小室圭さん不合格来年2月に再チャレンジ *愛子さま成年式は12月5日 ドレス姿で勲章も

皇室

小室圭さん 司法試験不合格 来年2月に再チャレンジと支援した所長に報告

昨夜から今日まで、小室圭氏の名前が合否を伝えるNY州司法試験委員会のHPに見当たらない、5791人が合格した、HPで公表された合格者は5785人。全合格者数と6人の差がある、その中の一人ではないか、などなど推測、憶測が飛び交いましたが、やっぱり不合格でした。

庶民だけど有名な小室圭氏の事なので、合格したら速報まで出ると思っていたので、合否を出さないのはほぼ不合格だろうと思いましたがやっぱりでした。 留学の生活費を支援してきた奥野法律事務所の所長にNHKがインタビューし、不合格確定、来年の2月に再チャレンジするそうです。それまでの生活費は眞子さんの貯金の切り崩しか? 眞子さんが働いて家計を支えるのか、それとも・・・・わかりません。

ともかく結婚したけど思い通りにいきませんが、考え方の若い二人には良い勉強になるんじゃないですか。月額80万円のNYのマンションは止めて、もっと安いマンションに格下げするかどうか。庶民が頭を抱える事の多い、お金のことについて眞子さんも直面することになるのかも。

小室さん「再びチャレンジします」留学支援した弁護士に伝える

秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さんと結婚した小室圭さんが、アメリカ・ニューヨーク州の司法試験の結果について、留学などを支援してきた弁護士に不合格だったと明かしたうえで、「再び試験にチャレンジします。努力を積み重ねていきます」と伝えたことがわかりました。

これは、小室さんが日本で勤務していた弁護士事務所の所長で、留学なども支援してきた弁護士の奧野善彦さんが、NHKの取材に対して明らかにしたものです。

奧野さんによりますと、30日午前、小室さんと電話で話した際に、小室さんが「今回の試験の結果は不合格でした。大変申し訳ございません」と述べたということです。その上で、「来年2月の試験に再びチャレンジします。努力を積み重ねていきます」と話したということです。

奧野さんは、この時、眞子さんとも話したということで、眞子さんは、「小室さんの話をそのとおりに受け止めています」と話し、小室さんの勉強を支えていきたいという趣旨の言葉も述べたということです。

ニューヨーク州の司法試験の合格者は、29日夜、州の司法試験委員会のホームページに掲載されましたが、小室さんの名前はありませんでした。小室さんは、ニューヨーク州のロースクールを卒業したあと、先月から州内の法律事務所で弁護士の助手として働いていて、現在は今月26日に結婚した眞子さんのパスポートやビザの取得といったアメリカに渡る準備を進めながら、東京都内のマンションで眞子さんと2人で生活しています。記事出典 NHKニュース https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211030/k10013328591000.html



愛子さま 12月5日に成年式の行事を行い新年祝賀の儀が初公務

眞子さんが皇室から出ていき、替りに愛子さまが成年になりいよいよ公務デビューすることになりました。ローブデコルテにティアラ姿になるのだろうか?と、心配しましたがドレス姿で勲章も授けられるとのことで、愛子さまの姿を見られるのが楽しみです。
ティアラの予算が無いとのことでしたが、美智子さまから譲り受ける可能性が大きいのではないでしょうか。 眞子さん、佳子さまのように新たに作られるよりも美智子さまから譲られるティアラは豪華ですよ~~(^^)

コロナ過を配慮して誕生日の祝賀行事や、成年の行事の日の夕食会は見送られるとのことで、まーーた秋篠宮ご一家とは真逆の天皇皇后夫妻のアゲアゲが始まるでしょうね。やれやれ・・・

ことし12月1日に20歳の誕生日を迎える天皇皇后両陛下の長女の愛子さまについて、宮内庁は、12月5日に成年の行事を行う方針を固めました。愛子さまは、ことし12月1日、20歳の誕生日を迎え、成年皇族となられます。

関係者によりますと、この日は平日で大学の授業があるため、宮内庁は、勉学などに支障の無い12月5日の日曜日に、愛子さまの成年の行事を行う方針を固めたということです。

愛子さまは、当日午前、皇室の祖先などをまつる宮中三殿を参拝され、宮殿で、天皇陛下から「宝冠大綬章」(ほうかん・だいじゅしょう)と呼ばれる勲章を授けられます。

そして午後、宮殿で、勲章などを身につけたドレス姿で、両陛下に成年のあいさつを行い、その後、上皇ご夫妻にもあいさつされるということです。一方で、12月1日の誕生日の祝賀行事や、成年の行事の日の夕食会などは、コロナ禍の状況が続いていることも踏まえ、見送られるということです。

また、成年にあたっての、愛子さまの初めてとなる記者会見は、年明けも含める形で日程の調整が続いています。

皇室で成年の行事が行われるのは、平成26年の秋篠宮ご夫妻の次女の佳子さま以来、7年ぶりになります。愛子さまは、来年元日の「新年祝賀の儀」への出席が、成年皇族としての初めての公務となる見通しです。記事出典 NHKニュース https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211030/k10013328571000.html



コメント

  1. フォーエバー より:

    mayuさん、おはようございます。

    2月に再受験といわれていますが、もう受験しないと思います。
    留学そして、卒業していたかどうかも疑わしい。

    30歳ですが、結局、無職なんです。
    無職で、皇族と結婚しました。

    そして、家賃80万といわれるマンションに住んでいます。

    なんなんですかね、これ。
    やってることが滅茶苦茶です。

    今頃、何やってるんですかね?

  2. ゆきんこ より:

    mayuさん、お忙しいなかでの更新ありがとうございます。

    愛子さまがご成人で、初公務は新年祝賀の儀、愛子さまの並び順はどうなるのでしょうか?
    清子さまは、兄嫁の紀子さまの後ろ、常陸宮妃の前だったと思います。
    やはり、佳子さまと常陸宮妃(お出ましがなければ信子さま)の間でしょうか?

    会見に関しては、練りに練られてつまらなくなりそうです。

    好きなタイプは「和める」とか「包容力がある」、
    小室夫妻については「お幸せに」、
    女性宮家については「回答を差し控えさせていただく」。

  3. 冨樫無礼子 より:

    mayuさん
    皆さんこんにちは

    不合格、私も大学受験などの試験の不合格を経験した者でいくら憎いk kでも他人の不幸話には喜べませんでした。 本人は帰国して隔離期間が明けたのち、秋篠宮殿下に(試験の出来は)大丈夫ですと言ったとか。

    今回の司法試験不合格情報を確定させたのが奥野綜合法律事務所の所長、NHKの取材と4年前の婚約内定発表を思い出しました。

    奥野所長は何の因果か秋篠宮殿下に頼まれてか出来の悪い一介のパラリーガル:k kの留学支援を引き受けたせいで風評被害を受けてないですかね。かなりのご高齢とお見受けしましたし。

    • 冨樫無礼子 より:

      会見では海外に拠点を作りたいと眞子さんが強く希望した話になっているけれども、ならば元職場に復帰してお金を借り続けることがそもそも成立しないはずだし、その借金が続いたのがLで始まる事務所に就職する直前まで。
      他の就職先が決まっても元職場を騙していたのかと思いきや、昨日、元職場の所長から不合格の情報が(日本の国営放送で堂々と)漏れていて、訳がわからないです。

      もしかしたら全てが出来レースで、単に州の試験にだけは便宜が図れず落ちたというだけなのではないですか。

    • アール より:

      冨樫無礼子さん

      奥野さんと秋篠宮様は繋がりがありますよ。

      奥野さんがWWFジャパンという団体の元代表?で秋篠宮様は名誉総裁です。
      秋篠宮様が奥野さんに小室氏のことを依頼したのだと思います。
      お金の流れも疑惑視されるのも、そういうことですが、真子さんは否定していましたね。

      • ミラージュ より:

        アールさん、横から失礼します。

        秋篠宮殿下はその団体の名誉総裁ですが、奥野氏本人と面識はないと報道されています。
        また、小室圭を紹介したのは立川ジュリア氏だとも報道されています。
        どちらも、「オモテムキ 」かもしれませんが。

        小室圭に関するあらゆることが疑惑なんですよね。
        まさに疑惑のデパート。
        ウォーターゲート事件(ご存知ないかな?)を追ったワシントンポスト記者のような権力に屈することのない人が出て来ないかぎり真実が表に出ることはないでしょうね。
        なんせ誹謗中傷でPTSDになった~、心の傷が~ですからね。
        泣く子と地頭には勝てぬ
        皇族が地頭並です。

        mayuさん、昨夜の記事タイトル、ヘキヘキって、もしかしたら辟易(ヘキエキ)のことですか?
        違っていたらスミマセン。

        • mayu より:

          ミラージュさん

          うんざりすることを私の住んでいるところでは、ヘキヘキする~と言うのですが、
          検索したら辟易(ヘキエキ)でした。 言う言葉とタイプする言葉が違うみたいで
          標準語ではヘキエキする~と言うのでしょうね。
          直しておきます。

        • 冨樫無礼子 より:

          ミラージュさん
          コメントをありがとうございます。

          秋篠宮殿下とは面識がないのですね。

          それにしても立川ジュリアは在米中国人、華僑ですか。

          なんだか小室圭のバックについて反日、反天皇制なのですかね。立川ジュリアのインタビューがあればフォーダム大学に入学した際の推薦文2人分を誰が書いたのか(もう一人の弁護士が誰か)が解明されそうですね。

          • アール より:

            ミラージュさん
            ありがとう御座います。

            真子さんが
            会見では秋篠宮家はフォーダム大学受験等には関わっていない的な発言してましたし。
            お知り合いではないのかもしれませんね。

  4. アール より:

    mayuさん
    おはようございます。
    再試験の2月まであと3カ月、勉強する時間あるのでしょうか。
    昨日テレビで、ピーター・ランダースさんがコメントしていましたが、結婚問題でなかなか勉強できなかったのだろう、と。
    真子さんと違ってマスコミもいないし、邪魔は入ってないでしょう?
    ちなみに、ピーターさんの父親はNYとカリフォルニア両方の弁護士試験合格者だそうです。
    このまま、真子さんを妊娠させるのではないか、と思っています。
    赤ん坊の世話人として母をNYへ
    呼び寄せるのでないかと。
    俳優の杏さんみたいに続けて妊娠させられ、身動きとれなくされるのではないか。
    嫌な事ばかり考えてしまいます。

    愛子さまの成年の儀式に期待して、気持を切り替えたいですけどね。

  5. 読者A より:

    おはようございます。

    圭氏が不合格ということで、皇室パワーや忖度の効かない世界がひとつでもあることは喜ばしいことだと思いますが、眞子氏はメトロポリタン美術館で学芸員として勤務する見通しだとYahooの記事で見ました。

    メトロポリタン美術館ってお飾りで働いていた(そもそも働いていたとすら言えないような気がする)人でも簡単に働けるところだったんですね。アメリカは働けるところがたくさんあっていいな、と感じました。
    その眞子氏の給料は1500万円だそうで、圭氏と合わせて2100万円ぐらいの収入になるだろうとのこと。

    圭氏にすれば、必死こいて弁護士試験に合格しなくてもラクして食べさせてもらえるんなら、このままでいいや〜と思うかもしれません。

  6. ナ―バナ より:

    お父様が“身の丈”にあったように云々言うてはりましたよね。KKの身の丈といえば、背も低いし中身もない。マコさんは、忖度マジックが効かなかったことに「どゆこと??魔法が使えないわ!!」となっているのではないでしょうか。

    KK以外の法律事務所新人メンバーは、みんな受かってるらしいですね。そんな中に、体は小さいがプライドだけはデカいKKが働けないと思います。もとから仕事できないだろうし。で、2月の試験に集中するためとか言って、やめちゃうのではないですか? そしたら、VISAって取れないですよね。

    なんでもスムーズにいかないのは、間違いが多いからです。それに気づかないで突き進もうとすると、自爆への道になると思います。

  7. マグノリア より:

    おはようございます。
    合否結果が確定して安堵いたしました。
    アメリカですもの、イエスノーははっきりしていますね。
    日本サイドが非公表の6人の中にいるとかいないとか、名前が違うとか、勝手に言っていただけなのですね。
    今回本人が正直に言ったことは認めたいと思います。(人生初めてかも。)
    NYだけでも毎回6000人ぐらいの合格者がいるとは、アメリカって弁護士資格を持っている人がとても多いと感じました。
    フォーダムを本当に卒業しているのか、2月の受験資格があるのか、と言う説もありますが、それも今後追々わかることでしょう。

    愛子内親王の成年式楽しみです。
    成年皇族としての初ご公務は、来年元日の「新年祝賀の儀」ですか。
    以前私が「女性皇族の並ぶ順番が愛子内親王が一番前になるのでは?」と書きましたところ「清子内親王(黒田清子さん)より紀子妃殿下が前でした」と言うご指摘を受けたことがありますが、秋篠宮殿下は清子内親王より身位が上なので紀子妃殿下が前だったのではと当時は思っていましたが、今回はどうなるのでしょう?
    愛子内親王の方が身位は上ですが、現在秋篠宮殿下は皇嗣でいらっしゃいますので。

  8. やしま より:

    おはようございます。夕べはすごかったですね。いわゆる祭り状態で。私は7時ちょうどに帰宅したので、ニュースつけてその話題で、「おお!」と思いました。
    冒頭のお写真、笑えます。小室氏、こういうおじぎの写真って、たしか前にも見た記憶があります。所作そのものが全くなってない人なんでしょうね。顔がでかいからお笑いのインパクトがありますよ。いっそ芸人になったほうが売れるかも。(プライド高いからきっとダメね・笑)
    今回合格した日本人の一部が他ブログで紹介されていましたが、やはり東大卒で日本での弁護士資格を持っていて。まるっきり基礎が違います。本人受かるつもりだったとしたら大笑いですね。28ページの釈明文書いたり、コンテストに参加したりと、試験以外の勉強にも無駄な時間を費やしたような気がします。あの釈明文なんて、1ページでさらっと書けるところ、名誉の問題云々で、「絶対にお金を返さない理由」ぐだぐだと言い訳。
    世間のニーズと全くマッチしない。これだけでも弁護士になる資質が彼にはないことが明白です。2月の試験は今回の試験よりも難易度が上がるんだそうです。もっともっと勉強に励まねばならないところ、弁護士助手のような仕事はスタートするし、PTSDの妻はついてくるし。
    眞子さんはお金の調達には必要な人材ですが、「妻」として夫を癒したり、家事一切を取り仕切ったりという能力は皆無ではないかと。彼の勉強時間はほとんどないまま、2月なんてすぐですね。一緒に事務所に入所した方々は、皆さん弁護士試験に合格しているんだそうで、まあ肩身が狭いですよね~~「どうせ眞子を通じて日本人会がどこか就職を世話してくれる」と、今度の事務所も長くは続かないのではないでしょうか。奥野法律事務所でも「使えない人材」として有名だったみたいですし。勉強そのものは嫌いじゃないみたいですが、働くことについてはとことん無能な気がします。

    昨日は大変でした。義母の施設に行って夏物と冬物の取替え。本人とは相変わらずリモート。先月義弟が珍しく来たそうですが、そこで義弟からあんたの悪口を聞かされた~とかで、それを義母はペラペラ本人にしゃべる。夫はリモート越しにカッカ来てましたよ。気の毒に。愚弟は母親に「お金が必要」とかそんな話もしていたそうです。ま、本当のことじゃない可能性が高いんですが。何しろ13年間飼っていた愛猫、先月写真見せたときはわかったのに、今回見せたら「こんな猫は知らない。飼ったことがない。私がかわいがっていたのは、茶色の雌」え?そんな猫は過去1匹もいませんでしたが。ますます夢の世界に入る度合いが高くなっていました。
    で、その後ちょっと買い物して帰ろうとしたら、スーパーの駐車場でタイヤがパンクしているのが判明。途中のガソリンスタンドで空気をタイヤに入れつつ、何とか修理工場まで到着。ビスがタイヤに突き刺さっていたそうです。直してもらうのに時間がかかり、帰宅したらちょうどNHKのニュースをやっていたという。長い一日で疲れ果てました。

    今回のキーワードは「うまのす」なんですね。馬の助さんを思い出しました~

  9. あじさい より:

    mayuさん、今晩は。
    写真はコラでは無く、そのままなんですよね(;’∀’) 顔を上げたまま、
    お辞儀するってなかなか難しいですよ。KKさんの特技です、凄い!

    KKさん、次回2月の試験は頑張って下さい。
    その合格発表は5月でしたか、それまで予定より収入減だと思いますが
    妻の預金通帳がある限り、何の心配もなく勉強に集中出来るでしょう。

    合格はお買い上げとばかり思ってましたから、アメリカは公平と分かった事は良かったです。
    しかし、結婚早々から心配なスタートです。親はたまりませんわ。

    愛子さまの成年式の準備も進んでるようで、ローブデコルテのデザインが楽しみです。
    ステキなドレスを着て、弾ける笑顔を見せて欲しいです。
    そのお母様は、決意の“娘の成年式”で、今から体調を整えて行かないといけないですね。

  10. ユフノ より:

    mayuさん、こんにちは。
    うわっ!小室さんの「顔でか礼」は、忘年会のネタですか?

    小室さんと眞子さんは、不合格で悔しいかもしれませんが、日本国民のほとんどは、初めから難しいことはわかっていたので、温かく見守っていると思います。まあ、ほんとうに合格したら凄かったと思いますが、小室さんは背伸びしすぎですね。

    秋篠宮殿下もおっしゃられていたように、身の丈の処世術ですよ。眞子さんを愛しているなら、国際弁護士を目指すよりも、語学力を活かして、日本でまじめに働いたほうが良いと思います。

  11. 猫好き より:

    mayuさま
    またまたこんばんは
    敬宮さま、無事に行事が行われるみたいですね。
    ティアラも昔の妃殿下方のティアラの方が価値が高いと宝飾品だったかのブログで見た覚えがあります。
    秋篠宮姉妹のティアラも何方かのティアラをリフォームしてお印に因んだデザインだとは言いますが、昔の古風なデザインの方が品格がある気がします。
    その辺りは好みの問題ですが。

    冒頭の小室夫妻の画像、爆笑でした(≧▽≦)
    こういうユーモア好きです。
    糟糠の妻ほどビンボーではないでしょうが、御手持ち金を切り崩して生活なのでしょうか。
    まぁ、謎の資金調達と援助がありそうな予感もします。
    でも渡米する時に、預金ってアメリカにそれなりに明確にしないとダメなのではないでしょうか?
    アメリカはマフィアにも脱税させない国なので、元皇族の不明なお金の流れにも厳しいのではないかしら?と考えています。
    庶民のワタクシには知ったこっちゃないですけどね。

  12. 白雪山羊 より:

    mayuさん、更新ありがとうございます。
    久々の(?)奥野氏、電話連絡取ったんですね…

    元々突然のK氏の留学から
    有り得ない事ばかりの様に見えましたので、これで合格でも何だかなぁ…と思ってはいましたが
    (時々TVや報道で合格間違いなし!とか言っていたのは一体…)

    あの論文のコンテスト(?)って何だったんだ?
    人生そんなに甘くないと言うことでしょうか?
    で、K氏はいつまで日本に?
    眞子さんもこのままNYに行くのか?本当に国際弁護士になる為に、2月の試験に挑戦するのでしょうか?
    最早信用出来ない。相変わらず「?」マークがいっぱいです(@_@)

    愛子さまも成人皇族とは早いですね~どうなるんでしょう。

  13. アール より:

    mayuさん
    早々の更新ありがとう御座います。
    またまたこんなに晒されてしまった真子さんの夫。
    不合格と知っていての結婚会見だとしたら、凄い。ここまでメンタル強いとは。
    美智子さまも「さすが元内親王の夫ね」とおっしゃっているでしょう。

    小室氏、NYの職場に戻るのかしら?
    同じ試験を受けた同期は合格しているようですから、一人だけ事務員なんですよね。
    また揶揄われて「俺の妻を誰だと思ってる?元プリンセスだぞ」で、辞めてしまうのではないでしょうか。

    ま、辞めてもどこかに就職できるでしょう。心配することは無いですね。

    2月までまだまだ話題がありますね。

  14. 月の砂 より:

    mayuさん
    ご結婚をもう一週間待っていただけで事情はかなり変わったと思います。
    kkは18日?に秋篠宮様にこの試験を「大丈夫」と言っていたそうです。
    この嘘つき!!゚(T^T)゚。゚

    愛子さまの成年式楽しみですね。
    勲章などを身につけたドレス姿も見る事出来るんですね。
    記者会見は年明けになさるとはとても期待してしまいます。

タイトルとURLをコピーしました