秋篠宮殿下が眞子さまの結婚を容認する記事が出ています、ガセネタだと思いたい。

皇室

週刊誌の記事が本当だとしたら、皇族とは別世界に
住んでいる人達で、庶民の生活など関心もなく
世間からズレていると、そういう人種なのだと思わざるを得ません。

週刊文春3月15日号より  要点だけ。

赤坂御用地内の秋篠宮家では、延期発表を境にそれまでの
暗かった雰囲気が晴れつつあるという。

「秋篠宮家としては懸案事項を二年先送りすることができ
安堵している様子です。 侍女長なども以前に比べ
機嫌が良く成りました。『延期は破棄を意味する』とか
『小室家から辞退するのを望んでいる』といった報道が目に付くが
秋篠宮さまは『再来年、結婚するようです』と周囲に語り
文字通りの延期だと伝えています。
眞子さまご自身も、気持ちを切り替えれたのか、最近は7月の
ブラジル訪問の公務で着用される服選びを楽しんておられます」

はあ~~~?( ゚Д゚)

圭与さんの借金返済の目途がついたのでしょうか?
いーーや、「借金返済したからいいでしょ」とはいかない。
この親子、特に圭与さんの生き様を容認できるとは
流石ーー!絶滅危惧種、特別天然記念人物「皇族」は違います。

次に、A氏も小室親子と似たり寄ったりじゃないか
とも思いましたが、A氏の人となりは・・・

・小室家近くの木造アパートでひっそり1人暮らし。

・秋田の田舎町の出身、高卒後上京し高級時計店で修行を積む。

東北の田舎出身では、在日、部落の人ではないよう思われます。
部落はあるにしても、極々少数で同和対策も無し。
在日でも無さそうで、ただの人の良いおっさんかもしれません。

・その後、フランス系のメーカーで40年以上働く。
主に万年筆などの修理をしていた。

フランスの有名な万年筆メーカー

出典 https://life.pintoru.com/

・2017年6月、パリの本社から突然、雇用契約打ち切りを言い渡される。

・半年の猶予を与えられるも給与半減、家のローン返済も無理になり
車も手放した。(例のジャガーですね)

人生ゲームのようです。いつ何が起こるかわかりません。

スポンサーリンク

・圭与さんに貸した400万円があったならなぁと思いながら過ごしていた
8月頃、仲の良い友人と飲んでいた時に、つい圭与さんことを話した。

・その友人が怒り任せてもらっていいか、と言われ「いいよ」と言い
その友人から女性誌に話が伝わり12月の記事になる。

この友人はしたたかです、女性誌に話を売り込んだのでしょう。

その後は、お決まりの圭与さんの「お金の工面」を求めるメール。
メール、よく残したとは思いますが、自分の携帯を見ると
最後尾が2009年8月30日でした。ハンゲームからというのが恥ずかしい(T_T)


不要なメールは削除してきたつもりですが、ハンゲーのメールがあった^^;
よって、A氏も私のようにガラケーで、ずーっと削除しないで
放置していた結果、今になってそれが役に立っている、ってこと(笑)

あくまでも、圭与さんにとっては、圭君が一番の存在。

<お蔭様で今日、圭は(インター)の卒業式を迎えます。
感慨無量です。大きなハンカチを持参して式に臨もうと思います>

翌年、東日本大震災、放射能が心配と九州の知人宅に非難する。
この時も、A氏は新横浜の駅まで送り、10万円ヘルプ。
1ヵ月滞在し、帰る時も、給料日前なので、パピーに
助けて頂くかもメール。(かもメール夏のご挨拶)

北関東なら理解できますが、横浜でそんなに放射能が
心配になるものですか?
横浜より手前に住んでいたうちの息子など、全然言わず
仕事していましたけど、自分達は絶対に助かりたい気、満々で
被災地の事など気にも留めなかったことがわかります。

小室親子、放射能から非難生活まで人の金を当てにして
こういう輩と皇族が結婚? アホらしい。

納采の儀の前に分かって良かった!

文春タイトルの「一卵性親子の謎」は大袈裟で謎など
無いに等しく、今まで書かれてきたことと同じ。

女性自身はどうしてこういうことを書くのかな。

・眞子さま以外に20代から30代の女性皇族5名いるが
ますますお相手選びが難しくなった。
眞子さまの結婚が棚上げされている状況では縁談も進めづらいでょう。

気にしないで、どんどん降嫁なさればいいんですよ。
小室家よりお金があって、定職についているだけで
良いんだから、お相手選びの敷居は低くなったのでは。
眞子さまを結婚出来ない原因にして欲しくないわ。
結婚する相手がなかなか見つからないだけでしょ。

高円宮絢子さまは何とかなりそうだけど。
久子さまの力で承子さまがどこかに入り込めるか。

三笠宮彬子さま、瑤子さまはほぼ無理。
年々年を取っていくのに、プライド高そう。
醸し出す雰囲気もあり、受け入れる相手にも好みがあるし(笑)
無理そうだけど、まともな人と結婚できたらいいわね。

・12月中旬、圭与さんの借金トラブルが報じられてから
ご夫妻と眞子さまで家族会議が何度も行われた。

・秋篠宮殿下は、眞子さまの気持ちが変わらないのなら
いずれは結婚をという気持ちのようだ。

・紀子さまはこのまま結婚への儀式を進めることに強く反対。

紀子さまは、どんな人にも誠意を持って接される方。
一方で誠意が感じられない相手に対して厳しい目を向けられる。
皇室を支える宮家として、多くの国民に不信を抱かせるわけにはいかない。
天皇皇后両陛下に心配をおかけできない。
紀子さま自身が、小室親子を全面的に信じることができなくなった。
そうした気持ちから結婚延期を強く主張された。
結婚延期前は暗かった紀子さまの表情が延期発表後明るくなった。

・それに対して秋篠宮殿下の表情は晴れない。
・愛娘の思いを尊重し、望んだ相手と結婚させてやりたい。

いくらなんでも、これはないでしょ、というのが
昨年5月、NHKに婚約をリークしたのは秋篠宮殿下だということ。

紀子さま、頑張れー!!(^^)!





コメント

  1. 飛鳥川 より:

    宮内庁が小室に「来年皇嗣職が新設されれば、宮家のお金は今まで以上に我々が逐一管理しますから、眞子さまは金ズルにはなりませんよ」と囁き続け、挙句の果てに眞子さまが「
    一時金も立派な結婚式も全部辞退して無一文でお嫁に行きます」とlineして小室が逃げ腰になれば全て丸く収まるんですよ。(眞子さまの目も覚めるから)簡単なことだと思うんですけどね。

    • mayu より:

      飛鳥川さん

      週刊誌では「宮内庁からも、秋篠宮家からもお金は出せない」と
      何度か書いていますけど、とにかく結婚まで漕ぎ着けたいんでしょうね。
      眞子さまが、試しにそういうLINEを入れたら、どのような反応をするか?
      それで逃げるようならそれだけの人、と諦めるでしょうが。
      眞子さま、どんな気持ちでいるのやら。
      週刊誌報道でしかわからないのが歯がゆいですよね。
      小室親子はなかなか手強いです、普通じゃないです。

  2. 苺好き より:

    先の記事では、分かりづらいコメントをしてご不快にさせてしまい、申し訳ありませんでした。
    柔らかい文章を書くように心掛けます(^^;

    さて、週刊誌報道の影響か、Yahoo!ニュースの眞子内親王殿下ご婚約延期記事には、

    ・「このまま破談へ」
    ・「胡散臭さ満載」

    …など、ご結婚に反対するコメントが数多く投稿されていますね。
    そして、それらのコメントに『いいね』が5000個くらい押されているという…。

    Yahoo!のコメント欄は、的外れなコメントにも『いいね』が500個くらい押されていることがありますが、5000となると…ご結婚破談は民意となりつつあるのではないかと…。

    始めは、「どうせ週刊誌の捏造情報だろう」と思っていたのですが、小室佳代さんが送ったメールなどの証拠が提示され続け、ついにご結婚延期になったことから鑑みると、あながち嘘とも思えなくなりました。

    いつもは皇室へ特に意見しない母も、

    「このまま破談になるんじゃない?」

    と言う始末…。

    私も、破談にした方が良いのでは、と思い始めました…。

    秋篠宮殿下のご発言は、本当のことと思います。

    やはり、殿下は、天皇陛下や皇太子殿下と同じ、生まれながらの皇族。金銭問題の重要性を実感されていないのではないでしょうか。

    しかし、秋篠宮妃殿下は、皇后陛下や皇太子妃殿下と同じ、平民出身の方。金銭問題の重要性をお分かりだから、内親王殿下ご結婚に反対のお立場になられたのでは。
    (週刊誌が報道した妃殿下のお立場が本当ならば)

    やはり、先日も書きましたが、秋篠宮殿下も、皇太子殿下や黒田清子さんと同じく天皇皇后両陛下から育てられた方。
    正直、『秋篠宮派ブロガー』さん達が期待されているような「内廷皇族と思想が全く別」ということはないのでは、と思っています。

    もちろん、私は秋篠宮殿下に皇位を継承して頂きたいと願っていますし、悠仁親王殿下が未来の天皇になる御方だという想いです。

    しかし、秋篠宮殿下を過度に美化することは、いかがなものかと思っています。

    ちなみに、殿下を批判することではありませんが、殿下が昨年のお誕生日の記者会見で小室さんと初めてお会いになったときを質問された際、

    「多分、2013年ぐらいかと思いますけれども…」

    と仰せになったこと。

    (皇族でも西暦を用いられるんだ(*゚Д゚*))

    と、凄く驚きました。

    皇太子同妃両殿下は分かりませんが、天皇皇后両陛下は、国内での記者会見の際、必ず元号を用いられます。
    「昭和○年、昭和天皇の名代として△△を訪問し…」「平成○年、◎◎を訪れ…」
    など…。
    もちろん、海外の賓客を招かれた晩餐などでは西暦を用いられますが。

    眞子内親王殿下も、小室さんとの出会いについて、ご婚約内定会見において、

    「初めてきちんとお話をしましたのは、2012年…」
     
    と仰せになりましたよね。

    いや、皇族方が西暦を用いられてはならない、という定めはありませんし、西暦を用いるな、と言っている訳ではないんです。

    しかし、元号を時間軸としておられる、と思っていた皇室の方から、「2012年」「2013年」というお言葉を聴いたことが、意外というか、なんというか…。

    (何度も言いますが、皇族方が西暦を用いられるのを批判しているのではありません。)

    …以上、意見と独り言です。誠に長い文を連ねてしまい、申し訳ありません。

    • mayu より:

      苺好きさん

      苺好きさんは天皇皇后両陛下を敬愛している方なのだろうな
      と思いました。私も以前は天皇皇后両陛下は好きでしたし
      美智子さま、慣れない皇室で頑張った!と思っていましたが
      雅子(サマ)の静養生活の長さ、生前退位したい、次代は皇太子と
      まだ体調の波を言っている雅子(サマ)へ・・・段々
      気持ちが離れていきました。

      同じ親に育てられても、全然違う性格の兄弟もいますが
      皇室という独特な世界の中で、秋篠宮殿下も影響を
      受けているとは思っています。

      昔の皇室と同じように金銭感覚が無い、世間に疎いのなら
      昔と同じようにお子様達を皇室御用達の学習院に進ませ
      昔と同じように皇室で産まれ育ったお嬢様のように育て
      昔と同じように、家柄の良い金銭的にも安定した方との
      縁談を考えるべきでしたよね。

      高円宮久子さまの次女、学習院から千家に嫁いだ千典子さんの
      ようなパターンなら安心でした。(結婚生活はともかく)

      元号ですが、私も最近は西暦を使う事が多くなりました。
      面倒くさいんですよね、昭和30年から今日までの年数が
      昭和63ー30年+平成30年で。これから、また元号も増えるので
      利便性からいえば、西暦の方が使いやすくなったようです。

      次は、「安静」の元号でもいいんじゃないかな(笑)

  3. ゆきやなぎ より:

    mayuさん、みなさま、こんばんは。

    それにしても信じがたいことばかり表に出てきます。すべてに関して本当なのかな?というのが第一印象。

    パピー(ジャガー?竹田?山田?)とやらも浮世離れしていて、嘘っぽい。広い世間にはこんな人もいるのかもしれませんが、それにしても。そしてこの人の娘さんも小室母の父親も弟も全然出てきません。〈週刊誌よ、小室母の父親ぐらい隠し撮りでスクープせい。プライバシー侵害で裁判になっても売れるからダイジョウブよー〉

    嘘も百回言えば本当になる、を狙っている人がいるのかもしれませんね。
    それとも画策した人物(たち)に対抗する勢力がリークしているのか。

    宮内庁からの抗議訂正もないし、どうなっているのか藪の中。
    記事はみんな伝聞情報で、個人名なし、写真は一昨年11月に表に出た車内の隠し撮り一枚だけ(たとえば眞子さまと小室クンの宮邸外での最後のデートは葉山のレストランということになっていて、食事内容まで明かされているのに、写真一枚なし。デザートまでぺらぺらしゃべる店主だったら、「お写真を一枚」ぐらい言いそうですが。そしてそれを店内に飾るでしょう)。

    それにあの婚約内定記者会見もライブの触れ込みでしたが、腕時計の時間と放送時間にずれがある、すなわち録画だった、と言われています。しかも会見場所は宮邸ではなく、普段使われていない建物だったとか。
    なぜなんでしょう?疑問だけは次から次とわいてきます。

    何が何だか、?????ですよね。
    国民にこんな思いをさせるのでは、それだけで皇族失格だと思います。

    • mayu より:

      ゆきやなぎさん

      私もコメントかブログに書きましたが、眞子さまと小室クンの
      ほのぼのツーショット写真が一枚も無い、いくら秘密で
      付き合ったとしても、秋篠宮邸でも撮れたでしょうに
      内定会見後も全く出ませんね。

      私はパピーは本当に居て、400万円返してーー!!と
      訴えているとは思っているし、思いたいです。
      でないと、婚約延期の意味が無くなる。

      週刊誌報道を否定しないのは、破談にしたい勢力が強いとか。
      裏に美智子さまの影があるかも、プライドの高い美智子さまが
      ここまで評判の悪い、序に圭与さんの顔も悪い、小室親子との縁組は
      許さないような気配を感じます。

      内定会見を録画にしたのは、小室クンが余計な事を言いそうで
      生中継だと困るから、場所はなんでかな?わかりません。
      宮内庁が用意したと思うのですが、宮内庁の中に小室親子を
      よく思わない人達が多かった。それも当然ですよ。
      1万円のタクシー代も払えない相手だと宮内庁は知っていたし
      5月のリーク報道以後、少しは調べたと思います。
      あの宮内庁長官の記者会見、残念、無念な悲痛な面持ちで
      とても御目出度い会見に見えませんでした。

  4. とらねこの母 より:

    もし秋篠宮殿下が2年後に結婚してもいいと本当にお考えなら、皇室は終わってるんじゃないのと感じます。

    お金を返したらとかきちんと就職したらとかじゃなくて、この親子の行動、生き方が問題。
    以前のコメントにも書きましたが、眞子さまはK氏を「尊敬」出来ますか? 秋篠宮御夫妻はこの親子を「信頼」出来て娘を託せますか?

    まあしたい放題の高貴高齢者、奇妙な兄家族が身近に居ればあの親子はまともに見えるのか?(@_@)
    (母子家庭でも頑張ったって)

    あっそれと高貴高齢者達は一般人とは違う世界観かもしれないけど、8億の価値が解らない訳無いと考えます。

    • mayu より:

      とらねこの母さん

      2年後に結婚したら、終わらないだろうけど
      終わったと同じ状態になりそう(>_<)

      やりたい放題の高貴高齢コンビは「金の成る木」を
      何本も植えていると思っているか、まだらボケを
      演じているのか、今使わないでいつ使うの?で
      バンバン使ってくれていますが。

      秋篠宮殿下と眞子さまは、ボケるには早いでしょうし
      いくらなんでも、信頼は出来ないでしょうに・・・
      紀子さまの感覚が至極全うなので、嫌われても
      ピシッと頑張って欲しいです。

      しかし、近頃の生まれながらの皇族って変なのが多いですね。

  5. いちごラムネ より:

    mayuさん、こんばんは。

    これが本当なら、もはや皇室に期待するものはありません。
    秋篠宮殿下はマトモな方かと思っていましたが、やはり親兄弟と同じ人種ということになりますね。

    >ブラジル訪問の公務で着用される服選びを楽しんておられます

    あのぉ、ブラジル行きは公務ですよね?私的なお楽しみの旅行じゃなくて。
    公務に行くのに、楽しく服選びってお気楽で羨ましい。

    殿下は「望んだ相手と結婚させてやりたい」とのことですが、もうねぇ何を言ってもダメなのでしょう。
    眞子さんじゃなくて、殿下も。

    マトモなのは紀子さまだけですか。残念な限りです。
    失礼な言い方ですが、こんな殿下のもとでお育ちになる悠仁さまは大丈夫なのでしょうか。立派な天皇になってくださるのでしょうか。
    小室母みたいなカノジョを連れてきて、結婚したいと言い出したらどうしましょうか。

    >ますますお相手選びが難しくなった。

    正反対ですよね。
    今まではそれなりのお家を、と思っていたでしょうが、きちんと定職に就いていて、身の丈に合った生活をしている堅実なサラリーマンで十分です。
    KKを見てしまった後なら、普通の家庭で育った、 真面目に働く人なら「いい人でよかった」と皆、思ってくれるでしょう。

    女性セブンの見出しに、
    「眞子さまは知らない恋人の素顔 小室圭さん『たった2つの結婚条件』もクリアできない絶体絶命」
    とあったので、いいぞいいぞと思っていたのですが、殿下が結婚を認めるなら、条件も何もないですよね。

    延期報道が出た時は、確実に破談の方向で進めているだろうと思ったのですが、最近はそう思えなくなってきたような気がします。

    本当に2年後に結婚したら、ガッカリなんて言葉では済まないですよね…。

    • mayu より:

      いちごラムネさん

      文春と女性自身が書いた事が本当なら、やっぱり秋篠宮殿下も
      皇族で鈍感、別世界の人、という事になりますが
      そうでないことを祈るのみです。破談でなくちゃ納得できないわ。

      ここは、紀子さまに頑張って頂きたいし、紀子さまって
      圭与さんとは性格が合わないような感じがします。

      相手の親から信頼を無くしても結婚したいのは
      眞子さまが皇族だからですよね、これは確実。

      三笠宮系の女王方には、遠慮しないでどんどん結婚して欲しい。
      家柄に拘らなくても良いし定職に就いて働いていれば
      小室クンよりまだマシと言われますよねぇ(^^)
      眞子さまが敷居を低くしてくれました。

      女性セブン、見ていないけどタイトルで想像するに
      クリアできないのは借金返済と高収入の仕事に就けないってことか。

      週刊誌でも、破談派と継続派があるので(笑)
      破談派でもっと掘って引き続き書いてくれると嬉しいです。

      2年後結婚ですか! 頭に血が昇って病院に行きそう(T_T)

  6. 金平糖 より:

    こんばんは 更新ありがとうございます。

    私も週刊誌各紙立ち読みしてきました。
    あらたな「たかり飯」メールが公開されてましたね。
    ウエスティンホテルの高級中華レストラン、「Kが好きな」だそうですね。(呆)
    秋篠宮殿下、眞子さまみたいに洗脳されてしまったんでしょうか。
    あのママのメールの様子だとあの親子、眞子さまに一生たかって贅沢しそうですね。
    KK、コピー取りもまともに出来ないみたいな事書いてありましたね。

    先日のデンマークのニコライ王子、モデルデビューびっくりでしたが、ネット情報によると、デンマークでは法律改正で2016年より王位の法定相続人の長男以外は18歳の成人(デンマークでは)から王室から給料?がなくなり、学費は親がサポートするとなったそうです。
    ニコライ王子もずっとモデルをするとも思えませんが、日本もこのようにしたら皇室の皆様、世間の風に吹かれKKみたいにもろに危ない人が近寄ってきても対処できたのではないかと思いました。

    別館にコメントお返事ありがとうございます。
    そうです。中古ピアノ専門店で一番安い価格帯で40万円位でした。運送費と最初と次の調律代込でした。あと椅子とカバー。
    住宅事情で消音器みたいなのを後付とか、最初から付いているのもあるのですが、これがまた割高でした。
    mayuさんもお孫さんたちと送迎ついでにレッスン、よいかもですね。
    息子も転居で教室の先生方何人か変わりましたが、子どもの扱いが上手で優しい先生、厳しいけど練習していくと認めてくださる先生と、お人柄いろいろでした。

    • mayu より:

      金平糖さん

      圭与さんのメールって、所々に英語を入れるのが面白いですね。
      バースデー(こちらカタカナ英語)龍天門で dinner(こちら英字)

      「おっさん、圭の誕生日だから「龍天門」高いからおごってくれ」
      ド庶民はこの会話で充分なのに、「お母様」と呼ばせたり
      なんちゃってセレブ、勘違いしてるんじゃないかな。

      ニコライ王子、カッコよかったです。
      へーー、18才からお手当が出ないんですね。
      大学出たら仕事しなくちゃ生活できないですねぇ。
      いつまでも親のすねかじりは出来ないし。

      日本の皇室も予算削減し、無職の末端宮家の女王方には
      お手当無しにしたら面白いですね(笑)

      ピアノはやはり安いので40万円は同じですね。
      調律は年に1回で2、3万くらい、長く使えるのはいいですよ。
      電子ピアノも10万以下だと家電と同じだから。
      そっか~! 孫が3才くらいになったら一緒に通えば良いよね(^^)
      ヤマハの講師は自営と同じなので、私みたいな中高年には
      絶対怒らないです(笑)

タイトルとURLをコピーしました