美智子さまが雅子さまを苛めたとネットに書かれご心痛 苛められたのは紀子さまです

上皇上皇后陛下

美智子さまご心痛「雅子さまへのいじめ」心なき誹謗が!
女性自身 2019年8月6日号

見出しだけを見ると、雅子さまへのいじめ、誹謗があり
美智子さまがご心痛かと思ったら違っていました。
ヤフーニュースのヤフコメで美智子さまの白内障手術について、
<病気だ、体調アピールする年寄りに限って元気だよね>
<いろんな理由をつけて引っ越しを先延ばしにして、権力を
誇示しているのですか?>
など、美智子さまの体調を案じるどころか心ない言葉が並んでいる。

さらにTwitter上には
<皇后雅子さまは上皇夫妻に25年間いじめられてきたの、本当に
理不尽だったと思う>
<雅子皇后陛下の活躍をもう妨害したり口出ししないで、静かに
隠居生活をしていただきたいと心から願います>

雅子さまは美智子さまにいじめられ続けてきた、そんなツイートが
目立ちはじめているのだ。 女性自身から引用

84才の美智子さま、週刊誌はマメに読んでいるとのことでしたが
パソコン、スマホをするの?と思ったら

2012年、上皇陛下が心臓の冠動脈バイパス手術を受けられた際、
パソコンを駆使してリハビリの勉強をされた。女性自身から引用

美智子さまの古くからの友人のFacebookも見ていたそうで
美智子さまはパソコンができるようです。

じゃあ皇室関連のブログを見ている可能性も有りですね

即位していらい、数々の公務をパーフェクトにこなされ
雅子さまの急激な快復は、雅子さまをいじめてきた美智子さまが
表舞台から身を引かれたからに違いない、そんな憶測に繋がっているのでは。
皇室担当記者・女性自身から引用

私はヤフコメは見る時がありますが、スマホを持っていないので
(パソコンでも出来るみたいですが)Twitter、他 SNSはやらないので
皇室関連のTwitterを詳細に見ることはないでのですが、即位以後
皇后になってからの快復には正直驚きました。

今までの「体調の波」「暖かく見守って」「体調を考慮して」等々
あれはなんだったのか?と思いました。
最近はまた皇太子時代に戻ったようですが・・・


美智子さまが雅子さまをいじめていた、これは無いでしょう。


2018年 去年の日本赤十字大会での一コマです。


2014年 オランダ国王夫妻をお見送りする際に雅子さまを前面に出しました。

寧ろ苛められたというよりも厳しくされたのは紀子さまです。

紀子さまは入内してから一生懸命皇室に慣れよう、
皇族らしい振舞いをしようと努力されてきましたが、どうしても
美智子さまから注意を受ける為、美智子さまの公務をビデオで見て
美智子さまをお手本にしてきた、とのことです。

美智子さま、自分の好みを紀子さまに押し付けています。

悠仁さま誕生の時は1つだけ靴を持って病院へ面会に行きました。両足の靴じゃなく1個です。

それに、一番酷かったのは、佳子さまを出産された後に産児制限されたことです。
なかなかお子様に恵まれなかった当時の皇太子夫妻、雅子さまを気遣っての
ことだと思われます。

雅子さまが静養に入られてからは、皇太子も一緒に静養か?と思うほど
公務が少なく、そのしわ寄せは秋篠宮ご夫妻にいってしまいました。

多忙過ぎた秋篠宮ご夫妻は、思春期になっていた眞子さま、佳子さまの
子育てにもじっくり時間を作ることが出来なかったでしょう。

雅子さま長期療養の二次被害は秋篠宮ご夫妻、とりわけ紀子さまに行きました。
個人を尊重する子育てにならざるを得なかった。
眞子さまと小室Kの問題が出てから、秋篠宮家批判、紀子さま批判が
物凄いのですが、根底にあるものは、動かなかった皇太子夫妻の
替わりに動き多忙を極めたことにあると思います。

職員が足りないとの訴えに宮内庁も対策を取りませんでした。
当時の天皇、美智子さまが宮内庁に一声掛けてくれても良かったはずなのに
それもなく、働かせるだけ働かせました。今も同じです。

眞子さまと小室Kの問題も美智子さまの鶴の一声で「裁可取り消し」も
できたと思うんです。週刊誌には「心配している」などと書かていますが
今更何を言っているのかとシラケます。本当に心配し小室Kでは駄目だと思ったら
さっさと「裁可取り消し」だけでもやってよね!

美智子さまと言う方は、自分が悪く言われるのが大嫌いな方なのです。
だから、このような記事を書かせた、究極の自己中だと思います。

以下の記事は雅子さまいじめとは関係ないのですが、紀子さまが
美智子さまに対して足元が崩れるような震えるような不安をお持ちのようです、
紀子様は”皇后陛下に合わせる顔が ない”とお嘆きになっていると言う。
などが書かれています。信用できない女性セブンですが(苦笑)良かったら
再度読んでみてください。

https://koredeii.com/archives/6559
【お願い】
*HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*私に対するしつこいコメントは載せないことにしました。
*匿名でのアホ、バカなどのコメントも載せません。
*非公開のコメントには表でもお返事しませんのでご了承ください。
*お問い合わせからのメールには基本、返信しませんのでご了承ください。
*コメントが多い、多忙、疲れている時はコメ返しを省略することもあります。



コメント

  1. 塩飴 より:

    片っぽだけの靴について当時読んだ内容を、書かせてください。皇室では、お亡くなりになったかたのお棺に、片方だけの靴をお入れするそうなのです。
    美智子さまのお手元の飾りっぽいお花は白や寒色系で、それもお葬式をイメージさせ、決してお祝いの華やかさはありませんでした。雅子妃のおじいさまでしたっけ、窒素会長だったかたが亡くなった時には記帳台が設けられたのに、
    悠仁さまご誕生には、設けられませんでした。お誕生を伝えるニュース番組では、アナウンサーたちが喪服もどきの黒っぽい服装だったとも、言われています。
    そもそも、紀子様の産室前には24時間体制で、実弾装備した拳銃携帯の女性警官が複数立ったとのことも、当時聞きました。
    それくらい異常な空気だったのです。

  2. 令和コ より:

    とても参考になりました。何が本当なのか?本当に言ったのか?どれもまた聞きですから。そういう見方もあり、それならば今傷付いていらっしゃる方々が救われれば良いと感じました。特に紀子さま、悪者でなければ嬉しいです。悠仁さまは心配ですけど。まだお小さいですから。ありがとうございました。

  3. siro より:

    こんにちは。朝は涼しかったのに今日も暑いです。

    孫を可愛がらない祖父母、娘の生んだ孫は可愛いけど嫁の生んだ孫は可愛くない、嫁の生んだ孫でも上の子は可愛いけど下の子は嫌い、、、とかあると思います。私(父似)は祖父母に可愛がられましたが、妹(母似)は可愛がられず、それを理由に私は母から可愛がられませんでした。

    高円宮様が言及されていたのを知りませんでしたが、産児制限が事実ということに驚きです。
    男子が何人か生まれた後の産児制限なら分かりますが、女子ばかりだから、、、というのは皇統や皇室の継続について何も考えていないか、いずれ静かに廃止になるのを望んでいるかのようですね。
    さて、一体誰が産児制限をかけたのか???雅子様の入内に小和田父と宮内庁外務省派閥の意向があり、皇太子殿下と雅子妃殿下の男子が欲しかった彼ら(宮内庁)によるものと考えましたが、だとしたら愛子様ご誕生後に紀子様にお願いすることはなかったと思うので、やはり上皇・上皇后のご意向なのかな。。。
    ナルちゃん可愛さや雅子様への負い目だったとしたら、天皇として浅はか過ぎたと思います。
    帝王教育って何なのでしょう。

    私の目がオカシイのかもしれませんが、秋篠宮殿下は昭和天皇に似ているな。。。と思います。常陸宮殿下も昭和天皇に似ています。そして、上皇陛下と清子様は香淳皇后に似ていると思います。で、ナルちゃん陛下は美智子様と似ているような気がします。
    上皇も上皇后も美智子様似のナルちゃんが一番可愛いのかな??

    上皇が皇太子だったころ、ナルちゃんは皇太子となる不自由な身だから甘やかして、自由な身となるアーヤには厳しくする。。。みたいなことを言われたらしいですが、産児制限の頃からアーヤの方が随分と不自由な身になった気がします。そして、上皇・上皇后と天皇の関係は親子ですが、秋篠宮殿下との関係は親子の感情以前に天皇(上皇)と臣下としての関係が優先している気がして、何となく切ないです。

  4. ミラージュ より:

    mayuさん、今日は。

    mayuさんもお婆様から苛めを受けていらしたとのこと、世の中にはそんな祖父母がいることに驚いています。
    mayuおばあちゃんは、お孫さんお二人に等しく愛情を注がれていらっしゃるので祖父母の苛めとは無縁に成長されますね。
    全ての子供が相応しい愛情を受けて成長していけば凶悪犯罪なんて恐ろしいことを起こすような人格破綻者にならずに済むのではないのかしら?と思っています。

    産児制限ですが、宮家に何人親王が誕生されても、直系の皇太子家にとって脅威になることは現代では100%あり得ないと思うので、美智子様の浅知恵としか言いようがないのでは?
    又は、ここでも嫁を気遣う、優しい姑アピール?
    ナル様に原因があるかどうかは分かりませんが、あったとしても、雅子様も30近くで結婚されたのに海外訪問を優先してきて子作りには消極的でした。
    妊娠を隠してベルギーへ行き、お酒もかなり召されて、帰国後流産されました。
    海外へ行きたいのに止められて子作りを強制させられ人格を否定された…と、皇太子妃としとはあり得ない覚悟のなさ。
    それを諌めずに公に庇うナル様も当時は大非難されました。
    最近ではこの一連のことを蒸し返し、雅子様に同情する勢力が女性天皇を認める運動を起こしているようですが、全く筋違いです。
    ベルギーのファビオラ元王妃はご自分にお子様がいらっしゃらなかったけれど義弟の孫をとても可愛がられました。
    美智子様はファビオラ様と親友だったそうですが、こういう姿を雅子様に示されれば良かった。
    序でに、ベルギーは兄→弟で王位継承。
    二人の年の差は3歳なので、弟は飛ばして弟の息子に継承するであろうと、現国王のフィリップ殿下に小さい頃から帝王教育をしたそうです。
    悠仁様が、このフィリップ殿下と同じ立場ですが、特別な帝王教育は今のところされていないどころか、愛子天皇説が世の中を賑わしているのは皆様ご存知の通りです。
    Jpressというサイトに「眞子様の笑顔が印象づける皇室外交の重要性」という記事が上がっています。
    全くの正論なのですが、コメント欄は相変わらず秋篠宮家ディスリのオンパレード。
    眞子様がKKを切らない限りどんなに公務を頑張ってもコメント欄が好意的になることはないでしょうね。
    たかがコメント、一部のアルバイトが書き込みしてるんだから気にすることないかもしれませんが。

    今の皇室のグダグダの大元を質せば、上皇が美智子様に恋してしまったから…。
    ご自分の立場を弁えて恋で終わらせておけば良かった。 それなので、子供、孫にも、立場を弁えろと言えないんじゃないかなと思う今日この頃です。

  5. クロワッサン より:

    片足の靴のプレゼントの件は、別に悪意を持った呪いのプレゼントではないと複数の方が仰ってますが、わたしもそうだと思います。

    ラッピングしない剥き出しの、片足の靴のフラワーアレンジメント。「わたくしが考え抜いた出産祝いは、他の人が考え付かない、本当にセンスが良く洒落ていて、素敵でしょ!」という感じでしょうか。

    皇室の人間関係は、複雑そうで面倒臭そうですが。。。

    • 白雪山羊 より:

      クロワッサンさん

      初めまして。
      mayuさん、場所お借りします。

      私も当時の皇后さまは、それこそ報道のカメラの角度とか
      (角度は大袈裟かな)

      2、3日したら
      雑誌のグラビアに載る事くらい、一番良く解っている御方だと思います(^^;

      下の方にミラージュさんがお書きになってましたが、確かに箱に入っていたりラッピングしてませんね。

      なので、飾りとかそういった類いのものだと思ってますし…思いたいです。
      もう、色々な事が解りませんね(苦笑)。

      • クロワッサン より:

        白雪山羊さん

        そうですよね。白雪山羊さんの仰る通り、カメラの角度とかグラビアに載る事を考えていますよ。

        出産祝いの中身をわざわざ見せて、「どうだ。センス抜群でしょ!」という感じです。

  6. ひろみ より:

    雅子さま万歳
    愛子天皇切望
    秋篠宮家は色々胡散臭いので結構です。
    目に見えて贅沢してますし。
    色んな意見があっていいと思いますよ。
    だって人間だもの。
    私は天皇陛下と雅子皇后を支持してます。

  7. mayu より:

    おはようございます。

    孫を可愛がらない祖父母どころか、孫を苛める祖父母もいます。
    私が当事者で長年の祖母の嫌がらせ、苛めによりストレスで
    身体を壊しました。 原因は途中から同居、母と仲が悪かった、
    祖母の性格の悪さが原因です。
    美智子さまは私の祖母ほど性格が悪いとは思えませんが。

    徳仁天皇と雅子さまの婚約会見のとき、子供について
    オーケストラなどと発言があったので、あの時は産む気はあったんだろうな、
    と思いましたが、コメントに書かれていたように、徳仁天皇のタネが
    薄くてなかなかできない、不妊治療にまで至ったのは雅子さまには気の毒でした。
    その負い目も美智子さまには大いにあったと推測できます。
    秋篠宮ご夫妻のその事情を知って解禁されるまで待ったのでしょうね。

    男系男子で皇統を繋ぐ、伝統を守ることは上皇も脳天気で深く考えなかった、
    「眞子がおるではないか」ですから、危機感の無さはどうにもなりません。
    悠仁さまが生まれて「面倒なことになった」と美智子さまが思われても
    不思議ではないと推察できます。

    【お知らせ】
    朝鮮どーのこーののコメントは承認しません。

    • 水玉 より:

      mayu さん

      mayu さんもお婆ちゃんで嫌な目に遭われたんですね。
      孫って自分の遺伝子を未来に繋いでいってくれる大事な存在なのに、孫を虐めたり差別したり、
      複雑ですよね…。

      でもmayu さんはお婆ちゃんの事でご自分が嫌な思いをされた分、
      ご自分のお孫さんのお気持ちがよく理解出来て、
      お孫さんがどういう事をされれば嫌なのかという事も分かられるし、

      何よりお孫さんを差別したり意地悪したり、
      そういう馬鹿なことはされない、
      優しい真っ当なお婆ちゃんになられていると思います。

  8. やしま より:

    mayuさん いつもありがとうございます。

    返答に書くと、ずーっと下のほうになってしまうので、あえてここに書かせていただきます。

    私は、孫を可愛がらない祖父母がいる、ということに驚いた方がいたことに驚いてしまいました。
    例えば離婚した夫婦で夫側が子供を引き取り、育てている場合、夫の両親は、孫の面差しがトラブッて別れた嫁に年々似てくると、顔を見るのも嫌になるみたいです。

    片足の靴ですが、私も美智子様の「やりすぎパフォーマンス」の一つだと思っています。が、この場合は明らかに失敗でした。
    それは、美智子様の悠仁様に対する言動からもわかるんですが、美智子様は悠仁様のことをご誕生日感想発表で、「新生児」とおっしゃった。「親王殿下」ではなくて「新生児」ですよ?(平成の天皇陛下は素直に喜んでおられましたが)
    その後のご自分の誕生日回答でも「末の悠仁」という文字。
    末どころか、将来の皇室のトップなんです。美智子様のこういう一つ一つに、「喜んではおられない」ということを昔からの皇室ウオッチャーにとっては思い知らさせることばかりで、美智子様に対する尊崇の念が薄れてきました。
    もはや第2子の産まれる見込みのない東宮家に対して「それでも皇統は東宮家に継がせたい」とおっしゃったのですから、もう確信犯です。(つまりは愛子女帝推進)

    改めまして靴の話
    昨日あれから新生児誕生のお祝の靴シリーズをネットで見てきました。プレゼントの靴を「まだはくのはちょっと先だから」ということで額装にしたり、また、その子の名前を靴に刺繍を入れたりと、いろんな贈り物としての工夫がありますが、どの記事を見ても「渡すのはあくまでも両足一緒」の場合です。片足の靴を贈るいわれがあったら、教えていただきたいです。

    片足だけというのは、美智子様なりの世間にアピールしたいお気持ちがあったのかもしれませんが、これは当時「なんの意味?」でした。
    そしてその後の言動を拝聴すると「あ~要するに嫌がらせね」としか受け取れなかったのです。これは大勢の皇室ファンがリアルに感じたこと。美智子様より共産党の志位委員長のほうがよほど温かなご誕生コメントを出しています。
    また悠仁ご誕生祝の記帳台も、天皇皇后の指示により、出されなかったです。愛子様のときはその記帳台はありました。次の次の天皇誕生の扱いは随分と粗末なものでした。

    mayuさんのおっしゃる三笠宮系統に男子の話
    本当にそうだと思います。できれば常陸宮家に男子がいておいでだったら、血の近さからいっても、もっと喜ぶべきことだったでしょう。
    また、高円家については、ここも3人目が女子だった時点で、「宮内庁から産児制限かけられた」と、高円宮殿下ご自身がテレビでおっしゃっておられます。お母さまの百合子妃はもっとたくさんお産みだったので、私は宮内庁=美智子様ではないかと疑っています。
    傍系に天皇位が行くことも、美智子様は当然お嫌だったでしょうから。3人まで許したことは、雅子様の入内経緯について久子妃には恩義があり、あからさまにできなかったのでしょう。

    • 水玉 より:

      やしまさん

      >私は、孫を可愛がらない祖父母がいる、ということに驚いた方がいたことに驚いてしまいました。

      やしまさん、私も弟がおり、父方の祖母は明らかに弟を可愛がっており、
      私も嫌な思いをした事があるので、
      そういう祖母がいる事は知っています。

      可愛がらない、というより同じ孫でも愛着に差があるというか…。
      それはやっぱりそれは孫にも伝わるものであまり懐かなくなるものです。

      ただ嫁が嫌いだから孫まで生理的に嫌い、という方がやしまさんのお知り合いに複数おられるというのは正直驚きました。
      孫って複雑な存在なんですね…。

      娘の子は面倒見る事が多くお婆ちゃんにも責任もあったり、また娘とは色々近い事が多いので孫に対してもあまりそういう違和感はないかもしれません。

      ただ息子の子供が女の子で、
      気に入らない嫁に似ていたり、
      ほとんど会いに来なかったり、
      懐かなかったりすると、
      女の子の孫に嫁の影を見て、
      お婆ちゃんも色々思うのかもしれません。

      昔の人は特に長男信仰が強いので、
      息子の子でも特に長男や男の子は、
      大事にされると思います。

      逆に女の子は嫁に出すという意味で躾けなければならないので厳しかったり。

      差別というのは虐げられる側にはその気持ちが分かるけれど、
      大事にされている側は案外気が付かないものです。

      私は美智子さまが悠仁さまを可愛く思っていないとは思っていないのですが…。
      ただ悠仁さまはただ一人男の子で、
      皇位継承に繋がる方なので、
      他の女の子の孫より、
      預かりものというお気持ちが強いのでは、と思います。

      ただもし美智子さまが悠仁さまを大事にされておられないと感じられるならば、
      出来れば浩宮に男児が生まれて欲しかったという正直なお気持ちもあるだろうし、
      川嶋教授が、上皇さまを恫喝したという噂、
      (嘘か本当かは分かりませんが)
      川嶋教授を思い出し少し嫌に思われる事があったかもしれません。
      (ただ美智子さまと川嶋教授は仲が良いという噂もあるので正直なところは分かりませんが…。)

      • やしま より:

        >水玉さん

        「祖父母の孫虐待」という事象でネット検索すると、出るわ出るわ。事件になったものもありますが、事件手前のものなら山ほどあるようです。父母による実子への虐待、子殺し。鬼父母に育てられた子供は、自分が親になったときに子育ての基準がわからなくなるのではとため息が出る昨今です。こういう負の連鎖は実際あるようです。

        話は変わりますが、水玉さんがお書きの「川嶋教授が、上皇さまを恫喝した」は、噂話にしても具体的内容、おわかりですか?
        私は、それとは違うのでしょうが、紀子様にまつわる「都市伝説」を思い出してしまいます。いわく。2回中絶させられた紀子様のお父様は、「一体娘をどうするつもりなんですか!」と、御所まで天皇皇后に談判に行ったという。
        上記の噂とは多分違うことなんでしょうが、この話は余りにも有名な都市伝説で。
        マスコミが全く書かないのに全国津々浦々皆知っているという不思議な話です。(私は母を初め、当時3人の人からこの話を聞かせられました)どのようにして広がったか、昔の皇室ブログではかますびしかったですよ。真実は全くわかりません。
        ただ、これほどの不名誉な噂話を、何らかの形で沈静化させることはできたはずなのに、皇室側がそれをした形跡は全くなく、今日に至るもマジ話として流布されている、紀子妃殿下にとってはこの上もなくお辛い噂話です。
        (初産前に中絶を何度も繰り返したら母体がたまりません。そんなことは絶対にあり得ないと私は思っています。ただとある大学関係者の知人男性まで、あたかもそれを真実として言われると、正直怖くなります。しかも彼からはつい最近言われました・・・びっくりしました)

        • 水玉 より:

          やしまさん

          本当に実の子供の虐待、連れ子への虐待、殺害。
          また親への暴力、殺害など、
          最近はこの手の近親者の事件が多いです。
          祖父母と孫の関係でも多数あるんですね。
          本当に嫌ですね。

          紀子さまのお噂はやしまさんのおっしゃる通りです。
          うちの母や母の友人(70代)などは全然ネットも見ないし、
          どこでそんな話聞いてきたのか分からないんですが、
          その話を詳しく知っていて、完璧に信じています。

          私はこういった都市伝説は嘘だと思っていますが、
          全然ネットなどしない人の間でも、
          口伝えで広がっていっているようです。

          やしまさんのお知り合いの大学関係の男性まで言っておられたんですね。

          ただ中絶は嘘かもしれませんが、
          川嶋教授と皇室、一悶着あったのかもしれないな、とは思います。
          川嶋教授、今でも宮内庁の言う事も全然聞かないみたいで、
          なかなか曲者だとは思います。

        • YUKI より:

          やしまさん、火に油を注ぐようで申し訳ありませんが、その噂は、私も若い頃聞いた記憶があります。私も本当だとは思っていません。

          ただ、その噂で紀子さまを陥れるような方が多いようなんですが、もし万が一そのような事実があったとしたら、紀子さまは被害者だと思います。宮さまとお付き合いして、断る事も難しかったかもしれないし。お付き合いしている段階では、非常に弱い立場だったでしょう。私は同じ女性として、そのような事があった方は同情はしますが、その事によってその女性の価値が下がる事はないし、他の方のように蔑む気にはなりません。お父様がどなりこんだとかあったとしたら当然かとも思います。もちろん、この噂について、もし万が一そうだったらという事でコメントさせていただきました。

          • 水玉 より:

            やしまさん YUKIさん

            うちの70代の母はスマホも持ってないしネットもしないのに、
            口伝えで同年代の友人から色々聞いてきて、
            そういう噂を信じきっています。
            紀子さまは2回も中絶して、礼宮がダラしないからよ、
            礼宮が悪い、とか言っています。

            また紀子さまが若い頃、
            英国に礼宮を追いかけて行ったとか言っていて、
            川嶋の親もどうかしている。
            娘にそんな事させるなんて、とか言っています。

            うちの母親は川嶋教授は、
            テレビも見せず嫁や子供たちを洗脳して、

            自分は部落解放運動しておきながら、
            娘を皇室に嫁がせるなんて、
            言ってることとやってることが真逆過ぎると。
            自分もその皇室の恩恵に預かるなんてあり得ないと。

            普通なら娘が皇室に嫁に行ったら、
            付き合いなどは慎重にするべきと。

            ただ川嶋教授については未だに宮内庁の言う事も聞かず、
            10年以上前から注意されているのに、
            未だにいわくつきの韓国系パチンコ関係者と付き合い続けているのは真実で、
            (この件は私も電話で宮内庁に尋ねましたし宮内庁も認めました)
            川嶋教授は宮内庁もお手上げ状態で、
            相当な変わり者なんだと思います。

            • クロワッサン より:

              水玉さん

              インターネットがまだ発達していない時代なのに、紀子さまの一連の噂、内容が丸っきり同じで、全国中津々浦々の誰もが知っていましたよ。
              わたしの回りの各県の人達は全員知っていました。

              人の口の伝達ってバカに出来ませんね。何処が誰が発信源だったのでしょう。不思議な現象でした。

              川嶋教授は、前は浮世離れした仙人のような人だと思っていましたが、水玉さんの宮内庁への問い合わせの件で、ある意味、思想家で、確信犯で曲者だと思いました。

              宮内庁の言うことを聞かない皇族の父親なんて、紀子さまが可哀想です。他の家族も含めて、紀子さまは、孤独です。

              • 水玉 より:

                クロワッサンさん

                クロワッサンさんのお知り合いの各県の方々も、
                噂を皆さん知っておられたんですね。

                口伝えだけで噂が全国に広がっているなんて、
                本当に不思議ですね。

                川嶋教授は宮内庁の言うことを全然聞かずに、
                韓国人パチンコ経営者との付き合いを続け、
                その方の経営手腕などを絶賛されておられるらしいです。

                本当に川嶋教授はどうかしています。
                孫が天皇になろうとしているのに、一体何を考えているんでしょうね。

                眞子さまもあんな詐欺師のKKの様な男といつまでも切れないし、本当に皇族の意識があるのか大いに疑問があります。

                佳子さまはそんな姉を応援、

                秋篠宮さまは優柔不断で、
                眞子さまのスマホさえ取り上げられない…。

                これでは紀子さまもお気の毒です。

                ただこの状況では秋篠宮家が色々言われても仕方ありません。

                まずはKK問題の解決が一番だと思います。

  9. mayu より:

    こんばんは。

    産児制限ですが、仮に高円宮承子さまが男の子だったら、
    三笠宮家でもいいです、眞子さまより先に男の子が生まれていたら
    産児制限はなかったと思います。
    寧ろ、どんどん産んでくれ、になったのではないでしょうか。
    女の子が続いたから産児制限をかけられたと思います。

  10. 狗児 より:

    mayuさん、こんばんは
    記事更新ありがとうございます。
    悠仁さまご誕生時の「片足の靴」は、飾りとか記念品の類で実際履かせることを目的としてないものだと私も思います。一つには、美智子さまもそこまで意地悪でもなかろう、というのと、もう一つには、こういう風に写真撮られたりマスコミに出ることをお分かりになってるのに、あの見栄えを気になさる美智子さまが意地悪なんかなさるだろうか?という点です。特に後者は「姑の嫁いびり」なんて絶対書かれたくないとお思いでしょうからね…

    それにしても、「嫁が嫌いだから孫まで嫌い、生理的に受け付けない」という姑さんもいるんですね。私は姑から嫁いびりされましたが、息子は可愛がってもらっているので、良しとしないといけないのですね。勉強になりました。また、美智子さまみたいな「優等生タイプ」「自分が何をしたいか、よりも、周りからどう思われるかが行動指針」の姑さんも、私とは絶対反りが合わないので、そんな姑さんでなくて良かったと思いました。

  11. 静御前 より:

    mayuさん写真と記事有難うございます。
    全くこの記事とは関係ないのですが、美智子様の独特のファッションを見ていていつも感じていたのですが、皿帽子もマントスーツもローマ法王に似ていませんか?
    どうしていつも、あんなヘンテコリンな皿帽子やマントスーツばかりなのかな?と不思議で仕方なかったのですが。
    引っ越さないのもローマ法王にどうしても皇居で会いたいからなんでしょうね。
    美智子様のこだわりは凄いですね。
    眞子様がうどんkに固執するのもおばあちゃんの遺伝かもしれませんね。

  12. クロワッサン より:

    水玉さん

    あれだけの胡散臭い騙し専門の母子は珍しいです。

    いつもあの母子の回りは、お金絡みの騒動ばかりです。

    母子の為に、数億円のお金が闇に消えました。

    眞子さまは、すっぽん圭が旦那さんでもよくて、佳子さまもすっぽん圭が義兄でいいと思っているんですかね?

    暴力団と付き合いがある義母でもいいのでしょうか。国民として、全然、理解出来ません。

    皇族の方がタカり屋の詐欺師母子と関わりがあるなんて前代未聞です。

    水玉さんの仰る通り、秋篠宮家、天皇家、宮内庁が協力して破談にしなければなりません。

    国民は皇室を理想の姿として敬いたいのですから。

    • 水玉 より:

      クロワッサンさん

      >国民は皇室を理想の姿として敬いたいのですから。

      本当にそうですよね。
      国の象徴なんですから当然です。

      眞子さま佳子さま、お二人とも世間知らずとしか言いようがありません。

      ご両親、祖父母、皇族方、国民、全てを敵に回して、
      KKと一緒になりたいなんて、
      完全に洗脳されている、
      KKの洗脳力が凄まじいとしか言えません。

      早く解決してほしいです。

  13. 洗浄液ありす より:

    こんにちは

    再三話題になっている赤ちゃんに靴の件です。

    美智子さまは特に片足にした意図がないのでは。

    確か、ベビー用品のギフトの本で見たように思うのですが靴のギフトは一生足腰が丈夫なようにとファーストギフトでよくあるみたいです。

    両足でないのは靴その物が赤ちゃんにはいて歩いてもらうのではなく、祈りを贈るからだと考えて見ていました。

    もし五体満足のこを生むなというような意味を込めているなら怖すぎます。

    • さうざんど より:

      私もこの靴は、フラワーアレンジメントの飾り、オブジェのようなものだと思いました。
      最初にテレビで見たときは、グリーンに白だから、爽やかな色目だなあ、と思った記憶があります。
      のちに、ネットで呪いだ、とか読んで驚いたのですが、実際に片方の靴の呪い、というのが、ヨーロッパの習慣かなにかにあるのでしょうか?
      本当に悠仁さまのお誕生日のお祝いが、片方だけのベビー靴だけだったんでしょうか?
      一時言われていた、所在の知れないティアラが、結局は持つべき人を飾ったように、この靴にも何か解決編?が、あったりして。
      祖母と孫という関係性で考えたら、わざわざ映像に残る形で呪うのかなあ?と疑問に思います。

  14. やしま より:

    私の友人にも複数いるんですが、息子はかわいいが、嫁が大嫌い。だもので、息子一家孫まで含めて、全体的に生理的にダメという、私の世代。
    美智子様にも当てはまるような気がして残念です。

    これも昔昔の噂話ですが、礼宮は恰好よく、また「次男坊」ということで、実は内内、「私の縁につながるお嬢さんを」という自薦他薦がかなり名家どころからも来ていたと。(特に美智子様周囲のブルジョア関係)
    ところが、大学で恋愛した次男は、自分の全く知らない世界の娘さんを連れてきた。
    世間は「3LDKのプリンセス」と賞賛したが、ここからして美智子様にはお気に召さなかった。少なくとも、美智子様的に、周囲に誇れる家柄の方ではなかったのだろうと思います。(美智子様的価値観では、ですよ)

    とにかく、生理的にダメとなると、女性ってダメなんですねぇ。皇族なのだから、後嗣がいかに大切なものかって、美智子様にだっておわかりだったはずなんですが、どーしても、ここの家に男子誕生させたくなかった。そのためのあれやこれや。
    しかし何といってもスゴイのが、産児制限です。
    従順に従う秋篠宮殿下も殿下ですが、この制限中の10年間は、妃殿下にとっては猛烈お辛かったようですよ。夫婦喧嘩も激しかったらしく。この10年間、部屋の外に聞こえてくるほどの夫婦喧嘩何回もあったみたいです。内容もきっと聞こえてきたんでしょうねぇ。紀子妃殿下は焦れておられたでしょう。当然のことです。そもそも紀子妃殿下は、秋篠宮家の後継のために男子を生みたかったのですから。

    そして、小泉首相の時代がやってきます。
    皇室典範を変えようと。
    天皇陛下は、多分美智子様のお顔をチラチラと。。
    美智子様は、自分のかけた産児制限、絶対にそのままにしようと。ならば、悠仁様のお生まれでなかった当時、当然ごく普通に「次の次の天皇位は愛子様」・・・になるかとお二人はお思いだったのに、意外にも、「女系反対!」の声が巻き起こります。

    いえ、当時だってね。女帝賛成者は国民の71%いた、というのですよ。というか、女帝を賛成しない場合は、皇室廃止ですよね?それでも7割しか女帝賛成しなかった。
    そして、残り3割の大反対の声は、論壇で激しくなります。
    その人たちの言い分は「旧宮家の皇籍復帰」「男系男子の方を皇族に加える」

    実は、この論がメディアに取り上げられるようになって初めて、当時の天皇皇后は慌てます。
    それだけは、美智子様はどーしても容認できなかった。自分が旧華族の出ではない、ということでさんざん自分をあてこすった(こういう人たちのやることはかなり淫靡なイジメです)人たちが、再び自分の周りに現れることに対しての拒否感、嫌悪感。

    そのタイミングで、宮内庁の長官が「東宮家に第2子を。秋篠宮家に第3子を」とお願いを入れてきます。
    そこまできてよーやく、産児制限は解かれていくのです。

    美智子様が皇后じゃなかったら。
    もっと皇室は平穏でしたよ。

    あ。今週号の文春に「引っ越しが延期を重ねるのは、上皇后が断捨離できないから」とか何とか書かれています。
    東宮御所に移られるより先に、上皇陛下がアレなさったら、上皇后陛下は、今の御所から吹上にご移動かな?私はそのほうがいっそいいと思っています。

    • 水玉 より:

      やしまさん

      >私の友人にも複数いるんですが、息子はかわいいが、嫁が大嫌い。だもので、息子一家孫まで含めて、全体的に生理的にダメという、私の世代。

      そんな方がやしまさんのご友人に複数いらっしゃるんですか!?
      それは驚きです。
      お嫁さんはともかく、お孫さんが可哀想ですね…。

      お嫁さんには不満があっても孫は可愛いと思うんですが違うんですか!?
      そんなお婆ちゃんを持つお孫さんが可哀想です。
      びっくりしました…。

      • やしま より:

        >水玉さん

        そうですね。「大嫌い」というと語弊があるかも。
        でも、「あの嫁のコと思うと、孫だけどあんまりかわいくない」という友人は確かに複数います。
        中にはほぼ絶縁中の友人もいます。そういう場合は孫がいたとしてもお互い会わないんで。

        これはもう、相性が悪いとしか言いようがないんです。
        どちらが悪いというわけではなくて。ただ強いていうと、
        姑か嫁か(あるいは婿の場合もある)どちらかの個性がかなり強烈という方が多いように見受けられます。

        特に嫁さんの場合は「息子を奪われた」という思いが結構あるみたいで。。
        庶民には庶民の苦労があります。

        • 水玉 より:

          やしまさん

          >ただ強いていうと、
          姑か嫁か(あるいは婿の場合もある)どちらかの個性がかなり強烈という方が多いように見受けられます。

          俳優の高嶋政伸さんと結婚していた美元のような強烈な嫁なら、
          確かにそういう気持ちになるかもしれません。
          孫は分かりませんが、とにかく嫁は嫌でしょう。

          高嶋政伸さんも子供が居ない間に別れて良かったです。
          寿美花代さんも大変なご苦労をされたと思います。

      • 匿名 より:

        いますよ。います。
        当に私が嫁いだ家のお母様。
        自分の子供が可愛くてちゃん付で呼んでますよ。私の子供は幸い男女一人一人いますが、どちらの子に対しても冷たい言葉しかかけません。

        と、いうか、今生天皇即位してからの雅子様は本当に生き生きしてらしてとても素敵に見えました。
        今までなにが頭の上にあったのか?
        それはもう美智子さましかいないでしょうね。責められるべきは秋篠宮家ではなく美智子さまだと思っていたのでこの記事を見てなんだかスッと腑に落ちました。

    • 水玉 より:

      やしまさん

      続きです。
      私は美智子さまが嫁のどちらかを差別したとかは、
      全然分かりませんが、
      もしも美智子さまが紀子さまを差別したというなら、

      紀子さまがご成婚の前に、
      川島教授が上皇さまを恫喝したとかいう噂があり、
      (それも嘘か本当か分かりませんが)
      そういう事が関係しているのかな…と思いました。

      でも美智子さまと川島教授仲がいいという噂もあるので、
      何が本当で何が嘘か全然分かりませんが…。

      • ミラージュ より:

        mayuさん、今晩は。
        再度失礼します。
        片方だけのベビーシューズを持っていったことに特別な意図はないか?
        私は、゛ある゛と思うんですよ。
        それは嫌がらせとかではなく、ご自分の気のきくおばあちゃまアピール。
        普通はきちんとラッピングされた物を持参しますでしょ?
        上皇が入院された際にもお庭の植物を鉢植えにして持参されました。
        あれも気配りアピール。
        鉢植えを見舞にするのは非常識極まりないことをご存知なかった?
        この方は常にマスコミ操作に長けていらっしゃるんですよ。
        一般庶民はすっかり騙されてしまいましたが、見抜く人は、パフォーマンスが過ぎると思っていたようです。
        YUKIさんの、秋篠宮家への産児制限は後でめんどうな争いを防ぐためではないか?というご意見は少し、いえ全く的外れではないかと思います。
        秋篠宮家が先に親王を設けて継承順位が3位(皇太子、秋篠宮様に継ぐ)になっても、皇太子家に親王が誕生すればその御子が皇太子に継ぐ順位=2位となり、めんどうな争いなど起きようがありません。
        そもそも雅子様は、愛子様ご誕生後もう出産は嫌だと言われたとか噂にありますし、既に高齢だったので第二子は無理だったのかもしれません。
        今天皇家にその親王がいないことにより、めんどうな事態になっています。
        皇統を真剣にお考えになられていたら、産児制限をすべきでなかったのは明白です。
        こんなことになったのも意見する人が周囲に全くいないからでしょうね。

        >しろさん
        東宮御所を秋篠宮家に使わせない策略

        その通りだと思います。
        公務は一切なさらない上皇夫妻に、皇嗣家より多い職員、広い住まいがなぜ必要なのか?
        どう考えてもおかしいですよね。
        秋篠宮家改築に膨大な税金が投入されることを新潮がさんざん非難記事を書いていますが、非難すべきは上皇夫妻の我が儘です。
        この件は、政府の承諾なしに先に発表させて既成事実にしてしまうという姑息さです。

        関係ない話ですが、オリンピック関連の昔話をTVでやっていて思い出したのですが、女子バレー選手達が、バレーに青春を捧げいき遅れてしまったので政府にお婿さん探しを頼んだことがありました。
        それで皆さん結構良いご縁を得られた。
        眞子様のことも、良い方を見つけてもらうように頭を下げられないものでしょうかね?
        安倍政権とは仲が悪そうだから無理かしら。。。

        • 水玉 より:

          ミラージュさん

          産児制限に余計な争いというのは、
          (YUKIさんとは多少考えが違うかもしれませんが)
          もし礼宮さまに男児が生まれ、
          その子に帝王教育受けさせていたのに、
          浩宮に生まれれば浩宮の子に皇位継承順位が変わってしまったり、
          後継者争いじゃないですけど、
          後で面倒は避けたかった、というお気持ちと、

          また秋篠宮ご夫妻は結婚もほぼ学生結婚で、
          お子さま2人もトントン拍子でお生まれになり、
          順風満帆なのに、

          結婚もなかなか決まらず、やっと結婚しても子供がなかなか生まれない浩宮夫婦に、
          次は何とか子供生んでもらいたい、
          出来れば男児生んでもらって皇位継承に繋げてほしい、
          礼宮には悪いけどちょっとお兄ちゃん夫婦を立ててもらってほしい、悪いけど少し待っててね、

          という、兄弟のバランスの事も思われたのかもしれません。

          本来は長男が継ぐ事が普通ですし、
          次期天皇という事で厳しく帝王教育してきた浩宮夫妻に、
          出来れば男児を生んでもらって皇位継承してほしい、
          と思われたのかもしれないと思います。

          また確かにmayu さんのおっしゃる通り、眞子さまがお生まれなられる前に
          どちらかの宮家で男児がお生まれになられていたら、
          秋篠宮ご夫妻にでも、
          どんどん男児でも生んでほしい、
          となったと思います。

          美智子さまも、皇室のとても微妙なバランスで、
          秋篠宮ご夫妻にそういう事をおっしゃられたのかもしれないと思います。

    • YUKI より:

      まゆさん、お暑いのに、記事のアップデートありがとうございます。

      やしまさん、ご友人のお姑さんのお話しは凄いですね。私はまゆさんややしまさんのように、昔から皇室関係を注意深く見てきたものではありませんので、私の言うことは全て私のカンでしかないんですが、私には違うように見えます。すみません、お気を悪くされるかもしれませんが、空気を読まずに失礼します。

      私は美智子さまは紀子さまの事は決して気に入らないとか、いじめとかと言うのはなかったのではないかなと。。育児制限は実際あったのかもしれませんが、浩宮さま雅子さまがまだお子様が生まれるのではとか楽観視していて、後でめんどうな争い事を防ぐためであったのではないかなと思います。

      ご公務が多いと言うのは、逆に、どんどん活躍してくださいと言う事かななんて思ったりもしました。掲示板で見たんですが、自称元側近の人が、雅子さまはいつも美智子さまにお出かけについてお伺いを立てていたが、美智子さまは無理をしないでいいといつもおっしゃっていたとか書かれてありました。この書き込みはデマである可能性は高いですが、そんなこともあり得るかなとは思いました。

      それから、別の掲示板でも見たんですが、秋篠宮家で海外に昔お忍びで出かけられていたとかと言うのも見ました。これもデマである可能性は高いですが、現地で写真を見たと言う事でした。この話がデマだとしても、実際、最近、お忍びではなく秋篠宮さまは眞子さまとハンガリーでしたかしら、出かけていらっしゃいましたね。紀子さまも眞子さまと京都にお二人で出かけられたとか出ていましたね。ご公務は確かに多いですが、その分、ある程度自由はあったのではないでしょうか。

      確かに、雅子さまはこの何十年も、私たち庶民のようにお家で家事をすることはなかったでしょうが、籠の鳥のようにその中だけで、海外旅行もオランダの静養以外は全く行けなかったんですよね。そのオランダ静養すら、あんなにテレビでしっかり批判されたとか、最近また見ましたが凄いと思いました。たまには愛子さまと海外旅行に行きたいとかあったと思います。私は、他国の王室の方々は、日本の皇室の内情をだいたいはつかんでいるとも想像しています。

      紀子さまのファッションについては、今このいかり肩のケ-プを見ると少しおかしい感じはしますが、あの時代に肩パッドは普通だったですよね。私自身も、肩が狭くてなで肩なので、いつも大きなパッドをしていました。取り外しもして洗ったりもしていました。日本人は何か流行ると同じファッションをしないと気がすまない人が多い気がするので、決して押し付けではなく、紀子さまも気に入ってこのようなファッションだったのではないかなと想像しますが。。とにかく、昔のファッションを見ると変だなと思う事は多いですよ。今の感覚でおかしなファッションだと言う事はできないと思います。個人的にはこの紀子さまのケ-プのお洋服は素敵だなと思います。また最近流行っているんですよね。ポンチョも流行っていますが。。

      • 水玉 より:

        YUKIさん

        私も紀子さまのこのケープ上品で素敵だと思います。
        確かこの冬に愛子さまも白いケープを着られていて、
        愛子さまも似合っていました。
        可愛い女性らしいタイプの方に似合うと思います。
        美智子さまの趣味かもしれませんが私は素敵だと思います。

        • やしま より:

          YUKIさん 水玉さん

          お心を痛められるようなことを書いてしまったとしたら申し訳ありませんが、実際、息子世代が離婚している人はまさに「絶縁状態」の方、おられます。それも泥沼離婚だったり、お金の問題が絡んだりしたら余計ですね。結構周囲にいるのは実際問題なんで・・・

          紀子妃殿下は一生懸命にやってこられました。それは確かです。そして、招待を受けてあちこち、これも確かです。
          先方からすると、直前までお一人で来られるか、夫婦そろってこられるかわからない(当時の)東宮夫妻より、安定してご夫婦出席が確実な秋篠宮ご夫妻が、招待するほうとしてはありがたい存在で、「1年半先のスケジュールまで埋まっている」状態が長年続いておりました。
          ドタキャンも困るけど、ドタ出は本当に主催者側としては大変なんです。招待状も後から手書きとかシール貼り付けで妃殿下のお名前を書くわけにはいきませんから、全部2種類用意しなければならない。無駄なお金は使いたくないのが人情というものです。

          美智子様が紀子様をどうお思いなのか、下々には正確にはわかりません。私が書いているのもあくまでも噂話なので。
          ただ、産児制限がかかったことだけは確かです。これって姑が嫁にかける最悪措置だと思うのですが。
          ごく近くに住んでいる二世帯同居の方。
          お嫁さんが4人目を妊娠したと息子から聞いてお姑さんが「一体何を考えているの!これ以上は絶対やめてよ」と言ったそうです。そこのおうちは、息子さんの収入が低く、親世代のお金で一家養っている部分が多いので、親世代が悲鳴を上げたということで、私にもよく理解できました。

          けど皇室。そして男子がとても必要。親王殿下の存在が不可欠。なのに産児制限。
          何をどうつくろっても、美智子様の罪は重いです。
          何しろ悠仁様が生まれた後でもまだ「皇后は、あくまで東宮の血脈に後を継がせたいと言っているんです」と平成の天皇の口からそう言わせたのですから。(週刊誌を探せばその記事は出てきます。有名な話です)

          • YUKI より:

            やしまさん、ご返信ありがとうございます。
            産児制限についてはもちろん事実だと思っていましたが、それはやはり長男が継ぐのが普通なので、希望をもっていたのではないかと思います。

            悠仁さまが生まれてからも東宮にと言うのは知りませんでしたから驚いていますが、決して、浩宮さまの方を贔屓しているのではないと感じます。秋篠宮さまは何か家族で会われても最後まで残って上皇皇后さまたちと話されていたと言う事をどこかで見ました。私は、絶対隠さなくてはならない事が東宮にも秋篠宮家にも色々あって、揺れているのではないかなとも思ったりします。それから、上皇さまはわかりませんが、美智子さまにとって一番可愛いのは眞子さまだとも思います。職場で、お仕事を作ってくださってありがとうなんて言うのもありましたね。。何よりも、女性宮家を作りたいのではないでしょうか。その目的のために愛子さまは一時的に挟まれるだけではないかと心配です。

          • 水玉 より:

            やしまさん

            確かに子供の結婚相手の家庭が明らかに非常識でおかしな親だったり、
            また美元のようなあり得ない嫁だったりすれば嫌になりますよね。
            お金も絡んでややこしくなれば、
            絶縁になるのも分かります。

            また美智子さまの産児制限について、もしそれが本当なら、
            秋篠宮ご夫妻はもう2人いらっしゃるのだし、
            まだお子様の居られない浩宮夫妻に気を使われたのか、
            男児のお世継ぎは浩宮ご夫妻の方が良いと思われたのかもしれません。
            YUKIさんのおっしゃるように後々面倒な事にならないように思われたのかもしれません。

            でも、もし美智子さまが本当にそれをおっしゃったのなら言うべきではなかったと思います。

            ただ秋篠宮ご夫妻が悪いわけではないけれど、
            若い頃の秋篠宮ご夫妻は学生結婚のような感じだったので、
            何もかも全部の夢が叶うような、
            かなり甘い部分もあったのではと思います。

            うちの知り合いの田舎のおばさん達は、結婚したての紀子さまが公務でいらっしゃった時、
            紀子さまが正座しなければいけない場所で、
            「私は正座出来ません」と正直におっしゃったらしく、
            田舎のおばさん達にわざわざ椅子を持って来させたらしく、
            おばさん達は、紀子さまはわがままだ!と
            かなりカンカンに怒っていたらしいです。
            それで田舎のおばさん達の間では紀子さまの評判がかなり悪いらしいんです。

            ただそれは紀子さまは社会経験がなかったために、
            社会などで上司に怒られたり、意地悪された事などもなく、
            一般的な社会常識を知らずに皇室に入られ、
            いきなり誰よりも地位の高い妃殿下という立場なられたために、
            完全に経験不足だったんだと思います。

            でも、それから紀子さまはずっと皇室で頑張って来られたし、本当に努力家な方だと思います。

            正座出来ないと正直におっしゃった若い頃とは大分変わって来られたと思います。

            正直、秋篠宮家は紀子さまで持っていると思います。
            最近のお顔を拝借しても、秋篠宮さまより紀子さまの方がしっかりして来られています。

            やはり秋篠宮さまは本当に高貴なお生まれのお坊ちゃまなので、
            秋篠宮さまは眞子さまの件を見ても色々甘すぎると思います。

            • ゆきんこ より:

              水玉さん、

              正座ができないのはわがままではないですよ。

              高齢になればそういう方は増えるし(そのおばさん方も今は)、
              若くてもスポーツで一時的にも膝を痛めていればそういうこともあります。

              それよりも、そんなことをいちいち妃殿下がおっしゃらなくても、取り巻きが根回しできなかったのかと思います。
              その結果、紀子さまがわがままということになってしまってますよね。

              • 水玉 より:

                ゆきんこさん

                そうなんです。
                ただ田舎のおばさん達(田舎でなくても)
                おばさん達というのはそういうもので、
                いくら妃殿下と言えども、
                結婚したての若い女性がそういうはっきりした意見を言うと、
                わがままだとか生意気だとか言われるものなんです。

                紀子さまは正直に言われただけだと思うんですが、
                正直おばさん達はそういうものなので…。

                紀子さまの言い方にもカチンとくるものがあったのかもしれないし、
                紀子さまも、真正直過ぎたんだと思いますが、
                もし出来るなら、ちょっと苦手でも正座してみても良かったかもしれません。

      • ゆきんこ より:

        yukiさん、横から失礼いたします。

        海外におしのびというのは皇族の方にはできないと思います。
        末端宮家の女王殿下のサマースクール(愛子さまも昨年はいかれましたね)にも、閣議決定(形式的かもしれませんが)が必要なのですから。

        「ある程度の自由」は秋篠宮家にはあったと思います。
        内親王殿下方をみてると、いつも護衛がいるのは窮屈かもしれませんが、篭の鳥ではなさそうです。

        ただし、お忙しい両親は、夏休みなどは国内の公務に内親王方を伴ってられて、それが家族旅行だったのかもしれません。

  15. クロワッサン より:

    眞子さまの結婚関係の儀式が延長になった時、美智子さまは「極力周囲の雑音から眞子さまを守り、静かな状況を保つ中で、眞子さまが自分の考えを深められるよう助力する」とコメントしました。

    良識ある国民達の結婚への反対を、雑音と美智子さまは、言ったのです。

    眞子さまが自分の考えを深めた結果が、すっぽん圭との交際継続でした。助力すると言うなら、孫の為、皇室存続の未来の為に、破談という結論に導いてください。

    人間として一番許せない行為とは、他人から気安く借金をして、返済せず、良心の呵責もない感じない事です。
    全部がKK母子に当て嵌まります。

    ここ数年間で、KK母子に数億円のお金が使われています。
    KK母子に流れたお金と介在した人物の闇を、炙り出さなければなりません。

    • 水玉 より:

      クロワッサンさん

      >眞子さまの結婚関係の儀式が延長になった時、美智子さまは「極力周囲の雑音から眞子さまを守り、静かな状況を保つ中で、眞子さまが自分の考えを深められるよう助力する」とコメントしました。

      上皇、上皇后ご夫妻も詐欺師KK親子に騙されたんでしょうが、(もちろん上皇夫妻を騙す方が悪いですが)
      裁可を与えたのは間違いでした。

      美智子さまも眞子さまに静かに考えさせるよりも、
      眞子さまに破談を言い渡すべきでした。

      美智子さまが眞子さまに厳しく言ってもKKに洗脳され切っていて聞かないのかもしれませんが…。

      秋篠宮さまも娘に甘すぎてスマホも取り上げられないのが信じられません。

      家族全員が色々甘すぎ、遅すぎると思います。

      宮内庁というところも本当に何やってるんでしょうか。
      ちゃんと仕事しているのか疑問です。

      とにかく宮内庁と秋篠宮家、天皇家、全部協力して、家族一丸となってKK問題解決していただきたいです。

      皇室は日本国民あってこそのもので日本の象徴です。

      詐欺師のKK親子と関わり続けることは皇室の権威、
      日本の権威に関わってきます。

  16. さうざんど より:

    mayuさま、更新ありがとうございます。
    悠仁さまは秋篠宮家の後継のために、というお考えから、秋篠宮ご夫妻がもうけられたのではないか?と、この頃思うようになりました。

    内親王二人は、自由に降嫁させる。
    その後、弟が秋篠宮家を継承して、両親亡き後も姉二人を護ってほしい、という計画だったとしたら、腑に落ちるのです。
    眞子さまの交際相手を厳密に調査することがなかったことも、
    悠仁さまの進学についての噂も。
    天皇が東大卒である必要はなさそうですが、宮家の当主として、聞こえのいい企業や団体に就職するなり、学究生活を送るなら、皇族という身分に加えて高い学歴は役にたつでしょう。
    天皇の姉、にならないなら、配偶者選びもそれほど神経を使わなくていい?
    皇室典範の改正が、あのとき、女性天皇を認めるような方向だったので、男の子が生まれても秋篠宮家の後継者として残せる、という判断があってのことだったのか?
    男子ご誕生で、皇室典範の改正論議は沙汰止みになりましたが、それは、秋篠宮家にとっては、嬉しくない流れだったのかもしれない?
    令和の終わりがどのようになるのか、興味は尽きません。
    私個人の意見なら、従来通り、皇室典範改正なし、男系男子に受け継がれてほしい。
    でも、皇族が悠仁さまお一人になる時代が来てもいいのかと言われたら、やはりなんらかの改正が要るのか。

  17. いかづち より:

    ご自分と同じ遺伝子のまたこさんを虐める訳ないでしょ。虐めるとしたら、またこさんの足りない脳みそに対してでしょうね。

    上天夫人はまことに性悪の毒婦毒母だったと思います。
    ぬえのように、くなくなと演じ分けられる才能がありました。みんなそれに騙されてきたのですね。

    自分の出来の悪い一人息子を日本国に押しつけて
    今のめちゃめちゃな皇室にしたのも、この人です。

  18. カフェモカ より:

    いつも写真豊富な記事をありがとうございます。

    何度見ても恐ろしいのが、悠仁様ご誕生のお祝いとして当時の皇后陛下が持参された靴一足!!!!
    当時の天皇陛下は何もお感じにならなかったのでしょうか?

    信じられません。

    紀子様は、あの靴一足を見て、どんなにお心傷つけられたことでしょう…。本当においたわしいことです。

    私も嫁姑ついでに小姑関係に苦労してきた身ですので、つい、紀子様に感情移入してしまいます。どんなにかお辛く、悲しい思いに耐えてこられたことか…。

    秋篠宮ご夫妻、とりわけ紀子様が非難にさらされている現状がおいたわしくてなりません。
    それもこれも、元はといえば、小室問題のせい…。真子さま、どうかどうか、目を覚ましてくださいませ(泣)

    • 水玉 より:

      カフェモカさん

      靴一足は西洋の風習とか…。
      実はもう一足ちゃんとあったそうです…。

      この上皇夫妻の写真を見ると、悠仁さま誕生を本当に喜んでるように見えるし、
      嫌がらせでしたとは思えないのですが…。

      mayu さんもおっしゃってますが、皇位継承に繋がる男児がおられない浩宮夫妻に気を使ったということもあったと思いますが、
      生まれてきた悠仁さまに嫌がらせはあり得ない様な気がするんですが…。

      • カフェモカ より:

        水玉さん

        ご教示ありがとうございます。
        そうですか。西洋の風習ですか。紀子様もご存知だったののならば、ホッとしますが…。
        でも、西洋の風習を知らない私は、ゾッとしてしまいました。

  19. nono より:

    mayuさんこんにちは、記事と画像有り難うございます。
    美智子さまのなさりようを、必死に追いかけたお若い紀子さま、如何に御苦労されたか事かと察して余りあります。
    美智子さま自身、民間からと言うことで皇太子妃時代は苦労して来られたのですよね?皇太后にも大分苛められたと、有名だったように思いますが…
    慈愛の美智子さま、と記事に書かせる裏側はわかったものではありません。
    つくづくご自身の見せ方の上手な方で恐ろしいです。
    私の姑が、本当に優しい方で良かった。とか思います。

  20. ミラージュ より:

    ゛美智子様は自分が悪く言われるのが大嫌い゛
    全くその通りです。
    みてこ自身と言われる女性自身はやっぱり雅子様より、美智子様何でしょうか?
    皇后になってから連日アゲアゲ報道の雅子様ですが、決してパーフェクトではない。美智子様から見たらまだまだ虫食いのりんごと変わらない位たいしたことをしている訳でもないのにマスコミこぞって大絶賛されているのが気に入らないないでしょうね。
    外野で見ている一般庶民としては、ちょっと面白い展開かも。

    オランダ国王夫妻が帰国の挨拶に来られた際の、雅子様を前面に出るように手を添えている写真を見て、美智子様批判、疑問がいっきに出て、慈愛ではなく、自愛だと言われるようになりました。
    上にたつ人間は嫌われる勇気も必要なんですけど、とにかく嫌われ者になりたくないんです。
    だから、眞子様関連にしても、
    内親王として立派に公務を果たせば、美智子様が育てたごとく大絶賛。
    婚約発表前には葉山で会って二人を後押ししておきながら、まずい状況になると最初から疑問を持っていたとか、心を痛めているとか掌返し。
    お煎餅焼いてるんじゃないわよ!と突っ込みたいですわ。

    今週は新潮がお引っ越しに関して記事にしていますが文春は皇室関連記事はなし。
    高輪にさっさと引っ越さない理由は、秋に来日が予定されているローマ教皇と皇居で会いたいからじゃないかしら?
    邪推ですが、高輪に来て頂く訳には行かないでしょうし、かといってお立場上出向く訳にも行かないんじゃないかなと思うんですがとうでしょうね?

    • しろ より:

      ミラージュさん、こんにちは。

      ローマ教皇の来日予定の秋まで頑張る。。。ってご推測にナルホドと、とても納得しました。

      7月中にお引越しの予定とどこかの週刊誌に書いてあったような気がしたのですが、上皇陛下のご体調のせいで延期になっているのかな?と思ったら、先ほど、yahooニュースで、上皇・上皇后両陛下 那須で御静養中のニュースが上がって来て、お元気そうで、引っ越す気もなさそうです。

      懐かしの東宮御所より住み慣れた皇居の方が居心地もいいですよね。高輪邸改修が税金のムダづかいにならないといいですが。。。この引っ越し案すら秋篠宮家に東宮御所を使わせない策略に思えて。。。(そんなことはないのでしょうが、少し心が曇ってます)

  21. ラッキー より:

    おはようございます、記事のアップを有り難うございます。
    他の皆さんと言いたい事は同じですが、美智子様が全てのキーマンなのに、全く動かないからこの体らくです。

    紀子さまの若い時の衣装凄いですね、あんなの着させられていたのか?ビックリです。

    長男夫婦が一番可愛いくて、次男は可愛くないから今の言われたい放題の状況を面白がってるとしか思えません。自分さえ良ければそれでいいんですよ。今この異常事態の状況なのに良くもまあ呑気ですね。鶴の一声で何とでもなるのに。

    子育ては本当に難しいですね。
    ナルちゃん憲法で育てられた長男は嫁の尻に敷かれ毎日引き籠りで、次男はお嫁さん選びは大成功したけど、子供が連れてきた恋人が詐欺師とは。

  22. mimi より:

    mayuさん

    いつもながら記事の掲載、お世話さまです。
    ご結婚問題膠着状態が続き、紀子妃殿下のバッシングは激しさを増す一方です。ご結婚前のお写真なども引っ張り出されて、名誉毀損の犯罪紛いの記事が出回っているようですが、スケープゴートなのでしょうか?発禁にはならないのですね。
    mayuさんの記事を妃殿下がお読みになられたなら、折れた心を多少なりとも建て直すことがお出来になるでしょうに、、、と思います。(TT)

    火の気のない所に煙はたたないと申します。
    姑は嫁を苛めるものですが、「慈愛深き美智子さま」もまた、姑根性がおありになるのでしょうか?同じ民間から嫁がれた雅子さまと紀子さま、そのお孫さまたちを大きな翼で包んでは来られなかったー
    天皇家のみんながうまく立ち行くために采配を振るおうと思えば出来たのに、それを全くしなかった。と言うことのようですね。
    美智子さまは、天皇陛下(浩宮さま)にだけは惜しみ無く愛情を注がれたようですが、秋篠宮殿下や清子さまにはひどく冷淡(無関心)だったような気がします。秋篠宮殿下にも少しは帝王学を学ばせて下さればよかったのに、と思います。
    悠仁さまへは靴一足のお情け!?帝王学などは考えもしなかったのでしょうか???

    美智子さまは初の民間の星として、ご自分さえ輝いていれば、他はどうでもいい、という自己中心主義に満ちたお方なのでしょうか?
    そうでなかったら、天皇家を終焉に導く、どこぞの使者なのでしょうか?
    いづれにせよ、平成天皇以降の天皇家のご結婚に関しては、お血筋やお家柄の良さを最も重視するのではなく、美智子さまよりも下の家柄で、個人の自由恋愛に任せることを伝統にしてしまわれたのです。
    そういうお考えでいらしたので、恋愛には奥手でいらした清宮さまのご結婚でさえも無慈悲に放置出来たのでしょう。
    その博打的な伝統の結果、天皇陛下は嫁選びに失敗し、秋篠宮殿下は奇跡的な成功をおさめ、眞子さまには奇跡は起きず、大失敗に終わろうとしているのです。
    紀子さまは、母親の直感から小室氏の正体に気づいたでしょうが、時すでに遅く、押し切られた格好だったのでしょう。
    そして、平成末期に現れた和気清麻呂の登場で、小室氏とその母親の正体が国民に暴露され、婚約内定の延期。そして小室氏は国外に逃亡。
    天皇家の滅亡がすんでのところで回避されたかに見えるのに、なぜか?泥を被りたくない人たちのせいで、事態は一向に進まず、助け船も出ないまま、紀子さまが、諸悪の根源のように泥を投げつけられていらっしゃるのです。(TT)

    • 水玉 より:

      mimiさん

      >美智子さまは、天皇陛下(浩宮さま)にだけは惜しみ無く愛情を注がれたようですが、秋篠宮殿下や清子さまにはひどく冷淡(無関心)だったような気がします。秋篠宮殿下にも少しは帝王学を学ばせて下さればよかったのに、と思います。

      浩宮は将来の天皇という事で気合いが違ったでしょうが、他のお子様も可愛がられたと思いますが…。
      浩宮、礼宮の教育係の浜尾実さんが礼宮さまに帝王教育しようとしたけど、やんちゃで出来なかったと聞きます。
      でもそれは一緒にしていただきたかったですよね…。

      >悠仁さまへは靴一足のお情け!?帝王学などは考えもしなかったのでしょうか???

      靴一足は西洋の風習とか…。
      もう一足あったらしいです。
      上皇夫妻にとっても、悠仁さまはもちろん可愛いでしょうが、
      皇位継承に繋がる方なので、女の子とはまた少し違い、
      預かりものというお気持ちなのでは…。

  23. クロワッサン より:

    mayuさん 連続更新有難うございます。

    「ナルちゃん憲法」という美智子さまの教育法が女性週刊誌を中心に喝采を浴びていました。

    でも、「ナルちゃん憲法」の教育法の結果が、現在の天皇です。天皇に相応しく育ったでしょうか?

    美智子さまは、皇太子妃として役目を果たさない雅子さまを、いつも片手を添えて皇太子妃をよろしくのポーズを取ってきました。「何甘やかしてんだよ」と思いました。

    雅子さまが、長年、日本赤十字の公務をサボり続け、それをカバーしてきた紀子さまの気持ちを思うと、雅子さまを前面に出して、よろしくはないだろうと思いました。

    発言力のある美智子さまが、皇太子夫妻時代の二人を甘やかしました。厳しい態度を取りませんでした。

    産児制限の件も、秋篠宮さまはマザコン気味なのか、美智子さまにはいつも従順です。妻への配慮はないのでしょうか?

    また上皇と上皇后がKK問題でも積極的に解決の為、行動出来るはずなのに、我関せずです。

    今、愛子天皇をと話題が沸騰していますが、悠仁さまが皇位継承者だと祖父母がもっとアピールしてれば、愛子天皇というのは出て来なかったのでは……

    あっ、間違えました。上皇と上皇后が愛子天皇を熱望しているんですよね。

    現在の皇室の体たらくは、美智子さまが皇室を取り仕切って采配してきた事が原因だと思います。

  24. 白雪山羊 より:

    mayuさん、早速更新ありがとうございます。

    上皇后さまは、紀子さまに色々厳しくご注意なさった様ですね。
    (一生懸命、努力を重ねた紀子さまは凄いし
    大変だったと思います)

    で、今更ですが…雅子さまに対して
    (特に結婚当初)
    上皇后さまは、厳しくご注意などなさった事あるのかなと思いました。
    適応障害になられてからは、あれこれ言えないだろうし…
    それとも、皇太子さま(当時)のお相手だから
    結婚当初より気遣って来たのだろうか…色々考えてしまいました。

    オランダの国王夫妻の見送りの画像、初めて見た時は結構ショックだったのを覚えています。

  25. ラミリー より:

    mayuさんこんばんは。前回、前々回の記事にはコメントするタイミングを逃してしまいました。別館にコメントすることができ、よかったです~いまだに不安ですが。。雅子派は雅子さまいじめられて可哀想路線で行くつもりらしいですが、上から3枚目、これを見ても、そんなことあり得ない!と、思います。私が大嫌いな写真です。若かりし紀子様の姑からお仕着せの写真も、お気の毒でもあり、懐かしくもあり。「皇族きどり」などと書かれてましたよね。あの頃から、紀子様に対して「鬼の美智子」だったんだなあ、、と思います。それに耐えてこられた紀子様が小室のせいでまた叩かれるなんてひどすぎます。早く心からの笑顔がみたいです。

タイトルとURLをコピーしました