園遊会・ご静養今年も取りやめは天皇陛下のご意向で、週刊新潮より

週刊誌の皇室記事

久しぶりの週刊新潮による天皇ご一家の記事でした。


ざーーっと読むと、「園遊会」「ご静養」が今年も取りやめで、どーーしてもコロナに感染したくない、皇室がコロナの感染源になってはならないという強い思いが天皇陛下にはあり、その強いご意思により取りやめになった、ということでした。

園遊会はコロナ禍以前と同じような開催のしかたでは無理だろうな~とは思いました。小規模に開催するとしても、現状感染者がかなり多いので今年は無理と判断するだろうとは思いました。でも来年あたりは開催して欲しいです。佳子さまの園遊会デビューを見たいんです。

ただ、ご静養は記事に書いてあるように、車で移動なら大丈夫だろう、と思っていたので、静養まで中止にするとはちょっと意外でした。

今年に入って天皇皇后両陛下もオンラインから現地に出て公務をするようになっているんですよね。
秋篠宮ご一家と三笠宮家、高円宮家はコロナ感染者が出ても積極的に出て公務などされています。

静養に行かない理由は、愛子さまではないでしょうか。

大学も入学以来一度も対面授業を受けられていない。これも愛子さの1人で決められたことではなく、天皇陛下の強いご懸念が反映されている。

ご一家だけにとどまらず、高齢の上皇夫妻にもリスクが及び兼ねないって住んでいる場所がかなり離れているのに、行き来しなければ良いだけで引退した上皇夫妻への感染まで考える必要があるとは思えません。



記事ではイギリス王室を例に出していますが、国民性が違い新型コロナに対してそれほど恐れていない部分があるようで、エリザベス女王、チャールズ皇太子など2回もコロナ陽性になっているし、カミラ夫人、ウィリアム王子も感染していますがどんどん国民の中に入って式典に出席、公務されているんですよね。

ウィズコロナで国民もどんどん動いているのに、皇室の中では特に愛子さまは3月17日の成年会見以降は養蚕作業をしている写真を公開しただけ。

動く愛子さまを5か月以上も見ていません。

成年会見で心身ともに燃え尽きて、もうなーーんにもしたくない燃え尽き症候群になってしまったのか??

とにかく両親の天皇皇后夫妻はたまに御所から出ているけど、愛子さまは一切出てこない、出られない、出せない、その為静養は中止と天皇陛下が決めた。その前の大学への通学もしないと天皇陛下が決めた。新型コロナがいいように言い訳に使われているのではないだろうか。

今は感染者が多くて新型コロナを理由にできるけど、さて落ち着いたら愛子さまはどーするのでしょうか。伊勢神宮参拝も済ませていませんが、21才になるまで3か月ちょっと・・・成年会見が遅れたと同じように参拝の手順など練習しているのでしょうか。

週刊新潮のタイトル「宮内庁が天皇皇后を国民から遠ざける」ですが、宮内庁の責任ではなく、天皇陛下が言葉だけ「国民に寄り添う」を使い、コロナ禍を大いに利用し国民から遠ざかっているとしか思えないのですが。



コメント 【注意】既にコメントしている方に被らないハンドルネームを入れてください。匿名・名無し、通りすがりは承認できません。皇族方には敬称をつけてください。

  1. やしま より:

    私も「脊髄反射」のようになってしまって、すみませんでした。  m(_ _)m

    mayuさんのおっしゃる「こういうコメント欄でワクチン接種の不安を煽られても、接種したい人は接種するだろうし、怖い人は1回目からずーーっと打っていない、2回目、3回目の
    副反応が辛い人は以後は打たない、個人個人の選択でよいと思います。」

    ありがとうございます。本当にこれに尽きます。私の場合老親を抱え、万が一移してはいけないとも思い、4回目は止めようかと思っていたのですが、幸い1回も副反応も出ず、ワクチンを打たないと親が私に対して心配するため(私から移るということと私自身のことを含めて)、4回目も接種しようと思っています。なお夫も4回目接種は気乗り薄でしたが、先日濃厚接触者になってしまってから気が変わったようです。

    雅子様や愛子様もワクチン接種はしておられず、もしかしてお二人は反ワクチンなのかなと思っています。それがため愛子様は大学にも行かれないわけですが・・・でもこの一文は余計でした。重ねてすみません。

    ここはmayuさんのおかげで自由に息がつけるところなんですが、「ワクチンを打ったら怖いことが起こる」という趣旨のことが書かれると友人のLineを思い出し、いや~な思いに駆られてしまうのです。本当にワクチン打つ、打たないは個人の自由でお願いします。

  2. さざんか より:

     ごめんなさいね、お騒がせいたしました。

  3. mayu より:

    こんばんは。

    ワクチン接種ですが、既に3回打って4回目接種該当者です。

    私は副反応が出る、眩暈が続いた、などがあるので4回目はパスします。
    副反応が全く無い旦那が4回目接種したかったら、医院まで付き合うと言ってます。

    正直、科学者でも医者でもない私にはワクチンの良し悪しは分かりませんが、
    副反応が酷かった、あるいはワクチン接種が原因でお亡くなりになられたと
    思われる方は大変お気の毒だと思いますが、ワクチン接種は強制されて
    打つものではないのが現状で、怖くて打ちたくなければ打たないで良いと思います。

    こういうコメント欄でワクチン接種の不安を煽られても、接種したい人は
    接種するだろうし、怖い人は1回目からずーーっと打っていない、2回目、3回目の
    副反応が辛い人は以後は打たない、個人個人の選択でよいと思います。

    旦那が4回目のワクチン接種で副反応が酷くなる、最悪亡くなることはゼロとは
    言えませんが、それは旦那が選択した運命だと思うしかないです。

    私自身はワクチン接種も億劫ですが、コロナに感染し後遺症が残るのも嫌です。
    なので出掛ける場所は殆ど決まっていて、旅行も、外食もせず過ごしています。

    それでも運が悪ければ感染するだろうな、との覚悟もしています。
    プール教室の送迎で感染する確率が高くなっているかも。
    だからと言って誰を恨みますか。孫たち?娘夫婦?

    マスクは夏が過ぎ、秋になり寒くなってくると新型コロナ関係なく
    マスクをしていたので今後もマスクはします。
    寒い時は防寒替わり、化粧も簡単のズボラには便利です。

    追加で、仮に旦那に反ワクチンなど言っても無駄です(^^;)
    深く考えない人だし、今まで副反応が無かった、腕の痛みすら軽く済んでいるいる人なので、
    バカバカしいと言うか、死んだら・・その時はその時・・・と、いつも言われてるんです。
    肝が据わっていて人の言うことなど聞きません。義弟の言う事は聞きますが、その義弟は
    4回目接種済ませているんですよ(笑)

  4. さざんか より:

    つづき
    なお、笑っちゃうのは、すでに海外では新型コロナへの関心は消え、マスク皆無なのだそうです。
    「マスク大国・日本に、世界一患者が多いって、どーゆーことw」と、呆れられているとのこと。
    新コロでも、日本はガラパゴスなのです(´;ω;`)ウッ…
    ところで、あのう、「ワクチン批判者は、天皇家支持者」だというデータは、一度も見たことが無いので、びっくりなのです。
    出来ましたら、出典をお示しくださいませ。

  5. さざんか より:

    えーっ、反枠運動家どころか、わたしは完璧な引きこもりなのですがw
    まっすぐにお読みいただけば、
    「mayuさんの夫さんが万一の副作用で呻吟なさったり、運が悪くて・・・という最悪の事態に至らずに、
    今後も健康でいてほしい」と願って書いたこと、ご理解いただけるのでは? 
    非公開での投稿にすれば、やしまさんをいらだたせなかったし、こんな不毛のやりとりせずにすんだでしょう。
    軽率でした。mayuさん、ごめんなさい。
    なお、やしまさんがご呈示の反枠団体は、極端かつ暴力的な言動で有名?です。
    大騒ぎして、やしまさんたちを「反ワクチン組織って、怖い」と思わせるのがお仕事だと思われます。
    ワクチンに疑問を抱くひとは増える一方で、
    全国の思慮深い医師、研究者、看護師さんたちが、接種反対の活動を各地で地道に進めています。
    それは燎原の火のように広がっています。

  6. やしま より:

    反ワクチン主義の方って、愛子様、雅子様賛美者なんでしょうか?

    確かにワクチン接種後亡くなられた人は確かにいます。(政府的には1人だけということになっていますが)
    けど、コロナ感染で亡くなられた方のほうがはるかに多いし、この病気はインフルエンザと違って罹患後の特効薬がありませんし、感染力は極めて高いです。
    その病を重篤にしない手段は、今のところワクチン接種しかありません。

    そして、ここからが大事なことですが、ワクチン接種は義務でも強制でもありません。
    ご自分の自由意志で打つのです。
    私は若いときからの友人がすっかり反ワクチン主義者になってしまい、折々にLineしてくるのが嫌で仕方がないんです。息子たちにも嫁さんにも絶対に打たせないというこの人のLine内容、反ワクチンの強固な意思。
    ご自分はいいです。でもそのことを人に押し付けないでいただきたい。

    今世間的にはこんな騒ぎも起きて、ニュースになっています。
    主婦たちが行進するデモもあるそうですね。

    反ワクチン団体「神真都Q会」、警察が動向注視…「闇の政府が支配」Qアノンの陰謀論拡散
    新型コロナウイルスのワクチン接種会場に侵入したとしてメンバー5人が逮捕された反ワクチン団体「 神真都 ( やまと ) Q会」が今年1月、全国で同時開催したデモに約6000人が参加していたことが捜査関係者への取材でわかっ
  7. やしま より:

    コロナ感染者は多いとはいえ、「行動規制のない夏休み」でしたよね。学習院大学のHPを見てきました。

    「令和4年度の授業運営方針について、新型コロナウイルス感染症の状況等を踏まえ、令和4年5月27日以降、以下のとおり変更することとしましたので、お知らせします。

    基本方針:対面授業を中心としつつ、遠隔授業を併用します。
    具体的には、感染防止対策を行い、教室内の間隔を確保した上で、適切な範囲の科目を対面で行うことができるよう、制限を緩和します。なお、履修者数200名以上の科目は一部を除き、遠隔授業又は対面授業出席者を制限して実施します。」

    つまり200名以上の大教室での授業以外は、基本対面授業にしている、というふうに読めます。なので、対面授業とされている以上、大学に行かないのはおかしなことであり、いまだにオールリモートの愛子様の学習方法は、非常に奇妙だと言わざるを得ません。本当に大学のお勉強しておられるのでしょうかね。

    愛子様は小学校時にはいじめによるとされている不登校、母親の付き添い登校。中学校と高校はスキップ登校と言われる、大遅刻や早退にしょっちゅうお休みの、普通の生徒さんだったら卒業が難しいんじゃないかと思われるような・・・卒業できても学習院大学進学はとても難しいとしか思えない、まあそこは皇室特権での進学でした。
    コロナがなかったら、どんな大学生活を送られたのでしょうか。20歳を過ぎたらご公務も始まるはずでした。伊勢神宮や武蔵野陵等、行くべきところも多数あります。

    このままずーっと、このままだったら、ミステリアスな姫君ですよ。もしそうではなくて、一発逆転、奥つ城にこもられたままご結婚まで進むのなら、私てきにはそのときには仕方がないと思いますけれども。

    この方のどこがご優秀なのか、はっきりお姿を見せてお言葉をいただけないと私にはどうもよくわからないです。

  8. さざんか より:

    先日は、おせっかいごめんなさい。そして、今朝も、おせっかいの続きです。
    黄金の腕のお百姓さんでいらっしゃるご主人に、今後も美味しい野菜をどっさり作り続けて、この先も幸せに暮らしてほしいのです。
    なので、下記2件の図と最新記事をお見せいただけませんでしょうか。どうぞ、よろしくお願いいたします。

    https://twitter.com/saposen/status/1562352460152569856/photo/1


    https://twitter.com/saposen/status/1562352531761954818/photo/1


    ワクチン接種数時間後に急死 「息子は浴槽に沈んでいた…」国の結論はまたも“評価不能”(CBCテレビ) - Yahoo!ニュース
    新型コロナワクチンを接種したその日に息を引き取った13歳の少年。少年の搬送先の病院はワクチンの副反応と関係があるのではないかという報告書を国に提出しました。しかし、厚生労働省が出した結論は「評価不能


    朝から、気の滅入る投稿で、すみません。

  9. tartotu より:

    更新ありがとうございます。

    「21才になるまで3か月ちょっと・・・」にハッとしました。もしかしたら悠仁さまが18歳成年になるのなんてあっという間なのに、その時もまだ行ってないかもしれませんね。コロナがどうなるかわかりませんが、悠仁さまがその間に学校の行事で留学しまた参拝や宮中三殿に報告するかもしれませんし。
    わかくささきさんの言うように、母上と違って「活発で優秀な」愛子様ならひとり公務とはいかなくとも父と娘で代理に盲導犬の見学とかをすればよかったのに。今こそ秋篠宮家の公務は鑑賞だ、お車代稼ぎしているといわれますが、中高時代の愛子様の登場は山の日1回と映画観賞会(主演がイケメン)しかなかったような…。
    この一家は正しいかは別にして、とてつもなく言い訳をつけられる運が強いですね。

  10. 月の砂 より:

    mayuさん
    記事更新ありがとうございます。
    日ごとに過ごしやすくなってきました。

    静養がどうのこうのというのは天皇が決める事ではなかったような気がします。
    宮内庁が天皇ご夫妻と相談して決めていませんでしたか。

    それに愛子様はご自分のご両親への感染を心配していらっしゃるのもちょっとと
    思ってしまいます。
    皆感染を防ぐための事をしっかりとりながら生活しているのです。

    上皇ご夫妻のことは同じ敷地と言っても私たち庶民の同じ敷地とはかけ
    離れております。

    何時だったか聞いたのですが確か皇室の方々の住居は2キロ位離れていると
    いうことを知りました。
    何故かと言うとお車で行ったと言う事から不思議に思い聞いたら、
    その位の距離があると言う事が分かったのです。
    だったら何も普通の対策を取っていたら感染の恐れはないのではないですか。

    愛子様は何かをやるにしても今までの内親王の中では何事も時間がかかります。
    それに国民の前にお姿を出しません。
    何か事情があるのなら国民に明らかにして欲しいのです。
    愛子様がお元気に大学へ通学しているお姿や皇室行事に励んでいるお姿も
    目にしたいと言う事は国民の誰もが願っている事ではないでしょうか。

  11. マグノリア より:

    おはようございます。
    いつも思うことですが、なんでもかんでも最後には天皇陛下の意思で物事をおさめていることに違和感を感じています。
    もちろん日本的には最終決定は一家の長でありますが、その過程には複雑な経緯があることでしょう。
    違和感の良い例として、長きにわたりボックスカーでは天皇陛下が皇太子時代から事もあろうに荷物席にいらっしゃること、セダンタイプでも大人三人がぎゅうぎゅうに1台で乗っていることもあげられます。
    愛子内親王が大学に行かないこと、人前に出るのに数ヶ月の練習が必要なこと(おそらく成年記者会見も3ヶ月ではなく誕生日以前から特訓していたと思われます。)、誰もが不思議に感じて当然ですね。
    天皇皇后夫妻の外出公務もほとんどの方がご存じかと思いますが、千代田区や港区などほぼ皇居周辺ばかりです。(でもオンライン公務より格段の進歩ですが。)
    一国民としては虚像ではなく、少しでも実像に近づく報道を望みます。

  12. わかくささき より:

    mayuさん、記事をありがとうございます。

    ホントに宮内庁が遠ざけるのではなく、天皇家自身が動かないだけですよね。
    上皇ご夫妻が現役なら、どんどんお出ましされていたでしょう。
    今上が「車で静養に行く」と言えば、宮内庁は万難を排して準備しますよ。
    「那須に行っても何処にも出掛けられない、誰にも会えないなら行かない!」って誰か言ったのかしら?

    愛子様の伊勢神宮・武蔵野陵参拝。年内は「ない…」かもしれません。

    愛子様は国見や公務見習い(鑑賞系は別)も少ないですよね。
    秋篠宮家は子供が多い分、大きい子はお父様担当のように父娘だけのお出ましをされていました。
    寬仁親王も公務を瑤子様とご一緒されていました。
    でも今上はあれだけお一人公務をされていたのに、中高時代の愛子様とお二人でお出掛けというのは無かったように思います。
    お母様が無理なら、お父様と二人で公務見習いにお出掛けになっていたら、今頃愛子様のご公務姿が見られたかもしれませんね。

  13. 白雪山羊 より:

    mayuさん、記事更新
    ありがとうございます。

    園遊会も中止になったんですね。私も佳子さまの園遊会デビューを見たいです(^^)

    愛子さまが大学に行かない理由は何なんでしょうかね。
    両陛下の気持ちじゃなくて、愛子さまはどう思っているんでしょうか。
    (今年の歌会始で、信子さまが愛子さまのお車での通学の様子(?)を詠んだのは
    一体何だったんでしょう??)

    以前に書きましたが
    愛子さま、まずは武蔵野御陵に参拝すれば良いのではと思います。

タイトルとURLをコピーしました