16日は歌会始の儀がありましたが、午後から秋篠宮ご夫妻は
阪神大震災25年の追悼式典臨席のため兵庫県に入られました。
なんという強行スケジュールでしょうか!

歌会始の儀をワザと16日に設定したのではないか?と
宮内庁の意地の悪さを疑ってしまいました。
講書始の儀が14日なのだから、18日に歌会始の儀でも良かったのでは。
特に天皇皇后が16日~18日に多忙というワケでも無く予定も入っていません。
ともかく、今上夫妻では到底無理なスケジュールを秋篠宮ご夫妻はこなしています。
代替わりに伴い、秋篠宮ご夫妻が引き継がれた追悼式へのご臨席でした。

16日に兵庫入りされた当日は
兵庫県三木市の防災科学技術研究所兵庫耐震工学研究センターを視察されています。
17日の追悼式の前には高校生と懇談され、約1時間半追悼式典に出席されました。

しかし、いつ見ても紀子さまは凛とした佇まいでどんな儀式、式典に出ても
恥ずかしくない所作、安定していて本当に感心してしまいます。
紀子さまの努力も勿論大いにありますが、資質も大きいのだろうと思いました。
動画を見るとご夫妻のどちらが生まれながらの皇族なのか分からないほどでした。
と書いたら言い過ぎかとは思いますが、それだけ紀子さまの品格は堂々たる
皇嗣妃殿下だとつくづく思いました。


神戸市中央区の兵庫県公館で17日に開かれた追悼式典に、
秋篠宮ご夫妻が参列された。ご夫妻が震災の追悼式典に出席されるのは1999年以来、
21年ぶりで4回目となる。式典では、秋篠宮さまが「震災の経験と教訓を踏まえ、
安全で安心して暮らせる地域づくりが進められ、世代を超えて継承されていくことを
願います」と述べられた後、ご夫妻で献花台に花を手向けられた。
記事引用 画像出典 読売新聞

こちらの動画は2時間超と長いです。

秋篠宮ご夫妻、追悼式典前に高校生と懇談

秋篠宮ご夫妻は17日、阪神大震災の追悼式典に先立ち、
神戸市中央区の兵庫県公館で、防災について学ぶ高校生ら5人と懇談された。
記事引用 画像出典時事通信https://www.jiji.com/jc/article?k=2020011700873&g=ryl

兵庫県立尼崎小田高校の(右から)網彩稀さんと奥村しえりさんから防災活動について説明を受けられる秋篠宮ご夫妻=17日午前、神戸市中央区(代表撮影)

秋篠宮ご夫妻は16日、阪神大震災から25年の追悼式典臨席などのため、
兵庫県に入られた。式典は17日、神戸市中央区の県公館で行われ、
秋篠宮さまがお言葉を述べられる。
ご夫妻はこの日午後、民間機で大阪国際空港にご到着。
兵庫県三木市の防災科学技術研究所兵庫耐震工学研究センターを訪れ、
住宅などの耐震性を調べる実大三次元震動破壊実験施設(E-ディフェンス)
を見学された。秋篠宮さまは実験の動画を見ながら「高層の建物でも構造に
よって揺れ方が変わるんですか」などとご質問。施設内部の見学では、
秋篠宮妃紀子さまが職員に「すばらしい施設ですね」と声をかけられた。

追悼式典にはこれまで、10年ごとの節目に上皇ご夫妻が、
5年ごとの節目に天皇、皇后両陛下が臨席されてきたが、
代替わりに伴い、秋篠宮ご夫妻が引き継がれた。記事出典 産経新聞
https://www.sankei.com/life/news/200116/lif2001160048-n1.html

画像出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020011700873&g=ryl
https://www.sankei.com/life/news/200116/lif2001160048-n1.html
動画をキャプチャー