秋篠宮ご夫妻 阪神大震災の追悼式典ご臨席

秋篠宮皇嗣ご一家


16日は歌会始の儀がありましたが、午後から秋篠宮ご夫妻は
阪神大震災25年の追悼式典臨席のため兵庫県に入られました。
なんという強行スケジュールでしょうか!

歌会始の儀をワザと16日に設定したのではないか?と
宮内庁の意地の悪さを疑ってしまいました。
講書始の儀が14日なのだから、18日に歌会始の儀でも良かったのでは。
特に天皇皇后が16日~18日に多忙というワケでも無く予定も入っていません。
ともかく、今上夫妻では到底無理なスケジュールを秋篠宮ご夫妻はこなしています。
代替わりに伴い、秋篠宮ご夫妻が引き継がれた追悼式へのご臨席でした。

16日に兵庫入りされた当日は
兵庫県三木市の防災科学技術研究所兵庫耐震工学研究センターを視察されています。
17日の追悼式の前には高校生と懇談され、約1時間半追悼式典に出席されました。

しかし、いつ見ても紀子さまは凛とした佇まいでどんな儀式、式典に出ても
恥ずかしくない所作、安定していて本当に感心してしまいます。
紀子さまの努力も勿論大いにありますが、資質も大きいのだろうと思いました。
動画を見るとご夫妻のどちらが生まれながらの皇族なのか分からないほどでした。
と書いたら言い過ぎかとは思いますが、それだけ紀子さまの品格は堂々たる
皇嗣妃殿下だとつくづく思いました。


神戸市中央区の兵庫県公館で17日に開かれた追悼式典に、
秋篠宮ご夫妻が参列された。ご夫妻が震災の追悼式典に出席されるのは1999年以来、
21年ぶりで4回目となる。式典では、秋篠宮さまが「震災の経験と教訓を踏まえ、
安全で安心して暮らせる地域づくりが進められ、世代を超えて継承されていくことを
願います」と述べられた後、ご夫妻で献花台に花を手向けられた。
記事引用 画像出典 読売新聞

こちらの動画は2時間超と長いです。
https://youtu.be/0MJUFkKx83s

秋篠宮ご夫妻、追悼式典前に高校生と懇談

秋篠宮ご夫妻は17日、阪神大震災の追悼式典に先立ち、
神戸市中央区の兵庫県公館で、防災について学ぶ高校生ら5人と懇談された。
記事引用 画像出典時事通信https://www.jiji.com/jc/article?k=2020011700873&g=ryl

兵庫県立尼崎小田高校の(右から)網彩稀さんと奥村しえりさんから防災活動について説明を受けられる秋篠宮ご夫妻=17日午前、神戸市中央区(代表撮影)

秋篠宮ご夫妻は16日、阪神大震災から25年の追悼式典臨席などのため、
兵庫県に入られた。式典は17日、神戸市中央区の県公館で行われ、
秋篠宮さまがお言葉を述べられる。
ご夫妻はこの日午後、民間機で大阪国際空港にご到着。
兵庫県三木市の防災科学技術研究所兵庫耐震工学研究センターを訪れ、
住宅などの耐震性を調べる実大三次元震動破壊実験施設(E-ディフェンス)
を見学された。秋篠宮さまは実験の動画を見ながら「高層の建物でも構造に
よって揺れ方が変わるんですか」などとご質問。施設内部の見学では、
秋篠宮妃紀子さまが職員に「すばらしい施設ですね」と声をかけられた。

追悼式典にはこれまで、10年ごとの節目に上皇ご夫妻が、
5年ごとの節目に天皇、皇后両陛下が臨席されてきたが、
代替わりに伴い、秋篠宮ご夫妻が引き継がれた。記事出典 産経新聞
https://www.sankei.com/life/news/200116/lif2001160048-n1.html

画像出典
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020011700873&g=ryl
https://www.sankei.com/life/news/200116/lif2001160048-n1.html
動画をキャプチャー


コメント

  1. mayu より:

    こんにちは、こちらの記事のコメ返しは以後省略させて頂きます。
    コメ返しは自由にしてください。

  2. やしま より:

    私が正社員として数年勤務し、その後も何かと御縁のある会社の本社が神戸にあり。(私は東京支店勤務)
    震災のときは、本社屋はペシャンコに倒壊。存亡の危機。しかしそれから立ち直り、立派な社屋を造成。そして会社の創立記念パーティーが、東日本大震災の年の5月。まだ余震の続く関東を脱出して神戸に着き、震災復興の後も見てきましたが、余りにも見事な復興ぶりにどこがどうだったのかわからないぐらいでした。

    今回の秋篠宮殿下の日程については、皆様同様、義憤を感じるとともに、何者かの悪意も感じます。そして秋篠宮殿下は余りにもご立派なのが、私にはかえって不安。完璧にやり通せばやり通すほど、よりハードルが高くなるような気がして。例えば震災30周年の年は、殿下の還暦の年になります。
    60代におなりになっても、こういうスケジュールを両殿下にこなさせるつもりなのか、宮内庁は!!
    私自身の加齢に伴う劣化が深刻な昨今、今はできるかもしれない。でも明日のことはわからない中、「日嗣の皇子」に、ここまでおんぶにだっこ。自分たちは静養の皇族方に怒りがわいてきてしまいます。

    そして両殿下、もー少しお体をおいといくださいませ。
    こんなに公務公務では、内々のことは、何もできなくなってしまうでしょう。ご家族での話し合いも必要でしょう。悠仁殿下はまだまだご両親が必要な年齢です。

    もう本気で、働ける皇族方のスケジュール調整をしなければならない崖っぷちに来ているのでは?
    本当に何もかもがオカシイです。歯がゆいです。

    • mayu より:

      やしまさん

      秋篠宮ご夫妻が今の状態で公務を続けられたら、いずれどちらかが
      体調を悪くされるでしょう、その時に宮内庁、あるいは悪意でこういう
      スケジュールを組んでいる人達は目覚めるんじゃないかとか、
      秋篠宮ご夫妻が体調不良で若い時から約40年近く公務に勤しんできたことの
      有難みを実感され、今までのようなハードなスケジュールは組めなくなる。

      私は、仮病でもいいから一度くらい「過労によりお倒れになった」が
      有っても良いとすら思います。

      長年静養され元気に公務をしている雅子さまと、成人される愛子さまに
      頑張って貰いましょう。大変ご優秀な愛子さまだそうですから
      バリバリ公務が出来ると思います。

    • ミラージュ より:

      やしまさん
      横から失礼します。

      産經新聞に書いてある通りに運べば、30年の式典は天皇皇后の番だと思います。
      東日本の式典は来年が10年なのでやはり天皇皇后の出席でしょうね。

      なぜ歌会始めの同日に移動しなければならない理由があったのか、宮内庁HPで調べてみました。
      雅子サマは、新年祝賀の一連の儀式以降ご接見が2回、勤労奉仕団への会釈が1回。
      祭祀は全てご遥拝なのでお身体、お心へのご負担があるとは思えず。
      つまり、3日以降はお家でグータラ状態だった? 十分お身体を休められることが出来たでしょう。
      一方、秋篠宮ご夫妻は平日は連日公務が入っていました。
      ただ、10日は尚蔵館ご覧と団体への接見がありましたが、これを翌週にして、10日に講書始めを設定すれば14日又は15日には歌会始めが出来たはず。
      その日程にすれば16日に歌会始めのように難儀なお仕事をしてからではなく朝から兵庫へ出向くことが可能だったはずだと思いました。
      宮内庁の意地悪ここに極めりです。

  3. すばる より:

    歌会始には安倍総理も出席していましたが、11日〜14日までは中東を訪問していました。
    出席できるのは16日ぐらいだったでしょう。

    天皇の生母になる方(紀子様)が天皇の生母にならない方(雅子様)より位も立場も下というのは、皇室史上初。
    ですから、紀子様が雅子様の下位にならないよう皇室は配慮してきました。
    法律の及ばない私的な集まりでは、東宮家と秋篠宮家を並列に。
    上下関係にある公式行事では雅子様が欠席という形で。

    秋篠宮家を宮家から東宮家待遇に格上げすると、両陛下とは直接的な上下関係になりません。
    皇室行事は、主催者が天皇皇后、主賓が皇太子皇太子妃(東宮家)。 
    宮家は来賓ですから皇太子夫妻より下の扱い。
    皇后になってからの雅子様の皆勤は、紀子様が皇嗣妃となって上下関係が無くなったからでしょう。

    皇室の男系男子継続の策が、なぜか男系男子派から強く批判されてきた。
    マスコミのミスリードに完全に嵌っている感じがします。

    • mayu より:

      すばるさん

      安倍総理に合わせるなら18日に歌会始の儀でも良かったんじゃないかな。
      講書始の儀が遅れて14日ですから。

      すばるさんの書かれていることがいまいちわかりません。

      >法律の及ばない私的な集まりでは、東宮家と秋篠宮家を並列に。
      >上下関係にある公式行事では雅子様が欠席という形で。
      >皇后になってからの雅子様の皆勤は、紀子様が皇嗣妃となって上下関係が無くなったからでしょう。

      天皇皇后と皇太子と同格の皇嗣で、ずーーっと上下関係はありますが。
      頭が悪くて意味不明で理解できないです。

      • ミラージュ より:

        mayuさん、私もすばるさんの見解が理解出来ません。
        柳原愛子が昭憲皇太后より上位だったことなんてあるんですか?
        紀子様はず~っと雅子サマの下位にならないように配慮されてきた?
        ないでしょ?
        雅子サマが公務をサボったのではなく、紀子様より上位にならないため? では2018年の日赤の式典で上皇后が雅子サマの腕をとられて、次代はこの雅子サンですよ~皆さん宜しくね~とばかりにされた行為はなんなんでしょ!
        大昔から皇后が世継ぎを成さない例は山ほどあるけれど生母の方が上位になるなんて聞いたことないです。 権力者の娘だったりしたら皇后がないがしろにされたことはあるでしょうけれど。
        物凄い雅子サマ擁護があるものですね。

        • すばる より:

          >柳原愛子が昭憲皇太后より上位だったことなんてあるんですか?

          明治天皇の生母の中山慶子様や大正天皇の生母の柳原愛子様は側室でしたが、「従一位」を贈られ正夫人より位階が上。
          最高位の勲章も授与されています。
          お二方とも天皇のお側に仕えた典侍。
          朝廷の役職に就く高位の職業夫人です。
          若君の養育も担っており、女官として高い地位に就けたのです。
          また、天皇の生母にならなかった正夫人の諱は「皇太后」で最高位の「皇后」を空位としています。

          江戸時代までは法治国家ではなく、皇位継承者を人が相談して選んだのと同様に位も融通がきき追号が可能でした。

          紀子様は美智子様がやっていた日赤の公務を長年やっており、代替わり後は皇太子の公務だった献血の大会を単独で継ぎました。

          • ミラージュ より:

            正憲皇后に⚪位等位階がないのは、位階は臣民に与えられるからです。皇族には与えられないんですよ。
            身位も美子様は皇后、柳原愛子は典侍です。 どちらが上位かお分かりですよね?
            尚、昭憲皇太后と一般的に言われていますが、正しくは昭憲皇后です。
            これは、時の大臣が間違えて上奏してしまい、それがそのまま裁可されてしまったからです。

            天皇皇后と皇太子皇太子妃に上下関係がないという根拠があるのでしたらお示し頂ければ有りがたいです。

            すばるさんは、以前にも勤労奉仕団への会釈について今後皇嗣家もするようになり、紀子さまが単独公務が多くご夫妻揃っての会釈は難しい、天皇単独の会釈で良いのだという主旨のコメントされていましたが、これも雅子サマ擁護の最たるものだと思います。

            • すばる より:

              >身位も美子様は皇后、柳原愛子は典侍です。 どちらが上位かお分かりですよね?

              私の言う上下関係は、法律で直接的な上下の関係があるかという事で。
              お二方に上下関係はありません。
              典侍は貞明皇后の管理下に置かれるまで天皇陛下の下に置かれていました。
              全く別の組織の二つの位 、A社の社長とB社の社長に上下関係はないですよね。

              典侍は女官、職員という見方で皇后の方が社会的にずっと高い地位とお考えなのだと思いますが。
              側室となった典侍は天皇が自ら選んだ実質的な妻兼侍従長です。

              表の妻と奥の妻を比較するなら、それぞれの組織の中でどういう扱いを受けたかです。
              具体的にはその組織の中で最高位に就いた方が上位ですよ。

              >正憲皇后に⚪位等位階がないのは、位階は臣民に与えられるからです。皇族には与えられないんですよ。

              昭憲皇太后の入内時の位階は、従三位。
              既に即位している明治天皇にお輿入れする一条家の姫君でも従三位、入内時の柳原愛子様の位階は従四位でした。
              お輿入れの為に位階が授与されるのですが、それ程高くないのです。
              位階のトップは正一位、従一位が近代の女性の最高位であり、中山慶子様と柳原愛子様はどんどん上がって最終的に従一位を贈られます。

              >昭憲皇太后と一般的に言われていますが、正しくは昭憲皇后です。
              >これは、時の大臣が間違えて上奏してしまい、それがそのまま裁可されてしまったからです

              それは方便ですよ。
              天皇の生母ではないから諱を最高位の皇后にはしなかったと説明出来ないでしょう。
              上奏の書類を大臣が作成する筈もなく、絶対に間違えてはいけない重要書類は何人もチェックするのが日本のお役所です。

              • mayu より:

                すばるさん

                私が書いた投稿、秋篠宮ご夫妻 阪神大震災の追悼式典ご臨席の
                どこが気に入らないのか、秋篠宮ご夫妻がバードスケジュールで
                動いているのが気に入らないのですか。
                私は秋篠宮ご夫妻が50代半ばで、このハードなスケジュールではいつか
                倒れるんじゃないかと心配していますがそういう心配はすばるさんにはないのでしょうか?
                ただひたすら身位のことを書いています。

                >出席できるのは16日ぐらいだったでしょう

                これで終わりにしたらよかったじゃないですか。

                >紀子様が雅子様の下位にならないよう皇室は配慮してきました
                >法律の及ばない私的な集まりでは、東宮家と秋篠宮家を並列に。
                >上下関係にある公式行事では雅子様が欠席という形で

                ここまでコメントに書く必要があるのでしょうか。
                記事と関係ないことを自論で延々と書かないでください。
                あんまりシツコク書かれるのはウンザリです。

        • やしま より:

          違っていたら申し訳ないけど、Fさんのほうに、上記コメントと同様、何を言っているのか訳がわからない方が、時折出没。Fさん出禁にするんですが、またHN変更して登場してます。mayuさんのところはIDがわかるので、この方のコメントはこれから注視したほうがよろしいかと。

          柳原愛子さんのお墓がどこにあるか、すばるさんは御存じですか?柳原家の墓にあるんですよ。目黒区の祐天寺です。お参りしたことがあります。天皇家の陵に入ることかなわず。

          徳川家の「大奥」見ていてもわかるでしょう。側室の腹は仮腹で、生まれた子供、特に長男は正室(皇后)の嫡子として育てられます。大正天皇は、長じて自分が昭憲様の本当のお子様ではないのだと知ったとき、ショックを受けたそうですよ。
          すばるさんがおっしゃるようなことは、【あり得ません】。

      • すばる より:

        お返事をありがとうございます。

        歌会始や講書始は、必ず平日に行います。
        18日は土曜日なので候補に入りません。

        >天皇皇后と皇太子と同格の皇嗣で、ずーーっと上下関係はありますが。
        >頭が悪くて意味不明で理解できないです。

        天皇皇后と皇太子皇太子妃の間に上下関係はありません。
        ですから、東宮職は独立した組織で侍従職の下部組織ではないのです。
        殆どの人がmayuさんと同じように上下関係があると誤解していますが。

        <皇室行事は、主催者が天皇皇后、主賓が皇太子皇太子妃(東宮家)。 >

        天皇皇后と皇太子皇太子妃は公式行事で同席する際に必ず主催者と主賓に分かれ、上下関係が生じないようにしています。
        ですから、両陛下が主催者になれない他家の婚儀と葬儀では両陛下が参列しない同席しない。

        こうした東宮家の独立性を秋篠宮家に与えることが皇嗣とした最大の理由だと思いますが。

  4. 洗浄液ありす より:

    mayuさん
    早速の更新をありがとうございます。 

    どちらが生まれつきの皇族か、確かに品格は一朝一夕には高くなれませんものね。
    25年そんなになりますか。震災の時にまだ生まれていない高校生が勉強して秋篠宮との交流、良い画です。

    ところで最近久子様が皿帽子を受け継ぐのかという件について
    ドレスやスーツと共布で受け継いだ皿帽子を被るためには
    身長が同じくらいで幅が上皇后さまより細い方になるのかなと思いました。眞子様、皇后様、信子様、彬子様は外れてしまいます。
    佳子様はギリギリ被れるかも。
    佳子さま人気の時、上皇后様は誇らしかったでしょうね。

    高価なお着物は無理ですが、その他お土産、食器、衣装については自分で仕訳ているから時間がかかります。
    他者の目で評価してもらうために庶民なみに引越しのガレッジセール、やってみる価値はありますかね。

    • mayu より:

      洗浄液ありすさん

      久子さまがここの所、ケープ、大皿帽子着用率が多いので
      冗談半分に久子さまが皿帽子継承者か、と書いただけです(^^;)

      大皿帽子は欧州王室でも見られる帽子ですが、さすがに
      額にペタッとくっつけたような小皿帽子は誰も好き好んで被らないのでは。
      美智子さまの洋装は誰も継承しなくても良いのですが、豪華な着物、帯は
      雅子さま、紀子さまに譲って欲しいです。倉庫の中で眠るにはもったいないです。

  5. 雷鳥 より:

    2度目の投稿、失礼します。

    先程は、コメ欄を間違えて投稿してしまい、すみませんでした。投稿した後に気づいて、あれ〜!?でした…白雪山羊さんも、すみませんでした。

    私、秋篠宮様が眼鏡をおかけになるのを初めて見ました。普段はコンタクトでいらっしゃるんでしょうね。
    ちょっと新鮮でした〜。

  6. シロガネ より:

     mayuさん、記事の更新ありがとうございます。阪神淡路の震災から25年がたちましたか・・・・・大変な地震でしたね。シロガネは中学1年でしたが、あれだけの被害の大地震は、生まれて初めてでしたから、良く覚えております。

     あの年は震災のすぐ後に地下鉄サリン事件が起きたりしましたので忘れがたい年です。NHKで震災の特集を放送しておりますが、当時シロガネと同世代だった人達がそれぞれの思いで、年月を過ごしそして現在、あの時とまた違う新たな思いで震災と向き合っているのだなと思いました。

     皇嗣両殿下が追悼式典にお出ましになられましたが、歌会始めのすぐ後だというの本当に頭が下がりますが、あれだけの震災でしたので、やはりご出席は当然の事でしょうね。

     これから年月が過ぎても人々の記憶から消えない為にも何事も真摯に向き合われる皇嗣両殿下のお出ましになられたのは良いことだと思います。日嗣の皇子と皇子の妃(みね)でいらっしゃいますから。

    • mayu より:

      シロガネさん

      大災害でも年々風化していくものですが、こうして追悼式典を開催し
      あの日を忘れないことは大切なこだと思います。
      東北住まいの私は東日本大震災がとても大きく心に残っています。
      25年は長いようで短いようで、地下鉄サリン事件も25年前でしたか。

      秋篠宮ご夫妻、歌会始の儀を終えられて一息つく暇もなく民間機で
      兵庫県入りをして、視察をして翌日追悼式典にご臨席でした。
      頭が下がります。無理をしないスケジュールにして欲しいです。

  7. ミラージュ より:

    mayuさん、こんばんは。

    白雪山羊さんが書かれているように、
    今年の講書始儀の日程が遅いので歌会始儀も遅くなったんでしょうね。
    なんでこんなに遅い設定にしたのか、宮内庁の陰謀? もしくは新年の儀式が一段落して雅子サマのお疲れが癒える頃に設定したのかもしれません。
    皇后が欠席なんてことになったら本人も宮内庁も非難されることは必至。
    秋篠宮ご夫妻が大変な思いをするなんて知ったこっちゃない。
    16日に不測の事態が発生して秋篠宮ご夫妻が阪神入りが出来なかったらどうするのか? 役人なんて何にも考えない?
    雅子サマファーストが令和の時代ずっと続くのかと想像するとウンザリです。

    最初の読売新聞の、゛21年ぶり゛という書き方は意地が悪いですね。
    昨日の17年ぶりの雅子サマと違って、サボってたわけではないのに、知らない人は誤解しそうです。
    下の産經新聞のように書くべき。
    読売新聞は、前から久子様の公務は写真付きで紹介してきても秋篠宮ご夫妻の公務を記事にすることはまれだったかと。
    大手マスコミがこれですから、日本のジャーナリズムなんて信用できないわ。

    阪神淡路大震災からもう25年。
    月日のたつのは本当に早いですね。
    あの前日に関西から帰ってきた私は命拾いしました。
    ゛災い゛と出だしから詠んだかのお方は御所で黙祷したと報道されました。
    ほんまかいな?

    • mayu より:

      ミラージュさん

      私も 講書始の儀が遅いな~と思いました、で翌々日に歌会始の儀を
      持ってくるとは思いませんでした。
      17日は秋篠宮ご夫妻が追悼式に出席するのになんでこういう日程にするのか?
      宮内庁も意地悪だと思いますが、新年祝賀の儀、一般参賀の他はそーんなに
      多忙でもない、寧ろ暇な雅子さまに合わせる必要など無いと思うんですけどね。
      令和初の歌会始になんとしても雅子さまを出したかったのでは。
      令和は雅子さま仕様で続くと思い諦めた方が良いのかも。
      ただ、秋篠宮ご夫妻にはあまり無理をして欲しくないんです。

      読売新聞、21年振りと書いてますね、本来は上皇夫妻と天皇皇后が
      やってきたことで、それを秋篠宮ご夫妻が引き継いだ形ですから
      21年振りと書かなくてもいいのにね。私もチェックしないで載せてしまいました。

      上皇夫妻と天皇皇后と愛子さまは御所で黙祷は読みましたが
      言うだけなら誰でも出来ますから・・・誰も見てないし~~

  8. 白雪山羊 より:

    mayuさん、更新有難うございます。

    阪神・淡路大震災から、もう25年経ったんですね…
    動画拝見しました。
    秋篠宮殿下が仰る様に、地震(その他の災害も)は
    絶対来ない訳ではないので
    安全で安心して暮らせる様に対策をしてほしいです。

    皇嗣両殿下は、歌会始終了後にご出発されたんでしょうね。何となく(私の勘違いかも知れませんが)
    講書始の儀→1月10日前後
    歌会始の儀→1月15日前後
    だと勝手に思っていた為
    今年の講書始~の日程がいつもより遅く感じ、歌会始の儀との間隔が短い様な気がしていました。
    まぁ考えすぎですかね(^^;

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      もう25年経ったんですね。月日の経つのは早いな~と思います。

      例年だと 講書始の儀が14日は遅くて10日か11日頃だったと記憶していますが
      遅かったですねぇ、翌々日に歌会始の儀にしたのはどういう理由からなのか?
      いくら元気でも50代半ばの秋篠宮ご夫妻、ハードスケジュールも程々にして欲しいです。

      • 雷鳥 より:

        おはようございます。 更新ありがとうございます。

        阪神大震災から25年。 月日が経つのは本当に早いですね。 東日本大震災でさえ過去の事になりつつある昨今ですが、多大なる被害と、たくさんの失われた尊い命を決して忘れてはいけませんね。

        皇嗣両殿下が歌会始の後、お疲れのご様子をお見せになることもなく、ご来県され、
        翌日の式典にご出席くださった事を悪くいう人達は、どういう神経なのか!?と疑います。

        誰がこんなハードスケジュールをこなせるのか?

        宮内庁には、もう少し日程というものを考えて欲しいです。
        秋篠宮両殿下の代わりを務められる方はいらっしゃらないのですから!
        お身体をお大事にしていただきたいですよね。

        眞子様の件がうまく片付いて、両殿下のご公務に対する真摯な姿勢が再び、正しく評価されるようになって欲しいものです。

        ヤフーニュースで、天皇ご一家と上皇様上皇后様のご静養が一緒になるかもしれないとの記事をチラッと見たのですが
        毎日が日曜日の上皇様上皇后様にご静養って…
        美智子様は、また、まずは引っ越しを!と言われそうです(笑)

        • mayu より:

          雷鳥さん

          25年の節目で天皇皇后から引き継ぎ追悼式にご臨席されました。
          歌会始の儀を終えて一息つく時間もなく民間機で兵庫県入りでした。
          それでも悪く、悪く書く人がいることには嫌悪感と久しぶりに
          悔しい思いでいっぱいになりました。
          17年間も休んでいた方を褒め称え、地道にしっかり公務をこなしてきた
          ご夫妻をここまで悪く言える、その神経が理解できないです。
          おそらく、眞子さまが結婚を白紙に戻しても同じように批判するだろう。
          秋篠宮ご夫妻を批判しなければ、今上夫妻をアゲられないからではないでしょうか。

          ま、引退した上皇夫妻は批判されたくなければ、引っ越しを早く終えて
          あまり出てこないことでしょうね(苦笑)

          秋篠宮殿下、老眼鏡じゃないかなぁ??
          そのうち遠近両用眼鏡をかけるかも(^^)

  9. nono より:

    mayuさんこんばんは、記事の更新有り難うございます!
    私はハウスメーカーに勤めていますが、阪神の震災があった事が日本住宅の技術的な大きな進歩に繋がった、と業界では言われています。
    新潟や3,11等の自然災害の度に日本の技術は進歩していくのだと思いますが、そろそろ、大きな災害もなく平和な1年であったと締め括れるような1年を過ごしたいですね。
    さて、こういう場での紀子さま、本当に安心してみていられます。
    前回の記事やコメントにも悪口は…とありましたが、この安心感のどこに文句のつけようがあるのでしょうか…。
    週刊誌や批判勢の目はそう映るように出来ているのかもしれませんね。
    明日はセンター試験ですが関東でも雪の恐れだそうです、恙無く万事済みます様に。

    • mayu より:

      nonoさん

      地震列島日本で、何事もなく過ごせる日々が続くことを願っています。

      歌会始の儀が終わったあと、民間機に乗って兵庫県入りをして
      今日は追悼式にご臨席。それでも悪く、悪く書かれるんです。
      ずーーっと15年以上も今上夫婦の替わりに縁の下の力持ちのように
      動き続けてきたのに・・・小室Kの存在にはもうウンザリです。

  10. 狗児 より:

    mayuさん
    記事更新ありがとうございます。
    おこがましい表現かもしれませんが、安定の秋篠宮両殿下ですね。私自身も、周囲から安心して仕事を任せられる人間でありたい、と改めて思います。

    阪神大震災の発生から数年後に大阪に進学したため、よく震災の話を聞きました。
    とある同級生は、揺れる数秒前に「危ない!」とお母さんが叫んだので、びっくりしてその場を離れたら、その場所に昔の分厚いテレビが倒れてきて、すんでの所で大怪我を免れた、と言っていました。
    震源地に近い大学の学生さんが下宿先で亡くなり、親御さんが遠方から出てこられないので、代わりに何人もの遺体の確認をして精神的に参ってしまった大学の先生がいる、という話も聞きました。
    兵庫だけでなく、大阪府内でもライフラインが止まって、しばらく仮設のトイレやお風呂を使っていた家があったとも聞きました。
    こういった記憶を風化させてはいけませんね。
    秋篠宮両殿下が慰霊式典にいらして下さるのも、風化させない為に大事だと思います。今は批判ばかりされてお気の毒ですが、こういった地道な努力が見直される日も来ると信じています。

    • mayu より:

      狗児さん

      25年経ったんですねぇ、私は離れた地方に住んでいたので
      朝のニュースで見た時はこんなに被害の大きい地震になるとは思わず、
      当時、短時間ですが仕事をしていたのでお昼に帰宅してニュースを見て
      びっくりした記憶が蘇ります。
      秋篠宮ご夫妻が追悼式典に出席しても、来なくていいとかパフォーマンスだろとか
      天皇皇后に来て欲しかった、等々言える(書ける)神経が分からないです。
      今まで15年以上も休んでいた、あまり公務をしなかった天皇皇后の替わりに
      動いていたのは秋篠宮ご夫妻なのに。分からない人達です。

タイトルとURLをコピーしました