スウェーデン王室国王主催のノーベル賞受賞者のための晩餐会

王室

2019年12月11日、ノーベル賞受賞者のためのカール・グスタフ国王主催の
晩餐会がストックホルム宮殿で催されました。
宮殿での晩餐会なので授賞式後の晩餐会とはまた違った雰囲気です。

ダニエル殿下がすっかり王族が板につき、堂々と安定して嬉しいです。
カールフィリップ王子より王族らしく見えてしまうほど品格が出て
立ち位置もヴィクトリア王太子の隣、カールフィリップ王子の手前ですからねぇ。
二人のお子様に恵まれていますし、将来は良い王配殿下になるでしょう。

マデレーン王女は単身スウェーデンに帰国しました。
ご主人のクリス・オニール氏と3人のお子さんはフロリダでお留守番です。
クリス・オニール氏は称号を辞退しています。

それではまたスウェーデン王室の女性王族のドレス、ティアラで目の保養をしましょう。


シルビア王妃

ロイヤルブルーのストレートなラインのシンプルなドレスですが、片側だけに付けたリボンが女性らしい。両肩に着けると若くなるからでしょうね。シルビア王妃75才になるのにスタイル良いですねぇ。

ヴィクトリア王太子殿下

ヴィクトリア王太子が着けているティアラは即位礼正殿の儀で着けられたティアラと同じでした。今年のヴィクトリア王太子のドレスは授賞式のドレスといい今回のドレスといい、なんか凄いことになっています。袖がマトンスリーブの変形?? 美智子さまの肩パットの大きかった土偶ドレスを彷彿とさせるようなドレスでした。

ソフィア妃

ソフィア妃のドレスは授賞式の時のドレスより好きですし、ソフィア妃に似合っていると思いました。濃淡花のモチーフが可愛らしくてこのドレスなら日本の皇族でも着られます。佳子さまに似合いそう。佳子さまはマデレーン王女が着ているドレスも似合いそう。ソフィア妃もモデル出身で、国王は結婚にかなり反対されたそうですが、きっちり公務もしているし、とにかく婿、嫁の教育が良いんでしょうね。

マデレーン王女

マデレーン王女にはピンク系ドレス、ラブリーなドレスが良く似合います。このドレスも花のモチーフが沢山ついてとってもゴージャス。胸の開きをもう少し狭くしたら日本の皇族も着られますし、こういうドレスを着て欲しいんだよなぁ。ところで、マデレーン王女の隣にノーベル化学賞受賞した日本の吉野さんが座っていますっ! 良かったですねぇ~~吉野さん、と言いたくなりました(^^)私だったら勿論、ダニエル殿下の隣に座りたいですが・・・((((゚Д゚)))) マデレーン王女、勉強はいまいちだったらしいのですが、英語はペラペラですからね、吉野さんとどんな会話をしたのかしら。

画像出典 まとめました。もしかしたら抜けているのもあるかもしれませんm(_ _)m
https://www.dailymail.co.uk/femail/article-7782503/Swedish-Royals-don-stunning-tiaras-host-years-Nobelprize.html



コメント

  1. senjoeki より:

    mayuさん
    お忙しいところ、更新をありがとうございます。

    こちらは暢気に自分の好きな時間に気になる記事についてだけコメントを書かせていただくのでそのことについては恐縮ですという感覚は持っております。

    ブログを辞めてしまった自分はかなり楽をして、今は暇を持て余していると思います。

    朝出勤前、帰宅直後、夕食後と最低3回は更新、コメント返しの生活を続けていたので今は少し寂しくもあります。私ブログは「40代、自己肯定食」というテーマで書いてダイエットや美脚、職場で同僚が配布したお菓子情報や、職場の人間関係で書いていました。

    ところで思わずうっとりしました。マデレーン様のお顔立ちにこのドレスが本当に似合ってますね。
    その意味では皇室にこれが似合う女性はいないかも。純ジャパはドレスが似合わないなと改めて感じました。

    上皇后の体調不良の件については、お引越しが遅れていると女性誌(女性自身)の記事を1回見た覚えがあります。

    その点は書かれたくなかったのかな、と理由を推測していました。

    生前退位、お引越し両方とも上皇夫妻の意向で強いお気持ち、国民にビデオレターまで撮影したのだから、新皇后上げの記事が続いて忘れられたくなくて難癖つけたにしても因果応報だなあと思います。
    わざわざ週刊誌が、とやらなくてもいいのにね。

    • mayu より:

      洗浄液ありすさん

      コメントは好きな時に書きたい時です(^^)
      ブログを辞めると楽でしょうねぇ。
      でもお仕事をしながらのブログは大変だったと思います。

      私はたまに孫守り、高齢者関連などで動きますが仕事をしていないので
      ブログは時間潰しには良いです(笑)
      それに忙しいとか具合悪ければ書かないので適当にやってます。

      うーーん、確かに欧州王室の王族に比べると体型も違いますが
      身長のある佳子さま、承子さまなら着られると思いました。
      ボリュウムのある眞子さまも大丈夫なのでは。
      日本人に合ったデザインで可愛らしい感じのドレスを着て欲しいです。

      美智子さまのストレスになった週刊誌記事ってなんなのか?
      9月以降の記事だそうですが、美智子さまほど週刊誌を見ないので
      分からないんですよね(笑)
      週刊誌に悪く書かれないように口封じでしょ、これで二回目ネ。

  2. メープル より:

    まゆさん、こんにちは。昨日今日とゴージャスな記事をありがとうございます。

    スウェーデン王室の女性方のドレスは本当に豪華ですね。体格もおよろしいのでドレスに負けず見栄えがします。

    今回私が一番素敵だなと思ったのは、今日のソフィア妃のバラのモチーフドレスです。シースルーに花が散りばめられていて、可愛らしくもあります。

    次はマデレーン王女のシースルーと花のドレス。ソフィア妃のドレいるスより大人っぽくて、スカート部分も少しボリュームがあり、そこに全体的に花がいっぱい。はぁ~、もうため息が出るほど素敵です。

    シルビア王妃もビクトリア王太子も気品と貫禄がありますね。ビクトリア王太子のパフパフの袖がボリュームたっぷりで圧巻って感じです。全くドレスに負けてませんね。はぁ~、ステキです。

    日本の着物というのは、形は直線的で特に面白みがあるものではありませんが、着物や帯の生地の素材とか、染め、刺繍などで豪華さが違ってくると思うので、ドレスのようなゴージャスさが目立たないかもしれません。

    たぶん、外国の方とかだったりすると、興味があったりそれなりに見る目がないと、その価値と言うか、深いところまで味わえないのかもしれませんね。

    そうそう、外国の人は「夏の浴衣」を「着物(豪華な方の)」だと思っている人って多いみたいですよ。日本人なら誰でも「着物」の着付けが出来るとか。

    • mayu より:

      メープルさん

      ソフィア妃のドレスは評判いいですねぇ。
      いかにふわふわラブリーなドレスに飢えているか、皇室ではこのような
      ドレスを着用する方がいないからでしょうね。

      シースルー、透け感のあるレース、シフォンなどたっぷり使った
      お姫様のようなドレスを若い女性皇族が着たら華やかでしょうに。
      スウェーデン王室も世界に配信されるので気合いを入れています(^^)

      日本の着物姿もドレスに負けないくらい綺麗で豪華です。
      手が込んで繊細な模様、刺繍など世界に誇れる民族衣装で
      特に振り袖を着たらドレスに負けないくらい素晴らしいと思います。

      皇室、ドレスは地味な定番物が多いけど、イザとなったら着物ですね。

      外国の方、浴衣を豪華な着物と思い込んでいるとは、本物の着物を見たら
      どう思うかしら~びっくりでしょう(^^)

  3. ramiri より:

    mayuさん、おはようございます。とにかく眼福ですね。ありがとうございます。
    先ほどエラーが発生し、送れませんでした。
    急に寒くなり風邪気味になってしまいました。今日は出る用事もないので、引きこもり、治してしまおうと考えています。

    • mayu より:

      ラミリーさん

      エラーが出たのですか? 原因不明です。
      あちこちいじると変になりそうで触れなくなりました(苦笑)
      私も今日は引き篭もり、つうか大抵引き篭もっていますが。
      風邪気味が本格的な風邪にならないうちに治すのが一番ですね。

      • ramiri より:

        mayuさん、返信ありがとうございます。エラーは、4文字の中で読み辛い字があり、「た」か「に」かわからなかったんです。どっちを選んだか忘れましたが、間違いだったのだと思います。

        さて、5ちゃんねるを眺めていたら「上皇后様、出血伴う嘔吐。激ヤセ体重も戻らず」ですと。しかしながら書き込みしてる人、雅子様と勘違いしてもう引退しろだの、天皇は後妻もらえだの。一般人なんてこんなもの。奇妙な国ですねー。。

        • mayu より:

          ラミリーさん

          四文字、「かな」なのにわからない時ありますぅ。
          激やせと書かれていたのですか。高齢者は痩せて枯れていくものですが。
          雅子さまと勘違いですか、勘違いでもいいから雅子さまも
          引退しても良いんですけど(^^;)

  4. nono より:

    mayuさんこんばんは!嬉しい目の保養を有り難うございます!シルビア王妃も国王陛下も、美男美女でいらして、本当に眼福です♪
    仰るように、ソフィア妃やマデレーン王女のドレスは佳子さまによくお似合いになるでしょう!こういうスタイルのドレス、着てほしいですねぇ(* ´ ▽ ` *)
    王太子のドレスは、あれですかね、欧州の流行りなんでしょうか(^o^;)
    ただ、ヴィクトリア王太子だからこそ着こなせる色や形かなと思いました!
    mayuさんのお話の通り、ダニエル殿下はすっかり王族の風格です!英国のエディンバラ公とちがい、確かサラリーマンから王室に入られたんですよね!
    日本にもここまで風格の出るかたがいるなら(旧宮家男系男子か旧華族とか)姫宮達のお婿さんに是非、と思う気持ちです…。
    欧州王室が羨ましい!

    • mayu より:

      nonoさん

      あちこち苦手な英語を酷使して検索で探しました(苦笑)
      もっと沢山画像があるのですが載せきれませんでした。
      スウェーデンは美男美女が多い国だそうで、ダニエル殿下はあれで
      普通の男性のうちに入るとか、それでも王室も美男美女揃いですよねぇ。

      ヴィクトリア王太子のドレスは流行りなのか、古いのかわかりません(^^;)
      今年のヴィクトリア王太子のドレスは2着個性的でした。

      ダニエル殿下はジム経営者で、拒食症になって痩せていた当時の
      ヴィクトリア王女のトレーナーをしていて恋に落ちたんだそうです。
      婿入り教育が6年~8年と言われていて、結果が出ましたね。
      それと場数を踏んで慣れてきたことも大いにありそうです。
      無駄なプライドも無さそうなので、良い王配殿下になると思います。
      日本もお妃教育はしっかりした方が良いですね。

  5. イリス より:

    mayuさん、うれしい記事アップありがとうございます!

    ガラッと雰囲気も変わって、眩いばかりの美の競演ですね(^ ^)
    王妃さまは、mayuさんの仰るように、私も左肩のリボンがステキだと思いました。輝くロイヤルブルーの美しさも際だって、お年を全く感じさせない方ですね。
    王太子さまのドレスは、やはり独特の存在感ですね〜(笑)。でもさすが、赤に負けないオーラでいらっしゃる。ティアラのデザインは、この日の方が好きかもです。
    ソフィア妃のドレス、可憐なバラが溢れるデザインですね(^-^)とてもお似合いです。それにお背中のリボンのブローチの可愛いこと!大好きなモチーフです。
    マデレーン王女さまも、流れるようなラインでお花が散りばめられていて、ロマンティックですね。後ろ姿も本当にお綺麗です。
    おこがましいながら、マデレーン王女さまのドレスに少しだけ似たデザインを先日着ました。私は膝辺りから下の方にだけお花を散らしたものでしたが…お花は気分を明るくしてくれますね。コンディションが今ひとつでちょっとナーバスでしたが、ドレスでかなり気分も助けられました。ファッションの力って、やっぱり大きいですね(^ ^)

    mayuさんの聖書朗読、落ち着いた良いお声でいらしたのだろうと思います☆b
    仰る通り、年齢と共に少しずつ、声は低く・重くなるのですが、それを活かしたレパートリーも広がります。女性のアルトは魅力的で、憧れます。中低音が美しく響く日本女性は少ないので、mayuさんの持ち味になられていると思います〜(^ ^)

    • mayu より:

      イリスさん

      授賞式の時より良い感じだと思いました。
      色もロイヤルブルー、赤、ピンク系で華やかで王室の晩餐会にピッタリ。

      スウェーデン王室には一体どれだけティアラがあるんだろう、と思うくらい
      沢山あるのが羨ましい~洋装伝統の長さでは日本は適わないですね。

      透ける生地に花のモチーフを沢山着けて、手の込んだドレスで
      お値段もそれなりに高いのでしょうが見た目は良いです。

      イリスさん、マデレーン王女の着たドレスに似たドレスを着用されたのですか(^^)
      良いですねぇ~~舞台衣装で見栄えもしたことでしょうし、気分も良くなりますね。

      私は話す時と歌った時の声が違うと良く言われるんです。
      普通に話すとアルトだそうです。交代制で3ヶ月1回くらいミサの聖書朗読の他に
      復活前夜祭でも何度か朗読しました。そこそこ上手いと言われていましたが
      今はどうかな~たまに音読するのも良いですね。

      • イリス より:

        mayuさん、ご返信ありがとうございます!
        本当にステキなドレスとティアラの数々で、目も心も幸せです。バランスなどの勉強にもなりました(^ ^)仰る通りどのドレスもとても凝っていて、発色も光沢もラインも美しいですね〜。
        はい、王女さまのドレスに少し似た感じでした。いつも演奏家用のドレス店で選ぶのですが、たまにデザインを少しだけ変えていただいたりします。いわば業務用ですので(笑)、わりとリーズナブルに融通を利かせてくださいます(^ ^)
        演奏のしやすさなどの制約はありますが、季節や作品のテーマに添った色やラインのものを選ぶようにしています。
        わ〜mayuさん、徹夜祭の朗読も!さすが、まさにほぼ主役のご活躍☆やっぱりお声の良さの証ですね〜(^ ^)
        私は、朗読は全く経験がなくて…。ピンチヒッターで、答唱の詩篇唱と、諸聖人連願の聖人名を歌ったくらいです(^^;
        歌う声と話す声がかなり違う声楽家、わりといます。
        きっとmayuさんのお話し声は、アルトの美点でもある、柔らかで深みのある、聞く方に心地良い響きでいらっしゃるのでは…と思いました。何より、声はその人を映す鏡でもある、と言われています(^ ^)

        • mayu より:

          イリスさん

          演奏家用のドレス店があるんですね。
          ピアノ演奏など見ると皆さん肩を出して弾きやすそうなドレスを着ています。
          袖があると邪魔なんだろうなぁ~と思いながら観ます。
          そういえば、ヤマハの発表会で私と同年代の講師が肩紐スリップドレスを着ていました。
          どこで買ったのか聞いたらネットから買ったとか。
          ちょっと露出し過ぎで見てる方が恥ずかしかったなぁ(笑)

          朗読は滑舌が意外に良いのと、マイクを通しての声が良く聞こえてお年寄りにも聞こえるとか。
          もう少しゆっくり朗読してくれると更に良いです、と言われました。
          高齢者の多い教会らしいですねぇ。私は聖歌は全く駄目です。
          諸聖人連願の聖人名、これ歌えるのは流石です。長くて息切れしてしまいます。

  6. 狗児 より:

    mayuさん
    記事更新して下さりありがとうございます。
    どのドレスも素敵だと思いましたが、ソフィア妃、マデレーン王女のドレス、特に素晴らしいですね。こういうのを見ると、日本の女性皇族のドレスはガラパゴスだと言われているのが頷けます。ともかく「品が良いこと」を旨としていて、あまりにも面白味に欠けるんでしょうね。けど、そもそも日本人は骨格が華奢なので、大胆に胸が開いたドレスを着こなせたりするのは、承子さま位なんじゃないかな、とも思いますね。

    • mayu より:

      狗児さん

      ソフィア妃とマデレーン王女のドレスは女性らしくて可愛いですよね。
      せめて20代の若い眞子さま、佳子さまがこういうドレスを着てくれると
      皇室も華やかで良いのですが、保守的になっているようで。

      大胆に胸の開いたドレスなら、眞子さまにピッタリじゃないですか。
      承子さまも着こなすでしょう、佳子さまはソフィア妃くらいのドレスが良いですね。
      紀子さまも色白だし綺麗に着こなしそうですが、雅子さまが無理なので
      皇室にこの手のドレス着用は期待しない方が良いのだと思いました。

  7. yuki より:

    まゆさん、あたらしい記事のアップデートありがとうございました。

    皆様のドレスは素敵ですね。私は、このヴィクトリア王太子の赤いドレスは好きです(前日の黒いドレスはそれ程でもありませんが)。ヴィクトリア王太子の個性が出て、とてもお似合いです。これぐらいパフがあってもいいと思います。それにシルビア王女との色の組み合わせも良いです。シルビア王女のドレスもとても素敵です。このシルビア王女のブルーのドレスのデザインは、私は真似て誂えてみたいようにも思います。これだったら、オペラやバレエの鑑賞なども合うかなと思います。

    このストックホルム宮殿は観光で行ったように覚えています。宮殿の詳細はあまり覚えてないんですが、周りの水辺の美しさが格別でした。いつかこんなところに住めたらいいななんて思ったのを覚えています(財布がすられる前の事ですが。)

    • mayu より:

      YUKIさん

      ヴィクトリア王太子のドレス、パフが大きいのでスカート部分も
      もう少し広がりのあったら可愛いだろうな、と思いました。
      シルビア王妃のドレスはヴィクトリア王太子が着ても違和感なしで
      誰にでも似合いそうで、YUKIさん凄いじゃないですか~誂えて貰って
      オペラ、バレエ鑑賞とは・・・フランスでは一般的なことでしょうか。

      日本は北欧ブームでスウェーデン発の家具も大人気ですが
      私は今以上寒い所に住むのは嫌だぁ~です(苦笑)

      • yuki より:

        まゆさん、ご返信ありがとうございました。

        このシルビア王女のドレスは、もちろん何百万円もするドレスだと思うんですが、デザインを見るとなんどなく、同じようなの誂えられると思いませんか。。なので、このような感じのを誂えると10万円ぐらいで誂えられるかもしれないかななんて。。パリはファッション産業は凄いですから、上手なお針子さんが沢山いるようです。古くなった洋服も、皆さん、お直しのに出して、長く着ているようです。お直しのお店は街中に沢山あります。

        オペラやバレエの公演は、ロングドレスでなくてもいいですし、カジュアルでも全く問題ないんですよね。。でも、大晦日や特別な公演の際にはロングドレスも多く、着物の方もいらっしゃいました。数年前に、ウイ-ンでツ-ランドットのオペラに行った時には、夫はタキシードで私はバレンチノのミデイ丈のドレスだったんですが、少し気張りすぎたかなとも思ったんですが、居心地悪いと言う程ではありませんでした。

        北欧家具もいいですね。シンプルな白木っぽい感じなので、日本の住居にも合う感じはします。確か、秋篠宮さまがフィンランドで家具を見学されたとかも見ましたが。。フランスでも若い人たちの間では北欧家具のようなのは人気だと思います。でも、高級なのではなく、先ず、イケアを買ったりしているようですけどね。。

        • mayu より:

          YUKIさん

          デザインと生地の色を少し真似れば安く作れそうですね。
          とはいえ10万円。でも誂えて貰うんだったら10万くらいはしますね。
          私なんかピンハ系スカートだけで8万円くらいの買ったことあるし((((゚Д゚))))
          おめかしして出掛ける所がなくて・・・やっぱりピアノレッスン再開しようかな。
          発表会なら何を着ても良しでたまにはフリフリ着たい~

          北欧ブームは「カモメ食堂」という映画からだったと思います。
          私は退屈でやーーっと観ました。二度と見なくてもいいです。
          イケアが流行ってますが、ソファーも組み立て式? なんだかなぁ。
          若い方が好きみたいです。

          • yuki より:

            まゆさん、ピアノレッスンは是非再会された方がいいと思いますよ。そして、発表会。前に写真を出されていましたが、バラのお花のロングスカート素敵でしたね。お花柄は今年も流行っているようです。ピアノなんて、とても優雅で素敵な趣味ですし、ドレスアップする機会もあるし、是非是非再会されるといいですね。人生短いですから、人がなんと言おうと好きな事(出来る範囲で)をした方がいいなんて、私は思います。

            • mayu より:

              YUKIさん

              ピアノ教室まで運転できなくなってお休みしているのですが
              本店がリニューアル、改装中で本店の方が近い、レッスン室も作るとのことなので
              改装が終わったら再開しようかと思ってます。
              私のピアノは優雅じゃないですよ~小学生低学年より酷いかも(笑)

  8. ミラージュ より:

    mayuさん、こんばんは。
    新しい記事アップありがとうございます。
    この晩餐会、ティアラは色石ではなく、ダイヤモンドに統一されたようですっきりとしてますね。
    ヴィクトリア王女のドレス、ロングドレスではなく、パフのボリュームを少なくして、ミモレ丈のワンピースなら普通に素敵かもしれません。
    赤毛のアンが憧れた、パフスリーブがあああいう袖ですよね?

    ソフィ妃とマデレーン王女のドレスはどちらも超素敵っ!
    そういえば、山中伸弥教授は授賞式晩餐会でマデレーン王女のお隣でした。
    関西人の教授はいつも何かしら人を笑わせるのが好きらしいので王女にも何か言って笑わせたかもです。

    オニール氏は、称号を辞退されたのですか? 王女の配偶者には称号等与えないのだと思っていました。
    スウェーデン王室の慣習なのかしら。
    他の国でも配偶者は一般人のままが多い気がするのですが、実態はどうなんでしょう。
    日本で女性宮家を作ったとしても、欧州王室に習って配偶者は皇族にしない
    と理由付け出来るかもしれないと思っていたのですが、配偶者に称号を与えるのがスタンダードだと、日本でもそうなりそうで不安です。

    • mayu より:

      ミラージュさん

      本当、今回のティアラは色物宝石がないですね。
      赤毛のアンの時代のパフスリーブは確かに大きかったですねぇ。
      デザインが古い感じで、もしかしたらシルビア王妃が着用したドレスの
      お下がりじゃないか?と思ったくらいでした。

      山中教授もマデレーン王女の隣でしたか、毎年書いているのに忘れていました(^^;)
      マデレーン王女とソフィ妃のドレスはラブリーで好きですねぇ。
      皇室もこんなドレスを着たら眼福なのですが・・・

      スウェーデン王室ウォッチングをして10年くらいかな?
      ヴィクトリア王太子とダニエル殿下が婚約した頃から見ていましたが
      結婚した当時はオニール氏は実業家で称号は辞退した、との報道でした。
      以前はノーベル賞にも出席していましたが、タイは付けていませんでした。

      日本は降嫁すると、例えば、清子内親王、絢子女王の称号が無くなりますが
      欧州王室では結婚しても、例えばアン王女とかマデレーン王女の称号がつくので
      今の所、皇室と王室の違いはあるので女性宮家創設でどうなるかはわからないですね。

      圭殿下は絶対に拒否、嫌です。

  9. 白雪山羊 より:

    mayuさん、こんばんは。
    宮殿での晩餐会の画像、ありがとうございます。

    mayuさんの仰る様に、シルビア王妃はスタイルが良いですね。何か秘訣があるのでしょうか。ヴィクトリア王太子のドレスはこれまた個性的で…(^^;

    ソフィア妃のドレスの薔薇(?)のモチーフ、花がこぼれているみたいで素敵です!肩から背中にかけての画像、見入ってしまいました…細かいですね~
    こういったドレス、女性皇族方もお召しになっていただきたいです。

    マデレーン王女のドレスも、胸元の開きを控えめにしたら着られそうな感じがします。
    吉野さん、王女様とどんなお話をなさったんでしょう♪

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      シルビア王妃は私がスウェーデン王室ウォッチングしていた10年くらい前に
      比べると体型もメリハリが無くなりましたが、中年太りがないのが
      凄いな~と思いました。
      ヴィクトリア王太子のドレスは皇室では無理そうですが、他3人の
      ドレスは皇族方でも着られそうですよね。着て欲しいのです。
      花のモチーフを使ったりふんわりしたドレスを着たのをみたいものです。
      吉野さんとマデレーン王女のツーショットを見られて良かった(^^)

タイトルとURLをコピーしました