紀子さま献血運動推進全国大会で帰国早々単独公務 紀子さま貶めと北欧訪問時の着回し画像

秋篠宮皇嗣ご一家

7月6日に帰国してまだ4日しか経たないのに、献血運動推進全国大会に
出席するため、紀子さま単独で宿泊を伴う公務に出かけられました。
代替わりで元皇太子夫妻から受け継いだ公務で、紀子さまが単独で
引き継ぐ形になりました。 徳仁天皇にくっついているだけで、単独公務は
日本赤十字大会だけ、皇后になってもスピーチも無しの雅子さまには
とてもじゃないけど、紀子さまの真似は出来ませんね。
それにしても紀子さまの強靭的な体力に脱帽ですが、無理して欲しくないです。

今日は夕方から女性セブンの記事に怒っていたことと、私一人では無理でしたが
5ちゃんねるの御一行さまで、北欧訪問した時の紀子さまの着回しを調べて
アップしていたので、自分でもよく分かる画像など探して着回し画像作りをしました。
かなり時間が掛かって大変でしたが、女性セブンの記事にあったまに来ていたので
何とか作りましたが、もう時間も遅くなり疲れて全部は作れませんでした。( ´Д`)=3 フゥ
下の方にアップしたので良かったら見てください。

紀子さま単独公務で石川県入り


秋篠宮妃紀子さまは10日、金沢市で翌11日に開かれる第55回献血運動推進全国大会
出席のため、東京・羽田発の民間機で石川県入りされた。
同大会は、皇太子夫妻時代の天皇、皇后両陛下が出席してきた七つの主要地方行事の一つ。
代替わりに伴う公務の整理により、日本赤十字社の名誉副総裁を務める紀子さまが単独で
引き継ぐことになった。記事・画像 時事通信

第55回献血運動推進全国大会出席のため石川県を訪問中の秋篠宮妃紀子さまは
10日午後、能美市にある県立九谷焼技術研修所を訪れ、研修生による九谷焼制作
の様子を視察された。紀子さまはろくろを使った成形や絵付けなどを見学。
研修生に「自分の作りたいものができるようになりましたか」などと声を掛けていた。
続いて訪れた金沢市の県文化財保存修復工房では、びょうぶ絵などの修復作業を見て回った。
出発の際は集まった地元の人々に近寄り、赤ちゃんを連れた母親らと笑顔で言葉を交わした。

記事・画像 時事通信

女性セブンは真実を書かず紀子さまを貶めています

紀子さま 有名ブランドスーツで空回り外交の逆張り

以下、簡単に女性セブン7月18日号から引用

紀子さまは今回の訪欧に際して、お召し物を何着か新調されたそうです。
その一部は日本を代表する高級オートクチュールブランドであつらえたもの。
中略
27日の出国時にはシャンパンゴールドのスーツ。
28日のポーランドの表敬訪問時にはクリーム色の帽子とスーツ。
30日の伝統工芸切の切り絵体験にはグレージュのストライプのワンピース。
7月1日のピアノ演奏会には白地に花柄のワンピース・・・。
中略
雅子さまは皇太子妃時代、療養もあって海外公務を殆どされていませんでした。
紀子さまとしては新調のお召しものも駆使し、今回の訪欧をより華やかな印象に
したいという思いがあったのではないでしょうか。(宮内庁関係者)

チャーター機を使って訪問したことに言及。
その後、なぜ紀子さまはそこまで新調ドレスと市民目線に
こだわられたのか。

天皇皇后両陛下が国際親善の場でスポットライトを浴びている。
秋篠宮ご夫妻も国際交流の場で活躍することにより、国民の理解を得たいと
考えているのでしょう。とはいえ、雅子さまとは立場が違いますから
両陛下が皇太子夫妻時代にされてきたことの、逆張りをする形で
独自色を出そうとされているのではないでしょうか。(皇室ジャーナリスト)

ポーランド大統領の表敬訪問の際、紀子さまは大統領の前を横切ろうとして、
関係者に制止される場面もあった。
雅子さまに倣いながら、皇嗣ご夫妻も新しいスタイルを確立してほしい。
引用終わり

コメントでも教えて貰いましたが、動画を見ると
「ポーランド大統領の表敬訪問の際、紀子さまは大統領の前を横切ろうとして、
関係者に制止される場面もあった」これは嘘でした。
いくら女性誌だとはいえ、いい加減なことを書いて貶めるものだと呆れます。
真実を書かない週刊誌など本当に10年も経つと無くなっていると思いました。

紀子さま 大統領の前を通っていない証明動画

Ceremonia powitania japońskiej Pary Książęcej

宮内庁関係者、名前を出さない皇室ジャーナリスト。( ゚Д゚)
「雅子さまに倣いながら、皇嗣ご夫妻も新しいスタイルを確立してほしい。」

紀子さまが雅子さまに、なにを倣うのでしょうか???
疲れた時の静養の理由、静養の仕方、ドタ出のやり方とか??
さっぱりわからないので教えて頂きたいです。


紀子さまが訪問中に着用した服の着回し、以前にも着ていた服が多いのにビックリでした。
あの素敵だった花柄のワンピースも新調したワンピースではありませんでした。
以下から画像が多くなります。

この他にも着物、スーツ2、3点ほど着まわしているので、紀子さまが北欧訪問で
新調した洋服は5着あるかなぁ~?でした。
女性セブンが大袈裟に
「新調のお召しものも駆使し」「新調ドレスと市民目線にこだわられたのか。」など
やけに新調した服と大袈裟に書いて、本当に嫌味ったらしいです。

紀子さまのクラッチバックの持ち方を雅子さまは倣ってください

紀子さまはハンドバックを持つことが多いのですが、たまにクラッチバックも持っています。
その持ち方がとても素敵なのです。雅子さまの腹乗せとは大違いなのが画像を見ると一目瞭然です。
雅子さまは両手を前に出してクラッチバックを持っていますが、紀子さまの場合、右手と左手を
変えてバックを持っているんです。すると、腹の上に乗っているように見えない。
こういうエレガントなバックの持ち方を、雅子さまは紀子さまに倣いながら新しい
皇后スタイルを確立してほしいものです。
なにしろ皇后の動作は世界に配信されますから、エレガントな所作の皇后になってください。






【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事しませんのでご了承ください。
*お問い合わせからのメールには基本、返信しませんのでご了承ください。
*コメントが多い、多忙、疲れている時はコメ返しを省略することもあります。
*別館はリンクコーナーにあります。


コメント

  1. ふみんと より:

    女性セブンの「制止嘘」ですが、
    たぶん、「ポーランド側の案内係に制止されて後ろへ回った」というロジックだと思います。
    r・・・のブログさんも頑張っておられるのですが、「後ろへ回られた」を強調してもムダなような気がします。
    「だから~、止められたからでしょ」になるのでは?

    案内係がずーっと「前へどうぞ」と案内していることこそが「制止ではない」証拠で、日本人から見ると大事なのですが、
    では、欧州人目線ではどうなのか?
    案外「すっと案内通りに進まれればよろしいのに、なんだかドタバタしていらっしゃる?どうされた?何故後ろから?」なのかも。
    AFPは「意味不明なスマートではない行動」と見てカットしたということもあるのかな~

    皇嗣殿下もちょこっと「失礼しますよ」な手振りで移動していらっしゃるし。

    軽く会釈して堂々と前をお通りになったほうが良かったのかもしれません。

    海外ご公務の多い両殿下、他の国ではどうだったのでしょうね。

    • 白虎 より:

      セブン等は週刊紙を鵜呑みにする方々のオカズになるだけですが、Wikipediaの方は問題ではないですか? 相手国の非礼認定になってませんか?
      西洋人から見ての“ドタバタぶり”は今上夫妻に倣ったのですね

      皇太子時代の失態の数々…
      ①並び順がわからない
      ②前の国王夫妻にピットリ
      ③立たないといけない場面でも座ったまま
      ④乾杯の前にシャンパンごっくり

      つい先日も、
      ①メラニア夫人を誤誘導→止まらせる→さがらせて並び直させる
      ②二人でメラニア夫人を(歩きながら)囲い込んでペチャクチャ喋り捲りレッドカーペットを外れて注意される
      ③ご夫婦で“ど~ぞど~ぞ”と手をバタバタ
      ④会話に入れない挙げ句に、大統領にお尻を向けて話に割り込め
      ⑤相手国の国歌をグラスを持ったままで…
      ⑥オバチャンの井戸端会議で座らせない

      とても書ききれないですし、全部は倣えないですね

      • ふみんと より:

        白虎さん、

        Wikipediaは問題ですよ。
        恐らくセブンが証拠と思いたいアンチが書き込んだのでしょう。
        脚注の出典元が「NEWSポストセブン」ですもんね。

        ただ、「後ろへ回られた」のは、ポーランドから見て良かったのかどうか分からないので、反論として強調して良いのかな?という気がするのです。
        「制止された」に対しては「ポーランドの案内係は『制止していない』」ということの強調が大事だと思います。

        それすらも、セブン派は「じゃぁ、案内を無視して後ろへ回ったのか?」と屁理屈を言い出しかねない奴等ですが。

        秋篠宮殿下もちょっとまごついていらした感じもして、気になります。
        海外ご訪問の経験豊富なご夫妻なのに。
        ひょっとすると、ポーランド側の案内がヘンだった?
        だとすると、アンチが紀子さま叩きにポーランドご訪問を利用してあの場面ばかりをクローズアップすることは、尚更日波友好に水を差すことになりますね。

  2. しろ より:

    先ほどのコメントへの自己レスです。

    ます、ゆうべコメント送信忘れて、ご挨拶が夜のものになってしまいました(〃>艸<〃)済みません。

    そして、「雅子様に倣ったスタイル」ではなく「雅子様が新しいスタイルを作られたように、皇嗣両殿下も自分達なりの新しいスタイルを作って欲しい」というのが記事の〆だったのですね。
    両殿下は、単独でのご公務分担とか民間機利用とか既に新しいスタイルで真摯にご活動されていると思います。
    ここで雅子様スタイルを引き合いに出すから、みんな雅子様スタイルを思い返しちゃうじゃないですか(/▽\)

  3. やしま より:

    やくたいもない女性週刊誌の捏造記事は、民衆をどう煽りたいんでしょうか。「天皇家 vs 皇嗣家」という構図をどうしてもつくりたいんでしょうか?どうもわけがわかりません。天皇家と皇嗣家って、仲が物凄く悪いわけでもないような気がするんですよ。特に秋篠宮殿下がご自分のご両親にめっちゃめちゃ盲従ですから。

    だってそうでしょ?
    何でこんなに秋篠宮家ばっかり公務するんですか?
    昨日から殿下は北海道で紀子妃は石川県にお泊り公務ですよね。幸い、石川県のお天気は最上のようで、それは本当によろしかったと思っていますが。

    お疲れでしょう。
    まず50代のご夫婦が海外で過酷なスケジュールの中、お仕事して、すぐにまた次のお仕事なんです。
    とにかくね、これも週刊誌報道ですけど、お二人の海外過密スケジュールは、宿泊地から300km離れた場所まで日帰り公務。
    そして、多い日には1日10件の行事をこなしたと。
    往復600kmの日帰り!お車に乗られているだけで往復6時間。
    で、10件の公務・・・これ、全部予習の上で行かれていると思います。膨大なお勉強量だったでしょうね。

    で、帰国して、翌日一日だけお休みして、もう翌週には地方公務。殿下、どうしてこんなに公務しまくるんですか?
    天皇皇后は、ゆったりまったり空白スケジュールで、どうしてご自分の一家ばかり、お仕事お引き受けになるんですか?
    上皇夫妻に「頼む」と言われるからですか?

    こんなことをしていると、中学生になったばかりの悠仁殿下のご教育にもよろしくないと思われませんか?
    家庭内はギスギス、トゲトゲした雰囲気。
    両親と娘たちはろくに口をきかず、そして親たちは家にいない。悠仁様、寂しいですよねぇ。
    中学校は小学校とは雰囲気が全然違うはずです。中間テスト、期末テスト、宿題、予習復習、一体どなたか悠仁様のご養育係はおられるんでしょうか?そんな話も聞いたこともない。時々本当に悠仁様のご教育について、「大丈夫ですか?」と、心配になります。
    夏休みにご両親とブータンに行かれるのを楽しみにしておられるのかもしれませんが。そこで日ごろかまってあげられない分、盛大に甘いご両親になられてしまわれたら、それもそれで何だかなぁ・・・とも思ってしまいます。
    とにかく私、やたら心配ばかりになってきてしまっている昨今です。

    秋篠宮家は、今までずっと紀子様が「お金がない!」と訴え続けていた話が有名でした。本当にそうなんだと思います。まあ眞子様の二度の留学とか、目下も行っているハズの大学院博士課程とか、多分に「それって必要ですか?」と思うものもありますが。

    でも倹約はしておられます。倹約話で有名なのは、佳子様がアメリカ短期ステイで帰国したら、出国前に比べて6kgお太りになられてお帰りになった。(確かに当時の写真、太ってお帰りでした。)
    で、紀子様が佳子様に「ダイエットなさい!」と厳命。なぜなら、6kg太ると、以前の服が入らなくなるから。
    「新しく洋服をつくるお金はありません。やせなさい」と言われたそうです。で、佳子様はしっかりダイエットなさった。さすがです。

    眞子様に関する今回の週刊誌報道で私てきに気になったところ。それは、海外に行く前の賢所参拝後、一度自宅に戻り、改めて上皇・上皇后夫妻のお住まいに出向かれたのだそうだ、というところ。これは慣例にありません。行く必要は特にないのです。でも行かれた。そこで一体何を話されたのか。それ、知りたいです。
    婚約破棄の説得ならいいですけど、「何とか結婚までこぎつけられる抜け道」なんかを雁首そろえて考えられていたらと思うと、ぞぞぞっとしますもん。

  4. しろ より:

    こんばんは、着回し画像ありがとうございました。
    すごい力作です。今回のヨーロッパご訪問の多くが着回しだったことに驚いています。
    石川ご訪問も着回し(*^^*)爽やかなスーツですね。ポーランドでは地味に見えましたが素敵です。

    ご公務で服を新調するのをワザワザ叩く必要があるのか???
    日本人の代表として、国家元首の名代として出かけられるのですから、オートクチュールでもプレタでも海外ご訪問はどんどん素敵な服を新調していいです。(これって年寄りの考えなのかな?)

    雅子様に倣った新しいスタイルとは、体調の波を使ってご公務を減らすこと、予定表は常に白紙にしておくこと、子供の学校行事は最優先として夫も必ず参加すること、御静養は休まずに思いっきり楽しむこと、家長は最後部荷物用座席に座らせること、夫の発言には一言添えておくことなどなど、確かに雅子様には沢山の新しいスタイルがありました。頑張って良く解釈して、働き方改革とか女性の地位向上とかを目指したスタイルと言えるか考えましたが(^^;)やっぱり雅子様スタイルは倣って欲しくないです。

    献血推進や結核予防など国民の健康維持やボランティア活動は、明治時代から皇后陛下が率先されてきた類のものなので、皇后陛下の名代として皇太子殿下が出られていたのかと思っていました。
    単独であれば皇嗣妃殿下より皇后陛下が出られる方が気合が入って良い気がします。
    (ムリでしょうけど)頑張れーーー雅子様!!

  5. 白虎 より:

    動画アップして下さって有り難うございます。こちらの動画でも、女性◯ブ◯の記事が嘘による誤誘導だと証明してくれていますが、r…さんのブログの方で、背後から撮影された拡大画像がアップされてます。こちらを見るともうセ◯ンは弁明のしようも無いです。
    Wikipediaにこの嘘記事が追加されてるとの事ですが、これって大問題ではないですか?
    フィンランドでは大統領の方が皇族より上位で、そのように妃殿下に対応したという事ですか?フィンランドはその程度の心得しかない国だと認定している?フィンランド側に問い合わせた上での追加でしょうか?
    こんな記事で誤誘導されるなんて、日本人もなめられたものですね。神様に試されているのかもしれませんね。

    • 白虎 より:

      すみません、フィンランドでなくポーランドです…

      • YUKI より:

        ポ-ランドは現在王国ではないですし、大統領の方が日本の皇室より上とか下とか言う事はどうなんでしょうね。たまたま駐日ポ-ランド大使館のhpを見たんですが、「祖国、ポ-ランド共和国に忠をつくせ」と書いています。非常に厳しい国じゃあないかなと言う感じがします。昔、王族の方々や貴族の方々は、欧州の他の国々に亡命されたというような事も聞いていましたが。

  6. イリス より:

    mayuさん、記事アップありがとうございますm(__)m!
    紀子さまの着回しの画像編集、本当にお疲れになったと思います。蒸しタオルを目に当てたりされると、少し違うかもしれません(*_*)

    mayuさんのおかげで、紀子さまが着道楽などではいらっしゃらないことをはっきり証ししていただけて、嬉しく感謝です(^-^)
    雅子さま爆age記事は、まだ続いていますね”(-“”-)”ご祝儀ageのほとぼりも、そろそろ落ち着くかと期待しているのですが…。
    今朝の文春オンラインの、(例の、雅子さまお抱えと言われる友納さんだったかの)歯の浮くような賛美記事に不快でしたので、mayuさんの記事は余計に嬉しかったです!(^^)!

    紀子さまは、上手に着回しをなさっていますね。数年前のお召し物が新品に間違われるくらい状態も良く、アクセサリーやバッグなどでアレンジされて、お洋服の新しい魅力も出していらっしゃいます。音楽でも、アレンジ次第でまるで新曲のようになるのによく似ている気がします(^_^)

    そして、紀子さまが大統領の前を通ろうとして制されたなどという、悪意のある偽りをよく記事にするものですよね。
    天皇陛下の前を横切りかけた雅子さまこそ、紛れもない事実ですのにね…(-_-;)

    皆さまが言われる通り、紀子さまが雅子さまに見倣う点は、ご自分とご家族のためになるべくご公務はご欠席、できれば長期ご静養を積極的になさる、くらいでしょう。
    長い海外ご訪問のお疲れもおありのまま、もう石川へ…。ひどい割り振りと、予定表が相変わらず真っ白の雅子さまに、やりきれない思いです(/_;)

    マクロンさんをダイニングに案内する雅子さまの、手を大きく広げ、大股で歩かれる超ハイテンショ画像を見ました。それでいて、奉仕団の方々には決して会われない…。こうして人を選って、あからさまに態度が違うところが、本当に良くないと思っています。紀子さまなら、名もない奉仕団の方々にも、隔てなく温かい笑顔でお会いになると思います。

    眞子さまとうどんKのせいで紀子さまが悪く言われ、疲弊されていかれるのは、辛くなります(:_;)
    間接的にであれ、紀子さまにこんなに精神的苦痛を与え続けて…、もうこれって、〇〇ハラスメントではありませんが、立派な犯罪の範疇ですよね(-_-;)

  7. nono より:

    mayuさんこんにちは、記事の更新有り難うございます!
    紀子さまのお体が心配になるスケジュールですね。
    私の言いたいことは皆様がコメントされておられるので、私からはただただ、お身体を大事にとコメント致します。
    紀子さまが倒れても雅子様には替わりは務まらないし、娘たちには荷が重いですし。

  8. ゆきんこ より:

    mayuさん、着回し画像はお見事です。お疲れさまでした。

    今朝9時のNHKニュースで、眞子さまのペルーでのご公務ぶりが放送されてました。

    「何の先入観も持たずにみれば」眞子さまの公務力(?)は雅子さまよりはるかに上、彬子女王殿下に近づきつつあります。

    この「」内のフレーズは私はよく使います。

    「何の先入観も持たずにみれば」トランプ大統領はハンサム(少なくとも元ハンサム)、
    トランプ大統領の天敵クリントンさんは、フンワカしたお色が似合う、
    とかです。

  9. 礼節 より:

    mayuさん、比較画像ありがとうございます。
    クラッチバッグの持ち方、紀子さまの持ち方はエレガント!このようにすれば所作や立ち居振る舞いも美しいのだと勉強になります。
    雅子さまはこのようにグワッツと持つと、なんというかガサツに見えてしまい勿体ないです。手が大きいのでしょうか?
    マナー違反でもないし、問題ないですけれども、、、。mayuさんの仰る通り、紀子さまを倣ねていたけたらと思います。ちょっとした所作でずいぶん印象が違いますし、何より皇后の動作は世界に配信されますから。

  10. クロワッサン より:

    mayuさん 紀子さまが着回ししてる事を証明してくださって有難うございます。紀子さまは、贅沢などしてません。
    誤ったあら探しばかりです。

    逆に、海外親善は、日本の為のだから、洋服を新調するのだって、別に問題ではないはずですよね。

    雅子さまのクラッチバックは、一種の精神安定剤なのかも。
    お腹にギュッと押し付けていると、安心するのでは。

  11. ラッキー より:

    おはようございます、記事のアップを有り難うございます。
    ホントに週刊誌の書き方は酷いですね。
    今週は天皇両陛下、全く見なくなってしまいましたね。秋篠宮家が家族総出で忙しいのに、ごゆっくりしてるのでしょうかね?

    紀子さまが雅子様に見習う事が有るとすれば、たっぷり静養を取る事位しか思い付きません。

    私も昨日の夕方は、もう一冊の週刊誌の見出し記事に頭来てました。
    雅子様に単独面談!
    「雅子様もかつて外交官だったから、国際弁護士の資格取った圭くんとアメリカで活躍したい!雅子様なら分かって下さる筈だ。」みたいなどこで聞いたのか?妄想なら良くもまあここまで考え付くなあと感心しました。

    マスコミはいい加減、結婚を前提とした話をもうそろそろ辞めて欲しいです。

  12. 水玉 より:

    mayuさん記事ありがとうございます。

    紀子さま石川なんですね。
    お忙しいですね。
    この白地に細いボーダーのスーツいいです。
    紀子さまは柄物が似合いますね。

    週刊誌はこの前まで思い切り雅子さま叩きしていたのに、急に紀子さま叩きって、なんかいい加減ですね。

    女性セブンの見出しは、
    小室圭さん『眞子さまとママ佳代さんと3人アメリカ駆け落ち極秘計画』
    ですって。
    こんなの駆け落ちじゃなくて誘拐ですよ。

    本当にKK親子いい加減にしてほしいです。

    眞子さまも、こんなのを本当に恋愛だとでも思ってるんでしょうか。
    単なる皇室特権目当てで金蔓にされるだけなのに。
    秋篠宮さまもこんなの放置したままで本当にいいんですか?
    皇嗣家になられるのに、KK親子は皇室の品位を傷つけます。
    一刻も早く破談にしていただきたいです。

    KK親子は皇室の品位や権威を著しく傷つけるという罪で、
    早く逮捕していただきたいです。
    いつまでも眞子さまに喰らいつくのやめていただきたいです。
    宮内庁主導ででも、無理矢理にでも破談にしてほしいです。

    眞子さまの今一番大事なご公務は、
    破談にすること、とヤフーのコメントで見ました。

    外国に行くよりも破談にすることが一番大事です。
    綺麗な服着て公務なんて行っていただきたくありません。

    • 水玉 より:

      続きです。

      紀子さまの欧州公務のファッションも結構着まわしされたものだったんですね。
      知らなかったです。
      mayuさんがまとめて下さってよく分かりました。

      クラッチバッグの持ち方確かに綺麗ですね。
      手を互い違いに持つとエレガントですね。

      お母様が一生懸命頑張っておられるのに、
      眞子さまは一体何を考えておられるんでしょうか。

      何億もの無駄な税金をKKのために使い、
      あんなどぶネズミ男と一緒になりたいなんて、
      どこまで皇室を貶めるつもりなのか。

      弟にもどれだけ迷惑がかかるのか、
      国民がどれだけ嫌悪感を感じているのか、

      何も全く分からない超絶おバカ頭。
      KK親子の洗脳が骨の髄まで、脳の奥まで染み込んでいます。

      眞子さまはとにかく破談にする事が一番の公務です。
      他の公務など何も全くしなくて結構。
      とにかく破談しかあり得ません。

      日本の権威の象徴ある皇室が、
      金目当て特権目当てのKK親子と縁を持つなんてあり得ない事です。

      皇室がKKを認めて結婚などさせたら、
      日本の権威を貶めることになります。

      宮内庁への抗議は続けていくしかありません。

  13. メープル より:

    まゆさん、こんにちは。着回し画像の作成、お見事ですね。本当にありがとうございます。お疲れになったことと思います。目が疲れると身体も疲れますよね。どうぞご無理をなさいませんように。

    週刊誌、紀子様が新調されたと書いているのが真っ赤な嘘だとわかりますよね。そもそも自分が書いていることを確認しないんでしょうかね、週刊誌の記者というのは。それも宮内庁関係者のコメントまで付けて。本当に呆れてしまいます。

    そんなウソ記事を書く暇があったら、記者根性を出して、小室kの嘘を暴くぐらいすればいいのにと思います。

    それにしても、眞子さまの帰りのロス滞在が心配です。

  14. クロワッサン より:

    女性セブンのいい加減さに腹が立っています。嘘で読者を誘導し、部数を増やそうとして、紀子さまを叩きに叩いています。Wikipediaにもポーランドの大統領の前を通って注意されたと載ってるそうです。

    時差の疲れが取れないうちに、激務に使い回す宮内庁はブラック企業か!と言いたくなります。

    その原因は、雅子さま仕様で押し通す、使えない皇后のせいでしょ。天皇と雅子さまのスケジュールは真っ白。

    秋篠宮さまと紀子さまは、倒れた振りをしてでも休養された方がいいです。そうしないと本当に危ない状態ですよ。

    今、絶好調で称賛の嵐の雅子さまに、張り切って働いて貰いましょう❗

    紀子さまの長女は、悪行犯罪者母子に、取り入れられ、恋の盲目状態。次女は結婚の自由を!と、姉を後方援護。
    「親の心子知らず」です。

    紀子さまの父は、いかがわしいパチンコ業者の金にドップリ浸かり、「子の心親知らず」です。

    秋篠宮さまも、優柔不断のところがあるから、紀子さまは、孤独だなと思います。悠仁さまだけは、親孝行な息子になってください。

  15. YUKI より:

    まゆさん、記事の更新をありがとうございました。先ほどは、この挨拶もせず、いきなり自分の意見をコメントしてしまいまして、失礼しました。

    • YUKI より:

      自分のコメントにレスしているようですが、付け加えさせてください。

      色被りも、欧州では日本人のようには言わないようです。逆に、色を揃えてパ-テイとかあるようです。例えばホワイトパ-テイとかで白だけを着てくるとか。。英国の王室も色被りはよく見られますが、コメント欄で色被りを言っている人は全く見たことがありません(私も暇ですね。。)。テレビの番組などでは、全体のバランスがあるので参加者やコメンテーターは指定の色があると聞いたことはありますが。

  16. YUKI より:

    着回しは世界中のロ-ヤルの常識のようですね。スペインのプリンセスだったかな、1万円ぐらいのドレスを何回も着ていらっしゃったり、英国のケイトさんも着回しがよく出ています。失業率が非常に高くて、国民の生活が厳しい昨今ですから、当然の傾向でしょうね。

    クラッチバッグの持ち方に関しては、私の個人的な意見としては、雅子さまの持ち方は特に問題ないと思います。(他のフランス人などに聞いてみてもいいんですが。) 日本人は西欧人以上に所作について厳しい事も多いかと思うんですが。。それから関係ないんですが、レッドカーペットを少しでもはずれるといけないみたいな事を言われる方がいますが、これも問題ないはずです。

  17. 白雪山羊 より:

    mayuさん、画像沢山ありがとうございます(*^^*)

    花柄のワンピースが新調じゃなかった事
    mayuさんのおかげで
    初めて知りました。
    改めて見ても、このワンピースは素敵ですね。
    その他、大切に着回しをしている御召し物もあるんですね。

    まったく、女性セブンは何なんでしょう。
    「雅子さまに倣いながら」……何を?どこを倣うんだろう?さっぱり意味が解りません(苦笑)。

    こんな気持ちになった事、以前にあった…と
    ずっと考えてたんですが思い出しました。

    即位後の一般参賀の時に、雅子さまと紀子さまのドレスの色が全然被ってないのに
    「被っていて驚きました~」など、意味不明な事が週刊誌に書かれていて、読んで呆れた。
    その時の気持ちと今回は似ています。

    紀子さま(秋篠宮殿下もかな)帰国後、早速お忙しいですね。
    お身体が心配です。

タイトルとURLをコピーしました