天皇陛下 ローマ教皇と会見 *自民党甘利氏 女系天皇容認発言 欧州王室は王族減少させています

皇室

天皇陛下、ローマ教皇と会見

出迎えられたのは天皇陛下一人でした。
雅子さまは伊勢帰りでお疲れか、出たくなかったのか。
お会いしたくて仕方ないのでは~と思った美智子さまの姿も無し。
これは当然だと思う、退位したのに会いに行く方がおかしいのでした。

天皇陛下は25日、皇居・宮殿で来日中のローマ教皇(法王)フランシスコと会見された。
陛下が教皇と会われるのは初めて。陛下は宮殿の南車寄せで教皇を出迎え、にこやかに
握手をしながら、あいさつを交わされた。
皇室とバチカンとの交流では、陛下が留学中の昭和59年9月に同国を訪問し、当時の
教皇ヨハネ・パウロ2世とご面会。平成5年9月には、上皇ご夫妻がローマ郊外で、
ヨハネ・パウロ2世と会見されている。
また、秋篠宮ご夫妻が28年5月のイタリア公式訪問の際、バチカンに立ち寄り、
教皇フランシスコを表敬訪問されている。記事・画像出典 産経新聞

画像出典
https://mainichi.jp/articles/20191125/k00/00m/040/115000c
https://www.sankei.com/life/news/191125/lif1911250015-n1

秋篠宮ご夫妻はイタリアとの国交樹立150周年にあたりイタリアへ
公式訪問された時にローマ教皇とお会いになりましたが、
美智子さまの場合は1993年9月に「お立ち寄り」されたのでした。

2016.5.12
イタリアを公式訪問中の秋篠宮ご夫妻は12日、バチカンを訪れ、ローマ法王
フランシスコを表敬された。宮内庁によると、皇室による法王表敬は1993年
に天皇、皇后両陛下が当時の法王ヨハネ・パウロ2世と会見して以来。
記事・画像 産経新聞
https://www.sankei.com/photo/daily/news/160512/dly1605120021-n1.html

1993年9月3日カステル・ガンドルフォ離宮 ローマ教皇ヨハネ・パウロ二世と30分会見
画像出典 https://minkara.carview.co.jp/userid/2096003/blog/41808949/

初来日したローマ法王、ヨハネ・パウロ2世と会見される昭和天皇=昭和56年2月24日
画像出典 https://www.sankei.com/life/photos/191122/lif1911220004-p1.html

ローマ教皇、長崎、広島で核廃絶呼びかけメッセージを出しましたが
果たしてカトリック教徒の少ない日本で、どれほど影響力があるのかな。
集まった方々は長崎、広島でご自身か身内が被爆した方々の他に
全国からカトリック信者が記念ミサに預かりたくて各教会でツアーを組んで
教皇目当てに行ったのは確実でしょう。
長崎市では殉教の地「西坂の丘」で祈りと宗教色の濃い来日でもありました。
当然といえば当然です、カトリック教会のトップですから。

約600年振りの生前退位により誕生した教皇で、日本の上皇も真似したか?
欧州王室は前教皇ベネディクト16世が生前退位した2013年以降から
生前退位が続きました。が、生前退位はありましたが教皇が女性に、との
話は一向に聞こえません。当然です、神父になるのは独身男性と決まっているからです。

この伝統を脈々と築いているカトリック教会を日本の皇室も見習ってほしいのですが、
週刊誌、マスコミだけでなく自民党の甘利明氏が24日のフジテレビ番組で
女系天皇「最終的選択として容認すべき」と発言したそうです。

余計な事言うな!


甘利明氏、女系天皇「最終的選択として容認すべき」

自民党の甘利明税調会長は24日のフジテレビ番組で、皇位継承をめぐり、
母方が天皇の血筋を引く女系天皇を認めるべきだとの考えを示した。
皇位継承順位に関し「男系を中心に順位を付け、最終的選択としては
女系も容認すべきだ」と語った。
父方に天皇を持つ女性天皇と異なり、女系天皇は前例がない。
安倍晋三首相は皇位継承のあり方について「古来、男系継承が例外なく行われ
たことの重要性を踏まえ、慎重に検討していきたい」との方針を表明している。
記事出典 産経新聞

24日、テレビはほぼ一日見ないと同じだったので、どの番組かわかりませんが、
テレビで言っちゃっては・・・・
とにかく、悠仁さままでは男系男子で継続、その後に考えたら良いです。
そもそも、女性天皇、女系天皇、賛成ですか?と多数決、国民投票などで
決める事ではないのに、マスコミが世論調査をしてみたり、おかしいんですよ。

欧州王室では規模を縮小し税金を使わない方針にする国が増えてきました。

デンマーク王室では既に直系のクリスチャン王子以外には、18歳の成人後に
公費を割り当てないことを決め18才になると自立することになりました。
スウェーデン王室は孫が増え過ぎたとのことで、日本の皇室では羨ましいのですが

スウェーデン王室は7日、カール・グスタフ国王の孫のうち5人について、
殿下や妃殿下の称号を使わないことになったと発表した。
これにより、国民の税金を受け取る王族一家の人数は縮小する。
対象となる5人については今後も王子や王女、公爵や公爵夫人などの称号は
維持するが、王族としての公務を行うことは期待しないとしている。
記事引用 CNN https://www.cnn.co.jp/world/35143676.html

こちらヴィクトリア王太子ご一家、2人のお子様がいます。画像https://www.elle.com/jp/

カール・フィリップ王子には2人の男の子

マデレーン王女には1男2女の3人の子供がいます。画像出典https://front-row.jp/_ct/17123824

公務減少、税金を使わないようになっています。
少子化の日本も皇族は少なくても良いので、公務減少、国事行為と祭祀を
中心にやっていけば良いのではと思いました。
悠仁さまに女子しか生まれなかった時に、女性天皇を考えるか
皇室を廃止するか、今決めなくても20年後に決めても良いんじゃないかな。


コメント

  1. ミラージュ より:

    mayuさん、おはようございます。
    ローマ教皇の来日はどこの国の元首来日よりも大々的に取り上げられていますね。
    天皇との会見は、昭和天皇のお姿が自然で好感が持てます。椅子もやや向かい会う形ですし。 この時も皇后は同席されていらっしゃらないようですね。
    今回は最初から天皇お一人の予定として発表されてました。
    例の”体調が整えば雅子サマも…”の枕ことばもありませんでした。
    美智子様は本当に会わなかったのかどうか、真相は神のみぞ知る…?

    甘利さん、反響が大きかったからか、慌てて、男系男子が大原則 と付け加えてましたね。 当たり前です。

    女系天皇は論外ですが、女性宮家か旧皇族復帰かを議論開始は20年後では遅いと思います。
    一般的なライフサイクルで見ると、あと10年後にしっかり働ける皇族は、秋篠宮ご夫妻と悠仁様、信子様、彬子様、瑶子様、久子様の7人。 三笠宮姉妹も降嫁したとしたら、5人になってしまいます。
    (眞子様、佳子様、愛子様、承子様は降嫁した後として)
    20年後は更に少なくなり、悠仁様のお子様もまだ未成年。そして万が一女子しか授からなかったとして、その時になって、さあどうしましょ?では間に合いません。
    男系男子を死守するのであれば、旧皇族復帰を今のうちに決めておかなければ守っていけなくなります。
    旧皇族復帰は国民に馴染みがないとマスコミが刷り込んでいますが、今のうちに復帰して頂いて悠仁様世代の方か、更に次の世代からか、皇位継承順位を付ければそんなに違和感はないと思うんですよね。
    男系男子に違和感があると言うのなら、全くのど庶民が天皇になる可能性に違和感を感じないの? と聞いて欲しいです。
    兎に角、国民に馴染む為にも早い方が良いと思うのです。
    その際は後々増えすぎないような対策をとる必要もあります。
    今議論して、旧皇族復帰が決まったとしても、実現するには更に時が必用でしょうから悠長なことを言ってられないのでは?と思っています。

    公務を担える人数に整理する…これが一番なのは言うまでもありません。
    ⚪⚪総裁なんてのが多すぎ。
    欧州王室は国王がある程度の決定権を持っているのか、王室が決めていますね。
    日本はそうはいかないし、只いてくださるだけでありがたい存在…がお嫌みたいですから公務整理は難しいかもですが、案外雅子サマにお任せしたら、じゃんじゃん整理して下さるかもしれませんね。

    • mayu より:

      ミラージュさん

      雅子さまは初めから教皇との会見はなかったのですか。
      返ってスッキリして良かったんじゃないかな。
      歴代の天皇が教皇に会っていますが、押し掛けて会いにいったのは
      上皇夫妻だけでした、秋篠宮ご夫妻は正式にお会いしていますね。
      美智子さまも上皇が生前退位しなければ正式にお会いできたのに
      残念でした~~隠れてコソコソも無かったのでは・・・と思います。

      10年後に公務が出来るのは、内親王、女王方が降嫁しても、天皇皇后、
      愛子さま、秋篠宮ご夫妻、悠仁さま、信子さま、久子さま、8人もいます。
      愛子さまが降嫁しても7人。 悠仁さまには秋篠宮ご夫妻のように早く結婚して
      欲しいものです。 20年後、悠仁さまが結婚されていたら女性皇族が
      1人増えて、天皇皇后、秋篠宮ご夫妻、悠仁さまご夫妻の6名。

      早いほど旧皇族復帰を決めて頂ければ、それに越したことはないですね。
      公務は少なくて良いです、ほんと、〇〇総裁が多過ぎです。
      名誉職などは皇族でなくても結構、鑑賞公務も招待を控えるのが良いです。

      あ・・・雅子さまだったら公務を少なくするのに打って付けの役目かも(笑)

  2. yuki より:

    まゆさん、新しい記事のアップデートありがとうございました。

    教皇さまが来られて長崎に行かれた様子は、こちらのニュースでも報道していました。長崎広島に来られてスピーチされて良かったと思います。

    悠仁さまの代になってから考えればよいと言うのは、まゆさんのご意見と同感です。これは私の妄想なんですが、皇族の皆様は全員が女性宮家を望んでいらっしゃるのではないかと。。そして天皇皇后陛下は愛子さまを天皇とまでは希望していないが女性宮家にしてあげたいのではないかと。。この点では皇族の皆様で利益が一致しているので、落としどころを考えられているのではなんて・・実際はどうなのかわかりませんが。。

    まゆさんもおっしゃるように、海外の王室も縮小しているようですよね。英国の王室もそうみたいですね。海外の国民は王室の経費などについてとても厳しくなっているようです。最近も、アンドリュー王子のチャリティのために海外に行かれる際の警備費の事が出ていたんですが、30回の旅行で25万ポンド(3500万円)ぐらいの出費だそうです。私は、意外に少ないなと思ったんですが、タブロイド紙はこんなに使ってみたいな事を言っています。女性宮家で宮家が増えると警備費も大きいと思うんですよね。私は、女性宮家云々の議論があるなら、全体の経費がどれだけ増えるのかきちんと国民に説明していただきたいです。男女平等とかは全然関係ない議論だと思います。何故なら、皇室の存在自体が庶民と比べると不公平で不条理な存在だからです。

    • mayu より:

      YUKIさん

      カトリック教皇の38年振り来日で日本ってこんなにカトリック信者が
      多いのか~と思ったほどでした。全国から駆け付けた信者が多いのでしょう。

      高円宮家はどうかは分かりませんが、三笠宮家は女性宮家創設しなくても
      彬子さま、瑤子さまが降嫁しない限りは続いてしまいますね。
      皇族減少を盾に、他は眞子さまと小室Kのせいで「愛子さまを天皇に」
      これがネット民の考え、気持ちだと私は思っています。

      今後、日本国民も減少する、皇室に対しての考え方も違ってくる、
      等々で小規模で皇室を維持していくのも有りですよね。

      皇室の存在自体、庶民と比べると不公平で不条理な存在とのことですが
      そもそもは庶民と比べる必要がないでしょ、庶民にはない特権を
      お持ちですから、美智子さまの引っ越し120トン、こんな庶民何処にいますか。
      皇室に生まれる、低所得のワーキングプアな家庭に生まれて
      「親孝行という高校に入れ」と言われ中卒で働く子供もいるし、
      親を選べないってだけでのことです。

      • yuki より:

        まゆさん、ご返信ありがとうございました。

        おっしゃる通り、皇族の生活のような豪華な生活は庶民ではあり得ない事なので、比べる事はできないんですね。だからこそ、国民の生活で重要な男女平等の観点では、女性天皇や女性宮家の議論をすることはできないと思います。社会において男女平等は私は大賛成ですが、女性宮家の議論にはそれを利用されているように思います。

        海外のメディアで、眞子さま関係の記事が出る場合には、何故女性だけが結婚して皇族のタイトルを捨てなければならないのかと言うように書かれています。しかし、降嫁一時金の1億5000万円のことや、いろいろなご公務の事まで書いてある記事はほとんどありません(たまにあります。) これらの新聞は(一流新聞です)、不十分な情報で、男女平等の観点で庶民の関心を引こうとしているように思いました。

        結婚する際に1億5000万円を持って行ける人たちってあまりいないですよね。マンションやお家を買ってもらう人もいるでしょうけど、新婚生活で億ションはなかなかないですよね。話が少しずれてしまいましたが。。

        • mayu より:

          YUKIさん

          男女不平等だから皇室で、皇族に人権、選挙権もないから皇族なので
          こりで男女平等を出して、だから女性宮家、女性天皇は言って欲しくないのですが、
          よくわからない人達が多くて困ったものです。

          海外メディアは皇室独特の慣習が理解できないでしょうねぇ。
          眞子さまと小室Kの結婚がなぜ反対されるのかも理解できないと思います。
          理解してくれと言っても、よほど勉強熱心な方以外は無理だろうと思います。

  3. イリス より:

    mayuさん、記事アップありがとうございます(^ ^)

    教皇さまはもうすぐ83歳になられますが、おみ足がお悪い中でも本当にアクティブな方ですよね。雨の中、飛行機からお降りになったり、献花や黙祷をしてくださったり…お身体のご負担が心配です(><)明日は、お帰りの前に上智にも寄られますね。ご健康が守られますように、お祈りするばかりです。
    美智子さまがお出ましでなくて、色々な意味で良かったです(笑)。ご自身も清貧を旨とされて、貧困の中にある人々に対して分かち合いや助け合いを示される教皇さまと、ご自分の所有物に執着の度が過ぎる美智子さまでは、…まさに対極ですね(*_*)
    上皇陛下と美智子さまは、当時の教皇さまが貴重な短い夏休みを過ごされる離宮に、半ば押しかけるかたちだったのですよね(ーー;)ご年配の信徒の方が、苦々しく仰っていたのをよく覚えています(苦笑)。お得意の「強いお気持ち」を通されたようですね(^^; 結局、このお二人は正式なご面会の機会がないままでしたね。昭和天皇と秋篠宮さまと紀子さまは、正式にご面会されていることは、多くを語っている気もします…。

    甘利さん、本当に余計なことを(・_・;こんな風に騒いで、多感な時期に入られた悠仁さまや、ただでさえ孤軍奮闘でお疲れの紀子さまがお気の毒でなりません…。

    ヨーロッパの王室の方々は、皆さまやはりお美しいですね。表情やポーズも自然で、絵になりますね☆お子さま方も、将来が期待されますね(^。^)

    • mayu より:

      イリスさん

      教皇さま83才でお元気ですよねぇ。
      明日は上智大に寄られるんですよね。 
      かなりハードスケジュールをこなして大したものです。
      寒い日本で風邪など引かれませんように・・・

      美智子さまが出て来られたらガックリでしたが、出て来なくて本当に幸いでした(笑)
      1993年にイタリアに行った時は、いわば押し掛けのようなもので
      正式な招待は受けていませんでした。
      秋篠宮ご夫妻が教皇にお会いした時の待遇とは歴然の差がありましたね。

      週刊誌、メディアが皇族の減少、だから女性宮家創設、女性天皇、女系天皇と
      散々書くのでウンザリしているのに、甘利さんは口が軽すぎです。
      欧州王族を見習うなら(生前退位だの、女性天皇だのと)皇族の減少も
      心配なしです、欧州王室では減らしているんですからね。
      日本の人口もこれから少なくなるので皇族も少なくて良いです。

      欧州王族方は自然体でいらっしゃるのが良いですよね。

      • イリス より:

        mayuさん、ありがとうございます!
        教皇さま、お元気そうで本当に良かったです。ミサのオルガンは、イグナチオの主席オルガニスト浅井寛子先生でした(^^)条件の悪い環境の中、弾き分けや響かせ方も、さすがでした。
        nonoさんのように、真の慈愛を教皇さまに感じてくださる方がいらして、とてもうれしいです(^^)
        秋篠宮さまと紀子さまの正式なご面会の時は、本当にうれしかったです☆ヴァチカンでは、美智子さまはあまり良い印象でなかったりして…なんて(^_^;
        甘利さん、見倣うとしたらmayuさんのご指摘の部分ですよ~(><)と私も思います!
        前のご返信も、もったいないお言葉を恐縮です。ありがとうございます!演奏エピ、mayuさんも80代の方も、とてもステキです(^^)

        • イリス より:

          mayuさん、度々失礼いたしますm(__)m
          上のコメントで、「首席」を「主席」と打ち間違えてしまいました(><)
          教皇さまがご入場の時にお乗りになっていた「パパモービレ」の愛称のオープンカーは、空気を汚さない燃料で、環境破壊にストップを訴えていらっしゃる教皇さまにピッタリでした(^。^)

          • mayu より:

            イリスさん

            教皇が乗られた車には防弾ガラスが無いとか。
            83才まで生きて失うものはなにもないからだとか。
            なかなか言える言葉ではないです。

        • mayu より:

          イリスさん

          流石ですねぇ~~オルガニストまで知っているとは!
          私は教皇さまのミサとかニュースをあまり見なかったんです、
          別のことをやっていたのでテレビを観なかったというか・・・
          イリスさんは教皇のミサに行ったのかな。

          教皇来日、あれだけの人達が集まってテレビでも報道しましたが
          これでカトリック信者が増えるか?と言ったら増えないでしょうネ。
          日本人のミーハーなところを垣間見た感じがしました。
          美智子さまもかなりのミーハーですよね。
          生前退位しなければ公式にお会いできたのに残念でした。

          • イリス より:

            mayuさん、ありがとうございます(^ ^)
            はい、ミサに与りました。mayuさんの仰る通り、商業的なものも絡んで(イベント大得意の電○あたりが仕切っていたのでしょうか。テーマソングも作曲は信徒らしいですが、歌うのはカトリックと関係ないグループでした)、予想はしていたものの、イベント色が強かったです(^^;)
            そんな中、答唱詩篇とアレルヤ唱のシスターのお声が典礼にぴったりの声質で、素晴らしかったです。カトリック学校の聖歌隊も、素直な声で良かったです(^。^)
            信徒はあまり増えないと、私も思います(笑)。もし50万までに増えれば、もう御の字ですよね〜。

            • mayu より:

              イリスさん

              行ったのですかーーー!! 写真に写っていないかな(^^)
              信徒だとはっきり分かるのは、ベールを被っている女性信徒でした。
              テレビで観たところ、アイドルのコンサートのようで教皇グッズ、
              カードなどのアィテムなども売られていて盛況だったようでした。

              やはりその場にいると雰囲気は違うでしょうねぇ。
              皆さま、教皇のミサを預かれるというのでさぞかし感激されたことでしょう。
              カトリックの信徒は減りこそすれ増えることはないと思います。
              S学会と違いシツコイく入信の誘いもしないんですよね。

              とにかく38年振りの来日、次は何年後かわからないのでミサに与れて
              良かったです(^^)

              • イリス より:

                mayuさん、何度も失礼いたします(><)
                与りました〜(^ ^)動画を見たのですが、写っていませんでした(笑)。ヴェールの方、結構いらした感じでした。教皇さまの祈られるお姿やメッセージは、やはり胸に響きました。与れて感謝です。
                まさに仰る通り、アイドルのコンサートのような空気で、グッズは早々に完売とか(笑)。売り上げは、ご来日のテーマに沿った場へ寄付なさるそうです。美智子さまも見倣っていただきたいですね(笑)。
                教皇さまはツイッターもなさるし、メディアを上手に使われる方かもしれません。
                はい、防弾ガラスではないお車です。祈りに生きるお立場の覚悟や使命感に、圧倒されます。…天皇陛下も雅子さまも、こうしたものをよりお持ちいただきたいですね(^_^;)

  4. nono より:

    mayuさんこんばんは!記事の更新有り難うございます。
    カトリック信者ではないですが、優しい空気を感じてミサの動画や集いの会の動画を見ていました。
    慈愛とは、こう言う人を指すのかなと思う次第です(日本の皇后は「慈愛」と枕詞がなぜかつきますね)
    ラミリーさんのいうように、陛下お一人で充分様になります。
    甘利さんに関しては、自分で自分の首を絞めるようだと思います。
    自民党は党首が男系維持側にあると思うのですが…
    少なくともあと50年位先までは悠仁様がいるので、要らない議論です。

    • mayu より:

      nonoさん

      世界でも信者数はダントツに多いカトリックで、そのトップが来日ですからねぇ。
      それに前教皇の生前退位したベネディクト16世より雰囲気は良いですよね。
      日本のカトリック教会はツアーを組んで東京までミサに預かりに行ったはずです。
      何かあるとローマ、バチカンまでもツアーで行きますから。

      天皇と教皇の2人ですっきりして良かったですよね。
      甘利さんもテレビでは余計なことは言って欲しくないです。
      安倍総理が男系男子で継続を考えているのに・・・
      そうです、悠仁さまがいらっしゃるのに、皇族の減少など先の先の話です。

  5. ramiri より:

    mayuさん、ありがとうございます。

    天皇陛下、一応、サマになってますね。お一人でスーツで椅子に腰掛けが、最強だとわかりました。

    自民党が、それ言っちゃお終いでしょう。甘利さん、イヤな目にあって変な勢力に取り込まれた?
    私たちは油断してはいけませんね。

    • mayu より:

      ラミリーさん

      上皇が天皇だった時も、美智子さまがいない方がスッキリしていました。
      いつだったかな? 当時の天皇、皇太子、秋篠宮殿下の3人での出席も
      すっきりして見た目が良かったなぁ。
      自民党も油断ならないなぁ~~皇室に対しては安倍総理の考えに
      同意して貰いたいです。

  6. 白雪山羊 より:

    mayuさん、記事更新ありがとうございます。

    雅子さま、ローマ教皇にお会いしなかったんですか。
    お疲れが出たのか、最初から会わない予定だったのか?何だか解りませんが(^^;

    甘利さん、最終的選択に女系って何なんでしょう。
    ややこしくしていると言うか、何と言うか…(汗)。

    外国の王室は縮小して行く傾向なんですね。
    各国の事情や、国民感情も考えての事だろうけど
    御子様・お孫さんと賑やかなご様子を見ると、ちょっと羨ましくもあります。

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      雅子さまは出て来なかったですね。
      最初から会わない予定だったかもしれませんね。
      ニュースでも雅子さまには一言も触れずでした。
      返って天皇と教皇の2人で良かったと思いました。

      甘利さん、心に思っても余計なことはテレビで言って欲しくないです。
      ホント、ややこしくなってしまいます。

      スウェーデンは国王の孫が多いと国民から言われた為、国王が判断して
      孫はヴィクトリア王太子の子供だけ、他は公務無しで自立でしょうね。
      日本の皇室を見ると羨ましいですよねぇ。男の子4人もいて。
      ヴィクトリア王太子にも男の子が1人でしょ、完璧ですよ。
      オマケに婿になったダニエル殿下も将来の王配殿下にはピッタリの人材でした。

タイトルとURLをコピーしました