チャールズ国王の戴冠式 来年5月6日に決定 日本からは誰が行くのか

王室

チャールズ国王の年齢から期間を置かないで戴冠式を行うだろうと予測していましたが、来年5月6日に決定しました。イギリス国民の物価高騰に直面していることを考慮して、規模を縮小して行われる見通しとのことですが、カミラ夫人の戴冠式も一緒に行われ絢爛豪華な式典になるでしょうし、ヘンリー王子とメーガン妃の立ち位置は?とか、日本からは誰が行くのだろうか?などいろいろ楽しみです。

エリザベス女王の戴冠式では皇太子だった上皇陛下が、昭和天皇の名代として出席されました。皇太子と同等の秋篠宮ご夫妻が出席されるのが妥当だとは思うのですが、令和は天皇皇后両陛下の都合よく動くようになっているのでおそらく天皇皇后両陛下が出席されるのでは?

女性自身が愛子さまを戴冠式に出席させて海外デビューの記事を出していましたが、私個人の考えでは愛子さまお一人での戴冠式へ出席も良いと思っています。(私個人の考えなので批判しないでください)

日本の恥さらしを心配される方もいるでしょうが、過去に散々恥ずかしい思いをしてきたので慣れました。別に私個人が恥ずかしいワケでもないし、ご両親より立派に務めるかもしれませんし愛子さまは未知の人なので、戴冠式という大きな儀式での海外デビューは怖い物見たさで見たいです。はい。

天皇皇后夫妻が出席したいと熱望するかもしれませんね。戴冠式の前には晩餐会もあるでしょうが、この時は病気療養中の雅子さまは安定の儀式に備える為に体調を整える、よってまたまた天皇陛下一人ぼっちの晩餐会出席。 これではまた他の王族にひっつく可能性も大いにあるので、いっそのこと天皇陛下と愛子さまの2人での出席も良いですね。

ドレスはローブデコルテ。雅子さまだと袖付きのなんちゃってローブデコルテになるのですが、愛子さまには首出し、肩出し、背中出しの基本的なローブデコルテをお召しになって頂きたいです。若くて色白なのでお似合いになるでしょう。黒田清子さんからお借りしているティアラ、ネックレスがちょっとしょぼいけど、ドンマーーイ。

私は誰が行くのか椅子取りゲームの感覚で見ます(^^)



国葬前夜のレセプションでの写真です。ヘンリー王子夫妻は招待されませんでした。今後、イギリス王室は王族のタイト化を進め、国王夫妻、ウィリアム皇太子とキャサリン皇太子妃、ウェセックス伯爵夫妻(エドワード王子とソフィー妃)アン王女で公務に取り組まれるのだと思いました。ウィリアム皇太子には3人のお子さんがいるので、ヘンリー夫妻とそのお子さん2人は不要です。

デンマーク王室ではマルグレーテ女王が王室をタイト化するため、次男ヨキアム王子の3男1女の4人の子供たちから、王子、王女の称号を剥奪すると発表し、ヨキアム王子が女王に抗議し女王が謝罪したなどの記事が出ていました。(前妻に2人の男子、再婚相手のマリー妃に2人の子供)

長男のフレデリック皇太子にはメアリー皇太子妃が3回目の出産で双子を産み2男2女のお子さんがいるので、マルグレーテ女王には次男のお子さん4人を入れると8人の孫がいることになるんです。更にデンマークの人口約600万人しかいません。フレデリック皇太子が国王になる前に女王の代で英断したと思われます。

日本の皇室から見ると羨ましいほどの子沢山ですが、多過ぎるのも困るんですね。

英王室は11日、チャールズ国王の戴冠式を来年5月6日に、ロンドンのウェストミンスター寺院で行うを発表した。戴冠式は過去1000年以上にわたって行われてきた伝統行事だが、英国民が物価高騰に直面していることを考慮して、規模を縮小して行われる見通しだ。

73歳のチャールズ国王は、母であるエリザベス女王の死去に伴い先月即位した。イングランド王室は1066年に戴冠したウィリアム1世が開いた。チャールズ国王で41代目の君主となる。

1953年に行われたエリザベス女王の戴冠式は、華やかで豪華だった。チャールズ国王の戴冠式は、英国民の多くが物価高騰に苦しんでいることに留意し、規模を縮小して行われる見通し。カミラ王妃の戴冠式も併せて行われる。チャールズ国王は英国だけでなく、豪州やジャマイカなど14カ国の国家元首でもある記事出典 ロイター https://news.yahoo.co.jp/articles/3312faae044fb9ef2e29d975671082b7dc8574eb



コメント 【注意】既にコメントしている方に被らないハンドルネームを入れてください。匿名・名無し、通りすがりは承認できません。皇族方には敬称をつけてください。

  1. ミラージュ より:

    右衛門佐さん
    君主は他国の王の即位や戴冠式には出席しないのが慣例なんだそうですよ。
    オランダの即位式を思いだして下さい。
    参列していたのは皆様王太子でした。
    令和の即位の儀には国王が参列されていましたが、次代の王太子が未成年だからだと思います。
    今上夫妻は皇太子時代に2度即位式に出席しているのですから、ここは皇太子と同地位の皇嗣ご夫妻にお任せするのが道理に適うと、私は思います。
    でも、正しい道を進言出来る人物は皆無のようですから、またもや強いお気持ちが通って今上夫妻になるでしょう。

  2. 右衛門佐 より:

    mayuさん、こんにちは。

    此方のブログの様に秋篠宮一家応援や反対に天皇家応援ブログやら、色々見させて頂いております。

    チャールズ国王カミラ王妃の戴冠式が2023/5/6に行われるとの事で、日本から何方が出席されるのだろうかと逸早く噂されていますね。
    私は、天皇皇后両陛下のお二人が出席されるものと思っています。
    詳しくは有りませんが、欧州の王室でも国王の戴冠式には、他国の国王夫妻が出席されていませんか?
    令和になってから、今は亡きエリザベス女王から直々に国賓の御招待を受けたのも天皇皇后両陛下ですしね。
    愛子内親王や秋篠宮夫妻ましてや悠仁親王が出席されるのは、何だか違うのではと思います。

  3. ジマ より:

    mayuさん
    たくさんの記事更新ありがとうございました。
    やはりヨーロッパ王室の記事は気になりますね。

    チャールズ国王の戴冠式ですが、BBCニュースによれば、国家行事として行われ政府の費用負担となるので、招待客リストも最終的には政府が決定とのことです。
    ですので、日本側の希望がそのまま通ることは、今回は難しいのではと思います。
    御招待者の名前により、イギリスが日本の皇室をどう評価しているかもよくわかるかと思い、興味深いですね。
    私個人としては客観的に見物していたいと思いますが、愛子様のご参列があるとすればちょっと楽しみです。
    成年式のご様子からは気品もオーラも会話力もおありのようなので、案外無難にこなされるのではと思います。
    しかしそれには事前のご公務経験がもっと必要ですね。
    勿論大学に通われる必要もあります。人生で最も楽しく経験を積める大学生活を経験なさらないことなどあり得ないでしょう。コロナも下火。是非ご登校いただきたいです。

    最近佳子様のご活躍が目立ちますが、愛子様もお出になれば皇室が更に華やかになるでしょう。たまにはそういう皇室も見たいものです。

    私もダイアナ妃大ファンなので、カミラ夫人に皆様がちょっと拒否反応をしめされるのはわかります。
    しかし、チャールズ国王がペンのインクのことで、ご気分を害し騒がれた時に、うまくいなしていらしたカミラ王妃。
    ああ国王にはこの方がやはり必要なのだなとふっと思いました。
    エリザベス女王もその辺を考慮されて、王妃に推挙されたのではないでしょうか。

  4. 月の砂 より:

    mayuさん
    いつも素早い更新ありがとうございます。
    チャールズ国王の戴冠式、私はカミラさんが王妃になることが
    とても複雑な思いで見ています。
    戴冠式の日付は5月6日となり日本では連休となっております。
    国王のお子様二人はカミラさんを子供たちの祖母とは見ていないと
    この間ネットに書かれておりました。
    どこまでも自分たちの母はダイアナ妃しかいないという理由だそう
    ですが当然ですよね。
    自分達の母親を苦しめた人が王妃となるのは許せないと思います。

    さて、日本からの出席はやはり招待客が一人であれば皇嗣殿下。
    お二人の招待だったら皇嗣殿下ご夫妻が最も相応しいと思います。
    愛子様ではちょっと無理でないですか。
    でも候補に挙げている方もおられるんですね。

    同じ王族でもデンマーク女王のご決断は素早くきっちり
    ご自分の国の事を考えてのことと感心してしまいました。
    女王様のことを感心したと言うのも失礼ですが…。

    余談になりますが愛子さまの矯正なさる前の歯並びをこのブログで
    見させていただきました。
    矯正後の愛子様はとても笑顔が素敵になっております。

  5. やしま より:

    怒涛の更新、ありがとうございます。
    私は今回のチャールズ国王の戴冠式そのものより、ついに「カミラ夫人」が王妃となるのか、ということが感慨深いです。
    これも時代の流れでしょうし、時代背景も違うかもしれませんが、チャールズ陛下の祖父の兄、エドワード8世は、バツ2のアメリカ出身者、ウォリス・シンプソン夫人(当時)と結婚するため、退位しました。離婚歴のあるアメリカ女性が王妃なんて当時のイギリス全体で受入れがたいことだったのでしょう。
    時は流れ、これからのイギリス王妃はバツ1、前夫との子が2人いる女性です。この人の存在はダイアナさんを大変苦しめました。当時のことはよく覚えています。

    前天皇夫妻が海外王室の葬儀に慣例を破って参列したときも思ったんですが、慣例というのはあくまでも慣例にすぎないんだなぁ~と。これから何が起こっても驚かないようにしないといけないのかもしれません。

    今回ちょっと調べて驚いたつながり。シンプソン夫人が最晩年を過ごしたパリのヴィラ。そこは彼女の死後、モハメド・アルファイド氏が購入。そしてこの方こそ、ダイアナさんとともに事故死したドディ氏の父親でした。1998年、息子の死去とともに、この建物は売却されたそうです。

  6. マグノリア より:

    おはようございます。
    さまざまな意見が飛び交いとても勉強になります。
    いろいろな観点からお寄せいただいているお考えに対して否定したり、ネガティブな発言はお避けいただきたいです。(間違った意見は論点をはっきり述べましょう。)
    このような考え方もあるんだなぁと広い心で目を通していただきたいですね。(誹謗中傷はダメです。)

    イギリスの戴冠式は5月6日、いろいろ加味してできるだけ縮小されるようですね。
    「私は誰が行くのか椅子取りゲームの感覚で見ます。」mayuさん語録ナイスです。
    まずは何人参加か(一人という話も)、あと国葬でもありましたが順番はどうなるかです。
    私個人の希望は、やはり皇嗣殿下または妃殿下とお二人です。
    どうしても日本国の名目から愛子内親王は考えられないです。
    個人の話ですが、私はお勤めを長らくしていてしていて後輩から上司の尻拭いを沢山行いました。
    後輩はまだしも、自分より目上の方や上司の落ち度を補うことは並大抵ではありませんでした。
    まぁそんなこんなでしたが、本音はもし悠仁親王が成年を迎えられていたら候補にあげていただきたかったです。

    • Saki より:

      悠仁さまも候補に挙がっているというTwitter情報もありますよ。
      ちょうどGWの時期ですし、調整可能なのではないでしょうか。
      もちろん、皇嗣殿下ご夫妻とご一緒という前提だと思います。

      マグノリアさんの提言すばらしいですね。
      まさに異文化コミュニケーションの真髄だと思います。

      Mayuさんのお人柄なのだと思いますが、こちらのブログは知識も教養も高い方が集われており、末席を汚させていただき恐縮ですが、参加させていただけることに感謝です。

  7. わかくささき より:

    mayuさん、こんばんは
    チャールズ国王の戴冠式は誰が行かれるのでしょうかね。
    私の予想は、今上夫妻:秋篠宮夫妻=8:2(現在)位でしょうか。

    雅子様は、基本身体的にはお元気で、あとは公務から長く引きこもり過ぎてメンタル(極度の緊張)に自信がないのだと思います。で、考え過ぎると身体に不調が出るパターン。体調の波です。

    女王の葬儀は、規模的に初めての経験で予測が付かなかったので、様子見の本葬出席のみでした(外務大臣のレセプション参加は様子見の結果)。今回は弔問目的なので個人的な予定も入れられなかった。

    でも、戴冠式は大好きな英国⤴。西洋の戴冠式には出席経験がある⤴。他の行事も予想は出来る⤴。お友達?の王族も絶対いらっしゃる⤴。
    なら、私、行けます!
    今度は陛下が一緒ならレセプション参加もOK。予め予定が立てられるので、期間もゆっくり。序に外遊出来ちゃう?
    ってな感じではないかと想像してしまいます(私、意地悪かしら(笑))。

    今日、「プリンセス・ダイアナ」のドキュメンタリー映画を見てきました。
    ナレーションがない、ダイアナの婚約から葬儀までのニュース映像と市民の録画映像を編集したものでした。
    ダイアナ好きの私には殆ど見た映像ばかりでいたが、最後の葬儀の場面は25年経っても込み上げるものが有りました。
    そして時期的に、チャールズが国王になったのとカミラさんが王妃として戴冠されるのを思うと、なんだかなぁ…、と思ってしまいました。
    即位は予定通りだと理解していてもです。

  8. 牡丹 より:

    英国戴冠式、慣例どおりなら皇嗣ご夫妻。どうしても天皇家というのであれば、公務つまみ食い皇后ではなく天皇陛下と愛子さまの父娘で。
    ただ、愛子さまは公務の経験値がほぼゼロですもんね。公の場で社交力が必要な公務をしたことは無いので、話題の選び方すらわからないのでは?
    庶民は遠くから「イス取りゲーム」を眺めるだけですね
    デンマーク女王は思い切りましたね。すでに授けた孫王子孫王女の称号を剥奪…。生まれたときから称号無しならそのように育てたでしょうが、ある程度人格が形成されてから剥奪というのは、少々残酷な気もします。
    王族という身分に対する感覚が日本とは異なるのでしょう。
    日本でもかつては親王(内親王)宣下を受けなければ正式な皇族ではなかったそうですから、それに近いのかもしれません。

  9. 白雪山羊 より:

    mayuさん、記事更新
    ありがとうございます。

    戴冠式は日本ではGWですね。
    縮小するとの事で、どなたがご出席になるのでしょう。
    個人的に、あの肘付きはもう見たくないです(^^;
    (結構ショックでした)

  10. ミラージュ より:

    mayuさん、こんばんは。
    随分早く決まりましたね。
    当初噂されていた6月ではなく5月6日だと日本ではGWになりますから、首相は外遊の政府専用機をまたもや取り上げられてしまうことになりお気の毒です。
    ヤフコメでは天皇ご一家で参列されて下さいというコメントを多く見ました。
    縮小するつもりなのに3人も呼ぶ訳ないのがわからないみたいです。

    今上が慣例に従ってクラウンプリンスを派遣すれば済むことですが、前例に囚われないやり方が令和流だそうですから自分達が出張るでしょう。
    愛子様は未知数で、意外に立派に勤めるかもしれませんが、マニュアルどうりのことしか出来なくて結局回りに迷惑を掛けたり、心配かけたりとなりそう。
    ま、今上が散々やらかしてくれていますから欧州王室の皆様は温かく見て下さるかもしれませんね。
    でもやっぱり日本人としてそれは恥ずかしい~。

    デンマーク女王がご自分が悪者になって英断されたのは正しく君主ですね。
    後ヨロのどなたかとは大違いです。

タイトルとURLをコピーしました