小室圭さんはどんな人?リベラルタイム12月号を読んでみました。前編

ブログ

ここ数日、娘宅に入り浸りしている。
夕方6時頃に帰宅すると、ネット注文した
「リベラルタイム」が届いていた。思ったより早かった(^^)
初めて手に取り見る雑誌だ。

A4サイズの縦を1.5㎝短くした程度で幅は同じ。
ほぼA4サイズ、厚さ5mm、紙質よくページ数は
広告を入れて70ページ程度の、薄いニッセンなど
通販のカタログと似たり寄ったり。

週刊誌慣れしているので(笑) センセーショナルなタイトルはないし
これっと言った新しい発見も少ない、やや好意的に淡々と記事にしている
そんな感じでしたが、小室圭の写真とタイトルはかなりインパクトあります。
2章まで抜粋してみました。他は後日。私の感想は無しです、誤変換あるかも?

【厳重注意 無断転載しないでください】

≪本文掻い摘んで紹介 利用契約により全文転載できません≫

●納采の儀、告期の儀の後に皇室経済会議を開催
これは、ネットで無料で読めるページです。

庶民の結婚式と違い、様々な儀式がありますが
これも週刊誌、ネットでも書かれていたことでした。

≪納采の儀も告期の儀も結婚式の日取りの約一年前から
数か月前に実施される。眞子さまの結婚の日は未定だが
18年夏以降に行われると見られ、いずれの行事も七曜を
考慮しながら「大安」「友引」など慶事に相応しい日が
選ばれるのが皇室でも慣例になっている≫

≪こうした一連の行事は、眞子さまを中心に行われるが
小室家側は使者の選出や納采の品等を用意する必要がある。
式と披露宴は、都内のホテルで行われると見られるが
その費用は両家折半が原則とされる。≫

 

●「士族」「平民」は結婚対象とされなかったかつての「皇室」

こちらは、週刊誌に書かれネットで書かれていた小室圭に対する
様々な意見などの他、明治憲法下の戦前の皇族の結婚、結婚相手の調査
など、興味を引く記事だった為、少し長く抜粋しました。

≪「実は、役所には批判的な意見が電話やファックスで送られて
きているんです」宮内庁の中堅職員は声をひそめて話す。

秋篠宮家の長女眞子内親王殿下が法律事務所勤務の小室圭さんと
婚約する方向で話が進められている、というニュースが
2017年5月16日にNHKの特ダネとして流れて以来も天皇皇后両陛下の
初めてのお孫さんの結婚の報道に御祝いムードに包まれた≫

中略

「いかがなものか」との声

≪今回の眞子さまの御婚約内定発表も、これまでの皇室の伝統や
しきたりの流れの中に位置付けられるものだが、過去の皇族女性の
結婚のケースとは、やや異なった国民の受け止め方も一部で垣間見られた。
具体的な内容については、職員も口を濁すが、眞子さまのお相手である
小室さんに関する意見表明があたという。

婚約への動きが報じられて行こう、新聞、テレビ、週刊誌等の
マスメディアが一斉に取材に走り、小室さんの経歴が少しづつ
明らかになっていった。神奈川県藤沢市で行われたイベントの
ひとつである「海の王子コンテスト」に出場して「王子」の一人に
選ばれたことも微笑ましいエピソードとしてプラスの評価として
受け止めていたようだ。その一方で、皇族女性と結婚し天皇家と
姻戚関係に入ることになる人としては「いかがなものか」という声もあった。
イベントのコンテストに応募するような”軽い人”として捉えるという
見方もあったということだろう。

さらに、NHK報道の翌日、マスコミ各社からの要請で小室さんが勤め先の
東京・京橋の弁護士事務所で取材に応じるよう、皇族の世話を担当する
宮内庁宮務課が小室さんと電話で連絡しながら招請した。
通常のルートである電車に乗って職場に向かうと、報道陣が取材し
乗客にも迷惑が及ぶ懸念があり、宮務課は小室さんに「混乱を避けるために
自宅からタクシーで来て欲しい」と要望した。小室さんは
「タクシー代がないので行けない」と返答したという。このために
宮務課は急遽、深夜になって車両を管理している車馬課に連絡、公用車を
神奈川県横浜市ま自宅に早朝迎えに行くように手配した。

その後も小室さんが自宅近くの本屋で『月たった2万円のふたりごはん』幻冬舎
というタイトルの本を購入するという記事も、写真週刊誌に掲載された。
こうした、微笑ましいとも思われる小室さんに関するエピソードが
マスコミに報道され、皇族の女性と将来生活をともにする立場の小室さんの
生活力(=財政力)に疑問符が生じると考える人も出てきたようだ。
皇族女性の婚家は名家・旧家がほとんどであった過去を知る人達にとっては
眞子さまの結婚相手として大丈夫なのだろうかという思いも有あり
冒頭紹介したような宮内庁に寄せられた意見に反映されたようだ≫

※変化した「皇室の結婚」

≪皇室の結婚は時代とともに変化してきている。
天皇陛下が国の統治権の総覧者であった明治憲法下の戦前までは
天皇の子に限らず皇族の婚家は、同じ立場の皇族か華族に限られていた。
「華族」は明治時代に元大名、元公家、維新功労者らのために創設された
身分制度で、皇族とともに皇室を守る「藩屏はんぺい」とされていた。
旧憲法下の皇室典範や皇室親族令で、天皇や皇太子の結婚相手や皇族の
結婚相手となる家柄は、これら皇族・華族に限られ、士族や平民出身者は
対象にはされなかった。明治天皇の内親王の嫁ぎ先は、竹田宮家、北白川宮家
朝香宮家、東久邇宮家でいずれも当時の皇族だった。

中略  画像へ

その中で唯一の例外として長男・明仁親王は
一般出身の正田美智子さんを選ばれた。
初めて皇室に一般国民の女性が、しかも皇太子妃として嫁ぐことになった。

中略

平成に入ると天皇皇后両陛下のお子さんの結婚が相次ぎ、皇太子さま
次男の秋篠宮さま、そして長女の黒田清子さんは、いずれも両陛下が
切り開いた足跡を辿るように、自らの気持ちに従って生涯の伴侶を決める
という、一般国民の間でもよく見られる結婚の携帯を選ばれた≫

※ 結婚相手の調査

≪そうした流れの中での眞子さまと小室さんの婚約内定だったわけだが
宮内庁は以前から皇族の結婚相手を調査会社等に依頼して調べていたとされる。
宮内庁の皇族の結婚相手に対する調査は、天皇家の家長である天皇陛下に
客観的なデータを上げるためのもので、皇族の結婚相手として相応しいか
否かなどの表かを目的とるものではなく、マスコミを通じて公表する際の
参考資料にもしていたとされる。
その情報が外部に漏れることもないし、当然のことながら事前に調査を
していこと自体、宮内庁は公式には認めていない。
調査の依頼は、ごく限られた幹部が相談して決めるとされているが
今回の眞子さまのケースでは、秋篠宮家からの情報が同庁幹部に伝えられ
婚約内定までの公式のプレス発表までに様々な手続きが検討されていた。
その最中に、NHKの報道が出た。そのために、外部への調査を依頼する
余裕がなかったとされる。婚約内定の記者会見で眞子さまと小室さんが
語ったように、約五年間にわたってお互いの気持ちを醸成し確認し合って
きたお二人の絆は、固く確かなものだ。
時代とともに変わりゆく皇室にさらに「新しい時代の風」を
送り込んで欲しいと願わずにはいられない。≫ これで〆

【お願い】
*どんなコメントでも匿名、名無し、通りすがりなどの
名前でのコメントは承認しません。
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。

皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください。

スポンサーリンク

コメント

  1. 甲藤 喜美 より:

    皇族の公務は多大なる公費がでるそうですヨ。秋篠宮家の月間公務収入は1千万円超えだそうです。雅子様を非難されては可哀想だと思います。

    • mayu より:

      甲藤 喜美さん
      この投稿は「リベラルタイム12月号」の小室圭のことですが。
      雅子(サマ)はなにをしても絶賛されることはないキャラの方で
      その点ではお気の毒かもしれませんが、ごめんね。

  2. 金平糖 より:

    雑誌の内容のご紹介ありがとうございます。

    なんだか表紙のKKさん、怪しく見えます。胡散臭い。
    あの飛ばし報道の翌日の単独囲み会見の時ですよね。
    せめてもう少しルックスが良くて、誠実そうで謙虚そうだったらよかったのですが・・。
    エリートでも高学歴でなくてもよかった。
    うーん、それでは逆玉狙いで眞子さまに自分から近づきませんよね。

    「将来は宮様(眞子さま)と相談して」発言にがっかりです。
    眞子さまもKKさんといると、自分が楽なんでしょうね。
    私には彼の良さが全くわからないのですが・・。
    KKさんも眞子さまが皇室特権でKKさんと彼のママに楽な生活をさせてくれる間は眞子さまとご両親には彼の魅力をふりまくのでしょう。

    雑誌に特集してもらえるような「一般人」ってなかなかいませんよね。

    • mayu より:

      金平糖さん

      2つボタンのスーツで、2つボタンを留めているアホな写真ですね。

      私は、夢見る夢男なのが一番嫌で
      生活基盤のしっかりした人で、母親ベッタリじゃない人。
      海外で英語を生かした仕事をしたい、等々妙なことを言わない男性で
      自立できている男性で、尚且つ長身イケメンだったら(笑)
      眞子さまの婚約も盛り上がったでしょうねぇ。

      なんでこんな男性に引っかかったんだろ、眞子さま。

      持参金もいずれ無くなる日が来るはずで、まさか
      金の切れ目が縁の切れ目、になることはないでしょうねぇ( ゚Д゚)

  3. 影子 より:

    ここ数日、いかに私達平民が一番良い立場なのかがわかった気がしました。このところ、皇室報道のブログを読んでて鬼畜じみた内容が多い気がします。どうしてでしょうか?でもなぜか中毒になり読んでしまいます。不思議なものですね。何はともあれ、御結婚おめでとうございます。

    • mayu より:

      影子さん

      皇室ブログ中毒ですか? お大事に、御慈愛、訂正 ご自愛ください。

  4. やしま より:

    お忙しい中での記事上梓、ありがとうございます。

    今回の記事は、「知らされていない事実」は我々にとってはありませんでしたが、全くの花畑国民にとっては「へぇぇ、宮内庁に抗議の電話・ファックスがあったんだ」ということは周知された形ですね。これは異例なことだと思いますよ。今までこんなことはなかったでしょう。「お祝いムード」は一瞬の話でしたね。その後から出てくる出てくる胡散臭い、キナ臭い話のオンパレード……タクシー代自費渋りの件もそう。秋篠宮ご両親は「情けない」と思われたはずですが、どうにもならなかったんでしょうか……ね。
    「小室氏のこと、賞賛できるエピソードが何もない」ということだけは、どうやら確かみたいですね。

    そりゃそうと、馬之助さんのブログで、ここ直近3回の記事を拝見しました。
    一つは秋篠宮ご夫妻の「激務なる公務」話。
    紀子妃の最近のスケジュールは、
    7日が秋田県赤十字大会ご出席、同乳児院ご訪問
    8日が宮城県第130回記念赤十字大会ご出席
    9日が園遊会

    どこにも遊びの要素はなく、公務公務公務に追いまくられておられます。1日たりともお休みがない。殿下も同様の状態です。

    そして12日に眞子さまが少年の主張大会に臨席になり、幼少期より義足の少女との懇談された話が掲載されており。
    義足少女の苦労話に対して「私も人とは少し違った生活を送り、それが個性だと思っていたので、あなたの話がスッと入った」とのコメント。
    まあ感想の方は馬之助さんの記事を読んでいただければと。
    ちょっと哀しい気持ちになったのが正直なところです。

    眞子さまは「内親王」というお立場を、どのように受け止めておられたのか。ご両親は、眞子さまを、「悠仁様の守り刀」「秋篠宮家の将来を補佐する大刀自」のようになさりたかったのではと思うのですが、彼女はそれは嫌だったし、お寂しかったのかな。それで「太陽のように照らしてくれる」男性が近寄ってきて、たやすくなびいてしまったのだったら、残念無念です。

    最後に天皇皇后陛下のピアノ鑑賞。皇后は園遊会の夜も出かけていますね。こちらも音楽鑑賞だったかな。まあ本当にこの二人、「お楽しみ」で出かけられますね。体力もすごいけど、警護の人たちへの人件費も含め、多大な国費を使っての贅沢。
    退位してからも、ずっとこのような生活をお続けになられるおつもりでしょうから(退位したからといって隠居生活なんかできそうにないですよね)ため息が出ます。

    • mayu より:

      やしまさん

      電話、ファックスまでは良いけど、メールの方が
      大量に有ったのではないか、メールは書かないのだなと思いました。

      この雑誌、男性誌でビジネスマン向きなので
      どうでしょう、男性がどう思うか?読んだ方に聞いてみたい(笑)

      ここのところ、ネットサーフィンする時間が少なくて
      あちこち見られなくていますが、紀子さまの公務スケジュール
      凄い激務ですが、いくら健康な人でも無理を重ねると
      いつかは倒れてしまいます、どうして公務が偏るのでしょうかね。

      馬之助さんの眞子さまに対する感想は的を得ていますね。
      皇室で育ったことが個性だとすると、なるほど平民になったら
      個性が邪魔をして苦労するでしょう、特に相手があの小室圭だから。

      いかに自分が恵まれているか?経験してみないとわからないことも
      多いものですが、あの小室圭と結婚したいと譲らないのなら
      苦労してください、としか言いようがないです。

      天皇皇后両陛下の鑑賞三昧も相まって、もう皇室は
      遠い所に行ったような気持ちです。尊敬など無くなりました。

  5. いちごラムネ より:

    mayuさん、こんばんは。

    早速のアップ、ありがとうございます。

    調査をするのは単なるデータ収集というだけのことなのですね。データ収集して、だからどうだという判断をするのではなく、ただ集めるだけと。

    ということは、どんな相手でも認めるということなのですよね。
    庶民でも、結婚相手は誰でもいいなんて言わないですよ。
    こういう人はダメ、あんな人はダメというのは差別になってしまうからでしょうか。

    悠仁様のご結婚はどうなってしまうのでしょう。

    • mayu より:

      いちごラムネさん

      この月刊誌は皇室に対してどういう立ち位置なのか?
      本の名前どおり「リベラル」なのか、淡々と書いてあり
      インターに入れた場合の学費、進学先、などで
      小室圭のことは書かれていませんでした。

      結婚相手の調査はするけど、天皇陛下に客観的な
      データを上げる為のもので、結婚相手として相応しいか否か
      の評価を目的とするものではなく・・・

      そもそも、皇族と結婚する相手が小室圭のような人は
      初めてで、元々出自の良い方を選んで結婚していたので
      データ収集だったのでは?と思いました。

タイトルとURLをコピーしました