今日で2月も終わり、雅子さまが皇后になるまで2ヵ月になりました。
ひな祭りも近いのと、小室ネタに飽きたので今日は改めて雅子さまの
ご負担を記事にしてみました( ゚Д゚)
とは言いつつ、小室Kは皇室にとって大災害でした。
風化させたくないので明日にでも書きたいとは思っていますが。

2019年1月11日 講書始の儀 37度台前半の熱風邪症状で欠席。
2019年1月15日 歌会始の儀 鼻水と咳など風邪の症状がある為欠席。
実は1月8日から37度台前半の微熱などの症状があったんだそうです。
1月8日といえば、1月7日の翌日(当たり前だけど)

2019年1月7日
昭和天皇三十年式年祭。
皇居・宮中三殿の皇霊殿では午前10時から式年祭の儀の一つ「皇霊殿の儀」
が行われ、皇族方や昭和天皇の親族ら約40人が参列。
天皇陛下の名代として皇太子さまが、皇后さまの名代として雅子さまが拝礼した。
皇后の名代として古式にのっとった装束で拝礼したのが悪かったと推測できます。
特に潔斎は雅子さまのご負担になっているようです。

女性セブンは定期的に「潔斎」がご負担になっていると書きます。
2ヵ月後には皇后になる方が、宮中祭祀が負担とは困ったことです。
宮中祭祀だけではありません。
雅子さまには「負担になること」がとても多いのです。
暑い、寒いから、雨が降り屋外から建物の中に変更になったのも負担でした。
こんなに雅子さまに負担をかけてよいものでしょうか。
治る病気も治らないのは負担が多いせいではないでしょうか。
雅子さまの負担を無くし、早く病気が良くなるには皇后を辞退して頂くのが
一番良いと思うのです。雅子さまの負担を少しだけDosuko Wikiより
以下転載しました。全部転載したらかなり長くなるのでこれでも省略しました。
いやはや~~ご負担が多くて本当にお気の毒な雅子さまです( ゚Д゚)
(小室Kから皇室に興味を持った方々の為の記事のようなもので
長年皇室、雅子さまを見てきた方は、あーーそういえば、そんなこともあったと
懐かしく?思い出すことでしょう(^^))


宮中祭祀の潔斎がご負担

だが、雅子さまにはまだ大きなハードルも残っている。
それが、皇后としての「祈り」である宮中祭祀だ。
美智子さまにとって、宮中祭祀は陛下とともに果たされるべき重要な責務であると
同時に、皇太子ご夫妻をはじめ、次代にしっかりと受け継いでいくべきものだ。
ところが皇室に嫁がれて以来、雅子さまは宮中祭祀に消極的だとされてきた。
理由の1つは『潔斎』が伴うことだろう。
「全身を清める潔斎は、雅子さまが女官に全身をさらし、女官の手によって行われます。
手順を遵守するだけでもかなりのご負担だったでしょうが、それを他人の手によって
受けるというのは、精神的にも大変な面はあったことでしょう」(前出・宮内庁関係者)
女性セブン2018年1月18・25日号

「こうした潔斎を、皇后は女官に全身をさらし、女官の手によって受けるのです。
複雑な手順を遵守するだけでも療養中の雅子さまにはかなりのご負担でしょうが、
それを他人の手によって受けるというのは、精神的にも大変な面があるのでは
ないでしょうか」(前出・別の宮内庁関係者)
女性セブン2016年4月21日号・女性セブン2017年6月1日号 2回書かれている。

【(マスコミを通じて本当に発表された)雅子の負担シリーズ】

・世継ぎの期待は負担
・海外に行けないのは負担→【外国行かせろ会見】
・取材されるのは負担
・見つめられるのは負担
・いつも周りに人がいるのは負担
・連日の公務は負担
・早朝から準備するのは負担
・御所の警備用ライトがまぶしくて負担
・ローブデコルテを着るのが負担
・和服を着るのが負担
・屋外は寒いので負担
・地方への移動が負担
・国賓関係の行事は負担→【押しかけ】
・公務出発直前での取り止めはその異例さだけが話題になってしまい負担→【ドタキャン】
・低気圧は負担 (2005年3月11日、長野県スペシャルオリンピック開会式当日
ドタキャン事件に対する東宮大夫釈明会見)
・長時間屋外の墓所の行事(温暖晴天3月下旬)は負担
・大勢の人の前に出るのは負担
・車寄せや玄関でのお出迎えは負担
・車で通り過ぎる際の撮影も負担(女性自身より)
・日本ユニセフシンポジウムに出るのは負担じゃないけど、その他式典に出るのは負担
・キャリアウーマンという目で見られることも負担(日テレスーパーテレビより)

えっ!?と思うようなことも負担になっています。

*海外賓客に出す飲み物について、コーヒーか紅茶かを選ぶのが負担
(女性セブン2005年12月29日・2006年1月1日合併号)
*海外賓客に出す飲み物を紅茶に決定したとして、それを入れるティーカップを
選ぶのが負担(女性セブン2005年12月29日・2006年1月1日合併号)
*皇太子殿下は背が低いので、背が高い雅子さまは自分を小さく見せようと
首をすくめ前屈みになっていることが多いようで、この姿勢は首の筋肉に負担
(週刊新潮2006年7月27日号、東京脳神経センター・松井孝嘉医師の話)
*12月は愛子さま、雅子さまの誕生日と続き、国民へ向けての映像や「所感」
が公表されるが、「これらの準備は妃殿下のご負担のひとつ」(週刊文春2011/11/10号)
*「ご療養中なら御所に控えているべきとの意見」が、かえって精神的な負担
(週刊文春2011/12/22号友納尚子記事)

かなり省略し、ここ数年の雅子さまの負担

*「宮内庁によりますと、病気療養中の雅子さまも出席する予定でしたが、
あいにくの雨で、行事が広い、屋外から建物の中に変更になったため、体調を
考慮して欠席されました。」意味不明だがとにかく屋内が負担
≪ANN2015/6/3 フィリピンのアキノ大統領 天皇皇后両陛下と懇談≫

*(2017年インターハイ開会式等のため山形県訪問に)雅子さまの同行も検討されたが、
厳しい暑さや2泊3日の日程の負担などを考慮して見送られた。
暑さと二泊三日の公務は負担
≪時事通信 2017/7/27 皇太子さま山形入り=高校総体開会式出席へ≫

*「療養中の雅子さまは、(歌会始の)儀式の時間が長いことや所作の負担が
大きいことを踏まえ、例年通り出席を見送った。」≪時事通信2018/1/12≫
以上Dosuko Wikiより

変換間違いなど多いです(^^;) 間違っていたら教えてくださいネ。




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い、多忙、疲れている時はコメ返しを省略することもあります。
*別館はリンクコーナーにあります。