上皇夫妻引っ越し・眞子さまと小室圭氏の結婚問題 皇室に対して私が適応障害になりそうだ。

皇室

【注意】YouTuber(ユーチューバー)セカイノワダイさん、このブログの記事とコメントを
勝手に使ってyoutubeで動画を作って配信しないでください!

近頃皇室、皇族に対して呆れ気味でこっちが皇室に対して適応障害になりそうです。
いや、もう既になっているかもしれません。
上皇が29日に吹上仙洞御所で意識を失って倒れた、これでまた引っ越しが延期に
なるだろうなぁ~と薄々思いました。

今週号の女性自身の記事には引っ越し費用は今年度予算に計上されているので
今年3月末までに実施する必要があり、予定通り引っ越しされるだろうと
皇室ジャーナリスト山下晋司氏が述べていました。

序に女性自身2020年2月18日号には
美智子さま「24時間介護」「引っ越し中止」限界苦悩のいま!

のタイトルで美智子さまがいかに上皇をお支えしているかを賛美した記事ですが
美智子さまが直接介護なんかするワケないじゃん。高齢になり老化現象著しくなった
上皇の傍にいることが多くなり、ライフワークだった催し物や2年に1度のお出かけも
取り止めになった、我々庶民の老々介護と比べたら大したことじゃないです。

吹上仙洞御所と書いていますが実際は天皇皇后が住む御所で、今上夫妻は今現在も
東宮御所に住み御所まで通勤している。
上皇夫妻が住んでいるから御所を吹上仙洞御所と書いているだけです。

次に倒れた吹上仙洞御所から去年改修済みでいつでも引っ越しOK!の
高輪皇族邸を仮仙洞御所と書くことになります。その後、上皇夫妻の思い出の
東宮御所の改修工事と倉庫を作り引っ越し、晴れて本当の仙洞御所になる。
段々頭がややこくしなって私も「適応障害」になりそう。((((゚Д゚))))
こんな私のような人の為に産経新聞より

画像出典https://www.sankei.com/life/news/190422/lif1904220025-n1.html

仮仙洞御所を仙洞御所、要するに上皇夫妻の終の棲家にしても良いのではないか、
と思ってしまいます。上皇夫妻が仮仙洞御所に引っ越しした後、御所と東宮御所を
少しリフォーム、綺麗にして御所には今上夫妻、東宮御所に秋篠宮皇嗣ご一家が
引っ越しすれば簡単な事でした。一番ややこしくしているのは上皇夫妻です。
ボケ症状が出ている上皇より美智子さまの考えが強いのでしょう。
そのせいで、秋篠宮家の増築工事が批判の的になってしまいました。
上皇夫妻の我儘による二次被害を受けているのが秋篠宮皇嗣ご一家になります。



まったく、なにかと言えば「思い出の」がつく上皇夫妻で
有名なのが「思い出のテニスコート」何度行かれたことか。
上皇も86才、何度か倒れている、認知症気味、お出かけもそろそろ限界に
来ていることに気付くべきで、庶民なら要支援2程度の介護認定を受け
老人2人暮らしならデイサービスに週に2回くらい通わされるんですが・・・( ゚Д゚)

バイキングの進展のない眞子さまと小室圭氏の結婚問題を見て

次、昨日母を連れて市立病院に行く前に「バイキング」を見ました。
2月に入ったからか、久しぶりに小室圭氏の話題でしたが、進展はないです。

去年のアンケートと今年のアンケートを比較して、応援できないが若干増えていました。
良い事です、2年もダラダラとNYに行きっぱなしでコメントひとつも出さず
平成の無責任男の代表みたいな人です。
ミッツ・マングローブと高橋真麻さんとMCの坂上忍はドーンとはっきり言わない、
言えないのだろうけど、眞子さまと小室圭氏の結婚には反対ですね。

ただ、何らかの発表が2月にあるのではないか?と首を長くして待っている者には
今年の秋がリミットとは長過ぎます。他に5月リミット説を出しているコメンティーター。
2月は天皇誕生日があるから・・と言っていましたが、まだ3週間の先のことで
早く再延期するのか、白紙なのか、結婚するのか聞きたいです。
元婚約者から借りたお金を返済しなくて済む期限切れが今年の11月だそうです。
それまでダラダラダラ~~~と返済しないままでいるのか。
贈与と言い張るのなら、贈与税払えよな! 誰も贈与税のことを口にしなかったのが
歯がゆかったのでした。しかし、お金が無いのは寂しいことですね。
圭与さんも身の丈に合った暮らしをしていれば、そこそこお金はあったでしょうに。
お天道様の下を堂々と歩けたでしょうに、コソコソと暗くなってから出掛けるって惨めだわ~
どんどん日も長くなってきて不便よね~~( ゚Д゚)

下の昨日のバイキングの動画です。
そのうち削除されるかもしれないので、観ていない人で観たい方は早めにどうぞ~
バイキング 2020年02月04日
【小室圭さん続報!国民のホンネ独自調査▽麻世VSカイヤ泥沼離婚裁判】
https://youtu.be/-kN3SqlQ2xk



コメント

  1. れいこ より:

    この日のバイキング、観てました。コメンテーターの中には、若い二人の愛を応援したいというような、呆れた意見もありました。親の借金は子供と関係ないとかあるとかの話ではありませんよね。眞子様が、無職で借金持ちの小室圭と結婚するようなことになったとしたら、元皇族としての品位を保つことは不可能。結局、秋篠宮家から援助せざるを得ないし、眞子様も元皇族として特権で公務を存続し、自らの生活を支えるしかないということになります。税金が流れるのも特権利用も、どっちもNGです。高橋真麻あたりに、そのことに食い込んで、発言していただきたかったです。

    • mayu より:

      れいこさん

      テレビも1人くらい応援する人を入れてバランスを取っているんだろうと思いました。
      心の中では「反対」と思っているのか、それとも本気で賛成しているとしたら
      かなり脳天気な人ですよね。 今の所、秋篠宮殿下が納采の儀は行えない、の
      考えを貫き通しているので、早々簡単に結婚は出来そうもないようですが、
      本当に結婚するなら親子の縁を切るくらいの覚悟をして貰わないと。

  2. ラミリー より:

    mayuさん、こんにちは。ミヤネ屋でkk。と思ったらバイキングでもやってたんですね。早速の記事、ありがとうございます。はああ、、マスコミはなぜにkkと眞子さまを結婚式させたいんだろう?基本的に「別れればいいのに」「別れるべき」などとは発言できないのかもしれませんが、イライラしてしまいます。まあ、眞子さまの執着心も強そうではありますね。ニューヨークで警備されながら暮らすんでしょうか?上皇夫妻の皇居居座りもたちが悪いです。倒れられたのはお気の毒ですが、さっさと引っ越しを済ませてない事が大問題です。不快極まりないです。

    • mayu より:

      ラミリーさん

      ミヤネ屋でもやっていたのですか。
      庶民の声も本当は厳しい声があるんだけど、そこは敢えて放送しない、
      別れろ、破談にしろ、とは言いにくいんでしょうねぇ。

      上皇夫妻は生前退位が決まったあと、あちこちで歩かないで
      さっさと断捨離、引っ越しの準備をしたら良かったんです。
      最後だ、最後だと出歩いた結果、引っ越しが遅れる、年を取って体調が悪くなる。
      計画性のない人達ですね。

  3. nono より:

    mayuさんこんにちは!記事の更新有り難うございますm(_ _)m
    上皇さまには可哀想ですが、美智子さまの強い意思とご希望が隠しきれない引っ越しのゴタゴタで私も食傷気味です。
    最近はYouTubeのFNNアーカイブで佳子さまの映像を良く見ます。癒されます。
    要介護や介護認定を取得して少しでも安い費用で日々を過ごそうと考えなくても良い美智子さまが介護とは、鼻で笑えてしまいます。
    運命の2月と言われてますが、令和初の天皇誕生日の上げ報道をして他はスルーしそうな気がする今日この頃です。

    • mayu より:

      nonoさん

      美智子さまの「強いご希望」は我が儘で、子供が駄々をこねているように思えて
      周りの大人も仕方なく言う事を聞いている、みたいに受け取れます。
      マスコミもイギリスみたいに厳しく突っ込んでくれるといいのですが・・・
      美智子さまの取って付けたような美談、賛美記事にはウンザリです。

      私も2月は発表無し、スルーされるような気がしてきました。

  4. 白雪山羊 より:

    mayuさん、記事更新ありがとうございます。

    私など上皇ご夫妻はもうお年だし、引っ越ししないで建物の名称だけ変更…では
    駄目か(汗)?なんて考えてしまいました。
    (想像するだけで疲れます)

    バイキング、少し見させていただきました。
    麻世VSカイヤと並んでK氏ってのが何かもう…
    今までの騒動が流れている時の、スタジオのゲストなどの表情が「いつまでやるんだよ…」と言っている様に見えました(苦笑)。

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      さすがに御所に居座るのはどうかと思うくらい居座ってますね。
      天皇皇后夫妻に通勤させているんですから、高輪皇族邸を仙洞御所で
      いいんじゃないかとは思いました。
      バイキングも新しい情報もないのによくやるよ(笑)
      賛成できない人が増えたのは良かったですよ~~~(^^)

  5. ミラージュ より:

    mayuさん、こんにちは。
    新しい記事のアップありがとうございます。

    私も上皇夫妻には怒りしかないです。
    仙洞御所は、元東宮御所ではなく、小規模のヴィラみたいなのを赤坂御用地内に退位特例が決まった時にすぐ新たに建設していたら、退位後速やかに引越し出来たの出はないのかと思いました。 この状況ではさっさと引越ししてなんて言えないですよ。
    元の東宮御所に引越し出来るのはいったいいつになるんでしょうね。
    仮に、仮にですよ、どちらかが御隠れになったとして、あの広い東宮御所にお一人で住まわれるんでしょうかね? 甚だ疑問です。

    眞子さまの何らかの発表は、圭さんの次期奨学金ゲットが決まるまではないのではないでしょうか?
    TVのコメンテーター達は借金のことしか話しませんが、それだけが問題ではないと知っているのかしら。
    清原さんの母子家庭云々擁護に、誰でもいいから、小学校から大学までずっと私立に通わせている家庭を一般の母子家庭と同様には語れないのでは? 位言ってほしいものです。

    別館読みました。 ご自分だけでなくお母様の付き添いもしなくてはならないのは大変ですね。 どうか無理なさいませんように。
    MRIを撮ったということですが、何かしらの疑いがあるからですか?
    うちの母の例で恐縮ですが、昨年腹痛をお越し痛い痛いと大騒ぎしたので病院に連れて行って貰いまして、胆嚢炎を疑われCT検査しましたが、CTでは判別不可能。その病院ではMRIがなかったこともありますが、痛み止めで治療してもらい、もう高額費用がかかる検査や手術はしないことにしました。
    食べられなくなっても胃ろうもしません。 あれ、やってしまったら寿命が尽きるまでし続けないといけないんですよ。
    知人の母親が、施設で具合が悪くなり医師があと数ヵ月と言ったので病院に入院させて胃ろうもしたら、それから一年以上たつけれどまだ生きてるわよ~と話していました。
    いつまでも生きていてほしい気持ちは当然なのですが、人間の尊厳と、国の医療費破綻を考えたら、自然にした方が本人のためでもあるのかな。。と。
    難しい問題ではありますね。

    • mayu より:

      ミラージュさん

      さすが物知りだわ~~ヴィラってなんのことかと思ったら、上流階級の別荘のようなもの、
      だそうで生前退位が決まった時点で作って充分に間に合いました。

      私は御所と近い吹上御所を改装、リフォームが一番良いと思ったのですが。
      どちらが先に御隠れになっても御所が近くていいんじゃないかと。
      どーしても美智子さまは香淳皇后が住まわれた吹上御所は嫌みたいですね。

      小室Kの奨学金ゲットは夏でした、また長い半年になりそうです。
      小室親子の母子家庭は普通に考える母子家庭じゃないんだけどね。

      母のMRI検査は2018年12月末に脳梗塞になり入院し退院した時に
      一年後の検診を予約されたのでしたが忘れて行かなかった為、病院が施設に
      電話し、私が検査しなくても良いと言ったら病院から駄目だ~と言われ連れて行きました。
      安定しているから良いんだけど病院が頑固で・・・
      母も胃婁は拒否しています。父の時も何度も言われたけど拒否しました。
      あんな状態で胃婁して生かされても父には苦痛、生きる屍だったので
      胃婁拒否にして後悔は無かったです。年齢も87才でしたし。

      • ミラージュ より:

        mayuさん、返信ありがとうございます。

        そうでした、旧吹上御所がありましたね。美智子様がお嫌なんでしょうね。香淳皇后が住まわれた所なんて。 60億円以上もかけて新御所を作らせたのですから。
        確か夫にに皇居では四季を感じないとか言わせてましたね。東宮御所に戻る言い訳を正当化させるために。
        あの広大な敷地に四季折々の草木が成育する様をご覧になっていても四季を感じなかったんですかしら?
        あの二人の我儘で秋篠宮家がどれだけ悪し様に言われることになってしまったのか、全くご存知ないとは思えないんですけど。

        お母様、そんなことがありましたね。 確か回りの方々ととても仲良くなさっていて、退院は涙涙だったような?
        病院側から催促されるとは、良い病院ではないですか!
        普通はほったらかしですよ。
        症状が安定していらっしゃるとのこと、このまま穏やかに余生を過ごすことが出来たら良いですね。

タイトルとURLをコピーしました