上皇夫妻 京都から帰京翌日またテニスクラブ訪問 優雅な老後仙洞仮御所への引っ越し完了はいつになるやら

皇室

6月13日 上皇夫妻 最後の公務を終えて帰京。
6月14日、東京都港区の東京ローンテニスクラブを訪問された。
プレーはしなかったが、旧知のテニス仲間と約1時間にわたり懇談された。
同クラブは、ご夫妻が結婚前からテニスを楽しんだ場所で、退位直後の
5月にも訪れていた。記事出典 毎日新聞

下の画像は5月5日、今回と同じテニスクラブを訪問された時の画像で、
5月1日の即位式から、たった4日後に出てきて呆れてしまったのでした。
この時、宮内庁に批判が行ったのか?静養をキャンセルしています。

5月10日頃から、葉山で静養の予定だったが取りやめになった。
5月5日、東京ローンテニスクラブを訪問。退位後初めての外出に
取材が殺到、大々的に報道された。
これからはもう目立たない、皇后となった雅子さまのために
「隠棲の決断」をされた美智子さま。 女性自身より要約・引用
全文は以下をクリック
https://jisin.jp/domestic/1746478/

2泊3日の京都訪問の翌日に、5月に行ったばかりのテニスクラブを
訪問って・・85才の上皇夫妻の驚異的な体力にまたまた驚きました。
京都訪問前は美智子さま、心臓の調子が悪く検査。
中度の三尖(さんせん)弁逆流症や不整脈などの所見が認められ
治療はしないが経過観察、と言われていたんですよね。



上皇后の白内障手術もあり仙洞仮御所に引っ越し完了はいつになるのか

さらに、美智子さまは6月16日、23日の左右2回 両目の白内障手術。
片目づつ2回に分けての手術なので、最低でも今月いっぱいは
美智子さまは動けないことになり、いつになったら改修済みの
仙洞仮御所に引っ越し完了するのでしょうか。
予定では、仙洞仮御所に1年半程度過ごす予定、その間に東宮御所を
倉庫を建てたり、改修工事後、正式に「仙洞御所」となる。
引っ越しが遅れに遅れて、思い出の旧東宮御所に舞い戻る頃には
上皇夫妻87才過ぎていたりして。
三笠宮夫妻のように100才まで生きる長寿なら、改修工事、引っ越しも
やった甲斐があるのかもしれませんが・・・それでも、庶民には
とても出来ないことです。
生前退位も当初は反対でしたが、退位してしまった今は、あの
べったり上皇にくっついて上皇の腕掴みをしている美智子さまを
見る機会が少なくなり、これは良かったと思いました。

他に美智子さまの衣装部屋は、番町皿屋敷状態ではないか?と
思うほどの大皿小皿の皿帽子とケープ、マント姿を見なくて済みました(笑)

ともかく、「仙洞仮御所の庭は手狭で、日課の散策もできないため(日刊スポーツ)」
海外からウサギ小屋と言われる家に住み、猫の額ほどの庭しかない国民が多いのに、
なんだか嫌味に思える、優雅な老後末期生活を過ごされる上皇夫妻なのでした。

以下から
ご夫妻は若い頃に子育てをした思い出の場所に戻ることになる。
ご夫妻は今後、知人と会ったり、音楽や読書を楽しんだりして穏やかな
日々を過ごしながら、国と人々への祈りも続けていくという。
仙洞仮御所の庭は手狭で、日課の散策もできないため、移住後もご夫妻は
皇居内の庭園・東御苑を訪れる予定。前陛下はハゼ研究の拠点である生物学
研究所にも足を運ぶ予定だ。日刊スポーツ引用





【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事しませんのでご了承ください。
*お問い合わせからのメールには基本、返信しませんのでご了承ください。
*コメントが多い、多忙、疲れている時はコメ返しを省略することもあります。
*別館はリンクコーナーにあります。


コメント

  1. イリス より:

    mayuさん、記事アップありがとうございますm(__)m

    昨日は、香淳皇后さまのご命日でしたよね。
    こういう日に、わざわざ手術日を設定すること自体、美智子さまというお方が色濃く反映されている気がします(-“”-;)
    ご希望が何でも叶う方で、そしてコンサートやテニスクラブなど、お出掛けになるお時間が充分あるのですから、いくらでも他の日に出来る環境ですよね。

    仮越しも、あれこれと発表しては意図的に準備を遅らせているような気がしています(-_-;)

  2. 水玉 より:

    mayu さん記事ありがとうございます。

    美智子さまの表情が暗く冴えない気がします。
    ご体調と、やはり眞子さまのことが気掛かりなんでしょうか。

    KK問題が解決しない限り、上皇上皇后も穏やかなお気持ちにはなられないと思います。

    眞子さまもこれ以上ご家族や国民を苦しめるのは、
    いい加減にやめていただきたいです。

    KKと皇族が結婚なんてどう転んでもあり得ません。

    • 水玉 より:

      小室問題が出てくるまでは皇室を尊敬していました。

      私達庶民には手の届かない高貴な方たちだと信じていました。

      しかし正直小室問題で、ここまで何の結論が出せない皇室というところに、今は残念な気持ちばかりです。

      小室の借金問題が分かった時点で白紙にしなければならないものを、ここまで引き延ばして一体どうするのか。

      上皇上皇后も騙されたとは言いながら、
      あんな詐欺師をなぜ平成のうちに裁可取り消し出来なかったのかと思います。

      また川嶋教授も祖父でありながら、
      10年以上も前から宮内庁からも注意を受けていたというのに、怪しい人物と四月に旅行に行ったといいます。

      本当に川嶋教授という人は将来の天皇の祖父のなる自覚があるのか、
      眞子さまに本当に注意しているのかさえ怪しいと思います。

      川嶋教授の部落解放運動の自由平等の精神、
      差別してはいけないという気持ち、
      それは大事かもしれませんが、
      皇族の結婚が自由では困ります。

      皇族の結婚が個人の自由だけでいいなら、
      皇室崩壊につながります。

      国民の祝福あってこその皇族の結婚です。

      天皇家も川嶋家も普通では考えられない人達だと思うようになってきています。

      • ゆきんこ より:

        水玉さん、
        上皇、上皇后ご夫妻は、眞子さまがお気持ちを翻すのがいちばんいいとは思ってられても、
        それほど気に病んではいらっしゃらないような気がします。

        • 水玉 より:

          ゆきんこさん

          もし本当に気に病んでいないならおかしな事ですね。
          国民がこれだけ嫌がっているのに。

          秋篠宮ご夫妻はもちろん、上皇上皇后も、
          川嶋教授ご夫妻も、祖父母ならば、
          眞子さまを思い、また日本国民を思い、
          今すぐにでも家族会議を開き、
          破談にしなければならないのに、
          本気で小室問題に取り組んでられるんでしょうか。

          以前は時々美智子さま主導で、上皇陛下、天皇陛下、秋篠宮さま三者会談はしていましたが全く成果は出ず。

          眞子さまが全く言うことを聞かないならば、
          眞子さまの公務停止命令させるくらいしなければならないと思います。
          なのに眞子さまには何の罰もない。
          小室はNYでやりたい放題。

          この人達は金銭的にも何の心配もないので、
          全てが人任せで宇宙人か何かではないかと思えます

          だからあんな小室のような詐欺師が近づいて来たんだと思います。

          • ゆきんこ より:

            水玉さん、

            上皇、上皇后が本当に気に病んでらっしゃるなら、
            少々ご自身のメンツがつぶれても平成の間に裁可取り消し、
            あるいは今の天皇に裁可を取り消すようにおっしゃるでしょう。

            今上も、上皇から言われればお取消しなさるかもしれませんが。
            (ただし、「上皇陛下の仰せにより」と正直におっしゃりそうです)。

            >眞子さまが全く言うことを聞かないならば、
            眞子さまの公務停止命令させるくらいしなければならないと思います

            同意します。
            でも、継承者もですが、公務要員も今は不足なのでしょう。
            他の宮家の高齢化や何やらで。

            • 水玉 より:

              ゆきんこさん

              >継承者もですが、公務要員も今は不足なのでしょう。
              他の宮家の高齢化や何やらで。

              本当にそうですね。
              公務要因は今は不足状態なんでしょうね。

              これから皇族の数が減っていくのは確実で、
              不必要な公務はどんどん削って、
              公務のスリム化をしていただきたいですね。

              眞子さまと小室が結婚して、
              人手が足りないからと言って、
              公務を引き継ぐなんて、
              冗談でも絶対にやめていただきたいです。

  3. nono より:

    mayu様こんばんは!
    美智子様はどーーしても吹上大宮御所には入りたがらないですよね。自分をいじめた人がすんでいた場所。そりゃ御所を新築なさいますね。
    赤坂に移れば千代田よりは幾分気兼ねなく友人知人を呼べるし、出掛けやすいですしね!
    どなたかが書かれておりましたが、皿屋敷の一文に笑ってしまいました。女官が数えても終わらない皿屋敷…怖いです(笑)
    各御用邸も、義理の母が晩年をよく過ごしていた場所、私は新しくありたい!と美智子さまは言いそう、と思ってしまいました。

  4. しろ より:

    こんにちは。テニスもしないのに、またテニスクラブへお出かけとは驚きました。テニス仲間の方たちも良いお年と思いますが未だ皆様テニスをされているのでしょうか。

    仙堂御所については、皇太子時代の思い出の赤坂御所でというのは、ものすごい言い訳で、
    美智子様にとっては嫌な思い出の場所で嫌なのかしら。。。
    実は何か出そうで嫌なのかも。。。などと勘繰っておりましたが、
    旧高松宮邸改築の方に思惑があったとは思いませんでした。どうなのでしょうね。

    美智子様の皿帽子は、色や素材、飾りが違っても、なぜあの形、あのつけ方に拘るのか何度見ても私には理解できません。千代田皿屋敷。。。荷造りのために毎晩数える女官の姿が。。。でも足りない。。。お引越しできない。。。ということですか?!(笑)

  5. やしま より:

    2006年、13年前のアエラの記事を一部抜粋させていただきます。

    「2006年。高松宮邸の敷地一角にマンションが建設され始めた。その前の話として、その地は宮家で2階建て4棟の住居を建てて、賃貸住宅とし、外部の人に貸していた。
    それを今回壊して、マンションにするもの。購入者は住友商事。(建築主も同)

    高松宮邸宅全体敷地のうち、マンション部分は南側の1,800㎡。マンションは地上4階、地下2階、完成は2007年6月。部屋数40戸。一戸当たり80~110㎡。分譲だが、周囲の相場より高く、億ション。

    高松宮殿下が逝去された折はバブル時期。土地評価額300億円。この相続税捻出のため、高松宮家はお持ちの土地の9割にあたる8,100㎡を国に寄贈。葉山の別荘は住友信託銀行に売却して相続税を払われた。
    最終的に残ったのが1,800㎡の私有地を含む18億6,000万円相当の遺産。それを喜久子様のお妹様たち4人で相続。相続税7億8,960万円。

    で、今回その私有地だった1,800㎡にマンションが建つことになったという経緯。土地の売却は喜久子様の遺言だったととか。転売をしないこと、高さは宮邸の木々を超えない、などが条件。

    そして、マンション部分以外の国に寄贈した敷地は現在も国の所有で、そのまま残っている。邸宅には4人の職員が住み込みで管理する予定。だが今後の扱いについては宮内庁は「検討中」と、明言を避けている。

    『天皇家の財布』の著者、成城大学文芸学部の森暢平氏は、こんな見通しを示した。
    「一般公開も活用もされないままでは、国民にとって無駄な資産だと言えますが、皇室典範の改正問題など新しい宮家の創設が取りざたされるおり、宮内庁としては明言こそしませんが、現状のまま残したい、と思っているでしょう。実際に、ずっとそうするのでは」
    (以上・AERA編集部臼井昭仁)

    うーん。まさかこの13年後に、上天皇夫妻が住む予定になろうとは。
    しかもちっとも引っ越ししようとしないお二人。
    たった1年半のお移りのために多額の改修費用をかけたというのに。

    意味深なのは、上記の
    「新しい宮家の創設」です。
    悠仁殿下のために。というのならいいですが、女性宮家を展望に入れて、だったら恐ろしい予測。
    クロワッサンさんの予見がドンピシャかもしれません。

    それと、今、「高松宮邸を見下ろせるマンション」と有名になっているのが、どうやら上記のマンションのようですね。まさに至近距離に建っているわけでして。って、もともと宮家の一部だったんだから当たり前か。

  6. ゆきんこ より:

    追加です。
    高輪邸には信子さまがお住まいになればよろしいかと存じます。

  7. ゆきんこ より:

    mayuさん、記事更新ありがとうございます。

    前記事のコメント欄にやしまさんが書いておられましたが、もし皇居がよろしいのなら、

    1 秋篠宮家の改修を即中止。(これが一番批判の対象にされてる)。

    2 吹上大宮御所を改修して仙洞御所に。

    3 改修して、天皇ご一家は皇居吹上御所に。

    4 元東宮、現赤坂御所を改修して秋篠宮邸に。

    今改修中の秋篠宮邸が中途半端になるでしょうか?

  8. 白雪山羊 より:

    mayuさん、お疲れの所
    記事更新ありがとうございます。

    私もクロワッサンさんと似た様な事を考えてました。

    高輪に住むご予定だったのは、今と違う人達を想定していたんじゃないか?考え過ぎですかね…

    何だか、こうではないか?ああではないかと色々グルグルして頭痛くなります(*_*;

    私が頭痛くなってどうするんだと思われるだろうけど、この先の皇室はどうなるんでしょう。

  9. クロワッサン より:

    mayuさん、いろいろとお忙しいのに更新有難うございます。

    仮御所への引っ越しが遅れに遅れ、仮御所に住まないうちに仙洞御所に直行になるのでは(笑)

    上皇御夫妻は引退して私的な事のみですし、年齢的な事を考えれば、葉山御用邸で晩年を過ごせば、無駄な費用は掛からなかったのにと思います。

    改修した仮御所は、KKトラブルが発覚してない前の計画として、眞子さまの宮家創設結婚で小室圭と住む予定の住居だったのかも??

タイトルとURLをコピーしました