愛子さまスーパープリンセスも秋篠宮家批判も今に始まったことではなく

皇室

愛子さまの誕生日からネットニュースでは愛子さまアゲアゲ記事が沢山出て来ました。愛子さまアゲは今に始まったことではなく、高校入学頃から偏差値72東大も狙える、英語も堪能で天皇陛下より上手い、等々、本当なのか見たことが無いので分からない週刊誌記事が定期的に出ていました。

特に今年は二十歳の成人になった誕生日なので、当然アゲ報道は沢山出るだろうとは思っていました。

本当に見たことが無い、公務で庶民と会話も聞いた事がない、英語で会話するのも聞いたことがない、たった一人の皇女ですが表に出てこないんですよね。

今後は公務もするでしょうから、今は見ているしかない状態です。ただ、文武両道はアゲすぎじゃないかなぁ~とは思いつつ、スーパープリンセスと週刊誌のお墨付きなので、病気で公務も祭祀も
出られない事が多いお母さまに替り頑張ってください。

公務のプロ、眞子さんが一抜けて皇族減少と言われているので、愛子さまには大いに期待しても良いかと思います。と書いておきます。

そして反するように秋篠宮殿下、秋篠宮ご夫妻、ご一家の批判記事。ネットも同じ、秋篠宮殿下の誕生日会見でも批判が止まりません。これも眞子さんが小室圭氏と結婚、渡米しても同じ、変わらないだろうとブログにも書いてきた通りでした。

でも仕方ないです、国民が大嫌いで結婚に大反対した小室圭と結婚してしまった。させてしまったのは秋篠宮殿下ですから。今まで機能不全状態だった天皇家に替り公務に励んできた30年が、眞子さんと小室圭の結婚問題により水の泡と消えて無くなりました。

子供が悪いと親の育て方が悪い、教育が悪いと言われるのは庶民も同じ。私も愚弟の事では散々母に文句を言いましたが、治りませんでしたねぇ。

雅子さまも適応障害で病気療養に入られてから数年後、オランダ静養辺りから批判されてきました、それは何年も続きましたが何故か皇后になる前頃から元気になり、即位関連儀式も雅子さま仕様にして何とか乗り越えました。即位する前辺りから雅子さまアゲが始まりました。

何しろ今上陛下など「皇太子殿下 ご退位なさいませ」と、今は廃刊になった新潮45に書かれたくらいの体たらくぶりだったのですよ。

私は愛子さまが生まれる前、雅子さま妊娠中に妊婦検診に毎回、当時の皇太子が付き添いするのが何となく嫌でした。古い人間なのでしょうね。庶民なら夫はバリバリ働いている年代です、平日に毎回付き添いなど出来るワケがない。今の時代は分かりません、毎回奥さんの妊婦検診に付き添いする旦那様もいるのかもしれません。

徳仁天皇も秋篠宮殿下も上皇夫妻の子供ですから、似た者兄弟なのでしょうかねぇ。愛子さまが生まれてからの天皇家は特権を使い、お金を使いかなり自由に動き回っていました。何しろ東京ディズニーランド貸し切りですから、これだけでも数億円は使ったでしょうね。他にスケート場、スキー場とホテルも貸し切り。凄かったですよ。

美智子さま入内から皇室もネジが緩んでいったんでしょう。男子が悠仁さままで生まれなかった、何かの罰ゲームのような皇室になってます。

週刊新潮も週刊文春も買って読む気になりません。そのうちデイリー新潮、文春オンラインに載るんじゃないかな。 高円宮三女こと守屋絢子さんは珍しくお子さんも授かり成功ケースでした。眞子さんの結婚と比べられてあれこれ書いているんだろうと察しがつきます。



*愛子さま 大学でもスーパープリンセス!知られざるキャンパスライフ

女性自身 https://jisin.jp/domestic/2040949/?rf=2

■課題からもわかるスーパープリンセスぶり

授業はオンラインでも、課題やレポートの提出に真剣に取り組まれているようで、愛子さまの“スーパープリンセス”ぶりが発揮されているそう。「愛子さまが提出したレポートが、授業のなかで教授に取り上げられることも少なくないです。内容は論理的で新しい視点も盛り込まれていますし、素晴らしいとしか言いようがありません。その上、文章から謙虚なところもうかがえるのです。真面目な生徒の間でも『愛子さまの課題のレポートはすごいね』と話題になることもあります」(前出・学習院生)出典 女性自身

*愛子さま 成年皇族の一員に…“文武両道”で“万能” 20年の歩みを振り返る
FNNプライム

フジテレビ宮内庁担当・宮崎千歳記者: 学校では文武両道で、とにかく努力を惜しまず、すごく集中されるそう。語学も英語もスペイン語も熱心に勉強されてますし、やはりそうしたことは語学が堪能でスポーツが好きな両陛下の影響がとても大きいのではないか勉学、スポーツ、音楽、そして語学。まさに万能な“スーパーガール”。

*秋篠宮家のエゴイズム「特権は手放さずに運命からは逃れたい」が招く“皇室の崩壊”

週刊女性 https://www.jprime.jp/articles/-/22609

「眞子さん問題のひとつは“皇族の特権で困難は乗り越えられる”と現在も考えていることかもしれません。その意味では、自分の力で乗り越える教育が秋篠宮家には欠けている気がします。その秋篠宮家の子供への“過保護という弱さ”を、未来の天皇陛下となられる悠仁さまの今後に影響させないこ
とが大切でしょう」そう話すのは、静岡福祉大学の名誉教授で近現代の皇室制度に詳しい小田部雄次さん。 「皇族がプライベートを求めること自体は当然ですが、まずは公的立場にあることが前提です。だからこそ多くの特権を享受しているのです。皇族として生まれた以上、その運命から逃れることは難しい。

中略

しかし、国民も自分の運命と向き合いながら懸命に生きています。むしろ国民の多くは運命に直面することはあるにしろ、特権はない。“特権も手放したくないし、運命からは自由になりたい”という、国民の苦労を意識しない考えを秋篠宮家の方々が強調し続ける限り、風当たりは弱まらないでしょう」(小田部教授、以下同)



コメント

  1. 三島 より:

    秋篠宮と天皇は兄弟なのに似ていない点の筆頭は身長と性格です。
    火サインの射手座である秋篠宮の星座の特徴を一口で言えば自由奔放。
    水サインの魚座である天皇は心根が優しくロマンチスト。
    だと星占いでは書かれているけど、イメージ的には全くの的外れではないと思います。

    秋篠宮の長女の理解不能な逃げ婚と、愛子さんの「全ての人に感謝します」「悠仁さんを支えてゆきたい」発言は明暗を別けました。
    が、愛子さんも射手座だけど、秋篠宮とは違う感じを受けましたけどね
    ・・・

    愛子さんのみではなく、英語で話している皇族方の動画を観た事がないし、皇族方の答弁すら最低限のみだから不思議です。
    英語堪能ならどんどんアピールしてもよさそう・・・

    マスコミにも皇室関係者は圧力をかけているので記事は制限されているし、小室圭のフォーダム大学入学も忖度という裏口入学であり、NYで支援している一人である、音楽家のあきよし としこさんも上皇后と深い付き合いがある。
    結婚報告の会見なし文章も弁護士が一千万をもらい小室夫婦と3人で考えた等等、篠原常一郎さんの出している動画では全て裏を取った証拠を挙げていて、秋篠宮の誕生会見は5日前に録画されたものだそうです。上皇后が娘の結婚に関わったという話は私も聞いた事はありません。
    と言っていた事も嘘がばれています。
    政治家、外務省、皇族が関与して小室圭と眞子の結婚を有利に進めようとして来た事等を動画で話しています。
    天皇一族というのは本当に信じられない事をやられています。
    国民あっての皇族であるのに、立場を利用して税金で忖度をやっている自覚はなさそうです。
    皇室は「風前の灯火」、、、どんな顛末になってゆく事やら。
    ちなみに、篠原さんによると圭は来年の受験も落ちて帰国するだろう。
    忖度や根回しは米国では易く通用するものだろうかと考えているようです。

    お願いだから皇室の名誉を挽回して下さいと思います。
    誰も不信感を持ちたくないのですよね。

  2. 八嶋 より:

    ディズニーランドは貸切ではなく一部貸切です。
    ネガティヴに書かれるなら、そこはきちんと書いていただきたかったと思います。

  3. mayu より:

    こんばんは。

    いよいよ明日は愛子さまの成年式ですね。

    午前中はローブモンタント、午後はローブデコルテでお出まし。
    どんなデザインか、愛子さまの様子も含めて楽しみです。

    雅子さまも明日は体調を整えて出てくるでしょうね。

    昨日、今日は母関連の雑用が入り、ブログを書く気持ちの余裕が
    ありませんでした。雑談でも書こうかと思ったのですが・・。

  4. シロガネ より:

    mayuさんいよいよ明日は敬宮殿下のご成年のお披露目ですね。とても楽しみです。

    ところで、現在18時からBSプレミアムで、『イタリア貴族からの招待状』という番組が放送されております。イタリア貴族方のお屋敷や暮らす本物の貴族方が見られます。

    流石!!イタリア!キンキラキンの華やかな内部で、(・・;)となっております。

    長い伝統を守りながら、現在を生きる人達・・・・・興味津々で見ております。

    • mayu より:

      シロガネさん

      せっかく教えてくれたのに見逃しました!

      夕食の支度、夕食、白髪染め、入浴、今、ようやくパソコンしたところでした。

      いよいよ明日ですね、楽しみです(^^)

  5. まお より:

    mayuさん、こんにちは。今週は不測の事態が次々と起き、皇室関係はmayuさんのブログ記事を読むのが精一杯で、今日になって皆さんのコメントも慌てて読みました。いろんな視点があり面白かったです。

    所々前の記事の内容が入ってしまうと思いますがお許しください。

    今上陛下と秋篠宮殿下、外見は似ていませんが、家族に弱いという点で似てましたね。今上のマイホームパパぶりは以前からでしたが、殿下は昭和の頑固おやじのイメージでしたので今回の結果は意外でした。

    誕生日会見、この期に及んでなんとも呑気で驚きました。雅な方の思考にはついていけません。今後の皇室行事への夫婦の参加については、天皇陛下に丸投げではなく、せめて最終的には陛下が決めることだけど公の場には出るべきではないと思っているくらい仰ってほしかったですね。
    でも私は圭の日本での就職、留学、ニューヨークでの就職に殿下(宮内庁も含めて)は関わってないと思いますよ。眞子さんがどうしても皇室や日本から脱出したいと思い、皇室に一般に言われているような絶対的な力があるのなら、三菱東京UFJ銀行のニューヨーク支店に転勤させるのが一番問題のない形だったでしょう。本当に丸の内支店にコネでねじ込んだのなら簡単だったはずです。でも司法試験という時間がかかり結果も不確実な道が選択されました。今のあまりに不確定な状況は、若い力のない二人がもがいた結果としか思えません。

    愛子さまのスーパープリンセス報道、大変失礼ながらいつも北の将軍を思い出してしまいます(笑)。素敵情報はあっていいんですよ。もちろん。愛子さまのお人柄や関心が伝わってくるようなものがいいですよね。

    私は身内や身近な友人のお子さんに発達障害のこどもがいて結構な数の発達に偏りのある子どもを見てきました。もちろん専門家でもないし、実際に愛子さまと接した経験もないので確信をもっていえるわけではないですが、愛子さまの小さい頃の映像は心配なものばかりでした。特に、当時の皇太子さまを車寄せでお出迎えするご様子はどれも見てて辛かったです。よくぞここまで柔らかく成長されたなという思いで一杯です。
    知的に遅れのない場合は確かに勉強面で優れている子も一定数います。ただ社会性が弱いケースが圧倒的に多いです。今から愛子さまが担われる公務は高い社会性が要求される場面が多いでしょう。精神的に潰れないといいなと思います。

    外見については、特に昨年より痩せられたとは思わなかったです。メイクと髪型効果でしょうか。あと矯正?
    洋服はもうなんというか、、、ワンピースのお色目とデザインはまあよしとして、あのジャケットはどなたかのお下がりなのでしょうか?サイズも雰囲気もあってない。お若くきれいな時に素敵な格好をさせてあげてほしいです。 

    昔の妃殿下方のローブ・デコルテ姿眼福でした。今の白衣?みたいななんちゃってローブ・デコルテやめてほしいです(涙)。

    長文失礼いたしました。いよいよ明日ですね。

    • 狗児 より:

      まおさん
      横から失礼します。狗児です。

      愛子さまのお小さい頃のご様子についての見解、興味深く拝読しました。
      そうだったんですね!私も、愛子さまが玄関先でお母さまの雅子さまと喧嘩のような感じになっていたり、心ここに在らずといったご様子だったり、という映像を見てショックを受けましたが、数多くの例を見ていらした方の仰ることは、説得力があると思いました。
      本当に穏やかにご成長なさって良かったと私も思います。繰り返しで恐縮ですが優秀とか東大とか、要らないですね。
      失礼しました。

  6. とうふ より:

    皆様のコメント、頷きながら読んでいました。日本に、一つくらい変わらないもの(伝統や祈りのような。。)があっても良いと思います。
    それを担う方々が皇族。
    でも今の世の中、窮屈すぎて精神的に病んでしまったり、出て行きたくなってしまうのでしょうね。
    これからどうなっていくのでしょうか。モヤモヤした気持ちです。

  7. やしま より:

    狗児さんの「学歴なんぞ」というコメント、全く同感です。
    それと同時に私は、「皇族女子王の存在意義」を思ってしまうんです。20歳になると年間900万円ほどのお金が与えられるようになります。これは手取りなので、普通の納税者だと、1,200万円以上の総額になるはずとか。納税の義務はありません。
    内親王や女王たちがいわゆる「公務」を行うことを、我々は拝見させていただいているわけなのですが、実はその中の「鑑賞公務」と言われるもの、特に人気の高いものについては、それは単に特権を使っているだけで、辛い義務でもありません。その他の名誉総裁も、その存在が必須というわけでもない。
    では彼女たちの存在意義って何か?と考えると、究極は「男系男子の血脈を外から支えること」今どきの人権尊重派の方が読んだら噴飯ものかもしれませんが、でもそれ以外は何?といったら、表向き「公務の担い手」正直「超上級有名人としての華の存在」みたいなものかなと最近思い始めてしまいました。本当はこれはイカンのですが。

    お若い親王殿下が複数おられたら、そんなことはなかったんですが、もうこういう究極の状況になってくると、とんでもないことながら、もし私が彼女らの親だったらですね、小さいうちから「皇室とは」「天皇家とは」って娘たちに叩き込みます。で、18歳くらいになったら、宮内庁と相談をして、できるだけ男系男子の血脈の方と、さりげないホームパーティーようなものを開いてお相手の方と直接会わす。無理に結婚を目指すのではなく、これは「出会いの一つ」として。
    愛子様の存在意義、それは何カ国語も操れる、皇室外交が自由自在にできる、皇室の華になる、高い学歴をつけて論文書いて博士になる等々、知性が溢れ返るようならそれも結構ですが、一番国民が望むのは、「皇室の血を真っ当方向で絶やさないでいただく」ことです。できるだけ高貴な血脈をつなげていただくことです。

    愛子様に関しては、成年になられたということで周囲が大変な意気込みですが、真実はこれから見えてくるはずで、私はゆっくりお手並み拝見といきたいです。「東大」は普通に「学習院」で落ち着きました。いいじゃないですか。皇女に学歴は必要なし。

    必要なのは、品性と健康と社交能力。

    何かで祝賀会の裏側を撮った写真を見ました。皇族の方々が参加者の方々と和やかに談話しておられた。彬子様、承子様の歓談の様子が写真に写されていました。
    愛子様は、これからそういう世界にお入りになられます。
    そして、そんなに長く「皇女生活」をお続けにならず、どうか将来の天皇につながり得る血脈の方と、めでたいご縁ができるといいなと私は思っています。
    (もちろん男系男子の道はまず悠仁様ですが、眞子さん夫婦の次第によっては、将来にとんでもな暗雲が待ち受けているかもしれないので、佳子様でもそうですが、「お控え」は必要な存在です)

    • 狗児 より:

      やしまさん
      ご賛同下さりありがとうございます。
      品性と健康と社交能力、その通りだと思います。
      さっき読んできました週間新潮今週号に書いてありました。女性皇族のお役目は、守谷絢子さんのご成婚時のコメント「皇籍を離れましても、天皇陛下をお支えすることに変わりはありません。」これに尽きる、と。そんな教育は皇族として当たり前のようで、秋篠宮家では難しかったのでしょうか。残念でなりません。

  8. ramiri より:

    mayuさん、こんにちは。
    早朝は関東、9時半には和歌山で大きな地震。東海、東南海、南海トラフ地震が起きそうで怖いです。
    眞子さん強行結婚、秋篠宮殿下会見で脱力感がすごくて、愛子さまにはお元気そうで何よりですとしか、感想がわきません。
    何より自分の身体が。。少しずつ回復しているのは実感しますが、嗅覚の違和感を感じなくなるのは一体いつになるのか?オミクロン株も心配ですが3回目ワクチンを打つつもりはありません。皇室に興味を持って、あれこれ考えるのは、何も心配事がなく、体調も良くなければ無理なようです。

  9. マグノリア より:

    おはようございます。
    外見は天皇陛下と秋篠宮皇嗣殿下はあまり似ていないかもしれませんが、内面は似ているところが多いと思います。
    特に娘に対する想いは一般人並み、いやそれ以上かも。

    スーパープリンセスとは、スーパーボランティアをもじったものですか?
    尾畠さんに失礼かも。(まぁ、あの人はそんな小さいことには気にも留めないでしょう。)
    もしそんなに優秀ならば、オランダの次期国王プリンセスでしたか(静養の時ご一緒したプリンセス)のようにお若い段階からそのご活躍ぶりを国民に伝えることも大切かと思います。
    それに何よりも本人の気持ちが一番ですね。
    周りがヨイショばかりしていると、眞子さんのように心が壊れてしまうかもしれません。

  10. 狗児 より:

    mayuさん
    こんばんは。

    ええ、仰る通り、愛子さまスーパープリンセス伝説は今に始まった話ではないですね。
    私は丁度12、3年前からそれまで全然知らなかった皇室に興味を持ち出して超巨大掲示板など見るようになりましたが、キッカケは、愛子さまのイジメ、不登校問題でした。えええ、愛子さまを虐めるような不届き者がこの世にいるの?と大変なショックを受けました。
    しかし、段々と調べるに、小学生でも高学年になると、子供なりに人間関係が上手くいかない等が原因で不登校が増えるが、低学年の不登校は、大抵がご本人に発達の遅れがあるのが原因、ということを知りました。そして、逆さバイバイだの、ご挨拶やお辞儀が出来ないだの、言葉が遅かったらしいだの、ということも知りました。
    また、私自身も子育てする中で、愛子さまの同年代のエピソードと照らし合わせて見ますとね…とても偏差値70超えだの、東大合格出来る学力だの、という風には思えないのです。

    上記は完全に私見です。何を言ってるんだ、愛子さまは超優秀だ、お前がおかしいのだ、という方がいらっしゃるかも知れませんが、そういう可能性ももちろん否定しません。我々が愛子さまに直に会ってお話をする機会なんて、殆どあり得ないでしょうから、真偽を検証しようがないですからね。

    ただ、一つ申し上げておきたいのは、愛子さまは、今上天皇のお血筋を引く唯一のお子さまでいらっしゃるんですから、それだけでかけがえのない存在です。

    学歴なんぞ、何処の馬の骨やら分からない、無一文の、有象無象のど庶民が世の中を少しでも有利に生きていくための手段の一つに過ぎません。愛子さまが学業成績優秀、東大合格出来る、なんてね、やんごとなき方をど庶民と同じレベルに引きずり降ろすようなことで、逆に大変不敬、失礼千万だと私は思います。悠仁さまについても同じことを思います。

タイトルとURLをコピーしました