雅子さまの画像を見ると目の下にクマができて、どことなく
お疲れ気味のように見えます。皇后になってからフル活動で
今までスルーしていたこともしなければならない。
大丈夫なのでしょうか? そろそろ「体調の波」を使った方が良いのでは。

桂宮さまが亡くなってから5年となった8日午後、東京都文京区の豊島岡墓地で
五年式年祭の「墓所祭」が営まれた
天皇、皇后両陛下は慣例で参列せず、同日夕、桂宮さまの墓を参拝された。
9日には上皇ご夫妻が参拝する予定。
墓所祭には母親の三笠宮妃百合子さま(96)ら皇族方が参列。
両陛下や上皇ご夫妻の使者に続き、百合子さまが車いすから立ち上がり、墓前に
玉串をささげ拝礼した。両陛下は午後5時前に墓を訪れ、玉串をささげ拝礼。
帰り際、百合子さまと三笠宮家の彬子さまに声を掛けていた。時事通信


桂宮宜仁親王

皇室ブログではよく三笠宮大殿下と書かれる、三笠宮崇仁殿下(享年100才)と
三笠宮百合子妃殿下(96才)の次男、一応 生涯独身で宮家を創設、66才で薨去。
一応と書いたのは、長年お世話をしていた女性がいたが結婚はしなかったと
いうことも含めて。
兄の三笠宮寛仁殿下、66才で薨去。配偶者は信子妃殿下。
弟の高円宮憲仁殿下、47才で薨去。配偶者は久子妃殿下。

三笠宮崇仁殿下、百合子妃殿下は三男二女儲けましたが、三人の男子全員が
今の時代では早死で、子供の替わりのように、三笠宮大殿下100才まで生きて、
百合子妃殿下96才と超長寿です。
なんだかな~あまりにも順番が違い、三人の男子を親が見送るとは
なんの罰ゲームかと思うくらいです。

そして毎回、三笠宮家の葬儀、法事に長男寛仁殿下の伴侶だった
信子妃殿下はこういう席には出席されません。
百合子妃殿下の意思なのか、母娘関係の良くない彬子さまの意思なのか。
いずれ百合子妃殿下が薨去された場合、三笠宮家の当主になるのは誰か。
普通は信子妃殿下になるのですが、彬子さまが当主になると言い出すような?

三笠宮姉妹は長女の彬子さまが、12月20日生まれで今は37才。
次女の瑤子さまが10月25日生まれて、今は35才です。
いつの間にかアラフォーですが、お二人は結婚は難しそう。
高円宮姉妹と比べると身体があまり丈夫ではないようですしねぇ。




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事しませんのでご了承ください。
*お問い合わせからのメールには基本、返信しませんのでご了承ください。
*コメントが多い、多忙、疲れている時はコメ返しを省略することもあります。
*別館はリンクコーナーにあります。