秋篠宮殿下オンライン懇談、雅子さまオンライン公務でも体調を保険につけてます

皇室

今週も相変わらず眞子さんの結婚問題があれこれ書かれています。他に皇位継承ヒアリングの話題、皇族では秋篠宮殿下のオンライン懇談、天皇皇后両陛下のオンラインご臨席予定などありました。

秋篠宮殿下のオンライン懇談の記事を読んで、コロナ患者の受け入れや現場の状況を秋篠宮殿下が聞いて「それで?」な感じになってきました。

コロナ感染拡大により皇族方の動きが見えなくなり、有難みも薄れてきて皇室がなくても多くの国民は特に困らない、寧ろ眞子さんの問題でコロナ、オリンピック、眞子さん、この3つにイライラが募っている状態です。

神童と呼ばれるほど優秀で、良い大学に入り良いところに就職し、親も鼻高々でいられたはずなのに、その子がとんでもない間違いを犯し警察沙汰などになると「親の育て方が悪い」「厳しくし過ぎたのでは」等々、親が悪く悪く言われてしまいます。子供の犯した罪に耐えきれなくて、引っ越しをしたり、最悪自殺してしまったり、未成年でなくても親の責任を問われることがあります。芸能人は親が表に出て謝罪しますからね。

秋篠宮ご夫妻を見ていると、グータラな天皇皇后夫妻に比べて、公務は完璧にこなしていたのに眞子さんの件で批判集中でお気の毒に思うことが多かったのに、最近ではやっぱり秋篠宮ご夫妻のやり方は皇族らしくなかったのでは、庶民化著しく子供の意思を尊重するという放置に近かった、等々重箱の隅がよく見えてきて仕方ない時があります。なんとなく愚痴でした。



秋篠宮さま、病院長らとオンラインでご懇談 コロナ対応聞かれる

秋篠宮さまは7日、赤坂御用地にあるお住まいの宮邸(東京都港区)で、総裁を務める恩賜(おんし)財団「済生会」が運営する埼玉、福井、岡山、大分の病院長らとオンラインで懇談し、新型コロナウイルス患者への対応について聞かれた。宮内庁などによると、懇談は1時間程度で、「第4波」におけるコロナ患者の受け入れ状況や、現場の課題について報告を受けられた。中等症から重症に移行する患者が増えているという話に、秋篠宮さまは「変異株によるものですか」とご質問。また、コロナ禍でほかの病気などの検診を控える人が多いとの説明には、「今後、受診を推奨すること
が重要になると思いますけれども、どうでしょうか」と懸念を示された。最後には、「くれぐれもお体を大切に」と関係者をねぎらわれた。秋篠宮さまは1月にも、済生会の別の病院の関係者とオンラインで懇談されている。記事・画像出典 産経新聞 https://www.sankei.com/article/20210607-YA2NYGH7LZKE5GQCC34E74ZGHM/

天皇、皇后両陛下が国民文化祭にオンラインでご臨席予定

こちらはまだ予定の段階です。先日のオンライン植樹祭と同じような感じにするのでしょうか。それにしても、オンラインで現地に行くわけでもないのに、雅子さまときたらいまだに「皇后さまも体調に支障がなければ同席される」このように、一応保険をつけておかないと駄目なんですね。それで、出てくると凄く元気よさそうなのです。体調の波、はいはい、分かります。私も体調の大波小波がありますから。オンラインでも出られないのは、眩暈がする時は出られませんが・・・。

天皇、皇后両陛下の恒例の地方訪問「四大行幸啓」の一つで、7月3日に宮崎県で開催される「国民文化祭」と「全国障害者芸術・文化祭」の開会式について宮内庁や県などは8日、新型コロナウイルスの感染拡大防止に配慮し、天皇陛下がオンラインで臨席されると発表した。お住まいの赤坂御所と現地の会場をつなぐという。皇后さまも体調に支障がなければ同席される。同県での行事はコロナ禍の影響で昨年から1年延期されており、今年は7月3日から10月17日まで行われる予定。両陛下は5月30日、島根県で開催された全国植樹祭にオンラインで臨席されており、四大行幸啓でオンラインが活用されるのは今回で2回目となる。宮内庁は「詳細は検討中だが、できる限り実際のご訪問に近い形でできるよう宮崎県などと調整している」としている。記事出典 産経新聞https://www.sankei.com/article/20210608-5NZYI6AUQRLLFLNXMIYDEPDPHQ/

今日は毎年6月に執り行われるペット供養祭が今年も中止になり、住職たちだけで供養、後日用意されて塔婆を持ってお墓参りで、供養料を納めにペット霊園まで行って来ました。ハスキー犬が亡くなってから17年くらい、その後はダックスフンドも亡くなり、2匹一緒に個人墓地に入れて毎年欠かさず供養して貰っています。旦那が運転できなくなったら、共同墓地に入れてもらい供養料は振り込みにしますが、気持ちの問題で出来るまではペット霊園に行くつもりです。草臥れたので今日はこれで。



コメント

  1. やしま より:

    「それで?」・・・本当にそのとおりですね。コロナ禍でお医者様は睡眠時間を削って働いている。その中で「名誉総裁」だからと、殿下のために時間を割くのは、正直お医者さんにとってどんな気持ちなんだろうと思うようになってしまいました。その時間があったら、重症患者を診ることができるのに・・・なんていう気持ちになっていないといいんですが。

    Kは、母親の薫陶受けて育って、見事な「人たらし」に成長。芸大卒の音楽家の女性が隣同士でゴルフレッスン受けたという短期間で「本当にいい子だから幸せになってほしい」とツイートしているのを見ても、年上の人の懐に入り込むのが、とにかく上手い子だったんだろうなと。荒波の世間を知らない殿下ご夫妻を「たらし込む」なんて朝飯前だったんじゃないでしょうか。
    というわけで、この男に対する殿下の感想は「娘の立場をよく理解してくれている」この娘の立場ですが、将来的な立場として宮家の当主になるかもしれないからよろしく。娘の代ではなくても、子供の代でそうなるかもしれない。男の子だった皇族に戻るかもしれない。そういうことでもよろしく、ということだったんじゃないかと。
    何しろ、ICUに「将来の夫を探せるといいね」と送り出したんですから、ICUの同期の男子は希望どおり。その上面倒な親戚がいない。将来女性宮家の皇配殿下になることも相手が二つ返事でOKだったら、秋篠宮家にとっては「いい婿」になるはずでした。
    私立小→インター→ICUとお金のかかる教育をしてきたこの母子には、それなりの資産とバックボーンがあると思い込まされてしまわれた可能性も高いです。

    mayuさんちのペット話は、mayuさんご夫妻の深い愛情を感じます。うちの義母のうちの猫は、庭に葬られているとの話でしたが、一体何匹なのかよくわかりません。私が結婚してからでも10匹以上の猫が亡くなっているはずなんですが・・・
    ちなみに我が家も1匹の猫を一昨年庭に葬りました。3週間しか家にいなかったけど、とてもかわいかった。よくお線香を上げて拝んでいます。周りに花を一杯植えました。

  2. 白雪山羊 より:

    mayuさん、記事更新ありがとうございます。

    同じく、リモート公務に御体調って…と思ってしまいました…(^^;
    まぁ皇室、宮内庁もコロナ禍の中で試行錯誤しながら、公務の在り方を模索しているのでしょうね。

    暑くなりましたね~アイスに手が伸びてしまいます(苦笑)。
    mayuさん、お身体、本当に無理せずに…しかし、このコロナ禍に心身ともに健康ですって方は居るのか?とも思います…マスクも暑いです~~

  3. マグノリア より:

    おはようございます。
    なんか進展のない皇室ですね。
    昨日かな、関東学院大学教授の方が「天皇皇后両陛下と高円宮久子妃を除くと、日本の皇室の方々の公務は、英国の王室などと比べて格段に少ない。もっと国民に近づく必要がある」との記事を目にしました。
    ありき発言ですが、見解がズレているのでは?と感じました。
    確かに皇室の公務は少ないです。
    天皇皇后陛下もやっている公務を報道されるだけで、とても少ないと思います。
    フリータイムが皇太子時代より多いように感じました。
    数でしたら、おそらく報道されない秋篠宮家の方が多いでしょう。
    また、英国はオンラインよりも以前と同様足を運んだ公務も多いですよね。
    「国民に近づく」これで秋篠宮家は失敗しました。
    皇族は国民とは違う特別な存在でなければならないと思います。
    私は天皇家も秋篠宮家も見たことも会ったこともありません。
    おそらく一生ないでしょう。
    それでいいと思いますし、遠い存在でも祭祀を行い、尊敬に値する方々であって欲しいと希望しています。
    こちらの大学名を見たとき、思わず小泉進次郎氏が浮かびました(笑)

    • 白雪山羊 より:

      マグノリアさん

      こんにちは。
      私も昨晩、その記事を読みました。守屋(谷?)慧氏を公務に参加させては如何か…みたいな事が書いてあって、ちょっと…「ん?」みたいな(^^;

      英国ではパトロンとして、何百のも公務を…でも日本は天皇皇后・高円宮妃以外は公務は少ないみたいな事が書いてありました…

      王室はもしかしたら、お手元金みたいのがパトロンとして団体に寄付みたいに出来るかも知れません。が、日本の皇室の場合は天皇・皇后だけじゃ?令和になった時に、お手元金を寄付ってありましたよね。

      私の認識(ここ数年「認識」と聞くとKが頭に浮かび、変な気分になります…)が間違っているかも知れませんが…

      • マグノリア より:

        白雪山羊さん
        この記事深読みすると?がいっぱいですね。
        お手元金、そうですね、考えられますね。
        王室皇室は想像できない世界です。

  4. クロワッサン より:

    mayuさん 更新有難うございます。

    わたしも、荷物席でちんまり座っている情けない天皇と、ぐ~たらで言い訳ばかりの皇后よりも、手抜きのない公務をされる秋篠宮さまと紀子さまを、応援していました。

    でも、これだけ頑固で強情な内親王になったのは、どうしてなのと思うようになりました。

    秋篠宮さまは、内親王としての心得や生き方を、眞子さんに対し余り教えて来なかった気がします。恋愛・結婚に対して放任に近かったのでしょう。

    またアブナイ男性を娘が連れて来た時の、回避の対処法を実行しなかった。ある宗教団体に女優の娘を洗脳された作家は、獅子奮迅で先頭に立ち、怒りを込めて戦い続けました。
    それは、まさに命を懸けた戦いでした。そして娘を奪還しました。

    秋篠宮さまには、そうした気迫が感じられません。ただ、こまねいているだけ。あんなチンケな男に、手塩に掛けた娘を添わせる結婚をやすやす許すとは……

    4年間も、見たくもない醜態を見せ続けられてる、国民の身にもなってください。

タイトルとURLをコピーしました