眞子さん秋季皇霊祭に出席 最後の行事 *今後も批判され続ける美智子さま*雑談

皇室

眞子さま、秋季皇霊祭に出席 皇族として最後の行事となる見込み

秋分の日、関東地方は30度超えの暑さだったとか。眞子さんが皇族として最後になるだろう秋季皇霊祭・神殿祭の儀に臨まれました。このニュースはテレビでも放送され、本当に本当に小室圭と結婚し渡米するのは確定で、近いうちに宮内庁から正式な発表があります。

映像で見る限りでは眞子さんはいつもと同じに見えましたが、心の中は約2週間後に小室圭と3年ぶりの生での対面に嬉しさで胸がいっぱいなのかもしれません。やっぱり画面越しで顔を見て会話をするのと、生(なま)の等身大の婚約者と会うのは違うでしょうしネ。

小室圭も3年間でどのくらい成長したのか?10㎝くらい成長してナイスガイになっての帰国か、3年前と同じか物見遊山、高みの見物で楽しまなくちゃ~~やってられまへん。

秋篠宮殿下、紀子さまの姿も見ましたが、どんな気持ちでいるのでしょうかね。親としては寂しいだろうな~~前代未聞のこんな結婚をするなんて、小室圭を紹介された時は想像もしなかっただろうし。

天皇陛下や皇族方は23日、皇居の宮中三殿で、秋季皇霊祭・神殿祭の儀に臨んだ。年内に小室圭さんと結婚する秋篠宮家の長女眞子さまも出席。眞子さまは、結婚関連の行事を全て行わない方針で、皇族としての活動に出席するのはこれが最後となる見込みだ。小室さんは27日夕に帰国。隔離期間を経た後、眞子さまとそろって会見する予定。この日の朝、眞子さまは妹の佳子さまと同じ車で赤坂御用地から皇居を訪れ、門を通過する際に沿道に集まった人たちに一礼した。眞子さまが赤坂を出て、予定を公開して活動するのは7月以来。2017年に婚約が内定した眞子さまと小室さんは、18年2月の延期から3年半を経て、今年10月にも結婚することがわかっている。ただ、結婚式をはじめ「納采の儀」や「朝見の儀」といった関連行事は全て行わない見通し。眞子さまは婚姻届提出後に小室さんと米国で生活する方針という。(杉浦達朗)記事出典 朝日新聞https://news.yahoo.co.jp/articles/7d771d346f146b829fc2a4da067fbade332b895a



眞子さま結婚へのカウントダウンのさなかに、美智子上皇后さまのちょっとした変化

手作り布製のマスクから不織布のサージカルマスクになっていた。娘の黒田清子さんと会ったり、もっぱらの楽しみは高輪仙洞仮御所の近くには学生時代のご友人が数人お住まいで、ご友人はマンションのベランダ、美智子さまは仙洞仮御所のお庭のあるポイントでタイミングを合わせ、手を振りあうことが楽しみ。デイリー新潮 https://www.dailyshincho.jp/article/2021/09230600/

9月20日に引っ越しを終えた天皇一家、今後は東宮御所をバリアフリー化の改修工事を経て上皇夫妻が移り住む。

皇居内の生物学研究所脇にある水田で、稲刈りをされる天皇陛下=21日午後(宮内庁提供)

こういう記事にも裁可取り消ししなかった上皇夫妻、特に美智子さまは今までも、これからも逐一批判されての晩年になりました。美智子さまは「強い希望」を前面に押し出し過ぎました。着道楽であり、自愛に徹し 税金を湯水のように使い放題し我儘を押し通す、は親から子へ、子から孫へと引き継がれましたね。

皇室も限りなく平民に近づいたので、今後は皇族方への特別扱いも程々で宜しいかと思います。
画像出典 産経新聞・朝日新聞

雑談 母のことや法事のことなど

秋彼岸で2か所の寺に行き墓参りをしてきました。私の実家の菩提寺は市内で一番大きい、檀家の数も多い寺で10時頃にはワラワラと墓参りの人たちで一杯でした。田舎の檀家の少ない寺から住職、お坊さんを呼んでの供養をしますが、私たちは出たことがありません。次、旦那の実家の墓参り。こちらは田舎にあるので簡単なものですが、蒸し暑い日で帰宅すると疲れていました。

母に関するコメントを読ませていただきました、何だか胸が熱くなり涙が出そうでした。老いていくとはできないことが多くなり辛いものだと、母を見るといつも思うんです。自宅に引き取って世話をすれば良いんだろうけど、嫁に行った立場で義母健在では無理なのです。昨日も施設の職員が病院に連れてきてくれましたが、着ているジャケットの前が総菜をこぼしたのか、とても汚れていました。施設の職員にこんな汚れたジャケットを着せて恥ずかしいと言うと「すみません、お母さんのお気に入りでいつもこれを着たがるんです」と言われました。でもあまりにも汚れているので家に持ち帰り洗濯をすると綺麗になりました。マメな面倒は施設の職員には出来ないのかもしれないです。

明日は母を市立病院に連れていきますが、市立病院は駐車場に車を置くのが面倒なので、旦那に送迎して貰うことにしました。偶然か、義母も骨折後の定期健診で明日市立病院に施設の人に連れられて来るので、1時間ほど予約時間が違いますが、義母が来るのを待って旦那も一緒に久しぶりに対面することにしました。なんと義母の入退院で病院に行ったものの、一度も見ていないんだそうです。

日曜日はまた旦那の方のお寺に行きます。義父の17回忌と旦那の祖父の37回忌があり、従来なら2人の法事を一緒にするところでしょうが、8月のお盆の時に合同法事の申し込みをしました。

新型コロナをきっかけに、今後葬祭関係は小規模、あるいは合同法事になっていくでしょうね。会食などのお金も掛からないし良いと思いました。
ぺんぺん草さんのお父さんの記事を読んで、いやはやお金の使い方のスケールが凄い、もしかしたらご逝去されたかな。戒名は院号をつけると100万円と聞きましたが、地方ではよくよくの金持ちか名士じゃない限りは院号はつけないみたいです。その宗派にもよるのかもしれませんが。



コメント

  1. まお より:

    mayuさん、こんにちは。

    お母様のジャケットの件を読んでいたら、数年前に見送った父のことを思い出しました。認知症の父を母が一人で自宅で見るのが難しくなった時、デイサービスの施設巡りに付き合ったのですが、狭くて手が足りてないところが多く、父がこの中に入ることをイメージする度に可哀そうで涙が出たことを思い出しました。幸い何件目かに小規模多機能型というちょっと違う枠のデイサービスをする施設が見つかり安心してお任せできました。それでももうちょっとしっかり手伝いたかった気持ちは今でもあるのですが、当時は末っ子が赤ちゃん、上の子たちは小学生で、実家に泊まり込むこともできずどうしようもなかった部分があります。mayuさんはお母さまのことも、お孫さんたちのことも本当によくやっていらっしゃると思います。

    おそらく金銭問題は解決せず、皇室利用問題は有耶無耶のまま結婚され、ニューヨークに行かれるのでしょうね。就職も大手に決まったということなので高みの見物ですね。銀行の時のように2年も持たずに離職、、、なんてことになりませんように(なりそうなのが怖いですが)。これから数年間の二人の過ごし方で最終的な評価を決めてもいいかなと私は思ってます。
    眞子様もせっかく留学されて博物館学を修めていらっしゃるのですから、一学芸員として庶民と同じように働かれるのもありかもしれませんね。保育園に子どもを預けながら共働き。庶民と同じ生活をしながら自由を味わわれるのがよろしいかと。体格もよく体力がありそうですし、これだけ叩かれて動じないメンタルの強さ、最強ですね(皮肉です)。こちらとしては、和服の似合う所作の美しい眞子様が良家に嫁がれてその家で活躍されるところを見たかったですが、K氏ではそれは叶いませんから。

    私はmayuさんと同じくピアノが趣味なのですが、もうすぐショパンコンクールが始まります。youtubeでも配信されアーカイブもされます。こちらで英気を養おうと思います(笑)。mayuさんは弾く専門かな?私は弾くのも聴くのもどちらも好きです。

    次々お忙しそうですがご自愛ください。

  2. マグノリア より:

    おはようございます。
    昨日から今朝にかけて最後の公務(?)の報道が盛んに流れていますね。
    見たくないのですが、見てしまうととても気分が悪くなります。
    全く皇室話に関心のない旦那も「マコさんは駄目だな」と言っていました。
    加えて立憲民主党の党首が「自民党は税金を使って云々」と言っていたことに対して、旦那「おまえもだよ」と言っていたので、私心の中で「皇族もだよ」と思ってしまいました。
    眞子内親王はこの公務に参加する意義があったのでしょうか???

    臣籍降下しても元皇族の肩書きは残ります。
    平民でありながら元皇族の特権を行使できる、そして関係する人も同等の扱いを受けることができる、法治国家日本は特権階級には特別扱いができるのですね。

    お涙頂戴の記者会見は求めません。
    質疑応答が仕組まれた記者会見も求めません。
    国民を納得させるようなご挨拶をいただきたいですね。(破談以外はまぁ無理です。)

  3. ramiri より:

    mayuさん、おはようございます。お母さまの心配やお彼岸のお墓参りなど、お忙しい中ありがとうございます。
    先日、ミラージュさんが書いておられましたが、私も同じように、眞子さんには思い入れはありません。都内のマンションで「奴」と住むのは、胸糞悪いですけどね。心底、頭が悪いんでしょうね。自らの力で稼いだお金なら何に使っても良いですよ。しかし、サッサと1人でNYへ行けばよいだけなのに、国民が納めた税金で豪華マンション同棲(入籍後であっても結婚生活とは思えません)してから、ウキウキ気分でNYへって。頭の悪い成金そのもの。記者会見とやらはどうでもいいけど、その後の「高みの見物」が見ものですわ。
    美智子さんのご学友とやらも、随分と若々しく余裕もおありなんですね。
    88歳の方々のエピソードとは思えませんわ。

    うわあ、気持ち悪い。だらしなく髪が伸びて、マスコミを無視しながら、赤いスマホをいじる小室。吐きそう。今日の耳の聞こえを確かめる為にテレビをつけたらこんな羽目に。。今後こういう事のないように気をつけなければ。今はスカパーもWOWOWも入っていないので、まずはBRをつけます。

  4. ももた より:

    mayuさん、こんにちは。
    九月に入って怒涛のリーク連発でもう結婚は見事に既成事実化しましたね。
    宮内庁は機能せず皇族の自由意思のなすがままなんですね。

    私は最初のNHKの婚約リークから人柄とかスキャンダル以前に
    経済的基盤の弱い結婚がなぜ成立するのか不思議で仕方なかったんです。
    そこから秋篠宮さま、紀子さま、眞子さまに懐疑的な気持ちが生まれました。
    女性宮家を望んでいるのは美智子さまだけだと個人的には思っていたけど
    まさか皇室の支援ありきの結婚(女性宮家や名誉職など)をするのを隠すつもりもないのか、と。

    最初の嫌な予感はそんなに外れてなかったようで残念な気持ちです。

    会見は茶番だと思うし
    宮内庁がお膳立てするなら儀式なしの結婚でも皇族・皇室が結婚を認めた!
    という証しとして後々効いてくるんじゃないですか。
    もう皇族も宮内庁も何でもありの集団なので何があっても何が起こっても不思議じゃないです。
    国民の祝福がどうこう仰っていたけれど嘘だったし。

    私は会見を見れないと思います。
    お涙頂戴だとそれにほだされる国民も出てくるのかもしれません。
    暗たんたる気持ちです。

  5. ミラージュ より:

    mayuさん、こんばんは。

    眞子さんの最後の行事=最後の公務なんでしょうか?
    さようなら~もう帰ってきたらあかんで~。こんな心境です。
    紀子さま、もしかして笑顔ですか? 娘があんな大嘘吐きに嫁ぐのに悲しくないんですかね。
    厄介払い出来てヤレヤル?

    今日のワイドショーは小室圭帰国を取り上げていましたが、どれを見ても代わり映えせず、経歴書虚偽疑惑はスルーです。
    今日発売の文春には、UCLA留学時のビザ申請の不正疑惑が載っていました。
    此は10年前のことですが、彼の経歴に真実を見つけるのは難しいほど疑惑のオンパレード。
    やっぱり母子共々何かしらの精神疾患があるのかと思えてしょうがないです。

    美智子様、ついに眞子さんのことに何もせずに逃げ切りましたね。 批判は全て秋篠宮夫妻に行くことにも成功したかもしれません。マスコミ・特に女性誌は絶対に美智子様の批判はしませんから。

    お母様が洋服を汚してしまうようでしたら、食事用のエプロンを用意して上げるとよいですよ。ドラッグストアの介護コーナーで売っています。

    ぺんぺん草さんのお父様のお金を兄姉で湯水のように使われてしまったお話、そして遺産は貰えないとか、そんなことあるんですか!と他人事ながら怒ってしまいました。
    理不尽過ぎます。
    ぺんぺん草さんには別な形で福がもたらされると思います。
    天知る、地知る、我知る です。

    私も一人しかいない兄と仲良くありません。兄は親孝行ではないし、遠いので母の面倒は殆ど私がみています。
    そんな兄ですがたったひとつ良いこと、お金にうるさくないんです。
    兄嫁が、主人はお母さんのお金は⚪子(私)のものだから貰おうなんて思ってはいけないと言っていた。と聞きビックリしました。 とは言えいつ心がわりするかもしれず、母の出費はキチンと記録しています。
    その気持ちが変わらないと良いのですが。

  6. 白雪山羊 より:

    mayuさん、記事更新ありがとうございます。

    はぁ~(溜め息再び)
    何だろう…あの長い文書とか、色々な混乱や騒ぎは何だったの?と、虚しくなります。

    まぁ、眞子さまは楽しみなんでしょう。見ている国民は
    それがまた、ハラハラするんだけど…(変な事に巻き込まれないかとか)
    大変な事をしてしまった…とは思わないんでしょうね。

    上皇后さまは布製マスクから、サージカルマスクに変わった…(雑誌もネタが無くなってきたのか(苦笑))
    上皇上皇后が結婚しなさいと言えばするんでしょうね。

タイトルとURLをコピーしました