公務なのか、ただの鑑賞と捉えられるのか。
ただし、昨年までは皇太子時代の徳仁天皇陛下が出席されて
代替わりによる引継ぎでの第74回文化庁芸術祭のオープニング公演での
オペラ鑑賞ですから、ただの鑑賞だといえば、じゃあ去年までの天皇陛下の
オペラ鑑賞も公務ではなくただのオペラ鑑賞でした~と言うことになる。
現に皇太子時代の天皇はよくオペラ鑑賞に行きました。
雅子さまは長丁場のオペラ鑑賞は少なかった。

とにかく、小室Kなる人物が現れてから
日本人ってこんなに皇室に興味があったの?と思わされます。

皇室って(王室も)女性誌を読んでいる、どちらかと言えば中高年女性が
好きなジャンル、あるいはマニアっぽい感じで好きな人達、
レアな話題だと思いながら皇室のブログを書いてきました。

眞子さまと小室Kの結婚問題が解決されない為、秋篠宮ご一家全員の
猛攻撃、批判が凄いのですが、「白紙」という形で解決したら
治まるのか、商売の為ならとそれでも批判していくのか・・・?

ネットで批判している人達も本当に皇室が好きなのかな?
新天皇皇后も今はアゲアゲされていますが油断大敵!
美智子さまの例もありますからね。

画像出典 gettyimages

秋篠宮ご夫妻は1日、東京都渋谷区の新国立劇場を訪れ、
ロシアの作曲家チャイコフスキーのオペラ「エウゲニ・オネーギン」を鑑賞された。
オペラは、第74回文化庁芸術祭のオープニング公演。
昨年までは皇太子時代の天皇陛下が出席していたが、代替わりに伴い引き継がれた。
芸術祭は芸術文化の振興を目的に昭和21年から毎年秋に開催されている。

記事引用 産経新聞 画像引用 読売オンライン
第74回文化庁芸術祭のオープニング・オペラ公演鑑賞のため着席される秋篠宮ご夫妻
(1日午後6時29分、東京都渋谷区の新国立劇場で)=代表撮影