悠仁さまに5人の又従兄弟がいた。記録 倉山満氏 皇族に人権はない。

皇室

週刊SPA!という週刊誌、去年12月25日号の記事で炎上したこともある、
右寄り雑誌のようで左寄りの時もあり、小林よしのり氏「ゴーマニズム宣言」を
連載している。2019年4月2日号、3月26日に発売されて3週間になるので
連載している倉山満氏の言論ストロングスタイルに掲載された記事と関連して
いろいろと異論はあると思いますが、虎ノ門ニュース記録として残すことにした。

皇族に人権はない。いつから日本人は当たり前の事実を忘れたのか?

皇族に人権はない。いつから日本人は、こんな当たり前の事実を忘れてしまったのか。日本国が保障する人権とは、日本国憲法第3章に書かれている「国民の権利」の事である。同章には、第13条の生命幸福追求権から第40条の刑事補償まで、人権カタログが並んでいる。憲法典に書かれていない権利は第13条の幸福追求権に含まれるので、日本国が保証する人権とは、憲法が認める国民の権利のことなのだ。

さて、皇族は国民ではない。そもそも戸籍がない。 皇統譜という、皇族のための特別の名簿で分けられる。さらに現実は過酷で、義務だけあって権利はない。参政権、居住移転、職業選択の自由、婚姻の自由の全てが存在しない。幸福追求権(本来の意味は財産権)は極めて制限されている。名誉毀損も、され放題である。普通の人間なら「奴隷的拘束」としか思えないような境遇で、朝から晩まで働き通しである。

普通の国の王族は義務の見返りに特権を享受しているが、我が国皇族の方々は慎ましやかに暮らしている。日本を守るためだ。皇室とは日本そのものである。日本とは神話の時代にさかのぼる 万世一系の皇室を頂く国なのである。 初代神武天皇の伝説以来、我が国は一度も途切れることなく、この国の形を守ってきた。それが嫌な変わり者もいるだろうが、事実は事実である。皇室を守るとは、日本を守ることなのである。

現在、御代替わり直前の皇太子殿下より若い親王(男性皇族)は、秋篠宮と悠仁の両殿下しかいない。このまま悠仁親王殿下が御即位の時、殿下より親王は一人もいなくなる。

第52代嵯峨天皇や第108代後水尾天皇のように、多くの子供に 恵まれれば良いが、側室が存在した時代を望んでもしかたあるまい。私は、側室制度に絶対の反対はしないが、いまだに賛成する方法を示してもらったことがない。また、近代では第124代明治天皇は5人の側室から5男10女をもうけたが、成人した男子は御一人だだけだった。皇統保守は悠仁殿下のお世継ぎ作りに懸かっているのだが、一夫一婦制を維持した場合、皇后となる女性のプレッシャーは想像もつかない。

皇統は、いわば一本の糸でつながっているのだが、古来より皇室は皇族の支えによって守られてきた。将来、天皇となられる悠仁殿下と、未来の皇后陛下を守るべき皇族の存在は不可欠なのである。

さる、3月20日の参議院財政金融委員会で、注目の質疑が行われた。占領期に臣籍降下させられた元皇族の子孫(元皇族特別して旧皇族と呼ばれる)の皇籍復帰について問われた。これに安倍晋三首相は「 GHQ の決定を、覆すということは全く考えてはいない」と言い切った。質問した国民民主党の大塚耕平議員は「戦後政治の総決算をする気はないのか」と呆れていたが、続く質問が鋭かった。

宮内庁に「成子内親王と東久邇宮盛厚様の 系譜に、男子が随分いらっしゃるということは認識として正しいでしょうか」と問いただした。「承知していない」と逃げる宮内庁野村善史 審議官に「それでは調べて一度解凍してください。私の存じ上げている限りでも、内親王と東久邇宮様の 系譜に、もう3代にわたって、男子が今もご健在であると、かなりの人数であると理解しております」と締めた。丁寧に解説しよう。

虎ノ門ニュースより
https://youtu.be/CXZfcZM4ruU?t=5852

3月20日に死去した、昭和天皇の孫で、天皇陛下のおいに当たる旧皇族の東久邇信彦氏
祖父は、終戦直後に首相を務めた東久邇宮稔彦氏。母親は昭和天皇の長女、成子さん。
昭和22年に開かれた皇室会議で皇籍離脱した。
大学卒業後、三井銀行に勤務し、日本タイ協会常務理事や全日本野球会議名誉会長などを務めた。

出典 https://matomedane.jp


悠仁さまの又従兄弟  昭和天皇の皇女成子さんに3人の男子と5人の男の孫 

我が国の皇統は一人の例外もなく男系継承されてきた。ただし、時に男系は女系によって補完されてきた。マッカーサーは11の宮家を廃絶、26人の皇族を一斉に臣咳籍降下させた。11宮家の方々は、男系では伏見宮の子孫にあたる。男系とは父親の父親・・・・をたどっていくと天皇にたどり着くという意味であるが、伏見宮は崇光天皇(1398年崩御)の第一皇子である。最近話題の竹田恒和JOC 会長も、男系では崇光天皇の子孫である。

あまりにも血が遠いのは、自明だろう。皇室でも「五世の孫」の原則があり、天皇の男系子孫というだけでは皇位継承資格はない。それを言い出したら、平将門も近衛文麿も男系子孫である。原則として天皇の五世孫(玄孫)は、臣籍こ降下する。伏見宮家は、例外とされてきたのだ。明治の時代、後続確保の必要性から、明治天皇は自らの娘である内親王と伏見宮系皇族の婚姻を進めた。 結果、皇室の本流との血が近くなった。たとえば、竹田恒和氏は女系により明治天皇の曾孫である。

同じく、昭和天皇も東久邇宮家との婚姻を進めた。東久邇宮盛厚王(終戦時の稔彦首相の息子)と昭和天皇の皇女である成子内親王はご結婚され、その子が最近お亡くなりになられた信彦氏である。大塚氏が問いただしているのは、信彦氏に子女がいるではないか、との事実だ。信彦氏の母は、今上天皇の姉上にあたる。また祖父母全員が皇族である。(母方の祖父は昭和天皇)。

20年ほど、男系か女系かの二者択一の議論が行われてきたが、いずれにも問題がある。いくら男系子孫であっても、近衛文麿が皇族や天皇になって良いわけがない。五世の孫の 原則があるからだ。同時に、内親王がフリーターを連れてきて結婚するまでは認めても、その配偶者が皇族になり、その二人から生まれた子供が皇族や天皇になって良いわけがない。

我が国にこれを認めた先例はひとつもない。
皇室を議論する上で、最も大事なのは先例である。
歴史の中から吉例 を発見するかにあると 融点については、議論の余地がない。
一方、元皇族と旧皇族の皇籍復帰は多くの先例がある。

特に一例ずつあげる。定省親王は、当時の藤原氏の圧力により臣籍降下 させられ、源定省となったが、皇籍復帰して第59代宇多天皇となられた。臣籍にあった源定省 の子が源維城であり、父の皇籍復帰に伴い親王宣下され、 維城親王となった。後の第60代 醍醐天皇である。宇多天皇は元皇族から、醍醐天皇は旧皇族から天皇となった先例である。何も寛平の治、延喜の治で知られる名君である。

今こそ皇統保守のために、どなたに皇統に復帰していただくかを具体的に議論すべき時が来た。こうした際「人権」を持ち出す論者がいるが、目もくれる必要はない。皇統保守は、婚姻の自由に優先する。あえて言う。皇族に人権はない。だからこそ、 皇族は貴いのだ。

長文なので誤字脱字有ると思います。




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い、多忙、疲れている時はコメ返しを省略することもあります。
*別館はリンクコーナーにあります。


コメント

  1. ゆきんこ より:

    謹んで訂正いたします。

    2男5女  ×
    2男4女  ◎

    ですね。

    • ミラージュ より:

      mayuさん、横から失礼します。
      お一人夭逝されています。
      お育ちになられたのは二男四女ですのでmayuさんがお書きになったので良いと思われますが、正確には二男五女ですね。
      成子様が親王としてお生まれになっていらっしゃったら、今の惨状はなかったかと。
      たらればを言ってもせんないですが。

  2. ミラージュ より:

    mayuさん、SPAの記事を取上げて下さりありがとうございます。
    ただ、この倉山満氏、以前は違うことを言っていたのですよ。 自分の考えが間違っていたと認めての発言なら良いのですが。

    安倍首相は男系男子絶対、いくつかの宮家復帰を考えているようで、女性宮家案を打倒して下さると良いのですが、昨日の茶会、女性宮家押しの大島氏が陛下の隣でした。
    余計なこと言ってなきゃいいのですが。。。
    (眞子様と小室圭を早く結婚させないと女性宮家が出来ませんよ~とか)
    私は、今いらっしゃる内親王と結婚よりは、
    まだお若い方を数名養子として現存する宮家を引き継いでいただきたいと思います。
    悠仁様と同世代か、も少し年長、或いは逆にまだ小学生以下のお子様を家族ごと。
    眞子様佳子様は個人の意思尊重で無理そうですし、愛子様は、お小さい頃のエピから、拘りが非常に強く、簡単に親の言うことを聞くとも思えないのです。
    悠仁様までは皇位は決定していて、新たに養子に入っていただいた男系男子の方が各々結婚されて男子をもうければ、たとえあと10数年後悠仁様に男子が出来なくても皇統は続きます。
    そこまでしても男系男子がいなくなったとしたら、それはもう神様の御意志と諦めるしかないかも?

    • mayu より:

      ミラージュ さん

      倉山満氏のことは最近知ったので前のことは知らないんです。
      まだ若い方でしたが、考えが変わったのでしょうか(苦笑)
      安倍総理
      「旧宮家の皇籍復帰も含めたさまざまな議論があることは承知している」
      「私自身がGHQの決定を覆すことは全く考えていない」
      どう考えたら良いものか。
      女性宮家創設を考える人達って、2700年の伝統を考えていないのかしら。
      皇族の人数が少ない、じゃあ女性宮家創設しようか~~みたいに
      安直な考え方をする人たちなのかしら。
      一旦壊すと元に戻れないんだけどね。

  3. mimi より:

    mayuさま

    記事のご掲載ありがとうございます。
    私も常々、昭和天皇の第一皇女であられた茂子内親王がご降嫁なさった東久邇の家系のことを考えておりました。男子三人に恵まれましたこと、そこからまた男子が数名ご誕生なさったとのこと。宮家廃止の煽りを受けられ、ご苦労も多く早くにご逝去なされたとのことでございますが、ご円満なご結婚生活であられたこととお察し申し上げます。
    今上天皇のご一家は、民間人の血で薄まり過ぎてしまいました。そうかと言って、男子は悠仁さまのみ。民間人とのご結婚でも、男子のDNAのY染色体は父方からしか来ないので、旧家の血を受けた男子に健康な男子がお出来になりにくい事情はあると思いますが、紀子妃殿下ならあともう一人くらいは男子をお産みになられたかもしれず、無為無策の東宮家へのご遠慮が本当に残念です。
    お見受けしたところ、東久邇家は男子に多く恵まれていらっしゃいます。悠仁さまの次につらなる男系の皇統が維持出来なかった時に、内親王の配偶者になる素性のしれない民間人の男の DNAが皇統を継ぐことになったとしたら、皇族はおしまいです。日本もおしまいです。
    その時にせめて天皇家の内親王、女王の配偶者が旧宮家ご出身でいらして、男子がご誕生になられていらしたら、その男子が救世主になられることでしょう。茂子内親王のお孫さんたちは何と言っても昭和天皇のお血筋の方々。皇族の内親王さまや女王さまとご結婚していただくしか道はないと思います。内親王さまや女王さまもそれを受け入れてほしいと思います。

    • mayu より:

      mimiさん

      井戸端おばちゃんなので、様付け無しでお願いします(^^)

      昭和天皇の皇女(亡くなられた皇女を除いて)4人の中で
      お子様を儲けたのは、東久邇 成子さん3男2女、島津貴子さんが男子を1人。
      池田厚子さん、鷹司和子さんにお子様無し。
      東久邇 成子さんの3人の男子にもそれぞれ1人から2人と男子が生まれ
      なかなか大したものだと思いました。
      元々は昭和天皇も4人男兄弟だったのが、また香淳皇后を悪く書いてしまいますが、
      俗にいう女腹のようで6人お子様のうち男子2人、女子4人でした。
      常陸宮殿下にもお子様がいないし、どうも香淳皇后の遺伝子はあまり
      良くなかったような気がしています。ごゆっくりさん、不妊が多いんです。
      愛子さま、眞子さま、佳子さまの御三方のうち一人でも成子さんのお孫さんと
      結婚して頂き、男子を授かることは悠仁さまの将来にも良いのですが・・・
      無理な気もします。

      • ゆきんこ より:

        mayuさん、横から失礼いたします。

        香淳皇后遺伝子って強そうですが、そう悪くはないかもしれません。

        2男5女も、女腹ってほどじゃない、第一子、あるいは遅くとも三番目くらいにお世継ぎが誕生ならそう映らなかったかもしれません。

        この東久邇さんはごゆっくりどころか聡明そうですね。
        島津さんも、陛下や常陸宮殿下もごゆっくりとは思えませんし、
        鷹司さん、池田さんと伊勢神宮の祭主を務めてこられた、
        そんなゆっくりさんではなさそうですが?

        やはり、学歴だのキャリア?だの、語学だのという現代からみれば深窓ってことなのでしょうか?

  4. やしま より:

    この最後の1行、心にしみました。
    >皇統保守は、婚姻の自由に優先する。あえて言う。皇族に人権はない。だからこそ、 皇族は貴いのだ。

    皇后陛下のことを「国母」と言っていた時代がほんの少し前までありました。特に昭和時代ですね。美智子様に関しては余り「国母」とは言われなかった。
    戦前は天皇陛下は国民全員の「父」「庇護者」「守護神」だったのです。だから「天皇陛下の御為に」なら命も差し出せた。

    今はそんな気持ちはどこにもなくなりました。国民の皆さんも皇族を見る目は、尊崇よりも好奇心のほうが勝るのでは?

    国会の中では、男系男子の話が出ていたというのに、安倍さんが思い切りぶった切った気がして、何だかがっかりしてしまいました。この方男系男子派ではなかったのでしょうか?

    よく国際的に絶滅危惧種のことを「レッドリスト」といいますが、日本の皇族はまさに絶滅危惧種そのものです。
    佐渡で絶滅したトキのために中国から同じDNAを持つ鳥を輸入したのと同列にしちゃアカンですけど、でも皇族のDNAが引き継がれていくために、もはや躊躇している時間はないんですが。

    • mayu より:

      やしまさん

      私たちの世代ではさすがに皇后を「国母」はなくなりました。
      美智子さまは母の時代なら「皇族アイドル」かなぁ?
      ファッションリーダーでもありました。マント、ケープ、皿帽子が
      定番になってからは奇天烈スタイルですが(笑)
      香淳皇后とは真逆で派手でした。

      今は好奇心の方が高いです。
      雅子さま、愛子さま、と続いて今は眞子さま、小室Kと
      何かとお騒がせな皇室になってしまいました。

      安倍総理は男系男子派だったはずですよね。
      考えを変えた?

  5. カレイの煮付け より:

    良いですね!
    愛子様と佳子様はその男性たちと結婚されればいいのに。
    ラクに子供を生める年齢なんてすぐに過ぎてしまうのに、縁談が出ないとはもったいないですね。四十代で妊活とかは危険ですからね。佳子様は縁談出ても断りそうですけど。

    • mayu より:

      カレイの煮付けさん

      悠仁さまの又従兄弟、眞子さま、佳子さまと釣り合いの取れる
      年齢の方がいると良いですね。8才年上5年下くらいの年齢差が
      あっても良いと思います。できれば20代で第一子が授かると
      楽なのですが・・・夢みたいなことを書いているのかしら(^^;)

  6. 飛鳥川 より:

    いわゆる旧皇族は、昭和22年10月に皇籍を離脱し宮号を姓として戸籍を作り、特権を失って人権を手にしました。彼ら及び彼らの嫡男系嫡出の子孫については戸籍謄本を見れば明白です。宮号を姓として名乗り続け皇統に由来する血統的アイデンティティーも持ってます。竹田恒泰の人柄がどうであれ、半生を皇族として生きた祖父恒徳にかわいがってもらっています。70年なんてその程度の時間なんです。一般社会で生きているからこそ、復籍しても「歳費についてはこれからゆっくり考えます。とりあえず今までどおり自活していてくださいね」ということも出来るわけです。これなら怪しげな女性宮家より国民の理解も得やすいのではないかと。

    • mayu より:

      飛鳥川さん

      ブログに張り付けた虎ノ門ニュースの動画を観ていただくと、
      上念 司氏が言っていること、今すぐ皇籍復活しなくても、悠仁さまに男子が
      生まれなかった時のために皇統のリストを作っておく・・・・
      このよう感じで良いのでは、と思いました。
      せっかく2700年も続いたのですから、男系男子で皇統を繋いで欲しいです。

  7. todo より:

    まあ、今の天皇制なんて、正直、19世紀後半の明治維新以降に、相当盛られたシロモノだと思うし、
    仮に天皇制というシステムがなくなっても、日本人は大勢に順応しやすいといわれるし、日本は日本であり続けると思う。

    • mayu より:

      todoさん

      皇室、無いと寂しいだろうけど、無くなっても国民は生活しますからね。
      今の若い人達は特に皇室に関心がなくて、あってもなくても
      どうでも良い存在になるのかな。

  8. 洗浄液ありす より:

    mayuさん
    こんにちは

    しばらくぶりです。
    思い出しました
    私の大学の同学年で「東久邇くん」が二人いました。

    人権がないのですか。確かに戸籍を持たないのですから、必要かつ十分条件は「身元が明らかな人」、これです。
    派遣社員でもニートでも専業主夫になりたくても構わない。
    お父様が弁護士や旧財閥系のエリートサラリーマンでなくてもよいし、お母さまが夜のママでもいっそ構いません。社会経験ないのは紀子さんもそうですし。

    今日は離職して失業給付を受けるためハローワークにいきました帰路に皇室ブログパトロールをしていました。

    馬之助さんが小室佳代さんを憎むあまり、佳代さんとkkの話が混じった記事になっていました。

    • mayu より:

      洗浄液ありすさん

      ええ~~「東久邇くん」が2人もいましたか!ラッキーなのでは。
      人権はないのですが、生活に困る事もなく大きな特権を持って
      暮らしています。人権無しを補って余りあるほどでしょうが、
      人間て無いもの強請りするから、不満も出てくるんだよね。
      離職したのですか、今は失業保険を受けるのも昔より厳しくなったと聞きました。
      馬之助さんが、圭与さんと圭くんを混同していたのですか?顔も性格も似てるからなぁ(笑)

  9. 匿名 より:

    旧皇族男系男子が内親王、女王とご結婚され皇室復帰されればと願います。

    女性宮家、女性天皇は反対です。

    • mayu より:

      匿名さん

      良いことを書いているので、次からは名前を付けてくださいね。
      私も女性宮家、女性天皇は反対、男系男子で皇統を繋いで欲しいです。
      成子さんは天皇陛下の姉ですからねぇ。

  10. 桃の花 より:

    皇族に人権はない。その通りだと思います。
    だからかって皇太子が発した雅子妃人格否定宣言は矛盾した考えですし、
    眞子さまが己が立場を弁えず内親王に相応しくない好きな男と結婚しようとするのも、おかしな事だと思います。

    皇族に民主主義を持ち込む教育は、皇室が消滅する危機を作ったと思いますよ。
    秋篠宮家の家庭教育云々ではなく民主主義思想を持つ民間人を皇室に入れた結果の流れなのでしょうが、、、、。

    • mayu より:

      桃の花さん

      この記事では、
      >普通の国の王族は義務の見返りに特権を享受しているが、
      >我が国皇族の方々は慎ましやかに暮らしている。

      と書いていますが、皇室は人権がない代わりに大いに特権を
      享受していると思います。特に平成になってからは今上夫婦に
      東宮夫婦、やりたい放題です。

      眞子さまは付き合った相手があまりにも悪過ぎましたねぇ。
      畏れ多いとの感覚を持っていない親子に呆れています。

  11. 水玉 より:

    皇室を守るとは日本を守ること。
    本当にこの文章全部眞子さまに読んでいただきたいです。小室は読んでも解らないでしょう。
    東久邇さんのところに沢山の男児がおられるんですね。
    女性宮家に怪しい人を連れてくるのならそういう方にお任せするのもありでしょうが、一般人として過ごしておられるので難しいかもしれないですね。

    • mayu より:

      水玉さん

      小室Kは頭が英語脳なので理解できないでしょ(-_-)
      成子さん苦労したそうですが、子沢山で男子を3人も儲けて素晴らしいですね。
      35才で亡くなられたこと、残念です。今上の姉ですから長生きしていたら
      何かとアドバイスもされたでしょうね。

      • 水玉 より:

        mayuさん
        眞子さまのことを単なる金持ちセレブぐらいにしか思っていない爆弾小室親子に日本中が振り回れっぱなし。
        東久邇さんは皇太子さまや秋篠宮さまよりも皇室の血が濃いし、出自は確かですし、教育もしっかりしておられるでしょう。
        小室にかき乱されるよりも東久邇さんの誰かちゃんとされた方に皇室に入っていただきたいです。

タイトルとURLをコピーしました