眞子さま着物でペルーの首都リマで日本人移住120周年記念式典と記念植樹に出席

秋篠宮皇嗣ご一家


2018年10月14日 トキの放鳥へ行かれた時、トキが羽ばたく姿に
「本当に美しい色ですね、私、朱鷺色が好きなんです」と仰った。
放鳥した朱鷺をイメージしたような色使い、眞子さまの好きな朱鷺色の
振り袖をお召しになり日本人移住120周年記念式典にてスピーチされました。

眞子さまは洋服より、着物がとても良く似合うと思っていますし、
紀子さまからみっちり教えられたのか?着物を着ての所作もとても美しい
日本の誇れるプリンセスです。 小室Kとのことが無かったら・・・
ご両親、悠仁さま、佳子さままで逐一重箱の隅を突くように、無い事も
有る事のように叩かれ非難されずに済んだのにと、悔しい思いでいっぱいです。

今、雅子さまがマスコミ、週刊誌に持ち上げられています。マスコミは
10月22日 即位礼正殿の儀 他が終わるまでは雅子さまアゲを続けるはずです。
が、雅子さまは自分より25才以上も年下の眞子さまと同じように海外での
単独公務など出来るとは思えません。徳仁天皇にくっついて出てくる程度です。

早く小室Kときっぱり縁を切り、良い方へ解決され、また元のような
秋篠宮家になることを願っています。
眞子さまペルー訪問 移住式典で日系人に労いの言葉(19/07/11)

眞子さまペルー訪問 移住式典で日系人に労いの言葉(19/07/11)



鳶色の振り袖で日本人移住120周年記念式典に出席、スピーチ

南米最初の訪問国ペルー入りした秋篠宮家の長女眞子さまは10日、首都リマで
日本人移住120周年記念式典に出席し、数々の困難を克服して確固たる地位を
築いた日系人社会に「心から敬意を表します」と述べられた。
眞子さまは500人以上の日系人らを前に「移住された方々とご子孫が、困難を
勤勉に誠実に乗り越えて生活を築き、ペルー社会にしっかり根を下ろしてこられた
ことをこれからも心にとどめてまいりたい」と強調。
移民を受け入れたペルーにも感謝の意を表明した。
ペルー日系人協会のアベル・フクモト会長(71)は「120年を迎えても、日系人は
日本人移住者の子孫であることに誇りを感じ続けている」と語った。

眞子さまは式典に先立ち、100歳前後の1世の女性4人と懇談。
緊張でうまく言葉が出ない沖縄出身の牧門サダさん(100)の手を取り
「私も緊張しています」と和ませ、「お元気でお過ごしください」などと声を掛けた。
記事・時事通信 画像出典 AFP BB NEWS

日本人ペルー移住100年の記念碑に花を手向けたり植樹をされる

日系人たちに出迎えられる眞子さま

ペルーの首都リマで説明を受けられ(上の画像)記念植樹式に出席。

記念植樹される眞子さま

ペルー移住100年の記念碑に花を手向けられる

リマの施設の庭に建てられた眞子さま訪問の記念碑

【7月11日 AFP】
ペルーを訪問中の秋篠宮(Prince Akishino)家の長女眞子さま(Princess Mako)は10日、
首都リマの日系人協会(Peruvian Japanese Association)で行われた日本人移住120周年
記念式典であいさつをした他、1999年に建てられた日本人ペルー移住100年の記念碑に花を
手向けたり植樹をしたりされた。
眞子さまは2日間の日程でペルーを訪問中で、インカ(Inca)帝国時代の象徴的な城塞都市、
マチュピチュ(Machu Picchu)を訪れた後、ボリビアを訪問される予定。
記事引用 (c)AFP




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事しませんのでご了承ください。
*お問い合わせからのメールには基本、返信しませんのでご了承ください。
*コメントが多い、多忙、疲れている時はコメ返しを省略することもあります。
*別館はリンクコーナーにあります。


コメント

  1. クロワッサン より:

    品格を持つべき皇族の女性が投げキッスするとは……

    自然にやり慣れてる投げキッスでしたから、タカり圭と毎日スカイプでやってますよ。

    「世間を敵に回しても眞子さまをお守りする」は、週刊誌の妄想記事かもしれないけど、安っぽいホストのようなタカり圭が言いそうな言葉です。ホントに言ってるかも~

    部屋に閉じ籠り、二人でスカイプで盛り上がっていると思う
    と、バカップルそのものですね。

  2. 白虎 より:

    投げキッス…を強調するマスコミ。
    眞子様がされる訳ないですよ。
    あの仕草は「ありがとう」の国際問手話ですよ。

  3. sawayaka より:

    いずれmayuさんが記事にされると思いますがさっきポストセブンを見ていて、またもや脱力って気がしています。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190712-00000001-pseven-soci

    >「小室さんは、結婚についての雑音が聞こえてきても、
    >“世間を敵に回しても眞子さまをお守りする”といった言葉を
    >眞子さまに伝えているそうです。

    自分勝手な解釈で、ひとりで悲劇のヒーローになり切って、
    こちらとしては、口をあんぐり開けて二の句が告げないでいますよ。
    空気読めない人なんてレベルではないですよ。
    そして、事情に詳しくない人は、頑張ってねと思っているんでしょうね~

    まぁ、これもセブンの記者の創作でしょうけど、
    でも小室圭だったら本当にそう思っているかもと思わせるところが情けない。

    海外で暮らす降嫁した元皇族についても書いていますが、
    彼女たちは、事情が全く違います。
    共通点は海外で暮らすということのみ、
    記事を書いている人が分からないはずはなく、自分の記者としてもプライドを
    捨ててまで、こんな流れの記事をかかないといけない社命があるのかも。

    そして、何年か経って、覆面座談会か何かの企画で、
    「あの頃は、毎週毎週無茶な記事を書かされたもんですよ」とか何とか
    言うんじゃないでしょうか。

    • 水玉 より:

      sawayaka さん

      >「小室さんは、結婚についての雑音が聞こえてきても、 “世間を敵に回しても眞子さまをお守りする”といった言葉を眞子さまに伝えているそうです。

      ハア!?
      自分が眞子さま守ってもらう気満々のくせ何言ってるんだか…。
      眞子さまは完全に口の上手い詐欺師に騙されていますね。
      完全に洗脳ですね。
      いい加減にしていただきたいです!

      破談!破談しかあり得ません!!!

  4. やしま より:

    nifty news

    指定された記事が見つかりません|ニフティニュース
    記事が見つかりません。

    「アメリカ・ヒューストンに全日空便で到着されたのは9時30分。そこからペルー・リマへ発たれたのは16時30分です。その間はおよそ7時間ありました。眞子さまはヒューストン空港に近い高級ホテルで休憩をされてから、ペルーへと向かわれました。そのホテルの一室が、おふたりの“1年ぶりの再会”の現場だったのかもしれません」
    ある宮内庁関係者がそう話す。

    皆さんは、眞子さまの投げキッスについてはどうお考えですか?お可愛らしい、ステキだ!と思いますか?
    長い皇室の歴史と作法において、投げキッスなさった皇族いたかしら・・・
    眞子様が物凄く上機嫌なんだな、ということだけはわかりました。まさかヒューストンのホテルで密会して、大御満悦、なんじゃないでしょうね、眞子様
    (≧へ≦)

    • ラッキー より:

      眞子さまの投げキッス、気持ち悪いです。小室kの影響だとすぐに思いました。

      ホテルの1室が再会場所とか、なんでわざわざ宮内庁がそんな生々しい事を言うのでしょうか?宮内庁の人達は面白がってる?

      スムーズに破談に向けて解決させてくれる、きちんとした人がどうして居ないのか?
      その為に湯水のように使えるお金も有るんだし、不思議でなりません。

      • 水玉 より:

        やしまさん、ラッキーさん

        眞子さまの投げキッス、私もKKの影響だと思います。
        いつもSkypeかテレビ電話か何かで、
        KKが眞子さまに投げキッスしてるんじゃないんでしょうか。
        本当に下品で安っぽいと思います。

  5. メープル より:

    まゆさん、たくさんの写真をどうもありがとうございます。

    私も眞子さまには1日でも早く破談の決心をして明日にでも破談発表をして頂きたいと毎日思っています。海外公務よりそちらが先だとも思っています。

    でもやっぱり朱鷺色のお着物はよくお似合いだと思います。。。水玉さんのおっしゃるように、確かに着物が綺麗なのですが、眞子さまの体型が着物には合っているのではないでしょうか。

    時々、パタリロ顔に見えたり、照ノ富士に見えたりするときもありますが、そんな眞子さまも可愛いと思います。

    それにしても長時間のフライトだったのに、お元気そうな表情ですね。何か特別な時差ぼけ防止のサプリメントとかあるのでしょうかね。

    移民一世、二世の方々は、私たち世代とは違って、戦争中の強制収容など、想像できないほどのご苦労をされています。100歳くらいの高齢の方たちだと、皇族方に対する思いも、若い世代とは随分違うのでしょうね。

    眞子さまには、こういう海外公務を通じて、皇族としてのご自覚を再確認していただきたいといつも思っています。

  6. クロワッサン より:

    秋篠宮さまが、産児制限を上皇夫妻、特に上皇后に掛けられていたというのは本当の事ですか?

    秋篠宮さまが弟宮家として、忖度して出過ぎないように、産児制限しているのかと、ずっと思っていました。

    秋篠宮家が皇室繁栄のため、秋篠宮家当主として5~6人産めば良かったのに。やはり優柔不断なところがありますね。

    何でいつもいろいろな件で遠慮しているのでしょうね。
    不思議でたまりません。

    あと、雅子さまがS学○だと言われていますが、本当なんですか?だから祭祀を行わないと。これも事実ですか?教えてください。

    • やしま より:

      >クロワッサンさん

      本当のことです。
      証左としては
      1.紀子妃殿下が悠仁様を懐妊なさったと新聞発表があったその日か翌日。秋篠宮家に親しい岩井記者が記名入り記事で「とある皇族の方に第三子をつくるのは東宮家に対してご遠慮申し上げるように」と言われて、「紀子様は涙で枕をぬらした」という、かなり具体的な描写つきの記事を書いています。国立国会図書館で探せばあるかと思います。朝日新聞です。この「とある皇族」とは、後年岩井氏が他記者に「それは天皇陛下?」と尋ねられ、「恐らく」と肯定しました。

      2.これはつい最近。mayuさんのブログで紹介された女性週刊誌記事。正確な文章は忘れてしまいましたのでウロですが(探せば出てきます)
      「秋篠宮殿下は、天皇陛下のお許しを得て悠仁様をご誕生なされた」という表現がありました。キモは「お許しを得て」です。ということは、この許可がなければ子供がつくれなかったということです。
      紀子妃殿下25歳から35歳の、そのおつもりになれば数人のお子様が産めてであろうこの時期を無為に過ごさせたのは、ものすごく残酷なことです。

      • クロワッサン より:

        やしまさん

        お答え有難うございます。

        朝日新聞の岩井記者は、いくつもの皇室関係のスクープを、載せた敏腕記者の方ですね。

        その方の記事でしたら、本当の事でしょう。正確な情報源を、お持ちなのでしょうね。

        どうも有難うございました。

  7. 水玉 より:

    mayuさんお早うございます。

    眞子さまのこの朱鷺色の大振袖も勿論、新調されたものですよね。
    mayuさんが朱鷺色と書かれたので思い出しましたが、
    眞子さまが朱鷺色が好きと言われたので、
    着物の染めから、眞子さまのためだけに作られたお着物ではないでしょうか。

    とんでもない高価なお着物だと思います。
    お値段の事言うのもなんですが数百万はするんでしょうね。
    眞子さまのためだけに数百万するようなお着物を何回も作ってもらえるんですね。

    一体お着物も帯もどれだけあるんでしょう。

    高価なお着物を、お好きな色やデザインで、
    外遊するたびに作ってもらえて楽しいでしょうね。

    しかもファーストクラスでお旅行して、
    皆さんに大歓迎されてさぞかし楽しいでしょうね。

    KKとはまだ連絡取ってるんでしょうね。
    ただただ眞子さまの空っぽのピーマン頭、
    おバカ具合に呆れます。

    庶民は一着の着物さえ滅多に作れません。
    海外旅行も行けませんし、

    行けても町内のバス旅行。
    飛行機での旅行なんて一生にあるかないか。
    あっても長時間狭い座席が当たり前。

    こんな優遇された生活が当たり前で、
    特権を持ちながらKKとも結婚したい。
    KKにも優遇させたい、
    なんてムシがよすぎます。

    眞子さま着物姿お似合い、とか以前なら思えたかもしれませんが、今は思えません。

    眞子さまが綺麗なんじゃなくて、着物が綺麗なだけです。
    勘違いしないでいただきたいですね!

  8. やしま より:

    >白虎さん

    返信に書くと、後からどこに書いたのかよくわからなくなるほどmayuさんのコメント数が多いので、あえて別仕立てで書かせていただきます。

    >KKに会わせないでほしいと宮内庁へ電話されて、「そんな事は絶対ありません。決まっている事です」ときっぱりとしたお答えを頂いた方がいます。

    って、ここのコメントの水玉さんのことでしょうか?それとも別の方?
    もし別の方で、はっきりしたお返事をもらった方がいたのでしたら、その他のことも含めて御紹介いただけたら嬉しいです。宮内庁側が複数の方に電話で伝えているのなら、我々も少し安心できるので。今いろんな憶測やら噂が飛び交って、イライラしているので、宮内庁側の明確で強固な意思がわかれば、少しは慰めになります。

    > 女性宮家に関しても、秋篠宮殿下がご出発前の会見で否定されてましたよね。

    でしたっけ?私、全然記憶にないんですが。
    記憶にあるのは秋篠宮殿下の肉声で「女性宮家は内親王限定で」と明言なさっておられたことです。ここのコメンターさんの中でもテレビでその音声を聞かれた方がいるので、私の記憶違いではないと思います。
    殿下は上皇夫妻には産児制限をかけられて、それを厳格に守るという、まさに「盲従」としか思えないことをされた方で、女性宮家は上皇夫妻の悲願なんで、殿下が女性宮家を否定することは考えがたいです。
    (産児制限を両親にかけられていたことは、つい最近の週刊誌が掲載していました。お許しをもらわねば子供をつくれなかったと)

    >眞子様や女性皇族方を女性宮家に利用してるのはマスコミや別の勢力

    女性セブンは「ミテコセブン」と揶揄されるほど、上皇后の機関紙です。女性宮家は美智子上皇后の悲願です。民主党政権時代に、女性宮家が本格的に動き始めたころ、美智子様は「ようやく女性宮家法案が動き始めた」と、嬉しそうに周囲の方に語ったという話は有名です。
    「別の勢力」が美智子様のことを指しているのなら、そうですが。多分違うかなというニュアンスで受け取りました。

    >国内、海外共、ご公務は御自身で創ったり決めたりしているのでしょうか。

    もちろん違います。海外の要請は、政府に来るのではと思います。予算の関係がありますから。秋篠宮家は内廷皇族ではないので、海外公務は別建て予算になるはずです。

    そして殿下ご自身おっしゃられております。
    もう公務の譲る先がない、と。
    物理的に、皇室の活動は縮小せざるを得ないところに来ています。

    • 吾亦紅 より:

      横から失礼いたします。

      >宮内庁側の明確で強固な意思がわかれば、少しは慰めになります。

      私は宮内庁の職員が電話口で言ったことは当てにならないと思っています。
      例えば、宮内庁は既に「(この問題は)秋篠宮家の問題だ。」と明言していますが、この姿勢が変らないかぎり宮内庁の職員から責任有る言葉は聞けないだろうと思っていますが、どうでしょうか?

      秋篠宮殿下は直近の渡欧前の記者会見で
      「皇族が減少する、これはもちろん高齢になる場合もあれば、結婚をして皇族でなくなる場合も両方があります。一方で、国際親善の担い手が少なくなる、しかしこれはある意味、しかたのないところがあります。私はそれはその可能な人数でできる範囲のことをすればよいのではと考えております。」
      皇族の減少はしかたのない事、公務の縮小もしかたの無いこと、と、言われているように聞こえます。

      >物理的に、皇室の活動は縮小せざるを得ないところに来ています。

      皇室の活動を縮小したら、何か困ることがあるのでしょうか?
      語弊を恐れず言わせていただけば、国事行為以外のそれが私的とは言い切れないために公務とされている活動は、たとえ全部なくなっても国民に何か不都合な影響が生じるとは思えないのですが?

  9. ともちゃん より:

    Mayu様こんばんは。
    私も皆様のおっしゃる通り小室とは別れて欲しいです。
    決別宣言されるのならアメリカで会っても良いと思います。
    小室のせいでせっかくの公務が台無しです。

    ところでMayu様には関係ないが私も雅子様の上げ記事を変に思います。論壇のアンケートに答えたら私の回答が消されてた。この国には言論の自由がないのね。

    • mayu より:

      ともちゃん

      私も「匿名 一行程度で バカ などのついたコメントは非公開にしています」
      言論の自由がないというより有り過ぎると思うこの頃です。
      論壇は特種なブログでワザと炎上するような記事を書いてコメント数を多くしている
      ように見えます。見ない、反論コメントしない、アンケートに答えない、
      要するに無視するのが一番良いと思っています。
      尚、ふぶきの部屋さんのコメントに通報のやり方が載っていました。

      • 反論壇net より:

        初めまして。通報の例について私が書きました。此処でも宜しければ説明させて頂きます。

        • mayu より:

          反論壇netさん、初めまして。

          私は以前、あのブログにスレ立てされて嘘と欺瞞の・・・脱税しているなどと書かれ
          アンケートまで取られました((+_+))
          あれ以来、益々酷い記事になり(タイトルだけ見ていましたが)
          今は見ないし、関わらない、関わりたくないブログです。

          というのも、また大袈裟に書き立てられるのが嫌なんです。
          例えば、震度2くらいの地震を震度7くらいに大袈裟に書くのがあのブログです。
          コメント欄の転載も平気でやりますから(実際にされています)

          ふぶきの部屋さんに書いたコメントのリンクの誘導程度でお願いしたいです。

          • 反論壇net より:

            mayuさん
            そういえば、過少申告だの何の、ありましたね。あそこは嘘でも何でもありですよ。4月半ばから更に酷くなりました。呆れて去った人もいるし、運営に痛い事は載せないのでカルト化が酷い。
            あそこはコメント数が増えると間に広告が割り込んで増えるので、稼がせたくなければ投稿しないのが一番です。私も今週から匙を投げて、殆ど放置しています。
            通報の例については『ふぶきの部屋』の、
            「行ってらっしゃいませ 眞子さま」のコメント欄に書いておきました。

  10. 吾亦紅 より:

    mayu様 記事の更新ありがとうございます。

    眞子様は和服がよくお似合いです。そして、なんと言っても眞子様の和服の所作は優雅で気品があり、これでKK問題さえ無かったら・・・。

    南米へのご訪問は、移民、一世、二世が御存命の間は続けたほうが良いと思います。
    かって日本から南米への国の移民政策によって移民した人々の暮らしは「移民ではなく棄民だ。」と言われたくらい過酷なものだったと聞いています。
    少子高齢化に悩む今と違って、国内の人口増加が大きな問題だった時代、言葉は悪いですがいわば国内の口減らしのために海を渡って苦労された一世二世の方々の労を思えば、訪問はなさるべき、と思います。
    一世二世の方々は政治家が来るより、皇族の来訪のほうが嬉しいでしょうしね。
    三世以降はもういいかも?訪問する皇族ももう移民に対して「苦労をかけた」という思いはないでしょうしね。眞子様もどれだけ移民に対しての思いがあるかわかりません。何も無いかも?

  11. ゆきんこ より:

    mayuさんややしまさんがおっしゃってる女性皇族とは、内親王殿下や女王殿下のことですよね。

    いずれ降嫁なさる方のことなら私も、同意見です。

    もちろん、ご留学とかホームステイとかは可能ならなさったら
    いいと思います。
    後は、ご両親の海外公務にくっついていって、降嫁するまでの思い出旅行とかも、目くじらたてるほどのことではないと思います。

    でも、海外国内ともに、いずれ降嫁する方を「公務要員」というのはいかがなものでしょうか?

    南米だって両陛下にお出ましいただきたい、100歳の方は天皇陛下・皇后陛下、それだけで、ルックスやがさつな所作なんて関係なく感動なさるかもしれません。
    100歳を貶めてるわけではありません。この方たちがお育ちになったころの価値観、それがそのまま培養されてる日経社会なのです。

  12. さり〜まま より:

    皇嗣家なって、秋篠宮家のニュースでの報道が、がぜん多くなりました。
    眞子様のペルー訪問もニュースで見られて、嬉しかったです。

    お着物での登場にスピーチ。
    私は、眞子様のスピーチに、好感が持てます。
    皇族としての気品と威厳が感じられる話し方だと思います。
    残念ながら、佳子様は、写真では可愛いのですが、動画で見ると、歩き方(登場の仕方)やスピーチの話し方が、どうもまだ普通です。
    頑張って欲しいです。

    紀宮様の内親王時代から約20年と言う今の時代、活動できる皇族メンバーの減少、などから、「女性」皇族が皇族である以上、性別に関係なく成年皇族として働くのは、違和感はありません。

    ただいずれは、女性皇族は、降嫁して一般人になる身。
    悠仁様が成人される頃、その親世代は60代半ばから後半。
    働き盛りの30代の頃には、親世代は70を超え、健康が気になる年頃。
    悠仁様にお子様がいても、まだ未成年。
    眞子様や佳子様様な、若いお姫様がいないと思うと、さみしいですねえ。
    悠仁様の未来のお妃様に、華やかに活躍して頂けたらなあ。

  13. 白虎 より:

    先程は無記名のまま長文を送信してしまい、失礼致しました。ご公務に関してのコメントです

  14. 匿名 より:

    国内、海外共、ご公務は御自身で創ったり決めたりしているのでしょうか?ご招待があり、宮内庁等が決めるのではないでしょうか?それをやったりやらなかったりでサボり倒したお二方のせいで、秋篠宮家のご公務が増えてしまったのですよね。
    10年程前でしょうか、秋篠宮殿下のお誕生日会見でのご発言に「公務は選ぶものではなく、依頼頂いたらお受けするものだと思う」旨ありました。いい加減な皇太子夫妻(当時)の尻拭いで増える一方でも、断ったり減らしたりなどお考えにならなかったでしょう。“減らす”という事は“選択”→“切り捨て”→“選り好み”ですよね……あ、成程、雅子さまを倣うのですね。両陛下には難しいですね。
    ご両親の意を汲んでの佳子様の「頂いたご公務を丁寧に…」ご発言もありました。眞子様のご公務をきっちりとされる姿勢にしても、週刊紙の誤誘導の様な“親子断絶”や“我儘勝手”“教育失敗”どころか、深く強い絆を感じましたが。公私を分けても「公」においては「滅私」で臨まれるご姿勢は、「公」より「私」を重んじてない交ぜになっている両陛下よりもご立派ではないですか? 今回、眞子様の両陛下へのご挨拶が長かったので雅子さまに云々…とありますが、むしろ陛下にアドバイス頂いてたのでは?何しろ、陛下は眞子様佳子様も足元に及ばない程の「我儘自由」を貫かれたお方。お妃候補でもなく鉛筆で書き加えられたお方を見初められ、何度もお断りになられても、処女などありえない29才(世嗣ぎも不安)になるまででも粘り通されて伴侶にされたお方ですから。眞子様佳子様が本当に「自由を求める勝手な無自覚な皇族」だとしたら、きっと伯父夫妻に倣ったのですね。
    あと、今回のトランジットでKKに会わせないでほしいと宮内庁へ電話されて、「そんな事は絶対ありません。決まっている事です」ときっぱりとしたお答えを頂いた方がいます。
    女性宮家に関しても、秋篠宮殿下がご出発前の会見で否定されてましたよね。眞子様や女性皇族方を女性宮家に利用してるのはマスコミや別の勢力では?愛子様も利用されてお可哀想です。
    長文になり申し訳ありません。
    願望と言われるかもしれませんが、煽動されるよりは信じて見守る方を選びます。批難しようが賛美しようが、真実も現状も何も変わらないし変えられないのですから。ただ、どれだけ貶められても悪しように言われても、言い訳をしたり「人格否定」だの「雑音」だの言わず仮病も使わず、笑顔で真摯に公務をこなされてるお姿が在るだけで、そこに尊崇の思いを抱くだけです。
    本当に、私達国民が神様に試されているのでしょうね。臆測は自分自身の思考を映し出す鏡ですから。

    • mayu より:

      匿名さん、次回から面倒でもハンドルネームをお願いします。
      もしかしたらハンドルネームの書き忘れかもしれませんが
      ここのところコメントが多いのでIPでハンドルネームを探すのが面倒なので
      宜しくお願いします。

    • YUKI より:

      匿名さまもおっしゃるように、ご公務の大半は相手側からのリクエストかもしれません。ただ、ご招待は総理大臣や外務大臣ではなく、皇室宛だけに来ていると言う事なんでしょうか。皇室を招待した場合は、単に友好のためと言うことなんでしょうか。日本人の観光客を増やしたいとかの期待ももあるでしょうか。総理大臣や外務省でなければ、それ以外に日本との経済協力とか経済援助とかの話はないんですよね。でも、たまたま、今度のブ-タン行きと同じタイミングなんですが、一億円ぐらいの何か援助でしたか? 

      それから、前に、相手側からの招待だとは思っていても、その歓迎の内容が、夕食会もなかったりとかすると、相手側からの要請だったのかなと思ったりもしました。

      そして、ご招待を受けたいとして、誰がそれを受けると決めるのか、どの皇族のメンバーに行っていただくのかをど決めるのも、誰なのかなと思います。

  15. YUKI より:

    まゆさん、眞子さまのペルー訪問の記事とお写真をありがとうございました。

    確かに、いつからこのように海外のご公務が増えたのかなとは私も思いますし、どなたがそれを提案して、そして承認しているのか気になります。外交ですから、外務省、政府の意向もあるでしょうしね。私は、外交じゃないといいながらやっぱり外交じゃないのと言うところがもやもやします。

    現地の日本人としては皇室の方がいらっしゃると嬉しいんですよね。しかも日本から何十時間もかけていかなければならない、遠い異国です。その現地の日本人の方々はそうそう日本に一時帰国できていない方々もいらっしゃるでしょう。でもそれを女性宮家のために利用はしてもらいたくないなと、思ったりもします。

    掲示板では、ヒューストンでK氏と会ったのではないかとか憶測のコメントが出ています。そうすると、同行したのではないかなど言っている人もいます。全然根拠はなく、単なる噂の伝言ゲームですが、十分ありえるかなとは思いました。それから、関係ないですが、K氏を麴町で最近見たと言う噂も掲示板で見ました。これも根拠のないただの噂ですが。。

    それから、そのまた掲示板で気になった噂は、眞子さまのオフィスがkiTTEと言う東京駅の近くのビルにあるが、メガバンとも目と鼻の先であること、そして奥野さんの事務所とも近いと言うようなのを見ました。

  16. クロワッサン より:

    mayuさん 眞子さまの記事と写真有難うございます。

    和服をきれいに着こなし、破綻なく落ち着いてスピーチし、日系人を感激させ喜ばせています。
    海外公務としては、万全でしょう。

    でも背後霊のようにタカり圭が浮かび上がり、暗い気持ちになります。犯罪者母子と気持ちを一緒にしている内親王は、国民として、ちっとも有り難くありません。

    タカり圭問題を置き去りにして、笑顔で海外公務をしている眞子さまって、鋼のメンタルを持っているんでしょうね。

    水玉さんの仰る通り、破談しか道はありません。

    • さり〜まま より:

      クロワッサンさん

      犯罪者母子、まさにそうですよね。
      なぜ、税務署などに関係省庁が動かないのか、忖度があるのでしょうけど、息子の大学の費用も工面させる婚約者と言ったら、内縁関係にあるとみなして問題ないと思います。
      それなら、遺族年金受給は、違反行為ですよね。
      それも、知らずに行っていたのではなく、メールでバレない様にしましょう、と書いています、知っていた上での行為です。
      刑事事件ではありませんが、民事事件でしょう、犯罪行為です。
      母親行為とは言え、もう大人とみなされる大学生のKKの学費の為のお金です。
      無関係と言うには、苦しいです。
      特に、皇室と関係がある場合には、です。

      この事実と、この事実発覚後の誠意のない対応、これだけで、内親王のお相手として、不適格そのものです。

      眞子様にご立派な姿を見るたびに、KKがちらつき、残念でなりません。

      • クロワッサン より:

        さり~ままさん

        タカり圭母子は本当に犯罪者母子ですよ。
        母親はジャガーさんにメールでバレないように口止めしているんですから。

        母子で何でも相談して共謀しています。お金に執着して、他人の懐から、お金を、どうやって巧く掠め取ろうかと、いつもアンテナを張っています。

        母子の回りが不審死者ばかりなんて、薄気味悪いじゃないですか。

        公務の場合、佳子さまの立ち振舞いはペコペコお辞儀しすぎてニコニコし過ぎ。喋り方も幼いです。それに比べ眞子さまは内親王らしく堂々とした立ち振舞いです。

        それだけに、母子のいくつものブラックな所業が出てきているのに、眞子さまはスルーして、タカり圭に絶対の信頼を置いている。その感性についていけません。腹が立ちます。

        内親王が犯罪者母子と付き合っているのは、言語道断。
        破談しかあり得ません。

  17. 水玉 より:

    ゆきんこさん

    紀宮さまも結構行かれてるんですね。
    紀宮さまの時は、眞子さまほど報道されていなかったのかもしれないですね。

    紀宮さまは地味な方ですが、国民から信頼されて、愛されていましたし、とても安心出来る内親王でした。

    眞子さまもKK問題がなければ、
    応援していましたし、
    こんなに嫌な気持ちにはならなかったと思います。

  18. やしま より:

    海外公務をご立派にこなせばこなすほど、「女性宮家って必要でしょ?」というアピールに見えてしまいます。
    本来、眞子さまは、今はもう皇室におられないはずの方でした。そうしたら今回の南米訪問なんかどうしたんでしょうね。120周年だからと、呼ばれることもなかったのでは?行く人がおられませんから。

    私は、女性皇族が世界的に出向いて親善しまくる必要はないと思っています。
    それは、政府要人に行ってもらえばいい。
    従前だったら、皇室のお姫様たちは、25歳前にはご結婚なさり、皆さん皇室から出ておいででしたし。
    清子さんから晩婚が当たり前になってしまわれましたが、清子さんって、そんなにあちこち海外親善に行かれましたっけ?何度かはあったと思いますが、眞子様ほど、パラグラアイだ、ブータンだ、ブラジルだ、ペルーだと、国際親善に出向かれた記憶がないんですよ。もちろん清子さん以前の内親王方は、早ければ大学卒業前に結婚なさっておられたし。

    こうやって、内親王殿下が出張っていかないと、皇室って回らないんですよ~~キャンペーンのような気さえしてしまいます。

    今回の眞子様のご出立姿は、どこか気が抜けているというか、心ここにあらずというか、笑顔の寂しい感じの映像が多かった気がします。このペルーでのスピーチは、ご自分で考えられたとうかがっていますが。
    今回はご両親とは完全にすれ違いですね。
    眞子様ご自身が、今のこの状況にどこまで耐えていかれるのか。あくまでもKがフォーダムを卒業するまでは、誰が何を言っても耳に入れようとしないのか。
    一体どうなさるおつもりなのか。

    私もね、眞子様の胸倉つかんで「お気持ちをお聞かせください!」と画面を見ているとジリジリしてきます。

    • C63S より:

      >私は、女性皇族が世界的に出向いて親善しまくる必要はないと思っています
      それは、政府要人に行ってもらえばいい

      その意見は賛成であり反対でもあります。
      賛成理由はやしまさんと同じですが反対理由は下手したら雅子さんや愛子さんを庇うことになりかねないから。
      雅子さんや愛子さんが紀子さまや眞子さま佳子さま、そして他の女性皇族と同じようなことが出来ると思いますか?
      私は出来るとは思ってないので女性皇族がそのような公務はしなくていいというのは雅子さんや愛子さんのボロ隠しにしかならないから。

      「皇族は公務などしなくていい」論に対して私は公務がこなせない天皇家の3人を庇ってるだけの話になることと考えてることにも通じます。

      まあ賛成理由に付け加えるなら雅子さんや愛子さんが余計な言動して相手国から馬鹿にされるなど国益を損ねる可能性がなくなる、というのはありますね。
      愛子さんは作文で核廃絶に言及しましたけどね。
      これで日本は益々核武装がしにくくなったでしょう。
      それこそこういう話は政府に任せろと言いたいです。

      これだけアゲアゲ報道されてたら是非とも雅子さんや愛子さんが紀子さまや眞子さま、佳子さまがやってきたような単独公務を拝見したい。

      仮にキチンとこなしたとしても何度も言ってる通り私は天皇家の3人を誉めることは何があろうとも絶対しません。
      愛子さんも例外ではありません。

    • 水玉 より:

      やしまさん

      やしまさんのご意見に完全同意です!
      眞子さまの公務が女性宮家キャンペーンにしか見えません!

      >海外公務をご立派にこなせばこなすほど、「女性宮家って必要でしょ?」というアピールに見えてしまいます。

      >私は、女性皇族が世界的に出向いて親善しまくる必要はないと思っています。
      それは、政府要人に行ってもらえばいい。

      >清子さんって、そんなにあちこち海外親善に行かれましたっけ?何度かはあったと思いますが、眞子様ほど、パラグラアイだ、ブータンだ、ブラジルだ、ペルーだと、国際親善に出向かれた記憶がないんですよ。

      >こうやって、内親王殿下が出張っていかないと、皇室って回らないんですよ~~キャンペーンのような気さえしてしまいます。

      本当にやしまさんのおっしゃる通りです!
      完全に同意します!

      清子さんもそんなに行かれてなかったと思います。
      記憶にないです。
      もうこんな眞子さまの、女性宮家キャンペーンみたいな公務やめていただきたいです。

      もし眞子さまのお相手が黒田さんや守谷さんなら、
      こちらの気持ちも違ったかもしれませんが…。

      KKが将来外交をやりたいとか言ってたのは、
      女性宮家作ってもらって2人でこういう事をするつもりだったんじゃないでしょうか。

      まだ眞子さまとしては諦めてないようにも見えます。
      秋篠宮さまも出来れば、こうやってほしいんじゃないでしょうか。
      だからなかなか決断出来ないんじゃないでしょうか?

      それが見え隠れして、眞子さまのご公務も、とても見ていられません。

      眞子さまが幼稚園児に投げキッスされたらしいですが、
      それさえKKの影響で下品に見えます。
      本来ならこんなことも思わなかったかもしれません。

      ミヤネ屋でも、眞子さまはお着物がよく似合う、
      こういった海外のご公務は素晴らしい、
      とか絶賛していましたが、
      なんか嘘くさい、女性宮家キャンペーンにしか見えませんでした。

      とにかく眞子さまの一番の公務は小室と別れることです!

      とにかく一刻も早く破談にすること!

      あんな詐欺師と結婚でもあり得ないのに、
      女性宮家なんて絶対にあり得ません!

      これ以上国民をバカにしないで下さい!

    • ゆきんこ より:

      やしまさん、

      宮内庁のHPによれば、ペルーとボリビアの100周年(1999年)は紀宮さまが行かれてます。
      他にも、降嫁なさるまで、ブラジルとか、ホンジュラス、ウルグアイとか、クロアチア・スロバニア、ルーマニア、スロバキアといったところに、単独で海外公務をなさってました。

      もしかして、ご両親は降嫁させるおつもりがなかったのかもしれません。
      ご降嫁なさった後は、秋篠宮家がカバーなさってらっしゃってた模様です。

      • やしま より:

        私のコメントに、ご意見寄せていただき、汗顔でアリマス
        (;^_^)

        >ゆきんこさん
        紀宮様だった当時の海外親善ご公務について、教えていただきありがとうございます。
        そうですか。結構行かれていたんですね。私の記憶にない、ということは余り大々的に報道されなかったんでしょうか?教えていただいても、全然覚えてないんです。(写真とかあったらご紹介していただけたら嬉しいです)
        ただ、何となく眞子様と方面が似てるんだなぁ~という感想。
        そしてそうですね。ご両親、ずーっと清子さんを手元に置いておきたいっていう気がしてました。
        私はご結婚なさってよかったなぁ~と強く思っています。ご結婚後のほうがお美しくなられました。
        (残っておられたら、清子さんも女性宮家候補・汗)

        >C63Sさん
        あなたが、今上ご一家のこと、ホトホトお嫌いな気持ちはよく伝わってきます。ただmayuさんのブログは、「皇室」は大切にしたいと思う方たちの集まりだ、ということは理解してください。天皇皇后愛子様を「憎悪の対象」とする気持ちには少なくとも私はならないし、多分mayuさんも、そして多くの方たちも、そこまでではないので、温度差が出てしまうと思います。
        女性宮家キャンペーンは、でも反対の気持ちで一緒でよろしいかと。女性宮家の一番の目玉は愛子様だと思うので。
        何とかここだけでもつくりたいと思っている政府関係者が多いような気がしてなりません。そして私は、愛子様には女帝は無理だと周囲も思っているような気がします。政府関係者の狙いは、愛子様のお子様ではないかと。次の次の天皇家のもう一つの流れをつくるために。ストックですね。それもとてもお嫌でしょう?
        私も女性宮家は反対です。
        私は、愛子様の単独公務を、まずは拝見したいと思っています。国内での単独公務ができないのなら、海外なんて夢のまた夢。「しっかりしておられない」そうですから。逆さバイバイが高校時点でようやく治ったとも暴露されているお子様です。まさにお察し。

        >水玉さん
        お気持ちよーーくわかります。
        ここが動かないことには、どもなりません。
        一体どうする気持ちなんでしょうね。
        多分、宮内庁の方々も同じお気持ちだと思います。
        でも、動けないんですねぇ。皇室って、こんなにアンタッチャブルだとは・・(ため息)

  19. nono より:

    mayuさんこんにちは、記事の更新有り難うございます!
    朱鷺と眞子さまのお写真、良いお写真ですね。
    今回の様な海外訪問が誇らしく思えない、黒いしこりが引っ掛かるKKの憎き事この上ないです。
    皇后より見映えよく和装での公務をこなせるのに、元々品位も持ち合わせた、正しい日本のプリンセスでしたのに。
    水玉さんの仰るように、一番やらねばならないことは、破談に向かうことです。
    綺麗な秋篠宮家に戻って欲しいです。

  20. ラミリー より:

    mayuさん、こんばんは。しっとり雨で関西にしては暗いです。新しい記事をありがとうございます。こうして写真を見ていると、小室出現以前の眞子さまと何も変わらないようにみえるのに。。水玉さんのおっしゃる通りなんですよね。なんとも残念に思います。「破談」となり、皆様と祝杯を上げたいです。

  21. 白雪山羊 より:

    mayuさん、記事更新ありがとうございます。

    mayuさんの仰る様に
    眞子さまは和服が良く
    似合います。
    きっと、御召しになった
    お着物の様な色が好きなんでしょうね。

    眞子さまのご訪問を
    緊張しつつも、あんなに喜んでいらっしゃる
    日系人の方々を見ると
    私も嬉しくなります。

    ご訪問の様子、ミヤネ屋で流れていたので
    洗濯しながらチラッと見てたのですが
    うどんkの顔が、いちいちちらついてしまって何だか…そこは本当に残念です(T_T)

  22. 水玉 より:

    mayuさん記事ありがとうございます。

    眞子さまの第一の公務は小室と別れること、
    破談にすることです。

    とにかくこれだけです。

    これをしなければ、何をしてもダメです。
    立派なお着物を着られても上品に見えません。

    KKにどれだけ警備費用かかってるのか分かっていらっしゃるんですか?

    KKのフォーダム大学留学も、法学部さえ出ていないKKが、優秀な人を押し退けて合格。

    何千万の授業料が無料、
    返済の必要もない。
    奥野法律事務所から給料まで出ている。

    国民をバカにしています。

    とにかくもういい加減にしていただきたいです。

    一刻も早い破談しかあり得ません!

タイトルとURLをコピーしました