上皇上皇后陛下は静養のため24日から那須御用邸に滞在。
静養する暇があったら引っ越しの準備をしたら~?とお思いの方も
多くいらっしゃると思いますが、なかなか引っ越しできない理由を
文春が軽く書いていました。

仮住まいの高輪皇族邸は改修も済ませ30メートル置きに防犯カメラも
つけられ準備万端。しかし肝心の上皇夫妻が、テニスクラブ、
コンサートによくお出まし、人に会う約束も少なくない、引っ越しに
かける時間が少なく、早くても秋頃。

相当の荷物で特に上皇夫妻の書物が多くこれらは職員は選別できないとか。
海外からの寄贈品、工芸品は様々な記念日に合わせて飾って思いを馳せている、
安易に倉庫に移すこともできない。以上文春から簡単に引用

私程度の断捨離でもチンタラ~と5年掛かり、今も少しづつ継続中。
上皇夫妻も生前退位を考えた時から断捨離を始めるべきでしたが、
何しろアクティブな2人なので、3日と御所に居られない(苦笑)
退位前の動きは凄まじかったですからねぇ。
ギリギリまで動き回り返って呆れたものでした。

国宝級の帯、着物は雅子さま、紀子さまにお譲りして
「美智子さまから受け継がれた・・・」と美談にして貰うのが良いでしょう。
マント、皿帽子は誰も着ないので、欲しい人にオークションで売り
売上金を寄付して美談にするとか。
マント、スーツ、皿帽子の3点セットで1万円くらいだったら記念に買います(^^;)



静養のため那須御用邸(栃木県那須町)に滞在中の上皇ご夫妻は25日、
御用邸内の休憩所「嚶鳴(おうめい)亭」周辺を散策された。
ご夫妻は腕を組みながら約20分間ゆっくりと歩き、アカバナシモツケ
などの草花をご鑑賞。上皇さまは11日に一時、強い脳貧血の症状があったが、
報道陣から体調を問われると「大丈夫だと思います」と応じられた。
6月に白内障の手術を受けた上皇后さまも「おかげで無事、済みました」と
笑顔を見せられていた。 記事・産経新聞 画像 産経新聞・時事通信

栃木県の那須御用邸内の休憩所「嚶鳴亭」の周辺を散策される上皇ご夫妻=25日午前(代表撮影)

上皇ご夫妻は24日、静養のため那須御用邸(栃木県那須町)に入られた。
ご夫妻はこの時期に那須での静養を恒例としているが、昨年は西日本豪雨の被災地に配慮し、
静養を見送られていた。御用邸の敷地には「本邸」と「付属邸」があり、これまで本邸を
ご夫妻が、付属邸を天皇ご一家が利用されてきた。今回、ご夫妻はこれまでと同様に本邸に
宿泊され、代替わり後も継続する形がとられるという。
側近によると、ご夫妻も平成当初、本邸の利用は香淳皇后に譲られていたといい、
両陛下が従来通り、ご夫妻の本邸の利用を望まれた。産経新聞

女性セブンの相変わらずの愛子さま絶賛描写に苦笑


紀子さま焦って反転!「雅子さまに倣います」
愛子天皇待望論に遠ざかる悠仁天皇
女性セブン8月8日号

女性セブンはずーっとこの路線で行くのかな(笑)
そのうちNEWSポストセブンに2、3回に分けて記事が載ると思います。

よだれが出るような部分だけ引用させていただきます。

「高校3年生となられた愛子さまには皇族の一員としての自覚が
さらに強くなられ、ご両親やご自身の置かれている立場をよく
理解されています。ご両親との公務の際に見せられる気品を備えた
堂々とした立ち振る舞いから、愛子さまを天皇に、という声が上がって
います。」(皇室ジャーナリスト)女性セブン引用

愛子さま元に戻って太ってから両親と一緒の公務って見たことがないのですが( ゚Д゚)
痩せ始めた時は、山の日に同行したり鑑賞にも同行していましたけど、
太って元に戻られてからは映画鑑賞に同行した記憶しかありません。

いくら愛子さまを褒めても、現状では悠仁さまが天皇になります。
【お願い】
*HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*私に対するしつこいコメントは載せないことにしました。
*匿名でのアホ、バカなどのコメントも載せません。
*非公開のコメントには表でもお返事しませんのでご了承ください。
*お問い合わせからのメールには基本、返信しませんのでご了承ください。
*コメントが多い、多忙、疲れている時はコメ返しを省略することもあります。
*別館はリンクコーナーにあります。