順調な雅子さまがまだ辿り着けない唯一の難所とは・他皇族方の予定

皇室

今日、天皇皇后両陛下は埼玉県所沢市の国立障害者リハビリテーションセンター
と国立職業リハビリテーションセンターを訪れ、創立40周年記念式典に出席。
同日、秋篠宮ご夫妻文京シビックホール「第60回交通安全国民運動中央大会」出席

23日は佳子さま東京ドーム第19回東京国際キルトフェスティバル出席で
佳子さまのキルトフェスティバル出席の様子が楽しみです。

週刊女性 雅子さま いまだ辿り着けない唯一の”難所”

このタイトルを見て、歌会始の儀にも17年振りに出席し恙なく終えて
まだ辿り着けない難所があるとは、どこだろう?と思ったら記者会見でした。
週刊女性の全文は以下のURLで読めます。唯一の難所部分を引用しました。

雅子さま、即位後は公務に“絶好調”で訪英内定も残るハードルは「記者会見」か | 週刊女性PRIME
17年ぶりに『歌会始の儀』出席を果たし、被災地へのお見舞いの中で接した若いボランティアの姿を詠まれた雅子さまの表情は、明るかった。昨年行われた即位関連の重要行事もすべてこなされ、今春には公式訪英が内定。順調なご様子に見える皇后さまだが、実は“とある懸念”も浮上していて──。

’02年を最後に、雅子さまは記者会見にお出ましになっていない。ご体調との兼ね合いもあるだろうが、雅子さまの“肉声”を聞きたいという国民も少なくないだろう。「“海外には行けるのに、なぜ会見はできないのか”という声があがるおそれがあるため、会見内の質問を絞るなども対策のひとつでしょう。雅子さまは本来、お代替わり後から訪英前の間に“即位”“天皇陛下お誕生日”“イギリス訪問前”という、3つの記者会見に出席されるべきなのです。しかし、好調な様子に見えてもご臨席できない会見は、雅子さまにとって唯一の“難所”なのでしょうね」(前出・皇室ジャーナリスト)立ちはだかる“会見の壁”を越えられるかが、皇后の正念場なのかもしれない─。
週刊女性より引用・画像出典 https://www.jprime.jp/articles/-/17030?page=4

雅子さまの記者会見、私も聞きたい見たいです~(^▽^)/
聞きたい方、多いと思います。2002年12月オーストラリア訪問に伴う記者会見以降
約17年以上も雅子さまの会見を見ていません。
イギリス訪問前に是非!天皇と2人で会見に臨んでほしいです。


週刊女性も書いているように、予め質問を提出、質問を絞る。
それでも不安な場合は絢子さんの婚約内定記者会見の時のように
テーブルに大きな盛花を飾りカンニングペーパーを隠しておく。
天皇との座席を離さないでぴったりつっくけて、困った時は天皇に
話をさせるように合図をする(膝をトントンするとか)

生中継の歌会始の儀も乗り越えられました。
録画の会見なら楽勝に思えるんですけどねぇ・・・

“海外には行けるのに、なぜ会見はできないのか”
このように言われない、思われないようにしなければ。
皇后になるって大変なことが次から次へと出てきます。

記者会見という壁を乗り越えたら、その先には「イギリス訪問」が待ってま~す(^▽^)/

下の動画は平成6年から皇太子ご夫妻の会見(愛子さまご誕生以前)

皇太子ご夫妻の会見(愛子さまご誕生以前)

他、女性自身2月4日号では

雅子さま、皇后初の海外ご訪問は5月イギリスへ
「ダイアナ元妃への恩返しを」
(サブタイトルが以下)
これまで英王室からの招待3度もすべて断念・・・
渡英実現に秘めていた「覚悟と決意」

中身は詳細に読んでいません、久しぶりに「覚悟と決意」が出たー
と、ダイアナ元妃の意思を継ぎ国際貢献を!だそうです。
そのうちwebで読めると思います。

他、皇族の動きは信子さまが来月非公式でフランスを訪問されます。

来月2月6日~14日まで信子さまが非公式でフランスを訪問。
信子さまは昨年7月から国際柔道連盟のアンバサダーを務めており、
同連盟が主催するグランドスラム・パリ柔道大会を観戦するほか、
大会に関連するレセプションなどに臨席される予定。記事出典 産経新聞

画像出典
https://www.jprime.jp/articles/photo/17030


コメント

  1. 狗児 より:

    mayuさん
    記事の更新、ありがとうございます。
    そうですねえ、雅子さま、記者会見だけはなさいませんねえ。私も、やしまさんが仰るように、失言が多く自信がないから記者会見出来ないのだと踏んでいます。
    クワガタクワガタ会見、馬馬会見、ありましたね。文字に起こしているのを読むと、段々と頭が痛くなってしまいます。あれを読むと、とても東大ハーバードとも、賢そうとも思えません。
    結局言いたいことは、クワガタは、「弱っているクワガタを見つけて保護しています。皇太子殿下もクワガタがお好きなので、2人で楽しんでいます。」だし、馬馬は、「アラブから頂いた馬が子供を産んで喜ばしい」というだし、一行二行で済む話です。
    あんな話し方をする人、メールを書く人が、うちの職場みたいに作文をいっぱいしないといけない所に入ってきたら、方々から叱られまくりですね。

    • mayu より:

      狗児さん

      クワガタ会見や馬会見など以前はyoutubeにアップされていたと思ったのですが
      なかなか探せませんでした、削除したのかな。文字起こしをした方はいましたよね。

      ご優秀でもワイドショーの司会者には向かないタイプ、会話が回りくどい人は
      いますよねぇ~長々と話して一体、結論はいつ出てくるのだろうか?な感じ。
      いや、私もダラダラ書きの人なのでちょっと反省です(苦笑)

  2. nono より:

    mayuさんこんにちは!記事の更新有り難うございますm(_ _)m
    記事を読み、やしまさんのコメントを拝見して私もそうだった!と思い出しました。
    クワガタのときもそうですが、要点を箇条書きに返す、ということが苦手に見えますね。
    皇族らしい物言いや表現の仕方などにとらわれて話しにくい、だから辿々しいのだと思っていたのですが、質問に対する解答要件を纏められないのでしょう。
    私はハウスメーカーの受付コールセンターで勤務していますが、雅子さまの会見を思い返すと、コールセンター向きではないですね(^o^;)
    キャリア時代には事務処理とか苦手だったタイプに思えます!
    いやぁ、週刊誌のネタは浅く広く重箱の隅まで多岐にわたり、大変だなぁ…と思います。

    • mayu より:

      nonoさん

      丁寧に説明しようと思って何度もリピートしてしまうのでしょうか。
      私も長文でダラダラと書く方なので要点をまとめてスッキリ書くのが
      苦手で難しいと思う時があるんです。
      コールセンター勤務ですか、会話のプロですね!
      マニュアルもあるでしょうが、お客によって臨機応変な対応が必要なお仕事ですよね。
      会見は予め質問を出すので練習したら簡潔に話せると思うのですが。
      週刊誌もネタ探しが仕事とはいえ大変ですね。

  3. 白雪山羊 より:

    mayuさん、記事更新ありがとうございます。

    先程、コンビニの雑誌コーナーで表紙と見出しだけを見ました。雅子さま・ダイアナ妃・恩返しの文字が大きかったです(^^;
    そして来ましたね~覚悟と決意が…

    記者会見、オーストラリア訪問の時が最後なんですね。あの頃は愛子さまが赤ちゃんの頃で、割と会見ってありましたよね。
    即位後は国民に向けて、両陛下お揃いで会見なさるのかな?と思ってましたが…職員もこういう時に負担にならない方法を考えたりしないのでしょうか。
    (しているかも知れませんが)mayuさんの仰る様に、直接お声を伺いたい方はいると思います。

    キルトフェスティバル、楽しみです♪

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      立ち読みか見出しで察しがつくような記事でした。
      記事には書かなかったけど「鶴の恩返し」みたいなタイトル~と思いました。
      女性誌定番の「決意と覚悟」を久しぶりに見て懐かしかったわ~(笑)

      愛子さまが生まれた時にも会見があり「生まれてきてくれてありがとう」と
      涙ぐんでいましたが、あれから療養生活に入って会見は見られなくなりました。
      なんとか工夫して会見して欲しいです、見たいので・・・(^^)

  4. ラミリー より:

    パソコンで送れるかやってみます。

    週刊誌の記事というのはどうにもこうにも小姑っぽいですね。mayuさんの補強を読むとホッとし、和みます。やしまさんのコメントで納得します。

    • mayu より:

      ラミリーさん

      パソコンで送れてますが、スマホでは送れないのですか?
      週刊誌もいろいろネタ探しで大変ですよね~毎週、毎週。
      たまに皇室関連休めばいいのに、と思います。

      • ラミリー より:

        ありがとうございます。スマホ、記事の字は読み辛くないのですが、送る為の字は、かなり小さく普段メガネのわたしは裸眼にならなければならず、ブルーライトが怖いんです。1度、パソコンで長文を書いて送れなかった事があり、今日は短めとなりました。おやすみなさい~

        • mayu より:

          ラミリーさん

          私はパソコンしかないのですが、パソコンで記事やコメ返しを書く時は
          メモ帳に書いて保存しています。それも小まめに上書き保存をクリックすると
          書いたデーターが失われませんので、パソコンから長文コメントを書く時は
          メモ帳を使ったらどうでしょうか? 新しいパソコンはブルーライトカットで
          色は変わりましたが目に優しいです。私もブルーライトでかなり目を悪くしたと思いました。
          ではおやすみなさーーい☆彡

  5. やしま より:

    記者会見をしたくないという理由。

    私、この方、かなりの上がり性ではないかと。それと自分の発言に自信が持てない。過去何度も失言があります。看護師さんは学歴なくても活躍できていいわね、とか、足の不自由なお子さんに対して、自分の子供もまだ歩けないから同じねとか(愛子様の幼児時代)後から非難や、笑いものになることがかなりおありでした。そうした出来事の積み重ねも、適応障害を発症する一つの原因ではあったことは確かだと思います。

    今回即位のパレードで涙ぐまれるシーンが。自分が思っていたよりも、国民は自分(雅子様)を受け入れているんだというのは雅子皇后にとっては大きな喜びで、それが今日、ドタ出もあるけど、とにかく大きな行事には出られている起爆剤になっているのかも。

    記者会見はボロが隠せません。雅子様は、自分の思っていることを簡潔に要領よく話すのは、どうも不得手でいらっしゃるように思えます。この方の有名な「クワガタ発言」を一部抜粋してみます。

    「クワガタ、昆虫のクワガタですけれども、クワガタがここの御所の窓の外で弱っているのを見つけました。私自身、ここにクワガタがいるということ自体驚きだったんでございますけれども、皇太子殿下がお小さいころにはクワガタや、カブトムシもここにたくさんいたかということで、殿下も大変久しぶりにご覧になられたということでしたけれども、そのクワガタが弱っておりましたので(後略)」

    周りくどくて句読点が少なく、「クワガタ」というフレーズが何度も出てくる文章です。話自体には余り意味もありません。
    東欧に公務でお出かけの折、紀子妃殿下が記者会見を開き、ご自身が昔ショパンのワルツをおひきになって、その折に感じたことなどご発言なさっておられましたが、そういう『中身のある話。教養のある話』を、雅子様に期待するのはどうもお気の毒なようです。
    それをご自分でも自覚があるので、記者会見はコワイ・・・
    要するに、超御優秀な(ハズの)愛子様に東大王のような話をさせようとしたらどうなるか、ということに似ているかもしれません。何しろこの方もハーバード卒の超御優秀な皇后、なはずですから。

    • mayu より:

      やしまさん

      婚約内定会見での雅子さまは饒舌でしたが、余計な一言が多くて
      段々人前で話すことが苦手になっていったのでしょうか。

      クワガタは有名ですね、クワガタガタガタと書いた記憶があります。
      他に10年もありました、10年ひと昔と申しましても10年は・・・
      他忘れましたが、かなり10年をリピートしていました。

      しかし、いつまでも天皇ひとりに記者会見させると批判されるので
      余計なことは喋らない、予め出ている質問には手短に話す練習をするなど
      少し工夫をしたら会見は出来ると思うのですが・・・

      秋篠宮ご夫妻も会見ではカンペもなしに話していますが
      一応、話すことは頭の中には入れて置くのでしょう。
      話す内容に教養、知性はもももも求めていませんので・・・(^^;)

    • アール より:

      やしまさん
      私の職場にもこういう人います。

      お勉強はおできになるのに、失言されてしまう。
      基本的に他人に関心が無く、自分以外を見下していらっしゃるので、よく考えず、口に出してしまうようです。
      この人はとても怖いので、間違いを教えようにも教えられなくて困っています。
      職場では放置しています。

      その点、雅子皇后は注意を受けて、ご自分なりに気をつけようとしてみたけれど、かなり難しかったんでしょう。

      因みに、職場の人は雅子様世代なので、外交で大活躍を断然応援してますし、愛子様も超御優秀なアイドル的人気者らしいと説明してくれます。
      週刊誌って怖いですね。

      • やしま より:

        アールさん、ありがとうございます。
        私、西原理恵子氏のファンなんですが、彼女の著「ダーリンは70歳」シリーズによると、事実婚の夫、美容外科の大物、高須先生は「発達障害」なのだそうです。物すごくIQ高いですが、空気が読めないこと多数で、彼女とはしょっちゅうそのことで喧嘩を繰り返していますが、高須先生も全身癌で先行きそう長くはないということで、理恵子氏は長い間いさかわないようにうまく付き合っておられる。もちろんいいところも一杯あるのですが、高須先生は何となくトンチンカンな発言をしてしまうことも結構あるとか。
        世の中、優秀なんだけどKYという人、結構います。
        あとこういう方って思い込みが激しく、人の意見によって自分の考えを変えるということは苦手なようです。

タイトルとURLをコピーしました