絢子さま 結婚式 守谷慧さんと明治神宮にて*結婚式前と結婚式後の会見動画

高円宮家

絢子さま 守谷慧さんと明治神宮で結婚式 

絢子さまご結婚おめでとうございます。
東京は晴天の結婚日和でなによりでした。
絢子さまは本当に何もかもスムーズでお天気まで良くて
祝福された結婚なのですねぇ。
テレビのニュースで絢子さまが明治神宮に到着する様子を見ましたが、
お出迎えする守谷慧さんが本当に嬉しそうでした、絢子さまもにこにこ笑顔でお二人ラブラブ~なのが
よーくわかりました(^^)降嫁する皇族の結婚でこんなにラブラブな結婚は初めて見ました。
絢子さまの小袿は宮中三殿拝礼の時とは違う、クリーム色に赤い模様(わかりません)
をあしらったものでとてもよく似合ってとっても可愛かったです(^^)
姉の承子さまはピンク色の振り袖を着ているのがチラッと見えました。
式が終わったあとに2人の記者会見があるそうです。
こちらの投稿は随時更新します。

高円宮妃久子さまに見送られ、高円宮邸を出発される高円宮家の三女絢子さま=東京・元赤坂で2018年10月29日午前10時18分(代表撮影)

高円宮邸を出発される高円宮家の三女、絢子さま=東京・元赤坂で2018年10月29日午前10時19分(代表撮影)

明治神宮に到着された高円宮家の三女絢子さまと守谷慧さん=東京都渋谷区で2018年10月29日午前10時34分、和田大典撮影

明治神宮に入られる高円宮家の三女絢子さまと守谷慧さん=東京都渋谷区で2018年10月29日午前10時35分、和田大典撮影

クリーム色の袿の模様がわからないので拡大してみました。つがいの鸚鵡(オウム)のようです。
画像出典 毎日新聞・朝日新聞 下に動画をアップしました。にこやかな2人です。





高円宮家の三女絢子さま(28)と日本郵船社員の守谷(もりや)慧(けい)さん(32)が
29日午前、東京・代々木の明治神宮で結婚式を挙げた。
女性皇族の結婚は、2014年の高円宮家の次女千家典子さん以来。
式終了後の午後には港区役所に婚姻届が提出され、絢子さまは「守谷絢子さん」になる。
式に先立ち、東京・元赤坂の高円宮邸では、守谷さんの使者が絢子さまを迎えに行く
「入第(じゅだい)の儀」が行われた。午前9時半ごろ、守谷さんの使者を務める親族の男性医師が
「本日のよき日にあたり、ご機嫌麗しく恐悦至極に存じます。ただいま、絢子女王殿下をお迎えにまいりました」
と述べ、絢子さまが「ありがとうございます」とこたえた。
「入第の儀」のため、高円宮邸に入る守谷さんの使者=29日午前9時16分、東京・元赤坂、代表撮影
父の故・高円宮さまの肖像画が飾られた部屋で、母の高円宮妃久子さまが見守る中、
絢子さまはおすべらかしの髪形で、三笠宮家から借りた袿袴(けいこ)を着用して臨んだ。
その後、宮邸の玄関で久子さまと姉の承子さまに見送られ、車で結婚式場へ。
午前10時半ごろ、明治神宮に到着した絢子さまは、守谷さんに出迎えられてともに一礼して鳥居をくぐり、
集まった友人らに見守られながら、一般の人々からの「おめでとうございます」との声や拍手に笑顔で応えていた。
結婚式は午前11時半から神楽殿で行われた。式の後、お二人は仮殿を参拝し、記者会見に臨む。

絢子さまと守谷さん結婚式後の記者会見動画と 両家の感想

 

守谷慧さん、スタイルが良くてモーニングが似合っていましたねぇ。
絢子さまは衣装を変えたようです。こちらは宮中三殿礼拝で着用した衣装と同じかな。
どちらも三笠宮家からお借りした衣装だそうですが、よくお似合いです。

高円宮家の三女絢子さま(28)と守谷慧さん(32)は29日、
結婚式を終えた後、報道陣の取材に応じた。
絢子さまは「明治神宮に多くの方にいらしていただき、ご祝福をいただきまして、
何と幸せなことなんだろうとかみしめております」と笑顔を見せた。
守谷さんは「二人でしっかりと手を取り合って、前を向いて笑顔の絶えない
家庭を築いてまいりたい」と話した。【高島博之】

久子さま

本日、滞りなく結婚の儀が終わり、安堵(あんど)いたしますとともに、
多くの方々に祝福していただきましたことに感謝申し上げます。
絢子は幼い頃より自分の家庭をもつ日を夢に描いてまいりました。
親として、今日まで、独り立ちする日に向けての準備期間と捉えて育ててまいりましたが、
これからは親元で過ごした年月よりはるかに長い時を守谷家の一員として生きていくことになります。
二人で多くの喜びと幸せに満ち溢(あふ)れる、良き家庭を築いてくれるよう願っております。
これから始まる新しい生活に馴染(なじ)んでいく中で、絢子には、今までお世話になった
方たちへの感謝の気持ちを忘れることなく、いままで経験し、学んできた様々なことを糧に、
家族のため、社会のために力を尽くしてほしいと思います。
最後に、本日の式に至るまで、お世話になりました大勢の方々に、心より感謝の意を表します。

守谷治さん

本日、明治神宮にて結婚式が滞りなく執り行われましたことに安堵するとともに、
大きな喜びを感じております。
これまで多くの方々にお世話になりこの日を迎えることができました。
たいへん感謝いたしております。今後二人が温かい家庭を築き、末永く幸せに暮らす
ことができるよう願っております。
本日の結婚にあたり祝福をいただきました多くの方々に心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。
記事毎日新聞





【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。
*別館はリンクコーナーにあります。


コメント

  1. 京都府民 より:

    いつも、楽しく拝読しております。
    クリーム色の御召し物、”向かい鯛”という吉祥の柄のように、御見受けしております。
    TV番組でも、そのように、説明していたようです。
    本当に、微笑ましいお二人で見ている側も嬉しい気持ちになります。

    某掲示板では、散々な言われ様な最近の皇室ですが、こうした伝統的な装束や儀式を拝見していると、日本の良さを改めて感じます。守谷さんのモーニングも素敵ですが、衣冠束帯も、ちょっと見て見たかったかも!?なんて思っています。

    • mayu より:

      京都府民さん

      クリーム色の袿「向かい鯛」ですか?
      私、海外サイトに載っていた大きい画像を更に拡大してブログにも載せましたが、
      どうみても トサカと口ばしと足が見えるのです。鱗じゃなくて羽にも見えるし。
      見る人によって、鸚鵡と鯛に見えるのかしら ((((゚Д゚))))

      某掲示板が最近分からなくなりまして(^^;) 御一行さまでしょうか。
      コスプレじゃない、本物の伝統衣装と儀式、良かったです。
      衣冠束帯は出雲大社宮司の千家国麿さんが着ていましたが、
      お公家さん顔の守谷さんも似合いそうですね。

  2. 白雪山羊 より:

    mayuさん、こんにちは。
    ブログ更新ありがとうございます。

    昨日は風邪で体調を崩して休んでいたので、
    ニュースで時々しか見られなかったのですが
    今日改めてゆっくり見て、こちらのオバハンも調子を取り戻して来ました(笑)。

    守谷さん、絢子さん良かったですね!お幸せに。

    記者会見から流れる様に早かったです。
    (その間、色々と唖然呆然としたり、血圧上がってるうちに…(×_×))

    今日は披露宴ですか。
    新郎新婦入場は典子さんの時の様になるのか?
    ちょっと緊張してきましたが(苦笑)楽しみにしています。

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      ボチボチ風邪引きが多くなりましたね。お大事にしてください。
      私は去年、かなり風邪を引いたせいか?今年はまだ大丈夫ですが
      かなり寒くなりましたから油断大敵です。

      昨日は守谷さんと絢子さんの微笑ましい結婚式で一日を終えたみたい(笑)
      今日は何だか怖いですよ~~(^^;)
      なんたって、皇太子と雅子(サマ)が披露宴に出てくるんですから。
      遅刻しないと良いのですが。
      また典子さんの披露宴の時のように新郎新婦と一緒に入場したりして。
      どんなドレスを着てくるのか?ヘアスタイルは大丈夫か?
      何かと話題提供する雅子(サマ)ですから。
      それと、秋篠宮ご夫妻、眞子さまも出席されます。
      今は明暗クッキリですが、早く決着をつけて再出発して欲しいです。

  3. 初子 より:

    mayuさんありがとうございます

    やっぱり良いですね。若い人の幸せそうなご様子。
    オバハンを素直な気持ちにさせてくれる良いご縁なんだと思います。
    それにここぞという時に相応しいお衣装を、代々受け継いで御召しになるのも、ザ皇室という雰囲気で良いですね。
    絢子さまのコメントを聞いても、可愛らしい方なんだと思いました。
    良いご縁に恵まれたから可愛らしいのか、可愛らしいから良いご縁が巡ってきたのかはどっちが先か?と思ってしまいますが、上手くいく時はいくものですね

    • mayu より:

      初子さん

      ホント、幸せそうな2人を安心して見ていられるのは
      オバハンの精神衛生上良いことです(笑)

      絢子さんの方が守谷さんにぞっこんなのかな?と思ったら
      意外や、絢子さんを出迎えた時の守谷さんの嬉しそうな表情に
      お互いラブラブ~なんだな、と思いました。
      絢子さんがどんどん綺麗になられたも、守谷さんの愛なのねぇ。
      交際期間も短すぎず長過ぎずでゴールインでした。

  4. メープル より:

    再びすみません。

    今気が付いたのですが、高円宮両殿下も絢子さまもカナダとご縁のある方でしたね。だからニュースになっていたのかもしれません。

  5. メープル より:

    まゆさん、こんにちは。

    今朝になってやっと絢子さまの結婚式の様子を知ることができました。本当にお二人ともお幸せそうで、こちらまで嬉しくなってしまいますね。

    絢子さまの袿の模様ですが、最初はお花かと思ったのですが、こちらのコメントを読んでみると、鸚鵡のようでもあり鯛の様でもあり、どちらにしても可愛らしい色合いで絢子さまによくお似合いだったと思います。

    絢子さまはお式を終えられて緊張が解けたのか、それともまだ緊張されていたのか分かりませんが、コメントで沈黙があってしまったのも、なんとなくご愛嬌で絢子さまの可愛らしさのひとつかもしれませんね。

    そうそう、なんと、こちらのお昼のローカルニュースで、絢子さまと守谷さんの結婚式の話題をしてたんです!黄色い袿姿と、赤の小袿、そして朝見の儀の時の絢子さまの映像が出てました。なんとおめでたいことなんでしょう。

    今夜の晩さん会も楽しみですね。眞子様も出席されるそうで、祝福される結婚ということについて何かしら気付きのようなものがあるといいですね。そうあって欲しいと祈るばかりです。

    • mayu より:

      メープルさん

      クリーム色の袿は拡大したところ、つがいの鸚鵡のようです。
      画像を載せましたので見てください。
      私も最初は赤い花かな?と思いましたが、鸚鵡とはねぇ。
      可愛らしい衣装が絢子さんに良く似合っていました。

      コメントの沈黙は質問を忘れてしまっての沈黙のようでした。
      慣れてはいても緊張したでしょうね。
      カナダでも放送されましたか、絢子さんの父親、故高円宮憲仁殿下が
      カナダのクイーンズ大学に留学、ナダ大使館のレセプションパーティーで
      久子さまと出会った、絢子さんもカナダに福祉関連でカナダに海外研修、
      いろいろカナダとご縁のある一家なので紹介されたのでしょう。

  6. すぴか より:

    mayuさんのブログはいつも中立的で好きです。
    秋篠宮擁護様のブログでは悲しみで更新もなく、絢子さまの素晴らしい様子は
    本当にマユさんありがとう~。

    さぞかし悔しいでしょうね~。眞子様ファンの皆さんは。
    でもこれが結果なのですよ。血税で贅沢する気まんまんの内親王様と
    しっかりと将来を考えて国民を幸せにしてくれる絢子様の、この違い。

    眞子様はいまだに小室さんが恋しくていらしゃるみたいだけど
    今日の素敵な二人をみて、何も思わないのかしらね~?
    貧乏で借金や詐欺紛いや援助交際何でもありだけど夢中なの(はあと)な状態の眞子様。
    国民のほうを少しだけ見てほしいものですね。

    • mayu より:

      すぴかさん

      私はただ皇室好きのオバハンで皇室ウォッチングしているだけなので、
      中立なのか、どうかわかりませんが、お目出たいことは素直に祝福したいです。

      秋篠宮ご一家ファンでも祝福されているブログもありますし。
      そりゃあ、私だって悔しいですよ。(ノ_・。)
      かと言って小室Kと結婚されるのも反対で、心中複雑です。
      相手が小室親子じゃなかったら、どんなに良かったことか。

      絢子さんの次は眞子さま、ダブルで慶事が続いたのに
      やっぱり小室Kじゃ駄目だと今回の絢子さんの結婚を見て思いました。

  7. YUKI より:

    守屋さん絢子様、おめでとうございます。いつまでもお幸せに。

    絢子様のドレスの胸元の金の刺しゅうが素敵ですね。夫が、これは物凄く高価なものではないかななんて言っていました。そう言えば、前にテレビで見たことがあるんですが、フランスに金の刺しゅうを専門にしている職人さんがいるんですが、普通の刺しゅうよりも技術が難しく、また糸自体もずっと高価なんですよね。洋服よりもタペストリーとかに多く使われているようでした。そのような刺しゅうであるのかどううかはわかりませんが、何れにしても素晴らしいものでお似合いでした。

    • mayu より:

      YUKIさん

      絢子さんの着ているドレスはローブデコルテで成年式で作られたドレスで、
      胸元の刺繍は職人さんが丁寧に1針、1針縫ったものじゃないかな?
      ミシンでガタガタ縫った刺繍には見えませんね(笑)
      フランス刺繍って有名ですよね、立体感があり綺麗な刺繍ですが、
      金での刺繍専門職人さんがいらっしゃるのですか。さすがフランス。
      フランスに王室があった時代にはドレスにも使われていたかもしれませんね。

      • YUKI より:

        多分、今でも、シャネル、Dior等の高級ブランドのプレタポルテ、オ-トクチュ-ルでは使われていると思います。とんでもないお金持ちのお嬢様たちが世界中にはいるんですよね。

        • mayu より:

          YUKIさん

          やはり使われていましたか、ファッションの先端をいくフランスらしいわ。
          欧州王室もお買い求めしていそうですよね。

  8. 狗児 より:

    絢子さま、おめでとうございます!
    本当に微笑ましい2人ですね。
    絢子さま、クリーム色?のお着物が爽やかでよくお似合いです。お話の仕方や雰囲気に育ちが良い方特有の可愛らしさが滲み出ていますね。下げようとする方は妬ましいだけなんでしょうね。幼馴染の女性もインタビューに答えていましたが、さすがしっかりされていて上品と思いました。守谷さんも好青年で、相思相愛、絵に描いたような幸せな結婚ですね。

    ヤフコメ見て来ましたが、また例によって…沢山書かれていましたが「比べるのも失礼」というのが一番の正解でしょうね。
    眞子さま、お辛いでしょうが、今日のことで考え直して欲しい。決して差別をしたい訳じゃないですが、皇族が交際できる人の層って限られていますよね。

    • mayu より:

      狗児さん

      絢子さんは今まであまり目立たなかったのですが、婚約内定会見の時、
      今日の結婚式後の会見を見て、意外としっかりしていると思いました。
      練習はしたでしょうけどね(^^;)
      何よりも、絢子さまがどんどん綺麗になって平安朝衣装、おすべらかしも
      似合って可愛かったですねぇ。ぽっちゃりは可愛いものです。
      守谷さんの笑顔に安心しました、モーニングも似合っていましたね。

      ヤフコメ、少し見ましたが眞子さまがお気の毒でした。
      小室Kの罪は大きいですよ~~内親王にプロポーズなど身の程知らず、
      眞子さまは小室Kの手の届かない高根の花なのに。
      秋篠宮ご夫妻、眞子さまには皇族の結婚とは国民が祝福される方と
      ご縁を持つものだと考えて欲しいです。

      明日は皇太子夫婦も参加の披露宴、出席する方々が疲労しないと良いのですが。
      こちらも楽しみです(^^)

      • 狗児 より:

        何度もすみません。
        絢子さまは「元皇族として両陛下をお支えしていく」って仰ってましたね。その言葉に感動しました。使命感を持って誇り高く生きていかれるんですね。馬之助さんも書いていらしたように一生皇族は皇族なんですね。

        その一生の大部分で絢子さまがお支えになるのは次の両陛下…うーん(*_*)とは思いますが。。
        初っ端から披露宴を気を使わせ過ぎる「疲労宴」にしないようにしていただきたいものです。

        • やしま より:

          「疲労宴」
          ^(ノ゚ー゚)ノ☆パチパチ☆ヾ(゚ー゚ヾ)^

          吹き出しちゃいました(笑)

          典子さんの披露宴のときは、大遅刻の雅子さんご一行様を途中でご案内の新夫妻。まさに疲労宴でしたね。

          • mayu より:

            やしまさん

            また新郎新婦と一緒に入場するのではないか?と気を揉んでいます。
            それと秋篠宮ご夫妻と眞子さまも出席で、これはお気の毒ですが
            なんとか皇族の結婚とはかくあるべきと考えて欲しいですね。
            こっちが疲れてきましたーーー((((゚Д゚))))

        • mayu より:

          狗児さん

          絢子さん(今日から、さん付け)元皇族として両陛下をお支えしていく、
          との言葉もイザ結婚すると何かと多忙で口だけかもしれませんが、一応
          元皇族には変わりなく、皇族とは縁が切れないものですね。
          庶民でもどんなに嫌でも、特別な事情で裁判を起こさない限り
          親兄弟の縁が切れないのと同じかな。

          今日の披露宴には、皇太子夫妻と秋篠宮ご夫妻、眞子さまも出席。
          なんだか疲れそう~~マジで疲労宴にならないと良いのですが。( ゚Д゚)

          • 狗児 より:

            mayuさん やしまさん
            私のしょうもない駄洒落で笑って下さりありがとうございます。
            そうでした。気を遣う相手は皇太子夫妻だけではなかったですね。やれやれ…

  9. やしま より:

    【訂正でーす】

    「つがいの鸚鵡紋様」

    らしいでーす

    • mayu より:

      鸚鵡がオウム、書けと言われても書けない、読めない、難しい~♪

      • やしま より:

        ごめんなさーい。私の早トチリかも。どう見ても「鯛」ですよね。もっとよく調べてきますね。

        それから守谷さんが持っていたシルクハットが高円宮殿下のもの。また、今回お召しになられたお着物は、全て貞明皇后から百合子妃へ贈られたものを、姉の典子さんのとき着て、また絢子さんが着てという、みごとな着回し!
        「爽やかな秋晴れ。天も祝福」って本当にそうでしたね。あの明治神宮を歩いていくの、土砂降りとかだったら大変ですもん。
        「幸せな結婚」を絵に描いたような、そして歴史も見せてくださるという素晴しいご婚儀でした。
        お二人とも幸あれ!ですね。
        (それから、見送る承子さんの振袖もよかったですよ。早くご降嫁できるといいですねぇ。カレシはいるんですもんね。メガバンクのシンクタンクとか。いいじゃないっすかね。圭氏に比べれば、日本人ならば大体誰でも良いという、今の雰囲気ですから、結婚がんばれ!つぐちゃん!)

        • mayu より:

          やしまさん

          私も気になって拡大してみました。
          やっぱり赤い鸚鵡のようです。鯛のように見えましたが
          口ばしが見えるので、つがいの鸚鵡でしょう。

          貞明皇后から百合子さまへ贈られた衣装でしたか。素晴らしいですね。
          そしてこの柄、模様というべきか、センスのよいこと!
          そうですね、土砂降りだったら大変でした。
          秋晴れの良いお天気で、2人の様子もバッチリ見られました。
          承子さまの振り袖、ニュースで見ましたが初めて見る振り袖かな。
          ピンク色の良い振り袖でした。三笠宮系列は良い着物を持ってますね。
          噂になったメガバンシンクタンクの彼氏と、良いと思いますが・・・
          小室Kに比べたら定職についているだけで良くなって見えてしまいます。

  10. いちごラムネ より:

    mayuさん、こんばんは
    記事のアップありがとうございます。

    守谷さん、絢子さん、本当におめでとうございます。
    絢子さんを迎える守谷さんが笑顔で、本当に嬉しそうでしたね。

    送り出される久子さまも笑顔でお喜びのご様子でした。宮様がいらしたら、さぞお喜びになられたでしょうね。宮様亡き後、久子さまはお一人で頑張って来られて、少し肩の荷が下りた、というところでしょうか。

    ご家族や近い方々、そして国民も「本当に良かった、おめでたい」と思える結婚こそ、皇族の結婚のあるべき形ですよね。

    そして、どうしても眞子さんは…と思ってしまいます。
    秋篠宮殿下は今日の結婚式をどう思われたのでしょうか。
    皆に祝福され、何の妨げもなくスムーズに進む結婚とゴタゴタしっぱなしで次々に問題が起きる結婚との違いを嫌と言うほどお感じになったのではないでしょうか。

    • mayu より:

      いちごラムネさん

      ニュース、ワイドショーを見ると、絢子さまは少し緊張されていたようでしたが、
      出迎えた守谷さんが凄く嬉しそうで、うわわ~~良いわ~♪
      オバハンも嬉しくなりました(笑)
      久子さま、3人娘がいて1人1人お嫁に出して少しづつ肩の荷が降りて行きますね。
      良い意味で結婚を「片付く」と言うことがありますが、1人片付いた~(^^)
      あと1人承子さまが残っていますし、千家典子さんの心配もありますが、
      絢子さんと守谷さんは結婚生活も上手くいくでしょう。

      秋篠宮ご夫妻、眞子さまの心中を思うと複雑です。
      絢子さんの結婚があまりにもスムーズで、相手次第なんだなと、つくづく思いました。
      絢子さんの婚約から今日まで明暗クッキリですね。
      眞子さまには辛いだろうけど、決断して欲しいわ。

  11. やしま より:

    「『えーとえ……と。。え~と。次のセリフが出てこない、どうしましょう(汗)』あ、ごめんなさい。(思い出しました!)」
    の一連の流れ、ほほえましくて、かわいらしかったですよ絢子さん!

    出会いは見合いかもしれない。でも慧さんに対して、「本当の恋」をなさったのですよね。恋はやがて愛情という形で暖かい家庭をはぐくまれていくと思います。
    小学生時代にお父様を亡くされた絢子さんは、「頼れる男の人」がそばにいてくれる幸せを望んでいたのだろうなと思います。
    ステキなご夫婦になられると思います。
    心から嬉しく思いました。

    ちなみにお召しものの柄は「タイ」かなと思うのですが、いかがでしょうか。(私も疎いもので、本当のことを知りたいです)

    • mayu より:

      やしまさん

      見合い恋愛という言葉が昔ありましたが、お見合いから
      意気投合して恋愛感情を抱いて結婚、このパータンですね。
      久子さまが紹介した方なので当然身元もしっかりしていて、
      何より2人が終始、笑顔で微笑ましくニュースを見ました。
      守谷さんも皇族から庶民になる絢子さまを「自分が支える」と
      とても頼もしいお言葉で、愛し合ってるんだな~~
      清子さん、典子さんには見られなかったラブラブ振りでした。
      やっぱり皇族は国民に祝福されて結婚じゃないと駄目だわ~

      赤い模様はつがいの鸚鵡(オウム)だったのですか。
      検索してみたら打掛にも使われるとか、お目出たい模様なのですね。
      花のように見えたりで分かりませんでした。
      ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました