雅子さま皇后になる重圧で症状悪化 記者会見要請も断る*愛子さま学校やすみがち女性誌を読んでの感想

天皇皇后両陛下

3回の茶会を欠席した雅子さま。
出るか出ないかと気を揉んでいたら、
皇太子会見翌日22日、東宮大夫は雅子さまが
茶会を欠席されると発表していた。

既に発表済みだったとは!
週刊誌にもネットにも雅子さま茶会欠席の報道ありましたか?
茶会当日になるまで私は知りませんでした~。
今までだと、風邪で37度程度の熱、ぎっくり腰、体調を考慮して、
等々、様々な欠席理由が発表されていましたが、いよいよ欠席理由の
言い訳、ネタが尽きたか・・・(・・?

そして女性誌に書かせたのが、

雅子さま、新皇后へあと2ヵ月 重圧でご症状悪化の悲愴!!

ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ第8番 「悲愴」をBGMに書いた方が
いいのかなぁ~とyoutubeで聴きながら書いてますけど・・・・
耳が聞こえなくなっても作曲した努力家ベートーヴェンに失礼やないかと止めた( ゚Д゚)

女性自身3月12日号、まだネットにアップされていないので
掻い摘んで(と書きながら長文傾向)紹介します。

皇太子の誕生日会見のなかで記者から、新皇后になる雅子さまについて
「どういった内容で公務、活動されてほしいと考えているか」の質問に

今、具体的にどういうものかということはお答えできないのですけれども。
と何故か明確な言及を避けられた。

皇太子は雅子さまに「外交官として働くのも、皇室の一員になるのも
国のために働くという意味では同じではないですか」とプロポーズ。
しかし、皇室に入られた雅子さまをまっていたのは「早くお世継ぎを」の声。

2001年、待望の第一子愛子さまが生まれても「次は男子を」とさらなる重圧が
雅子さまを苦しめ、海外訪問は制限され、外交官としてのキャリアを生かす
場面はほとんどなかった。
そして、2003年12月、帯状疱疹で緊急入院、翌年適応障害と診断された。

そのころから、皇太子は雅子さまのキャリアを生かせる
「時代に即した新しい公務」の必要性を訴えてきたが未だに形になっていない。

外交官、キャリアとよく書かれるけど実際は「コピー番長」だったのでは?
皇太子妃のお役目で大事なのは「皇室外交」より先に「お世継ぎ」です。
お世継ぎを2人、3人と儲けてから、ゆっくりと「皇室外交」に取り組めば
いいのですが「順番が違うのではありませんか?」←これは有名よね。

皇室と王室は違いますが、継承順位1位で女の子一人っ子は日本だけでは。
ブータンもまだ一人のようですが、第一子は男の子です。
それに王妃は2人目、3人目を産める、若い王妃です。

ベルギー王室は、現在のフィリップ国王の伯父にあたる父の兄、ボードゥアン1世に
子供が授からなかった為、兄ボードゥアン1世が亡くなった後、アルベール2世が国王になり、
2013年7月3日に譲位し現在は長男のフィリップが国王になっている。
何度か流産し子供が授からなかったファビオラ妃でしたが、その人柄により
2014年12月5日崩御された時の葬儀の様子はフィリップ国王、マチルド妃も涙、涙でした。
美智子さまが単独で葬儀に駆け付けています。

雅子さまの病気については

2018年6月28日 
今も昼夜逆転生活を続ける雅子さまに病気を治そうとの意志があるか
疑問と書かれる、週刊新潮を読んでの感想など・・・に書きました。
もう雅子さまの病気については書くことが無いような状態です。




皇太子の平成最後の記者会見、雅子さま同伴を要請するが断られる

お代替わりを約2ヵ月後に控えて今回の会見で、新皇后の公務について
皇太子から踏み込んだ発言が期待されていたのですが・・(皇室担当記者)

会見翌日の22日、東宮大夫は雅子さまが茶会を欠席されると発表。

雅子さまの症状は悪化しており、プロポーズに込められた約束の実現も難しい、
悲愴な状況なのだろうか。

ここで、香山リカちゃん先生登場。

皇太子の即位が近づき、雅子さまにとって「皇后」という言葉は大きな
プレッシャーとなっているかもしれません。

一般の方なら適応障害でもならし出勤で段階的に仕事復帰できるが
皇后となられる雅子さまは一夜にしてお立場が変わってしまう。

皇太子は雅子さまのプレッシャーになるような言動は避けられていると思う。

一般の方なら適応障害でも医者にかかり薬を飲みながら仕事をしたり
体調が悪ければ職場に気を使いながら休んだり、時には診断書を提出し
長期休暇を申請する、妻子がいる、独り暮らしで働かなければ生活が
できない立場の人も多く、じっくり休養もできない。
主婦であっても子育て、家事炊事と我慢して動いている。
皇后となられる雅子さまには、静養の時間はたっぷりあり、私的お出かけも
頻繁でママ友とランチもありました。リハビリする期間は15年以上。
セカンドオピニオンも置かず、治そうとの気力もないままの16年間。
皇后になるのがプレッシャーなら辞退し、雅子夫人でよかったのに。

愛子さま、最近は学校を休みがち

宮内記者会は再三にわたり「雅子さまのご同席」を要望したが実現しなかった。
昨年6月の皇太子夫妻の銀婚式、12月の雅子さまの誕生日にも会見を要請したが、
宮内庁は聞き入れなかった。お代替わりまで、雅子さまの会見はお預けになった。
(皇室担当記者)

更に、4月から学習院高等科3年生になられる愛子さま、最近は学校を休みがち。
愛子さまの体調不良も雅子さまにとって不安要素になっているはず。

雅子さまの体調は愛子さまの体調とリンクしているみたいです。
愛子さまは学校、遡れば幼稚園の時から頻繁に休んでいました。
雅子さまの欠席理由と同じ。 風邪気味、熱がある、などなど。
もっと遡れば、私の推測で、雅子さまが体調を壊したのは愛子さまが
1才半頃、海外メディアから自閉症疑惑の報道が出てからです。
その後、否定するように愛子さまの映像が公開されました。
普通の子供ならガセネタとしてスルーすればよいものを、過剰反応とも
取れる映像から、ネット全盛期の今、愛子さま偽物説も出てきました。
確かに違う子だろうな、という画像はありました。
近々では週刊女性3月5日号にモノクロで大きく載っています(^^;)

お代替わりの5月。
宮内庁は皇太子即位から数日以内に一般参賀を開催することを検討。
新天皇皇后が国民の前に姿を見せる初めての機会、雅子さまが欠席される
わけにはいかない。

2月22日、安倍総理が東宮御所を訪問。
お代替わりのスケジュールとともに国内外の情勢について報告。

5月26日~28日の日程で調整が進んでいるトランプ米大統領の訪日。
新天皇皇后にとっては外国首脳との初会談。
国賓待遇なので、宮中晩餐会も催される。
その様子は世界中に報道され、新天皇皇后の国際的なお披露目になる。

雅子さまの語学力、外交的な知見が大統領相手にいかんなく発揮されれば、
今後の「新しいご公務」への道も一気に開けるかもしれません(皇室ジャーナリスト)

プレッシャーに負けず念願の皇后になるのですから、日本の恥にならないように
頑張ってください、楽しみに見ていますからネ(^^)




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い、多忙、疲れている時はコメ返しを省略することもあります。
*別館はリンクコーナーにあります。


コメント

  1. […] 雅子さま皇后になる重圧で症状悪化 記者会見要請も断る*愛子さま学校やすみがち女性誌を読んでの感想 […]

  2. 狗児 より:

    私もベートーベンの「悲愴」大好きです。昔弾いたこともあります。あの曲、冒頭は暗いですが、後に続くメロディは躍動感溢れていて、ただ悲しみに沈むのではなく、そこから這い上がろうともがいている感じがします。mayuさん仰るように、耳が不自由になった困難に打ち勝とうとする気持ちの表れかもしれません。弾いていて、段々入れ込んでしまう曲ですね。

    雅子さんは、適応障害、他にも何か精神的な病があるのかもしれませんか、果たしてそこから回復しようとなさっているのでしょうか…「徐々に回復」とかいうだけやなくて、回復しようともがいている姿を見せて欲しいです。それも一つ、「国民に寄り添う」ことのはずです。

    • mayu より:

      狗児さん

      悲愴、弾けたのですか! 凄いじゃないですか~(^^♪
      私はクラシックは難しくで全く駄目です。
      悲愴だから前編暗い曲かと思うと意外と力強いところもありますよね。
      クラシックで一番暗いのは「アルビノーニのアダージョ」だと思っているのですが。

      雅子さまの体調については、誕生日の文書と皇太子の誕生日会見でしか
      聞くことはできませんが、回復傾向だの徐々に回復だのと毎年言って
      いるのだから、回復期は過ぎても良いと思うんだけど。
      適応障害だけじゃない、他の病気もあるような気がします。
      仮病も病がつくので、精神的な病のひとつかもしれませんね。((((゚Д゚))))

      • やしま より:

        私も高校時代には全楽章弾いてました。あの曲の第1楽章は、指の体力が必要です。
        ただmayuさん、この曲の第2楽章は、そんなに難しくないですよ。私は今でも2楽章は弾けますし、ネットで探すと、それをさらに優しくした譜面も出てくるので、そちらでいかがでしょうか?十分気分は味わえると思います。

        あの~それで、いちごラムネさんのところのご返信なんですけど、信子妃の娘さんは承子さんじゃなくて、彬子さんですネ。私、承子さんって結構好きなんですよネ♪
        (横から口出しスンマセン)

        • mayu より:

          やしまさん

          彬子さまと承子さまの間違いをありがとう~♪
          ここのところ、誤字、変換間違いなど間違いが多くて困りました。
          もう少し気持ちに余裕を持たないと駄目ですね。
          そこでピアノは良いんですよね(^^)
          なるべく一日に一回は弾くようにしているのですが、
          レッスン再開してから弾ける曲と練習中の曲だけリピートしてます。

          やしまさん、悲愴、5分近い曲、全章弾いていたんですか!凄いな。
          ショパン ノクターン2番op.9-2 これを弾けるようになりたいと
          「大人のための 簡単に!すぐ弾ける」を2冊購入したけど、
          簡単じゃない、すぐ弾けなくて(^^;) 今はアメージンググレイスを
          習っているところです。私の場合、楽譜から目が離せない、手が小さいのが
          難点になっていて、講師からアレンジしてもらう時もあるんです。
          で、改めて二冊の楽譜本を見たら、アルビノーニのアダージョがありました。
          これなら弾けるかも((((゚Д゚))))

  3. やしま より:

    今日、「小室離婚へ」って私のスマホ、デイリー新潮のニュースが飛び込んできて、なんか笑えてしまいました(汗)
    眞子さまご結婚なさったら、いずれまた同じ文章になるのかも。

    それはさておき。
    とにかく、コムロ問題から皇室に興味を持った方が多数おられます。特にお若い方。この人たちは、秋篠宮ご夫妻が今までどんなに頑張って公務をこなしてこられたか。そして東宮夫妻がどんなに怠け続けたか(特に東宮妃)、愛子さんが幼稚園時代から不登校ぎみだったか。
    それ全部知らないので、まるっと東宮派が今多数なんですけど、現実問題としてこの二人が天皇皇后になったとき、雅子さまは「あれもできない、これもしない」の連続でしょうから、再び皆さん「あれ?」となり。
    愛子さんのことは一生懸命カバーするでしょうが、天皇になれる器量かどうかは、成年式を経て公務しなきゃならなくなったときに「ドタキャン」とか「体調がどうのこうの」で、また「あれ?」になり。

    ま、でも私てきに恐ろしいのは
    「今の皇室、ぜーんぶダメ!」の方向にならないか、ですね。
    やれないのならやれなくていいです。
    国民が非難の声を上げる前に、「生前退位」して、ごゆっくり御簾の奥でご主人は酒三昧、奥様はゴロゴロ三昧なさればね。
    (しかしこの分だと、雅子さんは即位式、出られませんね、きっと。東宮応援派はどんな言い訳するのか、ちょっと楽しみ←悪趣味)

    • mayu より:

      やしまさん

      やだー、小室と言ったら昔は小室哲哉しか思い浮かべなかったのに、
      今じゃ小室と言えば「小室圭」が即!頭に出てきてしまう。
      小室KがNYに行ったら小室ロスになるかと思ったら、益々報道されて
      最近はいささかウンザリしてます。

      眞子さまと小室Kのことから皇室に関心を持った方々は、秋篠宮ご夫妻の
      頑張りを知らないで批判しているんでしょう。
      今は何事もなく平穏に見える東宮家が良く見えるだけ。

      新天皇皇后になったら、いろいろボロが出てくるでしょうね。
      愛子さまを天皇に、などとアホな事を言っている方々も
      成年式で会見するか?どうかなぁ?
      各宮家の内親王、女王方の成年式と比べてガックリくると面白い。

      私も意地悪婆さん的な目で、即位後の新天皇皇后をウォッチング。
      トランプとの対面も面白くなりそうです(^^)

  4. 洗浄液ありす より:

    mayuさんこんにちは
    今日もアップ即たくさんのコメントつきますね。
    私は非定型うつ病の同僚がいましたが、それに近いと思います。
    私自身、10年前にうつ病になりました。今も調子が悪い日は、すぐ近所の買い物にいくくらいの簡単な作業にも身体が重く、歯磨きなど身支度もできず対人恐怖を感じます。
    擁護するつもりはないのですが、婚約前に皇太子が、「外交官としてと皇室の一員としての」話をして雅子さんを口説いた件は、男が女を口説いた話レベルで、男児をうむ方が優先なんて価値観は雅子さんはなかったわけで。
    その辺り、雅子さんが素直で。本音と建前を汲み取れないひとなんだろうなと。

    私は沖縄以外の血が入らない、親族経営している自営業の家庭の跡継ぎに関西から嫁ぎましたが、男尊女卑がはげしく、伯父に「女児を生んだら罰金」とかるく言われました。
    同年代でキャリアウーマンと持ち上げられ、あの美貌ですから期待されたことに誰より応えなくてはという気持ちから逆にふたを開けたら開き直れずに逃げてしまうのでは。
    当然、休んだら休んだとマスコミに書かれるのは明らかなのでそれにしても不器用なひとだなと思います。途中退席が一番失礼なので皇后になってからは海外来客対応を優先に調整していくでしょうね。

    ただ、手配する裏方としてはもちろんドタキャンよりドタ出が迷惑。みなさんに同情します。皇太子は自分の第一希望どおりのお嫁さんだから自業自得です。

    • mayu より:

      洗浄液ありすさん

      私も非定型鬱じゃないかなぁ~?と思ったことがありました。
      自分自身も医者からパニック障害に多い非定型鬱っぽいと
      言われたことがあるんです。
      うつ病の方は眠れない、身体が重い、動けない、不安感もあり
      非定型鬱より大変そうでした。非定型鬱は楽しいことがあれば
      一発で気分が良くなりますから。

      雅子さまの両親なら、皇室とはどういう所かわかるはずなんですが。
      雅子さまが皇室に合わないだろうと言う事も親なら分かって
      結婚を阻止すべきでした。親も悪いですよ。

      こんなはずではなかったと、美智子さま、小和田夫妻、久子さま、皇太子など
      結婚を進めた人達は思ってるんじゃないかな。でも諦めている状態。

  5. いちごラムネ より:

    mayuさん、連日の更新、ありがとうございます。

    信子さまも長く公務等にお出ましにならなかったけれども叩かれなかったのは、お遊びなどの私用にも一切、お出にならなかったからですよね。
    そして、公務に復帰と宣言?なさればそれ以降はいろいろとお出ましになって励んでおられるから、休んでいた時のことを非難されないわけでしょう。
    本当に具合が悪いなら、公私を問わずフラフラ出歩かない、出歩けないハズです。

    と言うと「気分転換」「お好きなことをなさって気力、体力をつける」などという擁護の声がきまって出ますが、そう言っている人たちは本気でそう思っているのでしょうか。

    本当に人前には出られないというのなら、一切、出て来なければいいのです。それならそうと国民も諦めます。
    中途半端に決意だなんだの言って出てくるからタチが悪いのですよ。

    美智子さんは「パフォーマンス」的要素も大いに感じますが、あの年であれだけ出歩けるのはスゴイです。なかなか真似できないと思います。

    お代替わりの行事にさえ欠席ということもありそうな気がします。うん、あっても驚かない(笑)

    • mayu より:

      いちごラムネさん

      そうなんだよね、信子さまは療養生活に入られてからは
      皇室関連の行事には一切出てきませんでした。
      確か軽井沢の別荘で療養生活を何年も続けました。
      注目度の違いもあるでしょうけど、公務復帰されてからは
      コンスタントに公務に出席しています。
      信子さまを非難したのは娘の彬子さまと瑤子さまで、(^^;)
      寛仁殿下が亡くなられても葬儀にも出席されませんでした。

      私も適応障害と公表されてから数年は雅子さま病気で
      大変だろうな~と思っていたのですが、何年たっても回復しないのに
      スキーに行ったり那須に行ったり、遊びは元気なので変だな・・・
      と思い始めました。愛子さま不登校の時は連日付き添い登校。
      すっごい元気じゃないの?と思いましたねぇ。

      雅子さまって基本、不器用な人みたいね。
      カーテシーも下手だし、所作ががさつで優雅さに掛ける。
      ま、女優美智子さまには誰も適いませんけど。
      84才でも元気な人はかなり元気で、個人差が出てくる年代ですね。

  6. 白雪山羊 より:

    mayuさん、こんにちは。
    記事更新ありがとうございます。

    欠席するって報道は見た覚えはないのですが、
    事前に欠席の発表をしていたのですね。

    皇室外交するにせよ
    その前の日本でのご公務だって大事だし、
    その時々の国の事情もあるのでは?

    うーん…「皇太子殿下が外交官として働くのと同じだと仰ったのに、海外に行けなかった」と言う事ですかね?
    皇太子妃になったら、どれだけ海外に行けると思っていたのだろう。

    それと、仕事をしている一般の方の全員が全員
    「慣らし出勤」をしながら仕事復帰、と言うのは
    まだまだ難しい世の中なんだよ!と、ちょっとムッと来てしまいました…(-“”-;)

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      雅子さま、公務復帰するようになってからドタ出は報告無しですが
      新年の儀式や宿泊を伴った公務などを欠席する時は理由を述べることが
      多くなっていました。今年では講書始の儀、歌会始めの儀で欠席理由を
      報道していました。

      皇室外交と言われたので単純に海外に行って、例えば欧州王室との
      交流など出来ると考えていたのかもしれません。
      雅子さまは皇室をよく知らないんだと思う。
      「皇太子さまってお偉いの?」と言ったそうですから。
      皇室入りを全力で阻止しなかった、寧ろ喜んで嫁入りさせた
      雅子さまの両親は毒親だと思います。

      香山リカ先生はいつもそんな調子のコメントなんです。

  7. ラミリー より:

    mayu さん、ありがとうございます
    雅子サマについては呆れかえるばかりです。今度は重圧で病状悪化ですか?このご一家はどこかで静かに静養されればよろしいのに。地位だけは欲しいのでしょうね。

    • mayu より:

      ラミリーさん

      出ないならずーーっと出ない方が良いんだけど
      雅子さまはドタ出にドタキャン、欠席理由もなしに欠席。
      重圧で体調悪化。女性誌の書いたことなので大袈裟だけど
      22日には茶会欠席は本当でしょう。

  8. メトロポリス より:

    mayuさん、お忙しい中詳細な記事UPありがとうございます。
    雅子さま、病状悪化で悲愴でしたか…
    お茶会の様子を見ても、秋篠宮ご一家が華やかな笑顔で招待客に歩み寄って行かれるのと対照的に、皇太子はひとりキョロキョロ周囲を伺いながら、心許ないというか、自信なさ気なご様子に見えました。

    私もmayuさんの意見と同じで、本当に病気ならきちんと治療を受けるなり、ちゃんとした医師団の説明をしてもらうなりして欲しいですし、できないなら公務から手を引いて天皇夫人として生きられた方がお互いにスッキリしていいのではないかと思うのですが、やはり「皇后」という地位が大事なんですかね。
    小和田パパが「マイドーターイズエンプレス」って言えなくなってしまいますし。
    個人的には、会見で国民に向けて生の声を聞かせなれない皇后というのは残念です。
    祭祀に合理的な意義を感じられないという皇后も。

    小室Kの一件で秋篠宮ご一家が批判にさらされ、ヤフコメ等では皇位継承を無視して「愛子さまに天皇になって欲しい」などと書く人も少なからず出てきていますが、学校に登校するのも難しいナイーブな愛子さまに女性天皇の重責を負わせるなんて酷なことよく言えますよね(*_*;
    長文乱文失礼しました。

    • mayu より:

      メトロポリスさん

      皇太子は雅子さまがいると満面の笑顔ですが、雅子さま不在で
      淋しかったのかしら。 雅子さまも皇太子にくっ付いているだけで
      良いから出席したら良かったんですよ。新天皇皇后になるのに・・・

      雅子さまの病名、本当に適応障害なのかな?
      別の病気もあるんじゃないか、と思ったりすることがあります。
      双極性Ⅱ型とか、素人なのでわかりませんけどね。
      皇后になることが重圧なのは当然で、誰でも緊張感は持ちます。
      皇太子の誕生日会見、傍に座って一言、二言発するだけで良いから
      出演したら良かったのにね(苦笑)

      愛子さまを天皇に、これは無理でしょう。
      雅子さまが皇后になるより無理。それより学校を休まず行くこと優先だね。

  9. メープル より:

    まゆさん、連続の更新ありがとうございます。お疲れ様です。

    22日には欠席発表があったのですか!!なぜなんでしょう。当日体調が悪くてとか、3回連続は負担が多いから1回だけとかならまだ理解は得られる?かもしれませんが、最初っからやる気なしだったんですね。でもどうしてなのでしょう。

    記事にあるように目前に控えて重圧になってきたのでしょうか。そうかもしれないけど、でも24日はお元気そうでしたよね。うーん・・・。

    でももう仕方がないのかもしれませんね。もし今までお元気で、少しずつ皇太子妃業をコツコツと重ねられていたなら、皇后陛下への準備期間になったでしょうに。

    新しい天皇皇后両陛下の時代は、いったいどうなってしまうのでしょう。不安になりますね。

    ところで「コピー番長」って私の笑いのツボにはまっています。これは以前からあった言葉なのでしょうか。それとも雅子さま専用?私もコピー番長とかお茶くみ番長とかしたことがあるので、なんだかすごく可笑しいです。

    • mayu より:

      メープルさん

      今までは予め、風邪で37度程度の熱があり・・などの欠席理由が
      報道されていたのに、今回は全く無し。メディアも報道しないから
      国民は知らずにいました。最初から出る気がなかったんじゃないかな。
      24日の夕方は元気に夕食会に出席している映像も出ていますから。

      重圧って今更何を仰ります雅子さま~~(苦笑)
      生前退位が決まった時から、次は新天皇皇后になるのが決まり、
      辞退もせず、やる気満々で園遊会にもフルで出たりしてきたのにネ。

      コピー番長は随分前から言われていたことで、雅子さま専用です。
      外務省時代のことで、あまり使えない雅子さまはよく化粧室にいっていたとか、
      コピー取りしかできなかったとか、それで「コピー番長」(≧∇≦)

タイトルとURLをコピーしました