悠仁さま(中学一年)が夏休みを利用して初の海外旅行を
される方向で検討が進められていると、NHKニュースで見ました。
行き先はどこだろうと思ったらブータンでした。
欧州辺りに行くのかな~と思ったのでブータンとは意外でした。
秋篠宮ご夫妻と3人での旅行になり、映像、画像で見られるのが楽しみです。

で、このニュースを早速、時事通信がアップ。
続いてヤフーニュースでアップ。案の定、ヤフコメは小室問題を
先に解決すべき、などの小室Kが背後霊のように出てきます。
マジでもうウンザリです。
眞子さまには、いい加減に小室Kから離れて欲しいです。

週刊女性によると、秋篠宮ご夫妻は6月27日から10日間の日程で
北欧2ヶ国訪問、出発約1週間前に御2人揃って会見が行われる。
その中には、小室Kとの結婚に関して今後の見通しを問う内容も
含まれている(宮内庁関係者)と書かれていましたが、この会見で
何らかの答えが出ると良いのですが・・・

また、今後、小室Kがどんな行動をとったとしても、秋篠宮殿下が
小室Kを認めることはないように感じる、眞子さまは小室Kと結婚するのは
かなり難しいと思う(秋篠宮殿下の知人)とも書かれています。

NHKニュースより 悠仁さま 夏休みにブータンを旅行

秋篠宮ご夫妻と長男の悠仁さまが、ことし8月、悠仁さまの夏休みを利用して
ブータンを旅行される方向で検討が進められていることがわかりました。
悠仁さまが外国を訪ねられるのは初めてになります。

天皇陛下の即位に伴って皇位継承順位2位となった悠仁さまは、この春から
お茶の水女子大学附属中学校に通われています。

関係者によりますと、皇位継承順位1位の皇嗣の秋篠宮さまと、紀子さま、
それに悠仁さまは、ことし8月後半に10日間前後の日程でブータンを旅行
される方向で検討が進められているということです。
悠仁さまが外国を訪ねられるのは初めてになります。

ご夫妻と悠仁さまは、首都ティンプーなどを訪れ、豊かな自然にふれながら
過ごされる予定で、皇室と親交のあるブータン王室との交流や、秋篠宮さまの
生物学の研究に関する日程が組み込まれることも検討されているということです。

以下省略

秋篠宮ご夫妻の長男悠仁ひさひとさま(12)が8月中旬から、ご夫妻とブータンを
訪問される方向で調整が進んでいることが、関係者への取材でわかった。
悠仁さまの外国訪問は初めて。秋篠宮さまに次ぐ皇位継承順位2位の男性皇族で、
国際親善を担われる将来を見据え、ブータン王室との交流も検討されている。
関係者によると、訪問は私的な旅行で10日間程度。首都ティンプーなど各地の視察が
調整されている。皇室はブータン王室と親交が深く、2017年6月には長女眞子さまが
公式訪問されている。
悠仁さまはお茶の水女子大付属中の1年生。同付属高は女子校で、悠仁さまは他校への
進学準備が必要になることから、今年のうちの外国訪問が適切と判断されたとみられる。
出典 読売新聞


天皇陛下と秋篠宮さま 中学3年で海外訪問

悠仁さまの中学1年生での外国旅行が検討されていますが、天皇陛下と秋篠宮さまが
初めて外国を訪ねられたのは、いずれも中学3年生の時でした。

天皇陛下は昭和49年、学習院中等科3年生の夏休みに、初めての外国旅行として
15日間の日程でお一人でオーストラリアを訪れ、ホームステイを経験されました。


画像はNHKニュースをデジカメで撮影です。

また、秋篠宮さまも昭和55年、同じく中等科3年生の夏休みに、初めての外国旅行
として14日間の日程でお一人でニュージーランドを訪れてホームステイされました。

一方、悠仁さまの姉の眞子さまと佳子さまは、悠仁さまが誕生される前の平成15年、
学習院初等科の6年生と3年生の夏休みに、秋篠宮ご一家でタイを旅行されたのが
初めての外国訪問でした。出典 NHKニュースより

眞子さま 7月9日~22日まで 南米2カ国ご訪問

秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまが7月9~22日の日程で、日本人の移住から120周年
となる南米のペルーとボリビアを公式訪問されることが11日の閣議で了解された。
眞子さまは米国を経由し、ペルーの首都リマやボリビアの主要都市であるラパスなど
4都市を訪問される。両国でそれぞれ開催される記念式典に臨席されるほか、大統領への
表敬、現地の日系人や移住者との懇談などが予定されている。
ペルーでは世界遺産のマチュピチュ遺跡にも立ち寄り、日本人が初代村長を務めた麓の村を
訪問される。出典 産経新聞




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事しませんのでご了承ください。
*お問い合わせからのメールには基本、返信しませんのでご了承ください。
*コメントが多い、多忙、疲れている時はコメ返しを省略することもあります。
*別館はリンクコーナーにあります。