとしても、このご縁を結ぶのはありえない段階にきたと思うのですが。

    やしまさんがご紹介してくださった、1月24日配信の虎ノ門ニュースですが、私、昨日見ました。
    ただ、昨日の時点でも24日の分は再生しずらい状態だったので、恐らく視聴者が殺到していたのではないでしょうか。
    色々と言われている竹田氏ですが、この件に関しての彼のコメントは、よく言った!その通り!と拍手喝采を惜しみなく送りたくなる内容でしたね。
    簡単ですがご紹介すると、

     400万円ごときでこれほどの大騒ぎになる、程度の低さ
     中身のないぺらっぺらな文章
     秋篠宮殿下をないがしろにしている
     バ〇、大バ〇野郎
     はっきり言って、彼は眞子内親王殿下をたぶらかしている
     自分のことばかり
     本当は眞子内親王殿下のことを愛しちゃいない
     愛しているなら眞子様のために身を引くはず
     皇室利用
     男の腐った、最〇野郎

    等々、私も声を大にして言いたかったことを見事に言い切ってくれていました。
    この内容で、もしも配信停止中になっているならとんでもないですね。だって「その通り」でしょうに。

    • mayu より:

      べるもんとさん

      小室Kも文書公表してはみたものの、即!元婚約者からの反論で
      嘘、自己保身、誠意の無さがバレバレで墓穴掘りましたね。

      今の時代、便利過ぎて良くないですね。
      スカイプなど無ければいいのに・・・
      と、PCしている私が言うのもなんだけど。

      youtubeで竹田さんの放送見ました。
      言いたい放題で良かったです(^^)

  9. 狗児 より:

    mayuさん、お忙しい中更新して下さりありがとうございます。
    私もミヤネ屋見ました。内容的には目新しいこともありませんでしたが、取り扱う時間が長いことにびっくりしました。普段は皇室に興味がないうちの主人まで「こんなに騒ぎを大きくして、皇室をないがしろにして…腹切ってお詫びするしかないんちゃう?」と。腹切りは少々過激な表現ですけど、多くの国民は内心同じようなこと思っているのではないでしょうか。
    よく小室氏は日本人の感覚じゃない、なんて言われますけどね、こんな不誠実で自分本位で筋の通らない人、世界中どこでも通用しないと思います。
    可哀想かもしれませんが、眞子さまが如何に泣こうが叫ぼうが破談にするしかないですよね。

    • mayu より:

      狗児さん

      今日もフジテレビの昼ワイドでやってました。
      今回はそこそこ長く報道してくれるので、小室親子では
      皇族と結婚するのは無理、賛成できない人が増えてくれるのを期待しています。
      破談に一歩前進できたら良いのですが、油断できません。

  10. やしま より:

    実は現時点で視聴不可になっている、昨日発表の「虎ノ門ニュース」動画がありました。
    竹田氏のチャンネルです。思う存分、Kのこと罵っていて、痛快で拍手を送りたかったのですが、それと同時に女性宮家の危険性についても強く言及しておりました。23日と25日分は普通に視聴できるので、この日だけがダメというのは、やはり何らかの圧力かと。マスコミもその点はよくわかっていて、だから忖度番組もつくらざるを得ないのかもしれません。

    くだんの虎ノ門ニュースですが、竹田恒泰氏があの文書問題のことについて話題に挙げたとき、冒頭に言ってました。
    「なぜ今さらこんな中身がスカスカな文書を出すのか」と。

    「元婚約者の方には感謝しているし、申し訳なかったと思っております。母とも相談しましたが、まずは毎月少額なりとも返済に努め、やがて職についた暁には、必ず完済を目指しますので、どうかお待ちいただけるよう、お願い申し上げます。」とか何とかの殊勝な言葉を連ねておけば、それが我々にとっては「空疎」と映っても、ある程度マスコミも国民も「それなら・・」と納得して、応援に回る方も出たかもしれない。
    今回のナゾは、そうした空気と全く真逆。誰が見てもわかりやすく「こいつダメ」の烙印を押す内容だったということです。

    日本人って、何かしてもらったらお返しって思う文化じゃないですか。例えば香典のお返し。結婚式の引き出物。餞別のおみやげ返し、そして病気見舞いに対する快気祝。

    もらいっぱなしはいけない。恩を受けたら、何らかの形で返したい。それがごくごく普通の感覚なんですよ。
    それがK母子。今まであれもしてもらった、これもしてもらったのは認める。でもそれはみんな「もらったものと認識しています。一切お返しは考えておりません」という、ものすごく日本人離れした思考の持ち主で、普通の感覚を持った日本人としては、「一同唖然」です。
    (「貸してくれ」とメールで残っているものまで「贈与と認識」ですしねぇ)

    改めてこういう母子だと拡散されて、これはこれでよかったと私は思っております。
    この男はダメ。日本人共通の強い思いになりましたから。

    • よこはま より:

      竹田恒泰氏も金銭トラブル抱えていますよね。

      裁判の結果、裁判所から数千万円の支払い命令が出たのにもかかわらずバックれ続けています。
      彼はこれまで民事訴訟を何件も起こされています。

      たとえ、竹田氏がいいことを言っていても彼の名前を持ち出されるとすべて胡散臭く思えてしまいます。

      • mayu より:

        よこはまさん

        竹田さんはメディアに出る人の中では皇室についての知識は
        相当なものだと思ってます。

    • mayu より:

      やしまさん

      虎ノ門ニュース見ました。胸のツカエが取れるくらいスカッとしましたが、
      全国放送で言って貰いたいわ~~! 竹田さんも当初から小室Kでは
      反対でしたからね。
      小室親子が元婚約者にやったことは、後ろ足で砂をかけるようなもの。
      感謝などしていない、自分たちが良ければそれで良いところが見えて
      今回の文書は大失敗でした(笑)

  11. いちごラムネ より:

    mayuさん、おはようございます。
    記事アップありがとうございました。

    美智子さんの「あり得ない」「考えられない」という発言。内容そのものはそうなんだけど、けど「じゃあなんで裁可したのよ」とツッコミたくなります。
    天皇の裁可って、中身をちゃんと吟味もせず「オッケー♪」みたいな軽いモンなんですか?
    どこまでホントか知りませんが、天皇は美智子さんが操ってる、みたいに言われてるんだから、天皇の裁可は美智子さんの裁可みたいなモンでしょ。

    それにしても、眞子さん。
    今でも本当に好きなのか、それとももう今となってはただの意地なのか。ここで別れると言えば「ほーらね」とほぼ日本の国民全てから言われるわけで、そんなのこの私のプライドが許さない、ということか。
    あるいは、これを逃せば、もう私と結婚してくれるなんて人は現れないという執着か。

    でも「やめる」という決断が遅ければ遅いほど、傷は深くなるし、今後の人生に及ぼす影響も大きい。
    厳しいことを言えば、もうすでに遅いですけどね。でも、このまま突き進めばもっとダメージは大きくなって、残りの人生、全て茨の道ですよ。

    それにしても、若い眞子さんには仕方がない部分もあったかもしれませんが、秋篠宮殿下がもうちょっと厳しくなさるべきでしたよね。もう今さら、ですが。

    • mayu より:

      いちごラムネさん

      週刊誌に書かれる美智子さまの言葉にもイライラしますね。
      そう思うなら早く決断して裁可取り消しをーー!と言いたくなります。
      眞子さまも決断が遅くなりました。結婚延期した去年の2月に
      一応白紙にします、と言えば良かった。秋篠宮殿下も呑気過ぎでした。

  12. クロワッサン より:

    いろいろとお忙しくお疲れですのに、ブログ更新有難うございます。

    タカり圭は、国際弁護士を目指してるけど、文書の内容がお粗末過ぎます。相手の気持ちを逆撫して、自分本意の文章しか書けない人間です。

    高級マッサージ店で、SPを長時間外で待たせ、何万もするマッサージ代を払う。SPへの配慮もないし、マッサージ代払うお金あるなら、ジャガーさんへの借金を返せよ❗

    身の丈にあった質実な生き方を日本人は理想とするの。

    こんなK国のような人間が、皇室の準皇族になって、絢子さまのご主人のように、皇族と一緒に武蔵野陵を参拝するとしたら、みっともなく貧相で場違いでお笑い草です。

    秋篠宮が結婚を許可しない事を願うばかりです。

    • mayu より:

      クロワッサンさん

      小室Kの今回の文書は墓穴を掘って益々誠意の無さ、自己中、嘘吐きを
      お披露目してくれました。 小室Kが準皇族気取り、身震いします

タイトルとURLをコピーしました