眞子さまの結婚延期の発表に間に合わなかったようで
今週の週刊文春も週刊新潮、女性自身、眞子さまの話題は無し。
来週号に結婚延期の記事が載るのかもしれません。

ネット配信のNEWSポストセブンが今回の結婚延期をうまくまとめていました。

思った通り、小室家では使者もまだ決まっていなかった。
小室本家とは疎遠、圭与さんの実弟の存在感も全く無しで
使者をやる方がいないのでしょう。
果たして2年経って、使者になる方がいるかどうか?
そもそもが・・・・小室親子は皇室と縁結びするような家庭じゃなかった。
なんとかなるさーーでここまできたのか?
皇室を軽く考えていたのかな~?と思ったりもしました。

ただ、圭与さんは紀子さまと同年代。
勿論、紀子さまブームをリアルで知っているだろうし
息子が同じ年に産まれ、眞子さま誕生もテレビで見た人だったはず。

まさか、紀子さまが3LDKのプリンセスと言われたから
圭君は3DKの王子でも大して変わりないと思ったか?( ゚Д゚)

秋篠宮殿下は去年12月初め「週刊女性」による圭与さんの
借金トラブルが報じられるまでは父親、祖父の自殺、本家と断絶
宗教などは意に介していなかった。

私など、皇族が降嫁するのにここまで、よく言えば「懐が深い、
寛大な気持ち」で良いのかな~?と、今でも思っています。

借金トラブルの説明か?結婚延期の話し合いか?
圭与さんは数回、秋篠宮邸を訪問していたそうです。
2年(2年半)は長いですよね~~それまで、フェードアウトするような気がします。
直ぐに破談としないのは、眞子さまの心情と小室家にも気を使ったのかも。
2年経って結婚、無理じゃないかな・・・・と希望的観測。

眞子さま結婚延期の全内幕 実質的に「無期限凍結」か

「眞子さまのご結婚に関する儀式が、すべて延期される」。
衝撃的な情報が駆け巡ったのは、2月6日の夕刻のこと。

そのときすでに、眞子さま(26才)と小室圭さん(26才)との
一般の結納にあたる『納采の儀』まで1か月を切っていた。

「結婚までの諸行事はおろか、11月4日に帝国ホテルで予定されていた
結婚式さえも一切の延期が決まりました。
延期の理由は“時間的な余裕のなさ。いろいろなことを急ぎすぎていた”こと。

確かに、報道が先行して明るみに出た眞子さまのご結婚でしたが真の理由は
小室さんと家族が抱える問題が次々と報じられたことにあるのは明らかでしょう。

結婚の儀式に必要な小室さん側の使者も、いまだに決まっていなかったといいます。

2年ほど延期する予定だということですが、延期後のスケジュールは示されず、
実質的には『無期限凍結』の状況。
場合によっては、その間の破談もあり得ないとは言い切れません」(皇室記者)

大きく潮目が変わったのは、昨年『週刊女性』(12月12日発売)で、
佳代さんの「400万円借金トラブル」が報じられたことだった。

スポンサーリンク

◆真っ赤に泣きはらした目で

眞子さまは、天皇皇后両陛下の初孫だ。女性皇族としての振る舞いや所作は
美智子さまが大きな信頼を寄せられるほどだった。

「眞子さまの成長を日々見守ってきた宮中の職員の中には
親心のような感情を抱く人間もいます。皇族の嫁ぎ先が金銭問題を抱えているのは
決してよろしいことではない。眞子さまの将来を危惧する
抵抗勢力の蠢きが、眞子さまを思うあまり少しずつあらわになっていきました」
(皇室ジャーナリスト)

それと比例するように、眞子さまの表情からは晴れやかな笑みが失われていった。
1月2日、新年一般参賀には平成に入って最多の12万人以上が足を運んだ。

「眞子さまは今回が最後の一般参賀のはずでした。
にもかかわらず、秋篠宮ご夫妻との間に、言いようのない距離を感じたんです。
眞子さまの表情も憂いを帯びているように見えました。


それから1週間後、1月10日に皇居で行われた『講書始の儀』に向かわれる
眞子さまの目は、まるで泣きはらしたように真っ赤に染まっていました
(前出・皇室記者)