本日秋篠宮殿下記者会見 ふたりの結婚の意思を尊重するが結婚と婚約は別と発言

皇室

秋篠宮皇嗣殿下の誕生日記者会見が本日行われたようです。眞子さまの結婚について秋篠宮皇嗣殿下の発言内容を入手した、週刊女性PRIMEの記事を載せました。

20日に記者会見と録画された秋篠宮殿下の会見の様子は30日に全文、全映像を見られるのですが、一足先に発言内容を入手された文は

“結婚することを認める” 補足として“結婚と婚約は別問題である”。

“親としてはふたりの結婚の意思を尊重する”が“結婚と婚約は別問題である”

眞子さんの結婚宣言に秋篠宮殿下が折れたように見えるのですが、秋篠宮殿下としては、2018年の誕生日会見で話されたこと。

きちんと整理をして問題をクリアするということ、多くの人がそのことを納得し喜んでくれる状況,そういう状況にならなければ,私たちは,いわゆる婚約に当たる納采の儀というのを行うことはできません。

これは秋篠宮殿下としては譲れないでしょう。小室が贈与だと言い張るけど、少なくともICU時代に留学の見せ金として200万円貸して貰ったお金を未だ返済していないのも事実で、問題はクリアできていません。多くの人が納得し喜んでくれる状況にもなっていない。これでは、2人の結婚したい意思を尊重はするが、婚約=納采の儀を行うことはできません。

小室親子のせいで、秋篠宮ご夫妻も眞子さんもお気の毒だと思いました。親としては国民に祝福された結婚をさせたい。眞子さんはどうしても小室と結婚したい。双方が折れない状況になっています。
永遠に無期延期は眞子さんが納得しないだろう。とすると、皇室の儀式を飛ばして入籍だけの結婚に突き進むのか。眞子さん、どうして小室にぞっこんになられたのか、どこが良いのか、圭与さんをどう思うのか、父親、祖父母の自殺をどう思うのか、せっかく忖度か何か知らないけど、メガバンに入れたのに止めてしまったことに対してどう思うのか、NY留学に自分の名前を使われた事に対してどう思うのか、秋篠宮ご夫妻、佳子さま、悠仁さままで誹謗中傷されている事に対してどう思うのか、眞子さんにいろいろ聞きたい。

やはり会見で秋篠宮殿下の表情、言葉を聞かないと文字だけでは感想も思いも書けません。



スポンサーリンク

眞子さま「強行除籍」の可能性も! 秋篠宮さま、会見で「結婚と婚約は別」とご発言

11月20日の午前、30日に55歳になられる秋篠宮さまのお誕生日に関する記者会見が、赤坂御用地内にある『赤坂東邸』で行われた。

会見に参加したのは、宮内記者会に加盟するテレビや新聞のみ。この“事前”記者会見の詳細は30日に正式に報じられるのだが、それに先立って『週刊女性』は秋篠宮さまの発言内容を入手した。

「先日、実質上の“無期延期”となった眞子さまと小室圭さんのご結婚問題についても、記者から質問がありました。そこで、秋篠宮さまはハッキリと“結婚することを認める”と述べられたそうです。殿下が公の場で、眞子さまのご結婚を容認されたのは初めてのことです」(宮内庁関係者)

会見が行われたちょうど1週間前の13日、眞子さまがしたためられたという“お気持ち文書”が宮内庁を通じて公表された。

その文面には、おふたりにとって結婚は《生きていくために必要な選択》と記されており、眞子さまと小室さんの強い意思がにじみ出ていたことで、驚きの声が上がっている。

「文書の中には“両親の理解を得たうえで”という一文が添えられており、その直後、秋篠宮さまの側近は“両殿下がおふたりの気持ちを尊重されたという意味合い”だと説明したのです。

そういった経緯から、今回の会見では“お気持ちを尊重とは具体的にどういった意味なのか”という質問が投げかけられたのですが、殿下は“親としてはふたりの結婚の意思を尊重する”とのご発言があったそうです。これは、先の眞子さまの文書発表に際して、側近が補足した通りです。ただ、その後に“結婚と婚約は別問題である”ことも強調されたのです」(同前)

いまだ波紋を呼ぶ小室家の金銭トラブル

眞子さまのご結婚が延期されてから、殿下は“小室家が抱える金銭トラブルを解決しなければ婚約を許可できない”と、お考えになってきたと言われている。「殿下のスタンスは、今回の会見でのご発言どおりです。結婚は両性の合意に基づいて成立するものであり、憲法上も保障されているので、殿下としては眞子さまのご結婚のお気持ちは尊重されるべきだとお考えです。

しかし、婚約は秋篠宮家と小室家の問題であり、ご夫妻は“婚約を許したわけではない”のです。

秋篠宮さまはやはり“小室さんサイドが国民に見える形で金銭トラブルを解決してほしい”という気持ちは、今でも変わっておられません」(秋篠宮家関係者)

今のような状態が続き、ご両親が婚約に許可を出されなかった場合、結婚の意思がそうとう固い眞子さまには、いったいどのような選択肢が残されているのだろうか。

「1つは、ご両親の意図を汲み、小室家が抱えている金銭トラブルを解決させ、そのことを国民にわかりやすく説明し、少しでも多くの人々から理解を得られるように努めること。

もうひとつは、ご両親や、結婚に反対する国民感情を無視して、結婚に関連する儀式や行事をいっさい行わず、小室さんといきなり入籍するという選択です。例えば役所に婚姻届を提出し、受理されれば結婚は成立し、皇室の戸籍にあたる『皇統(こうとう)譜(ふ)』から除籍され、民間人となられます。小室さんのアメリカ留学が修了する来年に突然、結婚される可能性も十分あり得ると思いますよ」(同前) 皇族としてなのか、一個人としてなのか――。秋篠宮さまは、愛娘に“最後の問い”を投げかけられた。
記事出典 週刊女性PRIME
https://www.jprime.jp/articles/-/19447

後程加筆します。取りあえず週刊女性PRIMEにアップされた記事です。



コメント

  1. クロワッサン より:

    わたしの世代だと、2~3年逢わなかったら自然消滅ですが、今の人達は、リモートで話せれば恋愛続行中なんですね。今の若い人達の感覚についていけません。眞子さんと佳子さまにはガッカリしています。

    mayuさんの、ジャガーさんの心理描写と読みの深さに感心しました。

    KK母はあの御面相で、男性が途切れなく需要がある。それが不思議で不思議で。ある一定範囲の男性軍には魅力があるのかな(笑)

    身の程知らずの計算に、1億5千万円の血税がポンと渡され、由緒正しい皇族の系譜に計算が付け加えられる。それが一番イヤです。

    • mayu より:

      クロワッサンさん

      遠距離恋愛でも年に1回くらいは逢っているんじゃないかなぁ。
      海外単身赴任でも年に1、2度くらいは帰国するでしょうし。
      スカイプだけで3年、忍耐強いのか執念深いのか、ワケわかりません。

      圭与さんは独身なので、中高年男性には付き合いやすい環境ですよね、
      それにグラマーじゃないですか。モテない中高年男性には美人よりは
      気軽に付き合えるのかも。
      高嶺の花で手を出しにくいタイプじゃないところがモテるのかな。
      一時金より計算が皇族の外戚になるのが嫌ですぅ(>_<)

  2. やしま より:

    何回もすみません。今日は珍しく一日家にいます。息子が来るもので。
    ヤフーニュース、こんな按配です。

    小室圭さん 眞子さまと結婚で得る大金と「天皇の義兄」の座(NEWS ポストセブン) - Yahoo!ニュース
    結婚の再延期が示された、秋篠宮家・長女眞子さま(29才)の「お気持ち」文書。そこには、婚約内定者である小室圭さん(29才)の母・佳代さんの金銭トラブルに関する言及はなかった。だが、小室さんと佳代さん

    コメント欄が熱いですが、トップのコメントには8万近いイイネがポチされています。8万というのは、私、見たことがありません。国民の関心も高いんだろうなと思います。

    とあるマスコミ関係者の話として(真偽不明)
    「どう反対されようと入籍しますと眞子さんが強く主張するため、父宮は妥協して『宮家としては認めないが、結婚は認める』とした。その内容としては、納采の儀と結婚披露宴は行わない。入籍だけして、ニューヨークで新生活をスタート。降嫁一時金は、殿下は辞退する様に説得しているが、眞子さんは『権利』として受け取りたいと主張している。」

    落としどころはこんなところ?
    でも無職無収入男のところに行って、1憶のお金がなくなったら一体どうやって生活するつもりなのか。
    将来ビジョンなしの出たところ勝負。とにかく結婚結婚結婚にしか思えません。狂気の沙汰です。

    • mayu より:

      やしまさん

      ヤフコメの「天皇の義兄なんてホント冗談じゃない、それだけは勘弁して欲しいと思う」

      ズバリ、これなんです。
      破談するなら2億くらい仕方ないと思います。
      アテにしていた眞子さんの一時金と3000万ともいわれる借金返済と
      今後の親子があまりにも貧乏たらしい生活では、眞子さんが
      今度は違った意味で批判されるかもしれないので、諦めます。

      眞子さんは一時金辞退しても結婚と思ったのでしょうが、計算がそれを
      許さないんでしょうね。

      以前、眞子さんが23才頃に結婚したいと言ったのを、秋篠宮ご夫妻が
      あと数年、公務をして皇族としての義務を果たしなさい、と言われた。
      このような記事を断片的に思い出したのですが・・・
      この時から小室家の身辺調査をしていなかった、週刊誌に圭与さんの
      元婚約者の告白が載るまでは、小室と結婚させる気でいたんですよね。

      日々、秋篠宮皇嗣ご夫妻にも呆れてきています。
      秋篠宮殿下の会見内容が発表される30日は、今より大炎上になるのでは?と
      暗澹たる思いですよ~~((+_+))

      もう眞子さん、一時金辞退、親妹弟、皇室と縁を切り、キャリーカート1つ引きずって
      NYに行き恋しい計算と暮らしたら~? 目障りだし虫が良過ぎて擁護しきれません。

      • ramiri より:

        やしまさん、mayuさん、こんばんは。茨城で震度5、M5,8の地震が来ましたね。この状況で、避難所生活とか、絶対に無理です。目を覚ましていただきたいと思っても無駄なんでしょうね。旧宮家復活の話も出ています。紀子妃殿下、悠仁殿下にはお気の毒ですが、旧宮家から、次々代の天皇擁立となっても仕方ないかもしれません。

        • mayu より:

          ramiriさん

          緊急地震速報が出て間もなく茨城で震度5の続報でした。
          その後、被害は無かったのでしょうか。
          これから寒くなるので災害が無いことを願ってます。

          旧宮家復活、難しい問題です、悠仁さまは皇位継承順位2位なので、
          天皇になられますよ(^^)

  3. ユフノ より:

    管理人さんの、言葉は言霊。
    言葉に、気をつけて、コメントをいたします。
    それでも、また行き過ぎた発言があるようでしたら、注意してほしいと思います。
    失礼いたしました。

    やしまさんのコメントの懸念は、わたしも同じように感じております。
    洗脳や催眠術ですが、小室家の母方が新興宗教に入信していた事実から、
    あり得ることとして、常に念頭に置かなければならないと思います。
    ネットで調べると、女性に関連した事件があり、教団ぐるみで警察沙汰にもなってます。
    問題は、小室さんが今、入信しているかどうかよりも、
    そのような事件の後にもかかわらず、小室家が教団へと入信していた事実が重いと思うのです。

    満月のたびに、相手に電話するというのも、ふつうの恋人ののろけ話というよりは、
    洗脳や催眠術のためではないのか、疑いの目で見た方がよいのかもしれません。
    実際に、眞子さまの服装や歌会始のご公務でも、月へのこだわりが強すぎると思うのです。

    宮内庁は、眞子さまと小室さんのお気持ちを記した文書を、前回も公表しておりますが、
    納采の儀を経ていないため、小室さんが内定者であっても婚約者ではない、一般人のはずです。
    宮内庁は、眞子さまを通してはおりますが、
    「私たち」という主語で、小室さんの気持ちまで代弁した文書まで、公表するのはおかしいと思うのです。
    宮内庁は、一般人の小室さんのスポークスマンではないのだから、
    公私のけじめは、しっかりつけてほしいと思うのです。

    大学は、記憶では、眞子さまの入学した3か月後に、
    小室さんがAO入試で入学しています。
    新興宗教の信者かつ金銭的にも裕福ではない小室家が、
    無理をしてでも、国際基督教大学(ICU)へと入学した理由は、
    眞子さま狙いだったのかもしれません。

    佳子さまも、影響が心配ですね。
    姉の眞子さまを思うあまり、秋篠宮両殿下と仲たがいするようでは、危ういと感じます。
    眞子さまの最大のお味方は、小室家などではなく、秋篠宮両殿下です。
    秋篠宮両殿下のお言葉は、苦言も多いかと思いますが、すべては親心ではないかと思うのです。
    佳子さまも、親の言葉は、謙虚に聞かなくてはならないと思いますし、
    姉が間違っているならば、妹として、それを止めなくてはなりません。
    ただ、佳子さま一人では解決できない、難しい状況だと思いますので、
    秋篠宮両殿下と常にコミュニケーションをとることこそ、大事だと思うのです。

    • mayu より:

      ユフノさん

      私は大山ねず・・の新興宗教の事は分からないし、圭与さんと計算が
      宗教の信者で影響を受けているのかも分かりませんが、眞子さんは
      小室という同い年の男性の言葉や態度に洗脳されているのでは?
      とは思っています。 洗脳、恋煩いとでも言うのでしょうか。
      相手に従順で反論しない、相手の言う事は絶対的に信用している、
      疑わない等々、親や周りの説得も無理でお手上げ状態になっている為、
      あのような文書を発表したり、没になった12月に入籍しますと書いた
      文書を書いたりしていた、2人共同作業だったのでしょぅ。

      今、2人は1人、一心同体になっていて2人を別れさすには
      専門家が必要だろうと思います。

      宮内庁も勝手に動く事は出来ない所もあるので、それは
      両親の秋篠宮ご夫妻の判断になりますね。

      とにかく、普通の感覚ではない小室親子で、なかなか手強い人達です。

  4. 白雪山羊 より:

    mayuさん、コメント返信有難うございます。

    計算と眞子さまに、秋篠宮殿下は「周囲に説明し納得させる」と仰ってますが

    元婚約者のジャガーさんは、気が付けば貸したお金が「贈与と認識~」の手紙で、一方的に贈与と言われてしまっているんですよね。
    ジャガーさんの中で、ずっと納得出来ずにいたのかも。だからこそ、週刊誌に思わず打ち明けてしまったのか?(せめて少しずつ返していれば、また違ったのかも)
    計算母は、ジャガーさんがお金を貸してくれなくてもお付き合いしてたのかしら?

    私は佳子さまは応援と言うより、佳子さまが文書出した年は、即位関連でご一家お出ましになる機会が多く、仮に計算を「何コイツ」と思っても(苦笑)
    姉も孤立すると辛いかなと考えて、姉を庇った…みたいな、美しい(?)見方をしていた時もありました。馬鹿ですね~( ;∀;)

    秋篠宮殿下も誕生日会見で「何言っても通じませんよ。困り果てています」
    「とにかく変な奴で理解できません」とか「娘はどうしてあんなのがいいのか、さっぱり解らない」とか(苦笑)
    くだけた感じで言えれば楽かも(?)
    でも、立場上は出来ないでしょう。
    その辺は本当に気の毒に思います。
    ※纏まりのない文章で申し訳ありません!

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      ジャガーさんも結構、強かな人だと思いますが貢献者でもあります(苦笑)
      圭与さんにすれば「今更何よ!」でしょうが、ジャガーさんから見れば
      「俺が出した金でICUに入り、留学出来た。留学説明会で眞子さんと
      親しくなったのも、俺の貸した金があればこそだ。今、自分は圭与さんに
      貸した金、少なくとも見せ金200万円も返済して貰えず生活も苦しい。
      年も取り先行き金がなくて不安でもある。皇族と結婚するなら金はあるんだろう、
      あの時貸した金を返してくれ~!」こんな感じでしょうか。

      そこで、皇族と結婚するならスキャンダルは避けたい、早々に返済すると
      思ったら贈与と言い張り返済する気がなくて、当惑している。
      世間から批判されると思ったら、反対に同情され味方になってくれる。
      批判されても全く返済する気のない親子に、最近は疲れてきた・・・
      想像逞しくこんな状態なのかな。

      皇族は国民に向かって、言いたい放題できなくて、もどかしい思いを
      しているでしょうね、本音を吐き出せたら国民も秋篠宮ご夫妻に同情できるのですが。

      • 白雪山羊 より:

        mayuさん、返信有難うございます。

        ジャガーさんがTVで
        帝国ホテルでしたっけ?例のポーズ(笑)の写真撮影の際に
        一緒に家族として撮影かと思ってら、外されて寂しかったとか言ってるの見た時に、横にいた母が
        「じゃあ、行かなきゃいいじゃない」と言っていました( ̄▽ ̄;)
        (その後、食事だったんですかね。お皿の「ようこそワーキングクラスへ」に計算母が怒ったとかいうやつ)

        ジャガーさん、計算母が出した年賀状も公表してましたよね。本当にタクシー乗るお金あるなら、少しくらい返してやればいいのに…

        • mayu より:

          白雪山羊さん

          ジャガーさんは圭与さんのATM兼アッシーで、待遇も悪く
          利用されているだけでは?と婚約破棄したんですよね。

          冷たい人です、圭与さんの頭の中は可愛い圭君と身の丈に合わない
          セレブな生活を夢見ていたのでしょうか。

          既に眞子さんと結婚するつもりだったので、オオブネに乗った
          気分だったのかもしれませんネ。

  5. やしま より:

    改めて思い返せば、眞子さんはKと付き合っていた間。婚約内定会見よりも前に、既に洗脳されていたように思いました。
    あの会見で、内親王としての矜持と皇室の歴史を知っていれば、そもそも「自分が月で相手が太陽」という駄文を作成するはずがないのです。もしKがその話を作ってきても、「皇族は天照大神の子孫ということになっているから、それは反対なのよ」と相手にきっぱり言うお立場にありました。「眞子様は私にとっては太陽のように光り輝くお方です。私は眞子様にとって、生涯、月のように静かに、穏やかに見守る立場でありたい」ならまだ分かりますが。
    こういう内定文にしようねとKに言われて「うん」と言ってしまわれる眞子さんって、今にして思うと、頭のネジが緩いとしか。。
    しかもあの際の暦は全部西暦にしてしまわれましたよね。これも違和感。他の方は全部元号にて発表ですよ。当時から言われていました。眞子さん自身が、「皇族である」という意識を持っていなかったか、理解できていなかったのか、あるいはICUという大学により、大学にも洗脳されてしまったのか。
    今さら言ってもむだですが、ICU入りを反対される方がいなかったこと、ICUが受入れてしまったことが本当に残念です。
    そして、マコケイカップルにはともに「親友」と呼べる人が皆無のようで、もともとそういう人たちだったのかと。
    今、佳子さんが姉の洗脳に入りつつあるように見受けられます。応援するというのはそういうことです。
    皇室のことをここまでげんなりしたことはありませんでした。雅子妃が怠惰で公務に出てこなかった長い期間、愛子さんの不登校やその後のスキップ登校、激やせ激太り。「なんだかなぁ~」とは思ったものの、今回のような嫌悪感を伴うげんなりは初めてです。
    救いが全くありませんね。

    殿下の発表を伝え聞いたマスコミは「結婚強行突破?」という見出しをつけています。降嫁金なしの強行結婚。できるものならしてみろと。
    それにしてもKという男は心底卑怯者だな。彼女を矢面に立たせて、自分は外国で知らん顔。こういう男なんですよ、あいつは。
    一体どこがいいんでしょうか。

    こんな噂もネットによくありますね。
    「眞子さんは一度堕ろしている。そのときに周囲に『将来はちゃんと結婚させるから、今回だけはあきらめろ』と言われた。だから生まれてこなかった子供のためにも自分は絶対に結婚しなければならない」
    もちろんフェイクでしょうが、ここまであの男に対して強情だと、何でもありかなと思ってしまう自分もいます。

    なお、これもネットで申し訳ない。三笠宮百合子様が「こんな話は聞くに堪えないから、早々に眞子さんを結婚させて、皇室から出してしまえばいいのに」と。
    お気持ち分かりますが、そうもいかないのですよ・・・

    • mayu より:

      やしまさん

      計算も五頭身だの頭が大きいだの身長が低いだのと、ビジュアルいまいちですが、
      19才頃の計算はそこそこ可愛げがあり、いまどきの男子のように見えました。
      その後、段々人相が悪くなったようですが。

      眞子さん、何と言っても身近に徳仁天皇を見ているので、伯父さんよりは
      ずーっとマシで、ストレートに甘い言葉を言われ続けて、いつの間にか
      コロリと計算の手中にはまった、そんな感じでしょうかね。

      西暦や太陽と月なども、中高インターの計算では関係ない、頭の中半分は
      外人みたいな人でしょうから。そういう所も新鮮に見えたのでしょうね。

      ICUの学生全員が計算のようなタイプじゃない、真面目で頭の良い人達が
      通っていたはずなのに、物怖じしない計算に引っかかり釣りあげられて
      しまいました。 洗脳状態は大いにあると思います。

      夫婦でも一緒に暮らしていると感化されて、話し方まで似てしまい
      似た者夫婦などと言われてしまうんですよね。

      雅子さまと計算の違いは「お金」かな。
      皇太子妃候補から次から次へとお断りされ、もう結婚は無理かも、
      と思ったところに雅子さまが嫁いできてくれて、当時は良かった、良かったと
      思いました、何しろ今と違い情報はテレビと新聞、週刊誌だったので、
      美智子さまほどの金持ちではないけど、お金に不自由しない家で
      400万円の借金だの、10万円ヘルプだのは出てきませんでしたから。

      佳子さまは姉の話を聞いて、二次洗脳にありつつあるのか?
      年長皇族方は何をしているんでしょうかね、皇族の存続にも関わる問題なのに
      内定皇族他、全員無責任に見えてきました。

  6. アール より:

    結婚を認めて、小室氏が将来の天皇の義兄になるなんて・・・。

    やっぱり、嫌ですよ。

  7. アール より:

    mayuさん こんばんは。

    木の葉さんが書かれているように、私も「お気持ち文書」の回りくどい言い回し、表現には英語の直訳のような感じを受けました。
    文書は眞子様だけでなく、小室氏か、彼の支援者の外国人がいて、原文を書いているかもしれないと思いました。

    小室氏はインターナショナルスクールで教育を受けていますから、日本語が苦手かもしれないと思いました。
    平然と眞子様にせまることが出来た思考も日本的な考え方でないからかもしれません。

    あの婚約内定会見の「太陽と月」も今思えば小室氏のシナリオかもしれません。
    自分を「太陽」皇族を「月」と平然と言えるのですから。

    秋篠宮様としては、日本人として、結婚を認めないわけにはいかないと思っていらっしゃると思います。

    アメリカが民主党になりますと、世界に対して女性の人権を主張してくると思います。
    世界では親の決めた相手と強制的に結婚させられるような国があります。
    そういうことから、先進国の日本において親の反対で娘(成人した女性)が結婚できないというのは如何なものか?という話題も出てくると思います。
    今後、天皇の地位に上られる方として 人権 という点から結婚を認める いうことで発言されたと思います。

    しかし、家と家としてのお付き合い(婚約)は 今の地点では認められない。

    眞子様は頑固かもしれませんが、今は御自分の考え、意思を貫いているのではなく、
    小室氏の言いなりに動いているのではないか と思います。

    結婚は認めるが、婚約はさせない 
    小室氏はこの日本語の違いが理解できるのでしょうか。

    • mayu より:

      アールさん

      私は英語が出来ないので、英文を翻訳したような文書だとは
      全く分かりませんでした。ただ、ちょっと違和感を持ちました。
      そこまで書くか~? と思ったんです。

      計算は国語、日本史などの授業を受けていない。
      英語は出来る、だから国際弁護士なのでしょう。

      そもそも、皇室、皇族に対して畏れ多い、の気持ちも無い
      半分外人みたいな人なので、内親王でも身の丈も考えず
      プロポーズ出来たんですよね。

      全く、親も国民をも悩ませる2人で、本当に困ったものです。

      コロナで疲れている国民が多く、皇室の事など関心も薄くなり
      「そんなに結婚したいなら勝手にすればぁ」の風潮になるのでは。

      結婚は認めるが、婚約はさせない、理解できないと思います。
      もっとストレートに言えないものなのでしょうか。

  8. ユフノ より:

    久方ぶりに、おじゃまいたします。
    コロナ疲れならぬ、眞子さま疲れですね。
    秋篠宮家とともに悩み、ともに考えて、
    少しづつ事態を良い方向へと、国民みんなで動かしていきましょう。

    先の眞子さまの文書での並々ならぬ思い、
    いのちがけで結婚を強行するならば、
    結婚を止めるほうも、いのちがけにならなければ止められないだろう。

    …そう思いがちかもしれませんが、それこそが、小室計算の思うつぼ。
    親族を精神的に追い詰め続け、自殺へと追い込んだ手法と同じです。

    小室家の警備も増えて、いかにも、国民は怒りの感情になり、
    いのちがけで凶行に及ぶ人もいるかのごとくの雰囲気なのですが…
    小室家が自分たちのいのち大事で、身を固く守っている中、
    結婚はいのちがけの選択です!との旨、国民を煽るように宣言なされても、
    まったく説得力のない話です。
    じっさい日本国民の多くは、白けているのではないでしょうか。

    えっ、結婚って、そんなにいのちがけだっけ?
    ぽかんとあっけにとられている国民も多いのではないかと。

    わたしも、管理人さんと同様、
    眞子さまは、ご自身で常識的な判断ができなくなっている、
    つまり、洗脳や催眠術の疑いが強いと思います。
    小室家が、新興宗教の信者だった事実は、常に念頭に置く必要があります。

    小室家が、金銭欲と自己顕示欲が強いのは、誰もが知るところですが、
    皇室と結婚するということへのこだわりを見る限り、
    もっとも厄介な権力欲、つまり、天皇の御位こそ、
    小室家の本当の狙いではないかと思います。

    今まで、不思議なくらいに、権力欲だけが、騒がれてきませんでした。
    ゆえに、数ある小室家の欲望のゴシップ記事でも、不自然なくらいに、空白のまっしろ。
    天皇の御位という最も魅力的な権力、国民を見下すこともできる力、
    小室家が、目の前にある権力を、欲しないわけがない。
    おそらく、権力欲だけは悟られないよう、天皇陛下の御裁可をいただくまでは、
    簒奪の素振りを見せないように、演技しているのかもしれません。

    複数の親族を、自殺へと追い込んできた小室家が、
    皇統を自分へと引き寄せることなど、造作のないことです。
    次々に自殺へと、追い込んでいけばよいだけです。

    もっといえば、
    動機、手段、が揃った状況では、皇統の簒奪が行われないはずがない。
    ネットでは、天皇擁護派、秋篠宮擁護派などに、
    意見は対立しているのかもしれませんが、
    漁夫の利で、天皇の御位を狙っているのが、小室家だと思うのです。

    • mayu より:

      ユフノさん

      コロナ感染者が東北にも増えてきて、今日の夕方に
      町内会の役員会に行きましたが、新年会などの行事は
      全部中止の決定になりました。コロナ疲れも出てきますね。

      秋篠宮家、眞子さんには本当に3年間も悩まされました。
      私どもが悩んでどーするとは思いつつ、何としても
      悠仁さまに無事に皇統を繋いで貰いたい、立皇嗣の礼が終わり
      ホッとしたのも束の間で、眞子さんの文書発表ですよ~~( ノД`)

      なぜ国民の多くが計算との結婚に反対しているのか?
      それを眞子さんが理解できない、我を押し通すほどの相手なの?

      2年半も実際に会わず、スカイプで話をするだけで
      ここまで熱くなれるって・・・私には考えられません。
      全体像が見られないから、計算の発する言葉が眞子さんを
      惑わせているのではないか、スカイプでは嫌な面が見えません。
      洗脳されやすいタイプがありますが、眞子さんは専門家に
      お願いしてまともな思考が出来るようにするのが良いと思います。

      小室が天皇の御位を狙っているとしても、悠仁さままでは
      皇統を繋げますが、そこまで貪欲かな??
      万が一、有るとすれば、悠仁さまにお子様が出来ない、
      小室と眞子さんの子供が天皇になる、これですか。

      • ユフノ より:

        今上も秋篠宮殿下も、悠仁さまも…
        皇室みんな自殺へと追い込まれるという、
        最悪のケースがあるのかも。

        書いてて、具合悪くなりそうですね。
        正常化バイアスも、作動しそうなくらい。
        ありえないこと、思い過ごしなら良いのだけど…

        でもやはり、
        小室親族の連続自殺の事件は、
        重い事実ではないかと思うのです。

        • mayu より:

          ユフノさん

          いくらなんでも縁起の悪過ぎること、書かないでくださいよ~(>_<)

          • ユフノ より:

            失礼しました。
            ネガティブすぎですよね。

            明日は、11月22日のいい夫婦の日。
            秋篠宮両殿下に、よき一日となりますように…

            大吉大吉

        • クロワッサン より:

          ユフノさん

          わたしは、言霊を信じています。名称名前を上げて、言うべき事柄ではありません。

  9. 木の葉 より:

      皇室への尊敬や温かい気持ちを失わず、しかしユーモアあふれる文章の中に鋭い指摘をされるmayuさんのブログのファンです。

      先日公表された眞子さまのお気持ちの文章、読んだ途端にこれは計算が原文を考えたのではないかと思いました。文章が英語的で、何だか同時通訳を聞くときのもどかしさや違和感を覚えました。

      眞子さまは洗脳されているのか、恋の病に陥いられているのかわかりませんが、私はm ayuさんが仰る通り、早めに病気治療をされた方が良いと強く思います。

     国民の大半が嫌悪感を抱く計算と、その家庭状況。眞子さまどうか目を覚ましてください。コロナ渦で苦しむ国民を、どうかこれ以上ガッカリさせないで下さい。

     

      
      

    • mayu より:

      木の葉さん

      褒め過ぎですよ~~適当に思った事を書いているだけなのですが
      読んでくださって嬉しいです(^^)

      眞子さんの文書は計算と2人で考えて書いたと思いましたが、
      激情型文書で違和感がありました。
      怖いというか危ないというか・・・
      私は英語が出来ないので分かりませんが、英語的なのですか。
      同時通訳は確かに要点を得ない、分かり難い時がありますね。

      まともな神経の人なら、いい加減な所でフェードアウトしますよ。
      これが出来ない、生きるために結婚したいとは病的でしょ。
      両親や他の人たちが寄ってたかって説得しても無理なので
      専門家にお願いして治療した方が良いと思います。

  10. イリス より:

    mayuさん、お疲れの中の記事アップ、ありがとうございますm(_ _)m

    ドールドレス、ラブリーですね(^。^)ティアード可愛いです☆同系色・柄違いは、統一感と変化の両方の良さが楽しめて、良いですよね〜。

    お友達…、気の置けない仲なら何を言ってもOK、のような方なのでしょうか。親しき仲にも、ですよね。相手へのリスペクトや配慮は不可欠です。少し距離を置かれても良いかもしれませんね(><)

    さて、前倒し的に会見の先取り記事が出たのですね。
    これは、mayuさんも皆さまも触れていらっしゃるように、一個人レベル・人間としての結婚は認め、内親王としての婚約はナイ、ということかもしれませんね。
    これで佳子さまや悠仁さまにも、良家とのご縁は絶望的になりますね。

    何度も書かせていただいてきましたが、仮に「身一つで愛に飛び込む元内親王」…などとなったとしても、あくまで表向きかつ国民の反感を鎮めるための目眩しで、裏からいくらでも援助や忖度はで受けられるでしょう。腐っても鯛、元内親王に惨めな生活はさせられない、でも計算に資金・生活力はゼロ→誰かがお金を出す、ですものね。今も既にこのフローですが。
    良い祖母でい続けたい美智子さまも、お小遣いを惜しまない可能性も(ー ー;)ご自分達のお引越しなどもこれ以上非難させないために、眞子計算は隠れ蓑にうってつけです。
    そして何より、計算は将来の天皇の義兄になってしまい、子供でも生まれれば、孫ですよ、ひ孫ですよ、と無心を続けるのに最大限に利用できる、いわば人質を得るわけです。秋篠宮ご一家は、どこまでもこの呪いのような計算から逃れられなくなりそうで、恐ろしいです。悠仁さまが本当に心配です(/ _ ; )
    内親王としてであれ、一個人としてであれ、結婚が成就してしまうことによるダメージやリスクは計り知れませんね。

    あとは佳代さんの不正受給疑惑をはじめ、反社会的勢力との関係性や法的な問題から、何か決定打が出てほしい…と思ってしまいます(><)ぐうの音も出ないような。

    • mayu より:

      イリスさん

      この頃は小さい人形のドレス作りが好きで、可愛く、可愛く
      作っていました、作っていても楽しかったです(^^)

      C子さん、それほどベッタリした仲ではないのですが、
      考えてみると今年の春頃から変になったみたいです。
      他のサークルメンバー2人を振り回したらしくて、かなり怒っていました。
      まさか、コロナ鬱?コロナストレスかなぁ(?_?)

      計算は男なのに自立出来ないどころか、他人のお金に依存して
      恥ずかしいという感覚が無い所が凄いなぁ。
      汗水流して上司に怒られながら、ストレスで胃が痛くなるほど
      働かなくても、天からお金が降ってくるような状態が続くと
      金銭感覚も麻痺してしまうんでしょうね。

      そりゃあ、元内親王が私みたいに毛玉のついた980円のニット着て
      980円の裏起毛スキニー履いて、適当に羽織物を羽織って軽自動車に乗って
      スーパーで特売品の買い物、気の毒で見ていられないでしょうね(笑)
      一時金辞退しても、それ相当のお金は祖父母、両親が持たせるかもしれません。

      圭与さんは叩けばホコリがもっと出そうなのですが、マスコミは
      400万円のことしか言わない、書かないのは手抜きだと思います。

  11. クロワッサン より:

    mayuさんお手製の可愛い人形を載せてくださって嬉しいです。幾つになっても、可愛い小物、可愛い便箋や封筒が好きなタイプなので。

    知人さんの言葉は、親切ぶっていますが、上から目線でしつこくて、ムカつきました。まぁ無神経なだけですけどね。

    眞子さんの思い詰めた過剰な言葉に、少しゾッとしました。「生きるか○ぬか」と突き付けているからです。自分が悲劇のヒロインになっているのでしょう。

    計算母子が行ってきた品の無い行状を、別に何とも思わず、解決する気も無し、経済的未来設計も皆無。ただタカり男と結婚したいの言葉のみ。30歳近くになって、世間知らずの、頭の中身はお花畑だと思いました。

    秋篠宮さまの言葉も、回りくどくて、どっちなんだよと言いたくなります。30日のお誕生日記者会見迄、待ちます。知り合いが「皇族を騙すなんて、史上最悪のぺてん師母子だね」と言っていました。

    • mayu より:

      クロワッサンさん

      外付けHDDに沢山あるので、以前も載せたか分からなくなっていますが
      人形の画像、今後も雑談の時に載せてみますね。
      私も可愛い物、薔薇、レースが好きなのですが、断捨離してかなり捨てました。

      サークルではそんなに上から目線、キツイ感じでもなく
      寧ろ静かなタイプだったのに、仕事を辞めて暇になった、
      コロナで動くに動けない、会食を提案してもも誰も賛成しない、
      等々で春頃からちょっと変わったみたい。

      眞子さんの文書は平常心ではないような気がしています。
      4月に作成した時は、12月に入籍とまで書いたそうで、7ヵ月経っても
      同じ気持ちを持ち続けるとは、秋篠宮ご夫妻もお手上げではないでしょうか。
      メンタル病んでいるような気がして心配になってきました。

  12. マグノリア より:

    おはようございます。

    “結婚することを認める”秋篠宮殿下がそうおっしゃいました。
    親が認めたのですから、外野がとやかく言うものではないのでは。
    ただ、これは「結婚」の二文字に対してのことと思われます。
    “結婚と婚約は別問題である”ともおっしゃられています。
    私が思うには(希望かもしれませんが)、結婚は認める、但し皇族としての結婚ではない、と考えました。
    もちろん、婚約=納采の儀も同様です。

    今は、秋篠宮殿下のお誕生日会見を待つのみです。
    ご本人のお言葉からどのような発言をされるか、マスコミや週刊誌ネタではない真実を知りたいです。

    • mayu より:

      マグノリアさん

      断片的な週刊女性の記事だけで秋篠宮皇嗣殿下のお言葉を理解するのは
      ちょっと難しいですねぇ。やっぱり当日の会見で、皇嗣殿下の表情、
      話し方や前後の会見内容を見ないと。

      “結婚することを認める” じゃあ、眞子さんはどうやって結婚するの。

      “結婚と婚約は別問題である” これは納采の儀は行えない。
      では、納采の儀など結婚する時の一連の儀式を飛ばして、入籍=結婚になるのか。

      秋篠宮ご夫妻としては、国民に祝福され皇族として結婚させたかったでしょうが、
      相手があまりにも問題有り過ぎ、誠実さが見られない、皇室を軽く見ている、
      国民も反対し批判が多い、皇族としての結婚は無理だと判断したのかもしれません。

      つくづく、やっかいな親子に釣られたものだと・・・残念です。

  13. ramiri より:

    mayuさん、おはようございます。記事更新ありがとうございます。mayuさんの日常、可愛いお人形の写真も大好きです。高圧的なお友達には困ったモノですね。
    なるべく距離を置かれる事をおススメします。瘦せ自慢、金持ち自慢にろくな人間無しです。
    メモ帳機能おススメありがとうございます。平日の平穏な日があればやってみます。(つまり、火曜日以降です)

    さてさて、殿下のお言葉が、前もって録画される事は知って知っていましたが、10日も早く、しかもネット上だけとはいえ早速公開ですか?
    眞子さんは、これを知っていて1週間前にあの文書を出したのでしょうか?すっかり計算にからめとられてますね。何度も書きました。ウンザリです。殿下と紀子妃殿下、悠仁殿下がお気の毒でたまりません。

    • mayu より:

      ラミリーさん

      頭の良い人なので、ああいえばこういう所があるのと、
      ブログに書いてコメントを読ませて貰い、コメ返ししていたら
      ムカつきも無くなりました、私も単純ですねぇ。
      おそらくコロナでジムに通えなくなった、サークルの会食もできない、
      コロナストレスじゃないかなぁ。本人は親切心で言っているのかも( ゚Д゚)

      土日祭日の3連休で前倒しで10日も早く会見したのかな。
      てっきり27日頃だと思っていたのですが・・・

      私の中では、眞子さんは段々病気認定になってきました。
      読めば読むほど変な結婚宣言で、正常な判断が出来ないのかも。
      もしかしたら、計算も慣れない弁護士の勉強で変になっているか。
      2人で変になって現実が見えなくなっている可能性がありそうです。

  14. やしま より:

    mayuさん、早い情報、ありがとうございます。

    「結婚したいという気持ちは分かった。でも皇族としての結婚への手順は、これでは進めない。」
    ということでよろしいでしょうか。
    これだと紀子妃殿下の「娘の意思を重視する」というお言葉とも合いますね。

    解決法は本当にmayuさんがおっしゃるられるとおりだと思います。
    一つは、ジャガーさんへの借金430万円を払い、感謝の言葉も添えること。
    長期にわたるアメリカ留学や、何をして暮らしているのか分からない母親の動向を見ると、小室家にとって430万円は今までの錬金術手法からするとひねり出せるお金だと思うし、眞子様のお手元金を出せば一発だと思うのですが、なぜかこれを絶対に払わない。払えばハードルが一つ下がるのに不思議ですよね。一つ払うとまた一つ出てくるという話もありますが、ここまで国民にたたかれていると、「巻き込まれたくない」心情で、その他の方はお金の請求を諦めるのではないかと思います。一般人はマスコミに追い回されたくありませんから。

    もう一つは強行突破。できるものならしてみろ。です。その場合は1憶数千万円のお金は眞子さんには下賜されません。それでもいいのか小室母子。

    そしてこれまた絶対条件ですが、「少なくともKが安定的収入を得て、結婚生活が送れる見込みがたつまでは婚約できない」

    このことを眞子さんに言い含め、二人で相談させる。
    降嫁のお金が入らない方法は小室母子は絶対に認めないと思います。

    私は、一刻も早く、カウンセリングの専門家と眞子さんを会わせ、なぜ国民がこんなに反対しているのかを一般人の立場から告げたほうがいいと思います。両親と話し合ったところで全く埒が明かないのは、この3年間で分かるはずだと思うのですが。

    今回の談話、国民にちゃんと伝わるといいですね。
    「秋篠宮家は眞子さんの結婚を認めた」
    というフレーズだけが煽情的に踊り、ますます宮家への国民の目が冷たくなるのは絶対に避けたいです。

    • mayu より:

      やしまさん

      私の読解力では、結婚したい気持ちは分かったが、結婚と婚約=納采の儀
      は別問題なので今の状態では婚約=納采の儀は行えませんよ、
      こんな感じでしょうか、紀子さまの誕生日会見と同じですね。

      圭与さん、あちこちからお金を借りている可能性も有りですが、
      今現在貸したお金の返済を言ってるのは、元婚約者のX氏なので
      430万円ですか、計算が留学するのに必要だった見せ金200万円、
      これだけでも返済すべきお金なはずで、その気があればマンションを担保に
      銀行からお金を借りて返済も出来るだろうに、贈与と言い張る。
      じゃあ贈与税は支払ったか?と言えば、借用書が無いとかなんとか
      屁理屈を出しているのかもしれませんが、400万円返済したら
      圭与さんも計算も気持ちがスッキリすると思うのですが・・・・
      なんで批判されても批判されても出さないのか、精神構造がわかりません。

      眞子さんは皇族の立場で考えなくても良いと思います。
      正常な考えが出来ない状態のようなので、心の病院辺りに入院し、
      通信を遮断しカウセリングを受けて正常な心を取り戻したら良いかと思います。
      どうせすぐには結婚できないのだから、時間をかけて治療するべきでしょうね。

      眞子さんの出した文書には「狂気」のようなものが見え隠れしていますよね。
      「生きていくために必要な選択です」← 結婚宣言にしてもちょっと異常です。

  15. 白雪山羊 より:

    mayuさん、記事更新ありがとうございます。

    結局、2年前でしたっけ?秋篠宮殿下が仰った事については
    (金銭トラブル解決、国民に説明して納得させる)何か訳解らない文書を出したきりですもんね。
    結婚する気持ちは尊重するけど、婚約に当たる納采の儀は行う事は出来ません、と言う事ですかね。

    しかし父殿下のお誕生日会見でこんな事まで言わせて(今回で3回目ですか…)
    二人共、特に眞子さまは何も思わないのかな。

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      2018年の誕生日会見なので2年前、今年で3回眞子さんの結婚について
      聞かれることになりました。

      結婚したい気持ちは尊重するけど、納采の儀=婚約はできませんよ、
      と言いたいのでしょう。
      面と向かって反対とは会見で言えなかった事情もあったこととお察しで、
      なんの解決もしていない状況では、皇族として一連の儀式をしての結婚は
      無理ですよね、計算は使者も立てなくて良いし面倒な事はやらなくてもよくなり
      結婚するだけでOKなら返って楽で良いと思っているかもネ。

タイトルとURLをコピーしました