昨日の投稿で書いたように今週の週刊誌は秋篠宮殿下誕生日会見を
踏まえて小室Kの話題てんこ盛りでした。
放送局各局が朝昼晩放送し、以前も名前が出ていた立川氏が
テレビ番組に電話取材を受けて眞子さまを「彼女」呼びしたことで、
かなりクローズアップされました。いくら外国の人とはいえ
不敬な呼び方に怒り心頭、小室Kの交友関係は一体どうなってるんだ?
と思わざるを得なかったです。
今日は週刊文春と女性セブンを読んでみましたが、私的には
単刀直入に書いていた女性セブンの記事の方が好みでしたが、
いずれにしても小室Kからの辞退を望んでいるが、小室Kが
応じるのは難しそうで、一体何なんだよーー!
小室Kの頭は変!異常事態ではないか? とすら思いました。
今日は週刊文春の記事を掻い摘んで紹介します。と毎回書いて長文です(^^;)
後からまた感想など書くかもしれません。

輝かしい経歴のNY女傑弁護士と名刺交換人脈作りに余念ない小室圭

11月28日、市区人男性らと談笑しながら一人の日本人学生が姿を現した。
渡米から4ヵ月、NY生活にもすっかり慣れた様子。
「汚職防止のためのキャリアプログラム」の特別講演会に参加。
真剣に聞き入る小室、ひとしきり講演が終わり質疑応答に入ると真っ先に
手を挙げ流暢な英語で質問。講師も丁寧に答えを返す。
質疑応答の時間が終わるなり、小室Kは講師のもとに駆け寄った。
熱心に話しかけ、おもむろに自身の名刺を取り出し、講師と名刺交換を促す。
その相手はチンウェ・エシマイさん、ナイジェリア生まれで三児の母、
弁護士資格を持ち、過去には国連でスピーチ、数々の輝かしい職歴を経て、
今年は米国内アフリカ系民族の間では権威ある賞『企業リーダーシップ部門」で
受賞している、まさに女傑と呼ぶにふさわしい人物。
国際弁護士を目指す小室さんにとっては彼女が理想の将来像と重なったのか。
名刺交換までして、人脈作りに余念がないように見えます。(金融関係者)

小室Kは名刺を持ってるのか。英語で書かれた奥野法律事務所の名刺か?
小室Kはかなり意識高い系だな~目立つことをして印象づけ、人脈とコネを
作り這い上がることしか頭にないようだ。

会見当日、フォーダム大には十数名の記者が押し掛けたが、取材設定なし、
結局、小室圭の姿は報じられていない。



圭与さんの父親によれば「母親は精神的に相当参っていて
『もう耐えられない』と漏らしているようだ」

小室クン、大事なママが精神的に相当参って「もう耐えられない」と言ってるよ。
このまま留学を終えるまでママを引き篭もりさせているつもりか。
いい加減白旗上げて結婚辞退宣言しろよ。

 

当時のデートコースは佳代さんがすべて決めていた。
デートコースを相談し、プレゼントも母の知り合いに作ってもらう。
小室親子の独特の関係が垣間見える。

小室親子は共依存なのか、圭与さんが圭君を玉の輿に乗せて
自分もセレブな生活をしたい、との思いから手取り足取り
デートコースまで考えてやるとは恐れ入りました。
典型的なマザコンと子離れできない母親。気持ち悪いんだけど。

フォーダム大学の講演の講師に駆け寄り名刺交換をする持ち前のマメさ。
国際弁護士という自身の夢を叶えるべく人脈作りにも余念がない。

だが、小室圭が今何よりも向き合わなければならないのは、
眞子さまとの結婚問題のはず。

ホント、国民の99.9%は小室Kを嫌いなんだから。
いつまで鈍感でいるんだ!早く目を覚まして速やかに、年内に辞退宣言したら
国民が納得し喜んでくれる状況になります。はい(^^)

眞子さまを彼女と呼ぶ小室Kの米国の母が「スッキリ」に電話出演したことに
ついては、昨日の「女性自身」に書かれたことと大差ない記事なので割愛しますが、
米国の母って71才の日本なら高齢者と呼ばれ、私より年上のおばあちゃん。
小室Kって年齢問わず女性が好きなのか? 殆ど関わる人は女性だよね。

紀子さまの小室圭に対する不信・心配

紀子さまが眞子さまが体調が優れないことが多くなったと、体調問題に
触れたのは、借金問題が表面化した昨年末から一向にきちんとした説明が
ないから娘が体調を崩していると暗に伝えようとされたのだと思う。
実際、6月に宮内庁病院で診察を受け、メンタルが影響しているという
診断がくだされたそうだ(宮内庁関係者)

診察を受けた翌月、フォーダム大のフィアンセ騒動が起こり、紀子さまは
「小室さんが皇室を利用している」と益々不信感を募らせていった。

秋篠宮殿下大嘗祭発言、言い過ぎたと後悔の念

秋篠宮殿下と山本長官とはコミニケーションが取れていいる。
ある程度の信頼関係があるからこそ口を滑らせてしまったのでは。
宮内庁長官批判の発言について「感情が入った」と周囲に漏らしている。
言葉の選び方が良くなかったと後悔の念を感じている(秋篠宮家関係者)
「国民の理解が得られるのか」という思いから、大嘗祭自体の必要性は
認められながらも「一晩の皇室行事のために巨額の公費を使うことに、
国民は納得してくれるのか、身の丈に合った儀式にするのが本来の姿ではないか」と
おっしゃりたかったのではないでしょうか。(ベテラン記者が解説)

秋篠宮殿下の自覚と覚悟

例えば、悠仁さま誕生後、秋篠宮殿下は地方へお成りの際に、宮内庁病院から
医師を同行させるようになった。
これは「自分がいま倒れるわけにはいかない」という覚悟の現れだと思う。

小室さんは眞子さまと結婚すれば、将来の天皇の義兄となる。
秋篠宮殿下は小室さんに対しその自覚があるのかを厳しく問うて
いるのではないでしょうか。〆




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。
*別館はリンクコーナーにあります。