天皇陛下(第125代、御名・明仁=あきひと)は30日午後5時から、皇居・宮殿で、国事行為の退位儀式「退位礼正殿せいでんの儀」に臨まれた。天皇としての最後のお言葉で、「象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に心から感謝します」と謝意を表し、「令和の時代が平和で実り多くあることを皇后と共に心から願います」と述べられた。皇室典範特例法の規定により、陛下は30日をもって85歳で退位、5月1日午前0時に皇太子徳仁なるひと親王殿下が59歳で新たに皇位につかれる。天皇の退位は江戸時代の光格こうかく天皇以来202年ぶり。皇位継承に伴い、元号は「平成」から「令和」に変わる。読売新聞

 

 

今日は午前中から昼過ぎまでスーパー、ムサシに買い物に行きましたが、
スーパーは「平成から令和へ」などの紙(なんていうんだろ(^^;))が
沢山飾られていましたが、火曜、水曜安売りと連休で結構なお客でした。
テレビは朝からずーっと皇室特番で夜まで続きそうです。
私はどうしようかな~~録画したCS宝塚を観ようかな(^^;)

退位礼正殿の儀をテレビの生中継で観ての感想と画像、動画

天皇皇后両陛下のあと、皇太子、雅子さま、秋篠宮殿下と皇族方が続きました。
テレビに写された部分しか拝見できませんが、後ろ姿の瑤子さまの
ローブモンタントがヒップにフィットするタイプなので、瑤子さまのヒップが
大きくモコモコしている、三笠宮信子さま、彬子さまのようなドレス
だったら良かったのに、と思いましたが、三笠宮家は3人薄荷色系で揃えて綺麗でした。
と、こういうところに目がいくオバハンですみません。
美智子さまのローブモンタントは今まで見たことがないので新調したのかも



以下から画像がまだ少ないので動画をキャプチャーしました。画質が悪いです。
綺麗な画像、悠仁さま、愛子さまの画像が出たら随時画像交換、更新します。

 

 

 

 

 

 

2015年7月 トンガ訪問時の雅子さま、可愛く写っている画像をセレクトしました。

雅子さまが入られた時は、一瞬、またあのオランダ王室戴冠式で着用したドレスかと
思いましたが、後半よく映っている映像を見ると、どうやらトンガ訪問した時の
ドレスのようでした。雅子さま、ガチガチに緊張しているように見えました。
儀式は約12分で短かったです。短すぎて、平成が終わった感覚がいまいち無いなぁ。
明日になったらテレビで「令和」連呼するだろうし、「即位の儀」もあるので
それなりに実感するだろうか。即位の儀は今日より楽しみです。
雅子さまのローブモンタント、今回は新調したでしょうねぇ。

そういえば、安倍総理と昭江夫人が宮殿に到着した映像も見ましたが
昭江夫人のお着物が豪華でした。よく似合っていました。

 

退位礼正殿の儀における天皇陛下のおことば

今日(こんにち)をもち、天皇としての務めを終えることになりました。
ただ今、国民を代表して、安倍内閣総理大臣の述べられた言葉に、深く謝意を表します。
即位から三十年、これまでの天皇としての務めを、国民への深い信頼と敬愛をもって
行い得たことは、幸せなことでした。
象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します。
明日(あす)から始まる新しい令和の時代が、平和で実り多くあることを、皇后と共に
心から願い、ここに我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります。

安倍総理による「国民代表の辞」

謹んで申し上げます。
天皇陛下におかれましては、皇室典範特例法の定めるところにより、本日をもちましてご退位されます。平成の30年、「内(うち)平(たい)らかに外(そと)成(な)る」との思いの下、私たちは天皇陛下と共に歩みを進めてまいりました。この間、天皇陛下は、国の安寧と国民の幸せを願われ、一つ一つのご公務を、心を込めてお務めになり、日本国および日本国民統合の象徴としての責務を果たしてこられました。わが国は、平和と繁栄を享受する一方で、相次ぐ大きな自然災害など、幾多の困難にも直面しました。そのような時、天皇陛下は、皇后陛下とご一緒に、国民に寄り添い、被災者の身近で励まされ、国民に明日への勇気と希望を与えてくださいました。本日ここにご退位の日を迎え、これまでの年月(としつき)を顧み、いかなる時も国民と苦楽を共にされた天皇陛下の御心(みこころ)に思いを致し、深い敬愛と感謝の念を今一度新たにする次第であります。私たちは、これまでの天皇陛下の歩みを胸に刻みながら、平和で、希望に満ちあふれ、誇りある日本の輝かしい未来を創り上げていくため、さらに最善の努力を尽くしてまいります。天皇皇后両陛下には、末永くお健やかであらせられますことを願ってやみません。ここに、天皇皇后両陛下に心からの感謝を申し上げ、皇室の一層のご繁栄をお祈り申し上げます。




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い、多忙、疲れている時はコメ返しを省略することもあります。
*別館はリンクコーナーにあります。