国賓でイギリスを訪問したトランプ米大統領とメラニア夫人。
英国ではトランプ大統領に対する抗議反対デモがあったりしていますが、
私が注目するのはイギリス王室だけ、すみません(^^;)
トランプ大統領夫妻が国賓として訪日した時と訪英では所どころに違いが見えます。

メラニア夫人が帽子を着用、日本では帽子の着用無し。
晩餐会では正装中の正装、燕尾服にホワイトタイ。日本はブラックタイでした。
エリザベス女王はじめ王族方はティアラ、サッシュを使用、日本は無しでした。
お迎えするイギリス王室、晩餐会は大ぶりの花で飾り、なかなか豪華です。

画像出典 dailymail online、newmyroyals (newmyroyals の画像はほぼdailymail onlineが出典です)

衣装被りなどガタガタうるさく言うのは日本の皇室だけなのか、と思うくらい
女性王族とメラニア夫人はホワイトドレスを着用していました。
メラニア夫人の白と紺のタイトなワンピース、素敵ですねぇ。
正式な場では帽子が必須アイティムなイギリスではメラニア夫人もお揃いの
帽子を被り日本でのイメージと違って見えます。
以下から晩餐会です、エリザベス女王のティアラは毎回豪華です。


イギリス王室晩餐会

エリザベス女王、キャサリン妃、アン王女、カミラ夫人、メラニー夫人
ホワイト系のドレスです。まさかホワイト系で統一したのか?と思うくらいですが、
他の出席者は色物を着用していました。
メラニア夫人のドレスはクリスチャンディオールだそうです。
メラニア夫人はバックを持たないんですね。

注目してください。カミラ夫人、キャサリン妃、アン王女は小さいクラッチバックを
持っていますが、腹乗せはしていません。クラッチバックは小さければ小さいほど
フォーマルだと言われ、眼鏡ケースかと間違うようなクラッチバックを持つ
女性王族もいます。決して小ぶりとは思えないクラッチバックを腹乗せしながら歩くのは
見た目が悪いことがよーーーく分かります。

トランプ米大統領は3日、英国を国賓訪問した。訪問初日はエリザベス女王の歓迎
セレモニーやバッキンガム宮殿での晩さん会に出席するなど、英王室との交流行事
に臨んだ。訪問は3日間の日程で、両国の「特別な関係」を確認し、貿易や国家安全保障
の関係強化を目指す。バッキンガム宮殿に到着したトランプ氏とメラニア夫人は、
エリザベス女王とチャールズ皇太子らの出迎えを受け、昼食会に臨んだ。
その後、アンドリュー皇太子らとウェストミンスター寺院を訪れ、無名戦士の墓に献花し、
チャールズ皇太子の公邸で行われた茶会に参加した。
夜にはエリザベス女王主催でバッキンガム宮殿で開かれた晩さん会に出席。
トランプ氏はスピーチで「両国の結びつきは永遠だ」と強調した。
女王は「将来に目を向けると、共通の価値観や利益により、両国が今後も結束することを
確信している」とあいさつした。引用 ライブドアニュース

歓迎式典

トランプ大統領 イギリス晩餐会

画像出典 dailymail online 以下沢山の画像がアップされていますので
良かったら見てください。ちょっと重いサイトです。
https://www.dailymail.co.uk/news/article-7098297/The-Donald-landed-President-Trump-Lady-Melania-touch-London.html




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事しませんのでご了承ください。
*お問い合わせからのメールには基本、返信しませんのでご了承ください。
*コメントが多い、多忙、疲れている時はコメ返しを省略することもあります。
*別館はリンクコーナーにあります。