秋篠宮ご夫妻文化庁芸術祭オペラ鑑賞 天皇陛下の代替わりに引継ぎで

秋篠宮皇嗣ご一家

公務なのか、ただの鑑賞と捉えられるのか。
ただし、昨年までは皇太子時代の徳仁天皇陛下が出席されて
代替わりによる引継ぎでの第74回文化庁芸術祭のオープニング公演での
オペラ鑑賞ですから、ただの鑑賞だといえば、じゃあ去年までの天皇陛下の
オペラ鑑賞も公務ではなくただのオペラ鑑賞でした~と言うことになる。
現に皇太子時代の天皇はよくオペラ鑑賞に行きました。
雅子さまは長丁場のオペラ鑑賞は少なかった。

とにかく、小室Kなる人物が現れてから
日本人ってこんなに皇室に興味があったの?と思わされます。

皇室って(王室も)女性誌を読んでいる、どちらかと言えば中高年女性が
好きなジャンル、あるいはマニアっぽい感じで好きな人達、
レアな話題だと思いながら皇室のブログを書いてきました。

眞子さまと小室Kの結婚問題が解決されない為、秋篠宮ご一家全員の
猛攻撃、批判が凄いのですが、「白紙」という形で解決したら
治まるのか、商売の為ならとそれでも批判していくのか・・・?

ネットで批判している人達も本当に皇室が好きなのかな?
新天皇皇后も今はアゲアゲされていますが油断大敵!
美智子さまの例もありますからね。

画像出典 gettyimages

秋篠宮ご夫妻は1日、東京都渋谷区の新国立劇場を訪れ、
ロシアの作曲家チャイコフスキーのオペラ「エウゲニ・オネーギン」を鑑賞された。
オペラは、第74回文化庁芸術祭のオープニング公演。
昨年までは皇太子時代の天皇陛下が出席していたが、代替わりに伴い引き継がれた。
芸術祭は芸術文化の振興を目的に昭和21年から毎年秋に開催されている。

記事引用 産経新聞 画像引用 読売オンライン
第74回文化庁芸術祭のオープニング・オペラ公演鑑賞のため着席される秋篠宮ご夫妻
(1日午後6時29分、東京都渋谷区の新国立劇場で)=代表撮影



コメント

  1. しろ より:

    おはようございます。

    オペラご鑑賞、いいなー・・・チケットが高くて結婚前に行ったっきりでオペラもバレエもず~っとご無沙汰です。昨日は佐藤しのぶさんの訃報があり驚きました。まだお若いのにと惜しまれます。

    ご鑑賞も苦手な演目は辛いご公務だろうと思います(^^;)が、昨日、紀子様が映画「蜂蜜と遠雷」をご鑑賞になったというニュースでクラッシックがお好きな感じのコメントをされていたので、オペラもお好きなのかもしれないと思いました。最近やっと図書館で借りることができて読みましたが面白かったです。ピアノ好きにはお勧めです(笑)。

    私は、ご公務のご鑑賞やお洋服の新調をなぜ咎める必要があるのか疑問なのです。なかなかチケットが取れない催しだと羨ましく思いますが、(美智子様のはちょっと酷いとは思いましたが)お立場による不自由さを考えれば相殺だろうと。。。どんな催しが行われているとか、どんな背景でご公務として出られたかとか、素敵なお姿で楽しませていただければ十分です。なのでちゃんとニュースにして欲しい。

    紀子様のワンピース、私も素敵なデザインだなーと思いました。髪型もマニッシュな感じで、レトロモダンというのか、トランプ大統領を迎えての晩餐会でお召になったドレスと雰囲気が似ていると思いました。 紀子様のお好みでしょうか? ご鑑賞系のご公務はワンピース姿が多いような気がしますので、これからも楽しみです。

    • mayu より:

      しろさん

      私はオペラもバレエも生で観たことがないのですが、
      佐藤しのぶさんの訃報には驚きでした。
      まだ61才で若くて才能があり綺麗な方でしたね。

      皇族方も退屈な公務もあるでしょうが、庶民よりは
      特権もあるし良いこともあるでしょうから割り切って
      取り組んで欲しいです(笑)

      私は当分、本は読めそうもないです。
      今日、眼科に行って別の病気が見つかり次回から市立病院へ
      紹介状を持って行くことになりました。かなりショックですが
      何とか乗り越えたいと思ってます。

      紀子さまにしては珍しい色のワンピースで良いですね。
      もっといろんな色、デザインのワンピースを着て欲しいです。

      • イリス より:

        mayuさん、しろさん、横から失礼いたしますm(__)m

        mayuさん、お目に別の症状が…。驚きました。でも前からご不調を感じていらっしゃいましたよね。それがサインだったのかもしれませんね…。市民病院、お気をつけていらしてください。治療などがスムーズに終わられて、すっかりご快復されますように、お祈りしております!

        佐藤しのぶさん、少し前からあまり良くない噂を聞いてはいたのですが…本当にお若かったですよね。華のある方で、歌うようにお話しもなさる方で、すてきでした。

        「蜜蜂と遠雷」、映画化しましたね。出場者の生活環境やコンクールの推薦状のくだりなどややアリエナイ設定には、同業の友人と苦笑しましたが(^_^;自然から旋律を聴きとるなどの魅せ場をどう映像で描いているのか、興味があります。
        演奏シーンの音を担当される4人のピアニストの方々の表現も、楽しめそうですね(^^)生徒さんも「絶対観に行きます~」と言っています(笑)。

        mayuさんやしろさんのお考えに、賛成です。装いはその方を表したり、引き立てたり、守ってくれたりする大切な手段ですので、質やデザインの良いもの、お立場や場所にふさわしいものをお召しいただくのは贅沢ではなく、大切なことだと思います(^^)
        演奏のドレスも、お守りカラーとか勝負カラーとか(笑)、皆それぞれにあったります。

  2. イリス より:

    mayuさん、記事アップありがとうございます(^^)
    雅子さまの馬アレルギー記事の強烈な印象に気を取られ過ぎまして(笑)、こちらの記事へのコメントを先にさせていただくつもりが、逆になってしまいました。

    紀子さまのワンピース、デザインにさりげない可愛らしさもあって、よくお似合いですね。ステーションタイプのネックレスやブレスレットもすてきです。劇場に華やぎを添えてくださいますね(*^-^*)

    チャイコフスキーは、最初は法律系の人でした。でも一念発起、音楽に転向して、モスクワ音楽院の教授にもなったのですが…教え子に求婚されて、心ならずも結婚してしまいます。でもこの妻(チャイコフスキーの妻としての器でなかったようで…)に耐えきれなくなったチャイコフスキーは、神経衰弱になる→自殺を企てたりする→最後は逃げ出す という大変なめに遭います(*_*;
    結局モスクワ音楽院の教授も辞めてしまうのですが、その原因のひとつと言われています。パトロン的な女性がいたので、経済的な問題はなかったようです。⬅ここ、強運です(笑)。
    色々な意味で、結婚によって人生に大きな転機を迎えることって、ありますね…(*_*)
    思わず皇室の方々と重なってしまうエピソード(笑)持ちの作曲家でして、ご紹介させていただきました。

    • mayu より:

      イリスさん

      寄りによって馬という大型動物、それも乗馬したり馬との
      触れあい写真も多かったので、雅子さまの馬アレルギーには
      一瞬、ええええ!?でした。
      それでも、天皇家擁護の方々は無理せずお大事にと優しいんですよねぇ。

      紀子さまのファッション、あまり型ぐるしいスーツよりこんな感じのワンピースが
      私は好きです、特に今回はオペラ鑑賞ですからね。

      イリスさんらしい、チャイコフスキーに関してのプチ解説ありがとうございます。
      昔の有名な作曲家は波乱万丈な人生を送った人達が多いですねぇ。

      亡くなりましたがピアニストの中村紘子さんの著書「ピアニストという蛮族がいる」
      この本はいつか読みたいと思っていました。
      世に秀でる芸術家は凡人では無理なのかな~なんて思いました。

      • イリス より:

        mayuさん、ご返信ありがとうございます!
        雅子さまの馬アレルギーの驚きは、多くの方に広がっていますね~(^_^;

        紀子さまのワンピース、すてきですよね。デザインの柔らかい雰囲気もピッタリです。こういう感じも、これから増やしてくださるとうれしいですよね(^^)

        チャイコフスキーのプチ裏話、お読みくださって光栄です。
        そうですね…作曲家は、情熱や叙情のようなものだけではなく、突き動かされる狂気的なものや危ういものをミックスしたというか、マーブル模様のようにあわせ持っている人が多いかもしれません。音楽の持つ魔力を、作りながら浴び続ける人ですので…(^_^;親しい作曲科の先輩も、やっぱりちょっと周りから浮いた感じの言動や雰囲気です(笑)。

        mayuさんの仰っている本、中村紘子先生の筆の冴える一冊です。コンクールの裏話なども、面白いです。楽屋裏のことがバレてしまうのですが(笑)。よろしければぜひ(^^)
        仰る通り、やはり世に出る方は、実力プラス何かを「持っている」方だと、つくづく思います(^_^;

        • mayu より:

          イリスさん

          動物では猫の毛のアレルギーなどは良く耳にしますが、
          まさかの「馬アレルギー」それも重症のアレルギーとはビックリでしたねぇ。
          あんなにお馬さんと交流していたのに・・・

          型ぐるしいスーツよりこういう柔らかい雰囲気のワンピース、好きです。
          本来、格ではワンピースの方が上だったと思いましたが。
          女性皇族方には御代替わりしたことですし、柔らかい雰囲気にして欲しいな。

          中村紘子さんの本は発売された時から読みたいと思いつつ、多忙だったのか
          読まずにいました。もっと視力が良くなって気持ちに余裕が出たら
          Amazonから買ってみたいですね、なんとなく面白そうでした。

  3. mimi より:

    mayuさんこんにちは!

    オペラなどは、もともとヨーロッパの王侯貴族、ブルジョワ階級の娯楽でしたから、日本の民草がやいのやいの申しましても、日本で必見に値するオペラ観賞となりますと、まずは皇室の方々が鑑賞なさるに相応しいものです。
    オネーギンですか。。。毅然として立場を守ったタチアナ、、、眞子さまにこそご鑑賞いただきたかった演目ですが。

    紀子さまのニューカラーは雅子さまに合わせられた令和色でしょうか?紀子さまは何をお召しになられても品格が感じられます。殿下がもう少し知的な風貌であればいいのになぁ。。。などと、思ってしまいますが、私のはバッシングではなく、願望です。

    • mayu より:

      mimiさん

      私は地方の田舎住まいなのでオペラ鑑賞したことがないのです。
      名前だけは覚えているのが、マリアカラスとか松田聖子とデュエットした
      プラシド・ドミンゴ(プラシドを忘れて検索しました(笑))とか。
      昔はNHK教育テレビ、この言い方も今は無しですが、たまに放送
      していたのを見ましたが、実際にホールで見る聞くと素晴らしいでしょうね。
      教養のある方々の高貴な趣味、楽しみ、のような感覚なので、皇室と
      オペラはよくお似合いだと思いました。

      秋篠宮殿下は若い時から、いわゆるビジネスマンが着るような
      ビシッとしたスーツではなく、ゆるいソフトなスーツの着用が好きでしたね。
      どちらかといえば、やっぱり美智子さまに似ていますよね。

  4. 白雪山羊 より:

    mayuさん、更新ありがとうございます。
    今日も暑くてグッタリしてました。

    紀子さまはワンピースが似合うと以前から思っていましたが、凝ったデザインで素敵です。髪型も少しすっきりされた感じに見えました。

    長年、皇室を見て来ましたが
    片方を上げて、片方を下げるのは昔から変わらないと思います。
    批判コメントをうっかり目にした時に
    kk以後からが多い様に感じました。
    それ以前の事に対して、かなり間違ったコメントもあるけど、違いますよと誰も指摘しないと言うか…(^^;)

    あの様な人物が、眞子さまに関わるのかと私はショックでした(今も)。
    雑誌にしてみれば、良く売れる格好の話題なのかなとも思ったりもしますし
    天皇皇后を上げる為には、まだ続くのかなと思うと気が遠くなります。

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      今日は10月なのに全国的に暑かったみたいで、来週辺りから
      少しづつ涼しくなるようだと、天気予報で言っていました。

      御代替わりした後に美智子様批判がありましたが、今の秋篠宮家批判は
      完全に小室Kが出てきてからなので分かりやすいんですよね。

      小室KがNYに行き、小室ネタも無いのでどうしても秋篠宮ご一家が
      批判の的になってしまう。結婚延期ではなく「一旦白紙にする」
      これだったら良かったのに~と、もどかしい思いは沢山あります。

      遊園地のシーソーみたいなもので、小室問題が円満解決されたら
      雑誌は次になにを(誰を)ターゲットにするのかな?

  5. nono より:

    mayuさんこんばんは、記事の更新有り難うございます!
    紀子さまが国内の公務や観賞でこのようなワンピースは珍しいと思ったのです。私が見てないだけかも知れませんが(^^;
    世界のロイヤルウォッチが趣味な私ですが、その入り口は高校の時に課題で平安装束を調べたからでした♪十二単を調べて色目や襲を勉強して発表した記憶があります。
    どうしても当時の資料となると公家や皇族のそれになりますので、調べだしたのがきっかけでしたね。
    前回の即位礼は2歳とかそこらでしたので、楽しみです!
    男性皇族が少ない為、束帯姿が揃うような場面は難しいですが、女性皇族は沢山居ますのでね、華やかではあると思うのです!
    因みに同年代は22日が祝日な理由も定かでなかったり、概ね仕事だったりです。
    都内から1時間ほどのベットタウンに住んでいますので、電車やらのテロ警戒や物流の遅延が痛手です(涙)

    • mayu より:

      nonoさん

      私も初めて見るワンピースです。色が良いですね。
      ゆったりしたデザインも年相応で素敵です。

      nonoさん、高校の課題で平安装束を調べてから・・・とは、
      良い課題を出してくれましたね。
      私は平安装束まで詳しくはわからないです。
      ただ母と一緒にテレビ、週刊誌を見て皇室好きになっただけなので。

      平成の即位礼、2才だったのですかーー! 若くて羨ましい。
      娘より若いじゃないですかぁ。
      平成の時は男性皇族も女性皇族も多くて見応えありましたが
      テレビが今のテレビと違って薄型、大型じゃないのでした。

      22日はお仕事でしたか、警備も厳しく不便ですね。

      • nono より:

        mayuさん、いつもお返事有り難うございます!
        年齢の話をいたしますと、私、平成元年2月23日産まれ、なのです。
        昔から母に「あなたの誕生日は将来祝日になるのよー」と聞かされてました(笑)

        • mayu より:

          nonoさん

          来年から祝日になりますね。
          平成生まれですか~若くて羨ましいなぁ。
          私の子供より若いんだもの。
          それに若くてもしっかりした文章を書かれていますネ(^^)

  6. ミラージュ より:

    mayuさん、最新記事アップありがとうございます。
    紀子様のワンピース、初見ですね、新調されたのかしら。
    ヤフコメでは、観賞ばかりしてるとか書かれてますけれど、上下天皇家よりはるかに少ないですよね。
    ヤフコメは、雅子様上げ美智子様下げなのでどこの勢力が大量に動員されているのかまるわかりです。

    眞子様の婚約、万万が一結婚なんてことになったら、マスコミはどんな風にお祝い報道をするんでしょうね? お得意の手のひら返し?
    が、もうすでに破談が決まっているから安心して
    今のような報道をしているのかもしれないとも思えるし。。。

    即位の儀式には全く興味がないので早く来年2月にならないかと、待ちわびています。

    黄昏日記のコメント欄再開も待ってま~す。

    • mayu より:

      ミラージュさん

      紀子さまのワンピースの色、良いですね。
      私も初めて見ましたが、堅苦しいスーツからこういう
      ワンピースを眞子さま、佳子さまにも着用して欲しいです。

      ヤフコメは同じ文言が多くて読まなくても分かるようになりました(苦笑)

      眞子さまと小室Kが結婚、勿論嫌ですがそうなったらマスコミは
      どのような対応をするのか、それはそれで見ものですよ~
      ネットは炎上でしょうね。即位礼正殿の儀は興味ないのですかぁ。
      来年2月まで待って吉報が聞かれると嬉しいけどなぁ。

      はてなブログはユーザー登録が無いので、コメント欄を開けるか
      閉じるかの選択しかなくて、ほとぼりが冷めるまでコメント欄を開けないように
      警察から言われてるんです。で、こちらに感想書いても良いです(^^)

  7. 狗児 より:

    mayuさん
    記事更新ありがとうございます。
    秋篠宮家のお姫様が、小室氏のような人と深い関わりを持ってしまわれたことは、ゆゆしきことではありますけども、従来皇室に何の興味がない人まで、ここぞとばかりに叩き始めた、とは私も思います。その一点だけ取ると良くないですが、それまでの経緯を知らない人ばかりな気がします。私も見ていて「何も知らない癖に」と思うことがあります。風見鶏ですから、また雅子さまも批判される時が来るかも分かりません。

    匿名で自分の正体がバレない、相手から言い返されない、という状況では、どこどこまでも酷いことが言える人って沢山いるんですね。反撃が怖いのだから、悪い人ってより弱い人なんじゃないかな。悲しいです。

    オペラ鑑賞、いいですね。紀子さま、緑色のような青のような、いい色のお召し物です。色白の人は、似合う色の範囲が広いからお得ですね。

    • mayu より:

      狗児さん

      秋篠宮家叩き、批判のバイトがありましたが。
      組織的にやっているんだろうか。
      週刊誌だってそんなに買って読む人はいないけど
      ヤフーで紹介されたりネットで無料で読めるので、小室K出現から
      秋篠宮家批判を始めた人達も多いでしょう。
      ブログも同じです。小室Kから秋篠宮家批判ブログが出ました。

      紀子さまのワンピース、初めて見ますが良いですね。
      ゆったりシルエットで50代らしい優雅さを感じました。

      • 狗児 より:

        批判書き込みのバイトがあったんですか⁉︎
        知りませんでした。幾らお金を貰えるとは言え、よくそんなバイトをする人がいますね。嫌がらせを商売にするなんてヤのつく方々か、実生活で虐げられているからその憂さ晴らしをしたい人でしょうか。呆れます。

        • mayu より:

          狗児さん

          クラウドソーシングだったかな?
          秋篠宮家批判のコメントを書く人募集がありました。
          確かその時のキャプチャーした画像も有ったはずです。
          お金目的で深く考えず批判していたのかもですが酷いですよねぇ。

タイトルとURLをコピーしました