スウェーデンの首都ストックホルムで10日、2019年ノーベル賞授賞式が行われ、
日本からは吉野彰氏にノーベル化学賞が授与された。
授賞式を終えた後は、妻の久美子さんと晩餐会に出席されました。


授賞式ではカール・グスタフ国王、シルビア王妃、ヴィクトリア王太子の三人が
前列に座りカールフィリップ王子、ダニエル殿下、などは後ろの席です。
エステル王女が成人されたら、多分前列に座ると思います。

【訂正】前列は国王と王妃でヴィクトリア王太子も後ろでダニエル殿下の隣にいました。

スウェーデン王室の女性王族方のティアラ、ドレスなど目の保養をしましょう。



シルビア王妃

シルビア王妃も75才になりました。ドレスはエリーサーブです。
色も年齢的に王妃にとてもよく似合っています。
このドレスなら露出も少なく皇族でも着られそうだと思いました。

ヴィクトリア王太子

一体ドレスはどうなっているんだろう?新しいようで伝統的なドレスのようでもあり凄いです。ベアトップとオフショルダーをミックスさせたようも見えます。胸元が寄せて上げてをしなくてもグラマーなのでしょうねぇ。

マデレーン王女

今年の授賞式でもマデレーン王女が一番綺麗でした。背中に棒のような物がありなんだろうと思ったら、くるみボタンが並んでいるのでした。スケート選手のコスチュームのように肌色の薄い生地でベアトップドレスの胸元が落ちないように工夫したのかもしれません。ティアラに付いている宝石はアクアマリーン?なんの宝石でしょうか。とても綺麗な色の宝石です。そしてイヤリングがまた大きいので、敢えてネックレス無しにしたのかもしれません。 西洋の薔薇と言われたマデレーン王女も少し老けましたが以前より痩せて綺麗です。

ソフィア妃

ティアラとイヤリングのトルコ石の色に合わせたのか、綺麗なブルーのオフショルダーだけと袖がたっぷりあるドレスでちょっと変わったデザインのドレスでした、ソフィア妃もネックレス無しです。ソフィア妃は背中にタトゥがありますが、気にしないで背中を出しています。こういう所も日本では考えられません。そもそもタトゥのある女性は皇室入りできないでしょう。

画像出典 まとめました。記載漏れがあるかもしれませんm(_ _)m
https://www.harpersbazaar.com/celebrity/latest/a30184963/swedish-royals-nobel-prize-ceremony-2019/
http://www.zimbio.com/photos/Princess+Victoria/Nobel+Prize+Award+Ceremony+2019/bOwWDGGIhdn
http://theroyalsandi.com/home/royal-family-attends-nobel-prizes-ceremony-2019
https://www.svenskdam.se/nobel/basta-bilderna-pa-prinsessan-madeleine-under-nobel-2019/
https://www.afpbb.com/articles/-/3258998

感想

日本の女性皇族では大胆で着用するのが無理だとつくづく思いました(^^;)
あれだけデコルテから胸元まで出すのは欧州王室だから出来る事でしょうね。
ただ、デコルテなど大胆に出さなくても、マデレーン王女のような華やかな色のドレスを
着用して欲しいです。シルビア王妃のドレスなら日本の女性皇族でも着られそうです。
ティアラはさすがスウェーデン王室、沢山持ってますねぇ。目の保養になりました。