貧乏過ぎる小室圭さんアメリカへ出発する*結婚費用も無し秋篠宮家が出すと国民から批判が!

ブログ

小室Kも世間の注目を集めているんだね、
Yahooトップニュースに載せられている。
いつ渡米するか、いつだろうと、記者達は張り込んでいたでしょう。

これで、あの強烈な個性の圭与さんの姿も暫く見られそうもないな(笑)
ベッタリ親子だったけど、画像が出ないところを見ると、お見送りに来たのかどうか?
最後の最後までSPがついて皇族気取りが嫌な感じ。

一番下に動画を貼っておきました。声援する人、いるんですねぇ( ゚Д゚)

身長が低くてどこにいるのかわからなくなった小室K。


サンデー毎日8月19・26日号には、「皇族それぞれの夏」のタイトルで
主に天皇皇后両陛下、雅子さま、眞子さまのことが書かれています。
結婚延期になった経緯などは省略し、今後のこと以下に抜粋しました。

一部では「破局」の文字も躍っているが、現在のところは
あくまで日程の変更である。
「アメリカで弁護士の資格を取得し、ある程度の収入を
得られるようにして、安定した将来設計を築くことができるようになれば、
批判にさらされることは減るでしょう」(山下氏)

いったん距離を取って冷静になり、解決すべき問題をクリアして
いこうということのようである。秋篠宮家に近い関係者によると、
「国民の厳しい視線をどう考えるか、ということでしょう。
秋篠宮殿下は、2、3年先になってもおふたりの気持ちが変わることが
なければ、結婚させるつもりのようです。
問題が解決していれば、最後は当人同士の意思によりますから」以上。

3年間で小室Kと眞子さまの気持ちが離れていくことを願うしかない。

それでも、2、3年、2人の気持ちが変わらなければ、秋篠宮殿下の
口癖「当人同士の意思を尊重する」ってことなのでしょう。
3年もの間の国民のモヤモヤ感を、秋篠宮殿下はどうしてくれるんだ?
そして、眞子さまはこれだけ反対され、嫌われている小室Kと
結婚して日本国内に住んで堂々と生活していくつもりなのだろうか?
こういう記事を読むと、つい本気にしてイラついてしまう。
結婚する、結婚しない、私達庶民には全くわからないこと。
やはり秋篠宮殿下には誕生日会見でも良いから、説明して欲しい。

皇室がこんなに秘密主義で良いんでしょうか。

小室Kごときに、SPまでつけてマンション前にはポリスボックス設置。
どんだけ金を使ってきたんだよ、小室Kの留学だって私は使途不明。
宮内庁→奥野法律事務所→小室圭へと流れている気がしてならない。

手切れ金なら我慢できても、これで3年後、結婚されたら
天皇陛下の退位よりショックを受けると思うし、皇室どうでも良くなる。
今から半分くらいはどーでも良い感が漂っているのだが。( ゚Д゚)



8月21・28日号の「週刊女性」の記事は、美智子さまは当然読むけど
秋篠宮ご夫妻、眞子さま、佳子さまにも読んで欲しい記事になってます。

・簡単に書けば、小室Kの留学中の3年間もSPがつく可能性があること。
・日本での警備費1ヵ月700万円、元をただせは国民の税金から捻出されている。

・もし、アメリカ留学中も警備態勢が敷かれるならば、単純計算で
小室Kに2億5千万円の税金が使われることになる。

・英国に留学した佳子さまでさえ、現地ではSPがついていなかった。
・にもかかわらず、婚約内定者の小室Kと圭与さんに警護がつくのは異常事態。

・神奈川県の自宅の警備は縮小されると思う。

・アメリカでも小室Kに警護がつく理由として、ニューヨーク・タイムズに
眞子さまと小室Kの結婚に関する記事が載ったこと。

・米国内にみいろんな考えをもった人がいるでしょうから、危害を
加えられる可能性があると判断したのかも。

※そもそも以前から小室さんには「お金」にまつわる話に事欠かない。

・結婚が延期になった理由も圭与さんの借金トラブル。

・小室Kが一時帰国をして結婚するとして、結婚式の費用はどうやって
捻出するのか、その際にも、秋篠宮家側が全額負担するとなると、
国民からの批判が噴出する可能性がある。

・3年で資格を取得しても現地で2年間の実務経験がなければ、帰国後に、
国際弁護士として活動することはできない。

・都内の法律事務所に勤務の場合、誰かのフォローに回るなどの仕事しかなく、
パラリーガル時代に戻るだけで収入が飛躍的に上がる見込みはない。

ということで、国民と共に~~の皇族が、国民の99.99%小室Kを嫌い、
結婚に反対なのだから、ここはスッパリ諦めるしかないですね、

眞子さまとの婚約が内定している小室圭さんがアメリカに向けて出発しました。
小室さんは7日午後6時すぎ、警備関係者らに付き添われて成田空港に姿を見せました。
小室さんは今月から3年間、ニューヨークのフォーダム大学に留学し、アメリカの
弁護士資格の取得を目指します。
宮内庁は秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さまとの婚約内定を去年9月に発表しましたが、
今年2月に準備不足などを理由に結婚式などの儀式を2020年まで延期することを
明らかにしています。ANNニュース

何度も会釈を・・・小室圭さん アメリカに向け出発(18/08/07)





【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開とメールでのコメントは表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。



コメント

  1. 匿名 より:

    あまりにも、小室KKの素性が悪すぎます。このままだと皇室のイメージが下がる一方です。
    白紙に戻し縁を切る事を国民は願っています。

    • mayu より:

      HN書いてくださいね。
      小室Kのせいで秋篠宮家がダダ下がりで疫病神もいいところです。
      ずーっと米国にいて欲しいです。

  2. みんみん より:

    ちょうど1995年くらいから、我が子に英語力をつけてグローバルな人間に育てたいという気風が流行しました。英語オンリーの幼稚園入園とか、高額のディ○ニーの英語教材を利用するとか、親は幼児教育に神経をすり減らした時期でした。しかしその時代でも、インターに進学させることは否定的な意見が多かったです。一見グローバル教育の最先端のように見えて、日本の義務教育課程とは認められないので、大学入試での道が狭められるとか(理系進学はインターからはほぼ不可能)、所詮「英会話ができる日本人」にしかなれない、下手すると日本語も英語も中途半端なモノリンガルになる恐れとか(英語圏の本当の文化を会得する術がないモノカルチャーでもある)、子供をグローバルに育てたい母親たちの間では当時のネットでも、いろんな意見で喧々諤々だったのです。小室ママは、親側にインター入学の覚悟も、卒業後の進路に対する知識もないままに、とにかく子供をバイリンガルの環境に置きさえすれば英会話のできる我が子はスゴイという、安易な母親の王道のようにみえます。そうやって育った圭君も自分を特別な存在だと勘違いし、公共の場で
    「リアリー、カモーン」と声高に会話する、よくあるなんちゃってバイリンガルに育ってしまったと思うのです。
    私事で恐縮ですが、夫の仕事関係で、うちの子供は米国でエレメンタリーからハイスクールまで過ごしました。その間は子供も親も血反吐をはく苦労と努力を経験しました。その成果で、APやSATで好成績を得て、米国の色々な大学からそれこそ奨学金免除などのオファーを受けましたが、本人が、このままでは自分のアイデンティティが混乱する、あくまでも自分は日本人として日本の企業に就職して日本に貢献したい、それこそがバイカルチャーとしての本分である、と日本の大学の理系学部に進学し、今は研究者としてバイリンガル、バイカルチャーを生かしながら日本に根を下ろして生活しています。親の都合で米国に在住し、現地校で苦労してきた子供たちは、うち以外にも本当にたくさんいます。そして彼らは皆、日本の企業に就職しても、海外で就職しても、自分のアイデンティティの混乱を克服しバイリンガルでありバイカルチャーであることを糧に社会に貢献しています。小室圭さんは、せまい世界で母親からの絶大な賛辞を受け、いっぱしのバイリンガルのつもりかも知れませんが、海外で苦労し多元的にカルチャーを会得した人達からすると、薄っぺらいただの「井の中の蛙」でしかありません。海外で現在進行形で子育てしている親は、インター進学をありがたがる母親の浅はかさを、ひそかに嘲笑していることでしょう。母親のエゴに付き合って自らを過大評価して生きてきた圭君は、残念ながらアメリカでは、できるオトナとして評価されることはないと思われます。

  3. よこはま より:

    アメリカ到着映像を見るかぎり成田空港まで付いてたSPの姿は見えませんね。
    さすがに日本国内限定だったのでしょう。

    ラガーディア空港で小室氏に付き添ってたのはおそらくアメリカの外交関係者かNY市警のSPでしょう。
    それも数日で解除されるはずですよ。

    眞子さまや佳子さまでさえ留学ではSPはつきませんでしたので。
    小室氏にいたっては民間人ですから形式上にすぎないでしょう。

  4. 日本国民 より:

    どこが海の王子なの?
    あんなに顔の大きい人がいるんだ…シャクレてて不細工!
    というのが第一印象です。

    会見の際の「月が云々…」のわざとらしいロマンチックっぽい話しにも違和感を覚えました。よくあんなことペラペラ喋るなあ、目立ちたがりなのかしら?失礼ながら、眞子様はこんなのがいいの?と呆れたものです。
    それから、あれよあれよというまに小室母子の人となりが暴露され…やっぱり胡散臭い人だったと納得です。
    いくら純粋培養で育ったとはいえ、こういう得体のしれない人物と一緒になりたいと思う眞子様にがっかりしました。秋篠宮様は昔から少し変わった方だな(失礼ですね、申し訳ありません)と思いましたが、娘の結婚にはもう少し慎重になって頂きたかったです。
    秋篠宮様の恋愛結婚至上主義なのはわかりますが、お立場をお考えになった上でふさわしい方たちとの恋愛結婚に誘導することはできなかったのでしょうかね。
    やはり皇族は学習院の方が良かったのでは…
    佳子様が眞子様と同じような過ちをしないようにと願うばかりです。

  5. たいら より:

    初めてコメントします。私はこの縁談は一旦白紙にすべきだった思います。中途半端な形で引き延ばせば引き延ばすほど、両者にとってストレスが募るばかりです。まぁK氏はメンタル強そうですから、心配には及ばないかもしれませんけど。米のニュースの記事にまでなっています。元はと言えば本人の意思を尊重して、相手の家族について深く考えなかった宮家が招いた災いだと思います。巡り巡って皇室の地位をドンドン貶めることになっています。残念です。

  6. satoko より:

    mayuさん こんにちは

    小室Kとうとう出国しましたね。
    秋篠宮ご夫妻のコメント読みました。
    全くスッキリとした気分にはなれませんが(結局ダラダラ警備費その他経費が果てしなくかかりそう)、絢子さまの納采の儀までに国外に行ってくれたのでヤレヤレです。

    でも今回のことで二次被害というか、とんだとばっちりを受けた人も多いのではないでしょうか。
    優秀な学生が多く本当に良い学校だと思うのに、ICUは散々な言われようで卒業生や在校生、又その保護者はどんなに悔しい思いをしたか。
    又私も今回初めてパラリーガルという職業を知りましたが、たかが事務員とか所詮パラリーガル、パラリーガルごとき・・なんて侮蔑されてお気の毒に。

    そして小室KのSPの方々。
    あんな母子のために早朝や休日まで凛々しく警護してテレビや雑誌に顔までさらされて本当にお気の毒にと思っていたのに、まさか「小室圭さんは例の宗教の御曹司ですかね。SPもそちらの人ではないですか?」なんて言われてしまうとは。
    SPの方もそういう目で見られてしまうのですね。
    もしもご覧になったらやりきれないでしょうね。お可哀そうに。

  7. 時鳥 より:

    なぜひっそりと出国させないのでしょう。
    これ見よがしの「パンパカパーン♪」
    もうどうでも良いです。上げたり下げたり
    その度に国民の感情を揺さぶって。
    日本ではお盆です。日本人ならば、ご先祖
    様に手を合わせましょう。
    KKはお父様お祖父様の眠るお墓に出国の
    報告はされたのかしら?
    まぁそういった教育がなされていない風ですね。
    でないと皇室のお姫様などにプロポーズなど
    しませんよ。
    目に見えないもの・ことほど大切にしていかないと
    後々厳しいしっぺ返しを食らいますよ!
    盗人は凶方へ凶方へと逃げます。悪い心で生きると
    どうなるのか?それとも彼は実は努力家で、
    心の優しい人であったのか?
    自ずと応えは出るでしょう。

  8. やしま より:

    マスコミのあおり、すごいですよね。
    これはもう、芸能ネタです。
    皇室が、ここまで下ってしまったのか……としみじみ思います。
    黒田さんのときだって、千家さんだって、そして最近の守谷氏も、マスコミに追い回されることなんかなかった。皆さん上品で納得な方でした。

    とにかく
    「秋篠宮眞子さまと『ご婚約が内定している小室さん』」という報道が繰り返し繰り返しニュースになる。そしてSPが向こうでもつく。総額2億5,000万円にもなるなんていうことが知れ渡るほど、一般国民の心は秋篠宮家から離れていき。
    バッシング度、アンチ度が高くなっていくと思います。今既にそういう兆候がありますよね。

    「ootapaper」というブログが最近コメント増やしているのですが、そこでブログ主さんが「皇室インデックス」というブログは興味深い」と紹介なさっておられます。
    わああ!と思いました。ここ、アンチ秋篠宮、東宮擁護ブログの老舗なんです。私もちらっとのぞいたことがあります。極端な書きぶりですよ。こちらを信じてしまう人が増えてきてしまうのかなと思うと、実に心寂しいです。
    でも現実は秋篠宮家がバッシングされても仕方がない状況であることも認めます。
    このまま、悠仁さまの筑附進学もセットでついてきたら、もうどうしようもない状況になる。
    皇室廃止論に進むか、愛子女帝に進むか。なんか怖くなってきましたよ。

    馬之助さんのところでも、「秋篠宮家はガツガツしている」「結局平民から妃を入れるということの結末がこれ」と。
    読んでいてうなずく自分がいます。

    それでも何とか今までやってきたんですよ。
    眞子さまがあんな男にひっかかるまでは……
    確かに「皇女」としての教育はなさすぎましたね。それは確かです。

  9. 妄想 より:

    今迄の流れを見ると、小室圭さんは例の宗教の御曹司ですかね。SPもそちらの人ではないですか?雅子さんも疑われて ますよね。美智子様が望んでられるのでは?
    これ程好ましくない人物なのに、優遇のされ方が気になります。

  10. いちごラムネ より:

    mayuさん、おはようございます。

    今朝の朝日新聞の1面に

    「納采の儀 現状では行えない」 秋篠宮ご夫妻 小室さんに

    という記事が出ていました。
    週刊誌やネットではなく新聞報道なのでちょっと驚きです。

    その理由として、国民から広く祝福される状態にないと考えているため、と書かれていました。
    両陛下にも報告済みだとか。

    一方、KK側は週刊誌報道については金銭トラブルではないと宮家に説明しているとか。

    あまり内容に目新しいことはないのですが、新聞報道、しかも1面というのは意外でした。
    昨日、KKが出国したというこのタイミングでの報道には何か意味があるのですかね。

  11. 消しゴムママ より:

    この「いってらっしゃい」の声、良く通るトレーニングされたアナウンサー声でしょ? 
    絶対、雇われたサクラだと思いますね。普通のおばさんとか、若者の声じゃないもの。ほんと、小室圭を支える人(秋篠宮? 皇室? 宮内庁?)は、アクドイことをする。これでも、しっかり破談の方向にいってないことがわかる。(少なくとも眞子、秋篠宮は)

    飛行機落ちればいいとか、撃たれろ、とかいろいろ言われてるけど、ここまで言われて平気だから。それ以上にお金と権力がほしいのね。

    いい人生送らないと思うわ。
    国民の血税をつかった詐欺師。
    天罰を与えて! 

  12. よこはま より:

    小室氏が3年以内にNY州弁護士の資格を得ても、
    一旦は帰国して数年奥野さんで奉公しなくてはならない立場なので、
    アメリカで2年間の実務もしてくるというのは非現実的でしょう。
    したがって、とりあえず日本で外事法弁護士として活動することはないでしょう。

    ただ、NY州弁護士資格を持っていれば渉外関係の仕事は国内にもあります。
    相談相手としての信用はありますから。

    奥野さんとこでは雑用しか仕事がないでしょうから、出向という形をとって、
    外資系や米国に進出してる日本企業の法務部に勤務するというのが考えられます。

    弁護士としてではなく、
    法務顧問、すなわちコンサルティングですね。
    英語の契約書を作成するとか、違法性の有無や訴訟を未然に防ぐアドバイスなどなど。
    実際の訴訟に関わることはできませんが、本物の弁護士より安上がりな人材です。

    奥野さんのコネクションや皇室がバックなら企業法務部への斡旋も可能でしょう。

  13. 狗児 より:

    何なんでしょう、小室圭のこの自信に満ちた顔!本当にイライラします。
    他人に金出させて、張りぼての経歴ばかり築いてきて、更に事実上の島流の癖にどうしたらこんなしたり顔が出来るのかしら?
    追いかけるマスコミも悪いのです。マスコミが追いかけるから「俺って有名人〜すごい〜」って勘違いするのです。こんな取るに足らん奴は無視するに限ります。

    とか言いながら、次々出てくるスキャンダルは面白がってますけどね(笑)

    mayuさんも、何だか色々大変そうですが、このblogは面白くていつも楽しみにしてます。応援してます!

  14. 初子 より:

    mayuさんこんばんは

    夕方のニュースは小室クン出国をかなりの扱いで報道してました。NHKだったか?小室クンが乗った飛行機の映像まで長々と流してましたよ。そんなことどうでもいいのに。
    SP連れて人波をかき分けて歩いているのを見たら、ガッカリ感が止まらないです。
    百歩譲って、小室クンという一般人を、名指しのように皇室側が糾弾したり否定したり出来ないから、何がなんだかわからない報道ばかりされるのを黙ってると考えても、やっぱりズレてる。変過ぎる。
    切りたくても切れない理由があるなら、やっぱり眞子さまのお気持ちになっちゃうんですよね。
    忘れてくれるなとばかりに、ここにきて小室クンの報道が膨らんできたのも気になる。
    世間の怒りを煽るばかりですよね小室クン報道。

  15. ももた より:

    もう皇室は何でもありになってしまったのでしょうか。それとも今まで表に出てこなかっただけで、皇族からしたら何を騒いでるの?という感覚なのでしょうか。
    お金はいくらでも降ってくるものだと考えているように見えてしまいます。

    最近は公務のニュースを目にするのもうんざりしてしまっています。

タイトルとURLをコピーしました