皇室の三人のM子さん 三代目は身上を潰すで皇室は風前の灯火 *秋篠宮ご夫妻第44回全国育樹祭

皇室

秋篠宮ご夫妻のオンラインでの公務の記事を読んでも、式典に出席しない関係者でもない私には全然有難くもない心境になりました。新型コロナによる緊急事態宣言も解除されたことだし、厳重な感染対策をして苫小牧までお出かけになればよろしかったのに。コロナ過以前のようにトンボ帰りも出来たのでは、と思ったけど送る方も受ける方も準備が必要で、余計なことをしなければならなくて面倒くさいかもね。

真摯に公務に取り組んできた長い年月も、眞子さんの結婚を阻止できなかったことで、秋篠宮ご夫妻は地に堕ちてしまいました。残るのは小室圭と眞子さんに様々な忖度、特権を使ったのではないか?の疑惑と何をやっても有難いと思われなくなった、秋篠宮家は不要ではないか?の国民感情。遺恨を残してしまいました。

雅子さまと徳仁天皇がグータラを始めてから10数年、替りに公務に勤しんできた秋篠宮ご夫妻を応援していたのに、このような心境になるとは私自身も残念でたまりません。 結婚会見、渡米、秋篠宮殿下の会見、いずれかの機会に秋篠宮殿下から眞子さんの結婚について国民に説明をして欲しいです。

眞子さんもうすぐ30才ですが小室圭と付き合い始めたのは19才~20才頃からで、小室圭は宮邸にも出入りしていたとか。30才から始めた恋愛ではないので、やはり親の責任は大いにあります。

「今の若い人は」と書きたくないのですが、私の年代の20才頃は考え方ももっと大人でした。早い人は20才くらいで結婚し、子供を儲け育児、家事、共働きの人たちは仕事をしながら頑張って生活していました。

今時の20才、21才は体だけ大人で精神が子供、幼稚に思うことが多々あります。個人差で5才~10才くらい若いんじゃないかな。ネグレクトなど幼児虐待、離婚して彼氏を作り子供が虐待される、こんな事件が多くてホント、嫌になります。

皇族の眞子さんは庶民の若者よりもっと大人だと思っていましたが違いました。なりふり構わず結婚に向けて猪突猛進ですから。秋篠宮ご夫妻の初期対応の悪さが露見してしまい後の祭り状態になりました。

12日に武蔵陵墓地を参拝し小室圭との結婚を報告だそうです。 圭与さんが刑事告発されようが、眞子さんには全然関係ないです。複雑性PTSDと言うより、複雑なPTSDのようです。コメントでどなたか忘れましたが、複雑骨折のようなもの、と書かれて分かりやすい~と思いました。

結婚前に最後になるか?祭祀もするそうです。雅子さまが祭祀を欠席することが多いことと比べて、だから眞子さんは雅子さまより立派だとは到底思えません。祭祀、それが仕事でしょう。

初代特別天然記念人物が美智子さまだとすると、
雅子さまは2代目特別天然記念人物ですから。
3代目があんな男とどーーーしても結婚したい眞子さん。

「三代目は身上を潰す」三人のM子さんで皇室は風前の灯火になりそう。



秋篠宮ご夫妻は9日、北海道苫小牧市などで行われた第44回全国育樹祭の関連行事にリモートで出席された。ご夫妻はお住まいの宮邸から現地の映像を視聴。宮内庁によると、2007年の全国植樹祭で上皇ご夫妻が植えたアカエゾマツなどを手入れする様子を画面越しに見守った後、緑化活動に取り組む子どもたちに「間伐材はどのように利用していますか」などと声を掛けたという。第44回大会は新型コロナウイルス感染症の影響で1年延期されていた。10日は札幌市内で式典行事が開催され、ご夫妻で配信映像を見るほか、秋篠宮さまがビデオメッセージを寄せる。記事出典 時事通信 https://www.jiji.com/jc/article?k=2021100900428&g=ryl

宮内庁は8日、秋篠宮家の長女眞子さまが、12日に武蔵陵墓地(東京都八王子市)を訪れ、昭和天皇の陵と、香淳皇后の陵を参拝されると発表した。同庁によると、26日に予定される小室圭さんとの結婚を報告する。17日には皇居・宮中三殿で催される「神嘗祭(かんなめさい)賢所の儀」にも参列。皇族として臨む最後の祭祀(さいし)となる見通し。眞子さまは昭和天皇の命日の1月7日に昭和天皇の陵を参拝。6月には香淳皇后の陵も参拝している。(共同)記事出典 日刊スポーツ https://www.nikkansports.com/general/news/202110080000998.html



コメント

  1. 三島 より:

    数日前にコメントした、数年前に泉パウロ牧師の本の見出しで目にした、「皇室は風前の灯火」という言葉を引用くださり感謝。
    泉牧師は、皇室は旧約聖書の歴史の中に出てくるユダ族の末裔と(も)言われており、皇室が終わる時は世界も終焉を迎える大事な鍵を持たされた王族だそうです。
    世界の終焉⇒今のコロナがそうで、聖書の黙示録の終末預言と重なります(信じる否はご自由に・・・)。
    聖書の記事を書いている「TRUE ARK」のブログを宜しければ読んでみてください。
    今のコロナが聖書の終末預言とどう重なるのか次回の記事で書くそうです。
    まゆさんはカトリックの教会に通っていた事があるそうなので聖書の話も書かせてもらってます。

    本日の「Safhoの部屋」に竹田恒泰氏(天皇家の血筋を引く孫とか)の動画が出ていて、小室問題を語るの中から一部引用します。
    ・小室との結婚で皇室が火の粉を被るという心配。
    ・YNに行けば様々な国のマスコミにパパラッチされ日本よりも危険。
    ・弁護士は1~2年で3分の2は解雇される厳しい世界。
    ・宮内庁職員は同僚への殺人未遂を起こしている事もあります。
     今の宮内庁は皇室を守る意識が全くない。

    二つ目の動画は「検察からの回答でKK事件告発の問題」が出ています。

    言うに及ばず眞子さんは生粋のお嬢さん育ちで、悪く言えば滑稽にまで純粋な人でしょうかねぇ・・・
    周囲の意見に全く耳を貸さずに小室の洗脳状態は溶けない感じ。
    こういう人には小室との結婚は動かしようのない運命としか言いようがない気が(も)します。
    お守りがある事を願っています。

    • mayu より:

      三島さんお勧めのブログは読まないので、他のブログ名は書かないでください。
      占い、スピリチュアル、聖書関連は面倒くさくて読みたくないんです。

      カトリック教会はカを取った「トリック教会」です、今は通っていません。

  2. 月の砂 より:

    mayuさん
    お体の方はいかがですか。
    いつも色々な記事を挙げて頂きありがとうございます。
    このコメントが承認されなければ下記の私の声はあきらめますが。
    眞子さまと㏍の結婚会見はそれこそ結婚してからの会見と言う事に
    なっておりますね。
    眞子さまが一般人になってからの事です。
    しかし私たち国民からしたらこの4年近く㏍を実際にカメラの前で
    見た人はいません。当然生の声も聞いておりません。
    フォーダム大学出発の時が最後の映像です。
    ですかから会見して記者団の質問が国民が最も知りたい事が沢山ある
    筈ですからそのような質問をお願いしたいです。
    それに対して㏍の回答及びその態度がどういうものであるかを国民皆が
    見た上で何らかの結論を出すようにしたら良いと思います。
    帰国してからの㏍の態度や言動には秋篠宮様は納得されてはいないようです。
    内親王の結婚にしては余りに眞子さま及び秋篠宮皇嗣殿下ご一家をを粗末にしたような気持ちを私は持っております。
    いくら秋篠宮様にも責任があると言う方がいらしても私はそう思います。

  3. まお より:

    mayuさん、こんにちは。
    遅くなりましたが、和気藹々気をつけます。

    コロナ禍で園遊会や海外要人を迎賓館でもてなすこともないので、見た目に華やかさもなく物足りないなあと感じています。もうオンライン公務の様子は、こちらからすると毎回同じ絵面で飽きてしまいました( ; ; )。

    やしまさんの幼馴染さんの感覚は割と一般的なのかなと思います。私の周りも多少考え方に差はあれどそんな感じです。多分、元々皇室愛の強い方々は今回の問題についてたくさん情報収集されているので、一般的な国民に比べてその分強い負の感情をお持ちなのだと思います。

    私自身は皇室に特に強い思い入れはなく、その存在を好ましいと思うくらいの立ち位置です。だからMayu さんのブログをたまにのぞいて、きれいな写真を見たり、Mayu さんの感じていらっしゃることや皆さん方のほんわかするやりとりを読ませてもらったりくらいで十分でした。

    9月のリークが始まると、週刊誌のミスリーディングを誘う記事、その通りに炎上するヤフコメ、さらにはヤフコメ、YouTubeなどでの悪意の推測がみなさんの認識の中で事実のようになっていくプロセスは、見ていてちょっと怖かったです。小室親子を実際の何倍もモンスターにしたてあげ、それを可能にする理由を全て皇室特権に帰して皇室を叩くという構図が定着しました。
    ただこうした情報も積極的に情報収集しなければ入ってきません。だから強い負の感情も抱くこともないでしょう。世論調査で賛成50パーセント超えはそうだろうなと思いました。

    雅子様があそこまで叩かれても令和で受け入れられたように、何年かすると国民のほとんどはそんなこともあったね〜くらいに秋篠宮家を受け入れるようになるのだと思います。

    私としては共産党やお隣の国々が喜ぶことのないよう、皇室は細く長ーく続いて欲しいなと思ってます。

    長文でまとまらなくてすみません。

  4. ナーバナ より:

    昔から皇室の忖度や特権利用はたくさんあったと思います。もはや、それが普通だったのではないでしょうか。

    しかし、時代が変わりました。インターネットで庶民にも情報が入るようになり、またコロナや不景気などの鬱憤も溜まる状況で、これまでウヤムヤだった不満が一気に噴き出したのでしょう。

    皇族にとっては、この成り行きが理解し難いかも。え?そのくらいいいんじゃないの?感覚だったから、なぜダメで国民が怒ってるかついていけず、憲法や病名を出して黙らせようとしたけど、さらに無茶苦茶になって悪化しているとおもいます。

  5. マグノリア より:

    おはようございます。
    皇族の方々も地道にご公務をされているようですね。
    ただ、おそらく予算は各地に行くために立てられていると思います。
    オンライン公務が多くなった今、予算は黒字あつかいでしょう。
    その余ったお金はプールされているのでしょうか?
    是非福祉やコロナ対策のためにお役立ていただきたく思いますが。

    元婚約者の方がコメントを公表しているようですが、この人優しいと言うより優柔不断で意志の弱い人のように感じてきました。
    そこにつけこんだ女性に操られてしまったと思えてきました。

    時代の変化により世の中も子供の教育も変化していますね。
    生活するのに必死だったし、子供を育てるにも親だけでなくたくさんの人が関わっていました。
    更に物にあふれ、少子化問題もあり、子供ファーストが位置づけられてしまったようです。

  6. やしま より:

    皇嗣家だからこその、批難轟轟でもあります。天皇家に男子がいて、あくまで一の宮の立場なら、ここまで国民の目は向かなかったかなと。私も最近のお二人の御様子を見ても、心が動かなくなってしまいました。残念です。

    ところで、皇室にほとんど興味のない幼馴染の男性に、今回の騒動についての感想を聞いてみました。やはり我々の感覚とはかなり違います。長文ですが掲載お許しください。

    「結局はKK氏の母だけの問題なのかなというのが個人的な感想です。小室家を支援していたという相手の男もどうなんだろうという気もします。仮に金銭問題が数年前に解決していたらずい分展開も違っていたのではと思います。現在KK氏母に対して詐欺罪等で告発がなされているようで、仮に受理されて略式でも起訴されるような事態になると、場合によっては刑事罰を受けた人が元皇族の親戚筋ということになるのですね。本人同士のことについては先日の世論調査でやっと祝福したいが50%を超えるようになっていましたが、KK氏母の刑事事件が事実とすれば世論的には受け入れられない人がマジョリティだろうと思います。

    眞子さんの精神疾患については「軽度のうつ病」ではないかなと思います。ネットに溢れてる厳しいというか悪意に満ちた汚いコメント、自分も読みましたが、もし本人がその多くを
    読んでいるとしたら確かに落ち込み鬱にもなるでしょう。ある意味純粋培養の彼女だから逆に本当の悪意を知らない分今の程度の精神疾患で済んでいるとも言えるのでは?渡米して時間が経って自分のことがニュースにならなくなったらたぶん病気も治るでしょう。

    天皇制否定論者ではないのですが、皇室そのものへの思い入れはないです。
    天皇家といっても聖人君子ではなく所詮はみな生身の人間ですから昔から内紛も愚行も不祥事も数限りなくあった訳で、そういう意味では今回のことも数ある醜聞のひとつではという感覚です。日本の皇室も昔からあったけど隠されていたスキャンダルが今や一般に報道される時代になったということだと思います。皇族も余程身を律していないと批判にさらされるのだと皇居内の人々は身に染みたのではないでしょうか。」

    なるほどなぁと。彼は常識な考え方をする人ですが、皇室に対して思い入れが余りない分、「ま、仕方がないんじゃないの」ぐらいな気持ちのようです。
    我々はとてもそんな気持ちになれません。眞子さんをお小さいときからずっと見守ってきましたからね~~
    残念でたまりません。

    私のころが、クリスマスケーキと言われた最後のころの世代です。私はクリスマスケーキ過ぎてしまったけど、夫のほうはそれより早くの結婚。25歳には二児の父になっていました。私も頑張ったけど、夫も若くして頑張ってきたんだなと改めて思います。

    • 冨樫無礼子 より:

      やしまさん
      こちらより失礼いたします。

      mayuさん
      コメント欄をお借りします。mayuさんの落胆、私も同様に感じます。

      やしまさんの幼馴染さんと私の夫、同僚男性の50.60代当たり保守派陣が似たような考えを持つようですが、なかなか言葉にしてどのように感じておられるか知り得ませんでしたので、幼馴染さんのご意見を興味深く読ませていただきました。
      同世代の女性陣が一番関心の高い層だと思われますが、みな仕事や生活、介護、孫育て等で毎日いっぱい。

      毎日yahooニュースなどで新記事がでてももう結婚が本決まりになったのは覆しようもなく、また掘っても掘っても醜聞しかでない他の家のことまで気にしていられないし、ここまできたら虚しさを噛み締めているだけなのかも。

      • やしま より:

        >富樫無礼子さん
        返信ありがとうございます。

        そうですね。私も男性としては、今回のこと分かっているほうじゃないかと思いました。
        私の母、92歳は戦前生まれのせいか、皇室というものに対する感慨を私より高く持っており、今回のこと、呆れるやら頭に来るやら、という状態のようです。
        なお若い人に話を聞くと「え?いいんじゃな~い?」という、そんな感じで、だんだん「皇室」の存在意義がなくなっていくなと痛感いたしました。

  7. ビクトリア より:

    mayuさん、ブログの更新をありがとうございます。
    前回、コメント欄では熱くなってしまい、申し訳ありませんでした。

    「終わり良ければすべてよし」の逆で、この結婚のみで今まで積み重ねてきた秋篠宮家の努力が台無しになったようで、本当に悔やまれます。
    やはり、忖度、特権疑惑が一番良くなかったのかなぁ、と思います。
    三笠宮家も高円宮家も、それぞれ、家庭の問題は起こっていたのに、秋篠宮家だけこんなに叩かれるなんて。
    もちろん、弟宮ですから他の宮家よりも注目度が上だった、というのもあるかと思いますが、小室圭さんへの忖度疑惑が多かったことが、国民感情を悪化させたのではないか、と感じます。
    家庭の問題は平民でも何か1つはあるものですが、忖度疑惑となると血税が関わってきますので、皆面白くないでしょうね。
    小室圭さんが丸の内支店に配属されず、奥野法律事務所に勤めず、他人からお金を借りてアメリカ留学せず、自分の持ってるお金の範囲内で、自力で就職していれば、こんなにヘイトは集まらなかったのでは、と思います。
    秋篠宮様の采配ミスだと思います。

    今では平民も親戚付き合いが希薄になってきていますが、皇室もそうなのでしょうか。
    もっと、皇室も親戚同士の仲が良ければ、眞子様や秋篠宮家にもっと気さくに、ざっくばらんに注意できる叔母様やイトコが多ければ、こんなことにならなかったのでは、と思います。
    あんな行き当たりばったりの婚約内定会見、他の宮家の方々は快く思わなかったでしょう。
    宮家同士、仲良く、忌憚なく意見が言える間柄であれば、あんな婚約内定会見はしなかったでしょうね。

  8. フォーエバー より:

    mayuさん、更新ありがとうございます。

    この結婚問題は個人的なことに留まらず、日本の安全保障に対する大問題になりかねません。反日国を利することはあっても決して日本の為にはならないと考えます。

    皇族方は、日本の国益が損なわれるリスクなどは考えないのでしょうか?

    今日も結婚反対デモ行進があったということです。

    結婚強行という手段が国民の目にどう映っていのか、わからないのだろうか。

  9. 月の砂 より:

    mayuさん
    今日はお天気の良い日曜日ですね。
    内親王と言う人は静かに皇室の決まりを
    守る人だと思っておりました。
    でもこの方は違ったのですね。
    我を通すこと凄いものがあります。
    皇室に生まれた事がご自分の望んだことでは
    ないとは言えそれは庶民も同じですよ。
    親は選べないのです。
    ご両親も、国民もどれほど心配した事か。
    ご自分のお妹、そして将来天皇になられる
    弟君の方はお考えにならなかったのでしょうか。
    余りに自分勝手です。
    相手が悪すぎる事に気づかれるのは何時の事でしょうか。
    こうなったのは皇室の内部の貴女より上の方々の
    行状を長い間見ていたからでしょうか。
    今からでも遅くありませんからどうぞ結婚は無しに
    して頂きたいです。

タイトルとURLをコピーしました