こんばんは、梅雨の時期になりましたがお元気でしょうか。
新型コロナ騒ぎでいつの間にか一年の半分を過ごしてしまいました。
私は週に3回のリハビリ通院の他に町内会の仕事が加わりちょっと忙しかったです。
近況は簡単に後述します。

今週は拉致被害者家族会初代代表の横田滋さんが9月5日、87才で逝去されたニュースが一番印象が強かったです。テレビのニュースでは奥様の早紀江さんと双子の弟さんの会見のちょっとした障りだけを放送、他は2002年、拉致被害者が帰国した時、横田滋さんがご自身の娘、めぐみさんの姿がないけど一生懸命帰国した方々をカメラで写していた様子、辛かっただろうな~と、改めて思い涙もろくてウルウルしながら観ました。

思い出します、この会見。帰って来なかった方々の家族でした。

一連のことは小泉純一郎元総理が北朝鮮に行ったとき、などリアルタイムで沢山見てきたことで詳細は書きませんが、この時は、地村保志さん夫妻・蓮池薫さん夫妻・曽我ひとみさんの5人しか帰国できず、のちに地村さん、蓮池さんの子供たち、曽我ひとみさんの子供たちとご主人が帰国しますが、北朝鮮で生き抜くとは大変なことだと、改めて思ったのは帰国後の曽我ひとみさんと地村さんの奥様の方の歯がとても綺麗に治療されていたのを見た時でした。

その後、ネットで横田滋さん遺族が会見
息子・哲也さん「何もしていない方の安倍政権批判は卑怯…拉致なんかないと言ってきた
メディアに責任」のニュースを目にし、テレビでは映さなかった会見をyoutubeで見ました。

哲也さんは「いつもにこにこ笑顔で、笑っている印象が強くて優しい人だった」と父を振り帰り、
「拉致問題が解決しないことについて、ジャーナリストやメディアの方々の『安倍晋三首相は
何をやっているんだ』という発言を耳にする」「安倍政権が問題なのではなく、40年以上も
何もしてこなかった政治家や『北朝鮮が拉致なんかしているはずない』と言ってきたメディア
があったから安倍政権が苦しんでいる」「安倍首相は動いてくださっている。何もやっていない
方が政権批判するのは卑怯(ひきょう)だ。的を射ていない発言をするのは、やめてほしい
と述べた。
全文は以下のURL
https://news.yahoo.co.jp/articles/2beeca178e13f033aaf7cc40029c989832c8e2bc

このジャーナリストの一人が、サンデーモーニングにて
青木理氏は、拉致問題について「拉致問題が今の安倍政権の一丁目一番地っていうか、
この問題で日朝首脳会談の時に強硬な姿勢を取ったことで当時官房副長官だった安倍さん
が政界の階段を駆け上るきっかけになった」以下省略 全文以下
https://news.yahoo.co.jp/articles/990959d39fc69a390d91e5630ceadea749314225

サンデーモーニングは私は嫌いなので見ません、青木理氏はモーニングショーに
コメンティーターとして出演する時がありますが、この人はリベラル左翼なのでしょうか、
批判が多くて嫌いです。安倍総理は小泉純一郎元総理と北朝鮮に同行、拉致問題には
かなり尽力してきたはずですが、相手は北朝鮮。拉致問題はかなり難しかったはずです。
トランプ大統領が金正恩と対面する前にも拉致問題についてはトランプ大統領に電話会談で
日本人拉致問題の提起を要請し、実際トランプ大統領も拉致問題について金正恩と会談で
話をしていました。

7分頃から横田哲也さんの何もやってない人が政権を批判するのは卑怯だ」
43年間拉致問題を放置した政治家とメディアに対する横田哲也さん

もう少し書きたいところですが、疲れてきたので近況を簡単に。

月、水、金、の週に3回のリハビリ通いはそこそこ負担です。
先週の土曜日から町内会の役員をしている福祉部で1ヶ月に1回後期高齢者宅を
訪問する時に渡したり留守の時はポストに入れるカード作りに取り掛かりました。
毎月作るので季節に合ったフリー素材を使用しながら文章を考えて作ります。
今月は綺麗な紫陽花のフレーム素材を使わせて貰いました。
次に早いけどお茶飲み会の相談で、水曜日に集まりに行きました。
来月、早いけど下見に行くことになりました。
その素案と会計などをWordで作る作業もあり、明日印刷します。
カード作り、素案などでパソコンをする時間が長くなると、また肩と腕が痛くなります。
今日は昼食にソーメンを作ったのですが、ソーメンを箸ですくって上に上げると
肩から二の腕まで痛い、こんな状態になります。
他にオヤツに「九州の芋けんぴ」という固いお菓子を食べたら治療した歯の上が取れて
歯医者、ついでに歯のクリーニング。なんだか医者と町内会のことで忙しかった日々で
疲れるとグータラ寝ていたので、パソコンはしたけどネットはあまり出来ませんでした。

画像出典https://www.sankei.com/column/news/200610/clm2006100005-n1.html