新型コロナウイルスをめぐり、天皇、皇后両陛下は4月以降、専門家から
説明を聞く進講や面会に臨まれている。
5回目となる3日は全国保健所長会の清古愛弓(せいこ・あゆみ)副会長
ら保健所関係者3人と面会し、コロナ対応にあたる現場の状況などについて
懇談された。
以下省略 全文は以下のURL
https://www.sankei.com/life/news/200603/lif2006030052-n1.html
記事・画像出典 産経新聞
https://www.sankei.com/life/news/200603/lif2006030052-n1.html

天皇皇后夫妻の新型コロナ騒ぎになってからの動きはご進講と養蚕作業と
田圃の作業ポーズと春分の日の神武天皇祭皇霊殿の儀と5月1日の恒例の祭祀
(雅子さまはお慎み)このくらいかな~(・・?
ご進講を受けてねぎらいの言葉を言って終わり。
去年即位した時は、まさか即位一年でこーーんなに暇になるとは
想像もしなかったでしょうネ。

ところで画像を見るとテーブルの幅が凄く離れています、白のテーブルカバーが
更に広く見せる効果を出していて、1回目のご進講の方が見た目が良いのです。
テーブルと距離にだけ目が行ってしまいました。 他に・・・

※愛子さまはオンライン授業を行っている、外国語はスペイン語を選択。
愛子さま小学校一年生の時にパパの天皇陛下が国際博覧会出席のためスペインを訪問、
スペイン語を学ばれているのを見て、興味を持たれたという。

小学校一年で父親がスペイン語を学ばれているのを見て興味を持ったとは~~( ゚Д゚)
ごめんなさいね、愛子さまの小学生の時のイメージは不登校とよく風邪などで
学校を休んでいたことと、運動会では張り切って走っていられたイメージしかないのでした。

※紀子さまは1日までに、総裁を務める公益財団法人結核予防会と関係団体に
励ましのメッセージを寄せられた。紀子さまは、同会などが長年積み重ねて
きた経験や医療技術が今回の感染症対策に役立っているとして、
「皆さまが、それぞれの立場で、人々を感染症から守るために活躍されますことを
願っております」とつづられた。

地道に長年総裁を務めてきた紀子さま、ならではのメッセージだと思いますが、
美智子さまが隠居したので、雅子さまの動きと共に紀子さまの動きも報道されるように
なりました。

※三笠宮妃百合子さまは4日、97歳のお誕生日を迎えられた。

私の父が生きていたら1才年下の96才で、義母は健在で今月で95才。
90才過ぎると「あと何年生きるんだろうな~」と思う時がある程度です。
母も義母も施設に入所で介護をしていないからだと思いますが、医療費、介護費用、
年金と国の税金使いまくりしている母と義母でした。

引用 産経新聞https://www.sankei.com/life/news/200605/lif2006050003-n2.html

スポンサーリンク

特別定額給付金10万円は貰いますが、持続化給付金は貰いません

雑談
今夜は風呂上りになかなか調子が良いので書ける時に書いておきます。

先月中旬過ぎに特別定額給付金申請が届いて3日くらい過ぎてから、母と旦那の2通の
申請書を郵送しました。母の保険証のコピーが必要だったので施設に出向いたり
面倒だったのと、特に急ぐ必要もなかったので案外のんびりしていました。
入金されるのも6月末頃かと思ったら、意外に早くて今日、母と旦那に入金される旨の
葉書が届きました。手続きが早い、人口が少ないからでしょうか(笑)
通帳記帳はまだしていませんが、母のお金は寺関係、旦那は中古の軽トラを購入予定。
2人で20万円は年金生活者では結構大きい金額でボーナスのようで嬉しいです。

アベノマスクはまだ届いていません。ドラッグストア、ホームセンターでは
使い捨てのマスクが売られていましたが、まだ古いマスクが沢山残っているので
当分マスクは買わなくても良い状態です。
医者に行く機会が多いのですが、男性女性、お洒落な手作りマスクを着用している方も
結構いました。私は全く作る気がありません(^^;)

事業者向けの給付金の事は全く頭にありませんでした
あったのは、アベノマスクと10万円の給付金だけでしたが、町内会の部長さんと
話をした時に持続化給付金のことを聞かされて、白色申告でも対象になると言われました。
計算方法などネットで少し調べたところ、1月から持続化給付金の対象になっていました。
先月も今月もどんどん減り対象になります、当然100万円は貰えるはずもないのですが
申請はしません。

理由は、新型コロナの影響で広告収入が減ったわけではない。
(去年秋からガックリ減っている)
年金生活で新型コロナで経済的な影響が無かった。
お陰様で、娘夫婦も息子も収入が減ったとか失業したなど無かった。
子供たちの仕事に影響が無かったことはとても嬉しいことでした。

神奈川県在住の息子には何度かショートメールを出して近況を聞いていました。
在宅勤務になり大変かと思ったら、「通勤時間がないから凄く楽~昼になると
いろんな店が弁当売ってるし」と、意外にもお気軽な生活でした。
先日は緊急事態宣言解除になり、通勤しているかと思ったら、たまに打ち合わせの為
だけに行くこともあるけど、まだ基本出勤してはだめになっているので在宅勤務を
続けているとのことでした。
とにかく新型コロナに感染せず仕事ができていることは有難いことです。

言霊を信じるように、「大欲は無欲に似たり」を考えます
(意味)
欲の深い者は、欲のために目がくらんで損を招きやすく、結局無欲と同じ結果になる。
過ぎた欲は身を滅ぼす、強欲は身を滅ぼす、などの言葉もあります。

ピアノ教室の講師とか、本当に新型コロナで損害を受けた方々が頂くお金だと思いました。