愛子さま ティアラを着けドレス姿を初披露 

愛子さま

愛子さま、成年行事で午前中はローブモンタントで皇居・宮中三殿をご参拝、鳳凰の間で、天皇陛下による「宝冠大綬章(ほうかんだいじゅしょう)」の勲章親授されましたが、こちらの映像、画像は今の所お披露目無しで愛子さまのローブモンタント姿は見られませんでした。

午後から黒田清子さんからお借りしたティアラと装飾品、ローブデコルテに上着を羽織り、午前中授与された勲章を着けてメディアにお披露目されました。その後に上皇夫妻に挨拶に向かわれたようです。 上着はショート丈のテーラードカラーで一つボタン止め、シンプルで綺麗なドレス姿です。ティアラもよくお似合いで誕生日映像の時は年齢より老けて見えましたが、この度はナチュラルメイクで若々しくてお綺麗だと私は思いましたご両親である天皇皇后両陛下もさぞかし感慨深いものがあったことでしょうね。    ブログに感想を書くと、太った、太っていない、優秀ではないと思われることを書けば、優秀だと思う、ことごとく反対コメントが出てきます。私は井の中の蛙です、今後は感想も程々にすることにしました。愛子さまの正装の動画は下の方にあります。

上皇夫妻に挨拶に向かう愛子さま

天皇、皇后両陛下の長女、敬宮(としのみや)愛子さまは5日、成年行事に臨み、皇居・宮殿「鳳凰(ほうおう)の間」で、ティアラ(宝冠)や勲章を身に着けた女性皇族としての正装姿で両陛下にあいさつをされた。あいさつを終えた愛子さまは午後0時50分ごろ、宮殿の西車寄に姿を見せ、報道陣からの「おめでとうございます」の声に「ありがとうございます」と笑顔で応じられた。

愛子さまは続いて東京都港区にある上皇ご夫妻のお住まいを訪問した後、再度、宮殿に戻り、皇族方や三権の長から祝賀を受けられる予定。

これに先立ち、愛子さまは同日午前、皇居・宮中三殿をご参拝。鳳凰の間で、天皇陛下による「宝冠大綬章(ほうかんだいじゅしょう)」の勲章親授に臨まれた。

宮内庁によると、愛子さまは午前10時45分ごろ、陛下のモーニングに対応する服装の「ローブ・モンタント」姿で鳳凰の間に入られた。背筋を伸ばし、凛としたたたずまいで臨まれた愛子さまに対し、陛下が直接、勲章を授与された。両陛下は、愛子さまが成年皇族として健やかに歩まれることを願われているという。 記事・画像出典 産経新聞



コメント

  1. ハナミズキ より:

    mayuさんこんにちは。
    愛子さまは品があって可愛らしいお嬢様になりました。
    「品性」はいくらお金があっても買えません。
    世間には「セレブ」と言われる富裕層の人たちの中に、かなり残念な人も見られます。
    (やたらの学歴自慢もその仲間?)

    雅子さまが精神疾患を持たれた要因は多々あるでしょう。
    何かと紀子さまと比較されてしまいますが、「自分の意志」ですすんで入った方と
    「周囲の説得で」入った方とは違うと思います。
    お立場も平たく言えば跡継ぎの長男嫁とフリーな次男嫁ですから。

    雅子さまは第一子が誕生されるまで時間がかかりましたし、次はお世継ぎ出産のプレッシャーや愛子さまの子育てなどで心を患ってしまったのかと勝手に思っています。

    しかしこうして愛子さまが無事に成年式を迎えられてよかったですね。
    公務も大切ですがきちんと学業を終えて、必ずしも皇室に繋がる家庭ではなくても
    「内親王の結婚相手にふさわしい家庭の人」と結婚していただきたいと思います。

    「女性女系天皇容認」をちらほら見かけますが、雅子さまご自身は愛子さまには国民が祝福する結婚の臣籍降下を望んでいるのではないでしょうか?

    長々失礼しました。

  2. ジマ より:

    mayuさん。こんばんは。本当にこちらに伺うとホッといたします。

    一先ず敬宮様の風格あるお姿に安堵しました。皇族として望ましい気品も感じられました。
    ティアラの付け方、ネックレスの太さ等、細部を論っている方も他ブログにいらっしゃいますが、そんなことは枝葉末節です。
    そんなことより天皇派、秋篠宮派と対立している場合でしょうか。
    やしまさんの仰る通り、こちらを除く他の殆どのブログはご自分の主観でいきり立っているだけ。本当に皇室の将来を考えていらっしゃるのでしょうか。

    私は敬宮様が降嫁なさっていいとはとても思えません。
    このままでは悠仁様がお一人になってしまいます。しかも秋篠宮家が元の格式を取り戻すには長い道のりが必要でしょう。必ず伴走者が必要となります。
    側室制度がない現在、将来的な天皇家存続のためには少なくとも3-4家の宮家が必要でしょう。それでも足りないかもしれません。これは昭和天皇の弟宮3家が子孫をお残しになれなかったことからも自明です。
    旧皇族を養子にとの案もありますが、戦後70年以上一般人でいらした方が、いきなり宮家に入られたとて誰が認めるでしょうか。
    ここは歴史に学ぶべきです。継体天皇のように皇女との結婚により、正統性を獲得する方法が一番と思います。
    愛子様には降嫁ではなく、旧宮家の相応しい方とご結婚いただき、皇室に残っていただく。佳子様もご無理でしょうができればそうしていただきたい。
    他の女王方もその道を考えていただいてもよいかもしれません。
    そして男子が生まれれば男系男子の皇位継承権者となることができ、もし悠仁様に男子がいらっしゃらなくても、皇位は安泰となります。勿論皇室典範改正は必要ですが。
    悠仁様にも、旧皇族あるいは五摂家から妃を迎えていただければ、尚望ましいでしょうし、他に宮家があれば、男子を産むプレッシャーも幾分は和らぐでしょう。
    これが小室圭氏の血が皇室に入るなどというおぞましい事態も防ぐこととなるでしょう。
    これ以上の平民化は皇室のアイデンティティを危うくし、存続も危うくする結果になるのではないかと危惧します。
    かなりの極論と認識はしておりますが、今や皇族自らのお覚悟も試されているのではないでしょうか。
    私は女系天皇も否定はしませんが、時期尚早かもしれません。
    とにかく時間がありません。国民がいたずらに対立することなく、世界で最も長いこの王朝をいかに残すのか考えていくことが肝要ではと思います。
    政府の責任も限りなく重いですね。

  3. 匿名 より:

    敬宮さまの記事をアップしてくださりありがとうございます!
    上品さと豪華さが共存した素敵なお姿だと思いました!
    皇女としてご立派に成長されたと感じます。
    一般人にとって皇族なんて遠い存在なのに、正装の敬宮さまを見たらブワッと涙がこみ上げてきましたよ。昔から成長をありのままに見せてくださっていたからですね。
    成年のご感想の通りに、両陛下を支えていってほしいと思います!

  4. Saki より:

    初々しい20歳のお嬢様らしいナチュラルなメイクと装いだったと思います。
    ジャケットの襟がテーラード仕立てなのは珍しいと思いましたが、
    ショールカラーよりも若々しさがあるかもしれませんね。

    これからいじわるなおば様方に、色々と難癖をつけられると思いますが(笑)、
    私も素直に顔の造り云々ではなく、お綺麗だと感じました。

    無事に終えられて何よりだと思います。

  5. ミック より:

    敬宮愛子内親王殿下、ご成人おめでとうございます。

    心よりお喜び申し上げます。

  6. やしま より:

    愛子様、成人おめでとうございます。これから本格的に公務ですね。愛子様をご優秀だと信じておられる多くの方々に、すばらしい所作での公務もしてほしいとは思いますが、やはり私の本音はミラージュさん同様、ふさわしいお相手に早く巡り合い、本当の意味の慶事としてそのご縁をお祝いしたい気持ちで一杯です。

    それからmayuさん、このブログだけなんです。ふぅーーっと大きな息を吐きだせるのは。今、残っている皇室関連ブログは、どこもいろんな意味でいきり立っていて、正直怖いです。mayuさんがお感じになられたことを、どうぞ自由に書いてくださいまし。太っていると感じておられるのならそう書いていいじゃないですか、と、私は思います。あくまでも個人の感想。まあそれをここで「そうは感じない」とお書きになられる方もいるでしょうが、それもまた一つの意見として受け止めていただけたらと思います。
    そして、どちらかにばかり偏ったブログにならないよう、コメンターの皆さんにもどうぞ伏してお願い申し上げます。mayuさんのブログの公平でのびやかなお言葉が永く続きますように祈ります。

  7. とうふ より:

    こんばんは⭐︎
    たくさんの写真、ありがとうございます。本当に品のある、素敵な女性に成長されて、心から嬉しく思っています。ネックレスも、20歳らしい豪華さでよくお似合いです。

  8. ミラージュ より:

    mayuさん、早速のアップありがとうございます。

    第一印象は、地味だわ~でした。
    このところ頻繁に秋篠宮姉妹の映像が流れていますのでお二人の宝飾品、ドレスが目に焼きついているので余計にそう感じました。
    コロナ禍最中を考慮したからでしょうけれど、もう少し華やかにして上げて欲しかったなと。
    お化粧も正装時はもう少しなさるべきですね。
    先日の誕生日映像の方がよっぽど綺麗です。
    髪も正装にしては普段と余り代わり映えしないような。。
    又、ジャケットのテーラードカラーですが、正装にテーラードカラー?
    違和感がありますね~。
    バッグをお持ちでないのは、自宅だからかしら。

    でもまあ、皇太子夫妻(当時)がオランダから帰られた時の出迎えの様子を覚えている身としては、ここまで成長されて感無量です。
    学業優先で構いませんから、大学卒業と同時に相応しい方の元へ降嫁して頂くのが一番かと。
    (いつも辛口評でスミマセン)

  9. あじさい より:

    mayuさん、更新有難うございます。

    愛子さま、今日の儀式を、落ち着いて終えられて良かったです。
    mayuさんと同じく、おきれいなお嬢様になられたなぁと思います。

    このニュースで、眞子さんの結婚問題を少しは洗い流してくれました。
    KK問題は、全て藪の中です。永遠にお金の流れの真実は明らかになりません。

    愛子さまには、全ての国民から賛同されるような結婚相手に巡り会って欲しいです。

  10. マグノリア より:

    こんにちは。
    早々にアップしていただきありがとうございます。
    先日のお誕生日のメイクより、今日の方がナチュラルで20歳の女性らしく見えます。
    ほくろがあるないと言われていましたが、今日はありますね。
    随時更新はご負担かもしれませんが、楽しみにしています。

  11. そよ風、 より:

    敬宮愛子内親王殿下、おめでとうございます。本当に素敵です。涙が何故か溢れてきます。小さい頃からみてきましたが。こんなに品格を身につけて・・!!またお可愛いです。この画像を載せていただいて有り難う御座いました。堪能しました。感謝します。また後できます。m(_ _”m)

タイトルとURLをコピーしました