天皇ご一家 皇居へ引っ越し*美智子さま仮仙洞御所に越してから体調不良が続く

皇室

本日6日、天皇皇后両陛下と愛子さまの3人が赤坂御所から皇居に移られました。引っ越し作業中は静養に行かず宮殿に滞在。15日新御所で生活を始められる見通しだそうです。

上皇后美智子さまが原因不明の息切れや指のしびれなど体調不良だそうです。仙洞仮御所がとにかく狭くて狭くて、美智子さまレベルで猫の額ほどの敷地しかないんだそうです。それで、散歩も敷地内をグルグル回るしかなくて、あまりにも狭くてグルグル回っているうちに、フラフラ~っと眩暈もしてくるような状態なのかもしれません(私の推測です)

更に飛行機の騒音にも悩まされています。これは羽田空港の嫌がらせでしょうか。上皇夫妻が仙洞仮御所に引っ越ししたのが2020年4月1日でした。4月1日といえば、エイプリルフール、昔は4月1日を「4月バカ」と言う人もいましたが(私も言っていたかも)それから程なく羽田空港が新たな飛行ルートを採用し上空を飛行機が通るようになったんです。

私の父親が私がまだ子供の時に、長期出張で空港か飛行機が飛んでいく近くで仕事をして、その爆音に寝られない、休めないなどで体調を壊し半ノイローゼのようになって帰宅した事があると聞きました。いくら補聴器を外しても上皇夫妻には爆音は辛かったでしょうね。大声を張り上げて会話している上皇上皇后陛下・・・( ゚Д゚)  老人施設でたまに見る光景です。

また、武漢コロナでお出かけもままならず、徹底した引き篭もり生活をされていたこともストレスになり、指がしびれてピアノも弾けない状態になったそうです。ピアノ命の美智子さまには辛いことでしょう。

だーーかーーーらーーー、思い出の東宮御所に入りたいなどと贅沢な事を言わなきゃ良かったんですよ。

昭和天皇が過ごした吹上御所を改修して入居すれば、思い切り散策も出来たし爆音に悩むこともなかったのに~~あんまり我が儘で贅沢な事を言い出すから天罰が下ったとしか思えませんが、お大事に。

「近頃、美智子さまのご体調が優れないようなのです。今年6月の定期検診で、心不全の診断指標となるホルモン値が正常値を上回っていることが発覚しました。原因は不明だということです。美智子さまはゆっくり歩かれていても、時折立ち止まり、はあはあと息を切らされることがあるそうです。かなりおつらいのではないか」  中略  「美智子さまにとって、仙洞仮御所での生活は多大なストレスとなっているようだ」とは、前出の皇室関係者。
仙洞仮御所は、とにかく敷地が狭い。美智子さまは上皇さまとの散歩を日課とされていますが、敷地内では同じところを回るしかありません。また1年半ほど前、羽田空港が新たな飛行ルートを採用し、仙洞仮御所の上空を飛行機が通るようになりました。声を張らないと会話ができないほどの騒音だそうです」さらに、「指のしびれも続いており、趣味のピアノを満足に弾ける状態ではない」(前出・皇室関係者)という。そんな美智子さまを案じられているのが、雅子さまだ。記事出典 NEWSポストセブン https://www.news-postseven.com/archives/20210902_1688358.html?DETAIL



天皇ご一家 皇居へ引っ越し 「身の引き締まる思い」

今日は悠仁さまに続いて、久しぶりに愛子さまの姿を見る事が出来ました。できればマスク無しで見たかったのですが、入学式と変わらない様子でお元気そうです。 12月1日の成年式が何かと楽しみです。 特に感想はないのですが、大激震の秋篠宮家と対照的にこちらの一家はのんびり過ごしているのか、3人の表情がソックリですね。なんかさ~仕事もさぼった者が勝ちみたいに思えるんだけどぉ。私もやらないで済むことはやらない事にしようかと、この一家を見て思いました。

天皇、皇后両陛下と長女の敬宮(としのみや)愛子さまは6日午後、代替わりに伴う引っ越しで、赤坂御所を出て皇居へ移られた。新型コロナウイルス禍に配慮し、ご一家は引っ越し作業の間、当初想定されていた地方の御用邸ではなく皇居・宮殿に滞在される。作業完了後の15日にも、皇居内の新御所で生活を始められる見通し。両陛下と愛子さまは午後2時半ごろ、赤坂御所をご出発。お三方は車寄せで、秋篠宮ご夫妻のお見送りを受けて車に乗り込まれた。2時40分ごろ、皇居内の新御所にご到着。天皇陛下は、皇位とともに受け継がれる「三種の神器」のうち、剣と璽(じ)(勾玉(まがたま))をささげ持った侍従を従え、皇后さま、愛子さまとともに新御所に入られた。剣璽を新御所に納めた後、ご一家は一時的な滞在先となる宮殿に移られた。新たに「御所」となるのは、上皇ご夫妻が昨年3月まで住まわれた旧吹上仙洞(せんとう)御所。居住部分のほか、賓客の接遇に使われる広間や応接室、側近の事務室などがあり、老朽化した設備などの改修が今年6月に完了した。陛下はこれまで、宮殿での行事や宮中祭祀(さいし)のたびに赤坂御所から皇居に通われていたが、今後は皇居内の移動となる。記事出典・産経新聞 https://www.sankei.com/article/20210906-DBW7BYPZRJNS3EAQBJB5KYWWVY/photo/GWSCACK5VRKAPD2WWKUZTO22MQ/



コメント

  1. バンビ より:

    mayuさん

    こんばんは!
    東京は9月の始まりと同時にすっかり
    涼しく(寒いくらい)なりました。
    急な気温差で風邪をひいてしまいそうです。今、風邪でもひいて熱が出たら
    一大事なので、本当に体調管理に神経質
    に過ごしています。
    mayuさんもお忙しいなか、記事を更新してくださりありがとうございます。

    眞子さまの結婚のニュースから悠仁親王の
    お誕生日、天皇御一家の引っ越しの話題
    これらをつらつらと見たり読んだりしながら、なんともうまく整理のつかない感情が湧いてきて上手く文章にならないかんじなのですが。

    ぼんやりと感じるのは
    皇族のどなたをみても、もう敬愛や尊敬の
    気持ちが湧いてこないなって事です。

    眞子さまの公を蔑ろにし私を優先した
    今回の卑しい振る舞い。
    ジャガーさんは結局泣き寝入りですか。
    お金を返す必要ないと書面で発表したかと
    思えば、あっさり払うと言ってみたり
    眞子さまとKが一緒になってジャガーさんを
    愚弄したこと、皇族が国民の一人を
    愚弄したこと、結婚おめでとうなどと
    言ってるノーテンキな人は知らないのですかね。
    Kは結局、秋篠宮両殿下にろくな挨拶もお詫びもせずニューヨークでしれっと
    眞子さまを待つのですかね。
    呆れますね。
    まあ、いまさら愛なんてそもそも存在しないのでしょうが、愛する人が日本で
    自分のために矢面にたたされている
    愛する人のご両親にはなんとしても
    わかって欲しい
    なーんて気持ちはサラサラないんですね。
    眞子さまはそれでも自分は愛されてるとでも思うのかしら。
    悠仁さまは、本当にお気の毒です。
    ご本人になんの瑕疵もないのに、ご両親や
    姉君のせいで、進学の事であれこれ勝手な
    憶測される立場に置かれてしまって。

    天皇陛下も一族の長であり、皇室は超階級社会やわけですから、眞子さまをきつくたしなめるべき立場でした。
    まあ、親である秋篠宮両殿下をもです。

    昔の皇室でしたら、眞子さまは尼寺に蟄居幽閉だったと思いますよ。

    そうかと思えば美智子さまのわがままを
    さもお気の毒でお可哀想といまだに
    記事にするアホな女性誌。
    本当にしらけます。

    まあ、とにかく私は最初から
    国民に寄り添うなどポーズでしかなかったと、確信しました。

    平成になって57億円もかけた御所の
    建設、強いお気持ちとやらの慰霊の旅という名のフルムーン。
    雅子さまのご静養という名のオランダ旅行
    東日本大震災の1か月の東宮御所での
    愛子さまのお友達を集めたお楽しみ会
    などなど。
    まあ、振り返ってみれば呆れますね。

    秋篠宮両殿下は頑張っていたと思いますが
    お子様たちに、皇族としての御自覚を
    教育してこなかったのでしょう。
    本人の意思を尊重などといった、一見
    耳障りの良い言葉ですが、バランスが必要でしたね。
    あとは、信頼できる側近が御一家のそばに
    いたら違ったのかもしれませんね。

    きっと佳子さまを眞子さまと同じような
    お考えとお振る舞いをするんじゃないで
    しょうかね。
    悠仁親王の将来や皇室の将来などよりも
    ご自分好きなように生きる、と。
    もう眞子さまが前例となり、
    佳子さまが躊躇する必要もなくなるで
    しょう。

    だんだん書いていてまたまた腹立たしく
    なってきちゃいました。
    ど庶民の私はまだまだ頑張って働かねば。
    はあーまじめに納税するのがバカバカしく
    なります!

    やっぱり、貴賤結婚はロクな事にならない
    ことがよくわかりました!

    mayuさん
    長々とすいません。mayuさんのブログは
    明るくて文章も笑えることもあり
    たびたび癒されてます。
    涼しくなりましたので、今まで以上に
    ご自愛くださいませ。

    • mayu より:

      バンビさん

      東京も涼しくなりましたか。いよいよ秋になるのでしょうか。
      9月1日からトンデモな眞子さんと小室圭の結婚へ、のニュースで
      ドヨヨ~ンでしたが、もうこの2人は諦めるしかないかな。

      周りの説得、意見、国民の反対、批判も受け入れず
      結婚へ向けて猪突猛進ですからねぇ。

      秋篠宮ご夫妻も頑張って来られたのに、眞子さんの件で
      一気に奈落の底に落とされて、本当に気の毒でした。

      後悔する事も多いのでしょうが、眞子さんと悠仁さまを
      切り離す選択をされたのかなぁ~とは思いました。

      佳子さまには国民に祝福される相手と結婚して頂きたいです。
      眞子さんの事で少しは考えたのではないでしょうか。

  2. アール より:

    mayuさん
    記事のアップありがとうございます。

    天皇御一家、お元気そうですね。
    皇后陛下も戦没者慰霊の式典でふらつきがあったとのことでしたが、ご快復されているようで。

    愛子様もいよいよ成人。単独公務を期待しています。
    真子様はアメリカに行くのですから、美智子様から引き継いだ名誉職は、愛子様へお渡しするべきかと思います。頭脳明晰、スポーツ万能、音楽の才もありなのですから。
    冗談抜きで、真子様は今後、元皇族としての活動は控えるべきでしょう。御自分から皇室を出て行きたいのですから。

    高円宮承子様がなかなか結婚しないのは百合子様、お母様の反対もあるけど、宮家が出来るの待ちなのか、お相手が宮家に入りたくないのかも。佳子様は継ぎたくないでしょうけど諦めるかしら。

    上皇后様は真子様については何も無いのでしょうか。御屋敷の庭を少し歩くだけで息が上がるなら、そんなに散歩しなくても良いのではないかと思いますけど。庭なんか無い住まいの人もいるのに我が儘な気がしますね。
    残念ですね。

    • mayu より:

      アールさん

      雅子さまも体調の波が~と言いつつ20年経ち、年を取りました。

      私は美智子さまの名誉職は減らして、雅子さまと紀子さまへ、
      眞子さんがやっていた公務は愛子さまが引継ぎで、今年は
      成年式を終えてからオンライン公務デビューでしょうか。
      今まで両親のオンライン公務に同伴することもなかったので
      どのような公務をするのか、未知の愛子さまですね。

      佳子さまも承子さまも宮家創設で残るのか?分からないですね。
      彬子さまなら未婚のまま三笠宮家当主になる可能性は高いのですが。

      美智子さまは退位してからめっきり老いたようですねぇ。

  3. やしま より:

    天皇御一家は、皇室をよく知らない人たちが見たら、なごんでほっこりして、仲良しそうでいいなぁ~と思われるんじゃないでしょうか。ここまで来るのは大変だったし、これからもどうなるやらなんですが、一瞬の切り取りを見ると、「いい家族」のように見えます。まあとにかくあの愛子さまが、よくぞここまでという感慨はあります。だって普通の女の子に見えますモン。成人会見が楽しみです。

    天皇陛下、お願いですから愛子様は国民の皆が、特に我々が祝えるような方と早く結婚決めてくださいませね。そして皇后陛下。公務はこれまでのように休み休みでも、もう諦めましたから、お嬢様の行末のことだけはあらゆる手を使って、良いお婿さんを探してください。自分で探すのが億劫なら、久子様にお頼みになるのが早道かもしれませんヨ。

    上皇后陛下はねぇ。。この方は今のこの愚痴を聞くと、皇太子妃時代にどの程度苦労なさったのだろう?と思います。確かにいじめはあったかもしれません。上つ方にとっては嫌悪感を伴う異分子で、ちょうど今の我々が小室母子に対する気持ちのようなものを周囲の方は持たれていたと思います。殿下の愛一つにすがっていた時期もあったでしょう。けれど次代の皇太子殿下をお生みまいらせたという事実一つで、美智子様は「女帝」まで上り詰めました。とはいえ上がり切ったら降りるしかありません。今の境遇を不遇だと嘆いてみても、国民はコロナでもっと不遇ですから、「おかわいそうに」と思う方はほとんどいなくなりました。第一、そんなに今の宮邸のことを狭いだのと貶すのは、亡き高松宮ご夫妻に対して非常に失礼なことだと私は思います。

    • mayu より:

      やしまさん

      小室圭登場から皇室に関心を持たれた人たちには、雅子さまの
      20年間のことは分からない、理解できないでしょうねぇ。
      それはそれは酷い状態でしたが、やっぱり愛子さまが原因だったのかな。

      愛子さまが結婚生活、想像できないのですが(^^;)
      久子さまとは親しいでしょうから、頼むのも良いですね。

      美智子さまの苦労と庶民の苦労は違うのですが、苦労して生きてきた、
      生活している人たちは沢山いるのですが。
      少なくともお金の苦労をしないで済む生活は、今のコロナ過では
      羨ましいし、こういう老後を送れるのも羨ましいです。
      欲を出し過ぎじゃないでしょうか。

  4. マグノリア より:

    おはようございます。
    午後からお引っ越し報道が流れましたね。
    皇后陛下のご体調に合わせてでしょうか。
    愛子内親王は別のお車に乗られたようですね。

    上皇后陛下は年齢的なものもありますが、お考えが狭くなりました。
    仮御所の上空を飛行機が通ることは、退位引っ越し前にわかっていたはずですし、この計画はかなり前からあったはずです。
    もっと苦しんでいる日本国民はいます。
    さらに仮御所の場所は、皇居の敷地内とか選べたはずです。
    そうすればお散歩・騒音問題も解消されたことでしょう。
    退位後国民に寄り添うお考えが消えてしまいましたね。

    • mayu より:

      マグノリアさん

      悠仁さまの誕生日に重ねて引っ越しでした。
      愛子さまが大人っぽく見えましたが、マスクのせいかな。

      美智子さまは高輪御所に引っ越ししてから、体調不良の
      報道が続きますね~~一番ムカつくのが「狭い」ことで、
      益々自己中になったみたい。もはや慈愛も無くなりました。

タイトルとURLをコピーしました