小室圭が本日発表した文書を読んでも、納得できることはゼロで
何を今更の詭弁に終始した文書のようだ。
秋篠宮ご夫妻がこの文書を読んで納得する部分があるのだろうか?

更に佳代さんの元婚約者は「(母親が男性に)借金の清算を持ち掛けたが、断られた」
などとする部分について、「断ったことなど一度もない」と反論。
自分に都合の良く仕上げた文書で、誠意というものを全く感じられませんでした。
分かったのは、元婚約者に400万円を返済する気が今も無いと言う事。
解決に向けて前進すらしていない、更なる怒りすら覚えてしまいました。
秋篠宮殿下が誕生日会見で言われた
「きちんと、どういうことなんだということを説明をして、そして多くの人に納得して
もらい喜んでもらう状況を作る」には程遠く誰も納得せず、祝福しないことに小室親子は
どうやらまだ気づかないようだ。気づかないという点では、眞子さまも同じ。
今週発売の週刊新潮、週刊文春、他週刊誌が元婚約者に接触、矛盾点、嘘の部分を
発掘してくれるかもしれません、今回の見解文書は小室家の誠意の無さ、嘘を文書に書き
小室圭にとって更にマイナスになりましたね。
いろいろ思う事、書きたいことはあるのですが、ここの所何かと多忙で
後程じっくり考えて加筆するかもしれません。

眞子さま笑みを浮かべ出勤  

『共同通信』の報道によれば「眞子さまと小室さんの結婚の意思は固い」といい、
「眞子さまも文書の公表を把握している」という。
22日の午前10時すぎ、眞子さまは秋篠宮邸を発たれ、勤務先の博物館「インターメディアテク」
に出勤された。窓は閉めたままだったものの、普段のご公務と同じく笑みを浮かべられ、
報道陣に会釈された。記事の一部、画像女性自身より

以前からコメントなどで話題にしていましたが、もしかして本当に
眞子さま、洗脳されているのではないですか?眞子さまも異常です。

秋篠宮家の長女眞子さま(27)と婚約が内定している小室圭さん(27)が、週刊誌などで
報道されてきた家族の金銭トラブルについて「解決済み」と理解してきたと主張していること
に対し、小室家に金銭的支援をしたとされる男性は朝日新聞の取材に
トラブルは解決していない」と反論した。
男性は小室さんの母親の元婚約者で、婚約期間中、小室さんの母親の求めに応じる形で生活費
の支援や、圭さんの大学の費用、留学費やアナウンススクールの費用など400万円以上を援
助した、と主張。「婚約解消を申し出たのは、金銭援助を求められることが常態化し、生活が
苦しくなってきたからです」と述べた。

婚約解消時、小室さんの母親から、金銭の返済について「月々1万円くらいずつしかお返し
できませんが」と申し出があったが、「それでは少なすぎるので再考してください」と断った
という。男性は「交際期間中の食事代やプレゼント代まで返して欲しいわけではない。生活費
や学費などは貸したつもりでいた。返済して欲しい気持ちは変わらない」と話している。
朝日新聞


「順序が違うのでは」=小室さん母の元婚約者

秋篠宮家の長女眞子さま(27)との婚約が延期されたままになっている小室圭さん(27)が、
母親(52)の借金問題は解決済みとの文書を公表したことについて、
母親の元婚約者の男性(69)は22日までに、時事通信の取材に対し、「お金(約440万円)
を貸している私には何の連絡もない。順序が違うのではないか」と疑問を呈した。

その上で、「(母親が男性に)借金の清算を持ち掛けたが、断られた」
などとする部分について、「断ったことなど一度もない」と主張した。
この問題をめぐっては、秋篠宮さまが昨年11月、「結婚したい気持ちがあるのであれば、
(小室さん側が)それ相応の対応をするべきだ」と発言。
男性は「1カ月半、考え抜いた結果なのだろうが…」と言葉を選びながら、「すっかり母親の
言いなりになってしまって。自分の人生なのに」とため息をついた。

「貸したお金を(大学の学費などで)使ったのは彼。知らないでは済まされない。
そもそも、私が貸さなければ、大学で眞子さまとも出会えなかったはずだ」と訴えた。時事通信

小室さん「解決済み」文書公表のきっかけは

秋篠宮家の長女・眞子さまとの婚約が延期になっている小室圭さんが、母親と
元婚約者の男性との金銭トラブルについて、「解決済み」と主張する文書を公表した。

一方、小室圭さんの代理人の弁護士は、今回の文書公表は、秋篠宮さまの記者会見や
婚約延期の発表からまもなく1年であることなどがきっかけになったと話している。

代理人の弁護士によると、小室圭さんは一連の報道について、事情を説明した方が良いのか、
その場合、いつどんな方法で説明すれば良いのか考え続けてきたという。

今回の文書公表は、迷い続けてきた中で、去年11月に秋篠宮さまが記者会見で
「2人が結婚したいのであればそれ相応の対応をするべき」と述べられたことや、
去年2月の婚約延期の発表からまもなく1年を迎えるタイミングであることなどが
きっかけになったという。

小室さんは眞子さまとの結婚の意思に変わりはなく、眞子さまは、
文書を公表することをご存じだったという。日テレ24より




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い、多忙、疲れている時はコメ返しを省略することもあります。
*別館はリンクコーナーにあります。