女性セブンのネット配信以降の記事です、これで女性宮家創設できなくなる、他書かれていました

皇室

ネットにアップされた女性セブンの記事は全ページの2/3くらいで
後半の記事もあり「これでは女性宮家は創設できなくなる」
などが書かれています。
今回も本文は音声入力で添削しますが、誤字脱字あるかもしれません。

ネットにアップされた記事の続きとカラーグラビアに載った小室クン

これで女性宮家は創設できなくなる

小室さんとの結婚は秋篠宮家に限らず、皇室全体に暗い影を落そうとしている。

「美智子さまは、何かよからぬ話が聞こえてくるたびに
“大丈夫でしょうか?” ”どうなっているのでしょうかと?” と
戸惑う素振りをお見せになっているといいます。
陛下の退位まであと1年ちょっと。皇后としての美智子さまの集大成でもあります。
その重要なタイミングで、美智子さまの心に大きな負担がのしかかってしまっている
現状はとても看過できません」(別の宮内庁関係者)

痛切の思いを抱いているのは紀子さまだ。

「最近、紀子さまは”両陛下に合わせる顔がありません”としきりに
話しされているそうです。その一端が垣間見えたのが、1月2日、皇居で行われた
新年を祝う食事会でした。 会が終わった後、皇太子ご一家に続いて、秋篠宮ご夫妻と
悠仁さまが乗られた車がすぐに出てきたのです。
これまでであれば、皇太子ご一家がお帰りになってから数十分から
長いと一時間以上、「両陛下と秋篠宮家」の歓談の時間があるのが
普通だったんですがその日は違った。
よほど早くお帰りになりたい”事情”があったんでしょう。

秋篠宮ご夫妻は、お子様方の意思を尊重される教育方針を徹底されてきました。
それが裏目に出てしまったのかもしれません。
秋篠宮ご夫妻の心配をよそに眞子さまは小室さんと二人だけの世界に
入り込んでしまっているようで、ご夫妻の話に耳を傾けられないと言います
(皇室ジャーナリスト)

眞子さまのご結婚を巡る騒ぎは、皇室の未来にまで影響を及ぼしかねない。

「眞子さまがお幸せになれないのではないかと、将来を憂う声はずっと囁かれています。
小室家の報道が相次いでなされる背景には、結婚を見直して破談にした方がいいという
一部の抵抗勢力の筋書きもあるのではないでしょうか。
幼少から眞子さまの成長を見てきた宮中関係者の中には、心から眞子さまの行く末を
心配いる人も少なくありません」(前出・別の宮内庁関係者)

1人のプリンセスが、意中の人と結婚できるかどうかーーー
それは本人たちと両家にとっては重大な分かれ道かもしれないが
今回の問題はそれだけにとどまらない。

小室さんについて調査を進める、ある政治ジャーナリストは
もうひとつの筋書きを指摘する。

「小室さんに関するさまざまな情報が出た上で、結婚してもらった方が
いいと考える向きもあるんです。そうすれば今後の皇室の在り方について
議論の方向性が定まるからなんです」

現在の皇室にとって喫緊の課題は、次第に減っていく皇族の数を
どう維持するかというものだ。このまま人数が減り、男子男系で皇位を
継承するとすれば、既に若い皇位継承者が悠仁さましかいない現状を鑑みれば、
そう遠くない将来に皇統が途切れてしまう可能性は十分にある。
つまり皇室の断絶である。 それを避けるために、女性宮家の創設や女性・女系天皇の
議論が行われた過去もある。前出の政治ジャーナリストがこう続ける

「もし女性宮家が創設されていたとしたら、議論の行方によっては
眞子さまのお相手は『皇族』になる可能性がありました。
もし女系天皇が要望され容認されていたら
眞子さまの子供が『天皇』になることもありえる。 

それでは騒動の渦中にある小室さんは、皇族になるのか?
また小室さんの子供が天皇になることについてはどうなのか?

今回の騒動は、女性皇族が選んだ男性、つまり配偶者であれば
皇室に迎えていいのかを国民が考えるいい機会になった。
女性宮家や女性天皇を認めることの問題点がはっきりして
理論は進まなくなるだろう」

両陛下は皇位の安定的な継承を望まれている。
そのためには、女性宮家や女性女性天皇の議論は必須だ。
しかし、今回の結婚が、それを妨げるものになってしまうとしたら
皇室は今大きなジレンマの濁流に飲み込まれている。

この後、質問形式での記事が続きますが簡単に掻い摘んで書きます。

スポンサーリンク

※小室家の諸問題は把握できていなかったのか

内親王、女王の場合、国が関わる会議はなく、あくまで私的なこと
という扱いで事前チェックの有無や内容は一概に言えません。

宮内庁が小室さんについていろいろと下調べする必要があったのだろうが
実際に動けるのは、秋篠宮様や紀子様のご意向があった上でのこと。
どうやらそういった”指令”がなかったため、報道を通じて初めて知る
ということが大半だったようです。
つまり、両陛下も秋篠宮国際も宮内庁も把握していなかったということだ。

※破談はありえるのか

陛下から結婚の「裁可」を頂いているので白紙に戻すのは現実的には難しい。
だが過去には実際に破談になった例がある。
大正時代、香淳皇后の実兄で今上陛下の伯父にあたる久邇宮家の朝融王と
酒井伯爵家の令嬢、酒井菊子との婚約が破談になっている。

※結婚式費用はどちらが負担するの

小室さんの収入状況や過去の借金問題がありましたが、費用を全額秋篠宮家が
負担するわけにはいきません。 元をたどれば国民の血税な理由で折半あるいは
招待人数による若干の調整がある程度でしょう。
そうしないとあらぬ批判を呼びかねません。
しかし、過去に小室さんの授業料まで援助で賄っていたほどということですから
そもそも支払えるのかどうか・・・(前出・宮内庁関係者)

※降嫁された元女性皇族は離婚できるの? 離婚後はどうなるの?

当然離婚はできます。ただその場合「姓」をどうするのどうするか
という問題が生じます。皇族方は「姓」を持っていません。
結婚相手の姓のままということになるでしょうが
それも心情的な問題を残すことになるでしょう。

一時金については、一旦夫婦関係を結んだ以上、共有財産という見方も
できるでしょう。そうなると財産分与は非常にややこしい問題になります。

※他の女性皇族への影響は

眞子さまを除き、現在6名いる未婚女性皇族のうち
愛子さま以外の5名が結婚年齢を迎えられている

“恋愛と結婚は別物”と考えられている女性皇族の中には
小室さんとの結婚に突き進んだ眞子さまに対して戸惑いもあると聞いています。

同時に小室さんや佳代さんの報道を目の当たりにして
お相手選びに慎重にならざるを得なくなり縁談が進まないと言う
弊害も出てくるかもしれません (前出・宮内庁関係者)

これで女性セブン2月15日号の皇室記事は〆ですが
昨日、ネットにアップされた記事もまだじっくり読んでいません。

女性セブン、今週号もかなり突っ込んで書いているので
この流れで「破談」までいってくれたら・・・と思いますが
眞子さま、もう周りが見えない、洗脳状態ですね。
本日、時間があったら感想など書きたいと思います。




【お願い】
*どんなコメントでも匿名、名無し、通りすがりなどの
名前でのコメントは承認しません。
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。
皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください。
スポンサーリンク


コメント

  1. sawayaka より:

    agoraなど見るとやはり早い段階でマスコミは知っていたみたいですね。
    ↓のように書かれています。

    いま語られている諸問題は、婚約発表があった段階で各社が聞き込み取材をしていたなかで
    知られていたことが主であって、私もかなりの部分を聞いていた。
    ただ、当事者の証言が取れないとか、自社だけが突出するのが嫌で報道されなかったのが、
    納采の儀を前にいま報じないと機会を失うとばかりにいっせいに出ていると言うことだろう。

    この「機会を失う」というのは、国民に広く知らしめなくてはいけないという意味なのか、
    折角の情報を持っているのに、このままゴミにするのはもったいないということなのか、
    どっちなのでしょうね。

    何十年か後になって、平成の最後の年に若い内親王・眞子さまが天皇制を崩壊するボタンを
    押してしまったんだよと言われるかもしれません。

    それにしても不可解なのは、あの家庭環境に育った小室圭さんが、
    どうして眞子さまにプロポーズしたのか。
    どう考えてみても解せません。
    それはほとんどの日本人がそう思っているはずですよ。

    この結婚はここが一番不可解で、プロポーズに小室親子の考え方、生き方などいろんなことが
    集約されているんですよね。

    バイト先で、「同級生に眞子さんがいる」と話したということは、
    皇室に全く無知だったとも思えません。

    TwitterでICUの同級生が、「今年一番の衝撃は仲のよかった同級生が、眞子さまと5年間
    付き合っていて、それを誰も知らなかったこと」と書いています。

    https://twitter.com/shunya_t/status/864734386507333632


    この同級生は、セントメリーズと言うインターナショナルスクールの出身で、高校卒業の年に
    センメというグループを結成し、ハモネプで優勝した人です。
    ICUに入学した頃Twitterをやっていて、私も見ていたのですが、
    「目の前に眞子さまがいる」とつぶやいていたのをしっかり覚えています。
    やはり眞子様のことは同級生の中でも話題に出ると思いますよ。
    週刊誌によると(週刊誌だから、真偽はわかりませんが)佳代さんの例の元婚約者が
    皇族と知り合いの話をしたら、佳代さんは「宮内庁にお知り合いがいるのですか」と
    興味津々だったというので、眞子様の話題は親子の間で出たと思います。

    同級生になった皇族に声をかけるのは、人見知りをしない人だったら、
    考えられることでしょうし、興味半分でお付き合いをするのももしかしたらあるかもしれません。
    それでもプロポーズするとは、あまりに不可解。
    万一皇室に無知だったとしても、何度も宮家に遊びに行って、
    お付き合いをしている間には、その眞子さんについてテレビ等の報道を関心を持って見ていき、
    眞子様の立場が分かっていったと思います。
    それでも小室圭さんのような生い立ち、環境にいる人間が眞子様と結婚しようとする気になるなんて
    いくら何でも無茶ですよ。

    眞子様から女性宮家の創設の可能性や、好きでもない旧宮家の人と結婚させられるなら
    死んだ方がましだとか、そんなことを聞かされたのでしょうかね。
    自分が何とかしてあげたいと思ったのでしょうかね。

    佳代さんからすると、もしかしたら少々のお金だったらまた何とか頑張って
    援助してもらえる人を探せばいいと思ってけしかけたのかもしれませんね。。
    英語ができるという一点で、「圭くんだったら外交の役にも立つ」と母親から洗脳されて
    いたのでしょうし。

    眞子さんは自分たち皇族はマスコミにあることないこと書かれるという経験をしているので
    ショックの度合いは、普通の人が思うほどではなくて、めげてないのかもしれません。

    今、こんなことになって眞子様は「私が皇族だったせいで、圭くんがこんなひどい目に
    合っている」と思っているんでしょうね。
    「圭くん、ごめんね」
    「いいよ。眞子ちゃんはこれまで大変だったんだね。よく分かったよ。これからはふたりで乗りきっていこうね」
    とか何とか勘違いのストーリーを展開していそうです。

    どちらにしても、女性宮家創設に関しては、しばらく議論の場に上らないでしょうね。

  2. やしま より:

    今回のこと。
    ご本人の成育度と両親の育て方に「?」ありの皇太子家
    長女子育てに失敗の烙印、次女婚家先不調、そして、婦人系病気持ち四流大卒、体型・容姿ともにやや残念な三女の高円宮家姉妹。
    実母と不仲の上、年齢が高く、容姿もかなり残念で愛嬌のない寛仁親王殿下の姉妹

    に、こういう話が起きていたら、呆れつつも納得したかもしれません。(憤慨したり蔑笑したりはしながらも、破談!という大合唱にはならなかったかも)

    それがまたよりにもよって秋篠宮家の眞子さま、だったことに、半端ない残念感と無念さがあるのです。
    一体、何を信じたらいいのかわからなくなりました。
    秋篠宮ご夫妻の子育てって、そんなに「無知」だったんでしょうかね。
    いろんなことが不思議で仕方がありません。

    「皇族の結婚」ということについて、余りにもご夫妻の考え方が一般庶民以下で。(一般庶民でもあんなの連れてきたら、親は大大大反対します)

    どこまでハードル低いのか?
    平等を旨とす、みたいなオールカマーだったとしたら、例えば「遺伝性の病気」を持っていても、ご両親的にOKしたのか?

    秋篠宮殿下って、「川嶋紀子さん」が、すばらしいお嬢様だったから、我々信じていたんですが、この方、今思うとかなーりお花畑脳で、どんなバックボーンの方であっても、自分が気に入ったら結婚したのかもねぇ………

  3. 金平糖 より:

    こんにちは

    セブンのカラーグラビアと記事の掲載ありがとうございます。
    この最初の囲み会見から???が自分の頭の中を駆け巡ってました。
    このグラビアの「晴れの日」のタイトルも思わせぶりですよね。
    「タクシー代がない事件」を思い出しました。

    「ハレノヒ」のトンズラしていた社長が会見の時に記者が
    「娘さんが・・」みたいな質問してました。
    あの社長は20代の妻と1歳未満のお子さんがいるそうですが。
    「KKさんを結婚したい」と娘さんが連れて来たら、どうするんだろうかと思いました。
    交際を反対しないにしても、定職を一定期間続けるとか、
    身辺の金銭問題きれいにするとか、あまりにもお粗末ですよね。
    貧乏、ご両親が揃わないなどは仕方ないとしても、・・以下略。
    例え迂回援助となるとしても、お母さんのご実家が援助ってなんなんだと思ってしまいます。
    女性宮家あてにしていたとしても、不思議なんですよ。

    まこ様のお気持ちがかわらず、この先話が進むとして、数々のKK親子のエピが思い浮かびそうです。

  4. いちごラムネ より:

    mayuさん、こんにちは。

    更新、ありがとうございます。

    結婚まで行くのはほぼ確定ですね。
    本人が折れないのですから、もうどうしようもない。

    KKの唯一の功績は「こんなのが皇族になるのはダメだから、女性宮家や女性天皇は考え直さないと」という認識を人々にもたらしたことですね。

    もしも、眞子さんのお相手がどこから見ても非の打ち所がないような男性だったら「あの人だったら皇族になってもいい」「あの人と眞子さんのお子さんなら天皇になってもいい」という流れに一気に傾く可能性もあったであろうことを思えば、中途半端に変な人ではなく、とことん事故物件だったからこそ。

    Kkの役割はこれだったのか?
    とは言え、やっぱり皇族と関わる人ではないですよね。

    >“恋愛と結婚は別物”と考えられている女性皇族の中には小室さんとの結婚に突き進んだ眞子さまに対して戸惑いもあると聞いています。

    恋愛と結婚は別、と公言しているツグコさんのことですかね。
    本心は戸惑ってるんじゃなくて、「バカじゃん」だろうけど。ツグコさんというか、タカマド母娘全員一致で。

    余談ですが、個人的には女王方の中ではツグコさんが、一番好きなんですよ、私。
    確かに、皇族としてどころか女性としての品に欠けるし、叩かれるところは多いですが、一番人間味がありそうな気がするし、裏表がなさそう。
    「恋愛と結婚は別」発言も正直でいいと思いますし。
    留学時代のことが文春に書かれましたが、ピアス開けたい、タトゥー入れたい、けどやったら親に勘当されるから、と報じられていましたが、眞子さんの結婚よりよっぽど他人に害がないですよね。ツグコさんがピアス開けようが、タトゥー入れようが。しかも、一応、親の言いつけを守ってるんですよ。
    眞子さんより扱いやすい娘ですよ(笑)

    それはさておき、納采の儀までに眞子さんの目が覚めるような出来事が起こるのでしょうか。
    どこかの週刊誌さん、どかーんと頼みますよ。

タイトルとURLをコピーしました