眞子さまいよいよ南米ペルーとボリビアを公式訪問に出発しました。
7月9日に日本を出発し22日に帰国、約2週間の長旅です。
今回の眞子さまの海外公務はどこまで追いかけてブログに書くか?
心中複雑で今のところわかりません。

約2年前ブータンを公式訪問した時はかなりウォッチングして書いた記憶があります。
ファッション、着物姿とかいろいろ・・・もしかしたらブータン訪問で
気持ちも変わるのでは?なーんて期待しました。

秋篠宮殿下と2人でハンガリー旅行に行った時も、秋篠宮殿下が説得するための
2人旅行なのでは?とも思いましたが、眞子さまは週刊誌報道によれば
「小室Kと結婚したい気持ちに変わりはない」が定番になっています。

少しでも「距離を置くことにした」のようなことがあれば良いのですが、
週刊誌、ネットでは眞子さまだけでなく、悠仁さままで批判されている、
今の状態で南米公式訪問されても、世界遺産のマチュピチュ遺跡視察と称した
観光じゃないか・・・みたいな醒めた気持ちになっています。

眞子さまの父親、秋篠宮殿下より年上か同年代の男性方がこうして
お辞儀をして出発のお見送りです。
いくら民間機で行くとはいえ当然ファーストクラスでしょうし、このような
お見送りは庶民には無い事、眞子さまには当然の事なのでしょうか?
それとも、いちいち面倒くさい、庶民ならもっと簡単に行きたい所に気軽に行けるのに、
と思っているのでしょうか。 眞子さまの心中はわかりませんが
ご自身のお立場を自覚して欲しいと思うのが、こういう画面でも思います。


動画がアップしました

秋篠宮家の長女眞子さまは9日午前、南米のペルーとボリビアを公式訪問するため、
成田空港から民間機で出発された。両国で日本人移住120周年記念式典に出席する
ほか、大統領を表敬訪問し、ペルーでは世界遺産のマチュピチュ遺跡も訪れる。

眞子さまが南米を訪問するのは、2016年のパラグアイ、18年のブラジルに次いで3回目。
米ヒューストン経由で9日にリマに入り、ボリビアへは15日に入国。22日に帰国する。
成田空港に到着した眞子さまは、白のワンピースにブルーのジャケット姿。
見送りに来た宮内庁関係者らに対し「行ってまいります」と話した。時事通信

秋篠宮家の長女眞子さまは9日、成田発の民間機で南米のペルー、
ボリビア両国の公式訪問に出発された。
22日までの日程で、日本人の移住120周年記念式典への出席や大統領の表敬訪問を行う。
米国を経由して現地時間9日夜(日本時間10日午後)にペルーの首都リマに到着する。
現地では移住120周年の記念式典であいさつし、日系人らとも懇談。
ビスカラ大統領を表敬し、世界遺産のマチュピチュ遺跡視察も予定している。
15日にボリビアの主要都市ラパスに移動。翌16日には空路でサンタクルス入りし、
記念式典に参列する。日系人の移住地などを訪問し、20日に帰国の途に就く。




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事しませんのでご了承ください。
*お問い合わせからのメールには基本、返信しませんのでご了承ください。
*コメントが多い、多忙、疲れている時はコメ返しを省略することもあります。
*別館はリンクコーナーにあります。