週刊文春2月28日号

コムロコインは昨日の記事とほぼ同じでした。

宮内庁職員なりすまし写真について、以下のように書かれていましたが、
このネタで話題沸騰、燃え上がっていたガル民からのメールでしょうね。

そこで、週刊文春が検証に動いてくれましたが、既にブログに書いている
ことと殆ど同じでした。
流石~皇室ウォッチング歴が長く調査能力に長けている5ちゃんねる
老舗既女さまの検証通り、ドンピシャの当たり~!でした。

少し掻い摘んで書くと

2013年6月29日というTwitterの投稿日。
小室K、2012年秋から2013年初夏にかけて9ヵ月間米国UCLAに留学。
写真を拡大するとネクタイには「UCLA」の文字。
当時の小室Kは眞子さまとの交際を誰にも言っていなかった。
tha Princeの敬称も2010年に選ばれた「湘南江の島・海の王子」のことに過ぎないようだ。

と、ここまで書いて2月15日にこのブログに書いたことと同じと思いました。

ネットで噂のバッジと眞子さま皇籍離脱一時金辞退し小室圭さんと駆け落ち結婚の勇気はないと思う。週刊誌を読んでの感想

ネットでは羽田空港と半ば決めつけられていたが、施設の扉、床の模様から
「東京ビッグサイト」と酷使している。
現地に行ってみると、「西2ホール」に、写真と寸分たがわぬ場所があった。

東京ビッグサイトでは、2013年6月29日
「東京サマーキャリアフォーラム2013」という就活セミナーが開かれていた。

「ディスコ」という就職情報サービスの会社が主催。
主にバイリンガルや留学経験者を対象としたセミナー。
参加者は首から青い紐の名札をぶら下げる。
海外企業も含む約240社が説明会を行っていた。

問題の写真は、留学帰りをアピールするUCLAグッズを身に着けて
就活セミナーに参加した小室Kを捉えた可能性が極めて高い。

ICUの友人 「圭ちゃんは留学中も現地で同じ「ディスコ」主催の
「ボストンキャリアフォーラム」という就活セミナーに参加。
そこで圭ちゃんは早々にある金融機関から内定を取っていた。
俺、もう就活終わっちゃったと話していたのを覚えている」

就活終わったって、例のメガバンに内定したってこと?


胸のバッジはどうか。

皇室ジャーナリストの山下晋司氏
「宮内庁職員の徽章はもっと小さくて黒字に『宮』の文字が入っている。
このバッジは明らかに違う。
小室Kが宮内庁の公務として同行するなら、宮内庁は辞令を発し
旅行費用は『宮廷費』『宮内庁費』といった公金から支出。
関係書類は公文書として残る。小室Kに公務を与えて同行させるなど有り得ない。
内親王の留学費用は私的なお金『皇族費』から支出。
いくら私的とはいっても、小室さんの費用まで宮家が出すとは考えられない。

宮内庁に問うと
「同行されておりません。宮内庁職員以外で当庁のバッジを着用することはありません」
さらに調べると小室Kのバッジと酷似したUCLAの校章バッジが販売されていることも確認した。

週刊文春がここまで調べてくれたので、ブログに書いたように
Twitterを見て空港で撮影された、欧州旅行に同伴もガセネタでした~(^^)

眞子さまが小室Kを欧州旅行に同伴させたと炎上させて、眞子さま及び秋篠宮家大批判を
展開させようとの魂胆を感じました。小室Kとなかなか白紙にならない為に
眞子さま、ひいては秋篠宮家まで憎く思う気持ちは分かるのですが、やり過ぎでした。

書いていて、小室Kの就活が終活に変換されて何度も変換し直し(苦笑)

私は忙しい時は本当に忙しくて、ネット巡回できないのですが
コメントで教えてくださる方のお陰でブログを書けているな~と
つくづく思いました。コメント欄を開けて良かったと思いました。
週刊新潮の記事とコメ返しは用事が済んで、たっぷり時間がとれた時に。

【お知らせ】昨日から右クリック禁止にしています。
不定期に禁止しているのは、youtubeに記事転載されること、
コメント欄も転載されることを防ぐ為です。
もう少しこの設定にしますのでご了承ください。




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い、多忙、疲れている時はコメ返しを省略することもあります。
*別館はリンクコーナーにあります。