令和2年 全国戦没者追悼式 天皇陛下のお言葉 新型コロナに言及

天皇皇后両陛下

75回目の終戦の日にあたる2020年8月15日に東京・北の丸公園の日本武道館で行われた政府主催の全国戦没者追悼式で、天皇陛下が新型コロナウイルスの感染拡大に言及した。 天皇陛下は、専門家から新型コロナについて説明を受ける際に所感を述べ、その内容を宮内庁が発表したことはあったが、公の場での発言は初めて。
中略
新型コロナウイルスの影響で、式典も大きく変化した。19年は全47都道府県から遺族が参列したが、20年は20府県が参列を見送った。 座席の間隔は大きく開けられ、遺族の参列者数も、19年の4989人から20年は300人未満と1割未満に減少した。参列者はマスク着用が求められ、武道館へ入る際には検温も行われた。国歌斉唱は行われず、演奏だけになった。式典には天皇皇后両陛下、安倍晋三首相、93歳から12歳までの遺族らが参列し、日中戦争と第2次世界大戦で犠牲になった約310万人を追悼した。全文は以下のアドレス
https://news.yahoo.co.jp/articles/5d9754fdb6c50f87f27e96cdfb63248e494e506f

スポンサーリンク

天皇陛下の「おことば」全文

「本日、『戦没者を追悼し平和を祈念する日』に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。
終戦以来75年、人々のたゆみない努力により、今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが、多くの苦難に満ちた国民の歩みを思うとき、誠に感慨深いものがあります。私たちは今、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、新たな苦難に直面していますが、私たち皆が手を共に携えて、この困難な状況を乗り越え、今後とも、人々の幸せと平和を希求し続けていくことを心から願います。
ここに、戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ、過去を顧み、深い反省の上に立って、再び戦争の惨禍が繰り返されぬことを切に願い、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、全国民と共に、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります」
(J-CASTニュース編集部 工藤博司)



令和2年全国戦没者追悼式の生中継を観ての感想など

令和2年全国戦没者追悼式の生中継を観ました。今年は新型コロナの影響で参加者を減らした追悼式でした。席は間隔を取り全員マスク使用、国歌も演奏だけでしたが、静かに式典が行われました。安倍総理はお疲れじゃないかと思いました。

雅子さまの式服は去年と同じでしたが、今回で二回目ということで去年より落ち着いて見えました。所作も完璧ではないにしても悪くなかったと思いました。粗捜しをすれば出てくるのでしょうが、私には分かりませんでした。経験を積んで行くのが大事なのですね。

天皇陛下のお言葉も悪くなかったと思います。今回、初めて新型コロナに対して言及されたことは良かったと思いました。天皇陛下にはビデオメッセージより良かったのではないでしょうか。日本、皇室は紙に書いた文章を読みながらのビデオメッセージになるだろうし、欧州王室の国王や女王のようにカメラをずーっと見て国民に語り掛けるスタイルは無理だろうな~。

「過去を顧み、深い反省の上に立って」の言葉だけ捉えると、戦後75年経ってもまだ反省しなければならないのか!と思ってしまいそうですが、その後に「再び戦争の惨禍が繰り返されぬことを切に願い、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、全国民と共に、心から追悼の意を表し」と続くので、追悼式なので良いかなと。私は総じて良いお言葉だったと思うのは、上皇陛下が言うのと、今上陛下が言うのでは時代が変わり捉え方も変わったのかなぁ~なんて1人で思いました。NHKの生中継は短かったので、その後youtubeで生中継を観ました。献花の前に天皇皇后両陛下は退席で約45分~50分くらい、一時間は座っていなかったようでした。

今日は録画したNHKの映像をスマホで撮影した画像を載せています。テレビは古いテレビで今流行りの4Kテレビでもないのですが、デジカメで撮影していた時より綺麗に写り、モアレのような模様が出て使えない画像は数枚でした。 スマホで撮影した画像をUSBでパソコンに取り込むことも覚えたり
一昨日ブログを変にした時から、スマホに買い替えて良かったです。(^^)他はまだまだ出来ない事、分からない事が多いのですがボチボチ覚えようと思います。



コメント

  1. マグノリア姐さん より:

    こんにちは。
    いつも素早いブログアップ、ありがとうございます。

    個人的にはご唱和のない国歌演奏もしみじみとして感慨深いものがありました。

    私の勝手な想像ですが、皇后陛下は黙とうの意味や所作がわからないのではないでしょうか?
    だから、おめめパチバチしてしまうのでは。
    側近の方がきちんと伝授されれば大丈夫でしょう。
    また、目の大きい方ですのできっと目立ってしまうのですね。(先代も瞼の動きが気になることもありました。)

    令和の国会議員の方もご出席されていましたね。
    お世話の方が通訳(?)されていました。

    • mayu より:

      マグノリア姐さん、こんばんは。

      今回の全国戦没者追悼式はかなり異例でした、国歌演奏のみもたまには良いですね。

      雅子さま、導線やお辞儀など練習をしたはずですが
      黙祷で目をパチパチするのは、身体がふら付くからかな~と、私も
      立って目を閉じると右側に寄ってトトトトトと移動しそうになるんです。

      天皇陛下は慣れているのと体幹がしっかりしているのか揺れないんだよね。
      雅子さまの黙祷は横顔が見えましたが、つけ睫毛しているな~程度で
      私はあんまり気にならなかったのでした。
      令和の国会議員が出席されていたのですか。
      もう一度ビデオを見てみようかな。

  2. やしま より:

    この記事はぜひ読みたかったので、mayuさん、詳細にアップしてくださり、ありがとうございます。
    雅子様は揺れていたかもしれませんが、まさにこれも経験の積み重ね。ともあれ無事に出てこられたのは良かったです。それで私思ったのですが、雅子様にとって「マスク」って救いなのではと。顔の半分が隠れる。これ精神的防御壁になっているんじゃないでしょうか。表情が余り読み取れないって、何となく守られている気持ちになるんじゃないかなと。(だから、テレビでのご進講は余り好まれないのかもしれないと勝手に推測)

    お言葉も、平成の陛下のときより安心して聞けました。平成の陛下のお言葉は、さきの大戦はとにかく日本が悪いという感じがして冷や冷やしたこともあるので。時は過ぎ、戦争未体験天皇の御代になっているのだなと改めて思いました。コロナに言及も良かったと思います。

    夕ご飯時に夫とこの場面を見ながら、「今回は天皇陛下と雅子様のお背の高さが余り変わらないように見えるので、陛下はかなり高いシークレットシューズをはいているのかもしれないね」なんて話題にしたりしましたよ。あ、何でそんな話になったかというと、夫が今年の健康診断で、「背が2cmも縮んだ~」と嘆いているからで。夫と陛下はほぼ同年代です。

    • mayu より:

      やしまさん、おはようございます。

      雅子さまの揺れは去年よりまだマシで、そーんな揺れていたかな?と
      私は殆ど気が付きませんでした。というか、気にならなかったのかも。
      天皇陛下と2人で出て来られて、場数を重ねたらもっと安定して
      見られるだろうと思います。マスクは確かに表情がわからないので、精神的には楽ですよね。

      天皇陛下のお言葉は上皇の時は戦争、敗戦の負い目を感じる
      「深い反省」でしたが、戦後生まれの今上陛下の「深い反省」は
      平和の願いを込めた反省で、やっぱり世代の違いでしょうね。
      ようやく新型コロナに言及されたことも良かったんじゃないかな。

      雅子さまと天皇陛下の身長差ですが、雅子さまが凄く高く見える時と
      似たり寄ったりに見える時があります。
      天皇は今回はシークレットを履いたのか、後ろ姿の2人はあまり身長差は
      なかったようでしたが、遠近感もあるので実際に2人を見ないと分からないですね。

      家の旦那も腰を悪くした時は3cmも縮み、翌年から少しづつ元に戻り
      今は無職で楽をしているので175cmに戻ったみたいです。
      私は元々チビですが、低くならないので2人で楽をしているのかも(-_-)

  3. nono より:

    mayuさん記事の更新有り難うございます!
    仕事中に動画を少し見ました。
    私もお言葉は悪くないなと思いました。
    因みに私もじっと立って居られないです。
    体幹が鈍いのか子供のときから「ふらふらしない」と怒られても私自身は真っ直ぐじっと立っているつもりなのに…とよく思ってました。
    強いて1つ気になることがあるとすれば、もう半歩下がって黙礼なさる方が見映えがいいかなと言うかんじでしょうか。
    安倍さんは確かにお疲れの様子でした。
    民主党系が臨時国会の開催を求めて居ましたが、安倍さんを休ませろよと思うのと、只でさえ国債で賄った給付金騒ぎのあとに更に税金を使う気なのか…と思ったり。
    今一つ安倍さんのあとを任せられる政治家居ないな、と思う今日この頃です。
    終戦記念日には従軍して無事に退役し寿命まで生きた祖父を思い出します。
    祖父は「天皇がいてもいなくても戦争は起きたと思うそう言う時代だった」とよく言って居りました。

    • mayu より:

      nonoさん

      15日土曜日もお仕事でご苦労様でした。

      天皇のお言葉、文章を読むと悪くないと私も思いました。

      nonoさんもジッと立っていられないのですか。
      私も歩いている時は気にならないのですが
      黙って立っていると身体が揺れるんです。
      これで目を閉じて下向きにすると、完全にふらつきます。
      座っていても自分だけ震度2、3の地震?と思う時があり
      東日本大震災の時は、最初は自分が揺れていると思ったくらいでした。

      雅子さまもビデオを見て改善できることは改善したら良いですね。

      安倍総理の替わりになる人が、石破では嫌だし今の所は安倍総理で
      頑張って欲しいので少しは休養して欲しいです。

      戦争経験者もあと15年経つとほぼゼロに近くなりますネ。

  4. 白雪山羊 より:

    mayuさん、こんばんは。更新有難うございます。

    コロナ禍の中で、様々な対策が取られた追悼式でしたね。
    雅子さま、少しゆらゆらしていたかな?
    陛下が公式の場で
    コロナに関して、初めて発言した…とニュースで幾つか取り上げられていました。まぁいつ言うのだろうと
    (思われていた…という事かな)ずっと言われるよりかは、良かったのかも知れません。

    私も安倍さんはさぞお疲れだろうなと思いました。痩せた様に見えたけど、マスクのせいですかね?

    • mayu より:

      白雪山羊さん、こんばんは。

      コロナ禍の中での追悼式でしたが、中止にするよりは良かったと思いました。

      雅子さまは少し揺れていたのですか、私はあんまり気にしないで見ていました。
      私もジッと身動きしないで立っていられない人なんです。
      少しフラ付きがあり、尚且つ下を向くとクラクラっとする時があるので
      1分間の黙祷の前と合わせて2分くらいは、短いようで長く感じるかもしれません。
      コロナは今言って良かったんじゃないかな。
      安倍総理はかなり疲れて見えました。去年から退位、即位関連でも多忙で
      今年は新型コロナ騒ぎで、あまり批判して欲しくないです。
      アベノマスクよりは今のマスクの方が見た目もいいです(笑)

タイトルとURLをコピーしました