東京では感染者が増え続け緊急事態宣言が出されたこの時期に、立皇嗣の礼を
無理矢理行うことは無理だろうと思っていたので、延期になり返って安心しました。
武漢ウィルスが静まり落ち着いた時期、来春にでも全て儀式を執り行って欲しいです。
中止になった「饗宴の儀」も含めて全部の儀式を行う方が良いです。

緊急事態宣言を出す前、週刊誌、ネットで批判される前にもっと早く延期発表を
して欲しかった。ちょっと遅かったな~との思いもありますが、とにかく今は
日本全体、世界中が武漢ウィルスで大変な時期で、お祝い事をやっている場合でなく
ごり押しして「立皇嗣の礼」を行ったら、大炎上しそうなので楽しみは
延びてしまいましたが、紀子さまの十二単、饗宴の儀での女性皇族方のドレスを
楽しみに待つしかないです。 これで、眞子さまと小室Kの今後どうするのか?の答えも
延ばし延ばしになるんだろうな、これだけは早い答えを出して欲しいのですが・・

こうしてみると本当に中国武漢ウィルスを抑え込めなかった、ここまで
広げたゲテモノ食いの中国にはかなり怒りを覚えています。

天皇誕生日2月23日はギリギリで開催しましたが、運がいいですね。


菅義偉官房長官は10日の記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大を踏まえ、
秋篠宮さまが皇位継承順1位になられたことを国内外に示す19日の「立皇嗣の礼」
について、延期で調整すると明らかにした。
共同通信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200410-00000075-kyodonews-soci

政府は新型コロナウイルスの感染者急増に伴う緊急事態宣言発令を受け、
秋篠宮さまが皇位継承順位1位の皇嗣になられたことを広く国民に明らか
にする19日の「立皇嗣の礼」を延期する方向で最終調整に入った。
菅義偉官房長官が10日の記者会見で発表した。
新たな日程は感染状況の推移を見ながら判断する。
政府は当初、立皇嗣の礼として「立皇嗣宣明の儀」「朝見の儀」「宮中饗宴の儀」
の3儀式を行う予定だったが、このうち祝宴である「宮中饗宴の儀」は先月中旬、
「三つの密」を避けられないとして中止することを決めた。
ただ、中心儀式の「立皇嗣宣明の儀」と、その直後の「朝見の儀」は招待客を
絞り込むなどし、予定通り行うとしていた。
記事出典 時事通信https://www.jiji.com/jc/article?k=2020041000445&g=ryl

 

画像出典
https://www.sankei.com/life/photos/191022/lif1910220084-p3.html
https://www.asahi.com/articles/photo/AS20191022001683.html
https://www.sankei.com/premium/photos/191025/prm1910250008-p8.html