女性宮家創設で眞子さんと結婚すると小室圭殿下と呼び2人で年4600万円の皇族費 ゲゲゲ~

眞子さまの結婚問題

週刊新潮今週号はまだ店頭に並んでいないので読めませんが、ディリー新潮に少し書かれていました。週刊新潮のタイトルが「小室圭殿下」だの「髪結いの亭主」だのといろいろ書いていますが、もしも、女性宮家が創設され、眞子さんが宮家当主になり小室Kと結婚した場合、という天地ひっくり返るほどウルトラMAX最悪の事が書かれているのでは?と、まだ読んでいないので想像しました。

またまた情報が早いぺんぺん草さんを訪問、絶対断らない男、小室Kのタイトルで紹介されていましたので、訪問してみてください。

とにかく、結婚されることすら嫌なのに「小室圭殿下」などと呼べるはずもなく、女性宮家創設は小室Kのお陰??で、なかなか話が進まないと予想しています。コロナ、経済対策の方が重要なので、2、3年は掛かるんじゃないかな~? いや、じっくり時間を掛けるべきですよ。

しかし、仮に国際弁護士資格を取得しても、弁護士になるとは限らないと代理人弁護士が言われていましたが、肩書が欲しかったのか?本当に弁護士の仕事はやる気が無さそうに見えるケー君です。そのうち、また別の勉強をして何かになりたい、と始まっても変じゃないような・・・( ゚Д゚)

厚生年金払って老後は年金生活、すらやる気が無いような雰囲気を醸し出している。地位、お金のある人に取り入るのが上手いタイプ。そんな感じ。

笑いが止まらない? 改めてよく見ると顎が長いなぁ~~眉毛は半分しかないけど、剃ったのか?



突如「女性宮家」再浮上で「眞子さま・小室圭“殿下”」に生涯「年4600万円」▼「秋篠宮」の反対にも負けず 「天皇陛下」のNO宣告にも負けず……だから「髪結いの亭主」を絶対断念しない男

“小室圭殿下”誕生で支払われる「年4600万円」の税金 女性宮家創設が再び議論に

長らく皇室の懸案事項であった「皇位継承の安定」に向け、政府は今月中にも有識者会議を設け、2021度年度内の国会への報告を目指すという。仮に新制度が創設されれば、目下結婚問題の渦中にいる小室圭さんは「殿下」となる。そこに支払われる皇族費は……。

女性皇族が婚姻によって皇籍を離脱する際、「皇族としての品位を保つ」という名目で一時金が支給されることになっている。眞子さまの場合はおよそ1億4千万円と目される。一方、女性宮家が創設された場合には、眞子さまは一時金でなく「ご当主」としての皇族費が支給される形になるのだ。

「皇族費は皇室経済法で定められており、独立の生計を営む親王は年額3050万円、親王妃にはその半額が支給されます。もし眞子さまが新宮家のご当主となられ、この規定に則るのであれば、年額3050万円が支給され、その後に小室さんと結婚することで、彼も『圭殿下』として半額の1525万円が支払われることになります」(皇室ジャーナリスト)

あわせて年額4575万円。むろん原資は税金だ。現行制度のままであれば、ご結婚後も小圭さんは働く必要がある。しかし「圭殿下」となれば、住まいは赤坂の一等地で、家賃やローンとは無縁。さらに年間約4600万円が終身支給されるのだ。

議論の行方次第では、小室さんが“配偶者”として皇室入りを果たしてしまう女性宮家問題。3月4日発売の週刊新潮ではその行方について詳しく報じる。

記事出典 デイリー新潮 https://www.dailyshincho.jp/article/2021/03031700/?all=1



コメント

  1. ramiri より:

    mayuさん、おはようございます。
    雑用、お疲れ様です。全部終わっていますように。

    やしまさん、おっしゃる通りです。他ブログの方々は、あの文書を読んでも目がさめないようで、天皇皇后=悪、秋篠宮家=善、という方程式から離れられないのでしょうね。佳子さまの「姉の気持ち云々」文書や眞子さんの月の和歌にも自分たちの都合よく解釈するんだなあ...と思った記憶。しかしながら今となっても「悪いのは、小室と雅子さん」という論調には呆れてしまいます。
    先ほどネットニュースで「皇嗣殿下の乗られた車は信号機が平常のままなので色々ややこしい」と出ていました。確かにそうかもしれませんね。

    私事ですが、家のあれこれで、疲れ果てています。私のpcスキルが無いせいですが、あああああ…なのです。もうpcで色々見るのは止めて、11日には家電など現物を見に行く予定です。

    • やしま より:

      ramiriさん、ありがとうございます。そしてお疲れさまです。我々の世代ってなんか損してるなぁ~と思ってしまいます。親・義親の世話は当たり前。でも子供世代には頼れない。自分の体にはガタが来ているという状態です。お互いなるべくストレスが発散できるように頑張りたいですね。mayuさんのブログは心のオアシスです。

      某掲示板になると、小室のこともオワダの陰謀って、もう無茶苦茶・・さすがに陰謀をたくらむのなら、もーちょっとマシな、陰謀が成就できる人をチョイスしますよね。こんな男を選ぶのは眞子さん本人ぐらいですよ。
      ただまた別の掲示板に書いてあった、Kの好みは細身でチャラいタイプ。「結婚式に出てね」とラインしたADなんか、まさに好みタイプ。眞子さんのような気持ちも体も重い女子は全く好みとはかけ離れていて、彼にとって眞子さんは札束にしか見えないのではないかというのは、私も同感です。
      ことここに至ると、今回の話を前進させようとしているのは圭与さんと眞子さんで、本人は後じさりしたい気持ちもあるんじゃないかな。全然何も文書を出してこないところなんかまさにそんな感じがします。アメリカでの資格と職を与える約束したら、破談に応じるんじゃないかと私は思うんですがねぇ。

      秋篠宮殿下も意固地なところがありますよね。生前譲位ができるなら、皇太弟の地位も作れたはずです。それを辞退。そもそも悠仁様がお茶の水に進学するときに、教育費を別建てで出そうとした話も辞退。車のノンストップも車列の長さも専用機も全部辞退。ご自分の確固たるポリシーがあるように思えますが、でも娘さんの結婚話については、この確固たるご意思がちっとも生かされてこないんだなぁ~と、そのちぐはぐ感に歯がゆさを感じます。

  2. mayu より:

    おはようございます。

    細々とした雑用があり、こちらの投稿のコメ返しを省略させていただきます。
    これからもこういう時があると思いますのでよろしくお願いします。

    自由にコメ返ししてください。

  3. 月の砂 より:
  4. アール より:

    mayuさん こんばんは。
    いつも有難うございます。

    天皇陛下の御言葉からすれば、多くの人から祝福されていない人達に
    宮家を興すことは許され無いのではないか、と思います。
    「静かに見守る」でなくて良かったなと思っています。

    秋篠宮両殿下は悠仁親王殿下のために、姉達を置いておきたい気持ちから眞子様の結婚を
    薦めていたのでしょう。
    NHKにリークしたのも秋篠宮様ではないかと今では疑っています。

    あの人でなければ、国民も受け入れたでしょうが、もう女性宮家は無理でしょう。
    皇女なら相手に敬称はないから、セーフと思ったのでしょうか。
    そういう問題ではないのですが。

    小室圭さんには、ご辞退頂きお母様と平穏にお暮らし頂きたい。
    もう十分恩恵は受けたはずです。国際弁護士資格も取れるでしょうし。
    皇室に関わらなければ、国民はお二人の敵でも何でも無い、どうでもいいのですから。

    眞子様も自分の事を愛していない(ように私には思われます。)人とは別れたほうが、幸せだと思います。

  5. 木の葉 より:

     mayuさん、新潮の記事は本当に驚く程嫌ですね。

     皇族の減少に伴い、女性宮家を設立して公務をこなす。そんな事をしなくて、皇族数が減れば、それに見合う様に公務の数を減らせば簡単に済む事。ご公務は、最終的に祭司と、皇室伝統文伝承儀式で良いのではないでしょうか。皇族方の公務が減れば、宮内庁職員の数も減ります。貴重な税金を是非、国民の為に、災害や疫病等の国難の時に使用してもらいたいです。

     結婚すれば、けーくん親子がまるで上昇したかの様に皇族扱いされるのでは無く、皇族方皆様が一気に急降下して、姻戚のけーくん親子レベルに堕ちるのです。とんでもない事です‼️

     もしも、百歩どころか、百万歩ゆずってと。内親王様とけー君が結婚するとすれば、それを祝福したり喜ぶ人達だけ、国会で新たな税法を成立させて「祝福・喜び税‼️」を納めましょ。それを、けー君夫妻や義母さんに当てましょ。反対の人や、皇室に対してどーでも良い人は納め無くても良いのです。賛成・反対の国民調査をしてよね〜。そうでもしないと、関西弁では、やってられへんわ〜‼️笑笑。

     

    • 狗児 より:

      木の葉さん
      横から失礼します。
      「コムロケイが皇室と縁続きになれば、皇族の方々が奴と同じレベルに堕ちてしまう」全くもって仰る通り。スマホの前で何度も頷いてしまいました。
      また、結婚するなら、賛成する人だけお祝い金払うようにしてほしい、これも良いアイデアだと思います。私は一銭も出しませんよ。幾ら集まるか見ものですよね。賛成の人も神社のお賽銭レベルしか出さなかったりして(笑)
      さすが関西の方だけあって仰ることが面白い!楽しいひと時が持てました。ありがとうございました。

  6. 狗児 より:

    mayuさん

    記事更新ありがとうございます。
    女性宮家創設で、系電化ですって?2人で4,600万円?(変換はわざとです)お金を何だと思っているのでしょう。ジョーダンじゃない…何が悲しくてあんな不心得者の夫婦の為に我々が税金を納めてやらねばならないのでしょう?

    クロワッサンさんが仰ることで思い出しました。あの婚約内定会見直後のまだ色々まずい事が出てきていない頃、私の同僚の1人がコムロさんに似ていると言われました。その人は男性でも眉毛を整え、服装にも大変気を使うおしゃれさんでしたが、さっぱりした良い人でした(笑)
    私は、さすがに宮内庁も身辺調査して裁可が出たのだろうから、秋篠宮殿下のお眼鏡にかなった立派な人のはずよね〜とお目出度く考えていましたが、似ていると言われたその人は「えー何となくあの顔つき嫌だ。似ていると言わないで。」とかなり嫌がって言っていたので、何か本能的に感じるものがあるとか、勘が鋭かったのかもしれません。

    皆さんが仰いますように、週刊誌もわざと読者の神経を逆なでする記事を出して、反対の気運を高めて欲しいです。

  7. 月の砂 より:

    mayuさん
    何だか天皇陛下のお言葉がさらにあり、眞子様は顔色を
    変えていらっしゃるようです。
    ようやく天皇陛下の言葉の重みに気づき怒りの矛先は
    対応しないkkに向かわれているという事が載っておりました。

    目覚めて下さればよいがと思いながら次なる眞子様の行動を
    見守りたいと思います。

    kkなんて眞子様の目の前からいなくなればいいんですよ。
    破談を切に願います。

  8. やしま より:

    更新ありがとうございます。
    現在、コメント欄も空けていて、天皇家、皇嗣家に対して公平な立場で記事を書いておられるのは、mayuさんだけだと思います。
    他の方は、今回のような秋篠宮家にとって都合の悪い記事はスルーするか、ひたすら何としてもアゲ記事に持っていくかのどちらか。
    令和の天皇夫妻が皇太子夫妻だったとき、雅子様の行動は確かにおかしくて、みんな全力で叩いていました。今は眞子さんのせいで秋篠宮ご夫妻が世間によく言われなくなり、その辺はなるべくスルー。で、オンラインで被災地に対して慰問した天皇夫妻は粗を探して叩く。私、何だか情けなくなってきてしまって。というのも昔、ヘカ〇ーさんの記事を読み、あの方と私と三笠宮家に対するスタンスは同調できるところがあり、皇室本の推薦など、時折読むにはなかなかで、でも皇太子夫妻を全力で上げて上げまくるところは「かわいそうに」と思っていました。悪いところは全部スルーだったし。
    それが、眞子さんお一人のせいで、全部秋篠宮家がバッシングされる現在になり、こうまで逆転するもんなんだ・・・と、述懐。
    眞子さん問題が出る前が懐かしくて仕方がありません。何だってあんなに「こじらせ女子」になっちゃったんでしょうか。

    恋愛で失敗することは、庶民ならままあります。でも事は皇室。しかも次代の天皇家。仮定の話として、今の天皇家に男子が複数いて、秋篠宮家が眞子佳子様しかいなかったら、いろんなことを菊のカーテンで隠して眞子さん結婚まで持っていってしまったかもしれない。
    でもね、秋篠宮家の現実は次の天皇家なんですよね。だから非常に重大になってしまう。私も悠仁様の行末への影響が心配でならないし、そこ全く心配しない眞子さんの妄執っぷりが恐ろしくなります。

    今、週刊誌ではKのことを「髪結いの亭主」と書き始めましたが、はっきり言えばそんなかわいいもんじゃなく、「ヒモ」「吸血ダニ」ですよ。
    女性宮家については、何となく小室話が破談になったら、国民がその破談と引き換えに「あの男よりマシな男なら宮家の夫でもいいかな」と思わないかと、これまた余計な心配もあります。小室よりマシな男って、世の中たーくさんいるので。

  9. クロワッサン より:

    mayuさん 

    いつも中身の濃い皇室情報を、連日載せてくださって有難うございます。記事に対するmayuさんのコメントも秀逸です。

    「圭殿下」だって!?ホントに「ゲゲゲ~」ですよ。皇居付近でウロチョロされたら、堪ったもんじゃありません。皇族の親族関係者として、佳与さんもウロチョロするんでしょうね。

    週刊誌でこういう記事を、毎週出す事が大事。国民の怒りと嫌悪感がMAXになって、破談の方向に行くから。

    男で、眉毛を弄くって細工する奴は、ろくなもんじゃないですよ。しみじみ見ると、ホントに悪相ですよ。こんなのに惚れる眞子さんも。。。

  10. マグノリア より:

    おはようございます。
    「ゲゲゲ~」のタイトルから鬼太郎がどうした?と無意味な早とちりしてしまいました(笑)
    「これでいいのだ」からバカボンを思い出してしまうし、タイトルにいつもワクワクします(笑笑)

    さて、Kのフルネームに殿下を付け加えることが私にはできません。
    国民の多くは納得していませんし、祝ってもいません。(そんな人いるの??)
    今確定申告の時期です。
    先日税務署に行きましたが、いつもの年ほどではありませんが結構人がいました。(e-Taxやスマホ申告が増えていると思います。)
    皆さんいろいろな理由で足を運んでいるのだと思いますが、このような一般人の税金を湯水のように使っているのですよね。
    許せません。

    岩手のオンラインお見舞いもおそらく後日ブログ記事にされると思いますが、ストーリーが出来レースのようで、薄っぺらく感じました。
    本音が見えない質疑応答だったなぁと私は思いました。
    ただ一つ今までと異なり、皇后陛下は筆記用具をもたれてお手元のパンフレットをご覧になっているようでした。

  11. ramiri より:

    mayuさん,おはようございます。
    昨日の夕方にちらりと目にした記事です。UPありがとうございます。
    新潮の、売りたいが為の見出しだと思いますが、気分悪いですねー。「皇女」制度とやらは、何処へいったんでしょうか?今の頼りない政府で大丈夫なのでしょうか?「皇女」も勿論ダメですよ。しかし「小室圭殿下」は、もっとダメダメです。有り得ないです。これは初めから危惧されていた事で、これがイヤだから、眞子さんは身一つでNYへ行き、結婚すればいいと、書いて来ました。文書が発表され「私たちが生きていく為の選択」とまで言い切るのであれば、それしかないなでは?
    文書には「皇族であり続けたい」といった文言は無かったですよね。天皇皇后が自分の味方であるような事は書かれていましたが、天皇誕生日には、否定されたも同然です。

  12. ミラージュ より:

    mayuさん、こんばんは。

    欧州王室の王女様に生まれた方は生涯王女のままですが、配偶者は“殿下”にはなっていないですよね?
    私が知るかぎりでは、ベルギー国王妹のご主人だけだと思います。
    あの方は王族出身らしいので資格は充分ありますよね。
    詳しくは知りませんが、皆様それなりの収入がある方々なようです。
    日本も配偶者は一般人のままで良くありませんか?
    圭殿下なんて絶対認められません。
    あの男が辞退するか、眞子さんが諦めない限り女性宮家の議論は進まないことを願います。
    そもそも女性宮家は不要と思っていますので官邸メールしなくっちゃ。

    関係ないことですが、今日は久しぶりにPCで読んでみたのですが、スマホの方が読みやすいなと感じました。
    特に、コメント投稿の表示が、スマホですと、 投稿者、コメント内容の出だし数行、記事のタイトル
    という順番でしてコメント内容が少し読めるんです。
    PCは内容は表示されません。
    又、スマホでは記事が一覧のように表示されるのも見易いと思いました。
    私の勝手な感想です。

  13. 白雪山羊 より:

    mayuさん、記事更新
    ありがとうございます。

    眉毛が半分しかないKの笑顔の画像を見ていると、笑っている場合かよ…とつい思ってしまいます。
    この画像(記者会見)から、もう3年も経ってしまいました。
    ホントこの3年って何だったんでしょうか。

    女性宮家は嫌ですね。こんなにお金(税金)が渡ってしまうなんて、国民感情を思い切り傷付けるのでは?その上「殿下」と呼べって……
    かと言って、一時金も嫌です…(T_T)

タイトルとURLをコピーしました