小室圭さん金銭問題は解決済みと公表へ眞子さま結婚の意思は固く文書公表も把握している*追加 謝罪コメント全文

眞子さまの結婚問題

【追加】小室圭さん謝罪コメント全文を載せました。

今朝はびっくりしました、小室圭が「金銭問題は解決済み」との
文書を近く公表し説明するとのニュース。
毎日、産経、共同通信、日経がネットに記事を載せていますが、私が見たものでは
日刊スポーツが一番詳しく載っています。以下に全文載せますが、その前に
私の気持ちを書かせてください。

もう、暗澹たる思いに駆られています。
小室圭と眞子さまの結婚の意思は固い、眞子さまも文書の公表を把握している。
まだ小室圭が発表する文書全文が公表されてはいませんが、例え公表したとしても、
「時、既に遅し」婚約者として小室圭が出てきた当初から、この人では駄目だと
ネットでは散々書かれていたし、後追いするように週刊誌も小室圭の人となりを書き、
週刊女性が圭与さんの借金問題を2回取り上げ、ようやく各週刊誌も取り上げました。
これで2020年まで結婚延期発表。その後、去年小室圭が渡米留学した直後に
「いまの状況では納采の儀を行えません」の報道、秋篠宮殿下の誕生日記者会見では
もっと厳しいことを言われました。小室家に対して説明を求めました。
これで2019年内に婚約内定は白紙になると予想しましたが、来月で結婚延期発表から
1年になります、このままダラダラと2020年まで引き延ばすのでは?と懸念していましたが、
文書公表よりも「眞子さまの結婚の意思が固い」これにはかなりのショックを受けました。

自分を正当化した文書を出されようとも、小室圭に対しての信用、信頼は取り戻せませんし
国民が祝福するとは到底思えません。寧ろ、今以上に秋篠宮家に対して大批判、炎上します。
これは由々しき問題で本当に心配になりました。
眞子さま!一体どうしたのだ?目を覚ましてください。

こんな親子ですよ、とても皇族と姻戚関係になれる親子じゃないんです(T_T)

小室圭さん謝罪コメント発表 全文

いつも温かいご厚情を賜り、御礼を申し上げます。
私小室圭の母とその元婚約者の方との過去の関係について、一昨年からご心配を
おかけしており、たいへん申し訳ありません。
これまでに多くの報道があったことについては承知しておりますし、私がこの問題について
明確なご説明を差し上げてこなかったことで多くの方々にご迷惑をおかけする結果になって
しまったことをたいへん心苦しく感じています。
元婚約者の方との関係について母に代わってご説明したいと考え、
このような方法をとらせていただきました。

私の母と元婚約者の方は、平成22年9月に婚約し、結婚生活を始める準備をしていました。
母の再婚については私も嬉(うれ)しく思いましたし、私自身も元婚約者の方とはとても
親しくさせていただきました。婚約期間中、元婚約者の方から金銭的な支援を受けたことも
あります。当時、母も私も元婚約者の方とは既に家族のようにお付き合いしており、
ご厚意にたいへん感謝しておりました。

平成24年9月、元婚約者の方から母に対して婚約を解消したいというお申し入れがありました。
母は、突然の一方的な申し入れであり、また婚約を解消したい理由について明確なご説明を
していただけなかったことから憔悴(しょうすい)した様子を見せていましたが、最終的には
元婚約者の方のお気持ちは変わらないと理解し、お申し入れを受け入れました。
その際に母が婚約期間中に受けた支援については清算させていただきたいとお伝えしたところ、
元婚約者の方から「返してもらうつもりはなかった」という明確なご説明がありました。
支援や慰謝料の点を含めて金銭的な問題はすべて解決済みであることを二人は確認したのです。
実際に婚約解消後しばらくの間は、私や母が元婚約者の方から金銭の返還を求められることは
ありませんでした。
ところが、婚約を解消して1年ほど経(た)った平成25年8月ころ、母は元婚約者の方から
交際していた期間に負担した費用の返済を求めるお手紙を受け取りました。
婚約解消時の確認事項に反する突然の要求に驚いた母は、専門家に相談してアドバイスを
受けるとともに、元婚約者の方と直接お目にかかって、ご要望には応じかねることとその理由を
お伝えしました。母の話を聞いた元婚約者の方からは、私も専門家に相談して何かあれば
こちらから連絡しますという反応がありましたが、連絡が入ることはありませんでした。
その後はご近所にお住まいだった元婚約者の方と自宅周辺で偶然お会いすることもありましたが、
金銭の話題が出たことはありませんでした。

私の母と元婚約者の方との過去の関係は以上のとおりです。
多くの報道において借金トラブルが残っているとされていますが、このような経緯ですから
母も私も元婚約者の方からの支援については解決済みの事柄であると理解してまいりました。
そのため、平成29年12月から元婚約者の方のコメントだとされるものが連日報道される事態
となり、私も母もたいへん困惑いたしました。元婚約者の方のご意向を測りかねたからです。
報道されている問題に関する母と私の認識は以上のとおりですが、私も母も元婚約者の方から
ご支援を受けたことには今も感謝しておりますので、今後は元婚約者の方からご理解を得る
ことができるよう努めたいと考えております。

私は、現在、米国において勉学に勤(いそ)しむ機会をいただいております。多くの方々に
日々感謝いたしております。ご心配をいただいている方々のご納得をいただけるよう努力を
重ねる覚悟でおりますので、どうか温かく見守っていただけますと幸いでございます。

平成31年1月22日

小室  圭



2人の結婚の意思は固く眞子さまは文書公表も把握している

秋篠宮家の長女眞子さま(27)との婚約が延期になっている小室圭さん(27)が、
週刊誌で報じられた母佳代さん(52)と元婚約者の男性との金銭トラブルについて
「解決済み」と主張する文書を近く公表することが21日、関係者への取材で分かった。
文書では「金銭的な問題はすべて解決済みであることを確認した」と記している。

「相応の対応をするべき」と要求された秋篠宮さまの言葉に、小室さんが文書で
説明する運びとなった。小室さん側が金銭トラブルについて説明するのは初めて。

秋篠宮さまは昨年11月の誕生日会見で、トラブルを念頭に「多くの人が納得し喜んで
くれる状況にならなければ、婚約に当たる『納采(のうさい)の儀』を行うことはできません」
とし、「2人が結婚したいという気持ちがあるのであれば、相応の対応をするべきだ」と
要求されていた。

関係者によると、眞子さまと小室さんの結婚の意思は固い。
眞子さまも文書の公表を把握している。

小室さんは文書で「私が明確な説明をしなかったことで多くの方々に迷惑を掛けた」
「元婚約者からの支援には今も感謝しており、今後は元婚約者から理解を得られる
よう努めたい」と訴えている。

小室さんに近い関係者は「『相応の対応が必要』と述べた秋篠宮さまの発言に応えた形だ」
と説明する。昨年2月の婚約延期発表からまもなく1年となることも、文書公表に踏み切る
一因となったという。

文書などによると、佳代さんと男性は2010年9月に婚約。約2年間の婚約中に金銭支援を受けた。
12年9月に男性から婚約解消の申し入れがあった際、佳代さんは清算の意向を示したが、
男性が応じなかったと主張している。関係者によると、借用書は作らなかった。

その後連絡がなかったが13年8月ごろ、男性から返済を求める手紙が届いた。
佳代さんは専門家に助言を求めた上で男性と会い「要望には応じかねる」と回答。
男性は「専門家に相談し何かあれば連絡する」と答えたが、その後連絡は再び途絶えた。
小室さん側は近く男性に協議を求める考えだ。

眞子さまと小室さんの婚約内定後の17年12月に週刊誌が、佳代さんに約400万円の
金銭トラブルがあると報道。
宮内庁が18年2月、2人の結婚関連の儀式を20年まで延期すると発表した。
元婚約者の男性はこれまでの共同通信の取材に「あげたつもりではなかった」と話していた。
小室さんは昨年8月に米国の弁護士資格取得を目指して渡米、留学中。(共同)画像・記事日刊スポーツ




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い、多忙、疲れている時はコメ返しを省略することもあります。
*別館はリンクコーナーにあります。


コメント

  1. りすこりん より:

    はじめまして。
    小室Kの眞子さま、いや皇族への執念に寒気がします。

    恐らく、母子家庭の小室母子は親戚や周囲の人間に父親たちの死因の事などで蔑まれ、悔しい思いを募らせて生きてきたのかな…。

    そこへ皇族のお姫様の眞子さまとのご結婚話。
    それはもう見返すことができるとすがりついたのでは?

    眞子さまには「日本中に名前も顔も晒されて、日本中から非難をあびているけど、君のためなら耐えることができるよ。いっしょにがんばろう!」とか?甘いことを言われているのでは…?

    としか、思えないです(涙)

    眞子さま、もう皇室離脱してほしいです…。

  2. あや より:

    はじめまして。
    先日英国のメディアで記事になったから慌ててこんな文書を発表したのでしょうかね。

    KK親子の胡散臭さについては広く認識されていると思うのですが、私はやはりどうも秋篠宮家が裏でいろいろと働いたのではないかと思えて仕方がありません。特にKKの現在の留学について。
    いくらコネがあるとしても、このKKが一人でVIP留学をセッティングできるとは思えません。
    黒幕は秋篠宮家なのではと、、、
    KKにいろいろと手をかしているでしょう?と。
    同じタイミングで大嘗祭の費用について意見をいうのはなぜ?とか。

    つまり秋篠宮家はこのままKKの結婚話を進める気なのでは?とか。

    女性宮家創設の話も同じタイミングで話題になっているし、、、。

    とても嫌な感じがします。そうならないよう祈るばかりですね、、。

    眞子さまについては、「なんてことをしてくれたんだ」という気持ちです。
    皇族の責任ということを考えてほしかった。

    しかしそれ以上に、身元調査もせずにこの二人の結婚を認めた秋篠宮家に最も重大な責任があると思います。

    KKにかけた費用(税金)を、一覧にして国民に開示してほしいくらいです。
    結局皇族は、税金といえどもいろいろといいように私用に使っているのですね。溜息がでます。

  3. ももた より:

    この件でうんざりしてしまうのは、眞子様一人が暴走して婚約内定までいったとか、皇室がただの騙された被害者だとは思えず、皇室の現状に落胆するしかないことです。
    この騒動の登場人物の誰にも感情移入できません。

  4. ママリン より:

    このようなコメントが…もう絶句ですね。美智子さまも目にされているのでしょうか?天皇皇后両陛下はどのようなお気持ちでこれをご覧になったのでしょう。私がこのような気持ちになるのですから両陛下は…絶句ですね。このような人間がいることが信じられません。この先どんなバチが当たるのやら

  5. 白雪山羊 より:

    mayuさん、こんにちは。
    記事更新ありがとうございます。
    風邪を引いていて、昼過ぎまで寝ていました。
    先程ニュースで知り、体調が悪化しそうです(涙)。

    ただ、昨日両陛下がご静養に葉山に入られたと聞き
    「何か発表があったりして」とうっすらと思ってはいました。そろそろ延期の発表から一年経つし。

    でも、何なんだこれ。と言う感じです。
    心配かけてる、とあるけど本当に心配かけてると思っているなら
    もっと早く説明するはずです。

    何故今?しかも本人はアメリカに居て勉強しているから、温かく見守れって?(出来ません(怒))
    この説明の仕方で、納得する人居るのでしょうか?
    まとまりのない文章で申し訳ありません。

  6. さくら咲く より:

    ただの「ひなどりの恋」であることは、ご本人以外すべての国民がわかっているのに…。国民がどれだけ反対しているかをどうすれば知っていただけるのでしょう?署名運動などは意味がないのでしょうか。

    眞子さま、お願いです、目を覚まして!!

  7. 東海道膝栗毛 より:

    まゆさん、皆さん、私も同じ、暗澹たる気持ちです。
    いや、日本国民の大多数が同じ気持ではないでしょうか?
    yahooコメントも批判の嵐ですよ。他のニュースと比べても件数が圧倒的に多い。それだけ、国民の関心が高いのでしょう。

    なんで今更、言い訳するんだろう小室。と思いましたが、イギリスのタイムズ紙の報道が引き金では?

    日本のニュースなんか(秋篠宮の誕生日会見も)どうでもよいが、イギリスの老舗新聞に自分サゲ記事を書かれたら、NYの関係者が読むかもしれない。VIP待遇がなくなってしまう!!と慌てた。

    すべてが自己保身ですもの、この男。信用できません。

    やはり心配なのは、持参金以外にも、眞子様の信用力での借金や、税務調査の免除など。

    次の天皇の姪っ子、娘、姉と、ほかの宮家より、はるかに天皇に近い血筋は消すことができません。

    それを悪用し、怪しい団体などが小室家側について応援しているのでは、と思ってしまいます。

    今のうちに取りいって、今後 眞子様に名誉総裁などになってもらえれば、その団体はラクに銀行に融資して貰えます。また、返済不要の補助金も貰えるかも。税務調査だってほぼ免除、こんなおいしいことってありますか。
    これが皇室特権ですよね。

    利権の話です。愛、とか、恋、とか幸せ、とかそんな次元の話ではない。

    だからこそトラブルを起こす人を近づけてはいけないのではないです。

    小室圭は、トラブルメーカーです。

    yahooコメでも、羽賀研二みたいって書いてありましたけど、胡散臭い人は、どこまでいっても、いくつになっても胡散臭いんです。

    ここは、破談で。
    それ以外受け入れられない。

  8. さり〜まま より:

    yahooニュースの記事に、以下のコメントをしました。
    文字制限があるので、説明不足、言葉不足な所もあります。

    ******
    なんとまあ、人たらしな、よく出来た文章ですね。
    ただ、真偽のほどは、検証する必要があるでしょう。
    もしこれが事実であるならば、秋篠宮家への説明として、すでに週刊誌で報道されていてもよかった内容です。
    誤解を解くために、早々と公表すべき事であって、ここまで待つ必要はなかったです。
    そこからしておかしいですね。

    そもそも、皇室は、「誠実さ」を求めています。
    問題が明るみになった時、当事者への、結婚相手やそのご家族への、こう言った方達へに誠実な対応を、彼は全くしてきませんでした。
    おまけに、何の説明もなく、アメリカ行きを決め、行ってしまった。

    借金問題そのものも問題ですし、この一連の不誠実な対応で、今更説明し、その説明がほぼ事実であっても、受け入れられる状況ではないですよ。
    ******

    ラッキーさんのおっしゃる通り、借金が片付けばいいと言う問題ではないのです。
    もはや、その段階ではないのです。
    問題発覚時に、誠実な対応をせず、トンズラする様にアメリカに行ってしまう。
    借金問題そのものも問題ですし、不誠実な対応もまた問題なんです。
    説明もした、アメリカで勉強していて将来の展望も見えてきた、秋篠宮様の条件満たしてるでしょ、って、まさか思ってはいないでしょうね?

    秋篠宮家のは、大きな不満は(この問題以外)ありませんが、と言うより、永年のお働きに感謝と尊敬ですが、この問題の対応だけは、不満だらけです。
    問題をうやむやのまま、次代を迎えるのは、日本人の心情として、受け入れ難いと思います。
    どう転ぶにしろ、きちんとした説明が欲しいです。

  9. かおちゃん より:

    初めてコメントします。

    眞子様は結婚の意志が固いということですが、眞子様がはっきりと国民に対して自分の意思を示されたわけではないので、信じたくはないというのが本音です。
    「恋愛は個人の問題、結婚は家の問題」この言葉の意味が分からない歳でもないでしょうに。
    小室やマスコミが眞子様を利用し、秋篠宮家を攻撃しているならまだしも(それも問題ですが)、眞子様が己の立場を鑑みずの行動だとすれば、ご両親のご苦労を間近で見ておきながらなんてことをするんだと叱り飛ばしたい気分です。

    眞子様が自らの意思を表明されたわけではなく反日マスコミの報道なので、見極めが肝心ですね。

    それにしても、この男のどこに魅力があるというのか。

  10. やしま より:

    お昼のワイドショーで、皇室通の神田氏が「秋篠宮殿下には何もお伝えしないで、いきなりこういう文書を出してくるのは非常識」のような怒りのコメントで、誰からも反論は出ませんでした。

    私思うに、上記の文章って、K氏が秋篠宮ご夫妻が釈明を求めるたびに言ってきたことじゃないかと思うんです。秋篠宮ご夫妻、特に紀子妃殿下が納得しないので「妃殿下は帰国子女だから日本語わからない」って言い放った、その内容がまさにコレだったのでは。
    これは、全く普通の常識人には通じない文章です。紀子妃殿下がわからないのは当たり前のこと。わかるのはK母子と眞子さまだけじゃないっすか?

    ジャガーさんが以前「余りにもトンデモなことを言い張り続けるから、皆が引く。引いたら『やっぱり自分たちの言っていることは正しかったんだ』」とK母子は自分勝手に解釈する。それの繰り返し。って言ってましたが、今回もまさにそれ。

    しかし、ことK氏関連については、婚約も留学も文書発表も、いつも唐突ですねぇ。
    巷では羽賀氏のことがまた浮上してましたが、K氏は「大劣化版羽賀」だと。あのくらいお面がよければ、フラッと来るのはわかります。けど、あの母親付しゃくれ顎四頭身男を「私の太陽」って思える眞子さまの審美眼はどう見ても不思議なんですけど・・美術がお好きなんですよねぇ?

  11. ラッキー より:

    mayuさん、大変です!
    元婚約者が借金は解決していないと反論してきたそうですよ。
    母が月1,2万ずつ返しますと言うのを、それでは少ないから再考して下さいと言っただけだそうです。

    もうメチャクチャです、こんな泥試合まみれで、皇室の皆さん本当に倒れてしまわないか心配です。

    昨日まで、テレビを騒がしてた誠意大将軍の羽賀研二そっくりだなーと思ってしまいました。

  12. メープル より:

    まゆさん、再度すみません。居ても立ってもいられません。

    小室kに言いたい。眞子さまは騙せても、国民は騙せないぞー!!

    天皇皇后両陛下、秋篠宮両殿下のお気持ちを考えると、なんだか本当に切ないというか、お労しいと言うか、80も過ぎてから大切な孫のことで心を痛めたくないじゃないですか。

    こちらはもう夜なので寝ます。このまま破談に繋がって行くことを祈るばかりです。

  13. 初子 より:

    mayuさんこんにちは

    お正月から以降、報道で見る眞子さまのお顔つきが怖いと内心思っていましたが、やっぱりなと思いました。

    小室親子につける薬は無いですね。
    皇室を見てる私ら一般人からの、雅子サマは悪くない、美智子サマは素晴らしいと、そう決め込んで語ってくるコメントもあるかと思いますが、主観はそれぞれで、そう思い込んでいる方はもうそうとしか見えないのだと思います。

    違う見方が出来ないし、違う可能性も受け付けない。
    眞子さまは残念ながらこの状態なんでしょうね。
    親が苦言を呈したことをクリア出来たとしか思っておられないのだろうと。
    なかなかにキツイ娘さんだ。
    小室さんのコメントも、自分たちに都合の良いことしか言ってないけど、公表したんだから良いでしょ的な気持ちなのかな。
    暗澹たる気分です。

  14. 狗児 より:

    mayuさん、こんにちは。
    謝罪文アップして下さり、ありがとうございます!
    あれだけ「贈与」と主張していたのに、
    「こっちは返すと言ったのに、相手が返さなくて良いと言ったから返さなかった。今更返せと言われても知らない。」という理屈にすり替えた訳ですね。
    最初は返すつもりだったというのなら、返しなさいよ、と思いますよね。矛盾しています。結局そのつもりなかったっていうことじゃないですか。弁護士になろうかという人が何を言ってるんだか。これだけ双方の主張が対立したら裁判でもしたらよいのですよ。

    さて、今頃なぜこんなものを出して来たのか?について、ヤフコメで「タイムズに書かれて、フォーダム大学から説明を求められたからじゃないのか」とありましたが、私もそう思います。でもフォーダム大学だって、法律家を育てている訳ですから、きっとこんなんじゃ納得しませんよね。
    まあ、ますます批判の声が強くなり、秋篠宮殿下がおっしゃる多くの人に祝福される状況は実現しないと思います。

  15. いちごラムネ より:

    mayuさん、早速の記事アップありがとうございます。

    もうホンマにアカンわ。
    KKの文書の内容には期待なんてしてませんでしたが(どうせ自分たちの正当化しかしないにきまってるのだから)、眞子さんの結婚の意思が固いというのは…。

    酷いことを言うようですが、もう皇室から追い出すしかないと思いますよ。もちろん、一時金なんてナシです。
    結婚を認める唯一の方法がこれでしょう。

    秋篠宮様、とりわけ紀子様はショックでお倒れになるのではないでしょうか。おいたわしい限りです。

  16. ラッキー より:

    おはようございます。私も朝からドキドキが止まりません。
    今朝ハッキリと分かった事は、眞子さまの結婚への決意が強いと言う事実ですね。
    私もかなりショックです。

    この記事だけを読むと、借金が片付けば文句無いでしょ?と言わんばかりで、全然分かって無いと思います、この人は。

    朝のワイドショーでも皇室の親戚?の竹田さんが、これじゃあ納得出来ないし、記者会見やって欲しいと言ってましたよ。

    とりあえず文書を待ちましょう。

  17. メープル より:

    まゆさん、早速の更新ありがとうございます。

    「姉さん、事件です!」ですね。英国王室顔負けのスキャンダルですよ。

    これはもう小室kの悪あがきだと思います。こんな言い草で、秋篠宮さまがおっしゃる国民の祝福が得られるわけがありません。

    まゆさんがおっしゃるように、この人が出て来た瞬間から国民の祝福は無理だったんです。それなのに、それなのに、眞子様、本当にどうされたんでしょう。

    この文書公表でまた宮内庁に反対抗議の電話が増えるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました